岡山・産学官連携推進会議について

設 立

県民力を結集し産業振興を進めるため、産学官連携による具体的な 協働事業について、タイムリーに企画立案するとともに、会員の役割分担のもと、着実かつ効果的に実践することを目的に平成15年3月18日に設立されました。

詳細な内容は以下からダウンロードしてご覧ください。

報告書

平成15年12月10日、岡山・産学官連携推進会議全体委員会委員長である岡山県知事からの諮問に対して、中島博産業戦略本部長から「ものづくりの振興」「新産業の育成」「ベンチャーの育成」について、今まさに取り組むべきテーマと具体的推進方策についての報告書が提出されました。

詳細な内容は以下からダウンロードしてご覧ください。

組 織

岡山・産学官連携推進会議は28機関(構成機関の一覧はこちら)で構成されており、大きな方向性を議論する構成機関の代表者(トップ)による「全体委員会」と、産学官連携の情報共有や具体的な産学官連携活動の企画を行う実務レベルによる幹事会を設置しています。
また、平成19年6月5日には、産学官連携に関する情報の収集・発信及び産学官連携関係機関の協働事業を促進し、産学官連携の総合的かつ効果的な推進を図るため、岡山産学官連携センターを開設しました。

詳細な内容は以下からダウンロードしてご覧ください。
・産業戦略本部名簿 PDF (平成25年3月31日まで)

(PDFの閲覧にはAdobe Reader(無料)が必要です。ダウンロードはこちら