イベント情報

これまでに開催したイベント

2017-05-29 (月)  OPUフォーラム2017 知域をつなぐ。未来を動かす。

【OPUフォーラム2017 知域をつなぐ。未来を動かす。】
 岡山県立大学教員の研究成果を、地域の方々や企業・団体に向けて公開されるものです。
 今年は教員の研究、企業・団体の研究など、150件以上の展示に加え、研究活動から生まれた成果物もご覧いただけます。
 ※OPUはOkayama Prefectural University(岡山県立大学)の略号です。

【日時】平成29年5月29日(月)13:00〜18:15
【会場】岡山県立大学 講堂及び体育館(総社市窪木111 無料駐車場あり)
【プログラム】
 ○11:00〜売切迄 地域の食
 ○13:00〜13:10 開会セレモニー
 ○13:10〜14:10 特別講演会
 ○14:20〜17:00 展示会 /情報工学部 デモコーナー
 ○17:15〜18:15 交流会 ※会費制(500円)/事前申込不要 


◆特別講演会/13:10〜14:10─────────────────
 テーマ:知域をつなぐ・未来を動かす−地域と連携したIoTによる街づくり−
 講演者:不破 泰 氏(信州大学総合情報センター・教授)
------------------------------------------------------------
 IoTは、地域の活性化や問題解決に貢献するものとして、各地で期待が高まっています。
 信州大学総合情報センターでは、大規模な災害が発生しても稼動し続けることが出来る 通信インフラの構築を目指して自律型の無線Ad−Hocネットワークを開発し、土砂災害や河川増水を見守るセンサネットワークや発信機を持った児童の見守りシステムなど、
 本ネットワークを平常時から利用できるアプリケーションを用いた 安全・安心な街づくりに取り組んでいます。 
──────────────────────────────

◆情報工学部 デモコーナー/14:20〜17:00──────────

 情報工学部の教員が研究成果を活かし、デモンストレーション型の展示を行います。
------------------------------------------------------------

 バランス能力と足底圧力分布
 筋肉の信号でロボットを動かそう!
 ウォーキングバイシクル試乗 など
──────────────────────────────

その他詳細につきましては、HPをご覧いただければ幸いです。
http://opu-f.oka-pu.ac.jp/
皆様の参加をお待ち申し上げております。

◇問い合わせ先◇========================================
 岡山県立大学 地域共同研究機構 産学官連携推進センター
 TEL:0866-94-2205  FAX:0866-94-2206
 Mail:rcr-sec@ad.oka-pu.ac.jp

2017-03-14 (火)  医療展示会 中央西日本 メディカル・イノベーション

1.医療展示会 中央西日本 メディカル・イノベーションとは

 岡山県では、医療系アカデミア並びに医療施設の集積が充実している一方、医療機器産業が育っていない現状です。 今後、地域発の医療機器開発を進めていくために、大学・医療機器メーカー・地域中小企業・医療系ベンチャー間の多様なネットワーク構築とニーズ・シーズのマッチングを併行的に図りながら、医工連携を進める必要があります。また、県内企業の医療機器分野への展開を成功させるためには、県外製販企業等ともネットワーク形成も重要です。
 この展示会は、岡山大学の医療分野における先端研究シーズおよびニーズを紹介するとともに、医療機器メーカーにおいては事業や商品内容を広くPRできる機会とし、産学官連携及び医療機器技術の一層の発展を推進することを目的としています。

 ※現在、出展者を募集中です。(締め切り:11月末日)。


2.今年度の開催予定

 今年度は、以下の通り開催いたします。また、昨年度好評をいただきました「院内ツアー」におきましては、今年度も開催を予定しております。入場無料、申し込み不要です。多くの皆様のお越しをお待ちしております。

 ※「院内ツアー」および「交流会」は事前のお申込みが必要です。
  12月以降受付けます。

◆日時 2017年3月14日(火)10:00〜18:30
◆会場 Junko Fukutake Hall(岡山大学 鹿田キャンパス内)
◆プログラム
 10:00〜18:30 岡山大学シーズ展示および企業展示(約30ブース)
 10:00〜11:30 岡山大学病院 院内ツアー
        (要事前申し込み、要交流会参加)
 12:30〜12:40 開会挨拶 岡山大学 学長 森田 潔
 12:45〜13:35 講演
         「地域発の医工連携イノベーションの現状と展望
          (新大学院設立に向けて)」
         岡山大学 副学長/大学院自然科学研究科
          教授 妹尾 昌治
 13:40〜15:00 パネル・ディスカッション
          モデレーター
            岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科長
                 /教授 那須 保友
          パネリスト
            東北大学 総長特任教授 佐藤 正明 氏
            オージー技研株式会社
                 代表取締役社長 奥田 宏 氏
            岡山大学 副学長/大学院自然科学研究科
                 教授 妹尾 昌治
 15:05〜16:20 岡山大学発のシーズの実績紹介
 16:20〜17:50 岡山大学病院の医療現場からのニーズの発信
 17:50〜18:00 閉会挨拶
         岡山大学 理事/副学長(研究担当) 山本 進一
 18:15〜19:30 交流会(要事前申し込み、中央診療棟1階
             フードコート 会費:3,500 円)

◆詳しくは、
 http://www.orpc.okayama-u.ac.jp/tenji/medical_01.html
 をご覧ください。

2017-03-10 (金)  次世代産業に関わる大学・高専シーズ発信会

 岡山県では、新エネルギー、次世代エレクトロニクス等に係る次世代産業分野に関し、「次世代産業研究開発プロジェクト創成事業費補助金」による支援を行っております。今回、この次世代産業分野に係る「県内大学・高専・工業技術センターによるシーズ発信」「共同研究や補助金に関する相談会」を、大学・高専の先生、コーディネータの方を招き開催いたします。

●日時: 平成29年3月10日(金) 13:00〜16:50

●会場: 岡山プラザホテル 鶴鳴の間(岡山県岡山市中区浜2-3-12)
     *地図はこちらを御覧下さい →  http://www.oplaza-h.co.jp/

●主催: 岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団

●共催: 岡山・産学官連携推進会議

●定員: 60名
     ※定員に達した場合はお断りすることがあります。
      お断りする場合のみ連絡します。

●参加費: シーズ発信会 無料 

●プログラム:
 13:00〜13:05
  開会の挨拶
 13:05〜13:20
  次世代産業研究開発プロジェクト創成事業費補助金説明(岡山県)
 13:20〜13:45
  岡山理科大学
  「芳香族ポリマーの精密合成触媒」(東村教授)
 13:45〜14:10
  岡山県立大学
  「アナログ集積回路の設計・評価技術」(伊藤教授)
 14:10〜14:45
  津山工業高等専門学校
  「介護者のための腰支援システムの開発」(趙講師)

 休憩(名刺交換)

 14:45〜15:10
  岡山大学
  「小型モバイル機器への給電性能向上を目指した非接触給電技術の提案」
        (梅谷助教)
 15:10〜15:35
  岡山大学
  「自律走行車のための移動面模様参照式軌跡推定法」(永井助教)
 15:35〜16:00
  岡山県工業技術センター
  「電子機器の自然空冷技術と関連設備」(下山研究員)
 16:10〜16:50
  大学/企業の個別相談会

*当日、次世代産業分野に関連する先生のシーズ集を配布させていただきます。

●参加申込:
  下記申込メールフォームもしくは参加申込書に必要事項を記載のうえ、
 FAXまたはメールにてお申し込みください。
  ※平成29年3月7日(火)申込締切

●事務局:
  公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
   担当:小林・白土
    TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
    E-mail: kaihatsu@optic.or.jp

詳しくは、
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1186.html
をご覧ください。

2017-03-10 (金)  平成28年度特別電源所在県科学技術振興事業研究成果発表会

 岡山県では、地域の有するポテンシャルを活かした産業活性化を図るため、県内大学及び工業高等専門学校並びに岡山県工業技術センターにおける技術シーズ創出を目的とした研究開発を推進しています。
 このたび、平成28年度の研究成果について、県内大学等の研究者の研究成果発表会を開催しますので、お知らせします。

●日 時
  平成29年3月10日(金曜日)13時00分〜16時00分

●会 場
  岡山プラザホテル 4階 鶴鳴の間(岡山市中区浜2−3−12)

●内 容
  ポスター形式等による展示発表(33テーマ)
   ・ものづくりの高度化に関する基盤技術分野 21テーマ
   ・新規医療の創造に関する基盤技術分野   11テーマ
   ・機能性食品に関する基盤技術分野      1テーマ

●参加費
  無 料

詳しくは、
http://www.pref.okayama.jp/site/presssystem/503414.html
をご覧ください。

2017-02-21 (火)  【津山会場】岡山県中小企業技術関連支援制度説明会の開催

 中小企業者等が行う新技術・新製品の研究開発等を対象とした補助金制度及び融資制度等の説明会を岡山及び津山の2会場で開催しますので、御案内いたします。

1 日時・場所 
 【岡山会場】
  平成29年2月16日(木)13:00〜17:00
   岡山国際ホテル 別館 瑞光の間(岡山市中区門田本町4丁目1番16号)
    *地図はこちらをご覧ください ⇒
      http://www.okayamakokusaihotel.jp/access/
 【津山会場】
  平成29年2月21日(火)13:00〜17:00
   津山市総合福祉会館 3階 中会議室(津山市山北520)
    *地図はこちらをご覧ください ⇒
      http://www.tsuyamasyakyo.or.jp/honsho.html

2 説明内容 
 (1) 新技術・新製品の研究開発等に関する補助金及び融資等の支援制度
 (2) 補助金活用企業の事例発表
 (3) 関係支援機関の事業等の紹介
 (4) 関係支援機関との個別相談(説明会終了後)
   *関係支援機関
     中国経済産業局、岡山県工業技術センター、
     岡山大学産学官連携本部、岡山県立大学地域共同研究機構、
     岡山理科大学研究連携推進室、
     就実大学・就実短期大学産学官地域連携センター、
     津山工業高等専門学校学術・社会連携推進事務室、
     岡山県発明協会

   *事例発表企業   (株)戸田レーシング

3 参加申込み 
  ホームページ上の「申し込み方法」から御登録頂くか、参加申込書に
 必要事項を記載のうえ、(公財)岡山県産業振興財団へ、E-mail又はFAXに
 よりお申し込みください。

 申込期限
  【岡山会場】平成29年2月10日(金)
  【津山会場】平成29年2月17日(金)

 申 込 先
  (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部
    Email:kaihatsu@optic.or.jp
    FAX:086−286−9676

4 問い合わせ先
  (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部(担当:横田、宮井)
    TEL:086−286−9651

詳しくは、
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1165.html
をご覧ください。

2017-02-16 (木)  【岡山会場】岡山県中小企業技術関連支援制度説明会の開催

 中小企業者等が行う新技術・新製品の研究開発等を対象とした補助金制度及び融資制度等の説明会を岡山及び津山の2会場で開催しますので、御案内いたします。

1 日時・場所 
 【岡山会場】
  平成29年2月16日(木)13:00〜17:00
   岡山国際ホテル 別館 瑞光の間(岡山市中区門田本町4丁目1番16号)
    *地図はこちらをご覧ください ⇒
      http://www.okayamakokusaihotel.jp/access/
 【津山会場】
  平成29年2月21日(火)13:00〜17:00
   津山市総合福祉会館 3階 中会議室(津山市山北520)
    *地図はこちらをご覧ください ⇒
      http://www.tsuyamasyakyo.or.jp/honsho.html

2 説明内容 
 (1) 新技術・新製品の研究開発等に関する補助金及び融資等の支援制度
 (2) 補助金活用企業の事例発表
 (3) 関係支援機関の事業等の紹介
 (4) 関係支援機関との個別相談(説明会終了後)
   *関係支援機関
     中国経済産業局、岡山県工業技術センター、
     岡山大学産学官連携本部、岡山県立大学地域共同研究機構、
     岡山理科大学研究連携推進室、
     就実大学・就実短期大学産学官地域連携センター、
     津山工業高等専門学校学術・社会連携推進事務室、
     岡山県発明協会

   *事例発表企業   (株)戸田レーシング

3 参加申込み 
  ホームページ上の「申し込み方法」から御登録頂くか、参加申込書に
 必要事項を記載のうえ、(公財)岡山県産業振興財団へ、E-mail又はFAXに
 よりお申し込みください。

 申込期限
  【岡山会場】平成29年2月10日(金)
  【津山会場】平成29年2月17日(金)

 申 込 先
  (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部
    Email:kaihatsu@optic.or.jp
    FAX:086−286−9676

4 問い合わせ先
  (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部(担当:横田、宮井)
    TEL:086−286−9651

詳しくは、
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1165.html
をご覧ください。

2017-02-15 (水)  第1回KMSメディカル・アーク

⽇時:平成29年2⽉15⽇(⽔)10:00〜18:00

場所:川崎医科⼤学附属病院 本館8階⼤講堂
   〒701-0192岡⼭県倉敷市松島577

内容:
 1.ランチョンセミナー「儲けるための産学連携
    〜研究を事業に応⽤するには!〜」 12-13時
   講師:辻本和敬 ⽒
      (株)テクノネットワーク四国・技術移転部マネージャー
 2.企業による展⽰
   持っている技術,作られている製品,研究内容等
 3.教員シーズ・ポスター発表
   川崎医科⼤学,川崎医療福祉⼤学,岡⼭県⽴⼤学,福⼭⼤学,
   就実⼤学
 4.メディカルスタッフのニーズ・ポスター発表
   医療現場で使っている機器・道具についての改良案やこんな機器・
  道具が欲しい等
 5.Tea-Time Presentation Hour 16-17時
   約1時間の研究シーズの⼝頭発表(Tea Time です)

問い合わせ先:
 川崎医科⼤学 研究⽀援係
 TEL:086-462-1111(内線26043)
 e-mail:Kenkyu-idai@med.kawasaki-m.ac.jp

詳しくは、
http://www.kawasaki-m.ac.jp/med/
をご覧ください。

2017-02-07 (火)  「未来創造対話 in 大阪2017」の開催について

 本シンポジウムは、昨年11月に国において策定された、産学官のイノベーションを促進するため、「組織」対「組織」の産学官連携を深化させるための方策や、その方策の実行・実現に必要な具体的な行動等について取りまとめた「産学官連携による共同研究強化のためのガイドライン」を具体的にご理解いただく機会としても位置づけられております。
 また、大阪以外では、同趣旨の「本格的な産学官共同研究をすすめるための地域フォーラム」が、各都市で開催されることとなっております。(広島市でも開催)

是非、ご参加ください。

●未来創造対話in大阪2017
 概 要 : 基調講演・事例紹介・ガイドラインの説明のほか、「関西発イノ
     ベーション促進に向けた産学官の対話」と銘打ったパネルディス
     カッションも行います。
 日 時 : 平成29年2月7日(火) 12:30〜17:30
 場 所 : コングレコンベンションセンター ホールA
 主 催 : 文部科学省
 共 催 : 科学技術振興機構

【ガイドラインに関するホームページ(文部科学省)】
 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/12/1380114.htm

【「未来創造対話in大阪2017」に関するホームページ(JST)】
 http://www.jst.go.jp/tt/mext2017/
    (事前申込は↑ホームページから可能です。)

【フォーラムに関するホームページ(文部科学省)】
 http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/taiwa/1381007.htm

========= 以下、同時開催のイベント ===========

●JSTオープンイノベーションフェアWEST2017
 概 要 : 関西圏の大学が有する技術シーズの展示及び産学連携マッチング会
 日 時 : 平成29年2月7日(火)10:00〜17:30
       平成29年2月8日(水)10:00〜16:00
 主 催 : 科学技術振興機構
 場 所 : コングレコンベンションセンター
 参加費: 無料(要事前登録)
 H P : http://www.jst.go.jp/tt/west/

●交流会
 日 時 : 平成29年2月7日(火)18:00〜20:00
 場 所 : コングレコンベンションセンター ルーム3
      (上記イベントと同フロア)
 対 象 : 未来創造対話及びオープンイノベーションフェアの関係者及び参
     加者
 参加費: 1名様4,000円(税込)
      参加費は、会場受付にてお支払いをお願いいたします。
 申込はこちらから:http://www.jst.go.jp/tt/west/event/

2017-01-27 (金)  平成28年度 ハートフルビジネスおかやま 賀詞交歓会の開催について

 ハートフルビジネスおかやまでは、毎年恒例の『賀詞交歓会』を開催します。
 講演会では国の施策から介護現場にも精通された日本基準寝具(株)の山下陽子様をお迎えし、福祉用具・介護ロボットに関する動向や取組事例についてお話いただきます。山下様は当会会員アンケートによる希望講師のお一人でもあり、この度実現の運びとなりました。
 情報提供会では、新規会員になられた2社の企業様(フォーユアジュエルズ様、(有)渡辺工作所様)より福祉業界への想いや開発製品などについて発表していただきます。
 交流会では、ご参加の皆様と新年のスタートをお祝いするとともに、交流の輪をさらに深めていただきたいと思います。
 奮ってのご参加お待ちしております。

★開催日時  平成29年1月27日(金) 
          14:10〜18:15(受付開始13:40)
★開催場所  ピュアリティまきび 2階 白鳥の間
          http://www.makibi.jp/map.htm
          岡山市北区下石井2-6-41 TEL 086-232-0511
★参加費    情報提供会、講演会・・無料
         交流会・・・有料(4,000円) 
★プログラム  
【情報提供会14:10〜14:50】  
 ハートフルビジネスおかやま新入会企業様による自社紹介
 .侫ーユアジュエルズ 
 ◆瞥)渡辺工作所

【講 演 会15:00〜16:30】
 演題:『福祉用具・介護ロボットに関する取り組みについて』
 講師:日本基準寝具株式会社 エコール事業本部 事業推進統括部
     CLO 山下 陽子氏
     (元厚生労働省老健部局振興課福祉用具・住宅改修指導官)
      (現JASPA理事)(現テクノエイド理事)
 概要:「介護ロボット」の実用化・普及に向けた取り組みが実施
     されています。また次期介護保険制度改正についても目を
     離せません。今回は福祉用具・介護ロボットに関する動向
     や取り組み事例を中心にお話いただきます。

【交 流 会16:45〜18:15】
  会費:4,000円 ※当日受付にて集金いたします。
  会場:同ホテル内

★申込方法  下記のお申込みメールフォームよりお申込みください。

★申込・問合先  ハートフルビジネスおかやま事務局
        (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部
          研究開発課(担当:山本、永山)
        〒701-1221岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
        Tell:086-286-9665 Fax:086-286-9676
        E-mail:heart@optic.or.jp

詳しくは、
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1158.html
をご覧ください。

2017-01-25 (水)  おかやま次世代産業関連技術研究会 第4回技術セミナー 半導体ネットおかやま10周年記念例会

 県内大学・高専を中心に半導体分野のネットワークづくりを進めて来た「半導体ネットおかやま」は十周年を迎えます。
 本研究会では、「半導体ネットおかやま」の10年を振り返って頂くとともに、今後の半導体分野、次世代産業分野においてキーとなる「次世代電池」「情報通信セキュリティ」「有機エレクトロニクス」「熱発電」について、これらの分野に取り組まれている大学、公設機関の方に、技術開発内容・技術動向等についてご講演頂きます。
    
◆日 時 : 平成29年1月25日(水)13:00〜17:05
          *意見交換会   17:15〜18:45

◆会 場 : メルパルクOKAYAMA 1F 泰平−
       (岡山市北区桑田町1-13)
        *地図はこちらを御覧下さい
         →http://www.mielparque.jp/okayama/

◆主 催 : 岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団

◆共 催 : 半導体ネットおかやま

◆定員等 : 60名 ※定員に達した場合はお断りすることがあります。
           お断りする場合のみ連絡します。

◆参加費 : 講演会 無料
      意見交換会 3,500円(事前申込要)

◆プログラム
 13:00〜13:05 開会の挨拶

 13:05〜13:50 ≪講演帰
  「リチウム電池関連産業V字回復に向けた大阪市立工業研究所の
  取り組み」
    地方独立行政法人大阪市立工業研究所 電子材料研究部
     電池材料研究室 室長 研究主幹 高橋 雅也 氏

 14:10〜14:50 ≪講演侠
  「遠隔操作型・自律型移動システムの安全な通信」
    岡山大学大学院 自然科学研究科 准教授 野上 保之 氏

 14:50〜15:30 ≪講演窟
  「芳香族ポリマーの精密合成触媒〜有機エレクトロニクス関連
  材料を目指して」
    岡山理科大学 理学部 基礎理学科 教授 東村 秀之 氏

 15:50〜16:40 ≪講演権
  「熱発電実用化取組の現状(NEDOプロジェクト「クリーンデバ
  イス社会実装推進事業」)」
    岡山理科大学 工学部 電気電子システム学科
      教授 笠 展幸 氏

 16:40〜17:00 ≪講演喉
  「半導体ネットおかやま10周年を迎えて」
    岡山理科大学 理学部 基礎理学科 教授 財部 健一 氏

 17:00〜17:05 閉会の挨拶

 17:15〜18:45 「半導体ネットおかやま」10周年
             記念 意見交換会

◆参加申込
  下記URLもしくは参加申込書に必要事項を記載のうえ、
 FAXまたはメールにてお申し込みください。
  ※平成29年1月23日(月)申込締切

◆事務局 : 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部
       研究開発支援課 担当:小林・白土
      TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
      E-mail: kaihatsu@optic.or.jp

※詳しくは、
 http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1163.html
 をご覧ください。

2017-01-18 (水)  『おかやまテクノロジー展2017』 〜精鋭企業と出会う加工技術展示商談会〜

 岡山県と(公財)岡山県産業振興財団では、「ものづくり県おかやま」を広くアピールするとともに、優れた加工技術を有する県内企業と県外企業等とのマッチングの機会を創出するため、2回目となる「おかやまテクノロジー展(OTEX)2017」を開催します。
 県内外から多くの方々のご来場をお待ちしています。

■日時:平成29年1月18日(水曜日) 10時00分〜17時00分
    平成29年1月19日(木曜日) 10時00分〜16時30分
■場所:コンベックス岡山 大展示場(岡山市北区大内田675)
■入場料:無料
■アクセス:JR中庄駅から無料シャトルバス運行
      詳しくは、公式ホームページをご覧ください。
        →「OTEX」で検索
■出展規模:152社・機関(249小間)
■併催事業:広域商談会ほか

【お問い合わせ先】
(公財)岡山県産業振興財団 経営支援部取引支援課
  Tel 086−286−9670

詳しくは、
http://www.optic.or.jp/otex/
こちらをご覧ください。

2017-01-18 (水)  「魅せる県内シーズ!ここに大集結」第21回岡山リサーチパーク研究・展示発表会

 岡山県内一押しの技術シーズが一同に集います!
 ポスター展示発表やプレゼンテーションにより、事業化に向け積極的にシーズ発信を行います。
 新しい技術シーズを必要とされている企業や、大学・研究機関等との連携を模索されている企業の方々は、そのきっかけとしてお気軽にご参加ください。

【開催日】
 平成29年1月18日(水) 10:00〜17:00
      1月19日(木) 10:00〜16:30

【会  場】
 コンベックス岡山 中展示場 (岡山市北区大内田675)

【展 示】
 研究開発成果物の展示 9分野 70テーマ 
 ポスター展示・ポスター前でのプレゼンテーション

【分 野】
 1 精密加工、機械
 2 材料
 3 情報通信・エレクトロニクス
 4 健康・医用・福祉
 5 バイオ
 6 食品
 7 環境
 8 化学
 9 デザイン・MOT・知的財産等

【プレゼンテーション】
 大展示場にて
  18日 13:10〜14:25
  19日 12:25〜13:30

【その他】
 個別相談(マッチング)コーナー、各機関紹介ブース有り

【主 催】
岡山県、公益財団法人岡山県産業振興財団

【後 援】
 岡山大学、岡山県立大学、岡山理科大学、吉備国際大学、川崎医科大学、
 川崎医療福祉大学、就実大学・就実短期大学、中国職業能力開発大学校、
 津山工業高等専門学校、岡山リサーチパークインキュベーションセンター、
 岡山県工業技術センター、岡山県農林水産総合センター

【お問い合わせ先】
 (事務局)
   公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 担当:赤木・福原
   〒701-1221岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山
   TEL:086-286-9651  FAX:086-286-9676
   E-mail: kaihatsu@optic.or.jp

詳しくは、
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1137.html
をご覧ください。

2016-12-06 (火)  「次世代グリーンデバイス関連産業創出事業」ニーズ・シーズ発信会  おかやま次世代産業関連技術研究会 第3回技術セミナー

 パワーデバイスは、電気の発生・輸送・消費を効率的に行う上でのキーデバイスであり、太陽光発電、自動車、産業機械、家電製品などの省電力化・性能向上に大きく貢献しています。また、小型・高電流化の進展やSiCなど新しいデバイスの登場により、周辺部材にも一層の高度化が求められています。本研究会では、これらの分野に取り組まれている企業、研究機関の方に、技術開発動向、必要とするニーズ、提供可能な技術シーズ等についてご講演頂きます。


◆日時  平成28年12月6日(火)13:30〜16:30 
◆会場  岡山コンベンションセンター 3F 301会議室
     (岡山市北区駅元町14−1)
*地図はこちらを御覧下さい→http://www.orh.co.jp/access/

◆主催  中国経済産業局・公益社団法人中国地方総合研究センター
     岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団による共催
◆定員等 50名
     ※定員に達した場合はお断りすることがあります。
      お断りする場合のみ連絡します。
◆参加費 無料   
◆プログラム
 13:30〜13:40
  主催者挨拶 経済産業省中国経済産業局

 13:40〜14:10
  ≪講演帰
  「新材料パワーデバイスおよびモジュールに関するニーズ発信
   〜SiC・GaNを用いたパワーデバイスとモジュール〜」
    ローム株式会社 研究開発部 部長  中村 孝氏

 14:20〜14:50
  ≪講演侠
  「次世代パワーエレクトロニクスに関するニーズ・シーズ発信
   〜250℃級高温動作・SiCパワーモジュール向け実装技術の開発〜」
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 
     先進パワーエレクトロニクス研究センター
      パワー回路集積チーム 研究チーム長  佐藤 弘氏

 15:00〜15:30
  ≪講演窟
  「JOHNANが有するモジュール実装技術のご紹介
   〜顧客と共に造り込む半導体/SMT融合技術の紹介〜」
    JOHNAN株式会社 岡山事業部 執行役員 
     プレシジョンデバイス社 社長  伊藤 伸一氏

 15:30〜15:40
  今後のマッチングに関するご案内(事務局より説明)/閉会の挨拶

 15:40〜15:50
  休憩

 15:50〜16:30
  個別相談セッション
  ニーズ・シーズ発表企業・機関との個別相談会

◆参加申込
 申込みフォームからお申込みいただくか、参加申込書に必要事項を記載のうえ、FAXまたはメールにてお申し込みください
 ※平成28年12月2日(金)申込締切

◆おかやま次世代産業関連技術研究会事務局  
 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
  担当:小林・白土
  TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
  E-mail: kaihatsu@optic.or.jp

詳しくは、
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1126.html
をご覧ください。

2016-11-26 (土)  難削材加工技術スキルアップ研修「加工体験で学ぶチタン合金の切削加工」

 チタン合金は、比強度が大きく耐食性に優れていることから、航空機、医療機器など様々な分野で用いられており、今後も需要の伸びが期待される材料です。チタン合金の切削を手掛けている企業は多くありますが、製造業が直面する国内外の競争の中で、チタン合金の切削加工においても、いかに高効率、高精度に加工できるかが今まで以上に求められています。
 本研修では6-4チタン合金を取り上げ、素材の特徴や適切な工具を選択するための考え方を学ぶセミナーと、自社の工作機械での加工体験を組み合わせた実践的な研修を行います。最新の工具を使った高効
率、高精度加工にチャレンジしていただくとともに、チタン合金に対する熱処理が加工現象等に及ぼす影響、最新の計測技術による切削加工の「見える化」についても学んでいただきます。

日 程
 第1回セミナー
  平成28年11月26日(土)9:30〜16:30

 自社加工
  平成28年12月7日(水)〜平成29年2月10日(金)

 第2回セミナー
  平成29年3月4日(土)9:30〜16:30

内 容
 ●第1回セミナー  
   座学 チタン合金の素材特性
      チタン合金の切削加工のポイントと適切な工具選定
   実習 課題の説明と注意点
      加工方法の検討
      実習課題(デモサンプル)に対する形状測定

 ●自社加工機での加工
   課題図面による切削加工体験(チタン合金製の“フタ付箱”の作製)

 ●第2回セミナー  
   座学 実習及び自社加工結果のまとめと評価
      チタン合金の組織、切削抵抗に及ぼす熱処理の影響
      最新の計測装置による「加工の見える化
      (工具温度・振動の計測)」
      実習 チタン合金に対する穴加工時の工具温度測定

会 場
 中国職業能力開発大学校(倉敷市玉島長尾1242-1)

受講料
 7000円/人

講 師
 中国職業能力開発大学校、(株)神戸製鋼所、サンドビック(株)、
  (株)山本金属製作所、岡山県工業技術センター

対象素材
 Ti−6Al−4V合金(溶体化+時効処理材)
 ※加工素材と工具は支給します。 

募集定員
 13社 限定 
 ※県内に事業所のある製造業を対象にします。申込み順で、
  定員に達し次第締め切ります。
 ※1社から複数名の参加は可能です。
  その場合、受講料は参加人数分承ります。

申込方法
 下記メールフォームよりお申込いただくか添付の申込書にて事務局までお申込み下さい

申込先
 (公財)岡山県産業振興財団技術支援部   担当:西田、山本 
  〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山内
  TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676
  E-mail:sangaku@optic.or.jp

申込締切
 平成28年11月16日(水)
 ※申込みにあたっては、申込み用紙記載の留意事項を確認ください。

詳しくは、
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1124.html
をご覧ください。

2016-11-25 (金)  おかやまバイオアクティブ研究会 第10回見学会の開催について

 この度、おかやまバイオアクティブ研究会と公益財団法人岡山県産業振興財団では、生理活性物質・医薬品関連技術及び産業の発展に寄与すること目的として第10回見学会を開催いたします。
 今回は、アサヒグループ食品蠅寮渋ど門に特化したフリーズドライ等の乾燥食品で有名な天野実業蠅硲毅骸鑪爐凌∧性原材料「果穀藻菜」を長期発酵・熟成した植物発酵食品「万田酵素」でおなじみの万田発酵蠅鯔問します。
 生理活性物質・医薬品関連技術等の事業運営の参考としていただければ幸いです。
 奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。

◆開催日
 平成28年11月25日(金)8:50〜16:30

◆対象者
 おかやまバイオアクティブ研究会会員
  及び
 県内食品医薬品関連企業

◆集合場所
 岡山駅西口バスロータリー(8:50出発)
  又は 
 岡山大学農学部前 (9:00出発)
 ※貸切バスで移動します

◆見学先
 1 天野実業株式会社第2プラント
   http://www.amanofoods.co.jp/
   (岡山県浅口郡里庄町里見2751-1)
 2 万田発酵株式会社
   http://www.manda.co.jp/company/
   (広島県尾道市因島重井町5800-88)

◆主催
 おかやまバイオアクティブ研究会、公益財団法人岡山県産業振興財団

◆内容
 1 会社概要説明
 2 施設内見学
 3 質疑応答
 ※所要時間 約90分

◆行程
  8:50 岡山駅西口 集合出発
  9:00 岡山大学農学部前 集合出発
 10:00 天野実業株式会社 見学 (約90分)
 11:30 移動 ・昼食(車内にてお弁当)
 13:00 万田発酵株式会社 見学 (約90分)
 14:30 万田発酵株式会社 出発
 16:10 岡山大学農学部前 到着解散
 16:30 岡山駅西口 到着解散      
 ※それぞれの時刻は予定。

◆参加費
 無料(但し、昼食代800円は各自ご負担ください)

◆定員
 25名(定員になり次第、締切させていただきます。)
※応募多数の場合は、1社の人数制限をさせていただく場合があります。

◆参加申込
 下記メールフォーム必要事項をご記入の上、11月15日(火)までに事務局宛までお申し込み下さい。
 (添付の参加申込書によりFAXにてお申込いただくことも可能です。)
※受付返信のない場合は、恐れ入りますがご一報ください。

◆事務局
 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部研究開発支援課 
担当:山本,福原
TEL 086-286-9665  FAX 086-286-9676 
E-mail:sungaku@optic.or.jp

◆詳しくは、
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1127.html
をご覧ください。

2016-11-15 (火)  中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2016

 岡山県と(公財)岡山県産業振興財団では、リサイクルビジネスなどの環境産業の振興を図るため、中四国地域を中心とした3R(リデュース・リユース・リサイクル)関連等の新技術・製品などを紹介する「中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2016」を開催します。
 当日は、中国四国地域を中心とする22企業・機関が広域展示商談会に出展いたします。
 基調講演には、国内初の100%PET原料のペットボトルの完全リサイクル化「ボトルtoボトル」を実現し、全国的に注目を集める協栄産業(本社:栃木県)の古澤社長を招へいしました。

多数のご参加をお待ちしております。

■日 時: 平成28年11月15日(火) 13:00〜17:00

■会 場: 岡山コンベンションセンター ママカリフォーラム
      1F イベントホール (JR岡山駅東西連絡通路直結)

■主 催: 岡山県、 公益財団法人岡山県産業振興財団

■参加費: 無 料

■内 容

(1)基調講演  【13:05〜14:10】

   「廃棄物は『地上資源』、ペットボトルは『都市油田』」

    講師 協栄産業株式会社 代表取締役社長 古澤 栄一 氏

(2)中国四国地域の先進的なリサイクルモデル・技術のご紹介(プレゼン)
         【14:15〜15:15】
    《事例発表》
     銅スラグ・石炭灰有効活用プロジェクト
     株式会社日本植生グループ本社
     平林金属株式会社
     岡山県工業技術センター

(3)中国四国地域を中心とした企業・研究機関等によるポスターセッション
         【15:15〜17:00】
    《出展者》
     ○岡山県内
      (株)アステム・(株)ケナテックス
      EIF西日本(株)
      (株)ウッドプラスチックテクノロジー 岡山工場
      日本植生(株)
      (株)日本植生グループ本社
      日本リサイクルマネジメント(株) 倉敷工場
      平林金属(株)
      (株)リプロ
      おかやまグリーンバイオ・プロジェクト
      岡山県環境文化部循環型社会推進課
      岡山県工業技術センター
     ○岡山県外
      (株)隠岐商事(島根県)
      ミサワ環境技術(株)(広島県)
      (株)リベルタ・ジャパン(広島県)・日本治水(株)(宮崎県)
      三蓉エンジニアリング(株)(広島県)・(株)パブリック(香川県)
      (株)社レクザム 香川工場(香川県)
     ○研究機関
      中国地域産学官連携コンソーシアム
     ○広域連携
      銅スラグ・石炭灰有効活用プロジェクト
     ○特別出展
      協栄産業(株)(栃木県)

 ☆プログラム・出展内容等、詳細情報はこちら↓↓↓
   http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/60.html

■参加申込
 下記URLよりオンライン申込可能です
  http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1122.html

■申込期限  11月14日(月)

■お申し込み・お問い合わせ先
  公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:竹内・保本
TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9676  URL http://bnet-okayama.jp/

2016-11-11 (金)  OUSフォーラム2016 ー基礎から応用・未来技術への出会いと対話ー のご案内

 岡山理科大学は大学の持つ技術シーズを地域に紹介し産学官金連携を推進するため、本年もOUSフォーラムを開催いたします。今年は、特別記念講演として、三鷹光器(株)代表取締役社長 中村勝重様をお招きして「設計図は現場にあり」〜革新的技術で世界市場へ挑戦〜と題して、ユニークなアイデアの源泉や海外メーカを唸らせ他社との競争に打ち勝てた勝因等について、お話を伺います。
 多数の方々にご参加を賜りますようご案内申し上げます。

1.日 時  平成28年11月11日(金) 13:00〜18:00 
2.場 所  岡山プラザホテル(岡山市中区浜2-3-12)
3.内 容  特別記念講演、産学官金連携事例紹介
       ポスター発表、中小企業向け技術相談会
4.参加費  無料
5.共 催  倉敷芸術科学大学、千葉科学大学、吉備国際大学、
       九州保健福祉大学

お申し込みは下記URLよりお願いいたします。
http://www.ous.ac.jp/renkei/forum

2016-11-11 (金)  岡山大学 知恵の見本市について

 この展示会は、本学の多様な研究活動の一端を、産業界、地域並びに学生・生徒に紹介するとともに、産学連携研究のきっかけを作るなどして、本学の産学連携を一層推進することを目的に開催しています。
 今年度も特別講演および、研究成果プレゼンテーションをはじめ、約60ブースの研究展示においては、来場者の方の投票により優秀出展者数件を表彰します。
 入場無料/申し込み不要です。多数の皆様のご来場をお待ちしています。

◆日時:2016年11月11日(金)13:00〜17:00
◆場所:岡山大学創立五十周年記念館(岡山市北区津島中1−1−1)
◆プログラム:
 13:00-13:10 開会挨拶 岡山大学長 森田 潔
 13:10-14:10 特別講演
 14:30-16:45 研究展示:約60ブース
         3件のプレゼンテーションを実施
 16:45-17:00 優秀出展者表彰

◆講演:
 「IoT×AIで私たちの生活はどう変わる?」
  公益財団法人 九州先端科学技術研究所 副所長
          九州大学名誉教授  村上 和彰 氏
◆出展分野:
 【出展分野】
   新素材・ものづくり・情報通信、医療・創薬・福祉、
   農業・環境・災害対応、次世代技術(省エネ・新エネ)、
   文理融合・人文社会、地域連携、実物展示

詳しくは、
http://www.orpc.okayama-u.ac.jp/tenji/chie_01.html
をご覧ください。

2016-10-28 (金)  おかやま次世代産業関連技術研究会 第2回技術セミナー

 印刷・塗布で製造が可能な発光素子である有機ELは、「薄い」「軽い」に加え、「自由度の高いデザイン性」に優れ、大きな成長が期待される分野です。本研究会では、「有機EL照明」「有機ELディスプレイ」と、これら製品の「フレキシブル化」において重要となる「標準化の進め方」「耐久試験」について、「国内有数の取組み」を進めておられる企業の方をお招きし、ご講演を頂きます。

◆日時:平成28年10月28日(金)13:30〜17:00

◆会場:岡山ロイヤルホテル 2F 光楽の間
    (岡山市北区絵図町2−4)
◆主催:岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団

◆後援:経済産業省中国経済産業局
    公益社団法人中国地方総合研究センター
◆定員等:60名 ※定員に達した場合はお断りすることがあります。
お断りする場合のみ連絡します。
◆参加費:無料
     意見交換会*3,500円(事前申込み要)  

プログラム
13:30〜13:35 開会の挨拶

13:35〜14:30
≪講演帰筺峭睚子有機EL照明のご紹介」
       住友化学株式会社 有機EL事業化室
        事業化リーダー 飯村 清寿氏

14:30〜15:20
≪講演侠筺JOLEDによる有機ELイノベーション」
       株式会社JOLED 先端技術開発部門
        シニアテクニカルスペシャリスト 熊川 克彦氏

15:20〜15:35 休憩

15:35〜16:30
 ≪講演窟筺嵬戮る標準の使い方-事業に資する標準化-」
       コニカミノルタ株式会社 開発統括本部
        技術戦略部 マネージャー IEC 国際電気標準会議
         TC 110 国際副幹事 兵頭 啓一郎氏

16:30〜16:55
 ≪企業講演≫「耐久試験の重要性」
       株式会社ユアサシステム機器 技術一課
            課長 佐々木 寿朗氏

16:55〜17:00 閉会の挨拶

17:15〜18:45 意見交換会

◆参加申込:
 下記参加申込書に必要事項を記載のうえ、FAXまたはメールにてお申込み頂くか、申込みフォームよりお申し込みください
 ※平成28年10月24(月)申込締切
      
◆事務局
 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課  
  担当:小林・白土
TEL 086−286−9651
  FAX 086−286−9676 
  E-mail:kaihatsu@optic.or.jp

詳しくは、
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1094.html
をご覧ください。

2016-10-27 (木)  第109回岡山県医用工学研究会 シンポジウム、交流会

「中性子医療の社会実装に向けて−IAEA連携記念シンポジウム−」

◆日時:平成28年10月27日(木) 13:30〜19:30

◆場所:岡山大学鹿田キャンパス内
    シンポジウム:Junko Fukutake Hall(岡山大学Jホール)
    交流会:医学部記念会館内 カフェテリアバンビ

◆参加費:シンポジウム・コンサート:無料
     交流会:会員1,000円、非会員3,000円

■開会挨拶  13:30〜13:35
  岡山県医用工学研究会会長・NPO法人メディカルテクノおかやま理事長
   公文 裕巳

■話題提供:
  「ホウ素中性子捕捉療法の最新の進展と岡山大学の取り組み」
                        13:35〜14:00
  岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 細胞生理学分野 教授 松井 秀樹 氏

■講演1:
  「放射線医療とIAEA」  14:00〜15:15
  IAEA(国際原子力機関)核科学応用局 物理化学部・部長
   Meera Venkatesh 氏
   (IAEAならびにVenkatesh部長への謝辞
       岡山大学理事・研究担当副学長 山本 進一 氏)

【休憩】 15:15〜15:35

■講演2:
  「悪性脳腫瘍を中心とする難治性がんへのホウ素捕捉療法BNCTの適用」
                        15:35〜16:10
  大阪医科大学附属病院がんセンター 教授  宮武 伸一 氏

■講演3:
  「病院におけるBNCTの企画開発」  16:10〜16:45
   一般財団法人 脳神経疾患研究所 附属 総合南東北病院
    南東北病院グループ総長首席補佐監
     口腔がん治療センター長  瀬戸 かん一 氏
     口腔外科医長       井川 和代  氏

■講演4:
  「次世代加速器駆動中性子発生装置の開発」  16:45〜17:20
   名古屋大学工学研究科 産学連携 加速器BNCT用システム研究講座
    特任教授 土田 一輝 氏

■ヴァイオリン・コンサート  17:30〜18:15
  東京音大講師、元新日本フィル・コンサートミストレス、
   瀬戸かん一先生ご令室

■交流18:20〜19:30

◆詳細プログラム、お申し込みはこちらからお願いします。▼
 http://www.optic.or.jp/medical/info/info_detail/index/512.html

【お問い合わせ】
 NPO法人メディカルテクノおかやま
 TEL:086-234-0067 FAX:086-234-0068
 e-mail:medical@optic.or.jp
 HP:http://www.optic.or.jp/medical/

2016-10-25 (火)  第37回岡山バイオマスプラスチック研究会

 岡山バイオマスプラスチック研究会は、環境にやさしく市場拡大が期待されるグリーンバイオ(生物機能利用技術)産業について、産学官が連携しながら、基礎となる技術や製品開発の推進、バイオマスプラスチックの利用拡大に向けた普及啓発等を通じて、グリーンバイオ産業群の育成及び資源循環型社会の構築の促進を目指し、平成16年度に設立されました。
 このたび、第37回岡山バイオマスプラスチック研究会を開催いたしますのでご案内申し上げます。
バイオマスプラスチックやセルロースナノファイバー(CNF)の最新情報をご提供いたしますので、会員以外の皆様もぜひこの機会にご参加ください。

◇日時:平成28年10月25日(火) 14:00〜17:15

◇会場:サン・ピーチOKAYAMA 3F ピーチホール

◇主催:岡山バイオマスプラスチック研究会

◇参加費:無 料

◇定員:50人

◇参加申込:下記申し込みフォームより10月21日(金)までにお申し込みください ※定員に達し次第、締切

◇プログラム
 14:05〜15:15  講演
 エキゾチックな芳香族バイオ分子を用いたスーパーエンプラの開発
  国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学
   環境・エネルギー領域 領域長/
   「高性能天然由来マテリアル」拠点長
    マテリアルサイエンス研究科 教授 金子 達雄 氏
  【要旨】
   高耐熱・高力学物性などの高付加価値を与えたプラスチックを芳香族
  バイオ分子から開発した経緯、エキゾチック分子の重要性、得られたポ
  リマーの構造物性相関、今後の展開についてご講演いただきます。

 15:25〜16:25  講演
 ポリ乳酸、及びバイオマス高耐熱ポリアミド樹脂を用いた開発動向につい
 て
  ユニチカ株式会社 樹脂事業部 市場開発室 室長 中山 泰樹 氏
  【要旨】
    ユニチカにおけるポリ乳酸を用いたバイオマスプラスチック「テラ
  マック」の開発動向と、非可食性バイオマスとされるトウゴマから抽出
  したひまし油を用い、独自の重合技術で作り上げた高耐熱性ポリアミド
  樹脂「ゼコット」の紹介と開発動向についてご説明いただきます。

 16:35〜17:15 研究会会員企業・機関による事業紹介・研究発表

 ポリ乳酸繊維・ペットボトル再生糸を使用した製品の開発について(仮題)
  株式会社池田製紐所 取締役 清板 義永 氏
 金属ナノ粒子を複合化させたセルロースナノファイバー(CNF)材料の
 開発について
  岡山県工業技術センター 技術支援部 連携推進グループ
   専門研究員 藤井 英司 氏
  【要旨】
    木質バイオマス等から得られるCNFは新しい材料として注目され始
   め、その用途開発が進んでいます。このたび、岡山県工業技術セン
   ターは、CNFに更なる機能性を付与させるため、金属ナノ粒子を複合
   化させたCNF材料の製造方法を開発しましたのでご紹介いたします。

◇お申し込み・お問い合わせ先
  公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
   担当:竹内・田原
  TEL086−286−9652 FAX086−286−9676
  E-mail:sangaku@optic.or.jp

詳しくは、
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1121.html
をご覧ください。

2016-10-21 (金)  第5回精密ものづくり技術フォーラム

 岡山県精密生産技術研究会と公益財団法人岡山県産業振興財団では、機械加工、および工作機械技術に関する産学官による技術情報の共有や交流を積極的に行い、研究開発のきっかけ作りや生産技術のレベルアップなどを図ることを目的に技術相談会を開催します。切削、研削・研磨、特殊加工、プレス・鍛造等や工作機械、IoTについて各分野の第一線で活躍する会員が専門知識を活かして貴社の技術的な課題解決に向けたアドバイスをさせていただきますので、この機会にぜひご参加ください!!

日時:平成28年10月21日(金) 13:00〜18:30
会場:メルパルクOKAYAMA(岡山市北区桑田町1-13 岡山駅徒歩7分)
主催:岡山県精密生産技術研究会 公益財団法人岡山県産業振興財団
後援:公益社団法人精密工学会中国四国支部 公益社団法人砥粒加工学会
   公益財団法人岡山工学振興会 先進加工技術懇話会
参加費:無 料 ※交流会ご参加の場合 精密研会員:無料 非会員:4,000 円
内容:第1部 講 演 13:05〜14:05
    テーマ 「IoT によるオムロンの製造現場革新」
    オムロン株式会社 商品事業本部
   第2部 技術相談会 ※原則として事前予約制 14:20〜16:50
    分 野 \攤 研削・研磨 F端豌湛(放電加工・レーザー加工)
       ぅ廛譽后γ誕づ
       ス作機械(マシニング・旋盤・研削盤・NC)
       Γ稗錚
     ※自社の身近なお悩みについてお気軽にご相談ください。
      過去の相談内容の一例です。
       ・切削油の選定のポイントは?
       ・切削工具の寿命を延ばしたいんだけど...
       ・旋盤で(ウレタン)樹脂加工を高品質に加工するには?
   第3部 交流会 ※事前申込要 17:00〜18:30

参加申込:参加申込書(裏面)に必要事項をご記入のうえ、事務局宛て
     FAXまたはメールにてお申し込みください。
     締切は、10月13日となっておりますが、定員に余裕があ
     りますので、お早めに申込みください。

詳しくは、
 http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1109.html
をご覧ください。

2016-10-06 (木)  おかやまバイオアクティブ研究会 第50回シンポジウム

 おかやまバイオアクティブ研究会と当財団では、生理活性物質・医薬品関連技術及び産業の発展に寄与することを目的とし、第50回シンポジウムを開催します。
 遺伝子改変技術のブレークスルーとして近年注目を浴びているゲノム編集技術を用いた様々な取り組みについて、動物・植物・昆虫の各分野の講師の先生方に最近の知見を盛り込んでご紹介いただきます。ぜひ、ご参加ください。

◆日 時
 平成28年10月6日(木)13:15〜19:00 (受付12:45〜)

◆場 所
 岡山大学創立五十周年記念館

◆参加料
 無料 ※交流会3,000円(学生1,000円)

◆内 容
 講演1 「ゲノム編集技術を用いた遺伝子改変動物作製の現状について」
     京都大学大学院 医学研究科 附属動物実験施設
          特定講師 金子 武人 氏

 講演2 「植物ゲノム編集研究の新たな展開」
     農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
         遺伝子利用基盤研究領域 先進作物ゲノム改変ユニット 
          ユニット長 土岐 精一 氏

 講演3 「ゲノム編集技術を利用したカイコでの遺伝子機能改変と有用物
     質生産」
     農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
         新産業開拓研究領域カイコ機能改変技術開発ユニット
          ユニット長 瀬筒 秀樹 氏

 学生プレゼンテーション、ポスターディスカッション、
 学生プレゼン表彰式 など

 交流会(17:30〜19:00)
   場所:ピーチユニオン4Fレストラン(同大学内)

 申込締切  平成28年10月5日(水) ※交流会9月30日(金)

詳しくはこちら↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1096.html

2016-09-30 (金)  ビジネスプランコンテストおかやま

優れた技術シーズや、新規性・独創性に富むアイデアによるビジネスプラン募集!

 岡山県での起業に意欲を持つ全国の創業前の個人及び創業後5年未満の法人・個人事業主から優れた技術シーズや、新規性・独創性に富むアイデアによるビジネスプラン(事業計画)を発掘し、実現可能性・成長可能性の高いプランには総合的な支援を行うことにより、県内での新規創業の促進とベンチャー企業の成長を支援します。

◆募集内容
 技術シーズやアイデアをもとにした、構想段階又は開発段階のビジネスプランで、その実現・発展が将来の岡山県の地域産業の創造、活性化につながることが期待されるもの。

□応募資格
 (1)岡山県内で創業予定の個人(現住所及び国籍不問)
 (2)岡山県内に所在する創業5年未満の法人代表者又は個人事業主
    (本年9月30日時点)
 (3)既存法人を分社化して岡山県内で新法人を設立予定の個人

□募集期間
 平成28年7月1日(金)から9月30日(金)まで(必着)

□表彰及び副賞
 最優秀賞(1名) 賞状・賞金 100万円
 優秀賞(1名) 賞状・賞金 30万円
 中国銀行賞(1名) 賞状・賞金 30万円
 トマト銀行賞(1名)賞状・賞金 30万円
 ORIC賞(1名) 賞状・賞金 30万円

□スケジュール(予定)
 9月30日
  応募締切
 10月下旬
  1次審査(応募書類に基づき選考)
 11月〜12月
  1次審査通過者のビジネスプランのブラッシュアップ研修(2回)
 11月〜1月
  1次審査通過者へメンター(先輩経営者・起業家)の紹介
 1月19日
  最終審査(公開プレゼンテーションにより選考)
  概ね1年間の主催・共催各社によるビジネスプランの事業化支援

◆応募前のセミナーの利用
 ビジネスプランの作成に当たっての資金計画や利益計画等の知識習得や、プレゼンテーションの技能習得のために、次に掲げる応募者向け専用セミナーのほか、関連セミナーを利用することができます。
 (1)専用セミナー
    ビジネスプラン設計セミナー(主催:財団、期間:7月〜8月)
 (2)関連セミナー
    女性創業支援研修:創業塾(主催:財団、期間:7月〜)
    プレ・インキュベーションセミナー:創業支援研修
     (主催:財団、期間:9月〜)

2016-09-12 (月)  岡山県異業種交流プラザ協議会 平成28年度特別セミナー

 岡山県異業種交流プラザ協議会は、県下の異業種交流活動の推進により県内産業の発展に寄与することを目的として昭和60年に設立されました。
 現在、県内の中小企業経営者を主体とした10プラザ、約180名の会員が、相互連携による経営諸問題の解決や経営者としての資質向上、視野識見の拡大に精力的に取り組んでいます。
 このたび、当協議会と岡山県産業振興財団では、「AWA」ブランドで世界トップ奪還を目指しチャンレジを続ける阿波スピンドルの木村雅彦社長と、話題の腸内フローラと呼ばれる腸内細菌の持つ可能性に着目し研究を進める岡山大学の森田英利教授を講師に迎え、本年度特別セミナーを開催いたします。
 会員以外の参加も歓迎ですので、奮ってご参加くださいますようご案内いたします。

◇日 時  平成28年9月12日(月) 15:00〜17:30

◇会 場  アークホテル岡山 3F 牡丹の間
      (岡山市北区下石井2−6−1)

◇主 催  岡山県異業種交流プラザ協議会、
      公益財団法人岡山県産業振興財団

◇後 援  岡山県、岡山県商工会議所連合会、岡山県商工会連合会、
      岡山県中小企業団体中央会 (予定)

◇参加費  無 料

◇定員等  120名 ※定員に達し次第締切

◇プログラム
 15:00〜15:10
  主催者挨拶   岡山県異業種交流プラザ協議会 会長 小川 健
          公益財団法人岡山県産業振興財団 理事長 三宅 昇
 15:10〜16:10
  講演
   『阿波スピンドルのチャレンジ精神 〜創業400年企業が「AWA」
    ブランドで世界トップ奪還を目指す!!〜』
      阿波スピンドル株式会社 代表取締役 木村 雅彦 氏
 16:10〜16:25
  コーヒーブレイク
 16:25〜17:25
  講演
   『腸内フローラと肥満・免疫(がん)・脳(行動・認知症)』
      岡山大学大学院環境生命科学研究科 教授 森田 英利 氏
 17:25〜17:30
  謝辞

◇参加申込  次のURLの申込メールフォームからお申込ください
       ※申込期限:9月5日(月)
  http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1076.html

◇お申し込み・お問い合わせ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部
      研究開発支援課  担当:横田・竹内
    TEL 086-286-9652
    FAX 086-286-9675
    E-mail:sangaku@optic.or.jp

2016-08-31 (水)  次世代産業参入に向けたビジネスプランワークショップ

 「新エネルギー」「次世代エレクトロニクス」等の次世代産業分野は、今後、大きな成長が見込まれる分野です。岡山県・岡山県産業振興財団では、この次世代産業分野に参入意欲のある県内中小企業に対して、川下企業のニーズを踏まえた技術マッチングの支援を推進しています。
 今回のワークショップでは、専門の講師の方をお招きして計4回の講習を行い、プレゼンテーション能力の向上に加え、具体的なテーマに基づく川下企業への技術提案書作成を行います。

◆日  時 : 平成28年8月31日(水)、9月13日(火)、
       10月3日(月)、10月26日(水)の計4回  
       いずれも13:00〜17:00

◆会  場 : テクノサポート岡山(岡山市北区芳賀5301)

◆主  催 : 岡山県、(公財)岡山県産業振興財団

◆定 員 等 : 15社 ※定員に達した場合はお断りすることがあります。
       お断りする場合のみ連絡します。

◆参加資格 : 新エネルギー、次世代エレクトロニクス等の次世代産業
        分野を推進し(参入予定含)、かつ、川下企業との技術
        マッチングを希望する岡山県内のものづくり中小企業
        ※計4回の参加が必要です。
         詳細は、事務局に御問い合わせ下さい

◆参 加 費 : 無料 

◆プログラム
 第1回目(8月31日)
『自社の強みの再定義』〜技術提案にあたり、自社の強みの再確認〜
・有効な技術提案書作成のための基礎知識習得 ・自社強み分析の実習
⇒創業からの沿革を振り返る。現在の売上を顧客別、商品別に分解する。
⇒社内の経営資源を総点検することによって、強みを再確認する。

第2回目(9月13日)
『技術提案テーマの設定』〜自社の強みに基づく、技術提案テーマの検討〜
・自社強み分析の発表、総点検 ・提案テーマ設定のための講習、実習
⇒自社の客観的な強さを再設定する。
⇒次世代産業のニーズを分析し、自社が提案できる領域を模索する。

第3回目(10月3日)
『提案資料の構成設計』〜自社の強みを踏まえた提案テーマの企画資料構想〜
・提案テーマ発表、再確認  ・提案資料構成設計のための講習、実習
⇒プレゼン無でも意図が伝わる資料の構成設計(提案先社内での企画資料回覧対応)
⇒プレゼンにおける説明のシナリオを整理する。

第4回目(10月26日)
『模擬プレゼン』〜技術提案資料の完成度向上〜
・模擬プレゼンテーションによる実践
⇒講師アドバイスによる技術提案の資料仕上げ(可能な範囲で企業間での相互確認) 
⇒プレゼン方法のポイントを学ぶ。

◆講  師
 (株)日本経営支援センター
   代表取締役社長 経営コンサルタント 萩原 正英氏
 (株)日本能率協会コンサルティング
   生産エンジニアリング革新センター センター長
   シニア・コンサルタント 石田 秀夫氏

◆参加申込 : 申込みフォームよりお申込みいただくか、下記参加申込
        書に必要事項を記載のうえ、FAXまたはメールにてお
        申し込みください。 
        ※平成28年8月19日(金)申込締切

◆事 務 局 : (公財)岡山県産業振興財団
         技術支援部 研究開発支援課 担当:小林・白土
        TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
        E-mail:kaihatsu@optic.or.jp

2016-08-31 (水)  平成28年度産業創出講演会 「JAXAが取り組む宇宙・航空分野の技術動向と産業界」 の参加者募集!

 中国地域には、宇宙・航空分野に関わりのあるものづくり企業や将来この分野に参入できる高い技術力を持つ企業が集積しています。
 この度、(公財)ちゅうごく産業創造センターでは国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA) 新事業促進部 参事の川井孝之様による「JAXAが取り組む宇宙・航空分野の技術動向と産業界」と題した講演を行います。
 「国際宇宙ステーション」「はやぶさ」などの宇宙分野、超音速機から発生する衝撃波によるソニックブーム低減化などの航空分野の最新技術やJAXAが取り組む宇宙・航空分野の技術動向をご紹介いただき、JAXAと産業界のコラボについてもお話しいただきます。
多くの方のご来場をお待ちしています。

内 容
【平成28年度産業創出講演会 in広島】
日時 : 平成28年8月30日(火) 13:30〜15:00(受付12:30〜)
会場 : メルパルク広島 6階 「平成」
     〒730-0011 広島市中区基町6−36 《案内図》
     TEL:082-222-8501 / FAX:082-222-7995

【平成28年度産業創出講演会 in岡山】
日時 : 平成28年8月31日(水) 10:30〜12:00(受付9:30〜)
会場 : メルパルク岡山 1階 「泰平」
     〒700-0984 岡山市北区桑田町1−13 《案内図》
     TEL:086-223-8100 / FAX:086-223-9152

主催 : 公益財団法人ちゅうごく産業創造センター
共催 : 中国経済連合会、(公財)中国電力技術研究財団、
     (独)中小企業基盤整備機構 中国本部、
     (一社)中国地域ニュービジネス協議会
後援 : 中国経済産業局、
     国立研究開発法人産業技術総合研究所中国センター、
     岡山県(in岡山)、広島県(in広島)、岡山市(in岡山)、
     広島市(in広島)、中国地方商工会議所連合会、
     (公財)鳥取県産業振興機構、(公財)しまね産業振興財団、
     (公財)岡山県産業振興財団、(公財)ひろしま産業振興機構、
     (公財)やまぐち産業振興財団

プログラム
1.講演
  《広島》13:30−14:50 《岡山》10:30−11:50
  「JAXAが取り組む宇宙・航空分野の技術動向と産業界」
   国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
    新事業促進部 参事 川井 孝之 氏

2.質疑応答
  《広島》14:50−15:00 《岡山》11:50−12:00
   講師プロフィール
    ○川井 孝之(かわい たかゆき) 氏
    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
      新事業促進部 参事
     1984年 慶應義塾大学法学部法律学科 卒業 日産自動車(株) 入社
         宇宙航空分野の要職を歴任
     2002年 宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発機構) 入社
         広報部主管(全社広報、ロケット打上げ広報、
         危機管理)、国際部国際課長(二国間協力、多国間協力、
         インフラ輸出支援)、
         ミッション企画室長(衛星データの海外利用促進、
         ミッション企画、省庁対応)等歴任
     2015年 新事業促進部参事として衛星分野での新規ビジネス、
         国際協力などを担当
     現在に至る

定 員
  広島会場:150名(先着順)
  岡山会場:100名(先着順)

参加費
  無料

お問い合わせ
  (公財)ちゅうごく産業創造センター 担当:総務部 胡中
  TEL:082-241-9928 / FAX:082-240-2189
  E-mail:zdkonaka@pnet.gr.energia.co.jp

お申し込み
  申込締切:平成28年8月26日(金)
  以下URLの「お申し込みフォーム」をご利用ください。
  http://ciicz.jp/event/28083031-kouen.html

2016-08-08 (月)  次世代産業セミナー

          次世代産業セミナーの御案内
  〜水素社会の実現を見据えたオープン・イノベーションの推進〜

 家庭用燃料電池の実用化、燃料電池自動車の市場投入など、水素社会を巡る動きが急速に進展しており、今後の市場拡大も期待されています。
 本セミナーは、各分野の専門家を講師としてお招きし、水素社会実現に向けたロードマップ・技術動向、企業における取り組み・参入事例に関する最新の情報を提供するとともに、次世代産業分野における県内企業の新規参入・事業化加速に向け、これら新事業の創造に重要なオープン・イノベーション活動やNEDOの支援事業に関するご講演を頂きます。

◆日 時
 平成28年8月8日(月)13:00〜17:15
◆会 場
 岡山ロイヤルホテル 2F 光楽の間 (岡山市北区絵図町2-4)
 *地図はこちらを御覧下さい→http://www.orh.co.jp/access/
◆主 催
 岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団
◆共 催
 水島コンビナート総合特区水素利活用研究会、おかやま次世代産業関連技術研究会
◆定員等
 60名 ※定員に達した場合はお断りすることがあります。お断りする場合のみ連絡します。
◆参加費
 無料 交流会*3,500 円(事前申込み要)
◆主な内容
<第1部>水素関連技術セミナー
 ・「水素エネルギーの意義と取り組み」
  講師:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
     新エネルギー部 燃料電池・水素グループ
      主任研究員 大平 英二氏
 ・「CO2フリー水素の導入構想と関連技術」
  講師:川崎重工業株式会社 技術開発本部 水素チェーン開発センター
     プロジェクト推進部 水素エネルギー利用推進室
      室長 吉村 健二氏
 ・「水素ビジネス、わが社の取組事例〜水素ステーション用複合蓄圧器の
  開発〜」
  講師:サムテック株式会社 高圧ガス容器部 次長 東條 千太氏
<第2部>次世代産業ニーズ発信会
 ・「大阪ガスのオープン・イノベーション活動について」
   講師:大阪ガス株式会社 技術戦略部 オープン・イノベーション室
      室長 樋口 裕思氏
 ・「中小企業向けNEDOの支援事業について」
  講師:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
     イノベーション推進部 専門調査員 木村 誠氏
◆詳細及び参加申込
 下記URLを参照してください。
 http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1055.html
  ※平成28年8月3日(水)申込締切
◆事務局
 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
  担当:小林・白土
 TEL 086−286−9651
 FAX 086−286−9676 
 E-mail:kaihatsu@optic.or.jp

2016-07-22 (金)  【中国地域産学官コラボレーション会議】地域イノベーション創出2016 in おかやま

 中国地域の産・学・金・官88機関が連携して、競争力のある産業集積の形成を目指す『中国地域産学官コラボレーション会議』では、産学官連携活動を推進し、地域におけるイノベーション創出の機運を一層高めるため、シンポジウム及び交流会を開催します。
 本シンポジウムでは、今後の産学官連携の参考モデルとするため、一人一人では限られるリソースを持ち寄り、またコミュニティを創ることでイノベーションを起こしていった方々から講演や報告を頂きます。ぜひ、ご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日 時】平成28年7月22日(金)
     14時00分〜17時50分(交流会 18時00分〜19時00分)

【場 所】岡山コンベンションセンター(岡山市北区駅元町14-1)

【主 催】中国地域産学官コラボレーション会議

【定 員】280名

【基調講演】

・「地域産学官連携成功の秘訣
   −次々と新製品を生み出す「仙台堀切川モデル」の概要−」

   東北大学教授 大学院工学研究科 ファインメカニクス専攻教授
       堀切川 一男 氏

【産学官連携・イノベーション創出の取組紹介】

・「岡山大学の産学官連携の取組みについて
  −広域連携と医工連携の取組み−」

   岡山大学 研究推進産学官連携機構教授 産学官連携本部長
       尾本 哲朗 氏

・「予測不能な文系領域の産学連携プロジェクト
  〜万引き防止対策プロジェクトを例に〜」

   香川大学社会連携・知的財産センター副センター長
       准教授 永冨 太一 氏

【パネルディスカッション】
・「地域における産学官連携とイノベーション」
   ファシリテータ:岡山大学副学長 山本 進一 氏
   コメンテーター:東北大学教授  堀切川 一男 氏
   パネリスト:
    帝人ナカシマメディカル(株) 取締役 石坂 春彦 氏
    (株)山本金属製作所 代表取締役社長 山本 憲吾 氏
    (株)未来機械 代表取締役社長 三宅 徹 氏

【参加費】無料(交流会:4,000円)

【締 切】平成28年7月15日(金)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 詳細、申込は、中国地域産学官コラボレーション会議をご覧下さい。

【申込・問合せ先】
中国地域産学官コラボレーションセンター
担当 : 山下、三上  TEL:082-242-4511

2016-07-20 (水)  地方創生  地域発のアグリビジネスの祭典 トマトアグリフードフェアー2016

 株式会社トマト銀行と公益財団法人岡山県産業振興財団が合同で、岡山の「食」「アグリ」に焦点を合わせ、新商品・オリジナル商品を持ち販路開拓に意欲的な中小企業等を対象に 『展示商談会』と『販路開拓商談会』を開催します。

◇日 時
 平成28年7月20日(水)10:00〜16:45

◇場 所
 岡山コンベンションセンター(岡山市北区駅元町14番1号)

◆ 展示商談会 10:30〜16:45 (有料)
 アグリビジネスに関し新商品・新サービス等を有する中小企業の商品やパネルを展示。来場者にPRするチャンスです!

小間数:65小間
  出展料:15,000円1ブース(税込)
  電気工事希望の場合 別途2,000円(税込・電気容量300Wまで)
  ※300Wを超える場合は別途追加料金をいただきます。事前にご相談
   ください。
  
 展示商談会では商品コンテストを開催いたします。ぜひご参加ください!

◆ 販路開拓商談会 13:00〜16:45 【完全予約制】
 セラーがバイヤーへ売り込む予約制の個別商談会。
 商談時間1回あたり20分を予定。

  募集セラー :110社程度
  (バイヤーの希望商材を持ち、具体的な商談ができる中小企業等)
  
  参加バイヤー: 50社程度
  (県内外の食に関する小売・流通業者等及び輸出業者)

 参加料:無料

◇対象者
 アグリビジネスに関し新商品・新サービス等を有する県内中小企業者等
 (食品全般、飲料、農業関連、その他食に関連するもの)

◇主催
 株式会社トマト銀行、公益財団法人岡山県産業振興財団

◆申込締切
 平成28年5月27日(金)17:00必着 

◇申込方法
 添付しております開催概要等をご確認の上、下記の申し込み専用フォームからお申し込みください。

 ※申込専用フォーム。

http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1014.html

 ※前回の様子(ニュースリリースより)
https://www.tomatobank.co.jp/mt/pdf/news_20150821_1


◇問い合わせ先 
  (公財)岡山県産業振興財団 経営支援部取引支援課 販路開拓グループ
  担当 瀬尾(せのお)、小野 
  TEL:086(286)9677  E-mail:shinfo@optic.or.jp
  (株)トマト銀行 コンサルティング営業部
  担当 藤井 
  TEL:086(800)1820

2016-07-09 (土)  難削材加工技術スキルアップ研修「加工体験で学ぶ超耐熱合金の切削加工」

 チタン合金や超耐熱合金などの難削材は、航空・宇宙、医療、エネルギー等の分野での用途が広がっていますが、素材が極めて高価なうえ、調達が困難であることから、企業独自で加工技術を習得することが難しい状況です。
 そこで、本研修では超耐熱合金であるインコネル718を取り上げ、機械加工経験があり、新たな加工技術を身に付けたい方を対象に、「加工体験で学ぶ超耐熱合金の切削加工」を企画しました.素
材であるインコネル718の特徴や加工時の工具選択等に関する知識を学ぶ座学のセミナーと、中国職業能力開発大学校のNCフライス盤や自社の加工機を使って課題に取り組む実践的なプログラムになっています。
 本研修の受講をきっかけに、参加された企業様の技術力向上が図られ、難削材加工の新たな受注獲得を目指すものです。技術力向上にやる気のある方の参加をお待ちしています。

▶日  程
  研修(1日目) 平成28年7月 9日(土) 9:30〜16:30
  自社での加工  平成28年7月11日(月)〜 8月31日(水)
  研修(2日目) 平成28年9月30日(金) 9:30〜16:30

▶内  容
 ●研修(1日目)  
   座学 ・超耐熱合金の素材について
      ・超耐熱合金に対する切削加工のポイントと適切な工具選定
   実習 ・丸型素材から六面体への削り出し
        ※中国職業能力開発大学校の設備を使用
         (牧野フライスKE55)
           
 ●自社加工機での加工(上記期間内で加工に取り組んでいただきます。)
      ・六面体に対してエンドミル加工(課題図面あり)を実施
 ●研修(2日目)  
   座学 ・実習及び自社加工結果のまとめと評価
   実習 ・セラミックスエンドミルによる超耐熱合金の高効率加工 他

▶会  場
  中国職業能力開発大学校(倉敷市玉島長尾1242-1)
  http://www3.jeed.or.jp/okayama/college/access.html

▶受 講 料
  6,500円/人

▶講  師
  三菱マテリアル(株)、中国職業能力開発大学校

▶対象素材
  インコネル718   ※加工素材と工具は支給します。

▶募集定員
  6社 限定 (県内に事業所のある製造業を対象にします。)
   ※申込み順で、定員に達し次第締め切ります。
   ※1社から複数名の参加は可能です。その場合、受講料は参加人数分
    を承ります。
   ※昨年度実施した「課題解決型による難削材加工検討会議」に参加さ
    れなかった企業を優先します。

▶主  催
  岡山県、(公財)岡山県産業振興財団

▶申込方法
  下記メールフォームでお申込いただくか別添の申込書によりFAXまた
  はメールにてお申し込みください。 

▶申 込 先
  (公財)岡山県産業振興財団技術支援部
   担当:西田、山本
   〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山内
   TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676
   E-mail:sangaku@optic.or.jp

▶申込締切
  平成28年6月22日(水)
   ※申込みにあたっては、下記の留意事項を確認ください。

◎留意事項
★本研修で得られた切削データ等について
 ・各社で切削して得られたデータ等は、研修内において受講者間で共有す
  ることになります。
 ・研修中に得られた切削データ等は、今後の研修等において企業名を伏せ
  て使用します。
★申込内容を確認後、「受講決定通知書 兼 請求書」、貴社設備等を記入
 する「エントリーシート」を郵送させて頂きます。
★申込書に記入された個人情報は、本研修の管理に使用する他、今後の関
 連セミナーの案内等に利用させて頂く場合があります。
★連絡なく欠席される場合は、今後のお申込みをお断りする場合があります。

2016-07-07 (木)  「おかやま次世代産業関連技術研究会」第1回技術セミナー

 今回ご講演頂く、「新型2次電池」「パワーエレクトロニクス」「次世代太陽電池」は、今後の成長が期待される「再生エネルギー分野」、EV・FCVに代表される「次世代自動車」にとって、非常に重要な基幹デバイスです。本研究会では、産業界と一体になって国内の研究開発・実用化をリードしている産業技術総合研究所の方をお招きし、これらの分野における技術開発動向、取組み等についてご講演頂きます。


【日  時】
  平成28年7月7日(木)13:00〜16:40
   *意見交換会 17:00〜18:30

【会  場】
  岡山ロイヤルホテル 2F 光楽の間 (岡山市北区絵図町2-4)
   *地図はこちらを御覧下さい→http://www.orh.co.jp/access/

【主  催】
  岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団

【定 員 等】
  60名 ※定員に達した場合はお断りすることがあります。お断りする場合
      のみ連絡します。

【参 加 費】
  講演会 無料  意見交換会 3,500円(事前申込要)

【プログラム】
  13:00〜13:05 開会の挨拶

  13:05〜14:10 ≪講演帰
   「xEV普及に向けた新型二次電池の開発状況と課題」
     国立研究開発法人 産業技術総合研究所
      関西センター 上席イノベーションコーディネータ 境 哲男氏

  14:10〜15:10 ≪講演侠
   「パワーエレクトロニクス革新の意義〜国内の現状と
    産総研の取り組み〜」
     国立研究開発法人 産業技術総合研究所
      先進パワーエレクトロニクス研究センター
       研究センター長 奥村 元氏 

  15:10〜15:25 休憩(名刺交換)

  15:25〜16:15 ≪講演窟
   「有機薄膜およびぺロブスカイト太陽電池の研究開発動向」
     国立研究開発法人 産業技術総合研究所
      太陽光発電研究センター 有機系薄膜チーム
       チーム長 近松 真之氏

  16:15〜16:35 ≪次世代産業育成事業とニーズ・シーズマッチング
            事業について≫
   (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部
     研究開発支援課 小林 隆宏

  16:35〜16:40 閉会の挨拶

  17:00〜18:30 意見交換会(同ホテル 光楽の間)

【参加申込】
  申込みフォームよりお申込みいただくか、添付ファイルに必要事項記入
  の上、FAX・メールにてお申込ください。 

       ※平成28年7月1日(金)申込締切

【事務局】
  (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
   担当:小林・白土   
   TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
   E-mail: kaihatsu@optic.or.jp

2016-07-01 (金)  平成28年度ハートフルビジネスおかやま講演会

 「医療・介護のゴールは尊厳の保障だ!!」ケアをされる側の立場を最優先に、経験と実践を積み重ねた医師 江澤和彦氏をお迎えし、利用者が真に必要とする介護と福祉についてご講演をいただきます。

●日時
  平成28年7月1日(金)15:10〜16:40
  ※ 15:00までは会員総会の為、会員以外の方はご入場いただけま
   せん。
    (交流会 同日 17:00〜18:30 参加費5,000円 事前申込要)

●場所
  メルパルク岡山 3F 錦の間 
   (岡山市北区桑田町1-13)

●内容
  『尊厳を保障するハードとソフトの協働』
   江澤和彦氏
    医療法人博愛会、医療法人 和香会、社会福祉法人 優和会 理事長
***********************************
●講師紹介
 『椅子、テーブル、手すり、浴槽、トイレの補助具も自ら設計した。 車椅子の方が人に頼らず生活できる空間を目指し、過去の生活にないものをどこまで排除できるかに挑戦してきた。「生活を支えるために医療が存在する」ことに大きな気付きをいただいた。病気だけでなく患者さんが生活していくために何が必要か、介護から多くを学んだ』

 岡山大学大学院医学研究科卒業後、救急医療・重症管理の内科臨床に精力的に取り組む傍ら、専門である関節リウマチの臨床に現在まで30年近く携わり、生物学的製剤等の画期的な薬物療法にいち早く取り組み、チーム医療体制の構築と共にEBM(根拠に基づく医療)を実践する。また、感染管理の執筆や講演も活発に行うなど、感染対策にも力を注ぐ。
 平成8年現職就任以降、多数の医療介護施設を開設し、現在複数の病院、介護施設、サ高住、訪問・通所事業所等を運営し、設計・建築、外装・内装デザイン、補助具開発も自ら手がける。
 「社会貢献」を信条とし、社会保障・医療・介護等に関する数多くの執筆や講演を行っている。

 
************************************                                     
●対象 ハートフルビジネスおかやま会員および一般
●主催 ハートフルビジネスおかやま
●申込方法
    下記メールフォームよりごお申込ください。
●お問合せ先 ハートフルビジネスおかやま事務局
         (公財)岡山県産業振興財団技術支援部
         担当 山本、永山
         TEL 086-286-9665 FAX 086-286-9676
         E-Mail hart@optic.or.jp

2016-06-17 (金)  おかやまバイオアクティブ研究会 第49回シンポジウム

 おかやまバイオアクティブ研究会では、食品・医療品関連技術の発展に寄与することを目的に、第49回シンポジウムを開催します。
 この度のテーマは『炎症とアレルギー』です。炎症やアレルギーに関与する生理活性物質について、3名の講師をお迎えし研究内容をご紹介いただきます。食品や医療分野など研究開発にお役立ていただければ幸いです。
 また、同シンポジウム内にて、恒例の学生プレゼンテーションも開催いたします。新しい共同開発の架け橋の場として、産学研究者に教室の研究内容を紹介する学生プレゼンテーションもお見逃しなく!!
 興味のある方は、どなたでもご参加いただけます。多くの皆さまのお越しをお待ちしています。

◆日 時
  平成28年6月17日(金)  13:15〜17:00 

◆場 所
  川崎医科大学 現代医学教育博物館 3F 小講堂
  (倉敷市松島577 TEL086-462-1111)
   会場アクセス
    https://www.kawasaki-m.ac.jp/mm/html/2-3-1.html
   ※公共交通機関をご利用下さい。お車でお越しの場合は、川崎医科大学
    付属病院駐車場(有料)をご利用ください。
    駐車場http://www.kawasaki-m.ac.jp/hospital/access/03.php

◆参加費
  シンポジウム 無料 / 交流会3,000円、学生 1,000円
  (シンポジウム受付にて集金します)

◆内 容
 *開会挨拶 (13:15〜13:20)
   会長 岡山大学大学院環境生命科学研究科
    教授 神崎 浩 氏
 *講演機 複隠魁В横亜腺隠粥В械亜
   「関節リウマチの病態と関連する多機能分子の研究」
    川崎医科大学 医学部医学科 医学部基礎医学 免疫学
     教授 石原 克彦 氏
 *講演供 複隠粥В械亜腺隠粥В毅機
   「大豆のアレルギー性接触皮膚炎抑制効果」
    川崎医療福祉大学 医療技術学部臨床栄養学科
     教授 長野 隆男 氏
 *学生プレゼンテーション (14:55〜15:20) 
 *ポスターディスカッション・コーヒーブレイク
              (15:20〜15:50)
 *講演掘 複隠機В毅亜腺隠供В毅亜
   「タンパク質や多糖の腸管吸収
      〜食物アレルギーと腸管免疫調節の観点から〜」
    名古屋大学大学院生命農学研究科
     教授 松田 幹 氏 
  *学生プレゼン表彰式、閉会(16:50〜17:00)  

◆交流会
  川崎医療福祉大学 ミルキャン(厚生棟3F)17:20〜19:00
  交流会会場  https://www.kawasaki-m.ac.jp/mw/life/02-01.php

◆申込方法
  下記申込フォームに必要事項を入力のうえお申し込みください。
  ※交流会の申込〆切は平成28年6月10日(金)です。それ以降の
   キャンセルにつきましてはキャンセル料が発生しますのでご留意く
   ださい。

◆問い合わせ先
  おかやまバイオアクティブ研究会事務局
  (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 担当 山本・福原
   TEL:086-286-9665  FAX:086-286-9676 E-mail:sangaku@optic.or.jp  

2016-04-19 (火)  [Opticnews:12928] 第54回岡大サイエンスカフェ開催のご案内

今回の岡大サイエンスカフェの講師は、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科の森松 博史 教授です。

敗血症とは病原性の微生物が体内に侵入しておきる感染症による炎症が全身に波及したもので、重篤な場合は、死につながります。
病原性微生物には細菌、ウイルス、真菌(カビ)などがあります。
これらの病原性微生物が体の中で悪さをしている状態、肺炎、扁桃炎、虫垂炎などが感染症といわれるものです。
今回のサイエンスカフェでは、私達に身近な感染症から敗血症にいたるまで、最新の知見を幅広くお話します。

是非ご参加くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。


◆ 第54回岡大サイエンスカフェ開催のご案内 ◆

● 開催日時
平成28年4月19日(火) 18:00〜19:30

● 開催場所
岡山大学創立五十周年記念館  2階

● テーマ
敗血症ってどんなもの? ―最新の知見を踏まえて―

● 講師
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科  教授 森松 博史

● 概要は下記URL参照下さい。
http://www.okayama-u.net/renkei/document/pdf/sciencecafe/sciencecafe54.pdf

● 申込方法
申込先 岡山大学研究推進産学官連携機構 (村上、松田)
下記のいずれかの方法でお申込ください。
TEL : 086−251−7112
FAX : 086−251−8467
E-mail : sciencecafe@okayama-u.ac.jp
お申し込みフォーム: http://www.okayama-u.net/renkei/contents/04_04.html
(氏名、連絡先、車の使用有無について、記載をお願いします。)
※できるだけ公共交通機関をご利用ください。 

締切り :平成28年4月14日(木) 午後5時
参加費 :無料

2016-03-23 (水)  【助 成 金】平成28年度きらめき岡山創成ファンド支援事業助成金前期募集 公募説明会のご案内

 当財団では、県内中小企業の研究開発から販路開拓までを支援し、県内地域産業の活性化を推進するため「きらめき岡山創成ファンド支援事業」を実施しています。     
 今回、前期募集を行うにあたり、公募説明会を開催します。個別相談会も行いますので、ぜひご参加下さい。

・日  時  平成28年3月23日(水)
        申請書書き方セミナー 13:00〜13:55
        説明会        14:00〜15:00
        個別相談会      15:00〜16:30

 会  場  テクノサポート岡山

 参 加 料  無料

 ◆きらめき岡山創成ファンド支援事業助成金前期募集◆

 受付期間  平成28年3月28日(月)〜4月22日(金)17:00必着
 対象事業  ・新技術又は新製品の研究開発事業(ミクロものづくり分野)
       ・地域産業資源を活用した研究開発事業等
 対象者   ・県内の中小企業者及び起業予定者
       ・中小企業者の団体(県内の中小企業者が1/2以上を占める
        事業協同組合、商工組合等の法人及び任意団体)

詳しくはこちら↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1003.html

2016-03-18 (金)  【イベント】 第20回岡山リサーチパーク研究・展示発表会

 岡山リサーチパーク研究・展示発表会実行委員会では、岡山リサーチパーク研究・展示発表会を開催します。
 目利きコーディネータによる一押しの技術シーズが一堂に集います。
 ポスター展示発表やプレゼンテーションで事業化に向けシーズ発信を行います。
 新しい技術シーズを必要とされている企業や、大学・研究機関等との連携を模索されている企業の方々は、そのきっかけとしてお気軽にご参加ください。

・日  時  平成28年3月18日(金)13:00〜17:00
                  17:30〜18:30(交流会)

 会  場  テクノサポート岡山

 内  容  ・岡山リサーチパーク研究・展示発表会
        6分野45件
       ・特別電源所在県科学技術振興事業研究成果発表会
        4分野30テーマ
       
 参 加 料  無料(交流会1,000円)

詳細はこちら↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/995.html

2016-03-09 (水)  第20回岡山リサーチパーク研究・展示発表会」「平成27年度特別電源所在県科学技術振興事業研究成果発表会」合同開催のご案内

岡山県と公益財団法人岡山県産業振興財団では、岡山県内の目利きコーディネータによる一押しの技術シーズが一堂に集う「第20回岡山リサーチパーク研究・展示発表会」を開催します。
ポスター展示発表やプレゼンテーションにより、事業化に向け積極的にシーズ発信を行います。
当日は、平成27年度特別電源所在県科学技術振興事業に採択された岡山県内の研究テーマの成果発表も同時に開催しますので、新しい技術シーズを必要とされている企業や、大学・研究機関等との連携を模索されている会員企業の皆さん、きっかけを見つけにお気軽にご来場ください。

■日 時  平成28年3月18日(金) 13:00〜17:00
             ※交流会 17:30〜18:30

■会 場  テクノサポート岡山 (岡山市北区芳賀5301)
        http://www.optic.or.jp/contents/display/access.html

■主 催  岡山県、公益財団法人岡山県産業振興財団

■参加費  無料 ※交流会参加の場合:参加費1000円

■内 容  ポスター展示、プレゼンテーション、相談コーナー

 ≪第20回岡山リサーチパーク研究・展示発表会≫

  6分野45テーマ
  (1)精密加工・機械・材料
  (2)情報通信・エレクトロニクス
  (3)健康・医用・福祉
  (4)バイオ・食品
  (5)環境・化学
  (6)デザイン・MOT・知的財産等

 ≪平成27年度特別電源所在県科学技術振興事業研究成果発表会≫

  4分野30テーマ
  (1)ものづくりの高度化
  (2)新規医療の創造
  (3)機能性食品
  (4)次世代技術

 ☆ 発表テーマの詳細情報は、下記URLよりパンフレットをダウンロードしてご参照ください
    http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/995.html

■プレゼンテーション 13:30〜15:50

  (1)車載用アルミニウム合金−エンジニアリングプラスチック
    接合技術の開発
       岡山理科大学 教授 金谷 輝人 氏

  (2)階層構造制御による高分子材料の高性能化
       岡山理科大学 講師 大坂 昇 氏

  (3)円筒研削における長尺工作物の高精度加工
       岡山大学 助教 大西 孝 氏

  (4)超伝導モーター及び発電機の開発
       岡山理科大学 教授 河村 実生 氏

  (5)商用電源周波数による非接触給電(60Hz‐WPT)
       岡山理科大学 准教授 石田 弘樹 氏

  (6)GaNデバイスの高速スイッチング特性を最大限に生かすための
    寄生インダクタンスを考慮した回路配線設計手法の構築
       岡山大学 教授 平木 英治 氏

  (7)タブレットを用いた失語症リハビリアプリの開発
       岡山大学 助教 笹倉 万里子 氏

  (8)靴底の摩耗機序と摩耗の影響について
       岡山県立大学 准教授 斎藤 誠二 氏

  (9)酵母に酢酸耐性を付与する技術の開発
       岡山県立大学 准教授 田中 晃一 氏

  (10)簡便・迅速・好感度な農作物品種判定検査法
       岡山大学 助教 門田 有希 氏

  (11)環境振動対策「WIB工法」の性能設計・施工の向上
       E&Dテクノデザイン株式会社 代表取締役 竹宮 宏和 氏

  (12)テキストマイニングを用いた特許情報活用の一手法
     〜収集から可視化まで〜
       岡山県工業技術センター 専門研究員 山田 充 氏

  (13)健康寿命延伸を目指す抗加齢医薬品の開発研究
       川崎医科大学 副学長 砂田 芳秀 氏

■参加申込
   下記フォーマットからお申し込みください
   http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/995.html


■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
   担当:杉本、福原
    TEL 086−286−9700
    FAX 086−286−9676
    E-mail:kaihatsu@optic.or.jp

2016-03-07 (月)  【セミナー】27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金申請書の書き方セミナー

 27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金の公募が開始されました。今回の公募から、1次2次が廃止され、多くのエントリーが想定され
ます。
 認定支援機関である当財団では、申請の流れや留意点、記載ポイントについての説明会を開催します。併せて個別相談会も開催しますので、ぜひご参加下さい。

・日  時  1回目:平成28年3月7日(月)説明会  13:30〜14:30
                      個別相談会14:30〜16:00
       2回目:平成28年3月22日(火)説明会  13:30〜14:30
                      個別相談会14:30〜16:00

 定  員  100名
       個別相談会は要事前申込み(先着順)

 会  場  テクノサポート岡山

 参 加 料  無料

 内  容  ・申請の流れ、留意点やお願い、審査ポイント
       ・申請書記載のポイント
       ・申請書記載の参考資料

詳しくはこちら ↓ ↓ ↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1002.html

2016-03-02 (水)  次世代産業に関わる大学・高専シーズ発信会 の御案内

岡山県では、新エネルギー、次世代エレクトロニクス等に係る次世代産業分野(注1)に関し、
「次世代産業研究開発プロジェクト創成事業費補助金(注2)」による支援を行っております。
今回、この次世代産業分野に係る「県内大学・高専によるシーズ発信」「共同研究や補助金に関する相談会」を、
大学・高専の先生、コーディネータの方を招き開催いたします。


日時 平成28年3月2日(水) 13:00〜16:50 *意見交換会 17:00〜18:30

会場 岡山ロイヤルホテル 2F 光楽の間 (岡山市北区絵図町2−4)
*地図はこちらを御覧下さい → http://www.orh.co.jp/access/

主催 岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団

共催 岡山・産学官連携推進会議

定員等 60名 ※定員に達した場合はお断りすることがあります。
お断りする場合のみ連絡します。

参加費 シーズ発信会 無料 意見交換会 2,400円(注3)

プログラム
13:00〜13:05 開会の挨拶
13:05〜13:20 次世代産業研究開発プロジェクト創成事業費補助金説明(岡山県)
13:20〜13:45 岡山理科大学 商用電源周波数で共鳴させた非接触給電装置(石田准教授)
13:45〜14:10 岡山県立大学 2次元共振器半導体レーザの設計・評価(福嶋准教授)
14:10〜14:35 津山工業高等専門学校
超音波霧化技術を用いた薄膜形成手法の開発とその応用(香取准教授)

休憩(名刺交換)

14:45〜15:10 岡山大学 次世代エレクトロニクス産業で活躍するレーザ加工技術(岡本准教授)
15:10〜15:35 岡山大学 次世代分野におけるレーザーテラヘルツ計測技術(紀和准教授)
15:35〜16:00 岡山県工業技術センター 水素分析装置の概要と施設紹介(川端部長)
16:00〜16:10 今後のマッチングに関するご案内(岡山県産業振興財団)
16:10〜16:15 閉会の挨拶
16:15〜16:50 大学/企業の個別相談会 *別会場にて次世代産業関連技術資料を展示
17:00〜18:30 意見交換会(岡山ロイヤルホテル)

*当日、次世代産業分野に関連する先生のシーズ集を配布させていただきます

参加申込 下記URLもしくは参加申込書(裏面)に必要事項を記載のうえ、FAXまたは
メールにてお申し込みください ※平成28年2月26日(金)申込締切


http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/984.html

事務局 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課 担当:小林・田渕
TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676
E-mail:kaihatsu@optic.or.jp

(注1)次世代産業分野の例を別紙に記載しております。
記載されていない分野も、該当する場合がありますので、お気軽にお問合せ下さい。
(注2)次世代産業分野において、大学等又は大企業者と共同研究開発を行う企業に対する補助金です。
平成28年度については、本事業に関わる予算が議会において議決されることが条件となります。
(注3)アルコールを飲まれる方は別途1,800円必要。

2016-02-22 (月)  【2/22開催!】セルロースナノファイバー実用化セミナー in おかやま 参加者募集中!

岡山県では、県内に豊富に存在する未利用間伐材等の木質バイオマスの
利活用による新産業の創出を目指す「おかやまグリーンバイオ・プロジェ
クト」を推進しており、この中で、地域資源を活用した新素材として、
自動車、包装材料、医療、食品などの様々な分野で実用化に期待が高まっ
ているセルロースナノファイバーの用途開発等を支援しています。
このたび、セルロースナノファイバーの特性や可能性、中国・四国地域
における先進事例などを紹介することで、地域産業によるセルロースナ
ノファイバーの実用化に向けた取組を促進するためのセミナーを開催し
ますので、セルロースナノファイバーに関心をお持ちのみなさまの多数
のご参加をお待ちしております。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.pref.okayama.jp/site/presssystem/457383.html


■開催日時
  平成28年2月22日(月)13:15〜17:00

■開催場所
  メルパルクOKAYAMA 1F 泰平I
  (岡山市北区桑田町1−13)

■定員
  100名
  (定員になり次第締め切りますので、お早めにお申し込みください。)

■参加費
  セミナー:無料  交流会:4,000円(事前申込要)

■主催等
  主催:岡山県
  共催:中国経済産業局、四国経済産業局
  後援:公益財団法人 ちゅうごく産業創造センター、
     公益財団法人 岡山県産業振興財団、
     一般財団法人 四国産業・技術振興センター、
     ナノセルロースフォーラム、
     岡山バイオマスプラスチック研究会

■プログラム
  【基調講演】
   「セルロースナノファイバーの特徴と応用展開」
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 機能科学研究部門
     セルロース研究グループ 研究グループ長 遠藤 貴士 氏
  【先進事例発表1】
   「各種パルプから製造したCNFとその用途開発事例」
    大王製紙株式会社 技術開発部新規事業グループ
                   課長代理  大川 淳也 氏
  【先進事例発表2】
   「キチンナノファイバーの製造と実用化のための機能の探索」
    鳥取大学大学院 工学研究科  准教授   伊福 伸介 氏
  【岡山県企業の取組紹介】
    モリマシナリー株式会社 セルロース開発室
                   室長    山本 顕弘 氏
    真庭バイオケミカル株式会社  専務取締役 網屋 繁俊 氏
  【国・岡山県の関連施策のご紹介】

  ※ポスター・サンプル等の展示
    国内でセルロースナノファイバーの製造、サンプル出荷を行って
   いる企業等によるポスター、サンプル等の展示を行います。
  ※交流会
    セミナー終了後、希望者による交流会を開催します。
    (会費:4,000円、事前申込要)

■申込方法
  下記のいずれかの方法によりお申し込みください。
  (1) FAXによるお申込み
     下記URLからダウンロードした参加申込書(PDFファイル)に
    必要事項をご記入の上、下記FAX番号へ送信してください。
     ⇒http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/457383_3156784_misc.pdf
  (2) E-mailによるお申込み
     必要事項をご記入いただいた電子メール(以下のフォーマット
    をご利用ください)を、下記メールアドレスにお送りください。
     なお、電子メールの件名は「CNF実用化セミナー参加申込み」
    でお願いいたします。
   ------------------------------------------
    ・企業等名 :
    ・参加者
       部 署:
       職 名:
       氏 名:
    ・連絡先
      電話番号:
      E-mail :
    ・交流会出欠:
------------------------------------------


【お問合せ・お申込先】
  岡山県産業労働部産業振興課新産業推進班(担当:加島、堀井)
   TEL 086-226-7380 FAX 086-224-2165
   E-mail sangyo-greenbio@pref.okayama.lg.jp

2016-02-17 (水)  岡山県中小企業支援制度説明会 ご案内

中小企業者等が行う新技術・新製品の研究開発等を対象とした補助金制度
及び融資制度等の説明会を岡山及び津山の2会場で開催しますので、御案内
いたします。
なお、国及び県予算確定前の説明会であり、今後、事業の改廃等の可能性
もありますので、あらかじめ御了承ください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

● 日時・場所

_山会場
平成28年2月17日(水) 13:00〜17:00
岡山国際ホテル 別館 瑞光の間
(岡山市北区門田本町4丁目1番16号)

津山会場
平成28年2月23日(火) 13:00〜17:00
津山総合福祉会館 3階 中会議室
(津山市山北520)

● 説明の内容
(1)新技術・新製品の研究開発等に関する補助金及び融資等の支援制度
(2) 関係支援機関の事業等の紹介
(3) 関係支援機関との個別相談[説明会終了後]
     *関係支援機関(予定)
       中国経済産業局
       岡山県工業技術センター
       岡山大学産学官融合センター
       岡山県立大学地域共同研究機構
       岡山理科大学学外連携推進室
       津山工業高等専門学校地域共同テクノセンター
       岡山県発明協会

● 参加申込み
以下ホームページ上の「お申込みフォーム」から御登録頂くか、ホームページ
の参加申込書の様式をダウンロードし、必要事項を記載の上、E−mail又は
Faxで(公財)岡山県産業振興財団までお申し込みください。

http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/964.html


● 申込締切:岡山会場 平成28年2月12日(金)
        津山会場 平成28年2月18日(木)

● 事 務 局 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
担当:横田・宮井・田渕
TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676
E-mail: kaihatsu@optic.or.jp

2016-02-01 (月)  第23回地域を活かす科学技術政策研修会(平成28年2月1日(月)〜3日(水))のお知らせ

(公財)全日本地域研究交流協会が島根県松江市において第23回「地域を活かす科学技術政策研修会」を開催されます。

本研修会は、主に地域において科学技術振興・産業振興の企画立案やその施策の展開を担っている方を対象に行っています。

これまで地域に蓄積されてきた資産やポテンシャルの強みと農林水産業・商工業・医療福祉など既存産業の枠を超えた視点で、新たな地域のイノベーションの模索をし、地域企業がグローバル企業へと発展するための支援策を検討する場として位置付けています。

本年度は、特に内閣府のまち・ひと・しごと創生本部による基調講演を行います。また、島根県海士町の地方創生に対する先駆的な取組から、地方自治体における「地方創生に向けた戦略の策定」と「その実行に関する取組」を模索していきます。

第局瑤任蓮∧孤科学省・国立研究開発法人科学技術振興機構、経済産業省、農林水産省など各省等における国の地方創生・地域イノベーションに向けた次年度の具体的な施策等の講演を行います。

2日目の第敬瑤任蓮島根県における科学技術・産業振興施策等、島根県及び公設試験研究機関の取組、及び島根大学の地域志向人材の取組について講演を行います。

さらに第孤瑤任蓮■海弔離哀襦璽廚吠かれて  崔楼茲龍みを活かした地方創生戦略構築の模索」
◆崘誠紂商工・医療系の学際連携で特長ある新製品やサービスの開発」「地域の中小企業のニッチ
トップ展開への支援のあり方」について討論を行います。

最終日の第紘瑤任蓮島根県の特長ある機関の施設見学として、「足立美術館」及び「出雲たたらと刀剣館」
等を訪ね、参加者各位の知見を広めると共に、業務に反映させて頂きたく考えております。

ぜひともご参加くださいますようご案内申し上げます。
また、中山間地域振興など関係する皆様方にもお伝えくださいますようお願い申し上げます。

※プログラムの詳細や申込方法はこちら▼
  http://www.jarec.or.jp/

2016-01-29 (金)  難削材加工技術セミナー「工作機械からみた難削材加工の留意点」(おかやま航空機材料等技術研究会)

今回の難削材加工技術セミナーは、株式会社 牧野フライス製作所
から講師をお招きし、工作機械側からみた難削材加工の留意点につ
いて講演いただきます。

チタン合金、超耐熱合金などの難削材は切削抵抗が大きく、工作機
械の性能が加工能率、加工精度に大きく影響します。

本講演では、難削材加工に求められる工作機械の性能について、基本
的なことからわかりやすく解説いただきます。あわせて、精度維持の
ための適切な工作機械の管理や、国内外の難削材加工についての最新
の動向もお話しいただきます。

難削材加工に取り組むために必要な工作機械の基礎知識等を学ぶ絶好
の機会ですので、多くの方の参加をお待ちしております。

なお、本セミナーは「おかやま航空機材料等技術研究会」の活動の一
環として実施します。本研究会は固定した会員制は取らず、講演会や
実習等の各種活動への参加者をもって会員とする緩やかな連携体とし
て組織しています。内容に関心をお持ちであれば、初めての方も参加
いただけます。

◆ 日 時  平成28年1月29日(金) 13:30〜15:30

◆ 会 場  テクノサポート岡山  中会議室 

(岡山市北区芳賀5301 TEL 086-286-9651)

◆ プログラム



1.難削材加工に向けた工作機械選定のポイント 

2.工作機械の精度を維持するための適切な管理

3.工作機械メーカーからみた、難削材加工の国内外・産業別最新動向



講師 株式会社 牧野フライス製作所

加工技術部 カスタマーアプリケーショングループ

マネージャー 石井 正人 氏



◆ 主 催   岡山県、(公財)岡山県産業振興財団 

◆ 受講料   無 料    

◆ 定 員   40名



◆申込方法:必要事項を記入のうえFAXもしくはメール、または下記

      URLからお申込み下さい。

 http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/962.html

       (申込み記載事項)

        企業名

        所属・氏名

        所在地

        連絡先(TEL、FAX、E-mail)

◆ 申込先  (公財)岡山県産業振興財団技術支援部 担当:西田、福原 

        〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山 内

        TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676

        E-mail:sangaku@optic.or.jp

◆ 申込締切 平成28年1月27日(水)

2016-01-28 (木)  ハートフルビジネスおかやま 賀詞交歓会開催のご案内

ハートフルビジネスおかやまと(公財)岡山県産業振興財団では、毎年恒例の
「ハートフルビジネスおかやま賀詞交歓会」を開催します。

情報提供会では、ハートフルビジネスおかやまへ新規参入された企業の方に
福祉業界への想いや開発製品などについて発表していただきます。

講演会では当会員でもある青木内科小児科医院院長の青木佳之氏をお迎えし、
介護福祉と共にある岡山の歴史について興味深いお話をしていただきます。
これを機会に、介護福祉先進県に向けて、更なる前進となれば幸いです。

交流会では、ご参加の皆様と新年のスタートをお祝いするとともに、交流の
輪をさらに深めていただきたいと思います。

ご興味のある方はどなたでもご参加いただけます。
奮ってのご応募お待ちしております。


◆日時  平成28年1月28日(木)14:10〜18:30

◆会場  岡山ロイヤルホテル2階 光楽の間
(岡山市北区絵図町2-4 TEL086-254-1111)

◆内容  ・情報提供会
       ハートフルビジネスおかやま新入会企業様による自社紹介
     ・講演会
       講師 医療法人 青木内科小児科医院 院長青木佳之氏
          (岡山県通所リハビリテーション協議会 会長)
          (岡山県地域包括・在宅介護支援センター協議会会長)
       演題 『岡山県の歴史における介護福祉』
     ・交流会

◆参加料 情報提供会/講演会:無料 
     交流会:ハートフルビジネスおかやま会員(1社2名まで)は無料、
         会員以外は3,000円

◆応募方法 詳しくはこちら↓↓↓
    http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/960.html

◆主  催  ハートフルビジネスおかやま、(公財)岡山県産業振興財団

◆申込・問合先
     ハートフルビジネスおかやま事務局
    (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 
      研究開発課(担当:山本、永山)
     〒701-1221岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
Tell:086-286-9665 Fax:086-286-9676 E-mail:heart@optic.or.jp

      http://www.optic.or.jp/heart/index.html

2016-01-22 (金)  「先端技術シンポジウム」のご案内

------------------------------------------------------------
「先端技術シンポジウム」のご案内
「水素社会の到来に備えてビジネスチャンスを狙う」
------------------------------------------------------------

 2014年12月のトヨタ自動車の燃料電池自動車「MIRAI」発売で,
水素社会の到来がぐっと身近に感じられるようになりました。排気ガスを出
さない究極の動力源として注目を浴びる燃料電池ならびに燃料となる水素の
供給システムについて,社会の関心が高まっています。
 そこで,燃料電池に的を絞り,企業および大学の立場から技術・製品開発
やビジネスチャンス開拓を進める現状について3件のご講演を頂きます。
燃料電池を軸とする水素社会に関するビジネスチャンスを模索する絶好
の機会ですから,奮ってご参加下さい。

1.開催日時:平成28年1月22日(金)13:30〜17:00

2.開催場所:岡山ロイヤルホテル
〒700-0028 岡山県岡山市北区絵図町2-4,TEL:086-255-1111

3.参加対象等:県内ものづくり企業など,どなたでも参加できます。
        募集人員約50名。参加費は無料。
        参加申込締切:1月18日(月)。

4.主催:岡山大学産学官融合センター,(公財)岡山県産業振興財団,岡山
リサーチパーク・インキュベーションセンター,おかやま電池関連
技術研究会

5.共催:岡山県工業技術センター,水島コンビナート総合特区水素利活用研
究会,岡山大学産学官融合センター研究協力会

6.プログラム
13:30〜13:35 開会挨拶

13:35〜14:35  講演1
演題:燃料電池自動車の開発意義と水素社会の実現に向けた取組み
講師:トヨタ自動車(株)技術統括部 主幹 三谷 和久 氏
概要:トヨタ自動車は、2014年12月15日に燃料電池自動車(MIRAI)の市販
   を開始した。
   カーメーカーがFCVを開発する意義とは何か,また将来の持続可能なモ
   ビリティー社会実現に向けた課題と取り組みについて解説する。

14:35〜15:35 講演2
演題:水素社会実現に向けたイワタニの取組み
講師:岩谷産業(株)中央研究所 部長 水素エネルギー部 部長
理事  繁森 敦 氏
概要:究極の循環型クリーンエネルギーとして注目を集める水素。
   次世代エネルギーの有力な候補が「なぜ水素なのか?」,インフラの整
   備に向けた課題は何か?を中心に,水素社会実現に向けた展望と当社の
   取組みについて解説する。

15:35〜15:55 休憩(20分),名刺交換

15:55〜16:55 講演3
演題:水素社会実現における地域の役割
講師:九州大学 水素エネルギー国際研究センター長・主幹教授
          佐々木 一成 氏
概要:水素エネルギー・燃料電池が引き起こす技術・産業・社会のパラダ
   イムシフトとそれらに対して地域や大学が果たす役割について,
   福岡・九大における経験なども踏まえて述べる。

16:55〜17:00 閉会挨拶

7.申込方法:下記事項を記入のうえ、メールまたはFAXで岡山大学
        産学官融合センター 事務室宛 送付願います。
  メール:center@crc.okayama-u.ac.jp
  FAX:086-286-8007   TEL:086-286-8002

==============================================================
 「新技術シンポジウム」
  「水素社会の到来に備えてビジネスチャンスを狙う」 参加申込

氏 名(ふりがな)

勤 務 先

所属部署

職  名

所 在 地 ( ※〒も記入願います。)

TEL

FAX

E−mail




2016-01-18 (月)  「2016年プラザのつどい&賀詞交歓会」 のご案内

岡山県異業種交流プラザ協議会は、例年、年頭に「プラザのつどい&
賀詞交歓会」を開催しています。
今回は、体脂肪計付きヘルスメーターなど健康分野の計量計測機器の
製造に加え、最近は「タニタ食堂」の展開でも話題のタニタのトップ、
谷田千里氏を講師に迎え、独創性あふれる商品開発で成長を続ける
経営哲学についてご講演いただきます。
また、賀詞交歓会では、岡山市内のダンスチームによる華麗なパフォー
マンスを企画し、新たな年を幕開けを皆さんとともにお祝いしたいと
思います。
ぜひこの機会にプラザ協議会会員との親睦を深めてみてはいかがでしょうか。
多数のご参加をお待ちしています。

■日 時  平成28年1月18日(月) 15:00〜19:00

■会 場

 ○プラザのつどい
    岡山コンベンションセンター ママカリフォーラム
     2階 レセプションホール

 ○賀詞交歓会
    ANAクラウンプラザホテル岡山
     1階 曲水

■主 催  岡山県異業種交流プラザ協議会

■参加費 
 
 ○プラザのつどい  無 料
 ○賀詞交歓会    7,500円(事前申込要・当日参加不可)

■定員等  130名 ※ただし定員に達し次第締切

■内 容

 ≪2016年プラザのつどい≫     15:00〜16:45

   特別講演

     『健康のために計(は)・測(か)・量(る)』

       株式会社タニタ 代表取締役社長  谷田 千里 氏


 ≪賀詞交歓会≫            17:00〜19:00

   アトラクション

     Studio N インストラクター Natalia さん(岡山市在住)
     率いるダンスチームによるダンスパフォーマンス
       
■申込方法
   下記URLよりお申し込みください ※申込期限:1月8日(金)
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/954.html

■備 考
   事前に賀詞交歓会参加をお申し込みの方で、1月15日(金)以降に
  キャンセルされた場合は、出欠の有無に関わらず、後日、参加費を請求
  させていただきますので予めご了承ください。

■お申込み・お問合せ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:横田・竹内・杉本
    TEL 086−286−9652
    FAX 086−286−9675

2016-01-18 (月)  戦略産業コーディネーターミーティング(中国地域)のご案内

 本ミーティングは、中国地域の戦略分野(自動車・エレクトロニクス・航空機・介護福祉機器分野)の産業振興を図るため、戦略分野コーディネータおよび、地域の公設試・産業支援機関、自治体、大学等、金融機関等のコーディネータ等が一堂に会し、業界の技術動向、企業の技術ニーズ、研究開発シーズ等について情報交換を行います。

 中国地域における協力体制を構築し、産業育成基盤の強化に向けた、皆様のマッチングのためのネットワーク構築の場としてご活用ください。

■開催日時: 平成28年1月18日(月)14:00-17:30
 (2日目の1月19日(火)10:00-11:45は見学会)

■場所: 中小企業基盤整備機構中国本部
 (2日目の見学先「広島県立総合科学技術研究所・西部工業技術センター」)

■主催: 経済産業省、一般財団法人日本立地センター

■対象: 公的機関や金融機関、大学において、戦略分野(自動車・エレクト
     ロニクス・航空機・介護福祉機器分野)産業に関わるコーディネー
     ト業務及びサポート業務等に携わる者

■参加費: 無料 (交流会にご参加の方は、別途会費をお支払いいただきます)

※詳しくはこちら▼
 http://www.jilc.or.jp/training/2015/coordinatorHiroshima.pdf

2016-01-18 (月)  平成28年1月度 ORIC交流会・セミナーのご案内

-------------------------------------------------------
今年最初のORIC交流会を下記の通り開催いたしますので
ご案内申し上げます。
興味のある方はお気軽にご参加ください。
多数の方々の参加をお待ちしております。

●日 時:平成28年1月18日(月)
     交流会:12:00〜13:00(受付11:30〜)
     セミナー:13:05〜15:00(受付13:00〜)

●場 所:岡山リサーチパーク インキュベーションセンター(ORIC)
     2階 交流サロン(岡山市北区芳賀5303)http://www.oric.ne.jp/

●スケジュール
------------------------------------------------------------
機欷鯲会の部/12:00〜13:00(受付11:30〜)
------------------------------------------------------------
お食事をとりながら、入居企業紹介をお聴きいただきます。

1.入居者紹介(12:20〜12:45)
 「免疫分析研究センターの事業紹介と
新しい検査サービス事業の取り組み」
   免疫分析研究センター(株)マネージャー 大熊章朗 氏

2.名刺交換会(12:45〜13:00)

≪参加費(お弁当代)≫ 400円

≪申込み締切≫ 平成28年1月14日(木)

-------------------------------------------------------------
供櫂札潺福爾良堯13:05〜15:00(受付13:00〜)
-------------------------------------------------------------
≪テーマ≫ 「痛みの無い蚊の針の模倣(バイオミメティックス)
から微細注射針の商品化」
        〜人と環境にやさしいモノづくり:
ごみの形を残さない医療機器の実現〜

≪講 師≫ (株)ライトニックス 取締役会長 福田光男 氏

≪講師プロフィール≫
昭和48年4月 日本チバガイギー(株)入社
平成9年11月 (株)松本医科器械入社 プロダクトマネージャー(内視鏡)
平成15年7月 (株)ライトニクス 代表取締役
平成27年6月 (株)ライトニクス 取締役会長

著書:「人と環境にやさしい超低侵襲性医療用微細針の開発」(化学工学、Vol.71、No.1、pp.54-57、など。

実績:平成25年3月21日 「兵庫県ひょうごNo.1ものづくり大賞、最優秀賞。
   平成27年2月17日 「中小機構Japan Venture Awards 2015 中小企業長官賞。
   平成27年2月27日 第9回日本バイオベンチャー大賞 奨励賞。
   平成27年11月21日 第9回西宮市優良事業所顕彰。

≪参加費≫ 無料

●お申込み 下記項目をご記入の上、ORICスタッフルームまでお願いします。
 お問合せ  TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117 E-MAIL:info@oric.ne.jp

----------≪ORIC交流会・セミナー申込書(1/18開催)≫-----------

・参加者氏名(ふりがな)・役職
・所属団体/会社名
・連絡先住所 〒
 TEL.   FAX.   E-MAIL.
・参加希望 : [省参加 交流会のみ参加 セミナーのみ参加

-------------------------------------------------------------
※ 関連部署の皆様へ転送いただけると幸いです

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
支援スタッフルーム
岡山リサーチパーク
インキュベーションセンター(ORIC)
〒701-1221 岡山市北区芳賀5303
TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117
E-mail:info@oric.ne.jp
URL:http://www.oric.ne.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2015-12-16 (水)  「医療機器ビジネス新規参入ワークショップ」開催のお知らせ

岡山県(医療機器開発プロモートおかやま)と(公財)ちゅうごく産業創造
センターは、医療機器産業への新規参入を検討・計画されている企業を対象に
次のとおりワークショップを開催します。

例年広島市内で開催されておりましたが、今回は岡山市での開催です。
昨年同様、今年の講師も厳選されており貴重なお話が伺えるものと思います
ので、皆さまのご参加をお待ちしております。

■日時:平成27年12月16日(水)10:00〜17:30

■会場:ピュアリティまきび 2階 ルビー

■定員:8社程度(応募多数の場合は先着順。1社複数名の参加は可。)

■参加費:無料

■講師
 (地独)大阪市立工業研究所 産学官連携コーディネーター 内村 英一郎氏
 ・工学系の研究者。産業技術総合研究所、大阪大学大学院医学系研究科未来
  医療センターで研究開発に従事。自ら医療系ベンチャーを起業。

 合同会社コンピエーレ 代表 麻坂 美智子氏
 ・医学博士。日本ロシュ(株)、スミス&ネフュー(株)、日本メドトロニック
  (株)などで薬事部長、マーケティング部長等を務め、新製品の薬事申請・承
  認取得、保険償還価格などの業務に従事。

 株式会社 東鋼 代表取締役社長 寺島 誠人氏
 ・特殊精密切削工具の製造技術を応用し、医療術具の製造・販売業に参入。
  2012年MEDTECイノベーション大賞 奨励賞受賞。

※詳細については次のURLをご覧ください。
 http://ciicz.jp/kenkyu/kobo/h27iryou.html

2015-12-10 (木)  日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2015」出展者募集のお知らせ

岡山県は、県内企業等の環境関連の新技術、新商品をPRし、広域的な販路
展開を支援するため、本年12月10日から12日までの3日間にわたり、
東京ビッグサイトで開催される「エコプロダクツ2015」に岡山県ブースを
設置し、共同出展します。
これは、例年16万人以上が来場する国内最大級の環境展示会であり、岡山県
として初出展となります。
貴社製品や技術を首都圏など全国規模でPRできるチャンスです!!
積極的な応募をお待ちしています。

■出展事業 エコプロダクツ2015
http://eco-pro.com/2015/

■会 期  平成27年12月10日(木)〜12日(土) 3日間

■会 場  東京ビッグサイト 東ホール ※予定

■主 催  一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社

■出展規模 700社・団体、1700小間(見込み)

■募集対象
   環境負荷を低減する新技術・新商品等、環境ビジネスの市場開拓、販路
  拡大を目指す、岡山県内に事業所を有する企業 4〜6社程度
   ※出展形態:4小間共同出展

■出展助成
   出展料及び小間基本装飾に係る経費の各1/2額を補助します

■申込方法
   下記サイトより出展申込書をダウンロードのうえ、必要事項を記入し、
  会社案内、出展品等のカタログ・資料を添えて、6月26日(金)までに
  お申し込みください。
   ※出展要項、出展申込書のダウンロードはこちら↓↓↓
    http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/44.html    

■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部研究開発支援課
   担当:竹内
    TEL 086−286−9652
    E-mail:stake@optic.or.jp

2015-12-04 (金)  「岡山大学 知恵の見本市2015」(12/4(金))開催のご案内

来る12月4日(金)に第10回目となります「岡山大学 知恵の見本市
2015」を岡山大学創立五十周年記念館(津島キャンパス)で開催致します。

──────────────────────────────────

 「岡山大学 知恵の見本市2015」(12/4(金))開催のご案内
    
                    ◆ 入場無料・お申込不要 ◆
──────────────────────────────────

 ●ご案内とチラシ
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_05.html

【講演会】13:10-14:10
 「移植医療の革新 〜世界初”ハイブリッド肺移植”手術の現状と展望〜」
  岡山大学病院 臓器移植医療センター 教授 大藤 剛宏

【プレゼンテーション−1】14:30〜14:45 (15分×6件)
 「多彩な季節感を育む日本の気候環境とその変動」
  大学院教育学研究科(自然教育) 教授 加藤内藏進

   日本には「春・梅雨・夏・秋雨・秋・冬」の六季があり,多彩な
   季節感を生んでいます。例えば,気象災害の観点から,「このよう
   な季節だからこそ,このような特徴の災害が起こりえる」という
   視点での知見を研究・体系化して,社会へ発信する必要があります。
   さらには,持続的な教育の視点でも,文化・政治・社会等の相反
   する種々の要素の絡み合いやつながりの仲で,うまく折り合いを
   付けられるような知恵を持った人材の育成が急務です。
   本プレゼンテーションでは,このような観点から,「季節の変わり目」
   を直視することから見えてくる日本の季節の本質等に注目して,
   研究成果を紹介します。


  ◆日  時:平成27年12月4(金)13:00〜17:00

  ◆場  所:岡山大学創立五十周年記念館

  ◆開会挨拶:13:00-13:10

  ◆講  演:13:10-14:10
   「移植医療の革新
      〜世界初”ハイブリッド肺移植”手術の現状と展望〜」
     岡山大学病院 臓器移植医療センター 教授 大藤 剛宏

  ◆研究展示:14:30〜16:45
   ※この時間帯に説明員がブースに常駐し、質問に対応します
   創立五十周年記念館1Fおよび2Fに69ブースの展示を行います。
                          
  ◆プレゼンテーション:14:30〜16:00 (15分×6件)
  1)「多彩な季節感を育む日本の気候環境とその変動」
     大学院教育学研究科(自然教育) 教授 加藤内藏進
  2)「在宅酸素療法におけるSPO2モニタリングシステムの構築」
     大学院医歯薬学総合研究科(医) 講師 坂野 紀子
  3)「岡山大学若手研究者キャリア支援プログラム」
     若手研究者キャリア支援センター 准教授 町田 尚史
  4)「岡山大学方式の人工網膜(OUReP)の医師主導治験」
     大学院医歯薬学総合研究科(医) 准教授 松尾 俊彦
     大学院自然科学研究科(工)   准教授 内田 哲也
     三乗工業株式会社        代表取締役社長 眞田 達也
  5)「簡便・迅速・高感度な品種判定検査の開発」
     大学院環境生命科学研究科(農) 助教 門田 有希
  6)「多能性幹細胞による安全な再生医療を可能とする
     がん化抑制化合物の探索」
     大学院自然科学研究科(工)   助教 工藤 孝幸


  ご参加を心からお待ちしております。         
                              以 上


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 発 行:岡山大学研究推進産学官連携機構 産学官融合センター
 担 当:米 原(よねはら)
 住 所:〒701-1221 岡山市北区芳賀5302番地
 T E L :086-286-8002   F A X :086-286-8007
 U R L :http://www.okayama-u.net/renkei/contents/10_01.html
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2015-11-28 (土)  平成27年12月度 ORIC交流会のご案内

平成27年12月度 ORIC交流会のご案内
-------------------------------------------------------
毎月恒例のORIC交流会を下記の通り開催いたしますので
ご案内申し上げます。
多数の方々の参加をお待ちしております。

●日 時:平成27年12月10日(木)
     交流会:12:00〜13:00(受付11:30〜)

●場 所:岡山リサーチパーク インキュベーションセンター(ORIC)
     2階 交流サロン(岡山市北区芳賀5303)http://www.oric.ne.jp/

●スケジュール
------------------------------------------------------------
機欷鯲会の部/12:00〜13:00(受付11:30〜)
------------------------------------------------------------
お食事をとりながら、入居者の紹介をお聴きいただきます。

1.入居者紹介(12:20〜12:45)
 「新しいバイオマスメタンガス発電の現状と課題」
  (株)エヌ・エス・ピイ 代表取締役 井戸康正 氏

2.名刺交換会(12:45〜13:00)

≪参加費(お弁当代)≫ 400円

☆‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 今回は食後にケーキをご用意しております!!
 (ハーブガーデンC`Café(アスコルバイオ研究所経営)の
  ヘルシーなノンシュガーケーキです!)

☆‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


≪申込み締切≫ 平成27年12月8日(火)


 ※今月はセミナーは実施いたしません


●お申込み 下記項目をご記入の上、ORICスタッフルームまでお願いします。
 お問合せ  TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117 E-MAIL:info@oric.ne.jp


----------≪ORIC交流会 申込書(12/10開催)≫-----------

・参加者氏名(ふりがな)・役職
・所属団体/会社名
・連絡先住所 〒
 TEL.   FAX.   E-MAIL.

---------------------------------------------------------
※ 関連部署の皆様へ転送いただけると幸いです

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
支援スタッフルーム
岡山リサーチパーク
インキュベーションセンター(ORIC)
〒701-1221 岡山市北区芳賀5303
TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117
E-mail:info@oric.ne.jp
URL:http://www.oric.ne.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2015-11-26 (木)   難削材加工技術セミナー「ツーリングの基礎と機械精度の管理」

□□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

難削材加工技術セミナー
「ツーリングの基礎と機械精度の管理」 
(おかやま航空機材料等技術研究会)
      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□■
 今回の難削材加工技術セミナーは、大昭和精機(株)から講師をお招き
し、ツーリングの基礎と最新の話題について講演いただきます。
ドリルやエンドミルなどの工具と工作機械を結びつける“ツーリング”
の適切な使用が、高能率、高精度加工実現には不可欠であります。そこ
で、“ツーリング”をよく知り、使いこなすための基本、機械精度を維
持するための管理について、知っておくべきことをお話しいただきます。
また、難削材加工での留意点や、最新の開発動向についてもご報告いた
だきます。
 機械加工の重要な要素であるツーリングについて学ぶ絶好の機会ですの
で、多くの方の参加をお待ちしております。なお、本セミナーは「おかや
ま航空機材料等技術研究会」の活動の一環として実施します。研究会は固
定した会員制は取らず、講演会や実習等の各種活動への参加者をもって会
員とする緩やかな連携体として組織しており、活動内容に関心をお持ち
方なら、どなたでも参加していただけます。

◆ 日 時  平成27年11月26日(木) 13:30〜15:30
◆ 会 場  岡山ロイヤルホテル  2F光琳の間 
(岡山市北区絵図町2-4、TEL086-255-1111)
◆ プログラム
  1.ツーリングの基礎
    ・ツーリングの役割
    ・ツーリングの条件、種類、特性
    ・保持方式と保持特性比較例
  2.ツーリングの管理
  3.難削材加工に向けた留意点
  4.ツーリングの開発動向、最新の開発事例

  講師 大昭和精機株式会社 営業技術部
                 次長 高見 隆文 氏

◆ 主 催 岡山県、(公財)岡山県産業振興財団 
◆ 受講料   無 料    
◆ 定 員   40名
◆申込方法:必要事項を記入のうえFAXもしくはメール、または下記
      URLからお申込み下さい。
 http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/936.html
       (申込み記載事項)
        企業名
        所属・氏名
        所在地
        連絡先(TEL、FAX、E-mail)
◆ 申込先  (公財)岡山県産業振興財団技術支援部 担当:西田、福原 
        〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山 内
        TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676
        E-mail:sangaku@optic.or.jp
◆ 申込締切  平成27年11月24日(火)

2015-11-26 (木)  ◆第46回岡山開催『産から学へのプレゼンテーション』

◆第46回岡山開催『産から学へのプレゼンテーション』

1.日 時 :平成27年11月26日(木)13:30〜17:00
      (個別相談終了次第)
※11月25日・26日に『全国イノベーションコーディネータ
フォーラム2015』を同時開催致します。

2.会 場 :岡山コンベンションセンター 1階イベントホール東側
      JR岡山駅直結(中央開札口より徒歩3分)
       http://www.mamakari.net/access/

3.主 催 :国立研究開発法人科学技術振興機構
      中国地域産学官連携コンソーシアム(さんさんコンソ)

4.共 催 :経済産業省中国経済産業局

5.聴 講 :無料[事前登録制]

6.対 象 :大学・公的研究機関の研究者や産学連携活動従事者

7.定 員 :各プレゼン70名程度(※満席となり次第、受付終了)

8.プログラム:
 13:30〜13:40(10分) 主催者挨拶
 13:40〜14:05(25分) プレゼン1 DOWAエコシステム株式会社
 14:15〜14:40(25分) プレゼン2 ダイキョーニシカワ株式会社
 14:50〜15:15(25分) プレゼン3 ツネイシホールディングス株式会社
 15:25〜15:50(25分) プレゼン4 シグマ株式会社

9.申し込み方法
 電子メールのみの受付とさせて頂きます。

 【申込先メールアドレス】
  entrata@jst.go.jp
  (JST 産学連携展開部 産学連携プロモーションG 宛)

 【参加申込みフォーム】
 ■メール件名
 第46回岡山開催「産から学へのプレゼンテーション」参加希望

 ■メール本文
 ────────(下記すべての項目を入力の上、JSTへ送信ください。)──────
 ・氏  名:
 ・氏名(ふりがな):
 ・機 関 名:
 ・部 署 名:
 ・役  職:
 ・住  所:
 ・電話番号:
 ・メールアドレス:(フリーメールアドレスはご遠慮下さい)

 【第46回岡山開催・聴講申込】
 聴講希望の番号は残し、希望しない番号は削除してください
   拭´◆ 拭´ / ぁ

 【第46回岡山開催・個別相談申込】
 個別相談希望の番号は残し、希望しない番号は削除してください
   拭´◆ 拭´ / ぁ

 ※▲瀬ぅョーニシカワは発表時、ぅ轡哀泙聾鎚盟蠱婿に、秘密保持に関する
  誓約書への署名・捺印が必要となります。
 
 ★個別相談の事前予約については、先着順で受付致します。
 他のプレゼン時間と重複する場合もございますが、予めご了承下さい。

 ※本申込み情報は、「産から学へのプレゼンテーション」への申込み状況の
 把握の他、各種募集の案内や、本イベントの運営業務の為に使用する場合がございます。

 ────────(上記すべての項目を入力の上、JSTへ送信ください。)──────

10.申込期日
 2015年11月18日(水)17:00〆
 ※満席となり次第、受付終了とさせて頂きます

※詳細は下記HPをご参照ください。
 http://www.jst.go.jp/tt/sanpure/entry46.html

11.本件お問合せ先
 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
 産学連携展開部 産学連携プロモーションG
  担当:難波
  tel : 03-5214-7519

================================

【本件お問合せ先】
 岡山大学 研究推進産学官連携機構 
 産学官連携本部長・教授 尾本哲朗
 TEL:086-251-8463   E-Mail:omoto-t@cc.okayama-u.ac.jp

 中国地域産学官連携コンソーシアム(さんさんコンソ)事務局 
 長島良絵・松下雅子
 TEL:086-251-7151   E-Mail:office-okayama@sangaku-cons.net
 ホームページ:http://sangaku-cons.net


2015-11-25 (水)  全国イノベーションコーディネータフォーラム2015のご案内

 科学技術振興機構(JST)では、全国各地域の様々な機関に所属するコーディ
 ネート人材間でのネットワーク形成の促進、各種コーディネート人材全体に
 共通の問題意識や解決策の共有によるスキル向上や、科学技術や産学官連携
 に関する効率的な情報・意見交換等を行うために、全国イノベーションコー
 ディネータフォーラムを開催しております。

 今年度は、11月25日(水)及び26日(木)の両日、岡山県 岡山コン
 ベンションセンターを会場とし「全国イノベーションコーディネータフォー
 ラム2015」を開催させていただきます。

        申込み:http://www.jst.go.jp/tt/icf2015/

 ■開催日時及び会場:
  平成27年11月25日(水)〜26日(木)の2日間
  岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市北区駅元町14-1 )

 【11月25日(水)】13:00〜16:40 フォーラム(コンベンションホール)
         17:00〜18:30 交流会(レセプションホール)
 【11月26日(木)】 9:00〜12:15 第1分科会 301会議室
                  第2分科会 405会議室
                  第3分科会 407会議室
                  各分科会の発表:コンベンションホール

 ■主催:国立研究開発法人科学技術振興機構

 ■後援:文部科学省、経済産業省、岡山県、公益財団法人岡山県産業振興
 (予定)財団、独立行政法人中小企業基盤整備機構、全国イノベーション
     推進機関ネットワーク 

 ■参加人数:全国のコーディネータ及び所属機関関係者等 350名

 ■参加費:無料(交流会:有料)

 ■プログラム:
 【11月25日(水)】
  <フォーラム>(会場:コンベンションホール 3階)
  13:00  主催者挨拶  科学技術振興機構 
      来賓挨拶   文部科学省、岡山県 
  13:15  特別講演 (60分)
      「イノベーションナショナルシステムの構築“研究競争力強化と
       人材育成力強化”」
       東京大学大学院工学系研究科教授・
       総合科学技術・イノベーション会議議員
       橋本 和仁 氏
  14:15  休憩
  14:30  事例紹介1(60分)         
      「次世代超大型望遠鏡TMT計画:そのサイエンスとマネージメン
      ト」
       TMT計画日本代表、TMT国際天文台評議員会副議長 
       家 正則 氏
  15:30  事例紹介2(40分)      
      「ふくしまから学ぶ地域発イノベーションの必要性〜ふくしま
       再生の現状と課題〜」
       福島大学 副学長(地域連携担当)・地域創造支援センター長
       小沢 喜仁 氏
  16:10  各分科会からの問題提起
      ○第1分科会「中小企業の新事業創出・事業継承に向けたマッチン
       グプランナー事業の活用〜産学官連携による後継者育成によ
       り、地方から世界に戦える新事業創出〜」
      ○第2分科会「課題解決と変革のために今求められる産学官連携
       リーダーと育成に向けて〜今、産学官連携人材が仕掛ける変革
       とは何か〜
      ○第3分科会「岡山気質の弱み・強み、地の利・人の輪が地域を
       変える」〜小さな成功体験の共有が地域基盤を創る。最初の成
       功は小さいほど良し〜
  16:40  閉会
  <交流会>(会場:レセプションルーム 2階)17:00〜18:30

 【11月26日(木)】
  9:00  各分科会会場に集合・開会 
  <分科会>各40人
    ○第1分科会(会場:301会議室)
     「中小企業の新事業創出・事業継承に向けたマッチングプランナー
      事業の活用〜産学官連携による後継者育成により、地方から世界
     に戦える新事業創出〜」
     国立研究開発法人科学技術振興機構 イノベーション拠点推進部
     マッチングプランナー 佐藤 利雄 氏
    ○第2分科会(会場:405会議室)
     「課題解決と変革のために今求められる産学官連携リーダーと育成
      に向けて〜今、産学官連携人材が仕掛ける変革とは何か〜」
     北陸先端科学技術大学院大学 産学官連携総合推進センター
     教授 山本 外茂男 氏
    ○第3分科会(会場:407会議室)
     「岡山気質の弱み・強み、地の利・人の輪が地域を変える」〜小さ
     な成功体験の共有が地域基盤を創る。最初の成功は小さいほど良し
     〜
     岡山大学研究推進産学官連携機構 知的財産本部 本部長
     特任教授  渡邊 裕 氏
  10:50  発表の取りまとめ
  11:20  各分科会発表     
  12:05  閉会挨拶   科学技術振興機構
  12:15  フォーラム閉会 


 ■問い合わせ先 <本フォーラムの内容に関して>
   国立研究開発法人科学技術振興機構
   産学連携展開部 産学連携プロモーショングループ
   担当:古賀、川上、村杉
   TEL:03-5214-7519 FAX 03-5214-8399
 ■申込み
   HP:http://www.jst.go.jp/tt/icf2015/

2015-11-20 (金)  OUSフォーラム2015-基礎から応用・未来技術への出会いと対話-のご案内

 岡山理科大学は大学の持つ技術シーズを地域に紹介し産学連携を推進するため、今年で15回目のOUSフォーラムを開催いたします。

 今年は、特別記念講演として、(株)東レ経営研究所 シニアリサーチフェロー MOTチーフディレクターの宮木宏尚様をお招きして、「炭素繊維複合材料の研究開発と事業開発」と題して、炭素繊維の世界シェアNo.1までの道のりについて、お話を伺います。

 多数の方々にご参加を賜りますようご案内申し上げます。


1.日時  平成27年11月20日(金) 13:00〜18:00 
2.場所  岡山プラザホテル(岡山市中区浜2-3-12)
3.内容  特別記念講演、産学官連携プレゼンテーション
 ポスター発表、中小企業向け技術相談会
4.参加費 無料
5.共催  倉敷芸術科学大学、千葉科学大学、吉備国際大学、
九州保健福祉大学

お申し込みは下記URLよりお願いいたします。
http://www.ous.ac.jp/renkei/forum


----------------------------------
岡山理科大学 学外連携推進室
教授
中村 修   (内線:3160)

〒700-0005 岡山市北区理大町1-1
TEL: 086-256-9730 FAX: 086-256-9732
E-Mail: o-nakamura@office.ous.ac.jp
----------------------------------

2015-11-14 (土)  おかやまバイオアクティブ研究会第48回シンポジウム

□□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おかやまバイオアクティブ研究会第48回シンポジウム
(共催:第15回RIBSバイオサイエンスシンポジウム)

「岡山発!豊かな暮らしに貢献する植物バイオ〜地域
 の農業収入のアップから世界の食糧問題の解決まで〜」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□■
おかやまバイオアクティブ研究会と公益財団法人岡山県産業振興財団
および岡山県農林水産総合センター生物科学研究所の共催により、
生理活性およびそれに関連する物質に関する研鑚等を目的に、実践的
研究をされている専門家を招いて、「岡山発!豊かな暮らしに貢献す
る植物バイオ〜地域の農業収入のアップから世界の食糧問題の解決まで〜」
をテーマとしたシンポジウムを開催します。

多数のご参加をお待ちしております。

◆日 時:平成27年11月14日(土) 
     シンポジウム13:10〜16:45/交流会17:30〜19:00
 
◆場 所:岡山県天神山文化プラザ(岡山市北区天神町8-54)
    アクセス http://www.tenplaza.info/about/access.html
       ☆公共交通機関をご利用下さい。
       
◆シンポジウム 

*講演の部 (13:20〜15:20)
 《概要》
  グルタチオンは細胞内の解毒や抗酸化物質としておなじみの
  トリペプチドです。岡山県農林水産総合センター生物科学研
  究所は、グルタチオンを農作物に投与したり、あるいはグル
  タチオンに応答する遺伝子群をチューニングしたりする“グ
  ルタチオン農業”により、従来法では成しえなかった、土地
  生産性を大幅に改善する技術の開発に成功しました。
  “グルタチオン農業”が目指すものとは何かというコンセプ
  トを平易に解説します。また、農業・林業・工業(藻類)分
  野へと展開する同研究所の取り組みを紹介するとともに、実
  践的研究をされている専門家をお招きし最新の成果を伺うな
  ど、盛りだくさんの企画となっております。

『岡山県発「植物の光利用効率を劇的に改善させる技術の研究・開発」
−収益倍増は可能か?』
生物科学研究所 小川健一氏
『グルタチオン代謝を改変した藻類の物質生産技術における優位性』
生物科学研究所  西川正信氏
『グルタチオン技術による農作物の機能性・品質向上の実例』
                生物科学研究所  逸見健司氏
『次世代の野菜栽培を目指したグルタチオン施用技術の開発』
                香川大学農学部  奥田延幸氏

*学生プレゼンテーション (15:20〜16:35) 
*ポスターディスカッション・コーヒーブレイク 

◆交流会  場所 中華ダイニング餃子屋台(ホテルエクセル岡山B1F)
        (岡山市北区石関町5-1)
◆会費  シンポジウム 無料/交流会 3,500円/ひとり
               (事前申込要)

◆参加申込 下記URLよりオンライン申込可能です
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/912.html

◆申込締切   平成27年11月6日(金)

◆お申し込み・お問い合わせ先
   (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 
       担当 山本・福原
      TEL:086-286-9665  FAX:086-286-9676
       E-mail:sangaku@optic.or.jp  

2015-11-13 (金)  中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2015開催のご案内

〜環境産業の新しいビジネスパートナーとの出会いを探してみませんか… 
中国四国地域の先進事例をご紹介します!!〜

 岡山県と公益財団法人岡山県産業振興財団では、リサイクルビジネスの広域
ネットワーク形成などにより環境産業の振興を図るため、中四国地域を中心に
3R(リデュース・リユース・リサイクル)等の新技術・関連製品などを紹介
する「中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2015」を開催
します。

 基調講演には、昨年11月、TBS制作「夢の扉+」で放映され反響を呼んだ、これまで廃棄されていたゴミを有効活用した夢の燃料「バイオコークス」の生みの親、近畿大学の井田教授をお招きしました。
後半の広域展示商談会には、中国四国地域を中心とする21企業・団体が、
環境関連の先進的な技術、製品を紹介します。

 多数のご参加をお待ちしております。

■日 時: 平成27年11月13日(金) 13:00〜17:00

■会 場: 岡山コンベンションセンター ママカリフォーラム
        1F イベントホール (岡山駅東西連絡通路直結)

■主 催: 岡山県、 公益財団法人岡山県産業振興財団

■参加費: 無 料

■内 容
(1)基調講演
  『植物由来の次世代バイオ・リサイクル燃料「バイオコークス」
      〜廃棄物から新しい固形エネルギーができた!!〜 』

   講師 近畿大学 バイオコークス研究所 所長/教授 井田 民男 氏

(2)中国四国地域の未利用資源利活用に関する先進技術のご紹介

   (プレゼン)
    【事例発表】
     中電技術コンサルタント(株)、(株)ゼロテクノ四国、
     ダイオーエンジニアリング(株)、岡山県農林水産総合センター、
     おかやまグリーンバイオ・プロジェクト

(3)中国四国地域を中心とした企業・研究機関によるポスターセッション
    21企業・団体出展

 ☆プログラム・出展内容等、詳細情報はこちら↓↓↓
   http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/47.html

■参加申込
 下記URLよりオンライン申込可能です
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/923.html

■申込期限  11月10日(火)

■お申し込み・お問い合わせ先
公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:竹内
TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9676  URL http://bnet-okayama.jp/

2015-11-11 (水)  「岡山大学 知恵の見本市2015」(12/4(金))開催のご案内

「岡山大学 知恵の見本市2015」(12/4(金))開催のご案内             ◆ 入場無料・お申込不要 ◆
──────────────────────────────────

 岡山大学からお知らせ致します。

 来る12月4日(金)、岡山大学創立五十周年記念館(津島キャンパス)
 にて、10回目となる「岡山大学知恵の見本市2015」を下記のとおり
 開催します。

 ●ご案内とチラシ
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_05.html


【講演会】13:10-14:10
 「移植医療の革新 〜世界初”ハイブリッド肺移植”手術の現状と展望〜」
  岡山大学病院 臓器移植医療センター教授 大藤 剛宏(おおとうたかひろ)

 オーストラリア留学を経て諸外国では当たり前に受けられる肺移植ですが、
 臓器提供の少ない日本では助かるはずの命が助かっていない現状に直面し、
 様々なアイデアをもって新しい移植手術に挑戦し続けています。

 2013年には国内最年少患者(3歳)へ生体中葉移植を世界で初めて成功させ、
 それまで国内では肺移植を受けることができないと思われていた小児患者に
 とって生きる希望の光となりました。その後も国内最年少となる2歳児に
 対し生体肺(下葉)を分割し両肺として移植する生体肺区域移植に世界で
 初めて成功しました。

 また、今年に入っては、脳死肺と生体肺移植を同時に組み合わせたハイブ
 リッド肺移植に世界で初めて成功し、片肺しか斡旋されない年齢の患者にも
 両肺移植ができる選択肢を示しました。この術式は医学的に使用を断念され
 るようなダメージをうけた脳死肺を安全に移植し得る方法としても高く評価
 されており、臓器提供の少ない日本において無駄になる臓器を減らし、
 それにより新たな命を救うことに貢献しています。



  ◆日  時:平成27年12月4(金)13:00〜17:00

  ◆場  所:岡山大学創立五十周年記念館

  ◆開会挨拶:13:00-13:10

  ◆講  演:13:10-14:10
   「移植医療の革新
      〜世界初”ハイブリッド肺移植”手術の現状と展望〜」
     岡山大学病院 臓器移植医療センター 教授 大藤 剛宏

  ◆研究展示:14:30〜16:45
   ※この時間帯に説明員がブースに常駐し、質問に対応します
   創立五十周年記念館1Fおよび2Fに69ブースの展示を行います。
                          
  ◆プレゼンテーション:14:30〜16:00 (15分×6件)
  1)「多彩な季節感を育む日本の気候環境とその変動」
     大学院教育学研究科(自然教育) 教授 加藤内藏進
  2)「在宅酸素療法におけるSPO2モニタリングシステムの構築」
     大学院医歯薬学総合研究科(医) 講師 坂野 紀子
  3)「岡山大学若手研究者キャリア支援プログラム」
     若手研究者キャリア支援センター 准教授 町田 尚史
  4)「岡山大学方式の人工網膜(OUReP)の医師主導治験」
     大学院医歯薬学総合研究科(医) 准教授 松尾 俊彦
     大学院自然科学研究科(工)   准教授 内田 哲也
     三乗工業株式会社        代表取締役社長 眞田 達也
  5)「簡便・迅速・高感度な品種判定検査の開発」
     大学院環境生命科学研究科(農) 助教 門田 有希
  6)「多能性幹細胞による安全な再生医療を可能とするがん化抑制
     化合物の探索」
     大学院自然科学研究科(工)   助教 工藤 孝幸


  ご参加を心からお待ちしております。         
                              以 上

2015-11-11 (水)  平成27年11月度 ORIC交流会・セミナーのご案内

毎月恒例のORIC交流会及びセミナーを下記の通り
開催いたしますのでご案内申し上げます。
多数の方々の参加をお待ちしております。

●日 時:平成27年11月11日(水)
     交流会:12:00〜13:00(受付11:30〜)
     セミナー:13:05〜15:00(受付13:00〜)

●場 所:岡山リサーチパーク インキュベーションセンター(ORIC)
     2階 交流サロン(岡山市北区芳賀5303)http://www.oric.ne.jp/

●スケジュール
------------------------------------------------------------
機欷鯲会の部/12:00〜13:00(受付11:30〜)
------------------------------------------------------------
お食事をとりながら、入居企業紹介をお聴きいただきます。

1.入居者紹介(12:20〜12:45)
 「ファンデーション用顔料の開発と今後の展望」
   (株) BN機能設計 代表取締役 越田 孝久 氏

2.名刺交換会(12:45〜13:00)

≪参加費(お弁当代)≫ 400円

≪申込み締切≫ 平成27年11月9日(月)

-------------------------------------------------------------
供櫂札潺福爾良堯13:05〜15:00(受付13:00〜)
-------------------------------------------------------------
≪テーマ≫ 「ブランドを考える」

≪講 師≫ 就実大学副学長 兼 経営学部長 教授 杉山 慎策 氏

≪講師プロフィール≫
岡山県出身。岡山大学法文学部経済学科卒業後、ロータリー財団奨学生
として西ワシントン大学経済学研究科留学。岡山大学法文学部副手を経て、
資生堂に入社。国内営業や商品開発を経験。資生堂UK社長、国際広報課長を
経て、ユニリーバに入社しマーケティングを担当(理事)。
その後、マテルジャパンの代表取締役社長を経て、日本ロレアル株式会社
取締役副社長として事業開発と人事を担当。2004年12月日本ロレアルを退社。
2005年1月より国立大学法人東京海洋大学で客員教授として流通・マーケ
ティング論を担当(2008年3月まで)。2006年4月より立命館大学大学院
経営管理研究科教授(2011年4月より講師 2012年3月まで)。
2011年4月より国立大学法人岡山大学キャリア開発センター教授(2013年3月まで)。
2013年4月より就実大学人文科学部教授。2014年4月より新設した就実大学
経営学部学部長、2015年4月より就実大学・短期大学副学長を兼務(現在に至る)。
岡山大学ベンチャー研究会(OUVL)主催。
専門は「ブランド戦略論」「マーケティング戦略論」。また、学生の起業家育成のための特定非営利活動法人スプリングウォーター理事として若い人たちの起業家のサポートに情熱を傾けている。

≪参加費≫ 無料

●お申込み 下記項目をご記入の上、ORICスタッフルームまでお願いします。
 お問合せ  TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117 E-MAIL:info@oric.ne.jp

----------≪ORIC交流会・セミナー申込書(11/11開催)≫-----------

・参加者氏名(ふりがな)・役職
・所属団体/会社名
・連絡先住所 〒
 TEL.   FAX.   E-MAIL.
・参加希望 : [省参加 交流会のみ参加 セミナーのみ参加

-------------------------------------------------------------

2015-11-05 (木)  「シリコンバレービジネスセミナー」を開催します

岡山県では、シリコンバレーの現状、現地への中小企業参入の可能性とその方法、JETROの支援事業等についてご案内するセミナーを開催しますので、お知らせします。

1 日時 平成27年11月5日(木)13時15分〜16時45分
2 場所 岡山国際交流センター2階「国際会議場」
    (岡山市北区奉還町2−2−1)
3 内容

  開会 13:15〜13:20

  講演 13:20〜13:50
  「シリコンバレーの今とJETRO支援事業について」
  (講師:JETRO東京本部 海外調査部米州課 課長代理 伊藤実佐子氏)

  講演 13:50〜15:20
  「シリコンバレーに学ぶ21世紀型経営〜日本の中小企業の強みと課題〜」
  (講師:Global Vision Technology,Inc. 代表 天野雅晴氏)

  講演 15:30〜16:30
  「シリコンバレーで有効なコミュニケーション技法」(同時通訳)
  (講師:Apttus Japan General Manager Mitch Kristofferson氏)

  質疑応答16:30〜16:40

  閉会16:40〜16:45

4 定員  80人(申し込み期限:11月2日(月))

5 参加費 無料

6 主催  岡山県

7 共催  日本貿易振興機構(JETRO)岡山貿易情報センター

8 後援  (一社)岡山県国際経済交流協会

9 申込・問合先 岡山県産業労働部マーケティング推進室

お申し込みはこちらから。
https://s-kantan.com/pref-okayama-u/profile/userLogin_initDisplay.action?nextURL=CqTLFdO4voY7ApoW%2FEEU3zQ9f2VYJzSnhE2Jm0OX6YlDR43Vaf4fEQ4uXxiKjAJPbCk8ltN9kJd1%0D%0AKzbyVhdSckmG5m1%2B26zSbibATn5wfILicdBd4fWaEQ%3D%3D%2B96rNuBqqAI%3D%0D%0A

2015-10-20 (火)  「おかやま電池関連技術研究会」第2回技術セミナー 半導体ネットおかやま2015年第1回例会の御案内

パワーデバイスは、電気の発生・輸送・消費を効率的に行う上での
キーデバイスであり、太陽光発電、自動車、産業機械、家電製品などの
省電力化・性能向上に大きく貢献しています。
また、小型・高電流化の進展やSiCなど新しいデバイスの登場により、
周辺部材にも一層の高度化が求められています。
本研究会では、これらの分野に取り組まれている大学、公設機関、
企業の方に、技術開発動向、取り組み、今後の課題等についてご講演頂きます。


日 時 平成27年10月20日(火)13:10〜16:45
*意見交換会 17:00〜18:30

会 場 岡山ロイヤルホテル 2F 光楽の間 (岡山市北区絵図町2−4)
*地図はこちらを御覧下さい→ http://www.orh.co.jp/access/

主 催 岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団
共 催 半導体ネットおかやま

定員等 60名 ※定員に達した場合はお断りすることがあります。
お断りする場合のみ連絡します。

参加費 講演会 無料 意見交換会 3,500円(事前申込要)

≪講演帰筺嶌膿轡僖錙璽妊丱ぅ控蚕僂蛤8紊療験」
国立大学法人 筑波大学 数理物質系 物理工学域 教授 岩室 憲幸氏

≪講演侠筺崋\ぢ絅僖錙璽妊丱ぅ紘止材料に対応可能な高耐熱性樹脂(仮題)」
地方独立行政法人 大阪市立工業研究所 有機材料研究部
熱硬化性樹脂研究室長 大塚 恵子氏

≪企業講演帰筺屮僖錙璽妊丱ぅ垢糧展と今後の課題」
三菱電機株式会社 先端技術総合研究所
パワーモジュール開発プロジェクトチーム
プロジェクトグループマネージャー 寺島 知秀氏

参加申込 下記URLもしくは参加申込書に必要事項を記載のうえ、FAXまたはメールにて
お申し込みください ※平成27年10月15日(木)申込締切
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/894.html

事務局 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課 担当:小林・田渕
TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676
E-mail: kaihatsu@optic.or.jp

2015-10-07 (水)  「ちゅうぎん産学連携セミナー」開催について

 当行では、技術的な課題解決や、企業イメージの向上に有効な手段となる産学連携を促進することを目的に「ちゅうぎん産学連携セミナー」を開催いたします。
 地元企業と地元大学の共同研究による製品開発事例紹介や、企業の課題解決・共同研究に繋がる可能性のある研究内容の発表をおこなっていただきます。
 当行では、産学連携の活用による地元企業の課題解決の支援を通じて、地域産業の活性化、持続的な発展に貢献してまいります。

「ちゅうぎん産学連携セミナー」の概要

名  称 「ちゅうぎん産学連携セミナー」
開催日時 平成27年10月28日(水)13:30 〜 16:20
     (16:30〜セミナー終了後希望者を対象に個別相談会)
開催場所 中国銀行本店3階 (岡山市北区丸の内1−15−20)
主  催 中国銀行
後  援 岡山大学、岡山県立大学、香川大学、岡山県、岡山県産業振興財団
対  象  産学連携に興味をお持ちの方
内  容 【第1部】13:35〜14:30
      講演  Щ些慙携について
      講 師 :岡山大学 研究推進産学連携機構 教授 副機構長
           産学官融合センター長 藤原貴典 氏

      講演◆ 民間企業の産学連携取組み成功事例
      講 師 :ダイヤ工業株式会社 メーカー管理本部 研究部門
           部門長 小川和 氏

     【第2部】14:40〜16:20
      研究発表:岡山大学・岡山県立大学・香川大学による研究発表
      講 師 :岡山大学 准教授 岡本康寛 氏
           岡山県立大学 教授 理事 渡辺富夫 氏
           香川大学 教授 馮旗 氏

      講演 :岡山県における産学官連携の取組みについて
      講 師 :岡山県産業労働部産業振興課 副参事 西田一宏 氏

      講演ぁ Р山県工業技術センターの取組みについて
      講 師 :岡山県工業技術センター
           研究開発部部長 西 勝志 氏

      <個別相談会>16:30〜
       ご希望の方のみ参加 ※要事前予約

定  員 50名(申込先着順)
費  用 無料

 ※参加ご希望の場合は、当行本支店までお問い合わせ・お申込みください。
  
       https://www.chugin.co.jp/up_load_files/news_release/1083_pdf_1.pdf

2015-10-02 (金)  難削材加工技術セミナー「難削材加工におけるトラブルとその対策」

 今回の難削材加工技術セミナーは、サンドビック(株)コロマントカンパニーから講師をお招きし、難削材の切削加工で‘よくあるトラブル’とその対策について講演いただきます。
 難削材として、チタン合金、超耐熱合金、ステンレス系の難加工材などを取り上げ、動画を交えわかりやすく解説いただきます。併せて、難削材加工で注目されている‘高圧クーラント’やセラミック工具など難削材用工具の開発動向も紹介いただきます。
 難削材加工のポイント、関連の最新情報を得る絶好の機会ですので、難削材加工に興味をお持ちの、多くの方の参加をお待ちしております。
 なお、本セミナーは「おかやま航空機材料等技術研究会」の活動の一環として実施します。研究会は固定した会員制は取らず、講演会や実習等の各種活動への参加者をもって会員とする緩やかな連携体として組織しており、活動内容に関心をお持ちの方なら、どなたでも参加していただけます。

◆ 日 時  平成27年10月2日(金) 13:30〜15:30
◆ 会 場  岡山ロイヤルホテル  2F光琳の間
       (岡山市北区絵図町2-4、TEL086-255-1111)
◆ プログラム
  1.難削材加工のトラブル事例とその対策
    .船織鷙膓
    超耐熱合金
    その他

  2.難削材加工に係る最新の話題
    々皸汽ーラント
    難削材加工用工具の開発動向

◆ 講 師
  サンドビック株式会社コロマントカンパニー
  エアロスペース&パワーシステム ビジネス推進部 部長
     川向 利和 氏

◆ 主 催  岡山県、(公財)岡山県産業振興財団 
◆ 受講料  無 料    
◆ 定 員  40名

◆ お申込  必要事項を記入のうえFAXもしくはメール、または下記
      URLからお申込み下さい。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/893.html
       (申込み記載事項)
        企業名
        所属・氏名
        所在地
        連絡先(TEL、FAX、E-mail)
◆ 申込先  (公財)岡山県産業振興財団技術支援部 担当:西田、福原 
        〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山 内
        TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676
        E-mail:sangaku@optic.or.jp
◆ 申込締切  平成27年9月30日(水)

2015-09-18 (金)  第23回岡山マイクロリアクターネット例会(平成27年9月18日(金))を開催します。

第23回岡山マイクロリアクターネット例会

日時:平成27年9月18日(金)13:30〜(受付13:00~)

場所:岡山大学津島キャンパス工学部4号館4F 14講義室

例会参加費:3,000(一般), 無料(学生)

参加申し込みは、こちら↓
http://okayama-mr-net.sakura.ne.jp/wordpress/?page_id=336

次第:

1. 受付  (13:00〜13:30)

2. 会長挨拶(13:30〜13:40)

3. 講 演 (13:40〜)

(1) 未定                      

******** Coffee Break *******

(2) 未定

(3)「マイクロリアクターの商業運転を可能にするスムーズフローポンプ」 (16:00〜16:30)

     株式会社タクミナ
                           大竹 正兼氏

4. 総合討論 (16:30〜17:00)

2015-09-11 (金)  ◆第20回グローバルメディカルベンチャー・サロン

◆第20回グローバルメディカルベンチャー・サロン

【日 時】 平成27年9月11日(金)14:00〜16:00
【場 所】 岡山大学鹿田キャンパス 基礎研究棟1階 大学院セミナー室
【参加費】 無料

◆プログラム
1.開 会 挨 拶  14:00〜14:10
NPO法人メディカルテクノおかやま 理事長 公文 裕巳

2.講 演 1  14:10〜15:00
医療機器を製造販売・製造したい方へ-県の許認可権限について-
岡山県保健福祉部医薬安全課 薬事衛生班 主任 浜辺 美千子 氏

3.講 演 2  15:00〜16:00
医療機器の使用成績評価制度について
岡山大学病院 新医療研究開発センター・特任講師 櫻井 淳 氏

講演終了後、個別相談会を実施します。

内容、お申込はこちら
http://www.optic.or.jp/medical/info/info_detail/index/417.html

2015-09-04 (金)  申請書がうまく書けない そんな中小企業の方に向けた補助金申請書の書き方セミナー

「研究開発」「設備投資」「販路開拓」等、中小企業の方に
活用頂ける「補助金」は、数多くあります。

しかしながら、その一方で、
・「やりたい開発」、「必要な設備」はあるけれど、「申請書」の書き方が分からない
・「言葉ではやりたいことを話せる」けれど、「申請書」の文章にするのは難しいという「相談」や「お悩み」を沢山頂戴しています。

今回、中小企業の方の「お悩み」を少しでも解決できるよう、
「補助金申請書の書き方」セミナーを下記の通り開催いたします。
皆様のご参加をお待ち申し上げます。

日 時:平成27年9月4日(金) 13:00〜13:55

場 所:テクノサポート岡山 1階 大会議室 (岡山市北区芳賀5301)

内 容:岡山県産業振興財団では、「きらめき岡山創成ファンド」
「ものづくり補助金」等の補助金に おいて、 数多くの中小企業の方と、
申請書相談をさせて頂いております。今回、この相談内容を
もとに、「企業のやりたいこと」を申請書にするための「イ・ロ・ハ」を、
お伝えします。

講 師:(公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
コーディネータ 池田

主 催:(公財)岡山県産業振興財団

申込方法:下記URL もしくは参加申込書(下記)に必要事項を記載のうえ、FAXまたは
メールにてお申し込みください <申込み期限:9月2日(水)>
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/881.html

お問合せ:公益財団法人岡山県産業振興財団 研究開発支援課(担当:池田、田渕)
TEL:086-286-9651 FAX:086-286-9676 E-mail: kaihatsu@optic.or.jp


★☆☆☆御案内☆☆☆★
当日は、県内中小企業の研究開発から販路開拓までを支援する補助金「きらめき岡山創成ファンド支援事業
(H27年度後期)」の公募説明会・相談会を予定しております。
開催日時:平成27年9月4日 14:00〜15:00
場所:テクノサポート岡山 大会議室
参加料:無料
詳細は財団HP(http://www.optic.or.jp/)をご覧ください。

2015-09-01 (火)  ┃「産総研技術セミナー in 津山」(9/1)開催のご案内

 産総研中国センターは、岡山県工業技術センター、つやま産業支援センターと共催で、「産総研の製造技術関連研究とMZプラットフォーム」と題する講演会を開催いたします。
 多数の皆様のご参加をお待ちしております。
┌─────────────────────────────────┐
【日 時】平成27年9月1日(火) 13:30〜17:30
【場 所】津山圏域雇用労働センター 1階中会議室
     (岡山県津山市山下92-1)
【テーマ】『産総研の製造技術関連研究とMZプラットフォーム』
【参加費】無料
【定 員】30名
【参加申込】下記のホームページから参加申込書のダウンロードし
      ご記入の上、EメールまたはFAXにてお申し込み下さい。
      (〆切:8/28(金))
      https://unit.aist.go.jp/chugoku/even/2015/20150901.html

【お問い合わせ】産業技術総合研究所 中国センター 中国産学官連携センター
     担当:佐々木、大谷
     TEL:082-420-8245,FAX:082-420-8281
     E-mail:c-renkei_seminar-ml@aist.go.jp
 
 【詳細情報】https://unit.aist.go.jp/chugoku/even/2015/20150901.html

2015-09-01 (火)  次世代産業参入に向けたビジネスワークショップの御案内

 岡山県・岡山県産業振興財団では、「新エネルギー」「次世代エレクトロニクス」等の次世代産業分野に取り組んでいる企業、参入予定のある企業に対して、最終製品を製造している川下企業との技術マッチング支援を推進しています。

※県内企業が最終製品のニーズを掴むための川下企業との面談をサポートしています。

 今回のワークショップでは、専門の講師の方をお招きして計4回の講習を行い、プレゼンテーション能力の向上に加え、具体的なテーマに基づく川下企業への技術提案書作成を行います。

※ワークショップ後は、この技術提案書をベースにした川下企業への面談をサポートさせて頂きます

【申込みはこちら】→
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/867.html


◆日 時  平成27年9月1日(火)、9月14日(月)、
      9月30日(水)、10月29日(木)の計4回
      (いずれも13:30〜17:00)

◆会 場  テクノサポート岡山 (岡山市北区芳賀5301)

◆主 催  岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団

◆定 員  15社
       ※定員に達した場合はお断りすることがあります。
        お断りする場合のみ連絡します。

◆参加資格 新エネルギー、次世代エレクトロニクス等の次世代産業分野を推進し(参入予定含)、かつ、川下企業との技術マッチングを希望する岡山県内のものづくり中小企業

       ※計4回の参加が必要です。
        詳細は、事務局に御問い合わせ下さい。

◆参加費  無料

◆プログラムなど詳細な内容については、添付ファイルにてご確認ください。

◆参加申込 下記URLもしくは添付の参加申込書に必要事項を記載のうえ、FAXまたはメールにてお申し込みください

※平成27年8月21日(金)申込締切

http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/867.html

◆事務局  公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
担当:小林・田渕

TEL 086−286−9651
FAX 086−286−9676
E-mail:kaihatsu@optic.or.jp

□□■■関連情報■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

「ミクロものづくり岡山」は、やる気と技術にあふれた“ものづくり企業”を応援しています!
「ミクロものづくり岡山」に加入されていない企業・団体等の方はこちら ▼ をご覧ください。

http://www.micro-gr.jp/invitation.htm

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2015-08-31 (月)  『おかやま生体信号研究会 第23回例会』のご案内

【主催】おかやま生体信号研究会
     http://mcrlab.sys.okayama-u.ac.jp/obiss/index.htm

【後援】岡山県立大学、ハートフルビジネスおかやま
 
【日時】平成27年8月31日(月)14:15〜17:25

        受付開始 13:30〜
 
【会場】岡山県立大学 本部棟2F大会議室(総社市窪木111)
    ※車でお越しの方は、正門守衛所で駐車許可書を受け取り、
     本部棟横の駐車場をご利用ください。
     http://www.oka-pu.ac.jp/?page_id=1230
 
【参加費】無料
 

◇プログラム────────────────────────

開会挨拶>14:15−14:20


講演1>14:20−14:50
 ノーマリオフコンピューティング技術の生体信号処理への適用
 有本 和民(岡山県立大学 情報工学部 情報システム工学科 教授・学科長)

講演2>14:50−15:20
 ヒューマンインタラクションにおける視線行動とインタフェース設計(仮)
 瀬島 吉裕(岡山県立大学 情報工学部 人間情報工学科 助教)

講演3>15:20−15:50
 生体の運動制御の理解とその応用について
 山崎 大河(岡山県立大学 情報工学部 情報システム工学科 准教授)

講演4>16:10−16:40
 靴底の磨耗機序と磨耗の影響について
 齋藤 誠二(岡山県立大学 上方工学部 人間情報工学科 准教授)

講演5>16:40−17:20
 生活中の自律神経系生理計測・解析と心身の状態評価
 吉野 公三(関西学院大学 理工学部 生命医化学科 准教授)

──────────────────────────── ◇

お申し込み先◇ 徳島大学 高岩昌弘 宛
        e-mail:takaiwa@tokushima-u.ac.jp

お問合わせ先◇ 岡山県立大学 山崎大河 宛
        e-mail:taiga@cse.oka-pu.ac.jp

        岡山県立大学 地域共同研究機構
        産学官連携推進センター 小林東夫 宛
        e-mail:kkk-sec@fhw.oka-pu.ac.jp
        tel:0866-94-2205

2015-08-31 (月)  食品技術シンポジウム『地方から食の新た なビジネスを目指して』 開催のご案内

 この度、岡山県食品新技術応用研究会と岡山県産業振興財団では、新技術・新商品開発等の技術力向上、販路開拓等に役立てることを目的に、食品技術シンポジウムを開催いたします。
 食品関係のベンチャー企業で、新技術を使って新たな事業を行い成功している企業より講師をお招きし、事例を紹介していただきます。
 さらにパネルディスカッションでは、事業を支援する立場の金融関係機関から 支援の状況、どうすれば事業が成功するか、また、どのような技術・事業が今後地域で成功する事が予想されているかなど、新たなビジネスを目指す良い機会にして頂ける内容となっております。
 当日は、パネルディスカッションに続き、参加者同士の交流会も予定しておりますので、多数のご参加をお待ちしております!!

●日時:2015年8月31日(水)13:30〜17:00

●会場:岡山ロイヤルホテル 光楽の間(岡山市北区絵図町2-4) 

■基調講演

 ・13:35〜

 講師
 株式会社ユーグレナ 取締役開発 部長  鈴木 健吾 氏

 演題
 「ミドリムシの食品分野における展開と今後の可能性について」

■事例紹介

 ・14:50〜
 
 講師 
  ジャパンマリンポニックス株式会社
  研究開発部長 藤原 大樹 氏 

 ・15:20〜

 講師 
  有限会社国定農産 代表取締役 国定 豪 氏
 
■パネルディスカッション 

・16:00〜17:00 

 コーディネータ 
 岡山大学大学院 環境生命科学研究科長 教授 神崎 浩 氏

パネラー  
 株式会社ユーグレナ 鈴木 健吾 氏(前掲)
 株式会社ジャパンマリンポニックス 藤原 大樹 様(前掲)
 有限会社国定農産 国定 豪 氏(前掲)
 株式会社トマト銀行 コンサルティング営業部 藤井 泰明 氏
 有限会社まるみ麹本店 山辺 啓三 氏

■交流会
 
・17:15〜18:45
   参加費 :4,000円(事前申し込要)

■主  催 
 公益財団法人岡山県産業振興財団
 岡山県食品新技術応用研究会 (食技研)

■後  援
 株式会社トマト銀行
 NPO法人中国四国農林水産・食品先進技術研究会
 岡山県工業技術センター
 おかやまバイオアクティブ研究会

● 申込方法:下記URLよりお申込ください。

 http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/880.html

● 事 務 局: 
 公益財団法人岡山県産業振興財団 
 技術支援部 研究開発支援課 担当:福原・山本
        
 TEL 086−286−9651
 FAX 086−286−9676 
 
E-mailsangaku@optic.or.jp

2015-08-20 (木)  平成27年8月度 ORIC交流会のご案内

毎月恒例のORIC交流会を下記の通り開催いたしますので
ご案内申し上げます。
多数の方々の参加をお待ちしております。

●日 時:平成27年8月20日(木)
     交流会:12:00〜13:00(受付11:30〜)

●場 所:岡山リサーチパーク インキュベーションセンター(ORIC)
     2階 交流サロン(岡山市北区芳賀5303)http://www.oric.ne.jp/

●スケジュール
------------------------------------------------------------
機欷鯲会の部/12:00〜13:00(受付11:30〜)
------------------------------------------------------------
お食事をとりながら、入居者の紹介をお聴きいただきます。

1.入居者紹介(12:20〜12:45)
 「おかやま次世代自動車技術研究開発センターの取組みについて」
  次世代自動車技術研究開発センター センター長 吉田 寛 氏

2.名刺交換会(12:45〜13:00)

≪参加費(お弁当代)≫ 400円

≪申込み締切≫ 平成27年8月18日(火)

-------------------------------------------------------------
 ※今月はセミナーは実施いたしません
-------------------------------------------------------------

●お申込み 下記項目をご記入の上、ORICスタッフルームまでお願いします。
 お問合せ  TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117 E-MAIL:info@oric.ne.jp


----------≪ORIC交流会 申込書(8/20開催)≫-----------

・参加者氏名(ふりがな)・役職
・所属団体/会社名
・連絡先住所 〒
 TEL.   FAX.   E-MAIL.

---------------------------------------------------------
※ 関連部署の皆様へ転送いただけると幸いです


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
支援スタッフルーム
岡山リサーチパーク
インキュベーションセンター(ORIC)
〒701-1221 岡山市北区芳賀5303
TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117
E-mail:info@oric.ne.jp
URL:http://www.oric.ne.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


2015-08-12 (水)  平成27年度岡山県よろず支援拠点第5回講演会「中小企業を救う!東京・板橋モデル」

負債総額380億円!どん底から復活した男が再生支援に取り組む熱い思いを語る!
創業支援1000人超!再生支援企業300社超!
365日とことんまで経営の立て直しに付き合う、よろず支援拠点の先進事例である「板橋モデル」を感じてください。
また、個別相談会を開催いたします。

【日時】平成27年9月2日(水) 13:00〜14:00 
(受付12:30〜)

【場所】岡山ロイヤルホテル (岡山市北区絵図町2-4)
    2階 光楽の間

【内容】
◆13:00〜14:00
 板橋区立企業活性化センター センター長 中嶋 修 氏
 「中小企業を救う!東京・板橋モデル」
 2階 光楽の間

◆14:00〜14:15
 コーディネーター 鈴鹿 和彦
 「岡山県よろず支援拠点からのお知らせ」

◆14:30〜17:00
 個別相談会(30分/1名)
 2階 光華の間

【定員】
◆講演会    100名
◆個別相談会  10名程度

【お問合せ先】
(公財)岡山県産業振興財団経営支援部中小企業支援課
岡山県よろず支援拠点
担当:鈴鹿・勝野・高取
TEL 086-286-9667
FAX 086-286-9679
E-mail yorozu@optic.or.jp

【お申込先】
下記URLよりお願いします。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/875.html



+。゜・*.゜+。゜・*.゜+。゜・*.゜+。゜・*.゜+。゜・*.゜+。゜・*.゜+
公益財団法人岡山県産業振興財団
経営支援部 中小企業支援課
岡山県よろず支援拠点
勝野 宏美(hkatsuno@optic.or.jp)
◆ 本部 〒701-1221
岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山1F
tel:086-286-9667 fax:086-286-9679
◆サテライトオフィス
岡山市北区芳賀5301 岡山繊維会館4階
tel:086-206-2180 fax:086-206-3190
+。゜・*.゜+。゜・*.゜+。゜・*.゜+。゜・*.゜+。゜・*.゜+。゜・*.゜+

2015-08-07 (金)  岡山県異業種交流プラザ協議会 平成27年度特別セミナー(地域産業活性化推進対策費補助金に関する基金・地域技術起業化推進事業)

岡山県異業種交流プラザ協議会は、県下の異業種交流活動の推進により県内産業の発展に寄与することを目的として昭和60年に設立されました。
現在、県内の中小企業経営者を主体とした10プラザ、約180名の会員が、各界の講師を招聘したセミナーや先進事例の視察などの活動を通じ、相互連携による経営諸問題の解決や経営者としての資質向上、視野識見の拡大に精力的に取り組んでいます。

このたび、当協議会と公益財団法人岡山県産業振興財団では、創業以来、「他社のやりたがらない仕事を引き受ける」をモットーに、東京スカイツリーから極小部品まで、顧客の要望に完全受注で対応する職人集団を率いる東海バネ工業の渡辺良機氏と、和製Google Glassと称される、わずか49gのメガネ型ウェアラブルコンピューター「InfoLinker」の開発で注目を集めるウエストユニティスの福田登仁氏を講師に迎え、本年度特別セミナーを開催いたします。
多数のご参加をお待ちしております!!

************************************************
【日 時】平成27年9月14日(月)15:00〜17:30

【会 場】アークホテル岡山 3階牡丹の間

【主 催】岡山県異業種交流プラザ協議会・(公財)岡山県産業振興財団

【後 援】岡山県・岡山県商工会議所連合会・岡山県商工会連合会・
     岡山県中小企業団体中央会

【参加費】無 料

【定 員】120名 ※定員に達し次第、締め切ります

【プログラム】
15:00〜15:10 主催者挨拶

15:10〜16:10 講演
 『東海バネの「競争しない!」競争戦略』
   東海バネ工業株式会社 代表取締役 渡辺 良機 氏
       
    下請け色が強く大量生産中心のバネ業界において、「完全受注、
    1本〜5本の超微量生産」をコア・コンピタンスとして、特殊
    バネ一筋、創業以来赤字決算なしの好調経営を維持する、最強
    のモノづくり集団を率いる独自の経営戦略についてご紹介いた
    だきます。

16:25〜17:25 講演
 『世界に通用するウェアラブル機器の開発』
   ウエストユニティス株式会社 代表取締役 福田 登仁 氏
        
    マニュアル制作会社として創業後、時代に先駆けてウェアラブ
    ル端末向けのソフトウェア開発事業を立ち上げ、Googleも注目
    する同社。産業界から医療分野、BtoC市場まで、メガネ型端末
    の将来性について最新情報をご提供いただきます。

17:25〜17:30 謝 辞
************************************************

◇◇◇詳細、お申し込みは下記SSNイベントページよりご覧下さい。

【お問い合わせ先】
  (公財)岡山県産業進行財団 技術支援部 研究開発支援課 担当:竹内・杉本
  TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9675 E-mail:sangaku@optic.or.jp

2015-08-06 (木)  トマトアグリフードフェアー2015

株式会社トマト銀行と公益財団法人岡山県産業振興財団が合同で、
岡山の「食」「アグリ」に焦点を合わせ、新商品・オリジナル商品を
持ち販路開拓に意欲的な中小企業等を対象に『展示商談会』と
『販路開拓商談会』を開催します。

◇日 時
 平成27年8月6日(木)10:00〜16:45

◇場 所
 岡山コンベンションセンター(岡山市北区駅元町14番1号)

◆ 展示商談会 10:30〜16:45 
 アグリビジネスに関し新商品・新サービス等を有する中小企業の商品や
 パネルを展示。来場者にPRするチャンスです!

  出展料:15,000円1ブース(税込)
    電気工事希望の場合 別途2,000円(税込・電気容量300W)
    ※300Wを超える場合は別途追加料金をいただく場合があります。
       事前にご相談ください。
  
 展示商談会では商品コンテストを開催いたします。ぜひご参加ください!

◆ 販路開拓商談会 13:00〜16:45 【完全予約制】
 セラーがバイヤーへ売り込む予約制の個別商談会。
 商談時間1回あたり20分を予定。

  募集セラー :110社程度
  (バイヤーの希望商材を持ち、具体的な商談ができる中小企業等)
  
  参加バイヤー: 50社程度
  (県内外の食に関する小売・流通業者等及び輸出業者)

 参加料:無料

◇対象者
 アグリビジネスに関し新商品・新サービス等を有する県内中小企業者等
 (食品全般、飲料、農業関連、その他食に関連するもの)

◇主催
 株式会社トマト銀行、公益財団法人岡山県産業振興財団

◆申込締切
 平成27年6月8日(月)17:00必着 

◇申込方法
 参加申込書をダウンロードし、内容を記入の上、E-mailまたは郵送にて
お送りください。
 ※こちらからダウンロードできます。
 http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/425.html

◇問い合わせ先 
  (公財)岡山県産業振興財団 経営支援部 中小企業支援課
  担当 瀬尾(せのお)、矢野 
  TEL:086(286)9626  E-mail:shinfo@optic.or.jp 
  (株)トマト銀行 地域成長戦略応援部
  担当 藤井 
  TEL:086(800)1820  

2015-08-05 (水)  第50回岡大サイエンスカフェ開催のご案内

本日は第50回岡大サイエンスカフェのご案内をさせていただきます。
今回の岡大サイエンスカフェの講師は、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科の
狩野 光伸 教授です。

がんにかかったとき、効く薬があるか、薬が効く、効かないといった理由は
どこにあるのか、科学は、ナノテクノロジーという新しい技術を使って
探ってきました。
科学はこれまでヒトが感じてきた困難に挑戦し、それを乗り越えて
まいりました。医療は、ヒトが感じる「困難」がたくさん詰まった領域です。
今回のサイエンスカフェでは、ヒトの体について科学から得られる「結論」
というのは、どの程度、確実なものなのか、お話します。

是非ご参加くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。


◆ 第50回岡大サイエンスカフェ開催のご案内 ◆

● 開催日時
平成27年8月5日(水) 18:00〜19:30

● 開催場所
岡山大学創立五十周年記念館  2階

● テーマ
ヒトの体のみかた −科学的な解析はどう進んできたか−

● 講師
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(薬) 教授  狩野 光伸

● 概要は下記URL参照下さい。
http://www.okayama-u.net/renkei/document/pdf/sciencecafe/sciencecafe50.pdf

● 申込方法
申込先 岡山大学研究推進産学官連携機構 (村上、松田)
下記のいずれかの方法でお申込ください
TEL : 086−251−7112
FAX : 086−251−8467
E-mail : s-renkei@adm.okayama-u.ac.jp
お申し込みフォーム: http://www.okayama-u.net/renkei/contents/04_04.html
(氏名、年齢、連絡先、車の使用有無について、記載をお願いします)
※できるだけ公共交通機関をご利用ください 

締切り :平成27年7月31日(金) 午後5時
参加費 :無料

***************************************
村上 英夫   
岡山大学 研究推進産学官連携機構
社会連携本部長
〒700-8530 岡山市北区津島中1-1-1
電話: 086-251-7112  FAX: 086-251-8467
E-mail: mhaa7493@cc.okayama-u.ac.jp
***************************************

2015-08-04 (火)  次世代産業セミナーの御案内 〜水素社会の実現を見据えた研究開発の推進〜

家庭用燃料電池の実用化、燃料電池自動車の市場投入など、
水素社会を巡る動きが急速に進展しており、今後の市場拡大も
期待されています。
本セミナーは、水素社会の実現を見据えた研究開発をテーマに、
各分野の専門家を講師としてお招きし、水素社会実現に向けた
国の動き、水素関連分野における技術動向、ユーザー企業にお
ける具体的な技術課題等に関する最新の情報を提供し、県内企
業の次世代産業分野への参入に資することを目的としています。

◆日 時 平成27年8月4日(火)13:00〜17:15

◆会 場 岡山ロイヤルホテル 2F 光楽の間
(岡山市北区絵図町2−4)
*地図はこちらを御覧下さい→ http://www.orh.co.jp/access/

◆主 催 岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団

◆共 催 水島コンビナート総合特区水素利活用研究会、
おかやま電池関連技術研究会

◆定員等 60名
※定員に達した場合はお断りすることがあります。
お断りする場合のみ連絡します。

◆参加費 無料

◆プログラム

★第一部 水素関連技術セミナー<13:00〜15:00>

≪講演帰筺嵜總納匆颪亮存修妨けた取組について」
経済産業省資源エネルギー庁燃料電池推進室
室長補佐 星野昌志氏

≪講演侠筺嵜總粘慙∧野の技術課題について」
産業技術総合研究所関西センター電池技術研究部門
副研究部門長 栗山信宏氏

≪講演窟筺峅山県における次世代産業育成について」
岡山県産業労働部産業振興課
総括参事 加島健二氏

★第二部 次世代産業ニーズ発信会<15:00〜17:15>

≪講演帰筺崚貅 水素社会実現に向けた取り組み」
(株)東芝 次世代エネルギー事業開発プロジェクトチーム
参事 河野龍興氏

≪講演侠筺嵜總妊┘優襯ー分野における ガス検知・警報器の役割」
新コスモス電機(株) インダストリ営業本部・営業開発部
技術開発本部・第二開発部 担当部長 鈴木健吾氏

≪講演窟筺峪絢凖典\什扈蠅離僖錙屡焼蛎里亡悗垢觴茲蠢箸漾
(株)三社電機製作所 技術本部 半導体開発部 部長 西村良和氏

≪講演権筺崟長産業における事業創造型ワークショップの概要
〜自社の強みを活かした新しいビジネスモデルの創造〜」

(株)日本経営支援センター 代表取締役社長 萩原正英氏、
(株)日本能率協会コンサルティング
生産エンジニアリング革新センター センター長 石田秀夫氏


◆参加申込 下記URLもしくは参加申込書に必要事項を記載のうえ、
FAXまたはメールにてお申し込みください

※平成27年7月30日(木)申込締切

http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/854.html


◆事務局 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
担当:小林・田渕

TEL 086−286−9651
FAX 086−286−9676
E-mail:kaihatsu@optic.or.jp



□□■■関連情報■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
「ミクロものづくり岡山」は、やる気と技術にあふれた“ものづくり企業”を応援しています!
「ミクロものづくり岡山」に加入されていない企業・団体等の方はこちら ▼ をご覧ください。

http://www.micro-gr.jp/invitation.htm

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


================================
公益財団法人岡山県産業振興財団
技術支援部 研究開発支援課
主事 田渕 雅子

〒701-1221
岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
TEL:(086)286-9651
FAX:(086)286-9676
E-mail mtabuchi@optic.or.jp
=============================○▲□

2015-07-28 (火)  おかやま航空機材料等技術研究会 切削加工セミナー 「高能率・高精度穴加工技術」

 今回は、昨年度実施しました難削材加工技術セミナーでのアンケー
トで要望の多かった高能率・高精度穴加工技術を取り上げました。
 ドリル加工、タップなどの穴加工は、切削中の状態が見えないため切
削の中でも難しい加工の1つといえます。本コースでは、マシニングセ
ンタを用いる各種の穴加工について、高能率・高精度に加工するための
切削条件や使用工具について習得します。
 なお、ドリルの切削条件と高能率化、リーマの切削条件、タップの切
削機構などを座学で学び、切削未経験者でもロングドリルのノンステッ
プ加工を実技で取得します。また、耐熱合金加工の入門であるSUS304の
加工を一部行うことで超耐熱合金などの難削材切削に挑戦するための手
法を習得できます。
 さらに、切削性や生産性の向上について検討します。
 高能率・高精度穴加工技術に関心をお持ちの多くの皆様の参加をお待
ちしています。

1 日 程 
   開催日:平成27年7月28日(火)、8月4日(火)
         ※両日で1コースです
   時 間:9:30〜16:30
2 会 場
   岡山職業能力開発促進センター
     (岡山市北区田中580 TEL:086-246-2530)
3 講 師  (株)タンガロイ、オーエスジー(株)
4 プログラム
 1日目
  (1)超硬ドリルによる穴あけ加工
   ・穴あけ加工の概要
   ・ドリルの種類による使いわけ
   ・(刃先交換式、ソリッド、ガンドリル等)
  (2)構造の異なるドリルの実加工による
   ・切削状況比較
 2日目
  (1)穴あけ加工の現状
   ・穴あけ加工とドリル各部が与える影響
   ・ドリル加工の能率向上について
   ・リーマ加工
   ・タップ加工の最適化
  (2)実加工
   ・超深穴加工、超硬リーマ、タップ加工

5 受講料  県内事業所からの参加者は無料
       (作業服、作業帽を持参ください)    
6 定 員  14名 
     ※1社2名まで。定員になり次第、締め切ります
     ※受講決定者には開催日の1週間前を目処に受講票をお送り
      します。
7 申込方法  添付の申込書によりFAXもしくはメールでお申し込
        みくいただくか、下記URLからお申込み下さい。
       (両日参加のみ受付します)
         ・企業名
         ・所在地
         ・TEL、FAX、E-mail
         ・参加者氏名(ふりがな)、部署

http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/852.html

8 申込先  (公財)岡山県産業振興財団技術支援部  
        担当:西田、福原 
     〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山内
     TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
     E-mail:sangaku@optic.or.jp
9 申込締切  平成27年7月14日(火)
11 主 催  岡山県、(公財)岡山県産業振興財団 
12 後 援  高度ポリテクセンター、岡山職業能力開発促進センター

2015-07-21 (火)  岡山大学 分析計測講習会のお知らせ

 岡山大学自然生命科学研究支援センターでは、同センターの共同利用機器「生物用共焦点レーザー顕微鏡(オリンパスFV1200)」の機能を、豊富なアプリケーション例を用いて紹介するセミナーを開催いたします。 セミナーの目的は、生物用共焦点レーザー顕微鏡で、より高精細な、より明るい蛍光画像を取得することを目的となっております。
 また、共焦点光学系をベースに開発した超解像システム(OSR)等の「オリンパスの新技術」についても、ご紹介いたします。当日は、測定室(210号室)にて超解像システムのデモンストレーション観察も予定しており、持込サンプルの観察・撮影も可能ですので、参加ご希望、サンプル持ち込みご希望の方は、下記までご連絡下さい


セミナー日時 : 2015年 7月 21日 (火) 14:30 〜 16:00
開催場所 : 岡山大学 自然生命科学研究支援センター
理学部コラボレーションセンター棟 講習室(201号室)
講  師 : オリンパス 科学営業企画部 仁平 貴久 氏

【セミナー参加予約・お問合先】
岡山大学 自然生命科学研究支援センター 分析計測分野 (担当:多田)
     Email:kikibun@cc.okayama-u.ac.jp, TEL: 086-251-8746
     URL :http://kikibun1.kikibun.okayama-u.ac.jp/home.html

2015-07-09 (木)  おかやま航空機材料等技術研究会講演会「産学官連携による航空機製造技術の先進的研究開発」−難削材加工を中心に−

 今回、講師としてお招きしました東京大学帯川利之教授は、米国ボー
イング社を始め、重工メーカー、工具メーカー、工作機械メーカー、
素材メーカーからなる国内企業12社と経済産業省で進める「先進も
のづくりコンソーシアム(CMI)」の研究リーダを務めておられます。

 このCMIでは、難削材加工技術の高度化を始め、航空機の製造技術
に係る先進の技術開発の取り組みが進められています。

 ご講演では、CMIの活動、研究開発の状況に加え、最新の研究成果
についてご紹介いただきます。難削材加工を始め、ものづくりの最新
情報を得る絶好の機会ですので、難削材加工、産学官連携による研究
開発に興味をお持ちの、多くの方の参加をお待ちしております。

◆ 日 時  平成27年7月9日(木) 14:00〜15:30
◆ 会 場  岡山ロイヤルホテル  2F光楽の間
      (岡山市北区絵図町2-4、TEL086-255-1111)
◆ プログラム
 ・講  師 
   東京大学生産技術研究所 
   先進ものづくりシステム連携研究センター長 
             帯川 利之 教授
 ・講演概要
   CMI(先進ものづくりコンソーシアム)の活動状況、研究状況に
   ついて、それぞれ下記項目でご紹介いただきます。

 1.活動状況
  ・CMIの狙いとシステム、組織、メンバー
  ・CMIのプロジェクト構成
  ・海外事例の紹介
  ・CMIの目標

 2.研究状況
  ・高付加価値生産技術(CFRP、Ti合金、Al-Li合金の高品位、高能率
         ・高速切削加工技術など)
  ・環境対応型生産技術(切削油剤や電力消費を大幅に減少させた難削
         材加工技術など)
  ・省資源型生産技術(レアメタルを大量に含む切削工具の長寿命化など)

◆ 受講料    無 料    
◆ 定 員   50名
◆ 主 催 岡山県、(公財)岡山県産業振興財団  
◆ 共 催   岡山・産学官連携推進会議
◆ 後 援   ウイングウィン岡山、岡山県精密生産技術研究会 

◆ 申込方法  別添の申込書に必要事項を記入のうえFAXまたはメールで
       お申し込みいただくか、下記URLからお申し込みください。
 http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/839.html
◆ 申込先  (公財)岡山県産業振興財団技術支援部   担当:西田、福原 
       〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山内
       TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
       E-mail:sangaku@optic.or.jp
◆ 申込締切  平成27年7月2日(木)

2015-07-06 (月)  「おかやま電池関連技術研究会」第1回技術セミナー

 パワーエレクトロニクス、MEMS等の次世代半導体や、印刷・塗布で製造が可能なフレキシブルエレクトロニクスは、今後、大きな成長が期待される分野です。
 本研究会では、これらの分野における県内企業の取り組み、これらの企業への御支援を頂いている公的機関の取り組みについてご講演頂きます。

【日 時】平成27年7月6日(月)13:15〜16:45
     *意見交換会 17:00〜18:30

【会 場】岡山ロイヤルホテル 2F 光楽の間

【主 催】岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団

【定員等】60名
     *定員に達した場合はお断りすることがあります。

【参加費】講演会 無料
     意見交換会 3,500円(事前申込要)

************************************************
【プログラム】
13:15〜13:20
 開会の挨拶  (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部長 本位田 和昭

13:20〜14:05
 ≪講演帰筺崔羚餬从兒唆閥匹亮\ぢ絅哀蝓璽鵐妊丱ぅ拘慙∋唆帆禄仍業」
        中国経済産業局 地域経済部 電子・情報産業担当
         課長補佐 好澤 潔氏
          情報政策係長 松林 裕子氏

        公益社団法人中国地方総合研究センター 地域経済研究部
          主任研究員 江種 浩文氏

14:05〜15:10
 ≪講演侠筺峭眄能有機トランジスタと論理回路・センサへの応用」
        地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所
          制御・電子材料科 主幹研究員 宇野 真由美氏

15:25〜15:50
  ≪企業講演帰筺崑腟楾業の半導体/MEMS関連設備に関する取組」
           大宮工業株式会社 MD事業部 第一技術部 部長
           福田 雅史氏

15:50〜16:15
 ≪企業講演侠筺屮侫譽シブルエレクトロニクス検査装置に関する取組」
          ユアサシステム機器株式会社 取締役執行役員
           岡 恭久氏

16:15〜16:40
 ≪次世代産業育成事業とニーズ・シーズマッチング事業について≫
        (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課 
           小林 隆宏

16:40〜16:45
 閉会の挨拶  岡山県産業労働部産業振興課 総括参事 加島 健二氏

17:00〜18:30 意見交換会(同ホテル 光楽の間)
************************************************

【締切】平成27年7月1日(水)締切

◇◇◇詳細、お申し込みは下記SSNイベントページよりご覧下さい。

【事務局】(公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
      担当:小林・田渕   
     TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
     E-mail: kaihatsu@optic.or.jp

2015-07-03 (金)  ハートフルビジネスおかやま 講演会・交流会 開催のご案内

「ハートフルビジネスおかやま」と岡山県産業振興財団では、新技術・新商品開発等の技術力向上、販路開拓等に役立てることを目的に講演会を開催いたします。  

今回は講師に、横浜市総合リハビリテーションセンター 研究開発課の児玉真一様をお迎えし、リハビリテーション現場での課題とその対策事例についてお話をしていただきます。
今後の機器の開発や改善、サービス向上などの一助となれば幸いです。

興味のある方はどなたでもご参加いただけます。皆さま奮ってのご参加をお待ちしています。

★日 時   平成27年7月3日(金)  講演会14:55〜16:45
                     交流会17:00〜18:30

★会 場   岡山ロイヤルホテル 光楽の間(岡山市北区絵図町2−4)

★主 催   ハートフルビジネスおかやま (公財)岡山県産業振興財団 

★内 容   演題:「リハビリテーション現場での課題とその対策事例」
       講師:児玉 真一 氏

          横浜市総合リハビリテーションセンター
          研究開発課 主任

★参加費   講演会:無料 

       交流会:●ハートフルビジネスおかやま会員は無料
           (ただし1事業所3人目からは3,000円),
           ●一般の方は3,000円

★定 員   講演会60人  ※但し、定員になり次第締め切らせて頂きます。

★参加申込  下記URLよりお申込ください。

       http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/844.html

       ※平成27年6月25日(木)申込締切

★事務局   (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 (担当:山本)

        〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
        TEL:(086)286-9665 FAX:(086)286-9676 

        E-mail:sangaku@optic.or.jp
            

2015-06-25 (木)  第104回 岡山県医用工学研究会 平成27年度 第1回セミナー・交流会

第104回 岡山県医用工学研究会 平成27年度 第1回セミナー・交流会

医療機器実用化開発に向けた最近の取組み

【日 時】平成27年6月25日(木) 13:30〜19:00
【場 所】岡山大学鹿田キャンパス
     セミナー: 地域医療人育成センターおかやま3階講義室(MUSCAT CUBE)
     交流会 :カフェテリア・バンビ
【参加費】セミナー:無料
     交流会 :会員1,000円(非会員3,000円)

【共 催】特定非営利活動法人メディカルテクノおかやま
【後 援】科学技術振興機構イノベーション拠点推進部、日本生体医工学会中国四国支部

◆プログラム
1.開会挨拶 13:30〜13:35
  岡山県医用工学研究会会長・NPO法人メディカルテクノおかやま
  理事長 公文 裕巳

2.講演
(1)「岡山大学が推進する医療系事業について〜革新的医療技術創出拠点プログラム・国産医療機器創出促進基盤整備等事業〜」 13:35〜14:25
  岡山大学病院副院長・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 泌尿器病態学
  教授 那須 保友 氏

 安倍政権は本再興戦略のもと、『選択と集中』をキーワードに候補となる施設を拠点として選定し、重点的な支援を行うことにより、日本発の革新的な医薬品並びに医療機器の創出を加速化することを推進しております。岡山大学はその拠点に選定され平成27年4月に新たに設置された日本医療研究開発機構(AMED、いわゆる日本版NIH)のもと事業を推進しております。医療機器の実用化開発という観点からこれら一連の事業について現状をご説明させていただきます。

(2)「医薬品医療機器総合機構(PMDA)における医療機器審査について」 14:25〜15:15
  岡山大学病院
  新医療研究開発センター・特任講師 櫻井 淳 氏

 本邦における医療機器開発においては、開発の初期から薬事承認申請に至るまで様々なハードルが存在する。開発の初期から、医療現場と開発現場が一体となって真のニーズを見極めること、そして開発の意図と方向性を明らかにし、出口戦略を明確にすることが必要である。企業とアカデミアが開発共同体として機能するためには、非臨床・臨床両面での開発力の向上は元より、薬事承認申請のグローバルスタンダードも十分理解する必要がある。今後は岡山大学病院新医療研究開発センターがAROとして機能し、開発現場の国際競争力を高められるよう、サポートを充実させる必要がある。

【休憩】 15:15〜15:35

(3)「医療機器開発プロモートおかやまについて」 15:35〜16:25
  岡山県 産業労働部産業振興課
  総括副参事 堂本 竜也 氏

 メディカルテクノバレー構想の下、「医療先進県おかやま」にふさわしい医療産業の集積を目指して、新たに設立した医療機器開発に特化した推進体制「医療機器開発プロモートおかやま」の今後の活動内容等についてご紹介します。

(4)「見えない形を予見する」 16:25〜17:15
  デジタルソリューション株式会社
  代表取締役社長 上田 寛治 氏

 当社が医療領域で取り組んでいる事業、具体的には『器官の異常と誤嚥・摂食嚥下のメカニズム』、『矯正歯科用スクリューインプラントの開発』、『HMD(Head Mount Display)を使用した人体表示システム』等を実演し、当社の取組を紹介し、今後発展する医療に対するIoT社会の未来から学習していることについて述べる予定です。

3. 交流会 17:30〜19:00

◆駐車券について
・駐車が無料となる駐車券をお出ししています。
・ただし、岡山大学鹿田キャンパス内は駐車スペースが限られているため、公共交通機関でのご来場をおすすめします。

お申し込みはこちらから
http://www.optic.or.jp/medical/event_attend/event_attend_register.html?info_id=405

2015-06-18 (木)  難削材加工技術セミナー 「産業別難削材加工のトレンドと難削材加工用工具の開発動向」

 本年度の第1回の難削材加工技術セミナーは、工具メーカーである
三菱マテリアル(株)加工事業カンパニーから講師をお招きし、難削材
切削加工のトレンドを産業別に報告いただきます。各産業で増加して
いる部材、用いられる材料、切削工具に及ぼす影響などを解説いただ
き、対応するための難削材用工具の開発動向についてコーティングを
中心に紹介いただきます。
様々な産業に工具を供給する立場の工具メーカーからみた、難削材加
工の最新情報を得る絶好の機会ですので、難削材加工に興味をお持ち
の、多くの方の参加をお待ちしております。
 なお、本セミナーは「おかやま航空機材料等技術研究会」の活動の
一環として実施します。研究会は固定した会員制は取らず、講演会や
実習等の各種活動への参加者をもって会員とする緩やかな連携体とし
て組織しており、活動内容に関心をお持ちの方なら、どなたでも参加
していただけます。

◆ 日 時  平成27年6月18日(木) 13:30〜16:15
◆ 会 場  岡山ロイヤルホテル  2F光琳の間
          (岡山市北区絵図町2-4、TEL086-255-1111)
◆ プログラム
  1.産業別の切削加工トレンド
    々匐機業界
    発電産業(ガスタービン/蒸気タービン)
    0緡填罰
    ぜ動車業界
  2.超硬工具トレンド
    。達孱張魁璽謄ング
    ■丕孱張魁璽謄ング
  3.難削材切削加工のポイント
  4.難削材加工用最新工具の紹介

◆講師 三菱マテリアル(株)加工事業カンパニー 
     開発本部加工技術センター
     センター長補佐 長谷川 良栄 氏

◆受講料  無 料  
◆定 員  40名
◆申込方法:必要事項を記入のうえFAXもしくはメール、または下記
      URLからお申込み下さい。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/815.html
       (申込み記載事項)
        企業名
        所属・氏名
        所在地
        連絡先(TEL、FAX、E-mail)
◆申込先  (公財)岡山県産業振興財団技術支援部 
  担当:西田、福原
  〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山内
  TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676
  E-mail:sangaku@optic.or.jp
◆申込締切  平成27年6月11日(木)
◆主 催 岡山県、(公財)岡山県産業振興財団

2015-06-17 (水)  平成27年6月度 ORIC交流会のご案内

毎月恒例のORIC交流会を下記の通り開催いたしますので
ご案内申し上げます。
多数の方々の参加をお待ちしております。

●日 時:平成27年6月17日(水)
     交流会:12:00〜13:00(受付11:30〜)

●場 所:岡山リサーチパーク インキュベーションセンター(ORIC)
     2階 交流サロン(岡山市北区芳賀5303)http://www.oric.ne.jp/

●スケジュール
------------------------------------------------------------
機欷鯲会の部/12:00〜13:00(受付11:30〜)
------------------------------------------------------------
お食事をとりながら、入居企業の紹介をお聴きいただきます。

1.入居企業紹介(12:20〜12:45)
 「拡大するインターネット動画広告とその活用について」
  (株)きびだんご 代表取締役 長谷川 建 氏

2.名刺交換会(12:45〜13:00)

≪参加費(お弁当代)≫ 400円

≪申込み締切≫ 平成27年6月15日(月)

-------------------------------------------------------------
 ※今月はセミナーは実施いたしません
-------------------------------------------------------------

●お申込み 下記項目をご記入の上、ORICスタッフルームまでお願いします。
 お問合せ  TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117 E-MAIL:info@oric.ne.jp


----------≪ORIC交流会 申込書(6/17開催)≫-----------

・参加者氏名(ふりがな)・役職
・所属団体/会社名
・連絡先住所 〒
 TEL.   FAX.   E-MAIL.

---------------------------------------------------------
※ 関連部署の皆様へ転送いただけると幸いです

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
支援スタッフルーム
岡山リサーチパーク
インキュベーションセンター(ORIC)
〒701-1221 岡山市北区芳賀5303
TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117
E-mail:info@oric.ne.jp
URL:http://www.oric.ne.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


2015-06-16 (火)  岡山・玉野・備前・総社 4商工会議所合同 会員ビジネス交流会 開催のご案内

会員事業所のビジネスチャンス創出・販路拡大を支援するため
相互のPRや交流を図る「会員ビジネス交流会」を県南4商工
会議所合同で広域開催いたします。
企業の業種・業態にかかわらずご参加でき、「自社PR」や、
参加企業の自由な情報交換・相互交流をすることができます。

今回は、広報戦略をテーマとしたミニセミナーを同時開催します。
多数のご参加をお待ちしております!


◎日 時 平成27年6月16日(火)13:30〜16:30
     ※受付:13:00〜

◎場 所 岡山商工会議所4階大会議室(岡山市北区厚生町3-1-15)

◎内 容 【第一部:ミニセミナー】 13:30〜15:00
     1.「今すべき」ネット活用法の最新情報を知る!
       講師:株式会社オリーズデザイン 代表取締役 岡崎 理枝子 氏
     2.業務改善助成金(平成27年度)のご紹介
       講師:岡山労働局担当者

    【第二部:1分間自社PR】15:00〜15:30
      ※会員のみ、先着20社程度

    【第三部:交流・名刺交換会】15:30~16:30
     参加者相互にご自由な情報交換・交流を積極的に行っていただきます。
     ご面談の希望があれば会場内アナウンスもいたします。
     参加企業のPRチラシ等は会場の展示スペースでの掲示も可能です。
     翌17日(水)〜26日(金)は岡山商工会議所1階・展示スペース「情報プ
ラザ」で
     資料展示いたします。

◎定 員 100名程度(先着順)
     ※定員に達し次第締め切らせていただきます

◎参加費 【会 員】無料(4商工会議所のいずれかの会員であること)
     【非会員】1名 2,000円 ※当日お支払い下さい
         ※入会をご検討中の方はこの機会に是非ご入会下さい!

☆申込方法等詳しくは下記をご覧ください。
http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=1419


■■お申込・お問合せ先■■
〒700-8556 岡山市北区厚生町3-1-15
岡山商工会議所 中小企業・地域振興部
 TEL086-232-2266 FAX086-232-5269
 担当者:山形・高木

2015-06-12 (金)  全国に飛び出せ!備中地域ブランド育成事業(備中地域の地域資源を活用して開発した特産品等の売れ筋商品化支援)応募説明会について

 備中県民局では、備中地域の産業振興による活力ある地域づくりを
 推進することを目的として、備中地域ならではの地域資源を活用して
 開発した特産品等の課題(販路拡大が進まないなど)に対して、専門
 のアドバイザーによる商品のブラッシュアップ、展示商談会への出展
 など販路開拓等の支援により売れ筋商品化を図るため、標記事業を実
 施します。
 つきましては、本年度事業の実施にあたり、応募説明会を次のとおり
 開催しますので、ぜひ御参加ください。

◆応募説明会の開催
  ◇6月12日(金)14:00〜15:30
   【場所】岡山県備中県民局会議棟
      (倉敷市羽島1083)
  
   詳細(募集概要・応募資格等)については、こちらをご覧くだ
  さい。
   
   → http://www.pref.okayama.jp/site/12/390227.html

  ◇参加申込(注 6月10日締切)
    下記メールアドレスへ以下の事項をご連絡ください。
    メールアドレス:bichu-chisei@pref.okayama.lg.jp

   【送付内容】
    団体名:
    参加者氏名:
    職名:
    連絡先:

◆申込み・問い合わせ先
〒710-8530 倉敷市羽島1083
 備中県民局地域づくり推進課振興班 直原・稲家(いなや)
  TEL:086-434-7008(ダイヤルイン)

2015-06-05 (金)  平成27年度講演会『農を食の未来を創る!!』(6/25) 〜地域産学連携でつなぐ〜 開催のご案内

 地域における農業や食品の現状を知り、産学連携による
新技術の開発・普及を展開しながら、農林水産業の6次産
業化や地域の活性化を目指して、研究者、企業、地域住民
が手をつなぎ、一緒に考えましょう。

◇日 時:平成27年6月25日(金)14:30〜17:00
         ※受付 14:00〜14:30
◇場 所:岡山国際交流センター2階 国際会議場
       (岡山市北区奉還町2丁目2番1号)
◇参加費:無料

◇内 容:
・講演会『農と食の未来を創る!!』〜地域産学連携でつなく〜
(1)「農業と機能性表示食品〜求められるエビデンス」
    講師:科学ジャーナリスト 松永 和紀氏
       FOOCOM(http://www.foocom.net/)代表

(2)「安全・安心な食品加工を目指して
   〜食品工場における実践的な異物混入防止の取り組み〜」
    講師:東洋産業株式会社 取締役技術部長 高橋 宏英氏

(3) 質疑・意見交換

・講演後、17時20分より講師の方を交えて交流会(会費5千円)を
 開催します。ご希望の方は当日受付にて参加費をお支払いください。

◇申込方法:下記の参加申込フォームにて事務局(agri@key.ocn.ne.jp)まで
     E-mailにてお申込みください。
            ↓  ↓  ↓

≡≡≡≡アグリテック講演会申込フォーム(6/25開催)≡≡≡≡≡≡

〇臆端垰疚勝
⊇蠡位勝震鮨Α
TEL/FAX:
じ鯲会:    参加 ・ 不参加  ※いずれかご記入ください。
                                  
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

講演会チラシはこちらです。
http://www.agritech2007.com/annai/h270625.pdf

お知らせのページ
講演会「農と食の未来を創る!!」(6/25)開催
http://www.agritech2007.com/sub_3_h27_soukai.html

◇お問合せ先
 特定非営利活動法人中国四国農林水産・食品先進技術研究会
 (略称:中四国アグリテック)事務局
E-mail:agri@key.ocn.ne.jp HP:http://www.agritech2007.com/
 〒700-8530 岡山市津島中1-1-1 岡山大学農学部傾羇3102号室
 Tel 086-237-3340    Fax 086-201-0551

2015-05-14 (木)  福山チャレンジ企業セミナー【第184回事業計画発表会】

広島県商工労働部からイベントのご紹介がありましたので、
以下のとおりお知らせいたします。

これまで10回実施のうち、初めての備後地域での開催ですので、
岡山県から近く、参加しやすくなっております。
参加費無料ですので、ご興味がございましたら,ぜひご参加ください。


・イベント名
 「福山チャレンジ企業セミナー」【第184回事業計画発表会】


・内容

【ご挨拶】
広島県商工労働局イノベーション推進部長 大石 知広


【第184回事業計画発表会】
1.ポエック株式会社(代表取締役 来山 哲二 氏)
2.エス株式会社(代表取締役社長 児玉 昇司 氏)

<コメンテータ>
小原 靖明 氏(株式会社AGSコンサルティング 専務取締役)
高見 憲 氏(弁護士法人内田・鮫島法律事務所 弁護士)


【パネルディスカッション】
「備後地域からのIPO」
崎谷 文雄 氏(ローツェ株式会社 代表取締役)
大石 知広 氏(広島県商工労働局イノベーション推進部長)
玉井 由樹 氏(福山市立大学 都市経営学部 都市経営学科 准教授)
高橋 信之 氏(株式会社ひろしまイノベーション推進機構 代表取締役専務)
<モデレータ>國本 行彦(株式会社インディペンデンツ 代表取締役)


【インデペンデンツクラブ会員スピーチ】


【情報交換会】
※小会議室Dにて


【概要】
日 時:2015年5月14日(木)13:00-16:20(開場 12:30)
場 所:福山市立大学港町キャンパス大講義堂(広島県福山市港町2-19-1
参加費:無 料(要事前申込)
共 催:広島県、株式会社インディペンデンツ
協 賛:株式会社AGSコンサルティング
    弁護士法人内田・鮫島法律事務所
    SMBC日興証券株式会社
    優成監査法人
後 援:日本ベンチャー学会
    日本ニュービジネス協議会連合会
    日本ベンチャーキャピタル協会
協 力:びんごIPO倶楽部、福山市立大学玉井研究室

【問合せ】http://independents.jp/contact/form1 *参加申込は問合せフォームからもお受けいたします
【連絡先】club@independents.jp(事務局)

2015-04-22 (水)  平成27年4月度 ORIC交流会・セミナーのご案内

毎月恒例のORIC交流会及びセミナーを下記の通り
開催いたしますのでご案内申し上げます。
多数の方々の参加をお待ちしております。

●日 時:平成27年4月22日(水)
     交流会:12:00〜13:00(受付11:30〜)
     セミナー:13:05〜15:00(受付13:00〜)

●場 所:岡山リサーチパーク インキュベーションセンター(ORIC)
     2階 交流サロン(岡山市北区芳賀5303)http://www.oric.ne.jp/

●スケジュール
------------------------------------------------------------
機欷鯲会の部/12:00〜13:00(受付11:30〜)
------------------------------------------------------------
お食事をとりながら、入居企業紹介をお聴きいただきます。

1.入居者紹介(12:20〜12:45)
 「ロボットスーツHAL 〜作業支援への展開〜」
   CYBERDYNE(株) 宮本信行 氏

2.名刺交換会(12:45〜13:00)

≪参加費(お弁当代)≫ 400円

≪申込み締切≫ 平成27年4月20日(月)

-------------------------------------------------------------
供櫂札潺福爾良堯13:05〜15:00(受付13:00〜)
-------------------------------------------------------------
≪テーマ≫ 「知的財産−攻めと守りの勘所」

≪講 師≫ 笠原特許商標事務所 弁理士 笠原英俊 氏

≪講師プロフィール≫
・昭和38年1月岡山県総社市生、昭和56年岡山県立総社高校卒。
・昭和60年岡山大学工学部卒、昭和62年岡山大学院工学研究科修了。
・昭和62年4月:川崎製鉄株式会社(現JFE)入社。主として
 化学プラントや化学装置の技術解析及び建設を担当(水島、東京本社勤務)。
・平成7年1月:特許事務所(大阪)勤務。
・平成7年:弁理士本試験合格(選択科目:物理化学、熱力学、原子核工学)。
・平成9年3月:笠原特許商標事務所(岡山市)設立。
・平成16年度:日本弁理士会中国四国部会(現中国支部、四国支部)長。
・平成24年度:日本弁理士会中国支部副支部長(岡山県窓口責任者)。

・弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記済)
・岡山リサーチパークインキュベーションセンター(ORIC)顧問
・中小企業基盤整備機構 中国本部 経営支援アドバイザー
・岡山商工会議所専門相談員
・岡山県知財総合支援窓口知財専門家

≪参加費≫ 無料

●お申込み 下記項目をご記入の上、ORICスタッフルームまでお願いします。
 お問合せ  TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117 E-MAIL:info@oric.ne.jp

----------≪ORIC交流会・セミナー申込書(4/22開催)≫-----------

・参加者氏名(ふりがな)・役職
・所属団体/会社名
・連絡先住所 〒
 TEL.   FAX.   E-MAIL.
・参加希望 : [省参加 交流会のみ参加 セミナーのみ参加

2015-04-21 (火)  つやま産業支援センター設立記念フォーラム開催のお知らせ

4月1日の「つやま産業支援センター」開設を記念し、下記の日時にフォーラムを開催致します。



【内 容】

◇杉山慎策氏による「地方創生とリーダーシップ」と題した特別講演

◇つやま産業支援センターの事業の案内

地域の企業を元気にするための支援メニューのご紹介

「中山間地発信型産業」を目指して 津山から全国へ発信する強い産業づくり



◇地域各支援機関の支援メニューのご紹介

<事業支援等> 中国経済産業局,中小企業基盤整備機構,日本貿易振興機構,岡山県産
業振興財団,岡山県中小企業団体中央会,岡山県商工会連合会,津山商工会議所

<研究開発支援等> 産業技術総合研究所中国センター,ちゅうごく産業創造セン
ター,岡山県工業技術センター

<産学官連携等> 津山工業高等専門学校,岡山大学,岡山県立大学,美作大学



【日にち】 2015年4月21日(火)

【時 間】 14:00〜17:00 交流会17:00〜

【会 場】 津山国際ホテル

      住所:津山市山下98-2

【参加費】 無料(交流会は3,000円)

【申込締切】4月17日(金)※つやま産業支援センターまでファックスをお願いします。



詳しくはこちらをご覧ください⇒
<https://www.city.tsuyama.lg.jp/business/index2.php?id=4065>
https://www.city.tsuyama.lg.jp/business/index2.php?id=4065



―――――――――――――――――

つやま産業支援センター 

津山市山北663津山市役所東庁舎1F

Tel 0868-24-0740 Fax0868-24-0881

e-mail:info@tsuyama-biz.jp

―――――――――――――――――

2015-03-13 (金)  「おかやま次世代自動車セミナー」第3回

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――☆★☆

    「おかやま次世代自動車セミナー」   第3回   ご案内

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――☆★☆

 エネルギー制約の高まり、地球温暖化対策の観点から、エネルギー効率や
CO2排出量の削減に優れた性能を持つ次世代自動車(EV・PHV・FCV等)
が世界中で注目を浴びています。次世代自動車の普及は、自動車の構造や技術
を変えるだけでなく、裾野の広い自動車産業の構造に加え、社会インフラをも
根底から変えてしまう可能性があります。
こうした環境の変化に、今後どのように対応していくかを探るため、3回シ
リーズでセミナーを開催してきました。最終回となる今回は、次世代エネル
ギーとして「水素」に関心が高まる中、EVとともに次世代自動車の主役と
言われるFCVの開発経緯や、水素社会実現に向けた地域の取組について講演
いただくこととしておりますので、是非ともご参加ください。

                記


●日  時  平成27年3月13日(金) 13:30〜16:00

●会  場  岡山プラザホテル 5階 延養の間 (岡山市中区浜2−3−12) 
       *地図はこちらを御覧下さい
        * → http://www.oplaza-h.co.jp/access/koutuu.htm

●主  催  岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団
       おかやま電池関連技術研究会
       水島コンビナート総合特区水素利活用研究会

●後  援  蠱羚餠箙圈↓螢肇泪閥箙圈△かやま信用金庫、水島信用金庫、
       津山信用金庫、玉島信用金庫、備北信用金庫、吉備信用金庫、
       日生信用金庫、備前信用金庫、蠧本政策金融公庫

●定員 等  100名 ※定員に達した場合はお断りすることがあります。
             お断りする場合のみ連絡します。

●参加費   無料

●プログラム
13:30 開会
13:35〜14:35 ≪講演帰筺嵜總納匆颪亮存修妨けた地域の取組
              〜山口県周南コンビナートの事例より〜」(仮題)

                 山口大学大学院 教授 稲葉 和也 氏 

14:45〜15:45 ≪講演侠筺屮肇茱燭砲けるFCV開発意義
                       と普及に向けた取組」(仮題)

                 トヨタ自動車株式会社 技術統括部
                          主幹 三谷 和久 氏

16:00 閉会

●申込方法等詳しくは
    → http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/778.html

       をご覧ください。 ※平成27年3月10日(火)申込締切

      
●事 務 局 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
          担当:池田・山本
          TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
           E-mail: kaihatsu@optic.or.jp

2015-03-13 (金)  先端技術シンポジウム「リチウムイオン電池の社会実用化に迫る」

──────────────────────────────────

  「リチウムイオン電池の社会実用化に迫る」
  先端技術シンポジウム・3/13(金)開催のご案内
                         ◆ 参加費無料 ◆
──────────────────────────────────

 3月13日(金)午後,「リチウムイオン電池の社会実用化に迫る」と題するシンポジウムを開催します。新エネルギーにご関心をお持ちの皆さまのご参加をお待ちしております。

【講演2】では,リチウムイオン電池のスリム化および高容量化を実現するための世界唯一の鉄系素材(極薄フィルムラミネートステンレス箔)の開発について,2014年に開発された商品名「ラミネライト(商標登録)」をご紹介戴きます。
今回の開発品は,15ミクロンのステンレス箔を基材とした総厚み41ミクロンの新材料です。さらに集電体としてのステンレス箔(厚さ8ミクロン)も開発されました。

【案内と参加申込書】
http://www.okayama-u.net/renkei/document/word/event/2015_sentan_gijyutsu.doc

1.開催日時:平成27年3月13日(金)13:00〜17:00

2.開催場所:テクノサポート岡山 1階 中会議室(岡山県産業振興財団)
     〒701-1221岡山県岡山市北区芳賀5301,TEL:086-255-1111
       http://www.optic.or.jp/technosupport/access/index.html

3.参加対象:県内ものづくり企業など,どなたでも参加できます。
       (定員40名程度、参加費無料)

4.プログラム:
 ・講演1
  「リチウムイオン電池開発の歴史とオリビン型リチウム電池の技術開発」
       ソニーエナジー・デバイス(株) 本宮事業所
       第2事業部門 副部門長 安田 正之 氏

 ・講演2
  「リチウムイオン電池外装用樹脂フィルムラミネート
      極薄ステンレス箔LAMINELIGHTの開発」
       新日鉄住金マテリアルズ(株) 金属箔カンパニー
       マネージャー 海野(うんの)裕人 氏

 ・講演3
  「熱電対を内蔵した釘(Thermo-NailR)による釘刺し試験の実例について」
       (株)山本金属製作所 岡山研究開発センター 
       取締役 山本 泰三 氏

 ・講演4
  「リチウムイオン電池の微細構造とその場解析」
       JFEテクノリサーチ(株) ソリューション本部(千葉)
       電池・材料解析評価センター センター長 島内 優 氏

 ・技術紹介パネル展示を併設。

5.申込方法:下記申込書(Word文章)に必要事項をご記入の上,
       シンポジウム事務局(産学官融合センター)までご送付下さい。
                   【申し込み締切:3月9日(月)】
 ・申込書(再掲)
http://www.okayama-u.net/renkei/document/word/event/2015_sentan_gijyutsu.doc

 ・送付先メールアドレス(岡山大学 産学官融合センター事務室)
  center@crc.okayama-u.ac.jp


 なお,この行事は,岡山リサーチパークに立地する支援4機関の
 共同主催で開催いたします。

 共同主催:岡山県工業技術センター,(公財)岡山県産業振興財団,
      岡山リサーチパーク・インキュベーションセンター,
      岡山大学産学官融合センター(事務局)

 後  援:おかやま電池関連技術研究会,
      岡山大学産学官融合センター研究協力会

--------------------------------------------------------------------

2015-03-07 (土)  発想法ワークショップ

岡山商工会議所

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

           おかげ様で5回目の開催となります

        とんでもない! とんでる! とんがってる!

            “発想法ワークショップ”

      〜今回のお題は〜
       「新規客を獲得するぼっけぇ方法をみんなで発想しよう!!」
         
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 <発想法のトレーニング!>
 社内会議などビジネスの場面において思考が止まっていませんか?普段の職場から離れ、ワークショップでは「アイデアの出し方・アイデアのまとめ方」を順序立てて学んでいただきます。
 
 <異業種交流でとんでもない、とんでる、とんがってる発想を!>
 様々な業種の方が参加されアイデアを出し合います。アイデアの化学反応から普段の会議とは一味も二味も違う発想が生まれるでしょう。
 お昼は皆でランチ交流。また変わったアイデアが生まれるかも?

 <商大生も参加!>
 斬新な意見が期待できる大学生も参加します。ビジネスマンでは考えもしない、学生ならではの自由な発想にワクワクするでしょう。


 ◎日  時   平成27年3月7日(土) 10:00〜16:00
  
 ◎場  所   岡山商科大学 図書館棟7階 アクティブラーニングルーム
         (岡山市北区津島京町2丁目10−1)
         ※当日大学敷地内駐車可

 ◎内  容   【ワークショッププログラム】
         10:00〜10:30  アイスブレーク
         10:30〜12:00  ブレインストーミング
         12:00〜13:00  昼食
         13:00〜14:40  KJ法による分類と構造化
                  発表資料のまとめ
         14:40〜16:00  プレゼンテーションと討論・まとめ
         
         ※色々なアイデアを自由に出していただきたいので当日は楽な服装でお越しください。
         
         【講 師】
         岡山商科大学 経営学部 特任教授 馬淵 キノエ 氏
         「異分野の方達の化学反応から生まれる『とんでもない化合物』が社会のイノベーションとなることを期待しています。」

         岡山商科大学 経営学部 商学科 教授 三好 宏 氏
         「マーケティング論の視点でお手伝いできればと思います。自分で言うのもなんですが、結構ユニークな発想をするタイプかも?」

 ◎定  員  20名程度

 ◎参加対象  アイデア出しに悩まれている事業者

 ◎参 加 費  無料

 ◎主  催  岡山商工会議所・岡山商科大学
  共  催  中国銀行・トマト銀行・おかやま信用金庫
  後  援  岡山市


 ●申込方法等詳しくは
  http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=1397
  をご覧ください。


 ■■お申込・お問合せ先■■
 岡山商工会議所 中小企業・地域振興部
 〒700-8556 岡山市北区厚生町3-1-15
 TEL086-232-2266 FAX086-232-5269
 担当者:難波

2015-03-05 (木)  ミクロものづくり大学 ビッグデータ活用セミナー

★★★◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ミクロものづくり大学
 ビッグデータ活用セミナー「テキストマイニングを利用した技術情報・特許情報の有効活用」
 開催のご案内

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇★★★

インターネット上には、新聞記事、公開特許情報、学会論文、気象情報や電力需要の情報など、多様かつ膨大な情報が、正式な公開情報として存在しています。
これらの情報のほとんどがテキスト(文字)での情報であり、一般でも自由に利用することができます。また、TwitterやFacebookに代表されるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)やBlog、ホームページなどにも膨大なテキスト(文字)情報が存在し、その中には技術的な情報はもちろん、ユーザの感想や意見、その他のクチコミ」情報などが氾濫しています。
さらに、企業自身の中にも、例えば自社の製品情報や顧客情報のように電子化されたテキスト(文字)情報が多く蓄積されています。

今回のミクロものづくり大学では、これらの膨大な文字情報(いわゆるビッグデータ)の中から、例えば「自社製品に関連する最新の技術動向を把握するため」や、「新製品開発のヒントを得るため」、さらには「ユーザの興味や嗜好を知るため」など、企業活動に有用な情報を取得するための技術として、テキスト(文字)情報を分析して、新しい知識や情報を“掘り出す”「テキストマイニング」技術について、2名の講師からご講演をいただきます。

広島市立大学・難波氏からは、新聞情報や特許、論文などの活用をサンプルとして、「テキストマイニング」技術の概要を紹介していただき、さらに、富士通(株)・平犹瓩らは特許情報をサンプルとして、自社の製品開発に貢献した事例を紹介していただく予定です。

商品企画・開発のご担当者はもちろん、ビッグデータの活用にご興味のある方のご参加を心よりお待ちしております。


1 日時  平成27年3月5日(木) 13:20〜16:45

2 場所  岡山県工業技術センター(岡山市北区芳賀5301)1階技術交流室

3 開催次第
   13:20  開会あいさつ
   13:30  講演1「テキストマイニング技術を活用した技術動向分析」
            広島市立大学大学院 情報科学研究科
            准教授 難波 英嗣 氏
       (概要)新聞、特許、論文を利用して技術の重要性を評価した
           り、技術の変遷を閲覧したりするシステムを紹介する。
   15:00  休憩
   15:15  講演2「知財ビックデータ活用による事業貢献」
            富士通(株)産業・流通システム事業本部
            製造ソリューション部
            シニアディレクター 平塚 信行 氏
       (概要)知財ビッグデータ及びICTを活用することで製品開
           発現場への事業貢献に寄与した当社事例を紹介する。
   16:45  閉会

4 参加費   無料

5 申込期限  平成27年3月3日(火)
        ※お申し込みのない方の当日参加も可能です。 

6 申込方法  件名(Subject)を「テキストマイニングセミナー参加希望」とし、下記の内容を明記して、E-mailでお申し込みください。

        _饉厂勝Φヾ慳勝↓⊇蠡亜↓L鮨Α↓せ疚勝↓E-mail、
        所在地、TelおよびFax

【申し込み先】 岡山県工業技術センター 技術支援部 企業支援グループ
        担当:山田、上野
        E-mail: kougi-info@pref.okayama.lg.jp
        Tel. 086-286-9600 Fax. 086-286-9630

2015-03-04 (水)  「トマトものづくり補助金申請対策セミナー」のご案内

**************************

「トマトものづくり補助金申請対策セミナー」のご案内

**************************


今年も「ものづくり・商業・サービス補助金」が実施されます。昨年同様にサービス業も対象となり、1万社以上の事業者に対して補助金が交付されます。昨年度から変更となる点、申請書作成のポイントを分かりやすくご説明いたしますので、是非ご参加ください。

日  時 : 平成27年3月4日(水) 14:00 〜 17:15 
 
場  所 : トマト銀行岡山駅前ビル5、6階 会議室 
       岡山市北区本町1-4 (※公共交通機関をご利用ください)
       駐車券は発行しませんのでご了承願います

対 象 者 : 平成26年度補正予算ものづくり補助金申請を検討されている方

参 加 料 : 無  料

募集人員 : セミナー先着 20名、個別相談会先着8名

申込方法 : 下記アドレスのニュースリリースに掲載している申込みに必要事項をご記入のうえ、平成27年3月2日(月)までに、トマト銀行地域成長戦略応援部へFAXでお申し込みください。

https://www.tomatobank.co.jp/mt/pdf/news_20150223

< プログラム >
1 トマトものづくり補助金申請対策セミナー  14:05〜15:05
 ・昨年度からの変更点

 ・申請書作成のポイント

  講師:鈴鹿 和彦氏
 (中小企業診断士、特定社会保険労務士、行政書士、岡山県よろず支援拠点コーディネーター)

2 個別相談会   15:15〜17:15

  相談員:鈴鹿 和彦氏 他1名

※ 事前予約制 各相談30分

(相談者が多数の場合はご希望に添えない場合があります)

<問い合わせ先>
トマト銀行 地域成長戦略応援部 丸川
TEL 086-800-1820

2015-02-24 (火)  産総研本格研究ワークショップ in おかやま

==============================

★「産総研本格研究ワークショップ in おかやま」(H27/2/24)開催のご案内★
         〜地域を元気にする産総研との連携〜
==============================

 産業技術総合研究所中国センターは、地域経済活性化に資するべく、オープンイノベーションハブとしての活動を積極的に展開しております。
 本ワークショップでは、木質系バイオマスの自動車部品やエネルギー材料などマテリアル利用、水素キャリアの研究開発についてご紹介致します。
 活発な意見交換と情報共有を通じて、今後益々の連携が進むことを期待申し上げます。皆様のご参加をお待ちしております。
┌─────────────────────────────────┐
【日 時】平成27年2月24日(火)13:00〜17:00
【場 所】ホテルグランヴィア岡山 4階 フェニックス
     (岡山市北区駅元町1-5)   TEL :086-234-7000
     周辺地図  http://granvia-oka.co.jp/access/
【主 催】独立行政法人産業技術総合研究所 中国センター
【後 援】中国経済産業局、中国経済連合会、岡山県、国立大学法人岡山大学、(予定)(株)商工組合中央金庫岡山支店、(公財)ちゅうごく産業創造センター、(一社)中国地域ニュービジネス協議会、(独)中小企業基盤整備機構中国本部
【定 員】250名(申し込み順:定員になり次第、締め切ります)
【参加費】無料(但し、交流会参加費3,000円。当日、受付にて申し受けます。)

<プログラム>
 13:00〜13:05 開会挨拶 産総研 理事長 中鉢 良治
 13:05〜13:10 来賓挨拶 岡山県知事 伊原木 隆太 氏
 13:10〜13:15 来賓挨拶 中国経済産業局 局長 畑野 浩朗 氏
 13:15〜13:20 来賓挨拶 国立大学法人岡山大学 学長 森田 潔 氏
 13:20〜13:30 産総研中国センターの紹介と趣旨説明
        産総研中国センター 所長 柳下 宏
 13:30〜14:00 基調講演 「3Dメディカルテクノロジー」
        ナカシマメディカル株式会社 代表取締役社長 中島 義雄 氏
 14:00〜14:10 休憩
【地域連携プロジェクト】
 (1)「木質系バイオマスのマテリアル利用技術の展開」
 14:10〜14:20 「森と人が共生するSMART工場モデル実証事業の概要」
         産総研 中国産学官連携センター 
              イノベーションコーディネータ 小田 喜一
 14:20〜14:35 「木質系バイオマスの高度利用技術〜ナノファイバー製造と
        複合材料開発〜」
          産総研 バイオマスリファイナリー研究センター
          セルロース利用チーム 研究チーム長 遠藤 貴士
 14:35〜14:50 「木質系バイオマスからのセルロースナノファイバー製造と
        その特性」
          モリマシナリー株式会社 
          セルロース開発室 室長 山本 顕弘 氏
 14:50〜15:05 「セルロースナノファイバーの自動車用ゴム製品への利用」
          丸五ゴム工業株式会社 新規事業開発部 服部 文彦 氏
 15:05〜15:20 「県産ヒノキを用いた高規格木粉の開発と実用化」
          岡山県農林水産総合センター 森林研究所
          木材加工研究室 研究員 野上 英孝 氏
 15:20〜15:35 「セルロースナノファイバー系複合材料の炭素電極材料への利用」
          岡山大学大学院自然科学研究科 講師 沖原 巧 氏
 15:35〜15:50 休憩
 (2)「再生可能エネルギーの展開」
 15:50〜16:05 「再生可能エネルギー貯蔵のための水素キャリア技術」
          産総研 福島再生可能エネルギー研究所 
          再生可能エネルギー研究センター
          水素キャリアチーム 主任研究員 難波 哲哉
 16:05〜16:20 「岡山市京山太陽光発電に影響を与える大気中のエアロゾル
        の挙動について」
          岡山大学大学院自然科学研究科 教授 塚本 修 氏
 (3)「産学金官連携」
 16:20〜16:35 「商工中金の中小企業支援への取組みと産総研との連携について」
          株式会社商工組合中央金庫  
          ソリューション事業部 部長 山口 卓郎 氏
 16:35〜16:55 総合討論
 16:55〜17:00 閉会挨拶 産総研 理事 瀬戸 政宏
 17:15〜18:30 交流会(3階 クリスタル)

 12:15〜13:00 技術相談会(4階 菫)
 13:00〜18:30 パネル展示(4階 ホワイエ)

■ご参加申し込み及びお問い合わせは、以下までお願いします。
  (いただいた個人情報は当セミナー関連以外に用いることはありません)
【お申込み】 オンライン登録 又は FAX 
【お問合先】 独立行政法人産業技術総合研究所 中国センター 
       「本格研究ワークショップ in おかやま 事務局」
       TEL:082-420-8245 FAX:082-420-8281
       電子メール:csgkrk-ws-ml@aist.go.jp
【詳細情報】 https://unit.aist.go.jp/chugoku/even/2015/20150224.html
└─────────────────────────────────┘

2015-02-19 (木)  岡山県中小企業支援制度説明会(津山会場)

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――☆★☆
       岡山県中小企業支援制度説明会  ご案内
☆★☆―――――――――――――――――――――――――――☆★☆

 中小企業者等が行う新技術・新製品の研究開発等を対象とした補助金制度及び融資制度等の説明会を岡山及び津山の2会場で開催しますので、御案内いたします。
なお、国及び県予算確定前の説明会であり、今後、事業の改廃等の可能性もありますので、あらかじめ御了承ください。
 皆さまのご参加をお待ちしております。


              記

● 日時・場所 _山会場
         平成27年2月13日(金) 13:00〜17:00
          岡山ロイヤルホテル 2階 光楽の間
                    (岡山市北区絵図町2−4)
        津山会場
         平成27年2月19日(木) 13:00〜17:00
 津山国際ホテル   2階 鶴山の間
                    (津山市山下98−2)

● 説明の内容
 (1) 新技術・新製品の研究開発等に関する補助金及び融資等の支援制度
 (2) 関係支援機関の事業等の紹介
 (3) 関係支援機関との個別相談[説明会終了後]
  *関係支援機関(予定)
   中国経済産業局、岡山県工業技術センター、岡山大学産学官融合センター
   岡山県立大学地域共同研究機構、岡山理科大学学外連携推進室、
   津山工業高等専門学校地域共同テクノセンター、岡山県発明協会

● 参加申込み
 以下ホームページ上の「お申込みフォーム」からご登録頂くか、ホームページ
 の参加申込書の様式をダウンロードし、必要事項を記載の上、E−mail又は
 Faxで(公財)岡山県産業振興財団までお申込みください。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/760.html

● 申込締切:岡山会場 平成27年2月10日(火)
       津山会場 平成27年2月18日(水)
      
● 事 務 局 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
          担当:横田・池田・山本
          TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
           E-mail: kaihatsu@optic.or.jp

2015-02-17 (火)  ミクロものづくり大学「商品開発セミナー〜デザインは見た目だけじゃない!〜」開催のご案内

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
◇ 
◇ ミクロものづくり大学
◇ 「商品開発セミナー〜デザインは見た目だけじゃない!〜」開催のご案内
◇ 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

岡山県では、県内企業のものづくりの高度化を支援する「ミクロものづくり岡山創成事業」に取り組んでおり、その一環として、「ミクロものづくり大学」と銘打ち、講習会等を開催しています。

今回は、商品開発の中でも「デザイン」に焦点を当て、商品開発とプロダクトデザインに関する専門家をお迎えしてセミナーを開催します。

前半は、様々な立場でヒット商品のデザインを手がけた後、現在は東京都立産業技術研究センターにおいて、中小ものづくり企業のブランド確立のための商品企画開発、販売促進、販路開拓までをセミナーや相談を通じて支援しておられる、薬師寺 千尋システムデザインセクター長様に、具体的な成功事例を通じた「売れる商品」開発のノウハウを伝授していただきます。
後半は、岡山県立大学デザイン学部において、プロダクトデザインをご専門に指導する傍ら、県内ものづくり企業との共同研究プロジェクト等に参画される中で、数々のデザイン賞を受賞しておられる村木 克爾准教授様に、県内企業の具体的な事例を挙げながらデザインマネジメントの考え方を解説していただきます。

色や形だけではない、「売れる商品」の本質をデザインするためのノウハウをお聞きいただける、またとない機会です。経営者の方からご担当者まで幅広くご参加いただき、商品開発力を身につけていただきたいと存じます。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。


◇日 時  平成27年2月17日(火)13:30〜17:00

◇場 所  岡山県工業技術センター 1階 技術交流室
      (岡山市北区芳賀5301)

◇対象者  ものづくり企業の経営者並びに商品企画・開発部門の責任者及び
     担当者等

◇スケジュール
 13:30〜13:40  開会挨拶等
 13:40〜15:10 【講演1】
         ○演題  『売れる商品開発技術〜販売促進企画技術』
         ○講師  東京都立産業技術研究センター 事業化支援
              本部 技術開発本部
              システムデザインセクター
               セクター長 薬師寺 千尋 氏
         ○概要  東京都立産業技術研究センターで12年間実
             施している都内中小ものづくり企業向けの「商
             品企画基礎講座」、「販売促進企画講座」の教
             育プログラムの中から、「戦略的なものの考え
             方」の基本とアイデア展開方法について、また、
             事業化、産業化にたどり着いた成功事例を紹介
             します。
 15:10〜15:20  休 憩
 15:20〜16:50 【講演2】
         ○演題  『プロダクトデザインの具体例とデザイン
              マネジメント』
         ○講師  岡山県立大学 デザイン学部 デザイン工学科
               准教授 村木 克爾 氏
         ○概要  今や企業経営におけるデザインは製品の色や
             形を決定するだけでなく、統合的な商品企画や
             ブランド、コーポレート・アイデンティフィケ
             ーション(CI)確立において重要な役割を担っ
             ています。また、近年はイノベーションの誘発
             がデザインの効果として重要視されており、デ
             ザインマネジメントは重要な経営資源として認
             識されています。講演では、デザインマネジメ
             ントの考え方を具体例と共に解説します。
 16:50〜17:00  アンケート記入、閉会

◇定 員  50名

◇参加費  無 料

◇申込方法
・2月10日(火)までに、下記アドレスあて、メールにてお申し込みくだ
さい。先着順にて受け付け、定員に達し次第、締め切らせていただきます。
・件名を「ミクロものづくり大学申込(2/17商品開発)」としていただき、
メール本文に、
ヾ覿般勝↓⊇蟶瀉蓮↓L鮨μ勝↓せ疚勝↓ヂ緝充圈覆泙燭蕨⇒軛甘者)の
電話番号及びE-mailアドレスを明記してください。

◇お申込・お問合せ先
岡山県工業技術センター 研究企画室 担当:平松、藤原
  TEL:086−286−9601
  FAX:086−286−9631
  E−mail:kougi-kikaku@pref.okayama.lg.jp

2015-02-13 (金)  デザインセミナーデザインヂカラ〜「お客様目線」×「デザイン」で売れる商品を生み出す

 岡山県商工会連合会
-------------------------------------------------------------------------

【受講者募集】デザインセミナー

   デザインヂカラ〜「お客様目線」×「デザイン」で売れる商品を生み出す

-------------------------------------------------------------------------

商品開発とデザインについて、産業デザインの現場で実績を積んだ山本氏を講師にお迎えして、商品の切り口、アイデアの展開、デザイン事例の紹介等、考え方や具体例を解説していただきます。

受講を希望される方はお早めにお申し込みください。



◆開催日時:平成27年2月13日(金)14:00〜15:30

※セミナー終了後、個別相談会(15:40〜17:00、残り1名)を開催します。


◆開催場所:ピュアリティまきび(岡山市北区下石井2-6-41)


◆講  師:
 山本祥雄(元シャープ株式会社総合デザイン本部開発室主席デザイナー)

◆定  員:30名(先着順)


◆受 講 料:無料


(お申込・お問合せ先)岡山県商工会連合会 広域サポートセンター

           TEL:086-238-5666(担当:石原、石井)

関連リンク:http://www.shokokai.or.jp/33/330021kei1/index.htm#sin201

2015-02-13 (金)  岡山県中小企業支援制度説明会(岡山会場)

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――☆★☆
       岡山県中小企業支援制度説明会  ご案内
☆★☆―――――――――――――――――――――――――――☆★☆

 中小企業者等が行う新技術・新製品の研究開発等を対象とした補助金制度及び融資制度等の説明会を岡山及び津山の2会場で開催しますので、御案内いたします。
なお、国及び県予算確定前の説明会であり、今後、事業の改廃等の可能性もありますので、あらかじめ御了承ください。
 皆さまのご参加をお待ちしております。


              記

● 日時・場所 _山会場
         平成27年2月13日(金) 13:00〜17:00
          岡山ロイヤルホテル 2階 光楽の間
                    (岡山市北区絵図町2−4)
        津山会場
         平成27年2月19日(木) 13:00〜17:00
 津山国際ホテル   2階 鶴山の間
                    (津山市山下98−2)

● 説明の内容
 (1) 新技術・新製品の研究開発等に関する補助金及び融資等の支援制度
 (2) 関係支援機関の事業等の紹介
 (3) 関係支援機関との個別相談[説明会終了後]
  *関係支援機関(予定)
   中国経済産業局、岡山県工業技術センター、岡山大学産学官融合センター
   岡山県立大学地域共同研究機構、岡山理科大学学外連携推進室、
   津山工業高等専門学校地域共同テクノセンター、岡山県発明協会

● 参加申込み
 以下ホームページ上の「お申込みフォーム」からご登録頂くか、ホームページ
 の参加申込書の様式をダウンロードし、必要事項を記載の上、E−mail又は
 Faxで(公財)岡山県産業振興財団までお申込みください。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/760.html

● 申込締切:岡山会場 平成27年2月10日(火)
       津山会場 平成27年2月18日(水)
      
● 事 務 局 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
          担当:横田・池田・山本
          TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
           E-mail: kaihatsu@optic.or.jp

2015-02-05 (木)  産総研技術交流サロン in 岡山

――――――――――――――――――――――――
『産総研技術交流サロン in 岡山』
――――――――――――――――――――――――
産総研中国センターは、2013年度から、オール産総研の広範かつ最先端の研究シーズを、中国地域の企業へご紹介し、地域の大学・公設研等とも連携し、外部資金獲得や共同研究プロジェクトの提案を目指す「技術交流サロン」を開催し、「中国地域の企業・大学関係者の皆様と産総研との新たなマッチング」の場をご提供しています。この度は、「ものづくりを通じたことづくりのために〜サービス工学におけるビッグデータ活用技術〜」をテーマに、以下のとおり開催します。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。よろしくお願いいたします。
-------------------------------------------------------------------
■日 時  平成27年2月5日(木)15:30〜
■テーマ 『ものづくりを通じたことづくりのために〜サービス工学における
      ビッグデータ活用技術〜』
■場 所  ホテルメルパルク岡山 泰平(1階)(岡山県岡山市北区桑田町1-13)
       周辺地図 http://www.mielparque.jp/okayama/access/
■定 員  80名程度
■参加費  無料(但し、「交流会」は会費制(参加費@3,000円))
■主 催  独立行政法人 産業技術総合研究所 中国センター
【後 援】  中国経済連合会、中国総合通信局、中国経済産業局
      (公財)ちゅうごく産業創造センター、
      (一社)中国地域ニュービジネス協議会
      (独)中小企業基盤整備機構 中国本部
<プログラム>
 14:30〜15:30 ポスターセッション・技術相談会

 15:30〜15:35 開会挨拶 産総研 中国センター 所長 柳下  宏

 15:35〜17:10
 々岷蕁 屮咼奪哀如璽審萢儺蚕僂砲茲蠎存修垢覯礎誘ν・共創・協働する社会に向けて」
  講師  産総研 サービス工学研究センター 副研究センター長 本村 陽一

 講演 「確率的ビッグデータ分析の実際とその活用事例」
  講師  産総研 サービス工学研究センター
     大規模データモデリング研究チーム 研究員 櫻井 瑛一

 17:15〜18:30 交流会・名刺交換会

■ご参加申し込み及びお問い合わせは、以下までお願いします。ご参加希望の方は、2月3日(火)までに、下記のE-mailアドレス宛に氏名役職等を送信、または、産総研中国センターのHPからお申込みください。尚、交流会の出欠についてもご回答ください。
 ※いただいた個人情報は当技術交流サロン及び産総研中国センター事業以外に用いることはありません。

 産総研中国センターHP
     https://unit.aist.go.jp/chugoku/even/2015/20150205.html

担当:(独)産業技術総合研究所 中国センター
担当:井上、山崎、小森
〒739-0046 広島県東広島市鏡山3-11-32
電 話:082-420-8245  FAX:082-420-8281
E-mailアドレス:c-renkei-salon-ml@aist.go.jp

2015-01-26 (月)  「おかやま次世代自動車セミナー」第2回のご案内

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――☆★☆

    「おかやま次世代自動車セミナー」  第2回  ご案内

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――☆★☆

 エネルギー制約の高まり、地球温暖化対策の観点から、エネルギー効率やCO2排出量の削減に優れた性能を持つ次世代自動車(EV・PHV・FCV等)が世界中で注目を浴びています。次世代自動車の普及は、自動車の構造や技術を変えるだけでなく、裾野の広い自動車産業の構造に加え、社会インフラをも根底から変えてしまう可能性があります。
 こうした環境の変化に、今後どのように対応していくかを探るため、3回シリーズでセミナーを開催しています。第2回目は、EVによる新たな価値の創造や超小型モビリティの魅力と社会実験について講演いただくこととしておりますので、是非ともご参加ください。


              記


●日  時  平成27年1月26日(月) 13:30〜16:00

●会  場  岡山プラザホテル 5階 延養の間 (岡山市中区浜2−3−12) 
       *地図はこちらを御覧下さい
        * → http://www.oplaza-h.co.jp/access/koutuu.html

●主  催  岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団

●後  援  中国銀行、トマト銀行、おかやま信用金庫、水島信用金庫、
       津山信用金庫、玉島信用金庫、備北信用金庫、吉備信用金庫、
       日生信用金庫、備前信用金庫
       鳥取・岡山EV・PHV普及連携プロジェクト実行委員会

●定員 等  100名 ※定員に達した場合はお断りすることがあります。
             お断りする場合のみご連絡します。

●参加費   無料

●プログラム
13:30 開会
13:35〜14:35 ≪講演帰筺HONDAの電動化技術及びマイクロコミューターと
            次の一手に向けた展開」
            株式会社 本田技術研究所 上席研究員
             スマートモビリティ開発室 室長 山藤 靖之 氏 

14:45〜15:45 ≪講演侠筺峽本県における超小型モビリティの社会実験」
            熊本県商工観光労働部新産業振興局産業支援課

16:00 閉会

●申込方法等詳しくは
 → http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/740.html
       をご覧ください。 ※平成27年1月21日(水)申込締切

      
●事 務 局 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
          担当:池田・山本
          TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
           E-mail: kaihatsu@optic.or.jp

2015-01-22 (木)  ハートフルビジネスおかやま 賀詞交歓会のご案内

□□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ハートフルビジネスおかやま 賀詞交歓会のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□■

 ハートフルビジネスおかやまでは、賀詞交歓会として情報提供会、基調講演及び交流会を開催します。
 情報提供会では、福祉業界への想いや商品開発の経緯、開発製品などについて企業の方に発表いただくことで会員相互の情報交換や交流を深め、産・学・官・民の継続的な連携の促進を図り、基調講演では、名古屋工業大学 佐野明人教授より「動力が不要な歩行補助器の開発ストーリー」(仮)を、また、交流会では、皆様と新年のスタートを御祝いするとともに、交流の輪をさらに深めていただきたいと思います。

 皆さまのご参加をお待ちしております。


◆日  時 平成27年1月22日(木)14:00〜18:30

◆会  場 岡山ロイヤルホテル 2階 光楽の間(岡山市北区絵図町2-4)

◆内  容
情報提供 14:00〜15:00

         ハートフルビジネスおかやま会員による発表

基調講演 15:10〜16:50

         名古屋工業大学 佐野 明人 教授

         「動力が不要な歩行補助器の開発ストーリー」(仮)

交流会  17:00〜18:30

         *ソフトドリンクも準備いたしております

◆参 加 料  無料(交流会 非会員4,000円)

◆締  切  平成27年1月16日(金)

◆申込方法  下記のURLよりお申し込みください。

       ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
     
  http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/738.html

◆問合せ先 (公財)岡山県産業振興財団技術支援部  担当:岩井
      〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山内
      TEL 086-286-9665 FAX 086-286-9676
      E-mail:sangaku@optic.or.jp

2015-01-19 (月)  おいしい出会い岡山。6次産業化交流会Vol.3を開催!!

岡山県商工会連合会

-------------------------------------------------------------------------

【受講者募集】おいしい出会い岡山。6次産業化交流会Vol.3を開催!!

-------------------------------------------------------------------------

6次産業化による最新の施策情報、認定事業者の取組み事例、食品加工機械メーカーや支援機関情報をワンストップで集めることができます。

農林漁業者をはじめ、6次産業化に興味のある方は、ふるってご参加ください。


◆開催日時:平成27年1月19日(金)11:30〜17:30


◆開催場所:岡山プラザホテル(岡山市中区浜2-3-12)


◆定  員:100名


◆料  金:無料



(お申込・お問合せ先)

岡山県6次産業化サポートセンター(岡山県商工会連合会)

  TEL:086-238-5666(担当:近藤、中山、福島、宇野)


関連リンク:http://www.okayama-keiei.jp/6ji/2014/11/vol.html

2015-01-09 (金)  産学金官連携推進セミナー 〜産学連携による地域イノベーションの創出〜

*********************************
 「産学金官連携推進セミナー」のご案内 
  主催:岡山・産学官連携推進会議
     おかやまコーディネータ連絡会
*********************************

岡山・産学官連携推進会議・おかやまコーディネータ連絡会が主催する「産学金官連携推進セミナー」を開催いたします。

今回は、群馬大学産学連携・共同研究イノベーションセンター 教授の伊藤正実氏(産学連携学会 会長)に、これまで携わられた産学連携活動の実例を交えながら、産学官連携において求められるコーディネータの職能と産学金官連携モデルを中心に、産学官連携を成功に導くための勘所についてお話しいただきます。
奮ってご参加下さい。

また、セミナー終了後、交流会(懇親会)の開催も予定しておりますので、こちらにもご参加下さい。


               記

◆ 日 時  平成27年1月9日(金) 15:00〜18:30
◆ 会 場  岡山ロイヤルホテル 2F 光琳の間
      (岡山市北区絵図町2-4 TEL:086-255-1111)
◆ プログラム
1.開  会                   15:00〜15:05
2.講  演  産学金官連携推進セミナー     15:05〜17:00
 演 題:産学連携による地域イノベーションの創出
     〜産学官連携におけるコーディネータの職能と産学金官連携モデル〜
 講 師:特定非営利活動法人 産学連携学会 会長
     群馬大学 産学連携・共同研究イノベーションセンター
      教授 伊藤 正実 氏
3.情報交換会(交流会)             17:00〜18:30
 参加費:3,000円(参加希望者のみ)

◆ 受講料  無 料    ◆ 定 員  50名
◆ 申込方法 以下HPの申込書によりFAXでお申し込みいただくか、必要事項をご記入のうえメールでお申し込みください。

http://okayama-sangakukan.jp/uploads/photos/716.pdf

◆ 申込先  岡山県産業労働部産業振興課(岡山・産学官連携推進会議事務局) 担当:草替(くさかえ)
 〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山内
 TEL 086-286-9696
 FAX 086-286-9676
 E-mail:sangaku@optic.or.jp

◆ 申込締切 平成27年1月6日(火)

*********************************

2014-12-22 (月)  岡山大学 第10回 アクチュエータシンポジウム

──────────────────────────────────

   岡山大学 第10回 アクチュエータシンポジウム開催のご案内

──────────────────────────────────

 ロボットや自動車など、動く物を動かすのが「アクチュエータ」。
 その最新の研究成果をご披露します。

 岡山大学アクチュエータ研究センターでは、第10回アクチュエータシンポ
 ジウムを、下記の通り開催いたします、

 当日は講師の方のご講演に加え、今年度まで岡山大学特別研究プロジェク
 トとして実施して参りました「ソフトフルードアクチュエータの研究推進
 プロジェクト」につきましても報告を行います。会場では関連する機器の
 実演・展示も行う予定です。

 アクチュエータ・センサに限らず、広く医療・福祉機器やロボット等の分
 野に興味をお持ちの方々のご出席を歓迎いたします。

  
                記

 1.開催日時:平成26年12月22日(月)13:00〜17:00

 2.会  場:岡山大学 津島キャンパス 一般教育棟E11
        アクセスマップ↓
        http://www.okayama-u.ac.jp/tp/access/access.html

 3.プログラム:
  [1]開  会(13:30-13:35)
    開会挨拶  岡山大学 理事・副学長(研究担当)山本 進一
 
  [2]講 演(13:35-15:30)
    1) 「空気圧駆動を用いた外科手術支援ロボットシステムの開発」
        東京医科歯科大学 教授       川嶋 健嗣 氏
    2) 「MEMS とバイオミメティクス
       −蚊を模倣したマイクロニードルと蛸を模倣したロボット
       グリッパー」
        関西大学 教授           青柳 誠司 氏
    3) 「ジャコメッティロボティクスとソフトロボティクスの提案」         
        東京工業大学 教授/岡山大学 客員教授
                          鈴森 康一 氏
    4) 「アクチュエータ研究センターの活動について」            
  岡山大学 准教授          神田 岳文

                             
  [3]休憩,ブース展示(15:30-16:00)

  [4]岡山大学ソフトフルードアクチュエータプロジェクト報告発表
                         (16:00-17:00)
  [5]閉  会(17:00)


 4.懇親会: 17:30- (※別途事前のお申し込みが必要です。)
    会 場: 岡山大学 ピーチユニオン4F
    会 費: 3,500円

 5.シンポジウム参加申込み・問い合わせ:
    担当・西條 jocchi@act.sys.okayama-u.ac.jp

 ※ シンポジウム参加については当日申込みも可能ですが、準備の都合上、
   参加ご希望の方は事前申込みにご協力をお願いいたします。

 ◆詳細は,こちらからご覧いただけます。
  http://www.actuator-center.sys.okayama-u.ac.jp/act.pdf

2014-12-19 (金)  未来の農業を創ろう! 〜農業ロボット・植物工場の最前線〜

中四国アグリテック
*********************************************************
         未来の農業を創ろう!
   〜農業ロボット・植物工場の最前線〜開催のご案内
*********************************************************
  
 今回のセミナーでは農業ロボットをはじめ、知的植物工場、自動化
のための最新技術を紹介するとともに、今後の日本農業の方向性に
関する議論を展開し、より先進的な技術の研究・開発を目指します。
多数のご参加をお待ちしております。

◇日 時:平成26年12月19日(金)13:00〜17:30
          (受付 12:00〜)
◇場 所:サンポートホール高松 54会議室
        (高松市サンポート2番1号)
◇参加費:無料

◇内 容:
 開会あいさつ
 講演1)「農業ロボットの現状と課題」
      岡山大学大学院環境生命科学研究科
                     教授 門田 充司氏
      (中四国アグリテック 環境部会長) 

 講演2)「トマトの低段密植栽培に対応したロボット開発」
      (独)農研機構 近畿中国四国農業研究センター
          傾斜地園芸研究領域 主任研究員 黒崎 秀仁氏

 講演3)「水稲有機栽培に関する除草技術の開発と推進」
      みのる産業蠍Φ翹槁堯”本部長 陶山 純氏

 講演4)「ロボット技術を活用した知的植物工場システムの構築」
      愛媛大学 植物工場研究センター 
       副センター長 教授 有馬 誠一氏

 講演5)「畦畔用小型除草ロボットの開発」
      (独)農研機構 近畿中国四国農業研究センター
          傾斜地園芸研究領域 主任研究員 中元 陽一氏

 総合討論
 閉会あいさつ
 個別相談(技術相談、マッチング、研究資金等)

◇申込方法:下記の参加申込フォームにて事務局(agri@key.ocn.ne.jp)まで
     E-mailにてお申込みください。
            ↓  ↓  ↓

≡≡≡≡アグリテックセミナー申込フォーム(12/19開催)≡≡≡≡≡≡

〇臆端垰疚 :
⊇蠡位勝震鮨 :
TEL/FAX:
じ鎚盟蠱漫    要 ・ 不要  ※いずれかご記入ください。
                                  
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

講演会チラシ⇒http://www2.ocn.ne.jp/~agritech/annai/h261219.pdf

◇お問合せ先
 特定非営利活動法人中国四国農林水産・食品先進技術研究会
 (略称:中四国アグリテック)事務局
E-mail:agri@key.ocn.ne.jp HP:http://www2.ocn.ne.jp/~agritech/
 〒700-8530 岡山市津島中1-1-1 岡山大学農学部傾羇3102号室
 Tel 086-237-3340    Fax 086-201-0551

2014-12-18 (木)  難削材加工技術セミナー 「やさしく解説 切削加工による加工変質層・残留応力」

□□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

難削材加工技術セミナー 
「やさしく解説 切削加工による加工変質層・残留応力」
(おかやま航空機材料等技術研究会)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□■
切削加工など機械加工した素材の表面層には、母材とは異なる組織の
「加工変質層」や「残留応力」が生じることが知られています。これら
の、加工変質層・残留応力は、加工した部材の形状(薄肉部材で生じる
“そり”など)、寸法精度、経年変化、あるいは摩粍,疲労,腐食などに
影響し、製品寿命に深く関わることが指摘されています。
このため、加工変質層・残留応力の生成機構の理解は、高品位の切削加
工をおこなう上で重要であります。今回、東京農工大学の笹原先生をお
招きし、加工変質層・残留応力の生成機構、評価法、対処法を基礎から
分かりやすく解説いただきます。
切削加工による加工変質層・残留応力について、最新の知識を獲得でき
る貴重な機会と思いますので,多くの方のご参加をお待ちしております.

◆ 日 時  平成26年12月18日(木) 13:30〜15:30
◆ 会 場  岡山ロイヤルホテル 2F 光琳の間
(岡山市北区絵図町2-4、TEL 086-255-1111)
◆ 内 容
 切削加工による加工変質層・残留応力について以下の項目で解説いた
だきます。
・加工変質層、残留応力とは
・機械加工による加工変質層、残留応力発生メカニズム
・機械加工条件と加工変質層、残留応力
・加工変質層、残留応力の影響
・加工変質層の評価、残留応力の測定
・加工変質層、残留応力を低減・制御するには
・関連分野の最近の話題
・質疑

講 師
東京農工大学大学院 機械システム工学専攻 笹原弘之 教授

◆主 催 岡山県、(公財)岡山県産業振興財団
◆受講料   無 料  
◆定 員  30名
◆申込方法:必要事項を記入のうえFAXもしくはメール、または下記
      URLからお申込み下さい。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/727.html
       (申込み記載事項)
        企業名
        所属・氏名
        所在地
        連絡先(TEL、FAX、E-mail)
◆申込先  (公財)岡山県産業振興財団技術支援部 
  担当:西田、藤木、杉本
  〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山内
  TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676
 E-mail:sangaku@optic.or.jp
◆申込締切  平成26年12月11日(木)

2014-12-17 (水)  第14回 理大生体医工交流会

岡山理科大学 工学部 生体医工学科
http://www.bme.ous.ac.jp)
--------------------------------------------
第14回 理大生体医工交流会のご案内

拝啓 時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
地域を中心とする企業・団体・医療機関の皆様と私たち生体医工学科教員との交流を促進するために立ち上げました理大生体医工交流会も今回で第14回を開催する運びとなりました。
今回は当大学教員の研究紹介1題と企業からのご発表各2題の計3題を予定しております。
皆様の多数のご参加をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
敬具

----------------------------------------------------------------
日 時: 2014年12月17日(水)15:30−19:45

場 所: 講演の部:岡山理科大学50周年記念館3階
交流の部:岡山理科大学11号館8階ラウンジ

参加費: 講演会の部は無料、交流会の部は2,000円


             プログラム

〔講演の部〕   (50周年記念館2階)

1.開会                     15:30〜15:32

2.岡山理科大学生体医工学科教員の研究紹介    15:35〜16:05
  「体外循環機能の評価と筋電図計測の応用」
   生体材料学研究室 教授     小畑秀彦 先生


3.企業からの紹介(1)              16:05〜16:40
  「3Dスキャナー(VOXELAN)の医療機器への応用」
  (株)イーアールディー 東京事業部 山本 浩隆 先生


4.企業からの紹介(2)               16:40〜17:15
  「生体適合性シングルナノ粒子の合成:マイクロ化学プロセッシングを用いたアプ
ローチ」
  株式会社ナノ・キューブ・ジャパン 代表取締役 中崎 義晃 先生


5.「メディカルテクノバレー人材育成おかやま」について 17:15〜17:45
                    内貴 猛 学科長      


〔交流の部〕 (11号館8階ラウンジ)

6.交流会(立食&アルコール)18:00〜19:45


 【路線バス:岡山理科大学発→岡山駅西口行     19:30,20:00(最終)
  理科大東門発→岡山駅東口行(天満屋経由) 20:14

http://www.bme.ous.ac.jp/study/kouryu/

●出席はメールまたはFAXでご連絡ください。
●期限 2014年12月12日(金)

2014-12-16 (火)  第46回 岡大サイエンスカフェ「 健康を科学する 〜検査機器の仕組み〜」

───────────────────────────────
    第46回 岡大サイエンスカフェ開催のご案内
───────────────────────────────

今回の岡大サイエンスカフェの講師は、岡山大学大学院保健学研究科の
岡 久雄教授です。
平均寿命よりも、自立して健康に生活できる「健康寿命」をのばすのが
大切です。「健康に長生きする」ために、日夜手助けしてくれるいろい
ろな最新の検査機器の仕組みを紹介します。
是非、ご参加くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

● 開催日時
平成26年12月16日(火) 18:00〜19:30

● 開催場所
岡山大学創立五十周年記念館  2階

● テーマ
健康を科学する 〜検査機器の仕組み〜

● 講師
岡山大学大学院保健学研究科
岡 久雄 教授 
 
● 概要は下記URL参照下さい。
http://www.okayama-u.net/renkei/document/pdf/sciencecafe/sciencecafe46.pdf

● 申込方法
申込先 岡山大学研究推進産学官連携機構 (野木、松田)
下記のいずれかの方法でお申込ください。
  TEL : 086−251−7112
  FAX : 086−251−8467
  E-mail : s-renkei@adm.okayama-u.ac.jp
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/04_04.html
  (氏名、年齢、連絡先、車で来られる方は、明記ください)
  ※できるだけ公共交通機関をご利用ください 

締切り :平成26年12月11日(木) 午後5時
参加費 :無料

2014-12-16 (火)  「おかやま電池関連技術研究会」第5回技術セミナー・半導体ネットおかやま2014年第3回例会

************************************************************

「おかやま電池関連技術研究会」第5回技術セミナー

半導体ネットおかやま2014年第3回例会 の御案内

************************************************************

太陽光発電を中心とする再生可能エネルギーの普及、通信インフラの大容量化、自動車の電子化等が急速に進展しており、これらを支える電気・電子回路、更には回路・デバイスをマネージメントするシステム制御等の重要性もますます高まっています。
本研究会では、これらの分野で活躍されている企業の方や先生に、技術動向、取り組み等についてご講演頂きます。


●日時  平成26年12月16日(火)

13:30〜17:10 *意見交換会 18:00〜20:00

●会場  岡山ロイヤルホテル2F光楽の間(岡山市北区絵図町2-4)

     *地図はこちらを御覧下さい→http://www.orh.co.jp/access/


●主催  岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団


●共催  半導体ネットおかやま


●定員等   60名 

       ※定員に達した場合はお断りすることがあります。お断りする場合のみ連絡します。


●参加費 講演会 無料   意見交換会4,00円(予定)(事前申込要)


●内容  


≪講演帰筺崚纏卅置は冷却が決め手」

株式会社日立国際電気 映像・通信事業部 コンサルタント 大黒崇弘氏


≪講演侠筺屮リーンなエネルギー社会を目指して

                  ―太陽光発電システム―」

岡山大学・大学院自然学研究科 助教 高橋明子氏


≪講演窟筺嵜祁織僖錙屡焼蛎離妊丱ぅ垢与えるインパクト」

岡山大学・大学院自然学研究科 教授 平木英治氏


≪企業講演帰筺峇覿半匆陝ゞ和ファインテック株式会社」

協和ファインテック株式会社 開発部 部長 小林正樹氏


●意見交換会(とりでい 岡山西口店)

http://www.indeira.net/toriday/0804/shop.html


●参加申込  下記URLもしくは参加申込書(裏面)に必要事項を記載のうえ、FAXまたはメールにてお申し込みください 

      ※平成26年12月12日(金)申込締切

http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/733.html
     

●事務局 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課    
 担当:小林、山本

     TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
     E-mail:kaihatsu@optic.or.jp

2014-12-09 (火)  平成26年度 第2回MOT見学会

──────────────────────────────────

 平成26年度 第2回MOT見学会 開催のご案内  【 参加費無料 】
             
                 ◆ 申込締切:12/2(火)必着◆
──────────────────────────────────

 MOT( Management of Technology:技術的事業の経営 )とは、技術を
基盤とする事業を持続的に発展させるための経営に関する学問分野です。

 この見学会では、岡山県内・近隣地域の製品開発型企業および関連施設等
を訪問して、製品開発戦略や知的財産戦略、経営の姿勢等について、その企
業や組織の経営層からお話をいただいています。

 今回は、岡山市北区芳賀にあります岡山県工業技術センター様ならびに岡
山県産業振興財団様の施設をご見学いただけます。
 皆様のご参加をお待ちしています。

  プログラムはこちらのページに掲載:MOT見学会
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_02_02.html
   
-------------  平成26年度 第2回MOT見学会  ---------------

 1.日 時:平成26年12月9日(火)13:30〜16:30

 2.会 場:岡山県工業技術センター/岡山県産業振興財団
      (テクノサポート岡山円卓会議室)
    
  [1]岡山県工業技術センター
   (〒701-1296 岡山県岡山市北区芳賀5301、TEL 086-286-9600)
  [2]岡山県産業振興財団
   (〒701-1221 岡山県岡山市北区芳賀5301、TEL 086-286-9664)

 3.事業内容:
  [1]岡山県工業技術センター
    ・県内企業の創造的活動支援
    ・地域における研究開発、技術交流の支援
  [2]岡山県産業振興財団
    ・中小企業の体質改善及び経営基盤の強化等に関する事業
    ・中小企業の経営資源の充実を図るため必要な事業
    ・産業技術の振興に関する事業
     ・新事業の創出に関する事業

 4.募集定員:25名(先着順)
  ※ご見学の可否につきましては、見学先様の判断となりますので
   ご了承ください。

 5.日程:
  13:30〜14:00 岡山県工業技術センター 業務の概要説明
  14:00〜14:30 施設見学
  14:30〜15:00 質疑応答、名刺交換
  15:15〜15:45 岡山県産業振興財団 技術支援部の業務内容説明 等
  15:45〜16:15 質疑応答、名刺交換
  16:15〜16:30 見学謝辞、記念写真撮影

 6.申込方法:以下のお申し込みフォームにご記入頂き、E-mailまたは
        FAXで融合センター宛に送付ください。

                ◆ 申込締切 :12/2(火)必着◆

  プログラムはこちらのページに掲載:MOT見学会 
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_02_02.html

-------------------------------------------------------------------
  《 平成26年度 第2回MOT見学会 お申し込みフォーム 》

 □氏名(ふりがな) :
 □勤務先      :
 □所属       :
 □(職名)     :
 □勤務先住所    :〒
 □TEL        :
 □FAX        :
 □E-mail      :
 □緊急連絡先    :

 □産学官融合センターからのメールマガジンを
           :希望する  希望しない  すでに受信済み
 □交通手段     :自動車   公共交通機関    その他
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014-12-06 (土)   統括シンポジウム 「産業界のニーズに対応した自律的な技術者養成プログラムの実施」開催

******************************

統括シンポジウム開催のご案内!!

******************************

この度、12/6(土)に岡山県立大学、山口東京理科大学、岡山理科大学の3大学が連携し統括シンポジウムを開催いたしますのでお知らせします。ご多忙のところ誠に恐縮ではございますが、是非、多くの方にご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

名 称: 「産業界のニーズに対応した自律的な技術者養成プログラムの実施」
統括シンポジウム 「自律的な技術者 巣立ちのとき」
開催日:12月6日(土)13:30〜16:30
会 場:「山陽新聞本社ビル9階大会議室」
(岡山市北区柳町2−1−1)

プログラム:
13:30 開会挨拶・・・岡山理科大学長

第一部 基調講演
13:40 基調講演・・・村上 肇 様
(新潟工科大学工学部教授、 就業力育成事業部会長)
14:40 休憩
ポスター展示見学

第二部 各大学活動状況報告
15:00 大学グループ活動状況報告
15:15 学生による取組発表
岡山県立大学・・・学生代表
山口東京理科大学・・・学生代表
岡山理科大学・・・学生代表
16:15 講評
16:30 閉会


◆◆ 詳細については、下記リンク先をご覧ください。◆◆
http://www.ous-shugyoryoku.jp/save_lnk/lnk_DYY0Lr.pdf


是非、皆様の多数のご参加をお待ちしております。


<問合せ先>
岡山理科大学 就業力育成支援室
前田 恵美
700-0005 岡山市北区理大町1-1 20号館4階
TEL086-256-8627 内線3264
E-mail:e-maeda@office.ous.ac.jp
URL http://ous-shugyoryoku.jp/

2014-12-05 (金)  おかやまバイオアクティブ研究会第6回研究室訪問

おかやまバイオアクティブ研究会 事務局
☆☆☆★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   おかやまバイオアクティブ研究会

       第6回研究室訪問

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆★★

このたび、当会のコアメンバーである岡山大学大学院医歯薬学総合

研究科の松浦栄次教授のご協力により下記のとおり、第6回研究室

訪問を開催いたします。

ご興味のある方は、是非ご参加ください。

◆日   時  平成26年12月5日(金) 15:00〜17:00

◆場   所  おかやまメディカルイノベーションセンター(OMIC)

(岡山市北区鹿田2-5-1岡山大学鹿田キャンバス内)

◆集合場所  岡山大学鹿田キャンパス内 

総合教育研究棟1階データ解析検討室

(大学内駐車場は大変混雑いたしますのでご了承ください)

http://www.okayama-u.ac.jp/tp/access/soumu-access_shikata.html

◆内  容
・OMIC事業の概要説明およびセンター紹介

・おかやまメディカルイノベーションセンター(OMIC)の見学

・質疑応答・ディスカッション

※OMICは、サイクロトン、ホットセル・PET用核種合成(標準)装置、小・中動物

用PET(/CT)装置、飛行時間型質量分析装置、発光・蛍光in Vivoイメ

ージングシステム(IVIS)、小動物用SPECT/CT装置等を備えた最新の分

子イメージング総合施設で、産学官連携による医療産業の創生を目指し

て、平成23年4月にオープンしました。

◆参加費   無 料 

◆主   催  おかやまバイオアクティブ研究会

◆申込締切  平成26年12月1日(月)

◆申込方法  事務局あてにE-mail・FAXにより、

所属、役職、氏名、連絡先をご記入の上、お申込みください。

◆申込先  (公財)岡山県産業振興財団技術支援部  担当:岩井・山本

        〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山内

TEL 086-286-9665 FAX 086-286-9676
E-mail:sangaku@optic.or.jp

2014-12-05 (金)  「おかやま電池関連技術研究会」第4回技術セミナー

岡山県と当財団では、「おかやま電池関連技術研究会」第4回技術セミナーを開催します。
 クリーンなエネルギーとして期待の高い燃料電池は、家庭用燃料電池システム(エネファーム)の普及が始まり、更に2014 年度内には燃料電池自動車(FCV)が市場投入される予定です。
 本セミナーは、燃料電池分野の専門家、家庭用燃料電池に取り組まれている企業の方を講師としてお招きし、燃料電池の特徴〜市場・技術の動向、課題、今後の取り組み等について、幅広くご講演頂きます。奮ってご参加ください。

******************************************************************************************************************************************************************************************************************
【日 時】平成26年12月5日(金)13:00〜16:50 
     *意見交換会17:00〜18:30

【会 場】岡山県工業技術センター 1F 技術交流室

【主 催】岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団

【定員等】60名
 ※定員に達した場合はお断りすることがあります。お断りする場合のみ連絡します。

【参加費】講演会 無料
     意見交換会 3,500円(事前申込要)

【プログラム】
13:00〜13:05 開会の挨拶 
13:05〜15:05
 ≪講演帰筺崘確租澱咾版確租澱咾鮖藩僂垢襯轡好謄爐瞭宛」
       −家庭用燃料電池、燃料電池自動車―
         大阪府産業支援型NPO協議会 環境専門部会(新エネルギー)
         部会長 高田 寛治 氏
15:05〜15:20 休憩(名刺交換)
15:20〜16:25
 ≪講演侠筺屮僖淵愁縫奪におけるエネファームの最新動向と普及拡大戦略」(仮)
         パナソニック株式会社 アプライアンス社 
         スマートエネルギーシステム事業部 原価構築グループ
         グループマネージャー  足立 明久 氏
16:25〜16:45
 ≪企業講演帰筺峅板輙儺訶鬟轡好謄爐僕僂い襯廛薀好船奪製貯湯タンク開発の取り組み」(仮)
         みのる化成株式会社 技術開発部 第1グループ 
         チーム責任者 田中 宏治 氏
16:45〜16:50 閉会の挨拶 
17:00〜18:30 意見交換会(テクノサポート岡山1F レストラン花水木 バンケット)

【申込締切】平成26年12月3日(水)申込締切
     
◇◇◇詳細、お申し込みは下記SSNイベントページよりご覧下さい。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/730.html

【事務局】公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
      担当:小林、山本
     TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
     E-mail: kaihatsu@optic.or.jp

2014-12-03 (水)  「おかやま次世代自動車セミナー」第1回 

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――☆★☆


    「おかやま次世代自動車セミナー」   第1回   ご案内

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――☆★☆

 エネルギー制約の高まり、地球温暖化対策の観点から、エネルギー効率やCO2
排出量の削減に優れた性能を持つ次世代自動車(EV・PHV・FCV等)が
世界中で注目を浴びています。次世代自動車の普及は、自動車の構造や技術を
変えるだけでなく、裾野の広い自動車産業の構造に加え、社会インフラをも根底
から変えてしまう可能性があります。こうした環境の変化に、今後どのように
対応していくかを探るため、3回シリーズ(12月、1月、2月)でセミナー
開催を計画しています。
 第1回目は、次世代自動車の最新動向や将来予測を踏まえた長期展望について
講演いただくこととしており、是非ともご参加ください。


              記


●日  時  平成26年12月3日(水)13:30〜16:00
●会  場  テクノサポート岡山 大会議室 (岡山市北区芳賀5301)
       *地図はこちらを御覧下さい
        →http://www.optic.or.jp/contents/display/access.html
●主  催  岡山県・公益財団法人 岡山県産業振興財団
●後  援  (株)中国銀行 (株)トマト銀行
       鳥取・岡山EV・PHV普及連携プロジェクト実行委員会
●定員 等  100名 ※定員に達した場合はお断りすることがあります。
             お断りする場合のみご連絡します。
●参加費   講演会 無料

●プログラム
13:30〜13:35 開会の挨拶 
            岡山県産業振興財団 理事長 三宅 昇

13:35〜14:05 ≪講演帰筺崋動車産業戦略2014と
               ちゅうごく地域自動車部素材グローバル戦略」
           中国経済産業局 地域経済部 参事官 稲原 宏昭 氏 

14:05〜15:45 ≪講演侠筺崟こΔ裡硲釘屐■釘峇慙∋埔譴療按貶析
〜2030年までの世界市場を展望する〜」
(株)富士経済 顧問 佐藤 順一 氏
(株)富士経済 名古屋マーケティング本部
チームリーダー 青山 雅登 氏

16:00 閉会

●申込方法等詳しくは 
      → 
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/718.html 
       をご覧ください。  ※平成26年12月1日(月)申込締切

●事 務 局 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
          担当:池田・山本
          TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
           E-mail: kaihatsu@optic.or.jp

2014-11-28 (金)  IT技術活用のフロンティア 〜搾乳ロボットで省力的牛群管理〜開催のご案内

中四国アグリテック
*********************************************************
       IT技術活用のフロンティア
   〜搾乳ロボットで省力的牛群管理〜開催のご案内
*********************************************************
  
 搾乳ロボットによるIT技術を活用した省力的牛群管理について
現場の状況を議論しつつ、研究現場見学し、最新の研究課題を紹
介して産学連携による技術開発を検討します。多数のご参加を
お待ちしております。

◇日 時:平成26年11月28日(金)13:30〜17:00
         (受付 13:00〜)
◇場 所:岡山県農林水産総合センター 畜産研究所
       (岡山県久米郡美咲町北2272)
◇参加費:無料

◇内 容:
 開会あいさつ
 講演1:「搾乳ロボットによる牛群管理の実態と農家の導入事例」
      岡山県農林水産総合センター畜産研究所 飼養技術研究室
            特別研究員 長尾 伸一郎氏 他

 講演2:「3D牛体情報の搾乳ロボットでの活用」
      広島大学大学院国際協力研究科 准教授 川村 健介氏

 研究現場見学:岡山県畜産研究所に導入された搾乳ロボットについて

 総合討論:司会(農林水産省産学連携支援事業コーディネーター)
       広島大学大学院生物圏科学研究科 准教授 黒川 勇三氏
       岡山大学大学院環境生命科学研究科 教授 舟橋 弘晃氏
 閉会
 個別相談コーナー

◇申込方法:下記の参加申込フォームにて事務局(agri@key.ocn.ne.jp)まで
     E-mailにてお申込みください。
            ↓  ↓  ↓

≡≡≡≡アグリテックセミナー申込フォーム(11/28開催)≡≡≡≡≡≡

〇臆端垰疚 :
⊇蠡位勝震鮨 :
TEL/FAX:
じ鎚盟蠱漫    要 ・ 不要  ※いずれかご記入ください。
                                  
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

講演会チラシ⇒http://www2.ocn.ne.jp/~agritech/annai/h261128.pdf

◇お問合せ先
 特定非営利活動法人中国四国農林水産・食品先進技術研究会
 (略称:中四国アグリテック)事務局
E-mail:agri@key.ocn.ne.jp HP:http://www2.ocn.ne.jp/~agritech/
 〒700-8530 岡山市津島中1-1-1 岡山大学農学部傾羇3102号室
 Tel 086-237-3340    Fax 086-201-0551

2014-11-28 (金)   中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2014

□□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2014
   開催のご案内
〜環境産業の新しいビジネスパートナーとの出会いを
    探してみませんか… 中国四国地域の先進事例をご紹介します!!〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□■

岡山県と公益財団法人岡山県産業振興財団では、リサイクルビジネスの広域
ネットワーク形成などにより環境産業の振興を図るため、中四国地域を中心に
3R(リデュース・リユース・リサイクル)等の新技術・関連製品などを紹介
する「中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2014」を開催
します。
当日は中国四国地域を中心とする24企業・団体が一堂に会し、未利用資源の
利活用や環境関連の先進的な技術、製品等のポスターセッション、プレゼン
テーションを行います。
基調講演では、環境経営・環境戦略コンサルティングの分野において幅広い
実績を有するみずほ情報総研に、産業界を取り巻く地球温暖化対策の動向に
ついて、最新情報をご提供いただきます。

当日は、10月に滋賀県で開催された「びわ湖環境ビジネスメッセ2014」で
来場者の話題を集めた、ナカシマプロペラ(株)と(株)川本の開発による
低落差マイクロ水力発電システム「LAXA(ラクサー)1000」もご披露します。

多数のご参加をお待ちしております。

■日 時: 平成26年11月28日(金) 13:00〜17:00

■会 場: メルパルクOKAYAMA 1階 泰平 (岡山駅東口徒歩7分)
        アクセス→ http://www.mielparque.jp/okayama/access/

■主 催: 岡山県、 公益財団法人岡山県産業振興財団

■参加費: 無 料

■内 容
(1)基調講演
  「産業界を中心とした地球温暖化対策の動向について」
    講師 みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第2部長 加地 靖 氏

(2)中国地域等の未利用資源利活用に関する先進技術のご紹介
    【事例発表】
     (有)アクアテクノス、NPO法人グリーンネットワーク、
     (株)新興製作所 岡山事業所、モリマシナリー(株)、
     (一社)中国地域ニュービジネス協議会

(3)中国四国地域を中心とした企業・研究機関によるポスターセッション
    24企業・団体出展

 ☆プログラム・出展内容等、詳細情報はこちら↓↓↓
   http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/42.html

■参加申込
 下記URLよりオンライン申込可能です
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/724.html

■申込期限  11月26日(水)

■お申し込み・お問い合わせ先
公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:竹内
TEL 086-286-9652
FAX 086-286-9676
URL http://bnet-okayama.jp/

2014-11-21 (金)  OUSフォーラム2014

"OUSフォーラム2014-基礎から応用・未来技術への出会いと対話-"のご案内

岡山理科大学は大学の持つ技術シーズを地域に紹介し産学連携を推進するため、今年で14回目のOUSフォーラムを開催いたします。今年は、特別記念講演として、元 シチズン時計(株) 代表取締役社長 海野幹夫氏に、「国内生産を支えるモノづくり、価値づくり」と題して、日本のものづくり強化の課題についてお話を伺います。
 多数の方々にご参加を賜りますようご案内申し上げます。


1.日時  平成26年11月21日(金) 13:00〜18:00 
2.場所  岡山プラザホテル(岡山市中区浜2-3-12)
3.内容  特別記念講演、産学官連携事例紹介
 ポスター発表、中小企業向け技術相談会
4.参加費 無料
5.共催  倉敷芸術科学大学、千葉科学大学、吉備国際大学、
九州保健福祉大学

お申し込みは下記URLよりお願いいたします。
http://www.ous.ac.jp/renkei/forum

2014-11-20 (木)  情報化月間記念「2014岡山情報化セミナー」開催のご案内

 情報化月間記念「2014岡山情報化セミナー」開催のご案内
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今年度は情報化月間記念事業として第1部「岡山情報化セミナー」・
第2部「おかやまIT経営力大賞」記念フォーラムを同時開催致します。

是非、大勢の皆様のご参加をお待ちしております。

  ITコーディネータの方は、実践力ポイント(4時間)の対象となります。
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1.日  時   2014年11月20日(木) 13:30〜17:30
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 13:00  開場
         13:30〜 第1部開会
         13:40〜 情報化セミナー講演
         14:30〜 終了
         14:40〜 第2部開会・表彰式
         15:20〜 基調講演(中小企業IT経営力大賞受賞事例)
         16:20〜 受賞事例発表
         17:25〜 閉会

2.会  場   山陽新聞社 さん太ホール
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   岡山市北区柳町2−1−1
          JR岡山駅から徒歩15分(市役所筋を南へ下る)
          路線バス5分「山陽新聞社前」下車)

3.対  象  会員、一般、学生
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
4.定  員  300 名程度 (定員に達し次第申込を締切ります。)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
5.参 加 費  無 料 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
6.参加お申込み方法
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ■Webからのお申込み
  https://cloudform.jp/SEO/event_apply/index/45.html

 ■メール、FAXでのお申込み
 件名に「2014岡山情報化セミナー」参加とし、
 _饉厂勝所属(役職)、 ∋疚勝◆´E渡暖峭罅↓ぅ瓠璽襯▲疋譽垢
 明記のうえ、メール・FAXで11月13日(木)までに下記へお申込み下さい。

     (一社)システムエンジニアリング岡山
      e-mail : seo@optic.or.jp
      FAX : 086-286-9674  

 ※ ITコーディネータの方は、
 実践力ポイント4.0時間の対象となりますので、
 お申込みの際に必ず、ITC認定番号をご連絡下さい。
 受講修了証は、講演終了後、受付にてお渡しいたします。

6.セミナー・フォーラム詳細
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■第1部 岡山情報化セミナー

【演 題】   「新見市の情報化への取り組みと活用事例」
【講 師】    山口 正志 氏 新見市 総務部長
【講師略歴】
 1977(昭和52)年 新見市職員
 2005(平成17)年 総務企画部情報政策課長
 2012(平成24)年 総務部長
      
【講演要旨】
 市民の便利で快適な生活環境を創造するため、市内全域にブロード
 バンド環境を整備した事業経過と、その情報基盤を活用して様々な
 サービスを提供している取り組みの事例を紹介します。

【主 催】2014岡山情報化セミナー実行委員会
    ((一社)システムエンジニアリング岡山、山陽新聞社)  

【共 催】岡山県マルチメディア・フォーラム 

【後 援】中国総合通信局、中国経済産業局、岡山県、岡山市、
     (一社)情報サービス産業協会、(公財)岡山県産業振興財団、
     岡山県中小企業団体中央会、岡山商工会議所、
     特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

     
■第2部 「おかやまIT経営力大賞」記念フォーラム

[基調講演]

【演 題】  「経験と勘から「経営ナビシステム」へ」
【講 師】  丸山 長宏 氏 有限会社 瑞穂 専務取締役統括部長
【講師略歴】
1993(平成5)年  株式会社 大林組
 2007(平成19)年 有限会社 瑞穂
             専務取締役統括部長
【講演要旨】
 昭和55年設立の化粧筆総合メーカー。「経営ナビシステム」を導入し
 事業別、商品別、顧客別の販売実績のリアルタイム分析を可能とし、高
 収益商品の販売提案、低収益OEM商品の価格交渉など利益目標を達成
 するための的確なアクションがタイムリーに取れるようにした。また、
 「簡易進捗管理システム」「在庫管理システム」によって、リードタイ
 ムの短縮による短納期への対応を可能とし失注の回避を図り、成長分野
 である海外への販路開拓など、的確な受注販促活動につなげている点に
 ついて講演頂きます。
   出展:経済産業省「中小企業IT経営力大賞2014」の結果発表


[大賞・優秀賞事例発表]

  「おかやまIT経営力大賞」において、
  大賞、優秀賞の受賞者による受賞事例発表  

【主 催】「おかやまIT経営力大賞」実行委員会

【共 催】(順不同)
  岡山県、岡山県経済団体連絡協議会、岡山県商工会議所連合会、
  岡山県経営者協会、岡山経済同友会、岡山県中小企業団体中央会、
  岡山県商工会連合会、(公財)岡山県産業振興財団、
  システムエンジニアリング岡山      

【後 援】(順不同)
  経済産業省中国経済産業局、山陽新聞社、NHK岡山放送局、RSK山陽
  放送、OHK岡山放送、RNC西日本放送、KSB瀬戸内海放送、TSC
  テレビせとうち、岡山県マルチメディア・フォーラム、特定非営利活動法
  人ITコーディネータ協会

7.問合せ先
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
   (一社)システムエンジニアリング岡山(SEO)宛にご連絡下さい。
   TEL(086)286-9653  FAX(086)286-9674  Mail:seo@optic.or.jp

2014-11-20 (木)  産業創出講演会「宇宙航空分野の技術革新 〜そして、イプシロンロケットの打ち上げ〜」

◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――◆◆
  平成26年度産業創出講演会
 「宇宙航空分野の技術革新 〜そして、イプシロンロケットの打ち上げ〜」
                          の参加者募集!
◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――◆◆

 この度、当センターでは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のもとでイプ
シロンロケットの開発を担当された株式会社IHIエアロスペース 取締役の
牧野 隆氏をお招きし、イプシロンロケットにおける技術革新、開発過程での
秘話等、ものづくりに携わられる経営者・技術者の方の参考となるお話を伺う
講演会を開催することといたしました。
 イプシロンロケットは、ロケットの知能化により搭載機器の点検を自律的に
行い、世界のどこからでもネットワークにパソコンを接続することで管制でき
る世界で最もコンパクトな管制システムを持ち、打ち上げ準備期間が世界最短
の1週間で行える革新的なロケットです。
 多数の皆さまのご来場をお待ちしております。

1.日時 【in広島】平成26年11月19日(水)14:30〜16:30
     【in岡山】平成26年11月20日(木)13:30〜15:30
2.会場 【in広島】リーガロイヤルホテル広島 3階 宮島の間
          (広島市中区基町6−78)
     【in岡山】メルパルク岡山 1階 泰平の間
          (岡山市北区桑田町1−13)
3.主催 公益財団法人ちゅうごく産業創造センター
  共催 中国経済連合会、(公財)中国電力技術研究財団、
     (一社)中国地域ニュービジネス協議会、
     (独)中小企業基盤整備機構 中国本部
4.演題 「宇宙航空分野の技術革新
           〜そして、イプシロンロケットの打ち上げ〜」
  講師  株式会社IHIエアロスペース 取締役 牧野 隆 氏
5.定員 【in広島】150名(先着順)
     【in岡山】100名(先着順)
6.参加費 無料
7.申込締切 平成26年11月14日(金)
  下記詳細ページをご覧の上、申込フォームもしくはFAXにてお申し込み
 ください。

……◆「平成26年度産業創出講演会」ご案内
   http://ciicz.jp/event/26111920-kouen.html

産業創出講演会に関するお問い合わせ先
……………………………………………………………………………………………
         公益財団法人ちゅうごく産業創造センター 総務部 胡中
                TEL:082-241-9928  FAX:082-240-2189
                E-mail:zd-kouen@pnet.gr.energia.co.jp

2014-11-19 (水)  岡山商工会議所平成26年度第3回会員ビジネス交流会のご案内

*********************************************************

ビジネスチャンスをつかめ!
岡山商工会議所
平成26年度第3回会員ビジネス交流会のご案内

*********************************************************

 会員事業所のビジネスチャンス創出・販路拡大を支援するため、
相互のPRや交流を図る「会員ビジネス交流会」を開催いたします。
 企業の業種・業態にかかわらず、「自社PR」や自由な情報交換・
相互交流を行っていただける場となっております。また、今回の
セミナーでは、新潟・越後湯沢で話題の施設「ぽんしゅ館」を手
掛けた開発者の高村社長が地方都市にある商店が繁盛していく成
功の秘訣を語ります。多数のご参加お待ちしております!

日  時
  平成26年11月19日(水)14:00〜17:00

場  所
  岡山商工会議所 4階会議室(岡山市北区厚生町3‐1‐15)

内  容
 【第1部:セミナー】 14:00〜15:30
  〜集客アップを望むなら繁盛店「ぽんしゅ館」に学べ!〜
   地域特性を活かした商品開発と集客・販路拡大のポイント
      講師:楽市株式会社 取締役社長 高村 秀夫 氏

 【第2部:1分間プレゼンテーション(自社PR)】15:30〜16:00
   ※希望者のみ、会員限定、先着20社程度

 【第3部:交流・名刺交換会】16:00〜17:00
   参加者にご自由な情報交換・交流を行っていただきます。

 【展 示】
   参加企業のPRチラシ等は会場の展示スペースでの掲示も可能です。
   11月20日(木)〜28日(金)は当所1階・展示スペース「情報
   プラザ」で資料展示いたします。

定  員 
  50名程度

参 加 費 
  当所会員 :無 料
  非会員1名:2,000円(税込)※当日お支払いください。
   入会をご検討中の方はこの機会に是非ご入会下さい!

申込方法等詳しくは 
http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=1366
をご覧ください。


岡山商工会議所 中小企業・地域振興部 経営指導課
〒700-8556 岡山市北区厚生町3-1-15
TEL. 086-232-2266  FAX.086-232-5269

2014-11-14 (金)  「岡山大学知恵の見本市2014」開催のご案内

岡山大学からお知らせです。


来る11月14日(金),岡山大学津島キャンパス創立五十周年記念館にて,9回目となる「岡山大学知恵の見本市2014」を開催いたします。

●ご案内とチラシ
 http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_05.html


【講演会】13:10-14:10
    「MRJの挑戦」〜我が国航空機産業の課題と展望〜
    三菱航空機(株)経営企画部 グループリーダー 須山 恵一 氏

 三菱航空機株式会社(名古屋市)では、国産初のジェット旅客機MRJ(Mitsubishi Regional Jet)の初飛行に向けて着々と開発・準備が進められています。
 MRJは世界最先端の空力設計技術・騒音解析技術などの適用と、最新鋭エンジンの採用により大幅な燃費低減、騒音・排出ガスの削減を実現するとともに、高レベルの客室快適性も備えた新世代のリージョナルジェット旅客機として大きな期待が寄せられています。
 岡山大学では、「知恵の見本市2014」講演会に、このMRJプロジェクトに立上げ当初から関わられ、推進されてきた三菱航空機株式会社グループリーダーの須山恵一氏をお招きし、MRJの最先端技術をはじめ、開発過程での苦労話や我が国航空機産業の課題、MRJが拓く未来の展望などについてご紹介いただきます。
 大学の研究者のみならず、産業界の方々、航空機に関心のある社会人や学生の皆さんなど、多数のご来場をお待ちしております。


日時:平成26年11月14日(金)13:00〜17:00
場所:岡山大学創立五十周年記念館

開会挨拶:13:00-13:10

講演:13:10-14:10
   「MRJの挑戦」〜我が国航空機産業の課題と展望〜
  三菱航空機(株)経営企画部 グループリーダー 須山 恵一 氏

研究展示 (14:20〜17:00)
 ※この時間帯に説明員がブースに常駐し、質問に対応します
 創立五十周年記念館1Fおよび2Fに74ブースの展示を行います(過去最多)

プレゼンテーション(14:30〜16:10)
    20分×5件
   1)在宅医療における心電図などの遠隔見守りモニタリング機器
     医歯薬学総合研究科(高齢社会医療・介護機器研究推進講座)笠原真悟教授
   2)次世代医療機器開発:プロフェッショナル育成・事業化プログラム
     大学病院 新医療研究開発センター那須保友教授
   3)革新的な農作物品種判定法の開発
     環境生命科学研究科(農) 田原 誠教授
   4)土壌環境ストレスユニットの研究紹介
     資源植物科学研究所 所長 山本洋子教授
   5)多彩な季節感を育む日本の気候環境とその変動
     教育学研究科(気象学研究室) 加藤内藏進教授

ご参加を心からお待ちしております。            以上

2014-11-11 (火)  「全国イノベーションコーディネータフォーラム2014」開催のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「全国イノベーションコーディネータフォーラム2014」の参加者を募集中!
http://www.sanren-net.jp/icf2014
──────────────────────────────────

科学技術振興機構(JST)では、産学官連携に従事するコーディネータのさらなる研鑽、情報交換、交流の場として、全国各地にてフォーラムを開催してきました。
10回目の節目を迎える今年度は、11月11日(火)・12日(水)の両日、茨城県つくば市にて「全国イノベーションコーディネータフォーラム2014」を開催します。また本フォーラムにおいて、創設以来6回目となる「イノベーションコーディネータ表彰」の表彰式を併せて行います。

【開催日時・予定】
平成26年11月11日(火)
○フォーラム:13:00〜17:30
<主なプログラム>
・基調講演「夢を持ち続けよう!」
  根岸 英一 氏(パデュー大学 特別教授、ノーベル化学賞)
・先端技術事例紹介「ロボットスーツHAL最前線」
  山海 嘉之 氏(筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授)
・「つくば国際戦略総合特区の取り組みについて」
  末広 峰政 氏(つくばグローバル・イノベーション推進機構 事務局長)
・「復興の現在〜被災地の視点から」
  大釜 範之 氏(岩手県 大槌町 産業振興部長)
・イノベーションコーディネータ表彰・表彰式
○交流会:17:45〜19:00
平成26年11月12日(水)
○サイバーダインスタジオほかの見学会:9:20〜12:30

【会場】つくば国際会議場
(茨城県つくば市竹園2-20-3)

【参加費】無料(交流会・見学会は有料)

【申込・詳細】http://www.sanren-net.jp/icf2014

【申込〆切り】平成26年11月4日(火)

【本件に関するお問い合わせ先】
全国イノベーションコーディネータフォーラム事務局
(公益財団法人全日本地域研究交流協会内 担当:中崎、木谷)
TEL:03-3831-5911(平日10:00〜17:00受付)FAX:03-3831-7702 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014-10-17 (金)  第3回精密ものづくり技術フォーラム

 岡山県精密生産技術研究会と当財団では、機械加工、および工作機械技術に関する産学官による技術情報の共有や交流を積極的に行い、研究開発のきっかけ作りや生産技術のレベルアップなどを図ることを目的に技術相談会を開催します。
 切削、研削・研磨等、各分野の第一線で活躍する会員が専門知識を活かして貴社の技術的な課題解決に向けたアドバイスをさせていただきますので、この機会にぜひご参加ください!!

  日  時  平成26年10月17日(金)13:00〜18:30

  会  場  メルパルクOKAYAMA

  参 加 料  無料(交流会費 会員無料 非会員4,000円)

  内  容  ・工作機械ユーザのための講演会
        ・技術相談会(原則として事前予約制)
        ・交流会(要事前申込)

  締  切  10月10日(金)

  詳しくはこちら↓↓↓
  http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/683.html

2014-10-16 (木)  岡山県食品新技術応用研究会第309回研修会視察見学会の開催

************************************************************

     岡山県食品新技術応用研究会第309回研修会
           視察見学会のご案内
************************************************************

このたび岡山県食品新技術応用研究会と公益財団法人岡山県産業振興財団では、食品に関する新技術・新商品開発等の技術力向上及び販路開拓等のレベルアップを図ることを目的として九州方面の企業を視察する見学会を開催いたします。この度は1泊2日で懇親会も行います。参加者の皆さま同士、この機会に交流を深めていただき、産学官連携、産産連携等、今後のご発展の一助となれば幸いです。

岡山県食品新技術応用研究会会員および県内食品関連企業の皆さま、奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。
               
             記
●開催日 平成26年10月16日(木)〜17日(金)
●対象  岡山県食品新技術応用研究会会員及び県内食品関連企業
●集合解散 JR岡山駅 新幹線中央改札口(九州内は貸切バスで移動します)
●参加費 会員 20,000円/非会員 40,000円
(JR往復交通費、現地バス代、宿泊・食代等含む。当日徴収します)
(注:参加決定後のキャンセルについては、キャンセル料が発生する場合もありますのでご注意ください。)
●募集定員 15名
(定員になり次第、締切させていただきます。また応募多数の場合は、1社1名にお願いする場合もございますのでご了承ください。)

●見学先
《熊本県内視察先》
・熊本県産業技術センター(熊本県熊本市東区東町3-11-38)
  試作品開発室を設置して県外からの視察も多い施設です。
  http://www.iri.pref.kumamoto.jp/index.php

・城彩苑(熊本市中央区二の丸1番1−2号)
  熊本県内で活躍されている企業の開発商品を見ることができます。
  http://www.sakuranobaba-johsaien.jp/

・熊本ワイン株式会社(熊本県熊本市北区和泉町字三ッ塚168-17)
  女性によるワインコンペティションで入賞など数々の受賞をされています。
  http://www.kumamotowine.co.jp/

・橋本醤油合資会社(熊本県熊本市北区貢町780-7)
  熊本ワインなど共に企業団地「フードパル熊本」に新しく入り活躍中。
  http://www.tamagosyoyu.com/

《福岡県内視察先》
・株式会社 庄分酢(福岡県大川市榎津548)
 宝暦9年(1759)に建築された庄分酢の建物や昔からの製法を守る酢蔵の酢づくりの歴史に触れてください。
  http://www.shoubun.jp/

・久原本家総本店「椒房庵(しょぼうあん)」(福岡県粕屋郡久山町大字久原2527番地)
  だし、醤油などの製造販売、羽田空港など関東にも店舗展開中です。
  http://www.shobo-an.co.jp/

・自然食レストラン 茅乃舎(福岡県粕屋郡久山町大字猪野字櫛屋395-1)
  久原本家の販売展開の中核となる茅葺きのレストラン施設です。
  http://www.kayanoya.com/restaurant/

●懇親会 1日目の夕食は、参加者の皆さんの情報交換の場として懇親会を行います。

●主催  岡山県食品新技術応用研究会・公益財団法人岡山県産業振興財団

●参加申込 
《ホームページからのお申込》
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/686.html 
       ※申込期限:10月9日(木)

●参加受付 参加申込をいただきましたら事務局より受付番号をお知らせします。
1社複数お申込の場合は、お二人目の方より仮の受付番号を交付いたします。   
申込締切後(10/9(木))に正式決定とさせていただきますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
(申込後の連絡がない場合は、お手数ですが事務局宛、ご一報ください。)

●事務局 公益財団法人岡山県産業振興財団
      技術支援部研究開発支援課 
       担当:山本、岩井
      TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676

2014-10-15 (水)  医療、介護・福祉機器開発情報セミナー

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

岡山県ライフイノベーション推進事業
医療、介護・福祉機器開発情報セミナーのご案内

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

岡山県と公益財団法人岡山県産業振興財団では、県内ものづくり企業の医療・福祉分野への進出を支援するため「ライフイノベーション推進事業」に取り組んでおり、医療、介護・福祉機器開発のための情報セミナーを開催いたします。

今回は、産業技術総合研究所 知的システム研究部門 サービスロボティクス研究グループ グループ長 松本吉央 氏をお迎えして、介護ロボットの現状と今後の展望についてお話ししていただきます。

また、予防介護機器メーカーであるオムロンヘルスケア株式会社 商品開発統轄部長 田中孝英氏には大手メーカーでの後戻りのないものづくりの仕組みについてお話ししていただきます。

是非ともお誘いあわせのうえご参加ください。

●日時 平成26年10月15日(水)13:00〜16:15

●会場 岡山ロイヤルホテル 二階 光楽の間 
    岡山市北区絵図町2-4  TEL 086-255-1111              
■参加費:無 料

■定 員:60名

■内容

☆開  会  (13:00)

☆セミナー1  (13:05〜14:45)

『生活支援ロボット・介護支援ロボットの現状と今後の展開』

○講師:産業技術総合研究所 知的システム研究部門 
    サービスロボティクス研究グループ
    グループ長 松本吉央 氏 

○概要:高齢者社会の中で介護の負担軽減が大きな課題となっています。政府からも介護ロボットの普及促進施策が出されています。生活・介護ロボットの現状と今後の展開についてお話ししていただきます。

☆休  憩  (14:45〜15:00)

☆セミナー2 (15:00〜16:10)

『ホームヘルスケアビジネスと後戻りのないものづくり体制』

〇講師:オムロンヘルスケア株式会社 商品開発統轄部長 
    田中孝英 氏

〇概要:介護予防機器の大手メーカーであるオムロンヘルスケア株式会社様の後戻りのないものづくりの仕組みについてお話ししていただきます。

☆閉  会  (16:15)

■主催 岡山県 公益財団法人岡山県産業振興財団 ハートフルビジネスおかやま

■後援 おかやまコーディネータ連絡会

■申込み 

下記URLよりお申し込みください。

http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/681.html



■問合せ

公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課(担当:永山) 

〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
筺(086)286-9665 FAX:(086)286-9676




2014-10-14 (火)  第45回岡大サイエンスカフェ開催のご案内

第45回岡大サイエンスカフェのご案内をさせていただきます。
今回の岡大サイエンスカフェの講師は、岡山大学大学院自然科学研究科の 秦 正治教授です。
今や暮らしの一部になっているセルラ携帯電話の開発の歴史、セルラ方式の特徴、どうやってつながるか、移動通信の周波数と電波の伝わり方の特徴、“4G”の次の第5世代方式“5G”の研究状況など、移動通信の歴史や特徴、今後の移動通信の動向などについて紹介いたします。
是非、ご参加くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

◆ 第45回岡大サイエンスカフェ開催のご案内 ◆

● 開催日時
平成26年10月14日(火) 18:00〜19:30

● 開催場所
岡山大学創立五十周年記念館  2階

● テーマ
移動通信のこれまでとこれから

● 講師
岡山大学大学院自然科学研究科(工)
秦 正治 教授 

● 概要は下記URL参照下さい。
http://www.okayama-u.net/renkei/document/pdf/sciencecafe/sciencecafe45.pdf

● 申込方法
申込先 岡山大学研究推進産学官連携機構 (野木、松田)
下記のいずれかの方法でお申込ください
TEL : 086−251−7112
FAX : 086−251−8467
E-mail : s-renkei@adm.okayama-u.ac.jp
お申し込みフォーム: http://www.okayama-u.net/renkei/contents/04_04.html
(氏名、年齢、連絡先、車で来られる方は、明記ください)
※できるだけ公共交通機関をご利用ください 

締切り :平成26年10月7日(火) 午後5時
参加費 :無料

2014-05-23 (金)  コーディネート力向上セミナー

*********************************
 「コーディネート力向上セミナー」のご案内 
*********************************

 「おかやまコーディネータ連絡会」では、企業の課題と大学等の持つ研究成果を有機的に繋げるためのコーディネート力を向上させるための「コーディネート力向上セミナー」を開催いたします。
 このたびは、(独法)科学技術振興機構が主催する「平成25年度イノベーションコーディネータ大賞」において、大賞・文部科学大臣賞を受賞された、(公財)京都高度技術研究所の中川普巳重コーディネータを講師にお招きし「コーディネート力向上セミナー」を開催いたします。
 中川コーディネータは、365日・24時間支援や企業に寄り添う伴走支援、ティーチングとコーチングを融合した手法など、女性視点の独自スタイルを確立し、事業化段階における産学連携にとって重要な中小企業の創業支援に数多く取り組み、実績を重ねられておられますが、当日は、これまでのコーディネート活動の事例を交えながら、有効なコーディネートを円滑に進めるにはどうしたらいいかについてお話しいただきます。
 産業支援機関等の皆様はもとより、中小企業で産学官連携の取り組みを進めておられる方も、ご自身の事業・研究開発を大学の研究者や共同研究のパートナーに繋げるにはどうしたらいいかなど、今後の支援活動、研究開発に参考となる事例の紹介もあります。
 コーディネート力の向上や産学官連携に関心をお持ちの多くの皆様の参加をお待ちしております。奮ってご参加ください。

◆ 主 催 おかやまコーディネート連絡会

◆ 日 時  平成26年5月23日(金) 15:00〜16:00

◆ 会 場  岡山ロイヤルホテル
(岡山市北区絵図町2-4 TEL:086-255-1111)

◆ プログラム
1.開  会 15:00〜
2.講  演 15:05〜16:00
「見える化って大事!365日24時間の伴走支援で見えたもの」
 (公財)京都高度技術研究所 新事業創出支援本部
     コーディネータ  中川 普巳重 氏

◆ 受講料  無 料

◆ 申込方法 別添の案内チラシによりFAXでお申し込みいただくか、必要事項をご記入のうえメールでお申し込みください。

<案内チラシ>
http://okayama-sangakukan.jp/uploads/photos/715.pdf

<必要事項>
 ・ 件名:「コーディネート力向上セミナー参加申込」
 ・ 企業・団体名
 ・ 連絡先(電話番号・メールアドレス)
 ・ 所属・役職名
 ・ 氏 名
 ・ 送信先:sangaku@optic.or.jp

◆ 申込締切 平成26年5月22日(木)

◆ 問い合わせ・申込先
  岡山県産業労働部産業振興課(おかやまコーディネータ連絡会事務局)
  担当:草替(くさかえ)
     〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山内
     TEL 086-286-9696 FAX 086-286-9676
     E-mail:kusakae@optic.or.jp

2014-03-24 (月)  革新的新産業創出ワークショップ

------------------------------------------------------------------
 「革新的新産業創出ワークショップ」のご案内 参加費無料

     「リチウムイオン電池の社会実用化に迫る」
------------------------------------------------------------------

岡山リサーチパークに立地する4機関+岡大URA執務室の共同主催で,
現代のエネルギー基盤を支える「リチウムイオン電池」の最先端技術に
関するワークショップを開催します。
奮ってのご参加をお待ちします。

●案内書と参加申込書(ワードファイル)
http://www.okayama-u.net/renkei/document/word/20140324workshop.doc


1.開催日時:平成26年3月24日(月)13:00〜17:10

2.開催場所:岡山ロイヤルホテル
       岡山市北区絵図町2-4,TEL:086-255-1111
       アクセス http://www.orh.co.jp/access/

3.参加対象等:県内ものづくり企業など、どなたでも参加できます。
        募集人員約40名。参加費は無料。

4.プログラム
13:05〜13:50 講演1
演題:エネルギー密度の限界に迫るリチウムイオン電池と今後の開発トレンド
講師:日立マクセル(株) 開発本部 技術開発部 主管 上田 篤司 氏

13:50〜14:35 講演2
演題:パナソニックにおけるリチウムイオン電池開発の現状と将来動向
講師:パナソニック(株)オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
   技術本部 エナジー開発C 技術企画G 主事 最相 圭司(さいしょう)氏

14:50〜15:35 講演3
演題:リチウムイオン電池の更なる高エネルギー密度化を目指した
   電極材料の開発
講師:(独)産業技術総合研究所 関西センター ユビキタスエネルギー研究部門
    副研究部門長 辰巳 国昭 氏

15:35〜16:20 講演4
演題:Liイオン電池材料を原子スケールで探る
講師:東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)准教授 一杉 太郎 氏

16:20〜16:50 講演5
演題:テラヘルツ波ケミカル顕微鏡−電極材料評価へ向けて
講師:岡山大学 大学院自然科学研究科(工学系) 准教授 紀和 利彦 氏

16:50〜17:05 新産業創出への対話(グループ討議)

5.共同主催:岡山県工業技術センター,(公財)岡山県産業振興財団,
       岡山リサーチパーク・インキュベーションセンター,
       岡山大学産学官融合センター,岡山大学URA執務室

6.後援:おかやま電池関連技術研究会,岡山大学産学官融合センター
     研究協力会

7.参加申込締切:3月17日(月)

8.お問合せ・お申込み先(事務局)
  岡山大学 産学官融合センター  藤原・米原(よねはら)
  TEL:086-286-8002  FAX:086-286-8007
  E-mail: center@crc.okayama-u.ac.jp

お申し込みをお待ちしております。  

2014-03-19 (水)  第2回モノづくりセミナー【岡山県備前県民局】

備前県民局では、これまで3年間取り組んできた備前おかやま売れるモノづくり応援事業を振り返るとともに、今年度実施した商品デザイン等ブラッシュアップ事業の成果等についてパネルディスカッションを行う「第2回モノづくりセミナー」を開催します。
皆様の積極的な御参加をお待ちしています。

○開催日時 平成26年3月19日(水)13時00分〜15時00分

○会  場 岡山国際交流センター 2階 国際会議場
      (岡山市北区奉還町2-2-1)

○対  象 モノづくり企業・団体、商工関係団体、デザインに携わる方、デザインを勉強されている方 など

○内  容 ・3年間を振り返って感じたこと
      ・パネルディスカッション
       「商品デザイン等ブラッシュアップ事業の成果報告」
     
○参 加 料  無料

○募集人員 120名程度

○申込締切 平成26年3月12日(水)

○申込方法 こちらからお申し込みください。  
      
http://www.pref.okayama.jp/site/11/363802.html
          

○問い合わせ先
 備前県民局地域政策部 協働推進室
 〒700-8604 岡山市北区弓之町6−1
 TEL 086-233-9880
 FAX 086-233-9888

2014-03-18 (火)  【医療展示会−岡山メディカル・イノベーション】

【医療展示会−岡山メディカル・イノベーション】開催のご案内

■概 要

 岡山大学は,特定非営利活動法人メディカルテクノおかやま,岡山県,
岡山市,(公財)岡山県産業振興財団,ハートフルビジネスおかやま,
岡山県医用工学研究会,おかやま生体信号研究会と共催して,
「医療展示会−岡山メディカル・イノベーション」を開催いたします。

 医療機器・医療材料分野の岡山大学の研究シーズ,企業の製品開発ニ
ーズ及び事業化に関する情報を発信する場を設定することにより,岡山
大学の研究ポテンシャルを顕在化し,大学と企業と地域の連携の契機を
創出することを目的としています。

 本展示会は,地域の関係機関と岡山大学が連携し,健康・医療・福祉
分野の研究推進及び地域産業の発展を目指しています。

           −記−

1.開催日時:平成26年3月18日(火)13:00 〜
            3月20日(木)17:00

2.開催場所:岡山大学Junko Fukutake Hall
  (岡山大学鹿田キャンパス内)

3.内  容:展示,講演会,出展者プレゼンテーション,
       サイエンス・トーク

4.参 加 費:無料

5.申込方法:講演会,サイエンス・トークにご聴講希望の方は,会場
  の都合がありますので,なるべく下記URLからお申込みください。
 ●プログラム・アクセス・申込↓
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/15_04.html

  ※平成26年3月13日(木)17:00締切

6.お問い合わせ先

  岡山大学

   研究推進産学官連携機構 大原・日高
    TEL:086-251-8463/FAX:086-251-8467

   戦略的プログラム支援ユニット 佐藤
    TEL:086-251-8918/FAX:086-251-7114

2014-03-14 (金)  第32回岡山バイオマスプラスチック研究会

□□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   第32回岡山バイオマスプラスチック研究会のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□■

■日 時 平成26年3月14日(金)13:10〜17:00 
■会 場 ピュアリティまきび 2F「孔雀」
     (岡山市北区下石井2-6-41 TEL:086-232-0511)
■定員等 60名程度 ※参加費:無料
■内 容
(1)講演
「セルロースシングルナノファイバー(CSNF)からなる新規増粘剤の開発」
  第一工業製薬蝓ゝ’讐蹴愽文Φ羹蝓々臉研究グループ 後居 洋介 氏
 〓東京大学磯貝教授らの技術をもとに新たに開発し、販売を始めた業界初となるCSNFを利用した増粘剤「レオクリスタ」を紹介する。増粘効果とともに、高い無機物分散性やチクソ性が得られる。また当社が有するカルボキシメチルセルロース等のセルロース応用技術についても紹介し、岡山の企業等との新たな連携を模索したい。

(2)岡山バイオマスイノベーション創出事業 研究成果発表
 嵬攫船丱ぅマス微粉砕物によるアクリル複合繊維の作製と炭素材料への展開」
  国立大学法人岡山大学 大学院自然科学研究科 講師 沖原 巧 氏
 〓セルロースナノファイバー(CNF)とポリアクリロニトリルとの複合繊維を炭化することにより、大容量キャパシタやリチウムイオン電池の電極材料への展開を図っている研究について紹介する。(日本エクスラン工業蝓大阪府立大学武藤教授との共同研究)

◆嵬攫船丱ぅマスの地産地消を念頭に置いたキノコ処理による岡山県産針葉樹木粉の高機能化と畜産飼料としての用途開発研究」
  国立大学法人岡山大学 大学院環境生命科学研究科 教授 神崎 浩 氏
 〓岡山県内産の針葉樹を食用キノコで処理し、得られた木粉を素材とする発酵混合飼料生産を行い、県内畜産への利用検討を行う研究について紹介する。(フタバ飼料蝓JAまにわ、ReLife Lab(リーライブラボ)蝓岡山大学西野准教授・仁戸田准教授、(財)日本きのこセンター菌蕈研究所、岡山県畜産研究所との共同研究)

(3)おかやまバイオマスイノベーション創造センター(OBICC) 研究成果発表
 嵳詫史損緞,砲茲襯札襯蹇璽昂蝋盒度繊維の開発」
  OBICC 研究員 上本 真也 氏
 〓木質系バイオマスであるセルロースに熱可塑性を付与し、環境負荷の少ない溶融紡糸法で高強度セルロース繊維を生産して、自動車用樹脂製品強化に用いられているガラス繊維に代わる強化材料としての利用を目指している研究について紹介する。(倉敷芸術科学大学岡田教授との共同研究)

◆峺蚤了誠媒を用いたナノ結晶セルロース(NCC)の製造方法の開発」
  OBICC 研究員 小野 史彰 氏
 〓セルロース系新規ナノ材料として、結晶性の棒状微粒子であるNCCがCNFと並び注目されている。高濃度の硫酸を多用する製造プロセスに代わり、固体酸触媒を用いた簡便かつ低環境負荷型の製造プロセスの確立を目指している研究について紹介する。(倉敷芸術科学大学岡田教授、岡山県工業技術センターとの共同研究)

「機能性木粉の開発」
  OBICC 研究員 古谷 充章 氏
 〓現在、木粉はウッドプラスチック(WPC)や育成床等に利用されているが、利用は限定的であり安価である。そこで化学処理により多様な機能を付与することで、木粉の高価値化を目指す。熱に弱い木粉の耐熱化により、WPCのエンプラへの適用等が可能な耐熱木質フィラーの研究について紹介する。(信州大学網屋特任教授との共同研究)

※OBICCでは、研究シーズを活用してもらえる企業を探しています。

(4)その他
 役員改選、平成25年度活動実績及び平成26年度活動計画説明
 平成26年度岡山バイオマスイノベーション創出事業概要説明

【次第】http://www.pref.okayama.jp/sangyo/sangyo/greenbio/obps/pdf/20140314.pdf

■申込方法
 別添申込書により、3月7日(金)までにメールでお申込みください。
 申込多数の場合は会場の都合により先着順となりますので、お早めにお申込ください。

■お申込み・お問合せ先
 岡山県 産業労働部産業企画課新エネルギー推進室
 担当:山田
 TEL:086-226-7380 FAX:086-225-3449
 E-mail:masahiro_yamada@pref.okayama.lg.jp

2014-03-12 (水)  メディカルテクノおかやま「産学連携における成功例、失敗例」

「産学連携における成功例、失敗例」
〜メディカルベンチャーが学ぶ点は何か〜

メディカルテクノおかやまでは、次の講演会、個別相談会を開催します。
今回は、日本で最もアクティブな東西のTLO(技術移転機関)から、これまで担当
された数多くのメディカル関連の案件の中で、成功事例や失敗事例から他者が学ぶべ
き点をご紹介いただきます。
コーディネータ活動を担われている皆様にも参考になると思われますので、ご参加を
よろしくお願いします。
なお、参加費は無料です。 

【日 時】平成26年3月12日(水)14:00〜16:00
【場 所】岡山大学鹿田キャンパス 基礎研究棟1階 大学院セミナールーム
◆プログラム
1 開会挨拶 (14:00〜14:05)
 特定非営利活動法人メディカルテクノおかやま 理事長 公文裕巳

2 講演1(14:05〜15:00)
 「大学の技術移転分野における課題と解決法」」
  関西TLO(株)アソシエイト 岡山大学知的財産マネージャー 橋本和彦 氏

3 講演2(15:00〜16:00)
 「産学連携の成功要因」
  (株)東京大学TLO 社長 山本貴史 氏

4 個別相談会(講演終了後、17:00まで)

★下記のURLをご参照頂き、3月5日までに(相談のある方は相談内容と合わせ)
お申し込みください。
http://www.optic.or.jp/medical/info_detail/show/309.html

■お問い合わせ先
 特定非営利活動法人メディカルテクノおかやま
 Tel&Fax (086)234-0067 E-mail medical@optic.or.jp

2014-03-11 (火)  中四国環境ビジネスネット(B−net)環境技術マッチングセミナー

□□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   中四国環境ビジネスネット(B−net)環境技術マッチングセミナー
〜廃材を新製品に再生する先進リサイクル技術のご紹介〜 
   開催のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□■

岡山県では、循環資源の利活用による事業化や商品開発に向けた支援の一環
として、広域ネットワーク「中四国環境ビジネスネット(B−net)」を
立ち上げ、さまざまな種類の素材や新技術の広域的な情報提供やマッチング
を行っています。

このたび、製造工程で処分される廃材を破砕し、ペレット工程を経ずに独自の
配合で成形することで新商品として再生するF・B・I(Free Blend Injection)
工法を確立した、株式会社第一精工舎(本社:大阪府大東市)の石田社長を
を迎えて最新のリサイクル技術についてご紹介いただくセミナーを開催
いたします。
当日は、意見交換、個別商談も予定していますので、廃材の新たな有効活用
に向けた事業化をご検討の皆様のご参加を期待しています。

■日 時  平成26年3月11日(火) 13:30〜15:30

■会 場  サン・ピーチOKAYAMA 3F ピーチホール(1)
          岡山市北区駅前町2−3−31 岡山駅徒歩5分
          ※アクセス→ http://www.sunpeach.jp/access.html

■主 催  中四国環境ビジネスネット(事務局:岡山県産業振興財団)

■定員等  30名程度 ※参加費:無料

■内 容

  ○先進リサイクル技術のご紹介

   「廃材から日本を変革するF・B・I工法のご提案」
      株式会社第一精工舎 代表取締役社長 石田 恭彦 氏

     従来廃棄されていた余剰資源をペレット工程なしで射出成形する
    F・B・I工法を独自開発。
     企業廃材を回収・破砕・ブレンドし、新素材として有効活用する
    ことに成功した。

  ○質疑応答・意見交換

  ○名刺交換・個別商談

■参加申込  下記より3月7日(金)までにお申し込みください
  http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/404.html

■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:竹内
   TEL 086−286−9652
   FAX 086−286−9676
   URL http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/32.html

2014-03-08 (土)  新商品・新サービスを発想するワークショップ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            岡山商工会議所

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

          あなたも今日からアイデアパーソン!!
        新商品・新サービスを発想するワークショップ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 業績アップ・売上アップのために「新商品の開発」「新サービスの提供」が必要
 だよな〜っと感じていらっしゃいませんか?でも、なかなか良いアイデアって
 出てこない・・・そんな皆様に参加していただきたい!!
 今回のワークショップでは、新たな事業を取り組むにあたっての「アイデア出
 し」の方法を、当日参加される事業者の事例を用いながら学んでいただきます。
 異業種の方や学生さんと一緒にワークショップを通じて、自社内だけの議論で
 は出てこないような「気づき」を得ることを狙いとしています。
 岡山商科大学の教授陣が進行役として参加者の議論が盛り上がるようリードい
 たしますので、より効率的かつ理論的にアイデア出しの方法を学習することが
 できます。
 新商品・新サービス創出のアイデア出しに悩んでいる皆様!本気で新規事業の
 立案について議論したい皆様!ご参加を心よりおまちしております!



 ◎日  時  平成26年3月8日(土) 10:00〜16:00

 ◎場  所  岡山商科大学 図書館棟7階 アクティブラーニングルーム
        (岡山市北区津島京町2-101)

 ◎内  容  <ワークショッププログラム>
         10:00〜10:50  アイスブレーク
         10:50〜12:00  ブレインストーミング
         13:00〜14:00  KJ法による分類と構造化
         14:00〜14:30  発表資料のまとめ
         14:40〜16:00  プレゼンテーションと討論・まとめ

        ●講 師
         岡山商科大学 経営学部 特任教授 馬淵 キノエ 氏
         「異分野の方達の化学反応から生まれる『とんでもない化合
         物』が社会のイノベーションとなることを期待しています。」

         岡山商科大学 経営学部 商学科 教授 三好 宏 氏
         「マーケティング論の視点でお手伝いできればと思います。
         自分で言うのもなんですが、結構ユニークな発想をするタ
イプかも?」

         岡山商科大学 経営学部 経営学科 講師 大東 正虎 氏
         「このたびのワークショップでは、参加者みなさまがお互い
         にアイディアを出し合った結果、どのような新たな発想が生
         まれるのかということに、とても興味・関心があります。」

 ◎定  員  先着20名(定員に達し次第締め切らせていただきます)

 ◎参加対象  新商品・新サービスのアイデアを生み出したい事業者

 ◎参 加 費  無料(岡山商工会議所会員)
        ※非会員の方は、2,000円/1人

 ◎主  催  岡山商工会議所・岡山商科大学
  共  催  中国銀行・トマト銀行・おかやま信用金庫
  後  援  岡山市

 ●申込方法等詳しくは
  http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=1282
  をご覧ください。


 ■■お申込・お問合せ先■■
 〒700-8556 岡山市北区厚生町3-1-15
 TEL086-232-2266 FAX086-232-5269
 担当者:山形・難波
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2014-03-04 (火)  第18回岡山リサーチパーク研究・展示発表会

平成26年3月4日開催【第18回岡山リサーチパーク研究・展示発表会】

◆◆◆産学官連携に関心のある企業、機関のみなさま◆◆◆
◆◆事業化に向けた課題解決を模索中のみなさま◆◆

岡山リサーチパークに関係する企業・機関の研究開発成果を発表すると共に、
その成果を県内に広めるための交流・相談の場を提供し、
事業化に向けた積極的な産学官連携を推進することで
岡山県内産業の振興に寄与することを目的と致しまして、
岡山リサーチパーク研究・展示発表会を下記のとおり開催いたします。

研究者等による展示発表やプレゼンテーションに加えて、
展示内容や産学官連携について各大学等のコーディネーターに
直接お問い合わせいただける相談コーナーを開設します。
新しい技術シーズを必要とされている企業や、
大学・研究機関等との連携を模索されている企業の方々には、
最初のきっかけとしていただくためにも是非ともご来場ください。

詳細は以下のHPよりパンフレットをダウンロードしてください。
出展機関や展示テーマの詳細を見ることができます。

http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/376.html

             ■記■

1 名 称   第18回岡山リサーチパーク研究・展示発表会

2  開催日   平成26年3月4日(火) 13:00〜18:30

3  会 場 テクノサポート岡山(岡山市北区芳賀5301)
        大会議室(ポスター展示・相談コーナー)
         中会議室(開会・閉会・プレゼンテーション)
         レストラン花水木(交流会)

4  実施機関   主催:岡山リサーチパーク研究・展示発表会実行委員会
   実行委員会構成:岡山県工業技術センター、岡山大学、岡山県立大学、倉敷芸術科学大学、中国職業能力開発大学校、津山工業高等専門学校、吉備国際大学、岡山理科大学、岡山リサーチパークインキュベーションセンター、岡山県、公益財団法人岡山県産業振興財団

5 展示発表方法

【ポスター展示】44件
◆機関別ポスター展示・個別相談コーナー
※今回より、ポスター前での発表(プレゼン)はありません
【プレゼンテーション】12件
◆ポスター展示の中から実行委員会で推薦された研究開発テーマに
 関するプレゼンテーション
(15分/1テーマ :発表12分・質疑応答3分)

※ポスター展示及びプレゼンテーションの詳細は、
以下HPよりパンフレットをダウンロードしてください。

http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/376.html

6 スケジュール

■13:00〜13:10 オープニング
■13:10〜17:15 ポスター展示・相談コーナー・プレゼンテーション
■17:15      閉会挨拶
■17:30〜18:30  交流会(ノンアルコール)

7 参加費  無 料   ※但し交流会は参加費1,000円必要(当日徴収)


8 お申込み 以下のHPの「お申込みフォーム」からお申し込みください。

http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/376.html

9 お問合せ (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 
        研究開発支援課(担当 田原・三本)
      〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
            TEL 086-286-9651  FAX 086-286-9676
            mail:kaihatsu@optic.or.jp

2014-03-03 (月)  平成25年度 第4回MOT見学会(株式会社化繊ノズル製作所様 工場見学会)

──────────────────────────────────

 平成25年度 第4回MOT見学会 開催のご案内  【 参加費無料 】
             
                    ◆ 申込締切:2/24(月)◆
──────────────────────────────────

 MOT( Management of Technology:技術的事業の経営 )とは、技術を
基盤とする事業を持続的に発展させるための経営に関する学問分野です。

 この見学会では、岡山県内・近隣地域の製品開発型企業を訪問して、製品
開発戦略や知的財産戦略、経営の姿勢などについて、その企業の経営層から
お話しをいただいています。

 今回は、岡山県井原市にあります株式会社化繊ノズル製作所様の、工場・
製品を見学いただけます。皆様のご参加をお待ちしています。

  プログラムはこちらのページに掲載:MOT見学会
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_02_02.html 
   
-------------  平成25年度 第4回MOT見学会  ---------------

1.日  時:平成26年3月3日(月)13:30〜16:30
    ※10分前までに、東江原工場(井原市東江原町)へお集まりください。


2.会  場:株式会社化繊ノズル製作所 東江原工場
       〒715-0003 岡山県井原市東江原町838
       TEL (0866)63-0511
        
3.事業内容:各種合成繊維用紡糸ノズル・各種精密部品・押出成型金型
半導体/液晶用製造装置組立て・不織布用設備/ノズル
マイクロリアクター(超小型化学反応器)

4.募集定員:30名(先着順)
       ※同業者の方はお申し込みをご遠慮ください。
       ※ご見学の可否については見学先企業様のご判断となります。
        ご希望に沿いかねる場合もあり得ますのでご了承ください。

5.日  程:
13:30〜14:30 会社プレゼン(名刺交換、会社概要、製品紹介)
14:30〜15:40 工場見学
15:40〜16:20 質疑応答
16:20〜16:30 見学謝辞、記念写真撮影
           
6. 注意事項:
 ・構内は撮影禁止です。

7.申込方法:以下のお申し込みフォームにご記入頂き、E-mailまたは
       FAXで融合センター宛に送付ください。

                   ◆ 申込締切 :2/24(月)◆

  プログラムはこちらのページに掲載:MOT見学会 
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_02_02.html

-------------------------------------------------------------------
  《 平成25年度 第4回MOT見学会 お申し込みフォーム 》

 □氏名(ふりがな) :
 □勤務先      :
 □所属       :
 □(職名)     :
 □勤務先住所    :〒
 □TEL        :
 □FAX        :
 □E-mail      :
 □緊急連絡先    :

 □産学官融合センターからのメールマガジンを
           :希望する  希望しない  すでに受信済み
 □交通手段     :自動車   公共交通機関    その他
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014-02-26 (水)  革新的新産業創出ワークショップ 「リチウムイオン電池の社会実用化に迫る」

------------------------------------------------------------------
 「革新的新産業創出ワークショップ」のご案内 参加費無料

     「リチウムイオン電池の社会実用化に迫る」
------------------------------------------------------------------

岡山リサーチパークに立地する4機関+岡大URA執務室の共同主催で,
現代のエネルギー基盤を支える「リチウムイオン電池」の最先端技術に
触れるワークショップを開催します。
メーカー様から2件,実用化研究を進める産総研から1件,長期的な
研究を行う大学から2件の発表を行います。
奮ってのご参加をお待ちします。

●案内書と参加申込書(ワードファイル)
http://www.okayama-u.net/renkei/document/word/20140324workshop.doc


1.開催日時:平成26年3月24日(月)13:00〜17:10

2.開催場所:岡山ロイヤルホテル
       岡山市北区絵図町2-4,TEL:086-255-1111
       アクセス http://www.orh.co.jp/access/

3.参加対象等:県内ものづくり企業など、どなたでも参加できます。
        募集人員約40名。参加費は無料。

4.プログラム
13:05〜13:50 講演1
演題:エネルギー密度の限界に迫るリチウムイオン電池と今後の開発トレンド
講師:日立マクセル(株) 開発本部 技術開発部 主管 上田 篤司 氏

13:50〜14:35 講演2
演題:パナソニックにおけるリチウムイオン電池開発の現状と将来動向
講師:パナソニック(株)オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
   技術本部 エナジー開発C 技術企画G 主事 最相(さいしょう)圭司 氏

14:50〜15:35 講演3
演題:リチウムイオン電池の更なる高エネルギー密度化を目指した
   電極材料の開発
講師:(独)産業技術総合研究所 関西センター ユビキタスエネルギー研究部門
    副研究部門長 辰巳 国昭 氏

15:35〜16:20 講演4
演題:Liイオン電池材料を原子スケールで探る
講師:東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)准教授 一杉 太郎 氏

16:20〜16:50 講演5
演題:テラヘルツ波ケミカル顕微鏡−電極材料評価へ向けて
講師:岡山大学 大学院自然科学研究科(工学系) 准教授 紀和 利彦 氏

16:50〜17:05 新産業創出への対話(グループ討議)

5.共同主催:岡山県工業技術センター,(公財)岡山県産業振興財団,
       岡山リサーチパーク・インキュベーションセンター,
       岡山大学産学官融合センター,岡山大学URA執務室

6.後援:おかやま電池関連技術研究会,岡山大学産学官融合センター
     研究協力会

7.参加申込締切:3月17日(月)

8.お問合せ・お申込み先(事務局)
  岡山大学 産学官融合センター  藤原・米原(よねはら)
  TEL:086-286-8002  FAX:086-286-8007
  E-mail: center@crc.okayama-u.ac.jp

2014-02-24 (月)  「おかやま電池関連技術研究会」第5回技術セミナー

□□■===========================

     「おかやま電池関連技術研究会」
     第5回技術セミナー開催の御案内

===========================□□■
県では、今後大きな成長が見込まれる太陽電池、燃料電池、二次電
池とこれらに関連する分野における新事業の創出を図ることを目的
に、平成22年7月に「おかやま電池関連技術研究会」を設置し情報
提供等を行っておりますが、次により、第5回技術セミナーを開催し
ますので、是非ご参加ください。
 今回は、今後広まる水素の利活用について、市場動向や方向性、
燃料自動車の開発、水素の輸送、貯蔵に関する技術等について紹介
する講演会を開催します。

■日  時  平成26年2月24日(月)13:30〜17:00

■会  場  ピュアリティまきび 2F 白鳥

■定  員  50名(参加無料)

■内  容
 講演1 「水素エネルギー社会づくり
            〜再生可能エネルギーと水素〜」
 岩谷産業株式会社 産業ガス・機械事業本部
        ガス開発部 開発担当担当部長 谷 義勝 氏

  講演2 「燃料電池自動車の商業化に向けて
            〜技術開発と市場開発〜」
日産自動車株式会社
        総合研究所SIR 長谷川 卓也 氏

 講演3 「水素キャリアとしてのアンモニア」
広島大学先進機能物質研究センター
                  准教授 市川 貴之 氏

※セミナー修了後、17:30〜19:30に意見交換会を開催し
   ますので、御希望の方は御参加ください。

■ 申込期限 2月19日(水)

■ 申込方法 企業・団体名、所在地、電話番号、FAX番号、参加者
       の所属部署、役職、氏名、意見交換会参加の有無を記載
       の上、E-mailまたはFAXでお申し込みください。
 E-mail hitoshi_kondou@pref.okayama.lg.jp
         FAX 086−225−3449

■ 問い合わせ 岡山県 産業労働部 産業企画課新エネルギー推進室
担当:近藤
        電話:086−226−7380

2014-02-21 (金)  第19回 OUS技術セミナー【岡山理科大学】

岡山理科大学技術科学研究所主催で下記の技術セミナーを開催しますので、ご関
心のある方には、是非参加していただきますよう、お願い申し上げます。



名 称 第19回 OUS技術セミナー
主 催 岡山理科大学技術科学研究所
テーマ 生活の質(QOL)向上のため科学と技術
場 所 岡山理科大学、50周年記念館4階 多目的ホール
日 時 平成26年2月21日(金)、13:30〜17:00
参加申込ホームページ

http://www.ous.ac.jp/FACIL/gikaken/

プログラム
1)「建築におけるユニバーサルデザイン」
    岡山理科大学工学部建築学科 後藤 義明 教授
2)「パワーアシスト車いすの計測と制御」
    岡山理科大学工学部知能機械工学科 藤本 真作 准教授
3)「岡山の大気質」―PM2.5,酸性雨,CO2の濃度―
    岡山理科大学技術科学研究所 山下 栄次 教授
4)「住宅維新『ローン0円住宅』の未来」
    株式会社イシンホーム岡山 代表取締役 社長 笠谷 哲郎

対 象 企業関係者、官公庁、学生、一般市民など 約150名

参加申込方法 下記のホームページにより

http://www.ous.ac.jp/FACIL/gikaken/


岡山理科大学技術科学研究所では、本大学で培われる科学技術と最新の知見を広
く社会に還元し貢献することを目的に、地域社会と研究交流および科学技術の普
及・啓発活動の一環として、「OUS技術セミナー」を開催し、一般市民、企業関
係者、学生、官公庁の皆様などを対象にした一般講演会を実施しています。

後援:
岡山県、岡山県教育委員会、岡山県経済団体連絡協議会、岡山県商工会議所連合 会、岡山県経営者協会、岡山県商工会連合会、一般財団法人岡山経済同友会、岡 山県中小企業団体中央会、公益財団法人岡山県産業振興財団、公益財団法人ちゅ うごく産業創造センター、公益社団法人山陽技術振興会、岡山理科大学就業力育 成運営委員会


-- 岡山理科大学技術科学研究所
〒700-0005岡山市北区理大町1−1
担当:山下、クルモフ

Research Institute of technology
Okayama University of Science
Okayama, 700-0005, JAPAN
TEL: +81-86-256-9542; FAX: +81-86-255-3611
URL: http://www.ous.ac.jp/FACIL/gikaken/

2014-02-12 (水)  第98回 岡山県医用工学研究会 シンポジウム

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

第98回 岡山県医用工学研究会 シンポジウム

「アカデミア発創薬:医歯薬工連携に向けて」

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇

●日 時: 平成26年2月12日(水) 13:30〜18:45
●場 所: 岡山大学鹿田キャンパス内
シンポジウム:岡山大学 Junko Fukutake Hall
交流会 :記念会館1階 カフェテリアバンビ

●参加費: シンポジウム:無料 交流会:会員 千円(非会員3千円)

共 催: 特定非営利活動法人 メディカルテクノおかやま
後 援: (独)科学技術振興機構産学連携展開部、日本生体医工学会中国四国支部



プログラム

1.開会挨拶
13:30〜13:40
岡山県医用工学研究会会長・NPO法人メディカルテクノおかやま理事長 公文 裕巳
2.【話題提供】 「大学発敗血症治療薬開発の試み」
13:00〜14:10
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科生体薬物制御学講座薬理学・助教 和氣 秀徳氏

 敗血症は、抗生物質による感染症治療とICUにおける全身管理の進歩にも関わらず、約30%という高い死亡率が今も継続している疾患病態であり、現在の検査・治療法は限界を迎えている。我々は、敗血症治療の鍵となる分子「高ヒスチジン糖タンパク質(HRG)」を見出し、HRGを中心に据えた治療薬または検査法の開発を進めている。今回は、HRGの敗血症に対する効果と、ICUでの新たな検査法に関して紹介・提案する。

3.【講演】 峽梗弍鷽憾家鏡を用いた血球と固体壁との力学的相互作用の計測」
14:10〜15:00
東北大学流体科学研究所流動創成研究部門融合計算医工学研究分野・准教授 白井 敦 氏

 血管内皮細胞上における白血球のローリングは,白血球の免疫反応における最初期の挙動である.細静脈において,白血球は軸集中した赤血球に押しつけられながら血管内皮細胞上をローリングするが,この押しつけ力が血球のローリング特性等に影響を与えると考えられる.
 そこで,独自に開発した傾斜遠心顕微鏡を用いて,ガラスやHUVEC等,各種固体壁上における血球の挙動観察を行ってきた.本報告では,傾斜遠心力下における,これら各種固体壁上での血球の移動速度や固体壁への付着率について紹介する.

***********休憩 15:00〜15:20*************

4.【講演】◆崢秧襲性制がん医療技術の構築を目指した腫瘍吸収性ペプチドの開発」
15:20〜16:10
愛知県がんセンター研究所腫瘍病理学部・部長 近藤 英作 氏

 ペプチド“は、近年がん患者に対するワクチン療法にも使用されているように、副作用が少ない生体応用に適したバイオツールとして医学の多様な領域で関心を集めていますが、実際の医療への応用技術開発はあまり進んでいないのが現状です。数個のアミノ酸より成る”細胞膜透過性ペプチド”(Cell-penetrating peptide;CPP)は、非侵襲性に生理的機構を介して細胞内に透過する機能を持つアミノ酸の特異的連続配列です。わたしたちはこのCPPの中でも特にヒトがん細胞・組織に集積する性質を発揮する「腫瘍ホーミングペプチド(tumor-homing CPPs)」と名付けた新しいCPPの開発を進めており、腫瘍イメージングや制がん治療への応用を目指した基盤技術の開発を進めています。本講演ではこれらの視点に立ったわれわれの現在のCPP技術研究の一端を紹介いたします。

5.【講演】「アミノ酸トランスポーターを標的とした抗腫瘍薬の創製」
16:10〜17:00
大阪大学大学院医学系研究科薬理学講座生体システム薬理学・教授 金井 好克 氏

 腫瘍細胞では、アミノ酸トランスポーターの発現が高まり、細胞増殖や亢進した細胞内代謝を維持している。特に多くの必須アミノ酸の取り込みを担うLAT1の発現上昇が、種々の腫瘍で確認されている。LAT1の発現は腫瘍特異性が高く、LAT1抑制には抗腫瘍効果がある。講演では、LAT1を標的としたPETの癌診断における意義と、新規作用機序の抗腫瘍薬を目指した選択的高親和性抑制薬の開発の試みについて概説する。

□ 交流会
17:15〜18:45

★参加お申込は下記URLからお願いいたします。
http://www.optic.or.jp/medical/okayamakeniyoukougaku/
mail_to_attend/index/38.html


.......................................................
特定非営利活動法人 メディカルテクノおかやま
岡山県医用工学研究会 事務局
〒 700−8558
岡山市北区鹿田町2−5−1
総合教育研究棟 1階
TEL&FAX:086−234−0067
E-mail:medical@optic.or.jp
HP http://www.optic.or.jp/medical/
...................................................................

2014-02-08 (土)  『メディカルテクノバレー人材育成おかやま(MTVO)』開催のお知らせ

『メディカルテクノバレー人材育成おかやま(MTVO)』開催のお知らせ


拝啓、
 このたび、岡山県の補助を受けて、岡山県内の「医療機器開発企業」、「ものづくり企業」や「医療機器産業分野に参入を検討している企業」の技術者等を対象として、医療機器産業に進出するための初歩的な知識を提供するセミナーを開催することになりました。
セミナーは2日間の開発入門コースと3日間の実践入門コースからなり、1コース当たり8,000円の受講料でご参加いただけます。昨年まで実施した「おかやま医療機器開発プロフェッショナル(OBEP)」よりも敷居を低くし、より容易に参加して頂けるように工夫いたしました。

 開発入門コースでは基礎的な科目を中心に、基礎医学(人体の構造と機能、病気・検査・治療)、遺伝子・分子生物学、生体計測工学、生体材料工学、バイオメカニクス、医療機器(治療機器、診断機器)について講義します。実践入門コースでは臨床で使用されている医療機器の紹介、承認申請に必要な知識、医療機器開発の実例、自治体の支援制度について講義するとともに、実際に医療機器を扱う実習を行います。
岡山県内の多くの中小企業の技術者にご参加いただき、参加者間(OBEP修了生を含む)
のネットワークを構築し、岡山県での医療機器開発の雰囲気を増進させることを目標としております。
 是非多くの方にご参加頂きますよう、社内やご関係の方々にもお知らせいただきますよう、お願い申し上げます。
                                   敬具

           岡山理科大学 工学部 生体医工学科   学科長 内貴 猛


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『メディカルテクノバレー人材育成おかやま(MTVO)』開催コース内容
    
1. 開催日時
  開発入門コース: 2月8日(土)、9日(日)
両日とも9:30〜17:00
  実践入門コース: 2月15日(土)、22日(土)、23日(日)
           15日と22日は9:30〜17:00、23日は10:30〜16:30
2. 実施場所          
  開発入門コース: 岡山理科大学 27号館3階生体医工会議室
  実践入門コース: 1,2日目 岡山ロイヤルホテル
           3日目 岡山理科大学26号館5階実習室

3. 受講人数:各コース20名程度(先着順)受講料:各コース8,000円(支払い方法は申し
  込み後にお知らせします。)

4. 申込先・問い合わせ先
  〒700-0005 岡山市北区理大町1−1 岡山理科大学工学部生体医工学科内
  メディカルテクノバレー人材育成おかやま事務局
  TEL&FAX: 086-256-9422、E-mail: mtvo-jimu@bme.ous.ac.jp
  ホームページ: http://www.bme.ous.ac.jp/~MTVO

5. 応募期限:平成26 年1月10日(金)(必着)

 (参加ご希望の方はホームページから申込書をダウンロードして、希望のコース及び
  必要事項を記入し、メール、FAX、等でお送り下さい。)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


2014-02-06 (木)  トマト6次産業化セミナー

□□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   「トマト6次産業化セミナー 開催のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□■

トマト銀行では、「トマト6次産業化応援ファンド」を設立するなど、
農林漁業の6次産業支援を強化しています。
このたび、同行と日本政策金融公庫岡山支店との共催で、「トマト
6次産業化セミナー」が開催されますのでご案内いたします。
このセミナーでは、異業種からアグリビジネスに進出し、6次産業化
に取り組んでいる企業の事例発表、岡山県6次産業化サポートセンター
や中小機構などの支援機関からの情報提供のほか、個別相談会(事前
予約制)も開催されますので、新分野への進出などご検討の会員の
皆様、奮ってご参加ください。

■日 時  平成26年2月6日(木) 14:00〜16:40

■会 場  日本政策金融公庫 岡山支店 6F 会議室
        (岡山市北区柳町1−1−27 太陽生命岡山柳町ビル)
      ※アクセス→ http://www.jfc.go.jp/branch/pdf/119_231122okayama.pdf

■主 催  株式会社トマト銀行、日本政策金融公庫岡山支店

■参加費  無 料

■定 員  50名
       ※個別相談会については、支援機関ごとに先着2名とします

■プログラム

 14:00〜15:25 事例発表
    
  (1)産学金連携によるシロキクラゲ量産技術確立について
        株式会社ビナン 代表取締役 安藤 弘幸 氏

  (2)公協グループのアグリビジネスの取り組みについて
        AGRIブロードカンパニー株式会社
         営業部 主任 山上 環 氏

 15:25〜16:10 支援機関による情報提供

   トマト銀行 地域成長戦略応援部
   日本政策金融公庫 岡山支店 農林水産事業
   岡山県6次産業化サポートセンター
   中小企業基盤整備機構 中国本部

 16:10〜16:40 個別相談会(事前予約制)

■参加申込
   下記より参加申込書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、
  2月4日(火)までにFAXでお申し込みください
   http://www.tomatobank.co.jp/mt/pdf/news_20140117_2.pdf

■お申し込み・お問い合わせ先
   株式会社トマト銀行 地域成長戦略応援部 担当:曽田
    TEL 086−800−1820
    FAX 086−221−3280

2014-02-04 (火)  食品技術ミニシンポジウム

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
       食品技術ミニシンポジウム
     薬食同源〜健康に役立つ薬膳料理〜
  (岡山県食品新技術応用研究会第301回研修会)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 このたび岡山県食品新技術応用研究会と公益財団法人岡山県産業振興財団が共
催して、新技術・新商品開発等の技術力向上、販路開拓等に役立てることを目的
に、医学、薬学、栄養学、食の専門家である講師を招いて【薬食同源〜健康に
役立つ薬膳料理〜】をテーマに「食品技術ミニシンポジウム」を 開催します。

 薬膳料理には生薬などの素材を使用しますが,身近な食材を用いたものも多
く,生活習慣病の予防や健康の維持増進に役立つ食材の新しい機能開拓のヒン
トが隠されているかもしれません。食に関わる関係者をはじめ、薬膳料理に関心
をお持ちの多くの皆様のご参加をお待ちしています。

★日時   平成26年2月4日(火) 13時30分〜18時50分

★会場   メルパルクOKAYAMA 3F 曙の間 (岡山市北区桑田町1-13)
   *地図はこちらを御覧下さい→http://www.mielparque.jp/okayama/access/

★主催   岡山県食品新技術応用研究会・公益財団法人岡山県産業振興財団

★定員   80名 ※定員に達し次第締め切ります

★参加費  食品技術ミニシンポジウム 無料 
        交流会4,000円(事前申込要・当日参加不可)
★内容
≪食品技術ミニシンポジウム≫
13:30〜13:40 主催者挨拶 岡山県食品新技術応用研究会 代表幹事 山辺啓三 氏

13:40〜14:40 ≪講演1≫「薬膳を今に活かす」(仮)
      岡山県立大学保健福祉学部栄養学科 准教授 冨岡加代子 氏

14:40〜15:20 ≪講演2≫「糖尿病療養と薬膳の関わり」(仮)
      パーク統合クリニック 副医院長 廣澤裕代 氏

15:20〜15:40 休憩

15:40〜16:20 ≪講演3≫「キュイジーヌ・マンスール フレンチ×薬膳」
      倉敷スイートタウン 総料理長 湯浅薫男 氏

16:20〜17:00 ≪講演4≫ 「漢方相談薬局と薬膳カフェを併設して今…」
      くるみDO薬局&kurumido cafe 薬剤師 前田聡子 氏
≪交流会≫
17:20〜18:50 ホテル内1階ティーラウンジ「あいれっくす」

★参加申込 下記ページをご覧の上、申込フォームもしくはFAXにてお申込みください。
※平成25年1月28日(火)申込締切
       http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/


★お申込・お問合せ先
【岡山県食品新技術応用研究会 事務局】
         公益財団法人岡山県産業振興財団
         技術支援部 研究開発支援課 担当:山本・三本
         TEL 086-286-9700 FAX 086-286-9675 
         E-mail: sangaku@optic.or.jp 

2014-01-31 (金)  第31回岡山振動音響技術懇談会のご案内

──────────────────────────────────

第31回岡山振動音響技術懇談会のご案内・・・1/31(金)開催

 『「振動技術セミナー」−振動の基礎からモード解析まで−』
 
 −岡山県工業技術センター・ミクロものづくり大学との共同開催事業−
----------------------------------------------------------------------

【開催の趣旨】
製品の小型軽量化を進めるにつれ、製品は振動し易くなっています。
また、製品開発サイクルも短期化していることから、適切な振動対策を取る
と共に、振動特性を考慮した製品設計を行うことが重要となります。

今回は、振動技術がご専門の先生をお招きし、振動現象の基礎から、振動低減
対策までを分かり易くご紹介いただきます。

お忙しい時期ではございますが、多数の皆さまのご参加をお待ちしております。
なお、お申し込みは末尾の「辻 善夫様」宛お願いします。

◇日 時  平成26年1月31日(金)13:00〜17:00

◇会 場  岡山県工業技術センター 1F 技術交流室

◇共 催  岡山県工業技術センター(ミクロものづくり大学として開催)

◇開催次第
1 講演「振動の力学」 13:00〜16:30(休憩 15分)

  講師 東京工業大学 名誉教授 
      キャテック株式会社 取締役社長  長松 昭男 先生

   機械の不具合や故障の過半数には、振動が何らかの形でからんでいます。
  設計開発の上流で実働時の問題を予測し、また試作検証で生じる性能未達や
  トラブルを適切に対策するために最も重要なことは、振動という物理現象の
  からくりを正しく理解しておくことです。そこで本講演では、以下の事項を、
  全くの初心者が容易に理解できるように、きわめてわかりやすく説明します。
   振動はどうして発生するか、なぜ固有振動数・固有モードという決まった
  形・速さで自由振動するか、減衰は振動にどういう影響を与えるか、共振と
  は何か、共振点で位相が180°変化する理由、周波数応答関数とは何か、なぜ
  モード解析が重要か、振動を減少させるための対策方法、などを解説します。

  講師略歴
   1939年山口県生まれ。1964年 株式会社 神戸製鋼所入社、1970年東京工業
  大学大学院理工学研究科博士課程修了、工学博士。東京工業大学工学部助手。
  1984年東京工業大学工学部教授。2000年東京工業大学名誉教授。法政大学工
  学部教授。1990年キャテック株式会社設立。2010年法政大学退任。

  主な著書
   「モード解析入門」(コロナ社)、
   「複合領域シミュレーションのための電気・機械系の力学」(コロナ社)
 
2 質疑応答および懇談 16:30〜17:00

◇参加費  無料

◇定 員  40名程度

◇申し込み期限  平成26年1月27日(月)

◇申込方法
   件名を「ミクロものづくり大学(振動)申込み」とし、
  企業等名、参加者の役職及びお名前、所在地、連絡先電話番号をご記入の上、
  期限までに下記メールアドレスへお送りください。
   なお、席数に限りがあるため、先着順にて受け付け、定員に達し次第、
  締め切りますので、あらかじめご了承ください。


◆お問合せ・申込先◆
  岡山県工業技術センター 研究開発部 
  計測制御グループ  辻 善夫様
  〒701-1296 岡山市北区芳賀5301
  tel.086-286-9600(代) fax.086-286-9630
  e-mail: yoshio_tsuji@pref.okayama.lg.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014-01-27 (月)  「技術マッチングマート岡山 〜企業の知的財産を活用した技術開発を応援します〜」の開催について

岡山県産業振興課
-------------------------------------------------------------------------------------------------
「技術マッチングマート岡山 〜企業の知的財産を活用した技術開発を応援します〜」の開催について
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 岡山県では、県内企業の新製品開発や新事業展開を支援するため、金融機関等と連携して
県内企業に大企業等が保有する技術シーズ(開放特許)や素材を紹介し、マッチング機会を提供
する「技術マッチングマート岡山」を開催します。
 当日は、技術シーズ提供企業によるプレゼンテーションや技術シーズの紹介パネルの展示、
個別面談会の開催等を予定しております。
 「優れた新製品を少ないコスト・短期間で作りたい。技術力を高めたい。」とお考えの県内
企業の皆様、是非ご参加ください。
                   記

★募集概要
■開催日:平成26年1月27日(月)13:00〜17:00
■開催場所:テクノサポート岡山(岡山市北区芳賀5301) 大会議室他
■技術シーズ提供企業:日産自動車(株)、富士通(株)、アークレイ(株)、(株)神戸製鋼所
■内容:(1)技術シーズ提供企業によるプレゼンテーション、パネル展示・相談会
    (2)個別面談会
■主催:岡山県
■共催:(株)中国銀行、(株)トマト銀行、おかやま信用金庫、吉備信用金庫、
    玉島信用金庫、津山信用金庫、日生信用金庫、備前信用金庫、
    備北信用金庫、水島信用金庫
■対象者:県内ベンチャー・中小企業
■参加費:無料
■募集期間:平成26年1月17日(金)まで
■応募方法等:お取引先の【共催】金融機関を通じての申込となります。
       詳細については、下記HPをご覧ください。

URL:http://www.pref.okayama.jp/page/356668.html


岡山県産業労働部産業振興課産業支援班 角田、田淵、鳥越
岡山市北区内山下2−4−6
TEL086−226−7352
FAX086−224−2165
E−mail:sangyo@pref.okayama.lg.jp

2014-01-23 (木)  ミクロものづくり大学『電子機器の熱設計技術講習会』のご案内

岡山県工業技術センターでは、以下のとおり「ミクロものづくり大学」として
講習会を開催することととなりましたのでご案内します。

なお、お申し込みは、本メールへの返信ではなく、下記【申込方法】により、
担当者あてお送りくださるようお願いいたします。

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
◇ ミクロものづくり大学
◇ 『電子機器の熱設計技術講習会』のご案内
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

 今回、開催するセミナーのテーマは、電子機器の開発において必要不可欠な
ものになっている熱設計技術です。
 電子機器の熱設計の第一人者である国峰尚樹氏を講師にお迎えして、熱設計
に必要な伝熱の基礎知識から実際の熱設計に活用できる手法などについて解説
いただきます。
 また、熱流体解析ソフトのベンダーの方から、近年、電子機器の熱設計で
よく活用されている熱シミュレーション技術の現状について、お話しいただきます。
熱の問題に既に取り組まれている方やこれから対策を検討される方にも有益な
講習会になると思いますので、多数のご参加をお待ちしております。


◇日 時  平成26年1月23日(木)13:30〜17:00

◇会 場  岡山県工業技術センター 1階技術交流室 (岡山市北区芳賀5301)

◇講演内容
(1)「電子機器の熱設計概論」
    株式会社サーマル デザイン ラボ
    代表取締役 国峰 尚樹 氏
   〔概要〕
     伝熱の基礎知識について演習を交えて解説いただくとともに、電子機器
    の放熱メカニズムや熱対策手法、さらには機器筐体、基板、デバイスなど、
    実装階層ごとに熱設計・熱対策の定石について解説いただきます。
(2)「熱流体解析技術の現状」
    株式会社IDAJ
    熱設計技術部 部長 中嶋 達也 氏
   〔概要〕
     電子機器の設計開発に熱流体解析ソフトウェアを導入することにより
    得られる工数削減効果、更なる技術革新について適用事例を中心に紹介
    いただきます。

◇参加費  無料

◇定 員  40名

◇申込方法/問い合わせ先
  平成26年1月17日(金)までに、〇臆端圓里名前・ご役職、企業名、
 所在地、は⇒軅茲療渡/E-mailをご明記の上、E-mail又はFAXのいずれかに
 よりお申し込みください。
  なお、席数に限りがあるため、先着順にて受け付け、定員に達し次第、締め
 切りますので、あらかじめご了承ください。

〔お申込み・お問い合わせ先〕
 岡山県工業技術センター 研究開発部 計測制御グループ 下山 力生
 E-mail:rikio_shimoyama@pref.okayama.lg.jp
 FAX: 086-286-9630、Tel: 086-286-9600

2014-01-17 (金)  3Dプリンター活用セミナー

*********************************
 「3Dプリンター活用セミナー」のご案内 
*********************************

 岡山・産学官連携推進会議では、おかやまコーディネータ連絡会との共催で、ものづくりの構造を大きく変革する可能性があるということで最近話題となっている3Dプリンターについて、その特徴と活用方法について正しく理解するため「3Dプリンター活用セミナー」を開催いたします。
 このたびは、複雑形状の鋳造品を効率良く生産するための砂型用3Dプリンターを開発する国の「超精密三次元造形システム技術開発プロジェクト」のプロジェクトリーダーである(独)産業技術総合研究所先進製造プロセス研究部門基盤的加工研究グループグループ長の岡根利光氏に、主にものづくりの分野での3Dプリンターの活用方法等についてお話しいただきます。また、人体の3次元形状など人間とその生活をモデル化しコンピューター上に再現する技術を確立し、その成果を製品(靴、メガネ、衣服、補装具など)・サービスの開発に応用するなどの研究をされている(独)産業技術総合研究所デジタルヒューマン工学研究センターのセンター長である持丸正明氏に、ものづくり分野に限らないサービスと結びついた3Dプリンター、3Dデータの活用等についてお話しいただきます。
 また、岡山県内でパーソナルタイプの3Dプリンターを用いた講習会等を開催されているディーズメディア(株)ディレクターの小林徹氏による3Dプリンターの活用事例の紹介と3Dプリンターの実演も予定しています。
 3Dプリンターに関心をお持ちの多くの皆様の参加をお待ちしております。奮ってご参加ください。

◆ 主 催 岡山・産学官連携推進会議
◆ 共 催 おかやまコーディネート連絡会

◆ 日 時  平成26年1月17日(金) 13:30〜16:30

◆ 会 場  岡山コンベンションセンター 2F レセプションホール
       (岡山市北区駅元町14-1 TEL:086-214-1000)

◆ プログラム
1.開  会 13:30〜13:40
2.講  演 13:40〜16:30
(1)「3Dプリンターの技術動向と応用・開発について」
   〜鋳造を中心とした3Dプリンターのものづくりへの活用〜
  (独)産業技術総合研究所
   先進製造プロセス研究部門 基盤的加工研究グループ
   グループ長   岡根 利光 氏
(2)「3Dプリンターによる生活者参加型のものづくり」
  (独)産業技術総合研究所 デジタルヒューマン工学研究センター
   センター長   持丸 正明 氏
(3)「県内外におけるパーソナル3Dプリンターの活用事例とデモンストレーション」
  ディーズメディア(株)
    ディレクター  小林  徹 氏

◆ 受講料  無 料    ◆ 定 員  150名

◆ 申込方法 別添の案内チラシによりFAXでお申し込みいただくか、必要事項をご記入のうえメールでお申し込みください。

<案内チラシ>
http://okayama-sangakukan.jp/uploads/photos/713.pdf

<必要事項>
 ・ 件名:「3Dプリンター活用セミナー参加申込」
 ・ 企業・団体名
 ・ 連絡先(電話番号・メールアドレス)
 ・ 所属・役職名
 ・ 氏 名
 ・ 送信先:sangaku@optic.or.jp

◆ 申込締切 平成26年1月14日(火)

◆ 問い合わせ・申込先
  岡山県産業労働部産業振興課(岡山・産学官連携推進会議事務局)
  担当:草替(くさかえ)
     〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山内
     TEL 086-286-9696 FAX 086-286-9676
     E-mail:kusakae@optic.or.jp

***************************************************************

2014-01-17 (金)  第2回 新エネルギー普及啓発セミナーのお知らせ

----------------------------------------------------
第2回 新エネルギー普及啓発セミナーのお知らせ
----------------------------------------------------

「新エネルギー普及啓発セミナー」のお知らせです。

地球温暖化対策や新エネルギーの重要性について理解を深め、
地域からの新エネルギー導入の拡大を促進し、風力、水力、太
陽光などを利用した再生可能エネルギーの一層の普及を図るた
め、「新エネルギー普及啓発セミナー」を開催しますので、お
知らせします。
また、今回のセミナーでは、自然とエネルギーの調和に向けて
と題して、太陽光発電を中心とした自然とエネルギーについて
講演を行います。
             記
1 開催日時・会場
 平成26年1月17日(金)13:30〜16:30
 岡山県備中県民局 会議棟1階会議室(岡山県倉敷市羽島1083)
 参加費:無料
 主催:岡山県、(公財)岡山県環境保全事業団、岡山県地球温暖
    化防止活動推進センター

2 内容
(1)講演
   『人と自然とエネルギーの調和に向けて
      〜太陽光発電を中心として〜』
     東京工業大学ソリューション研究機構先進エネルギー
     国際研究センター共同研究員 田中 良氏
(2)地球温暖化対策と今後の取組について
     環境省中国四国地方環境事務所 環境対策課

3 募集定員:50名
  ※定員となり次第締め切りとさせていただきます。

4 お申し込み方法
 下記の申込先あてに、参加申込書をFAXするか、または、
 氏名、所属、電話番号、住所を電話か電子メールにてお知ら
 せ下さい。
  メールアドレス:stopco2@kankyo.or.jp
  電   話:086−224−7272
  ファックス:086−224−7273

5 応募のチラシについては、、岡山県環境保全事業団内の
  ホームページに掲載しています。
  http://www.kankyo.or.jp/

6 お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人 岡山県環境保全事業団
   環境学習センター「アスエコ」 中谷まで
     〒700-0907 岡山市北区下石井2-2-10
     TEL:086-224-7272 FAX:086-224-7273
     E-mail:stopco2@kankyo.or.jp

2014-01-15 (水)   EPA(経済連携協定)個別相談会のご案内

外務省・岡山商工会議所
******************************************************
  EPA(経済連携協定)個別相談会のご案内
******************************************************

 EPA締結国へ「特定原産地証明」をつけて輸出すると、相
手国での関税が減免あるいは免税されます。しかし、「特定原
産地証明」はどのようなもので、どうすれば入手できるのか分
からない。EPAを利用したいが手続きが面倒だと聞いた・・・
といった声も多くあります。
 そこで、当所では外務省との共催により、EPA・FTAに
関するあらゆるご相談に専門家が対応する個別相談会を開催い
たします。この機会をぜひご活用ください。

 なお、同日午後には「EPA活用セミナー」も開催します。
外務省からの日本の経済連携協定に関する政策の現状とこれか
らをはじめとして、EPAの活用に必要な実務の基礎や企業に
よる活用事例のご紹介も行います。

 皆様にEPAをぜひご活用いただきたく、ご参加を心より
お待ちしております。

●日 時
平成26 年1月15日(水)10:00〜12:00

●会 場
ピュアリティまきび
(岡山市北区下石井2-6-41)

●主催
外務省、岡山商工会議所

●相談料
無料

●主な相談内容
 EPA(経済連携協定)について
 ・EPAが使える国を知りたい、EPAのメリットは?など
 EPA特定原産地証明書について
 ・手続きの流れ、原産品判定について、原産地規則について
 TPPなど広域のFTAについて
 ・TPPの自社への影響は?、RCEPとは何か、アジアのFTAの利用法

※申込方法等詳しくは
http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=1268

■■申込・お問合せ先■■
  岡山商工会議所
  地域振興課(浅井・横山)
  TEL 086-232-2262

2013-12-20 (金)   「おかやま電池関連技術研究会」第4回技術セミナー

■□−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      「おかやま電池関連技術研究会」
      第4回技術セミナーの開催について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−□■

 県では、今後大きな成長が見込まれる太陽電池、燃料電池、二次
電池とこれらに関連する分野における新事業の創出を図ることを目
的に、平成22年7月に「おかやま電池関連技術研究会」を設置し情
報提供等を行っておりますが、次により、第4回技術セミナーを開
催しますので、是非ご参加ください。
 今回は、半導体ネットおかやまと共催し、次世代電池・エネル
ギーデバイス、フィルムデバイスへの応用として期待される電子材
料・半導体プロセス等についての情報を提供する講演会を開催しま
す。

■日  時 平成25年12月20日(金)
      13:00〜17:00
■会  場 岡山大学自然科学研究科棟 2階大講義室

■定  員 100名(参加無料)

■内  容
 講演1 「国立研究機関によるベンチャー創業〜熱電ビジネス始めました〜」
      (独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門
      ナノ機能合成グループ
       上級主任研究員 舟橋良次氏

 講演2 「ナノカーボンの合成とエネルギー・環境やエレクトロニクス分野への応用」
      岡山大学大学院自然科学研究科 産業創成工学専攻
       電気電子機能開発講座 教授 林 靖彦 氏

 講演3 「単層カーボンナノチューブ−無機ナノハイブリッドの合成と光電変換材料への応用」
      岡山大学大学院環境生命科学研究科 資源循環学専攻
       物質エネルギー学講座 准教授 高口 豊 氏

 講演4 「レーザープラズマ型超熱原子ビーム装置を用いた表面微細化学修飾−低温半導体プロセスへの応用を中心とした話題−」
      岡山大学大学院自然科学研究科 産業創成工学専攻 
       先端機械学講座 准教授 木之下 博 氏

 講演5 『岡山大学「先進基礎科学特別コース」の紹介』
      岡山大学大学院自然科学研究科・環境生命科学研究科
       先進基礎科学特別コースコーディネーター上浦洋一氏

※セミナー修了後、18:00〜20:00に意見交換会を開催しますので、御希望の方は御参加ください。

■ 申込期限 12月13日(金)

■ 申込方法 企業・団体名、所在地、電話番号、FAX番号、参加者の所属部署、役職、氏名、意見交換会参加の有無を記載の上、E-mailまたはFAXでお申し込みください。
 E-mail hitoshi_kondou@pref.okayama.lg.jp
         FAX 086−225−3449

■ 問い合わせ 岡山県産業労働部 産業企画課新エネルギー推進室
        担当:近藤
        電話:086−226−7380

2013-12-17 (火)  第40回 岡大サイエンスカフェ

──────────────────────────────────
      第40回 岡大サイエンスカフェ開催のご案内
──────────────────────────────────

 今回の岡大サイエンスカフェの講師は,岡山大学大学院環境生命科学研究科
 の吉川賢教授です。黄砂発生量は風の強さだけでは決まりません。黄砂飛来
 について対策や環境の不思議も紹介いたします。
 是非ご参加くださいますよう,どうぞよろしくお願いいたします。

● 開催日時:12月17日(火) 18:00〜19:30

● 開催場所:岡山大学創立五十周年記念館  2階

● テーマ:黄砂の飛来や砂漠化と戦うための基礎と技術

● 講 師:岡山大学大学院環境生命科学研究科
      吉川 賢  教授

● 概要は下記URLをご参照ください。
http://www.okayama-u.net/renkei/document/pdf/sciencecafe/sciencecafe40.pdf

● 申込方法
 申込先 岡山大学研究推進産学官連携機構(野木・松田)
 下記のいずれかの方法でお申込ください。
 TEL : 086−251−7112
 FAX : 086−251−8467
 E-mail : s-renkei@adm.okayama-u.ac.jp
 http://www.okayama-u.net/renkei/contents/04_04.html
(氏名、年齢、連絡先、車で来られる方は,明記ください)
 ※できるだけ公共交通機関をご利用ください

 締切り :平成25年12月12日(木) 午後5時
 参加費 :無料

2013-12-10 (火)  狩野勝吉先生による難削材加工技術セミナー<2回目>

□□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「狩野勝吉先生による難削材加工技術セミナー」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□■
 岡山県と(公財)岡山県産業振興財団では、ミクロものづくり岡山
の一環として、航空機関連産業技術力強化事業に取り組んでいます。
このたび、去る9月30日に設立した「おかやま航空機材料等技術研
究会」の活動として、(独)産業技術総合研究所 客員研究員の狩野勝
吉先生をお迎えし、難削材加工技術の基礎から応用まで4回シリーズ
のセミナーを企画いたしました。
この研究会は、固定した会員制は取らず、講演会や実習等の各種活動
への参加者をもって会員とする緩やかな連携体として組織しており、
活動内容に関心をお持ちの方なら、どなたでもご参加いただけます。

 今回、4回シリーズの、1回目(11月19日開催)及び2回目
(12月10日開催)のセミナーについてご案内いたします。

 難削材加工技術に造詣の深い狩野先生の講演をシリーズで聴講でき
る絶好の機会ですので、航空機分野をはじめ、難削材加工技術に関心
をお持ちの皆様は、是非ご参加ください。

 なお、お申し込み等につきましては、下記「お申し込み・お問い合
わせ先」までお願いいたします。

<1回目>
「‘切削現象の見える化’を図って難削材加工に挑戦しよう」
■日 時 平成25年11月19日(火) 13:30〜17:00
■会 場 テクノサポート岡山 中会議室(岡山市北区芳賀5301)
■申込等 セミナーの詳細や申込みに関しては、下記の(公財)岡山県
産業振興財団ホームページをご覧ください。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/342.html

<2回目>
「ステンレス鋼切削の基礎と応用」
■日 時 平成25年12月10日(火) 9:30〜17:00
■会 場 テクノサポート岡山 中会議室(岡山市北区芳賀5301)
■申込等 セミナーの詳細や申込みに関しては、下記の(公財)岡山県
産業振興財団ホームページをご覧ください。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/343.html

<1回目・2回目共通>
■お申し込み・お問い合わせ先
(公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:西田・横田
TEL 086−286−9651
FAX 086−286−9676
E-mail:sangaku@optic.or.jp

2013-12-06 (金)  OMIC産学官共同研究拠点整備・分子イメージング研究推進事業

*******************************************************
OMIC産学官共同研究拠点整備・分子イメージング研究推進事業
 記念講演会「分子イメージングで拓く産学官連携の新展開」
*******************************************************

 平成25年度文部科学省 先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業に
「OMIC産学官共同研究拠点整備・分子イメージング研究推進事業」が採択
されたことにより、岡山大学が保有する最先端分子イメージング設備群を
大学外へも広く提供することになりました。
 本事業開始を記念し、分子イメージング技術を活用した創薬・医療機器開
発の専門家3名による講演会を開催します。
 同時に施設見学会も実施しておりますので、本事業に興味のある方は、是
非ご参加ください。


【記念講演会】
日時:平成25年12月6日(金)13:30〜17:10
会場:アークホテル岡山 岡山市北区下石井2−6−1
プログラム:
 主催者挨拶:山本 進一 岡山大学 理事/副学長
         公文 裕巳 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
                  産学官連携センター センター長/教授
 来賓挨拶:文部科学省
 事業紹介:松浦 栄次 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
                産学官連携センター 副センター長/教授
 講演1:「PET分子イメージングが拓くアルツハイマー病の早期診断と治療薬
       −産学官連携の役割とPET施設のGMP化−」
      矢野 恒夫
       住友重機械工業株式会社 産業機器事業部 設計部 特任部長
 講演2:「分子イメージングの活用による創薬・医療・健康科学イノベーション」
      渡辺 恭良
       独立行政法人理化学研究所
        ライフサイエンス技術基盤研究センター センター長
 講演3:「革新的医薬品・医療機器の創出に向けて
       〜PMDAの取組と今後の展望〜」
      北條 泰輔
       独立行政法人医薬品医療機器総合機構 理事(技監)


【施設見学会】最先端の分子イメージング機器を是非ご覧下さい。
日時:平成25年12月5日(木) 15:00〜16:00/16:00〜17:00
            6日(金) 9:30〜10:30
            7日(土) 9:30〜10:30
施設:おかやまメディカルイノベーションセンター 分子イメージング部門
   岡山市北区鹿田町2−5−1
   岡山大学自然生命科学研究支援センター
   光・放射線情報解析部門鹿田施設内
 ※事前のお申し込みが必要です。定員になり次第、締め切らせていただきます。


【情報交換会】
日時:平成25年12月6日(金) 17:15〜19:00
会場:アークホテル岡山 レストラン ラ・ペーシュ
参加費:3,000円


主催:岡山大学・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター
共催:岡山県・岡山県経済団体連絡協議会・
    特定非営利活動法人メディカルテクノおかやま
後援:独立行政法人科学技術振興機構・岡山市・
    公益財団法人岡山県産業振興財団

<お申し込み方法>
 下記のURLにアクセスし、参加申込を行ってください。
 http://www.okayama-u.ac.jp/user/crc/event.htm

<お問い合わせ先>
 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 産学官連携センター
TEL:086-235-6529 crc-omic@md.okayama-u.ac.jp

2013-12-05 (木)  第5回 振動リカレント教育

──────────────────────────────────

 第5回 振動リカレント教育のご案内 12/5(木)     
               ◆ 申込み受付開始 受講料無料 ◆

──────────────────────────────────
 
  振動は、機械システム製品に必ず付随する永遠の課題です。

  最近、あらゆる機器の小型化と高性能化が進んでおり、機器の設計者や保全管理者は、常に「振動の問題」に直面し、高度な対応を要求されています。そして、機器の振動問題解決は、関係者の悩みの種とも言えます。

  本講座は6回の講習を通して、振動問題に対応するための基礎技術が修得できるよう企画しております。

  不つり合いは回転機械の振動原因として最も多い事象です。今回は、この不つり合いを修正するための「つり合わせ技術」を詳細に解説して、さらに実習と演習を通して「つり合わせ技術」の修得を目標にしました。

  機器の開発、設計やメンテナンスに係わる機械技術者の多くの方々のご参加を期待します。

 ●振動リカレント教育 ※第5回の詳細プログラムを掲載しました※ 
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_03_01.html

-------------------  第5回 振動リカレント教育 -----------------

         『回転機械のつり合わせの原理と実習』

 日 時:平成25年12月5日(木) 10:00〜17:00

 会 場:岡山大学産学官融合センター 2階 会議・研修室
    (岡山市北区芳賀5302)
    http://www.okayama-u.net/renkei/contents/03_06.html#map_haga 
 
 内 容:
 10:00〜10:10 岡山大学振動リカレント教育【その5】を開くにあたって
 10:10〜12:00 つり合わせの基礎
 13:00〜15:50 1面修正の実習・つり合わせの演習
        (実習と演習は班分けで同時進行)
 16:00〜17:00 楕円軌道のつり合わせ
 17:00〜    全体の質疑・応答
 
 ●受講にあたって、電卓(関数付きが望ましい)、分度器、コンパス、
  三角定規、物差しをご持参ください。


 講 師:小村 英智 氏 (岡山大学産学官融合センター 客員教授)
     有馬 和秋 氏 (新川センサテクノロジ(株))   
     長井 直之 氏 (三菱重工業(株)広島研究所)

 受講料:無 料

 定 員:24名(先着順)

 申込み:以下のフォーマットにご記入の上、E-mailもしくはFAXで
     お申し込みください。

 締 切:11月27日(水)必着
 
--------------------------------------------------------------------
 《 平成25年度 第5回 振動リカレント教育 お申し込みフォーム 》

 □氏名(ふりがな) :
 □勤務先      :
 □所属       :
 □(職名)     :
 □勤務先住所    :〒
 □TEL        :
 □FAX        :
 □E-mail      :
 □交通手段     :自動車 公共機関 その他       
 □産学官融合センターからのメールマガジンを
           :希望する  希望しない  すでに受信済み
 
 ※産学官融合センターメールマガジンでは、振動リカレント教育の他にも
  センターで開催する各種セミナーや企業見学会(懇談会)、岡山大学
  での催し等の情報をお届けします。
--------------------------------------------------------------------
 お問い合わせ □■-------------------------------------------
 お申し込み先  岡山大学産学官融合センター 
          事務担当 米原(ヨネハラ)
          TEL:086-286-8002 FAX:086-286-8007
         E-mail:center@crc.okayama-u.ac.jp
 -------------------------------------------■□

2013-12-03 (火)  産総研本格研究ワークショップinやまぐち

―――――――――――――――――――――――――――――――――
▼- 産総研中国センター(12/3)
  「産総研本格研究ワークショップinやまぐち(12/3)」のご案内
   −中国地域のものづくり技術のオープンイノベーション
==================================================================

 日頃より産総研中国センターの産学官連携活動に対しまして、格別のご
理解とご支援をいただきたいへんありがとうございます。
 さて、この度、産総研中国センターが主催します「産総研本格研究ワー
クショップ」を以下のとおり開催します。
 オール産総研と中国地域の中小企業等の皆様と連携し、イノベーション
創出に取り組む事例をご紹介します。
 皆様方には、お忙しいとは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、是非
ともご参加くださいますようご案内申し上げます。

<日 時>
 平成25年12月3日(火)13:00〜17:00(交流会:17:00〜18:30)
<場 所>
 山口グランドホテル 2階 鳳凰・鶴の間(交流会:孔雀の間)
 (山口県山口市小郡黄金町1-1 JR新山口駅前、TEL:083-972-7777)
<定 員>
 250名(申し込み順:定員になり次第、締め切ります)
<参加料>
 無 料(交流会4,000円)
<詳細・お申込み>
 http://unit.aist.go.jp/chugoku/even/2013/20131203.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――

2013-11-29 (金)  「おかやま電池関連技術研究会」第3回技術セミナー

□■−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      「おかやま電池関連技術研究会」
       第3回技術セミナーのご案内

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■□

 県では、今後大きな成長が見込まれる太陽電池、燃料電池、二次電池とこれらに関連する分野における新事業の創出を図ることを目的に、平成22年7月に「おかやま電池関連技術研究会」を設置し情報提供等を行っておりますが、次により、第3回技術セミナーを開催しますので、是非ご参加ください。
 今回は、リチウムイオン電池開発の現状と課題、「NEDO二次電池開発技術ロードマップ2013」の概要及び蓄電システムの市場動向及び技術動向等についての情報を提供する講演会を開催します。

■日  時  平成25年11月29日(金)13:30〜17:00

■会  場  メルパルク岡山 3F 錦
http://www.mielparque.jp/okayama/

■定  員  50名(参加無料)

■内  容
 講演1 「リチウムイオン電池開発の現状と課題」
 神奈川大学工学研究所 客員教授 佐藤 祐一 氏

  講演2 「NEDOにおける蓄電技術開発」
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構
        スマートコミュニティ部 佐藤 丈 氏

 講演3 「定置型蓄電システム市場の最新動向と日立の取組み」
(株)日立製作所 インフラシステム社電力システム本部
        担当本部長 豊田 昌司 氏

※セミナー修了後、17:30〜19:30に意見交換会を開催し
   ますので、御希望の方は御参加ください。

■ 申込期限 11月22日(金)

■ 申込方法 企業・団体名、所在地、電話番号、FAX番号、参加者
       の所属部署、役職、氏名、意見交換会参加の有無を記載
       の上、E-mailまたはFAXでお申し込みください。
 E-mail hitoshi_kondou@pref.okayama.lg.jp
         FAX 086−225−3449

■ 問い合わせ 岡山県 産業労働部産業企画課 新エネルギー推進室
担当:近藤
        電話:086−226−7380

2013-11-28 (木)  「産総研技術セミナーin岡山」兼「環境発電研究会」 

 岡山県工業技術センターでは、独立行政法人 産業技術総合研究所 中国センターとの共催により、セミナーを開催することととなりましたのでご案内します。

 独立行政法人 産業技術総合研究所(産総研)中国センターは、産総研の研究開発の成果や産学官連携活動をご紹介して、中国地域の皆様との技術的・人的ネットワークを図ることを目的にセミナーを開催しています。
 今回は、産技連中国地域部会企画分科会「環境発電研究会」の本年度第2回研究会と合同で開催することとし、再生可能エネルギーの導入量増大に対応するために必要となる「電力の平準化」に関する講演会を計画しました。

 多数の皆様の参加をお待ちしております。

 なお、お申し込みは、下記【お申し込み】によりお願いいたします。


■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
◇「産総研技術セミナーin岡山」兼「環境発電研究会」 
◇ −分散電源システムと電力平準化−のご案内
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

【主  催】(独)産業技術総合研究所 中国センター
      岡山県工業技術センター

【後  援】中国経済産業局、(公財)ちゅうごく産業創造センター
      (社)中国地域ニュービジネス協議会、(独)中小企業基盤整備機構中国本部

【定  員】80名(申し込み順:定員になり次第、締め切ります)

【参 加 費】無料

【日  時】平成25年11月28日(木)13:00〜17:20

【場  所】岡山ロイヤルホテル(〒700-0028岡山県岡山市北区絵図町2-4)
      TEL:086-255-1111
      FAX:086-254-0777

【内  容】

◇開会挨拶 (14:00〜14:05)
 岡山県工業技術センター 所長 橋本亮一

◇産総研紹介(14:05〜14:20)
 独立行政法人 産業技術総合研究所 中国センター 所長 中村 修

◇講演1(14:20〜15:20)
 「電力平準化に資する定置型水素エネルギーシステムの開発」
  エネルギー技術研究部門では、「統合型水素エネルギー利用システム」
 (燃料電池と水電解の両方の機能を持つ一体再生型燃料電池と水素吸蔵合金タンクを組み合わせたシステム)の研究開発を行っています。
  本講演では、本システムの運用方法等について詳しく解説する予定です。

  独立行政法人 産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門
   統合水素システムグループ長  中納 暁洋

◇休 憩 ポスター展示

◇講演2(15:50〜16:50)
 「水素貯蔵型燃料電池を用いた分散型電源システム」
  再生可能エネルギー、特に太陽光発電(PV)システムでの発電は天候の変化に起因する発電電力の変動が大きく、系統への悪影響が懸念されています。
  本講演では、PVシステムに燃料電池を併設し、水素でエネルギーを貯蔵する分散型電源システムの運転方法について報告します。

  岡山大学大学院 自然科学研究科 産業創成工学専攻
   電気電子機能開発講座  教授 舩曳 繁之

◇講演3(16:50〜17:20)
 「岡山空港太陽光発電所の建設について」
  岡山県における再生可能エネルギーの導入事例として、今年度、岡山県企業局が岡山空港南側法面に建設中の出力3.5MWの太陽光発電所の概要を紹介します。

  岡山県企業局 施設課  主幹 平松 浩之


【お申し込み】
  参加者の氏名、所属(企業等)名、電話番号などを記して、電子メール又はFAXにて11月26日(火)までに産総研中国センターにお申し込みください。
 (いただいた個人情報は当セミナー関連以外に用いることはありません)
 ※下記ホームページにフォームがあります。

【お問い合わせ】
  担当:産業技術総合研究所 中国センター 佐々木、三島
  (広島県東広島市鏡山3-11-32)
  電話:082-420-8245,FAX:082-420-8281
  電子メール:c-renkei_seminar-ml@aist.go.jp
  ホームページ:http://unit.aist.go.jp/chugoku/even/2013/20131128.html

2013-11-27 (水)  中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2013

 岡山県と公益財団法人岡山県産業振興財団では、リサイクルビジネスの広域ネットワーク形成などにより環境産業の振興を図るため、中四国地域を中心に3R(リデュース・リユース・リサイクル)等の新技術・関連製品などを紹介する「中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2013」を開催します。
 基調講演では、近年、中国や東南アジア諸国にも環境事業の拠点を設け、相手国政府から高い評価を得ているDOWAエコシステム(株)の佐々木社長をお招きし、DOWAグループの取組について、東日本大震災の復興支援における廃棄物処理事業等も交えご講演いただきます。
 また、いま注目の次世代型太陽電池素材「グリーンフェライト(R)」について、開発者である岡山大学の池田教授をお招きしご紹介いただきます。
 多数のご参加をお待ちしております。

■日 時: 平成25年11月27日(水) 13:00〜17:00

■会 場: 岡山ロイヤルホテル 2階 光楽の間 (岡山駅西口徒歩15分)
        アクセス→ http://www.orh.co.jp/access/
 
■主 催: 岡山県、 公益財団法人岡山県産業振興財団

■参加費: 無 料

■内 容
(1)基調講演
  「アジアナンバーワンの環境・リサイクル企業を目指して
   〜DOWAエコシステムが挑戦する新事業展開〜」
    講師 DOWAエコシステム株式会社 代表取締役社長 佐々木 憲一 氏

(2)研究機関からのイノベーション関連トピックス提供
  「酸化鉄加工物『グリーンフェライト(R)』を用いた次世代型太陽電池の
   実用化に向けた取組」
    講師 岡山大学大学院自然科学研究科 教授 池田 直 氏

(3)企業・研究機関によるポスターセッション&プレゼンテーション
  (20団体出展)

 ☆プログラム・出展内容等、詳細情報はこちら↓↓↓
   http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/29.html

■参加申込
 下記URLよりオンライン申込可能です
 http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/340.html

■申込期限  11月25日(月)

■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:竹内
TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9676  URL http://bnet-okayama.jp/

2013-11-26 (火)  『 デジタルファブリケーション セミナー"3Dプリンタ等による新しいモノづくり" 』

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
◇ ミクロものづくり大学
◇ 『 デジタルファブリケーション セミナー
◇  "3Dプリンタ等による新しいモノづくり" 』のご案内
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

今回,開催するセミナーのテーマは,今,話題となっている3Dプリンタ,
レーザー加工機,CNCマシン等のデジタル加工機です。
現在,これらを活用したデジタルファブリケーションの実践に注目が集まっ
ています。これは,試作等に使う特別な装置として扱われていたデジタル加
工機が,技術の熟成によって低価格化が進行し,イノベーター理論(革新的
商品やサービスが市場に登場した際,その普及率が 16パーセントを超えると,
シェアが爆発的に拡大する)で定義されている臨界点を突破する時を迎えた
ことによります。複雑な加工技術が大衆化し,誰もがものづくりに参加できる
パーソナル・ファブリケーションの時代が幕を開けたのです。今後,これらの
機器の市場は,爆発的に拡大すると予想され,その技術の普及が期待されてい
ます。
しかしながら,これらの機器も,それを扱える人材がいなければ,何ひとつ
製品は生まれません。また,旧来の発想や開発手法では,これらの機器が持つ
本来の有効性を生かすことはできません。
そこで,今回のセミナーでは,本テーマの専門家おふたりをお招きして,これ
らの機器の活用や人材育成についてお話いただきます。
ひとつは,パーソナル・ファブリケーション時代の人材育成とその育成に必要
な"拠点の整備"の取り組みについて体験談を交えてお話していただきます。
もうひとつは,3Dプリンタの特性を活かした"福祉機器開発"についてのお話
をしていただきます。
会場には,3Dプリンタ等で作成した製品の展示コーナーも設ける予定にして
おりますので,この機会に,ぜひともご参加くださるようご案内いたします。


◇日 時  平成25年11月26日(火) 13:00〜17:00

◇会 場  岡山県工業技術センター 1F 技術交流室(岡山市北区芳賀5301)

◇内 容
  13:00 - 13:10  開会あいさつ
  13:10 - 14:40  講演1
   「つくりかたの未来を探るFabLab」
     大阪大学 創造工学センター 助教
     ファブラボ北加賀屋 津田和俊 氏
    概要:「(ほぼ)何でもつくる」ことを目標とするFabLabの活動が,
       いま世界中に広がっている。このFabLabの成り立ちと理念,
       展開の過程を解説する。さらに,大阪市住之江区の北加賀屋に
       関西初のFabLabを開設した経緯と現在の活動について紹介する。
  14:40 - 15:00  休憩
  15:00 - 16:00  講演2
   「福祉機器開発における3Dプリンタの活用−電動義手を例として」
     奈良先端科学技術大学院大学
     情報科学研究科 ロボティクス研究室 助教 吉川雅博 氏
    概要:現在3Dプリンタを活用して,機能性とデザイン性に優れた
      電動義手の開発を行っている。本講演では電動義手の開発
      プロジェクトを例にとりながら,福祉機器開発における3D
      プリンタ活用のメリットについて紹介する。
  16:00 - 16:10  休憩
  16:10 - 17:00  話題提供/意見交換会
           3Dプリンタで作成した製品/作品の紹介。話題提供。
  17:00      閉会

◇参加費  無 料

◇申込期限 平成25年11月22日(金)

◇製品展示 会場に3Dプリンタ等で作成された製品の展示コーナーを設けます。
      展示を希望される方は,申込みのEmailに「展示希望」と書き添えて
      ください。こちらから打ち合わせのご連絡をさせていただきます。
      また,話題提供の時間に製品紹介をお願いします。

◇申込方法 お申し込みは,E-mailでお願いします。件名(Subject)に
      「[DigiFab]セミナー参加」と書き,本文に以下のフォーマットで
      記入して,miwa[at]okakogi.jpにお送りください。([at]は半角の
      '@'に書き換えてください)
--------------------------------------------------------------
 Subject:[DigiFab]セミナー参加
 会社名・学校名 :吉備団子機械株式会社
 所属 :加工技術部
 役職 :研究員
 氏名 :岡山桃太郎
 E-mail :momotaro@kibidango-m.co.jp
 郵便番号 :702-3456
 住所 :岡山市西区吉備の山1234
 Tel :086-123-4567
 参加者氏名 :岡山桃太郎
 展示希望  :あり/なし[製品名] 
--------------------------------------------------------------
 1)英数字は半角,それ以外は全角でお願いします。
 2)半角カナは使用しないでください。
 3)英字半角のカンマ区切りでお願いします。

【担当者】 岡山県工業技術センター
       技術支援部 連携推進グループ 担当 三輪 昭生
      〒701-1296 岡山市北区芳賀5301
      E-mail:miwa[at]okakogi.jp([at]は半角の'@'に書き換えてください。)
      Tel:086-286-9600
      Fax:086-286-9632

2013-11-22 (金)  岡山理科大学OUSフォーラム2013

2001年から数え、今年で13回目のOUSフォーラムを、下記の要領で開催することとなりました。岡山理科大学および関連大学の研究者が、研究成果を広く皆様に紹介し直接対話をさせていただきます。今年は、特別記念講演に、日経「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2013」大賞に輝き、「町工場の星」として注目を集めている、ダイヤ精機(株)代表取締役 諏訪貴子氏をお招きしております。多数のご来場をお待ちしております。

◆開催概要◆

○開催日時
 平成25年11月22日(金)13時00分〜18時00分
○会  場
 岡山プラザホテル(岡山市中区浜、後楽園北隣) 4F&5F
○主催:岡山理科大学
 共催:倉敷芸術科学大学、千葉科学大学、吉備国際大学、九州保健福祉大学

◆プログラム◆

(前半の部)講演会
13時00分〜13時10分:開会挨拶(波田善夫学長)
13時10分〜14時00分:特別記念講演
 「町工場の経営改革と人材確保・育成 -2代目経営者が果たした事業再生-」  
ダイヤ精機(株)代表取締役 諏訪貴子氏
14時00分〜14時30分:産学連携に関する学園事例
 「大規模3D道路データの高速処理技術の開発」
岡山理科大学工学部情報工学科 島田英之准教授
 「試作電気自動車OVEC-ONEのパワーエレクトロニクス」
岡山理科大学工学部電気電子システム学科 笠展幸准教授

(後半の部)ポスター・セッション (全76テーマについてHPアップしています。)
14時45分〜15時50分:ポスター口頭説明(前半:4ステーション)
岡山のものづくり中小企業を支える ステーション
    医療・動物 ステーション
   ICT情報通信技術 ステーション
    建築・環境 ステーション
16時00分〜16時50分:ポスター口頭説明(後半:4ステーション)
ロボット・メカトロニクス ステーション
    福祉機器 ステーション
    化学・新材料・シミュレーション ステーション
健康長寿社会を支えるバイオ・テクノロジー ステーション

(中小企業向け技術相談会)
15時00分〜16時30分:個別相談(学外連携推進室コーディネータ)

(交流会)
17時00分〜18時00分:交流会(無料)

◆参加申込み方法(参加料:無料)◆
 ・岡山理科大学学外連携推進室のホームページ
http://www.ous.ac.jp/renkei/forum
 ・または、FAX又はメールにて、所属・氏名・住所・連絡先・交流会参加の有無をお知らせください。

2013-11-21 (木)  ICTビジネスフェアinおかやま’13

 よう見て、聴いて、話し展! ”ICTを活用した新時代へのビジネス提案”
              IT経営を私達が応援します!

 無  料

 << 現在脚光を浴びている3Dプリンターの体験もあります。>>
  
                     
 本フェアは、中国情報通信懇談会と共催し、各社の商品・ソリューションの提案と併せて多彩な商品群の紹介を行い、新たなビジネスチャンスの発掘に繋げて参りたいと考えており、ICT活用に関する様々なソリューション提案を展開する事により、
 これからの情報通信技術の更なる発展・普及と県内におけるICT産業の振興を目的に新商品・新技術の紹介、情報交換の場と、各専門家による問題解決の場をご提供いたします。
 各位におかれましては、万障お繰り合わせの上、多数のご参加をお願い申し上げますとともに、関係先へのご案内も併せてお願い申し上げます。

※ITコーディネータの方は本セミナーに参加されると、
  知識ポイントが付与されます。(13:00〜16:30)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            
                       記

1.日時  平成25年11月21日(木)13:00〜16:30
     (1).企業プレゼンテーション
     (2).特別セミナー
     (3).IT企業商品展示・新技術の紹介
    
2.場所  ママカリフォーラム2階 展示ホール
       岡山コンベンションセンター
        http://www.mamakari.net
       岡山市北区駅元町14番1号

3.IT企業の商品展示及びパネル展示 13:00〜16:30

4.IT企業のプレゼンテーション(予定) 13:15〜14:00、15:00〜16:25

5.特別セミナー 14:00〜15:00
  演題:漁業革命へのはてしなき挑戦!
      <好適環境水が拓く未来の養殖>
  講師:岡山理科大学工学部
       バイオ・応用化学科 准教授 山本 俊政 氏
  講演要旨
    好適環境水を利用した閉鎖循環式陸上養殖システムの特徴や養殖例についてわかりやすく紹介していただきます。
     
6.主催  (一社)システムエンジニアリング岡山(SEO)
       中国情報通信懇談会

7.後援 総務省中国総合通信局、経済産業省中国経済産業局、岡山県、岡山市、倉敷市、岡山県中小企業団体中央会、岡山商工会議所、倉敷商工会議所、(公財)岡山県産業振興財団、岡山県高度情報化推進協議会、岡山IPv6コンソーシアム、JISA(一社)情報サービス産業協会、ANIA(一社)全国地域情報産業団体連合会、ITCA特定非営利活動法人ITコーディネータ協会、CSAJ(一社)コンピュータソフトウェア協会(順不同)
      
8.参加申込方法
  ■Webからは、下記URLからお申し込み下さい。
    https://www.seo-okayama.or.jp/event/events/ZdY3Ffrp
  
  ■電子メールまたはFAXは、

    件名:ITソリューションフェアinママカリ’13
    本文:
       〇疚勝 
       会社名(団体名)、所属 :
       O⇒軅茵 
       ぃ稗團魁璽妊ネータの方はITC資格No.

    を明記の上、11月15日(金)までにお申し込み下さい。

    E-Mail:seo@optic.or.jp  FAX:086-286-9674

9.問合せ先   
   (一社)システムエンジニアリング岡山(SEO)宛にご連絡下さい。
   TEL(086)286-9653  FAX(086)286-9674
  Mail:seo@optic.or.jp

2013-11-20 (水)  第57回 メディカルテクノおかやま・サロン

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

第57回 メディカルテクノおかやま・サロン(11/20)

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇

「海藻由来多糖類の用途探索」

持田製薬株式会社 戦略推進部 新規事業 伊佐次 三津子 氏


【日 時】2013年11月20日 (水)18時〜19時

【場 所】岡山大学鹿田キャンパス 総合教育研究棟1階

【参加費】無 料

【講演内容】
アルギン酸は海藻の中でも褐藻類を原料として精製される天然の食物繊維です。化学構造は、β-(1-4)-D-マンヌロン酸とα-(1-4)-L−グルロン酸の2種類のウロン酸からなる直鎖状多糖で、2つのウロン酸の配列や含量の違いで多様な物理的性質を呈します。
最大の特徴は、水系においてカルボキシル基(-COO−)と対をなす陽イオンの種類によって物性が著しく変化することです。すなわち、水に溶けたゾルから、固いゲルの状態になり、全く異なる性質を持ちます。その特性を生かした身近な例としては、球形ゼリーの「人工イクラ」があります。その他、アイスクリームの増粘剤などで広く食品添加物として使用されています。
 アルギン酸の安全性については、日本では1957年に食品添加物として指定され、またFAO/WHOでも評価されて、世界的にも最も安全性の高い素材と考えられています。
 食品以外では、化粧品、繊維加工、水産用飼料やペットフードの粘結剤、入れ歯制作時の歯型をとるための歯科印象剤基剤など、応用分野は幅広いものになっています。
弊社は用途探索のための試薬を開発し、その特性を活かした研究を通して新たな用途を探索しています。今回は特に医療用途での応用例をご紹介し、弊社が提供する試薬が医薬品・医療機器(生体適合性材料)の研究や基礎研究に活用できないか、ご提案いたします。


★参加お申込はホームページの申し込みフォームよりお願いいたします。
http://www.optic.or.jp/medical/mail_to_attend/index.html?info_id=289

2013-11-19 (火)  狩野勝吉先生による難削材加工技術セミナー<1回目>

□□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「狩野勝吉先生による難削材加工技術セミナー」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□■
 岡山県と(公財)岡山県産業振興財団では、ミクロものづくり岡山
の一環として、航空機関連産業技術力強化事業に取り組んでいます。
このたび、去る9月30日に設立した「おかやま航空機材料等技術研
究会」の活動として、(独)産業技術総合研究所 客員研究員の狩野勝
吉先生をお迎えし、難削材加工技術の基礎から応用まで4回シリーズ
のセミナーを企画いたしました。
この研究会は、固定した会員制は取らず、講演会や実習等の各種活動
への参加者をもって会員とする緩やかな連携体として組織しており、
活動内容に関心をお持ちの方なら、どなたでもご参加いただけます。

 今回、4回シリーズの、1回目(11月19日開催)及び2回目
(12月10日開催)のセミナーについてご案内いたします。

 難削材加工技術に造詣の深い狩野先生の講演をシリーズで聴講でき
る絶好の機会ですので、航空機分野をはじめ、難削材加工技術に関心
をお持ちの皆様は、是非ご参加ください。

 なお、お申し込み等につきましては、下記「お申し込み・お問い合
わせ先」までお願いいたします。

<1回目>
「‘切削現象の見える化’を図って難削材加工に挑戦しよう」
■日 時 平成25年11月19日(火) 13:30〜17:00
■会 場 テクノサポート岡山 中会議室(岡山市北区芳賀5301)
■申込等 セミナーの詳細や申込みに関しては、下記の(公財)岡山県
産業振興財団ホームページをご覧ください。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/342.html

<2回目>
「ステンレス鋼切削の基礎と応用」
■日 時 平成25年12月10日(火) 9:30〜17:00
■会 場 テクノサポート岡山 中会議室(岡山市北区芳賀5301)
■申込等 セミナーの詳細や申込みに関しては、下記の(公財)岡山県
産業振興財団ホームページをご覧ください。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/343.html

<1回目・2回目共通>
■お申し込み・お問い合わせ先
(公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:西田・横田
TEL 086−286−9651
FAX 086−286−9676
E-mail:sangaku@optic.or.jp

2013-11-14 (木)  第7回 OMIC事業推進セミナー

 おかやまメディカルイノベーションセンター(OMIC)」(岡山大学医療系キャンパス内に設置)の分子イメージング技術を核とした、産学官連携による医療産業の創成を目指し、第7回セミナーを下記により開催します。


【日 時】 平成25年11月14日(木) 16:00〜17:05
【場 所】 岡山大学鹿田キャンパス(岡山市北区鹿田町2−5−1)
総合教育研究棟1階データ解析検討室
 地図 http://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/access/shikata_l.jpg

【参加費】 無 料
【主 催】 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター
特定非営利活動法人メディカルテクノおかやま

◆プログラム

1 開会挨拶(16:00〜16:05)
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター長 公文 裕巳

2 講 演(16:05〜17:05)

「イメージング質量分析の現状
〜最新テクノロジーを組み合わせたiMScopeによる高解像度イメージング〜」

株式会社島津製作所 分析計測事業部 MS ビジネスユニット 緒方 是嗣 氏

 イメージング質量分析は、組織切片をはじめとする生体試料を直接MALDI-TOF MS(Matrix-assisted laser desorption / ionization time-of-flight massspectrometry)によって分析し、その結果を二次元の質量分布として表すことにより、生体分子や投与薬物の切片上での分布情報を表すことができる方法として、近年注目をされています。
 イメージング質量顕微鏡「iMScope」は、顕微鏡で観察したものを直接MALDI法によってイオン化し可視化をする、特に高解像度のイメージング質量分析を行うための装置です。
 従来の装置よりも高解像度になったことと、今までMSを使ったことがないユーザーにも使用可能な簡便なインターフェースを採用したことにより、今まで質量分析には直接接点のなかった、病理学や薬物動態研究などの種々の領域で最先端の計測技術として期待されています。
 今回はiMScopeでの分析例を中心にして測定原理などMSイメージングの基礎から最先端の研究結果までを紹介するとともに、その現状と可能性を議論したいと思います。


★参加お申込は下記URLからお願いいたします。

http://www.optic.or.jp/medical/mail_to_attend/index.html?info_id=292

2013-11-13 (水)  ミクロものづくり大学『 電子機器の電磁波イミュニティ講習会 』

 岡山県工業技術センターでは、以下のとおり「ミクロものづくり大学」として講習会を開催することととなりました。
 本講習会につきましては、既にご案内したところですが、まだ席に余裕がありますので、再度ご案内させていただきます。

 なお、お申し込みは、下記【申込先】あてにお送りくださるようお願いいたします。


■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
◇ ミクロものづくり大学
◇ 『 電子機器の電磁波イミュニティ講習会 』のご案内
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■

 近年、メーカーの製造する製品に対して高い信頼性が要求される時代となっています。
 電子製品においては、外来電磁波等に対する誤動作等が大きな問題としてマスコミに取り上げられる事例もあり、より一層の信頼性試験が社会的に要求されていると思われます。
 そこで、今回は、電子機器の外来電磁波に対する耐性試験(イミュニティ試験)に焦点を当て、どのような試験が必要とされているのか、どのような対策を立てればよいのかについて、下記の通り講習会を開催いたします。
 電気・電子回路によって制御を行う幅広い機器の設計・製造・品質管理に携わる方に有益な講習会となると思いますので、多数のご参加をお待ちしております。

◇日 時  平成25年11月13日(水) 13:30〜17:00

◇会 場  岡山県工業技術センター 1F 技術交流室

◇定 員  40名

◇参加費  無 料

◇内 容  講演会

 1「イミュニティ試験法の概要」
   株式会社テクノサイエンスジャパン 副社長/技術部管掌取締役 山田和謙 氏

 2「製品およびプリント回路基板設計におけるイミュニティ対策の考え方」
   株式会社システムデザイン研究所 社長 久保寺 忠 氏

 3「IT機器の電磁ノイズと情報セキュリティ」
   岡山大学 大学院 自然科学研究科 助教 五百旗頭 健吾 氏

◇申込方法 下記事項を明記の上、FAX又はE-mailによりお申し込みください。
      先着順にて受け付け、定員に達し次第、締め切らせていただきます。

 【記載事項】
   件名:電子機器の電磁波イミュニティ講習会 (11/13) 参加申込み
    ヾ覿函Φヾ慳
   ◆―蠡
    参加者氏名
   ぁ]⇒軅茱瓠璽襯▲疋譽
   ァ]⇒軅TEL

◇申込先  岡山県工業技術センター 技術支援部 連携推進グループ 渡辺哲史
      〒701-1296 岡山市北区芳賀5301
      E-mail: watanabe@okakogi.jp
      Tel: 086-286-9600
      Fax: 086-286-9630

2013-04-23 (火)  【4/23〜全6回】平成25年度 振動リカレント教育のご案内(全1〜6)(岡山大学) 

 振動は、機械システム製品に必ず付随する永遠の課題です。
 本教育では、振動の基礎理論を背景に、種々の振動現象とそれに対する振動の評価・対策を立案するため、 【振動計測】【振動試験】【振動状態監視】【回転機械のつり合わせ】に関する基本知識を学習し 、実習を行うことで振動技術を体得します。
 また、今年度より【音響】や【防振】も新たなテーマとして取り上げ、内容をより一層充実させました。
 この教育は、毎年ほぼ同一内容で開催されるので、年をまたいで受講可能です。全て受講すれば、岡山大学より修了証が授与されます。(平成24年度以前から受講の方は5回出席で修了です。)
機械システムや製品の設計・開発部門の皆様の研修にも是非ご活用ください。

  会 場:岡山大学産学官融合センター(〒701-1221 岡山市北区芳賀5302)
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/03_06.html    

  定 員:20名前後(内容によって異なります)

  講 師:産学官融合センター客員教授 小村英智 氏
      三菱重工業(株)広島研究所 長井直之 氏
      岡山県工業技術センター   辻 善夫 氏(第2回)
      新川センサテクノロジ(株) 有馬和秋 氏(第5回)

  年間チラシ掲載ページ《振動技術教育 平成25年度開催プログラム》
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_03.html

※過去の受講状況が不明な場合は、事務室までお気軽にお問い合わせください

--------  平成25年度 振動リカレント教育年間スケジュール --------

【第1回】振動の基礎理論と振動計測の基礎
 日 時:平成25年 4月23日(火) 10:00〜17:00
 内 容:振動の基礎理論
     振動計測の基礎
     振動数分析の基礎

【第2回】振動および減衰特性の測定実習
 日 時:平成25年 7月23日(火) 10:00〜17:00
 内 容:振動試験の基礎
     振動および減衰特性の測定実習
     高度な振動試験について

【第3回】回転機械の状態監視と故障分析の基礎
 日 時:平成25年 9月10日(火) 10:00〜17:00
 内 容:振動状態監視 簡易診断
     (監視機械設備の選定、測定箇所、判定方法、判定基準)
     故障分析 精密診断
     (誘導電動機、ポンプ、転がり軸受、歯車、遊星歯車)

【第4回】音響の基礎と音響パワーレベル
 日 時:平成25年 10月15日(火)10:00〜17:00
 内 容:音響の基礎
     騒音レベルの基礎
     音響パワーレベルの基礎と演習

【第5回】回転機械のつり合わせの原理と実習
 日 時:平成25年12月5日(木)  10:00〜17:00
 内 容:1面修正の基礎と演習
1面修正の実習
2面修正の基礎

【第6回】防振と技術者認証試験体験
 日 時:平成26年2月18日(火)  10:00〜17:00
 内 容:防振対策の基礎と演習
     振動技術者認証試験の体験
     (認証試験問題を通して振動理論を学習)

※【第1回】の参加申込締切りは,4月18日(木)です。

  お問い合わせ □■-------------------------------------------
  お申し込み先  岡山大学産学官融合センター 事務室
           TEL:086-286-8002 FAX:086-286-8007
           E-mail:center@crc.okayama-u.ac.jp
  -------------------------------------------■□
--------------------------------------------------------------------
《 平成25年度 振動リカレント教育( 第 回 / 全回 ) 申込フォーム 》

 □氏名(ふりがな) :
 □勤務先      :
 □所属       :
 □(職名)     :
 □勤務先住所    :〒
 □TEL        :
 □FAX        :
 □E-mail      :
 □交通手段     :自動車   公共機関   その他
 □産学官融合センターからのメールマガジンを
           :希望する  希望しない  すでに受信済み
 
 ※産学官融合センターメールマガジンでは、振動リカレント教育の他にも
  センターで開催する各種セミナーや企業見学会(懇談会)、
  岡山大学での催し等の情報をお届けします。
--------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------
 発 行:岡山大学研究推進産学官連携機構 産学官融合センター事務室
 住 所:〒701-1221 岡山市北区芳賀5302番地
 T E L :086-286-8002   F A X :086-286-8007
 U R L :http://www.okayama-u.net/renkei/contents/10_01.html
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013-04-12 (金)  【4/12】第36回岡大サイエンスカフェ開催のご案内(岡山大学)

● 開催日時
平成25年4月12日(金) 18:00〜19:30

● 開催場所
岡山大学創立五十周年記念館  2階

● テーマ
多彩な季節感を育む日本の気候環境
〜季節の移ろいにも注目した文化理解教育との接点〜

● 講師
岡山大学大学院教育学研究科自然教育学系理科教育講座
加藤 内藏進  教授  (専門:気象学・気候学)

● 概要は下記URL参照下さい。
http://www.okayama-u.net/renkei/document/pdf/sciencecafe/sciencecafe36.pdf

● 申込方法
申込先 岡山大学研究推進産学官連携機構 (野木、松田)
  下記のいづれかの方法でお申込ください
TEL : 086−251−7112
FAX : 086−251−8467
E-mail : s-renkei@adm.okayama-u.ac.jp
http://www.okayama-u.net/renkei/contents/04_04.html
 (氏名、年齢、連絡先、車で来られる方は,明記ください)
※できるだけ公共交通機関をご利用ください 

  締切り :平成25年4月9日(火) 午後5時
  参加費 :無料

*************************************
野木 茂次   (工学博士、名誉教授)
岡山大学 研究推進産学官連携機構
研究推進本部長
〒700-8530 岡山市北区津島中1丁目1-1
電話: 086-251-8466、 FAX: 086-251-8467
E-mail: nogi-s@cc.okayama-u.ac.jp
*************************************

2013-03-26 (火)  【3/26】「ミャンマー経済セミナー」開催のご案内(ジェトロ岡山)

 岡山中金ユース会議とジェトロ岡山では、ミャンマーの経済概況、および投資先としての魅力と留意点について解説するセミナーを開催します。
 2011年3月に発足したミャンマー新政権は、これまでの軍政による内向きな政策を180度転換、諸外国からの投資を積極的に誘致する姿勢を打ち出しており、14年にはASEAN議長国に就任することも決まって世界各国の注目を集めています。
 アジア開発銀行(ADB)でも、13年における同国のGDP成長率を6.5%と予測、底堅い経済成長を見込んでいます。
 本セミナーをご活用いただき、貴社のビジネスにお役立て下さい。

・日  時   平成25年3月26日(火) 16:00〜17:30

・会  場   ホテルグランヴィア岡山

・参 加 料   無料
 
・定  員   60名

・締  切 3月18日(月)

詳しくはこちら↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/212.html

2013-03-26 (火)  【3/26】「平成25年度中小企業海外展開支援事業に関する説明会及び個別相談」の開催(JICA中国)

 近年,日本国内市場の伸びが期待できない中,経済成長の著しいアジアを中心とした新興国市場への海外進出を展開する企業が増えてきています。なかでも,潜在的経済成長力のある新たな開発途上国市場を求める企業も徐々に増えつつありますが,“途上国にはどのようなニーズがあるのか”“魅力的な市場だが何から手をつけてよいかわからない”などの声もあります。
 このたび,外務省・独立行政法人国際協力機構(JICA)・独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)・独立行政法人中小企業基盤整備機構は,平成25年度にご提供できる各種事業について説明会を開催いたしますのでご参加ください。

<日 時> 平成25年3月26日(火) 14:00〜17:00

<場 所> 中国経済産業局第1会議室
         (広島市中区上八丁堀6-30広島合同庁舎2号館2階)

<参加費> 無料

<プログラム(予定)>
1.平成25年度の外務省事業の説明,JICA事業の説明
 平成25年度の事業概要を説明すると共に,公示時期などを説明いたします。
 3月15日に公示されました協力準備調査(BOPビジネス連携促進)を含みま
す。

2.JETROからの説明
今回新たにジェトロが始める専門家による新興国進出個別支援サービスを中
心に,中小企業の海外展開支援事業の説明をします。

3.中小機構からの説明
中小機構における中小企業の海外展開支援事業について,説明いたします。

 ※閉会後,個別企業相談の時間を設ける予定です。

<詳細>
http://www.jica.go.jp/activities/schemes/priv_partner/sb/info20130318_01.html

2013-03-25 (月)  【3/25】国の円高・エネルギー制約対策のための先端設備等投資促進事業(平成24年度補正予算)に係る公募説明会の開催について(岡山県企業立地推進課)

 円高やエネルギー制約を克服する観点から、産業競争力強化・空洞化防止に向けて最新設備等の導入を支援する、「円高・エネルギー制約対策のための先端設備等投資促進事業(平成24年度補正予算)」について公募説明会を開催します。
 皆様のご参加をお待ちしております。

■日時  平成25年3月25日(月曜日)
       14時00分〜16時00分

■場所  テクノサポート岡山 大会議室
      (岡山市北区芳賀5301)

■対象  岡山県内の企業、自治体・産業支援機関関係者 等

■参加申込 岡山県企業立地推進課のホームページ
    (http://www.pref.okayama.jp/page/310862.html)
     をご覧の上、FAX又はパソコンからお申し込み
     ください。

※本件に関するお問い合わせ先
 岡山県産業労働部企業立地推進課誘致推進班(小西・黒木)
 〒700−8570
  岡山市北区内山下2−4−6
  電話   (086)226−7374
  ファックス(086)225−3449
  e-mail   kiritsu@pref.okayama.lg.jp

2013-03-25 (月)  【3/25】頭脳は燃えているか? 新商品・新サービスを発想するワークショップ開催のご案内(岡山商工会議所)

 厳しい経済環境が続く中、中小企業が業績向上・売上拡大を図るには新商品の開発や新サービスの提供が欠かせません。
 今回は、こうした新たな事業に取り組むにあたっての「ソフト面での発想や構築方法」を、参加事業所同士のワークショップによって議論し、学んでいただきます。
 岡山商科大学の教授陣がファシリテーター(進行役)として議論をリードいたしますので、より効率的・効果的に理解を深めることができます。
 新商品・新サービス創出について悩んでいる事業者、本気で新規事業の立案について議論し気づきを得たい事業者の方々のご参加をお待ちしております!

 ※申込等、詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=1151

◎日  時   平成25年3月25日(月) 10:00〜16:30

◎場  所   岡山商工会議所4階会議室(岡山市北区厚生町3−1−15)

◎内  容   ワークショッププログラム
         10:00~10:30  ワークショップの説明・グループ分け
         10:30~10:50  アイスブレーク
         10:50~12:00  ブレインストーミング
         12:00~13:00  昼食
         13:00~14:00  KJ法による分類と構造化
         14:00~14:30  発表資料のまとめ
         14:30~14:40  休憩
         14:40~15:40  プレゼンテーションと討論
         15:40~16:00  ふりかえり・アンケート

         ●講師:岡山商科大学 経営学部 特任教授 馬淵 キノエ 氏
             「岡山商工会議所ビジネスカレッジでは、異分野の方たちの化学
              反応による『とんでもない化合物』の創発を期待しています。」

              岡山商科大学 経営学部 商学科 教授 三好 宏 氏
             「マーケティング論の視点でお手伝いできればと思います。自分で
              言うのもなんですが、結構ユニークな発想をするタイプかも?」

              岡山商科大学 経営学部 経営学科 講師 大東 正虎 氏
             「このたびのワークショップでは、参加者のみなさまがお互いにアイ
              ディアを出し合った結果、どのような新たな発想が生まれるのか
              ということに、とても興味・関心があります。」
          
◎定  員   先着20名(定員に達し次第締め切らせていただきます)

◎参加対象  新商品・新サービスの創出を考えているあらゆる事業者

◎参 加 費  無料(岡山商工会議所会員)
         ※非会員の方は、2,000円/1人

◎主  催   岡山商工会議所・岡山商科大学
  共  催   岡山市・中国銀行・トマト銀行・おかやま信用金庫

■■お申込・お問合せ先■■
〒700-8556 岡山市北区厚生町3-1-15
TEL086-232-2266 FAX086-232-5269
担当者:山形・難波

2013-03-22 (金)  【3/22】岡山・産学官連携推進会議&ミクロものづくり岡山推進協議会共催セミナーのご案内

ものづくり分野を始め、様々な分野では技術の高度化等に向けた基盤として、産学官連携の重要性がますます高まっています。先進的な取組事例に触れることで、さらに優れた製品を開発し、市場を広げていくきっかけとしていただくため、セミナーを開催します。

●日時 平成25年3月22日(金)14:05〜16:30
    ※セミナー前に「ミクロものづくり岡山推進協議会総会」を開催しているため、14:00からご入場いただけます。
      ミクロものづくり岡山HP  http://micro-gr.jp/wp/?p=495
●場所 メルパルク岡山 1階 泰平(岡山市北区桑田町1−13)
●定員 150名  ※申込締切  3月15日(金)
    (但し、会場の都合上、定員になり次第締め切らせていただくことがあります。)

● スケジュール
14:05〜15:10 基調講演
   日本「再創造」〜地域の英知を結集したイノベーションの創出〜
   講師  株式会社三菱総合研究所 理事長 小宮山 宏氏

15:20〜16:30 事例発表〜県内若手経営者による産学官連携の取組紹介〜
   .ーニット株式会社 代表取締役 仁戸田 昌典氏
    「産学官共同でのオンリーワン製品作り」
   ∩夘潺棔璽螢鵐圧々株式会社 代表取締役 田尻 さや香氏
    「ものづくり中小企業の研究開発と産学官連携」

●お問合せ・お申込み先
岡山県産業労働部産業振興課内 
岡山・産学官連携推進会議事務局(藤田)、ミクロものづくり岡山推進協議会事務局(宮本)
〒700-8570 岡山市北区内山下2−4−6
TEL:086-226-7352  FAX:086-224-2165  E-mail:sangyo@pref.okayama.lg.jp

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

2013-03-20 (水)  【3/20】講演会「地域を元気に!〜企業の取組み事例〜」(倉敷市商工課)

 くらしき創業サポートセンターでは,講演会「地域を元気に!〜企業の取組み事例〜」を開催します。
 「世界一受けたい授業」の人気講師,神戸国際大学の中村 智彦
教授をお招きし,「地域を活性化させる企業の取組み」,「ものづくり」,「まちおこし」,「起業」をテーマにご講演いただきます。
 受講料は無料!どなたでもご参加いただけます。
 ただ今参加者募集中!!ふるってご参加ください!!

●日時
平成25年3月20日(水・祝) 14時〜16時 (13時30分開場)

●場所
倉敷芸文館 202会議室(倉敷市中央1−18−1)
※地図・交通アクセスについては,倉敷 芸文館ホームページ
<http://www.kcpf.or.jp/hall/geibu/geibu-koutsu-frame.html>をご覧ください。

●講師
神戸国際大学経済学部教授 中村 智彦 氏

<講師紹介>
専門は中小企業論と地域経済論。日本テレビ「世界一受けたい
授業」講師、テレビ大阪「ニュースBIZ」コメンテーターほか
メディアにも出演多数。

● テーマ
地域を活性化する「企業の取組み」、「起業」や「ものづくり」,「まちおこ
し」についてお話いただきます。

●定員
70名程度

●申込方法
倉敷市商工課ホームページ・電話・FAX・Eメールでお申込も受け付けています。
ホームページ:http://www.city.kurashiki.okayama.jp
/dd.aspx?itemid=59640#moduleid6276
電話:086-426-3405(受付時間:平日8時30分〜17時15分)
FAX:086-421-0121 / Eメール:cmind@city.kurashiki.okayama.jp


■くらしき創業サポートセンターについては,下記のURLをご覧ください!
(倉敷市商工課ホームページへ)
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=15230

--
**************************************
倉敷市文化産業局 商工労働部 商工課
中西 淳子

〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640
TEL (086)426-3405
FAX (086)421-0121
e-mail:cmind@city.kurashiki.okayama.jp
***************************************

2013-03-19 (火)  【3/19】「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」公募説明会の開催についてのお知らせ(岡山県中央会)

 さてこの度、経済産業省により取り纏められた「日本経済再生に向けた緊急経済対策」において、中小企業・小規模事業者対策として平成24年度補正予算の中に盛り込まれた「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援事業」につきまして、本説明会でその事業概要についてご案内いたします。
 現在、要綱等作成中であり、事業の中身においてまだ詳細な部分は精査中ではありますが、平成21年度実施の「ものづくり中小企業製品開発等支援事業」に基づく骨子作成が行われており、当事業においても「中小ものづくり高度化法」22分野における試作品開発等に対する総合的な支援が講じられます。
 つきましては、急なご案内で誠に恐縮ではありますが、万事お繰り合わせの上、当説明会にご参加賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

■開催日時 平成25年 3月19日(火) 13:00 〜 15:00

■開催場所 岡山プラザホテル 5階「延養の間」(岡山市中区浜2-3-12)
       TEL:(086) 272-1201

■開催内容 「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援事業
        の概要について」

■お申し込み方法 下記HPをご参照頂き、参加申込書をFAX(086-232-4145)
         またはe-mailにてご送付下さい。

【お問い合わせ先】
 岡山県中小企業団体中央会(http://www.okachu.or.jp)経営・労働支援課
 TEL:(086) 224-2245  e-mail:monodukuri@okachu.or.jp

 ※「中小ものづくり高度化法」22分野についてはこちらをご参照下さい。
 → http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2012 /0412Kiban_Shishin.htm

2013-03-18 (月)  【3/18】中小企業金融・経営相談会 開催のご案内(岡山県経営支援課)

 岡山県産業労働部経営支援課では、中小企業金融円滑化法が本年3月末に期限を迎えますが、中小企業を取り巻く経営環境は依然として厳しい状況にあることから、様々な経営課題を抱える中小企業を対象とした講演及び個別相談会を開催いたします。

■県  南  日時:平成25年3月4日(月) 13:00〜16:30
       会場:岡山商工会議所
       講演:小林裕彦弁護士、岡山県信用保証協会担当者

■県  北  日時:平成25年3月18日(月) 13:00〜16:30
       会場:津山商工会議所
       講演:飯綱浩二弁護士、岡山県信用保証協会担当者

 相 談 会  県南、県北共通
       個別相談:金融相談、経営改善・事業再生、事業承継、創業・
            経営革新・農商工連携、緊急雇用安定助成金、その
            他経営一般
       対 応 者:弁護士、中小企業診断士、岡山県信用保証協会担当
者、岡山労働局担当者、中小企業支援機関相談員

 参 加 料   無料

詳しくはこちら↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/209.html

2013-03-18 (月)  【3/18】平成25年度戦略的基盤技術高度化支援事業に係る事前説明会及び相談会の開催(中国経済産業局)

 中国経済産業局では、中国地域のモノづくり企業の更なる競争力強化とイノベーションの創出に向け、平成18年度から戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)を推進しています。
 独立行政法人中小企業基盤整備機構中国本部との共催により、平成25年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)に提案していただくための事前説明会及び相談会開催いたします。

・日  時   平成25年3月18日(月) 13:30〜16:30

・会  場   岡山コンベンションセンター「302会議室」

・定  員   50名

・内  容   ・制度概要説明(30分程度)
         ・希望者について相談会を実施し、個別に相談に応じます。
 
・締  切 3月15日(金)

詳しくはこちら↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/214.html

2013-03-15 (金)  【3/15】「利益相反セミナー 〜産学官連携における利益相反の問題点とマネジメント方法を学ぶ〜」開催のご案内(鳥取大学/さんさんコンソ)

 産学官連携における利益相反の問題点とマネジメント方法を学ぶセミナーを開催いたします。

<日 時> 平成25年3月15日(金) 15:00〜16:30

<場 所> 鳥取会場:鳥取大学 広報センター2階スペースC
      米子会場:鳥取大学 医学部 旧保健学科棟2階第2会議室
                          (テレビ会議中継)

<対 象> 大学等の教職員,公的機関及び一般企業の方

<定 員> 鳥取会場:60名,米子会場:30名

<プログラム>
 ◆開会挨拶
   鳥取大学 理事(研究担当,米子地区担当)・副学長 井藤 久雄

 ◆講演『国立大学法人における利益相反マネジメントの現状』
   一般社団法人発明推進協会 知的財産プロデューサー 佐々木 茂雄 氏
   (山梨大学 燃料電池ナノ材料研究センター 客員教授,
                           鳥取大学客員教授)

 ◆質疑応答

<詳細・申込み>
 http://www.sangaku-cons.net/pamphlet/20130315_riekisouhanseminar.pdf

2013-03-15 (金)  【3/15】平成24年度 特別電源所在県科学技術振興事業研究成果発表会(岡山県産業振興課)

 岡山県では、地域の有するポテンシャルを活かした産業活性化を図るため、県内大学及び工業高等専門学校並びに岡山県工業技術センターにおける技術シーズ創出を目的とした研究開発を推進しています。
 このたび、平成24年度の研究成果について、下記により研究成果発表会を開催します。
 年度末のご多用の時期とは存じますが、是非ご参加下さいますようご案内申し上げます。

1 日 時 平成25年3月15日(金) 13:30〜16:00

2 会 場 岡山ロイヤルホテル(岡山市北区絵図町2−4)

3 内 容  ポスター形式による展示発表
       ・ものづくりの高度化に関する基盤技術分野 11テーマ
       ・新規医療の創造に関する基盤技術分野    9テーマ
       ・機能性食品に関する基盤技術分野      1テーマ
       ・次世代技術に関する基盤技術分野      4テーマ

4 参 加 費  無 料

5 申込方法  申込票にご記入の上、FAXによりお申し込みください。
        なお、当日参加も受け付けます。

6 申 込 先  岡山県産業労働部産業振興課技術振興班(担当:西、細川)
        電話:086-226-7379 FAX:086-224-2165
        
○展示内容の一覧や申込票はこちらのページからご確認ください。
http://www.pref.okayama.jp/site/presssystem/270937.html

2013-03-15 (金)  【3/15】売るモノづくりセミナー(フィードバックセミナー)の開催の御案内(岡山県備前県民局)

 備前県民局では、「備前おかやま売れるモノづくり応援事業」の一環として、本年2月の1ヶ月間、東京ミッドタウン内で、テストマーケティング「晴れの国 備前岡山展vol.3」を実施しています。
 この度、テストマーケティングの分析結果を報告するとともに、今後の岡山のモノづくりのあり方をテーマに、モノづくりに携わる関係者によるパネルディスカッションを行う「売るモノづくりセミナー(フィードバックセミナー)」を下記のとおり開催しますので、皆様の御参加をお待ちしています。

 ※申込等、詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.pref.okayama.jp/site/11/307202.html

○開催日時:平成25年3月15日(金) 13時00分〜16時00分

○会場:岡山国際交流センター 2階 国際会議場
      (岡山市北区奉還町2-2-1)

○対象:モノづくり企業・団体、商工関係団体、デザインに携わる方、デザインを勉強されている方 など

○講演:「岡山のモノづくりの可能性について」
      講師 メイド・イン・ジャパン・プロジェクト(株)代表取締役社長 赤瀬 浩成 氏

○パネルディスカッション:
 「岡山のモノづくりの可能性と今後の展望について」
〈パネリスト〉
  ・烏城紬 須本 雅子 氏
  ・牡蠣の家 しおかぜ 野〓 厚子 氏
  ・ゴールドクロス 代表 向井 宏志 氏
  ・(有)山本製菓 専務取締役 山本 高広 氏
  ・Design Navi 山本 奈美 氏
〈コーディネーター〉
  メイド・イン・ジャパン・プロジェクト(株)代表取締役社長 赤瀬 浩成 氏

○参 加 料:無料

○募集人員:120名程度

○申込締切:平成25年3月8日(金)

○問い合わせ先:
 備前県民局地域政策部 協働推進室
 〒700-8604 岡山市北区弓之町6−1
 TEL 086-233-9880
 FAX 086-233-9888

2013-03-15 (金)  【3/15】中国地域太陽電池フォーラム 第2回課題検討会(中国経済産業局)

 中国経済産業局が主導する中国地域太陽電池フォーラムでは、「第2課題検討会」を開催します。
 本検討会では、次世代太陽電池について部素材をテーマにし、有機太陽電池や化合物太陽電池を中心とした次世代太陽電池の開発状況とともに、部素材を巡る最新情報と課題について講演及びディスカッションを行います。

・日時:平成25年3月15日(金) 13:30〜17:00(懇親会17:30〜)

・場所:TKPガーデンシティ広島 ブルーダイヤ(広島市中区)

・参加費:無料(懇親会費3,000円)

・問合せ先:中国地域太陽電池フォーラム事務局
      (株)三菱化学テクノリサーチ 情報センター広島
      (担当:崎前/妹尾/岩本)

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.pvforum.jp/

2013-03-15 (金)  【3/15】〜iPhone、iPadの伝道師が岡山にやってくる〜スマートデバイス活用セミナー及び交流会のご案内(岡山県中小企業団体中央会)

 この度、岡山経革広場推進協議会(事務局:岡山県中央会)ではスマートデバイスの活用事例また導入効果を周知し、参加者の業務効率改善、営業力アップを目的としたセミナーを開催することと致しました。
 講師にはソフトバンクモバイル株式会社 主席エヴァンジェリストの中山五輪男氏をお招き致します。
 中山氏は数々のiPhone、iPad活用術の講演活動、iPhone関連の書籍の執筆活動や複数のTV番組出演でのiPhone訴求などiPhone、iPadの伝道師としてご活躍されております。
 参加ご希望の方は、協議会事務局宛にFAXまたはメールにてお申し込みください。
 多数の皆様のご参加を重ねてお願い申し上げます。

 詳細、申込用紙は下記URLよりダウンロードをお願いいたします。

 → http://www.okachu.or.jp/?p=1319

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.開催日時 平成25年3月15日(金)  午後2時00分〜午後7時00分

2.開催場所 岡山市北区下石井2-6-41 ピュアリティまきび

3.内容
  【1】セミナー(午後2時00分〜午後4時00分)【先着100名様】
     講 師:中山 五輪男 氏
        (ソフトバンクモバイル((株) ビジネス推進統括部 首席エヴァンジェリスト)
     タイトル:「明日から実践できる iPhone、iPad 超活用術 国内最新導入事例を徹底研究」

  【2】対 談 (午後4時10分〜午後5時00分)
     講 師:中山 五輪男 氏
         久保田 浩二 氏(特定非営利活動法人ITC岡山 理事長 )
     進行役:橋本 幸夫 氏((株)システムズナカシマ 専務取締役 )
     テーマ:「スマートデバイスは中小企業を変革できるか?」

  【3】交流会(午後5時15分〜午後7時00分)【先着30名様】

4.参加費 セミナー:無料
        交流会 :5,000円/1名

5.連絡先 岡山市北区弓之町4番19−202号
       岡山経革広場推進協議会/担当:林
       TEL(086)224−2245 FAX(086)232−4145

 *申し込み締め切り日:3月11日(月)【定員に達し次第締切】

2013-03-14 (木)  【3/14】平成25年3月度 ORIC交流会のご案内(ORIC)

 毎月恒例のORIC交流会を下記の通り開催いたしますのでご案内申し上げます。
 多数の方々の参加をお待ちしております。

●日 時:平成25年3月14日(木)
     交流会:12:00〜13:00(受付11:30〜)

●場 所:岡山リサーチパーク インキュベーションセンター(ORIC)
     2階 交流サロン(岡山市北区芳賀5303)http://www.oric.ne.jp/

●スケジュール
------------------------------------------------------------
機欷鯲会の部/12:00〜13:00(受付11:30〜)
------------------------------------------------------------
お食事をとりながら、入居企業の紹介をお聴きいただきます。

1.入居企業紹介(12:20〜12:45)
  「有機・無機ハイブリッド薄膜材料の開発と
    フィルムベースエレクトロニクス産業の振興」
  (株)マテリアルデザインファクトリー 代表取締役
   大阪市立大学工学研究科 教授
   中山 弘 氏

2.名刺交換会(12:45〜13:00)

≪参加費(お弁当代)≫ 400円
≪申込み締切≫ 平成25年3月12日(火)

-------------------------------------------------------------
 ※今月はセミナーは実施いたしません
-------------------------------------------------------------

●お申込み 下記項目をご記入の上、ORICスタッフルームまでお願いします。
 お問合せ  TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117 E-MAIL:info@oric.ne.jp

----------≪ORIC交流会 申込書(3/14開催)≫-----------

・参加者氏名(ふりがな)・役職
・所属団体/会社名
・連絡先住所 〒
 TEL.   FAX.   E-MAIL.

-------------------------------------------------------------
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
支援スタッフルーム
岡山リサーチパーク 
インキュベーションセンター(ORIC)
〒701-1221 岡山市北区芳賀5303
TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117
E-mail:info@oric.ne.jp
URL:http://www.oric.ne.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2013-03-14 (木)  【3/14】B−net リサイクル先進事例視察 のご案内(岡山県産業振興財団)

 中四国環境ビジネスネット(B−net)では、来る3月14日(木)、産業廃棄物の利活用に向けた先進的な技術開発を行っている中国地域の2社を視察いたします。
 当日は、意見交換も予定していますので、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

■日 時  平成25年3月14日(木)

■集合場所  岡山駅西口(8:30)、テクノサポート岡山(9:00)
           ※希望者があれば、福山駅集合あり

■視察先

  (1)株式会社エフピコ 福山リサイクル工場 (広島県福山市箕沖町)

       食品トレー製造の国内トップメーカー。
       使用済みトレーの回収、ペレット化による独自のリサイクル
      システム、障害者の優先雇用など、環境と福祉の融合を図る
      リサイクルの先進的企業です。

  (2)株式会社フジコー 山陽工場 (浅口市鴨方町)

       溶接、溶射、特殊構造などの金属表面処理の基本技術をベースに、
      板用圧延仕上げロールのリサイクル化や、溶射技術を駆使した消臭
      殺菌タイル、空気消臭殺菌装置など、既存事業のみならず新規事業
      を創造し続ける企業です。

■参加費  無料 ※ただし、昼食代は現地で各自精算

■募集対象
  (1)再生プラスチック加工、開発に関心のある方
  (2)金属資源のリサイクルに関心のある方
  (3)その他、資源の有効活用に関心、あるいは提案をお持ちの方

■募集定員  25名

■申込方法
   参加申込書に必要事項をご記入のうえ、事務局宛てFAXまたはメール
  にてお申し込みください (定員に達し次第、締め切ります)

■詳細情報、参加申込書
   下記よりダウンロードしてください
     http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/18.html

■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:石部・竹内
    TEL 086−286−9652
    FAX 086−286−9675

2013-03-13 (水)  【3/13】「中小企業におけるクラウドの利活用」のご案内(岡山県産業振興財団)

    いつクラウドを使うのか?? 今です!!!
   
 インターネットは電気・ガス・水道普などのインフラと同じように社会に浸透し、スマートフォン、タブレッド等のスマートデバイスが、急速に普及した社会において、企業や団体等の利用者が仕組みや手順を知らなくてもITサービスを活用できるのがクラウドコンピューティング(クラウド)です。
 また、クラウドは成熟化が進み、経営やビジネスに役立たせる事例も増えてきて、とても身近になってきました。
 このことから、岡山県コンピュータ応用技術研究会では、特別セミナー「コンピュータの変貌と将来」「中小企業におけるクラウドの利活用」を開催いたします。
 クラウドって何?という方にもわかりやすく、これからの経営戦略や、BCPに組み込めるようなサービスの活用方法やワークスタイルの変革を理解しやすい内容と、豊富な事例を交えながら解説いたします。

 日 時   平成25年3月13日(水) 
         15時〜17時30分 / 17時40分〜19時

 会 場   岡山ロイヤルホテル2 階 光楽の間 
          〒700-0028 岡山市北区絵図町2-4
          TEL 086-255-1111

 交流会   平成25年3月5日(火)
 締 切  

 定 員    60名(先着順 定員になり次第、締め切ります)

 対 象    岡山県内中小企業
 
 主 催    岡山県コンピュータ応用技術研究会
    
         web サイトからもお申し込みできます!
        http://www.optic.or.jp/okayama-ssn
 
・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・
−・・

■ プログラム
 ☆特別セミナー  15時〜17時30分
  参加料   無 料
 
 ≪講演1≫  「コンピュータの変貌と将来」
      岡山県コンピュータ応用技術研究会 会長
      岡山県立大学 情報工学部 
               名誉教授 山北 次郎 氏

 ≪講演2≫  「中小企業におけるクラウドの利活用」
  〜今だから聞ける!IT経営のためのクラウド超活用術〜
      株式会社富士通マーケティング
        ニュービジネス推進統括部
        サービス・クラウド企画部
            チーフマネージャー 岡 聡 氏

 ☆交流会    17時40分〜19時
   
   参加料   3,000円   
   
   締  切   平成25年3月5日(火)

■主 催    岡山県コンピュータ応用技術研究会

■後 援    (公財)岡山県産業振興財団
          岡山県工業技術センター
          (一社)システムエンジニアリング岡山

◆申込み方法
          下記URLよりお申込ください。
          但し、定員60名になり次第締切ます。
          交流会は、平成25年3月5日(火)締切
          http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/
        ← 岡山県産業支援ネットワーク「イベント情報」

連絡先 : (公財)岡山県産業振興財団 研究開発支援課
  (担当:石部・秋山・尾崎)
      〒701-1221 岡山市北区芳賀5301
         Tel 086-286-9711 Fax 086-286-9706 
E-mail:konken@optic.or.jp 

2013-03-13 (水)  【3/13】「国際産学官連携シンポジウム」のご案内(国際・大学知財本部コンソーシアム)

 UCIPでは、グローバルな産学官連携、特に国内大学の研究シーズをグローバルに展開することを目的に、加盟11大学とともに活動を進めております。
 このたび、このような活動への一助としていただきたく、国際的かつ先進的なR&D並びに連携への取り組みにつき、各分野の一線にてご活躍されている方々から実践的なご講演を戴くこととなりました。 
 大学、研究機関、産業界、知財関係の方など、広範な皆様方のご参加をお待ち申し上げます。

 参加ご希望の方は、添付の開催案内2頁目(裏面)申込書の所要事項(※)をご記入のうえ、3月6日(水)までにe-mailまたはFAXにてUCIP事務局へお申し込み下さい。
  ※御芳名、御所属、御連絡先(電話番号・メールアドレス・住所)

■ 開催日時  平成25年3月13日(水)  13:30〜16:50  <受付:13:00〜>

■ 開催場所  キャンパス・イノベーションセンター東京 1F 国際会議室(東京都港区芝浦3-3-6)

■ 定 員   100名

■ 参 加 費 無料  

■ 主  催  UCIP(国際・大学知財本部コンソーシアム)

■プログラム(予定)
 13:30 −13:35 開会の挨拶
 13:35 −13:45 文部科学省挨拶
 13:45 −14:10 UCIPの活動と今後の展開   
          UCIP事務長(山梨大学特任教授) 小暮 純生
 14:10 −15:00 国際報道の現場からみた日本のイノベーション(人工知能研究を例に)
          朝日新聞 国際報道部記者 都留 悦史
 15:00 −15:15 休憩
 15:15 −16:05 欧州における東芝の国際基盤研究活動と産学連携
          東芝欧州研究所 ケンブリッジ研究所 副所長 内古閑 修一
 16:05 −16:45 Lilly社のR&D戦略と国際連携 
          日本イーライリリー株式会社 研究開発本部 
           グローバル・エクスターナル・R&D 専門部長 金田 宣
 16:45 −16:50 閉会の挨拶

<お申込・お問い合わせ>
UCIP(国際・大学知財本部コンソーシアム)事務局
E-mail: ucip@bz03.plala.or.jp
Tel 03-6413-6226 Fax 03-5440-9084
〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6 CIC東京610
URL: http://www.ucip.jp/

2013-03-13 (水)  【3/13】航空機関連産業地域セミナー(ひろしま産業振興機構)

 (公財)ひろしま産業振興機構では、「航空機関連産業地域セミナー」を開催します。
 航空機関連産業は、高度な品質管理や部品加工等を要求される産業分野ではありますが、自社技術の高度化・多角化を図れることから、他産業への波及効果も大きく期待されています。
 本セミナーでは、県内企業が航空機関連産業への新規参入の可能性を探る上で重要となる最近の動向、今後の展望等について紹介します。

・日時:平成25年3月13日(水) 14:00〜17:20(交流会17:30〜19:00)

・場所:ホテルグランヴィア広島(広島市南区)

・参加費:無料(交流会費4,000円)

・問合せ先:(公財)ひろしま産業振興機構(担当:上野)

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.hiwave.or.jp/Shien/syuseki/a_20130313.html

2013-03-13 (水)  【3/13】平成24年度 第4回 会員ビジネス交流会のご案内 「マスコミに製品・サービス等をPRするチャンス!」(岡山商工会議所)

◎テーマは「発信力」◎

 新たに開発した商品や製品、技術やサービスの情報をうまく発信することで、企業の知名度向上やイメージアップ、販売促進につながります。
 多くの企業がホームページやツイッター、フェイスブックなどITを活用した宣伝にはすでに取り組まれています。それらに加え、新聞、テレビ、雑誌などで取り上げられれば、さらに相乗効果を生むことができるのです。
 今回の交流会では、具体例を交えた広報戦略についてのセミナーを行うとともに、マスコミ各社の記者の方々との交流の場を提供いたします。
 記者の方々も、企業の皆さんからの情報提供を待っています。この機会に、自社製品、技術、サービスを積極的にPRしましょう!!

◎日 時  平成25年3月13日(水) 13:30〜16:00
 
◎会 場  岡山商工会議所 1階会議室
 
◎参加費  無料
  
◎定 員  60名(定員になり次第締め切らせていただきます)
      ※岡山商工会議所会員限定(新規入会者も参加可能)

◎内 容
13:30〜    岡山商工会議所の事業紹介

13:40〜14:20 セミナー
        テーマ: 効果的な広報戦略について
        講 師: ANA 岡山支店 マネジャー 春田 浩 氏

14:20〜16:00 参加者とマスコミの個別説明会・名刺交換会

★マスコミへのPRタイム★
・希望者は各マスコミブースにおいて自社商品・技術等の説明を行いPRできます。
 ※希望者数により一事業所あたりの制限時間を設けることがあります。
・会員事業所間で自由に名刺交換・情報交換を行っていただきます。
・申込締切後、改めて当日の流れについてご連絡します。

※申込方法等詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=1149

<お申し込み・お問い合わせ先>
 岡山商工会議所 企画課
  〒700-8556 岡山市北区厚生町3−1−15
  TEL: 086-232-2262 FAX:086-225-3561

2013-03-11 (月)  【3/11】関西H&I研究会 第36回研究会のご案内(岡山県工業技術センター)

 日本接着学会では、接着関連以外にも、複合材料およ び界面に関する研究についての講演会を企画しており、今回、岡山県工業技術センターと共催で、岡山の地にてH&I(ハイブリッド&インターフェイス)研究会を開催することとなりました。ふるってご参加下さい。

■日時:2013年3月11日(月)  13:30〜17:10

■場所:岡山国際交流センター 5階会議室(1)
     〒700-0026 岡山市奉還町2丁目2番1号 TEL:086-256-2905)

JR,岡山駅から徒歩3分。詳 細はURL(http://www.opief.or.jp/oicenter/)をご
参照ください。

■内容
● 13:30-14:20 講演1
「木質系バイオマスを利用した新素材開発」
  岡田賢治 先生(倉敷芸術科学大学生命科学科)

● 14:20-15:20 講演2
「液状機能剤のコンパウンド技術「SROPE」とその応用製 品」
  秋庭 英治 先生(クラレリビング(株) 研究開発部)

(15:20-15:40 休憩)

● 15:40-17:10 講演3 (仮決定)
「二軸押出機の混練について」
  柿崎 淳 先生
 ((株)日本製鋼所 広島製作所 樹脂製造機械部 樹脂製造機械開発グループ)

※今回は、岡山県工業技術センターと共催としており、非会員も参加無料としており ます,

―――――――――――――――――――――
・問合せ先:
日笠 茂樹  岡山県工業技術センター
〒701-1296  岡山市北区芳賀5301,
Tel: 086-286-9600,Fax: 086-286-9630
Email:  shigeki_hikasa@pref.okayama.lg.jp

・申込み先:
一般社団法人日本接着学会関西支部ホームページからお申 し込みをお願い申し
あげます。

http://www.adhesion.or.jp/seminar

(H&I会 員の方は、会員種別を「研究会会員」にしてご入力下さい。)

2013-03-11 (月)  【3/11】 「オムロン(株)草津事業所視察」のご案内(岡山県産業振興財団)

 この度,岡山県内中小企業等の皆様を対象に,FAシステム機器・制御盤メーカーとして車載電装部品・健康医療機器市場トップクラスであり,開発・生産が一体となって高度でスピーディーな事業展開に取り組んでいるオムロン(株)草津事業所の視察を実施いたします。
 この機会に,オムロン(株)国内最大生産拠点の技術に触れ,今後の生産活動のヒントとしていただければと思いますので,ぜひご参加ください。

<日時> 平成25年3月11日(月) 13:30〜16:00

<場所> オムロン(株)草津事業所(滋賀県草津市西草津2-2-1)

<参加費> 無料

<詳細・申込み>
 http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/196.html

2013-03-08 (金)  【3/8】「食品分野研究シーズ発表会in平田」開催のご案内( しまね産業振興財団)

 島根県は,農林水産業等「食品」に関わる地域資源に恵まれており,これらの食品の機能性を活かした新商品等の開発は,健康意識の高まりとともにさらなる成長が見込まれています。今般,食品分野における産学官のさらなる連携を図るため,「食品分野研究シーズ発表会」を開催します
 「シーズ(=種)」とは,今後の研究開発や実用化が期待される大学等の研究成果であり,産業界での活用が求められています。大学との連携による新技術導入や新商品開発にご関心のある方,この機会に是非ご参加下さい。

<日 時> 平成25年3月8日(金) 14:00〜17:40

<場 所> 割烹温泉ゆらり・食堂ホール(出雲市平田町7178)

<定 員> 70名

<参加費> 無料(事前登録制)  
       ※情報交換会は会費制:4,000円(入浴券付き)

<プログラム>
 ◆開会挨拶
   島根大学 理事(学術・国際担当)副学長 竹内 潤

 ◆発表シーズ1『柿の品種と種なし果実生産』
 島根大学 生物資源科学部 農林生産学科 准教授 江角 智也

 ◆発表シーズ2『未利用果実を用いた西条ガキ熟柿の生産と利用』
   島根県立大学短期大学部 健康栄養学科 教授 赤浦 和之

 ◆発表シーズ3『飼料米を給与した「しまね和牛」の肉質分析』
   島根県立大学短期大学部 健康栄養学科 准教授 籠橋 有紀子

 ◆発表シーズ4『代替カリ肥料原料としての
               海藻と木質バイオマス燃焼灰の利用可能性』
   島根大学 生物資源科学部
附属生物資源教育研究センター 准教授 松本 真悟

 ◆名刺交換会1(休憩)

 ◆『出雲産煎茶の存続とブランドの確立に向けて』
株式会社出雲精茶 代表取締役 米山 弘

 ◆『県内産業界との産学官連携に向けて』
   島根大学 産学連携センター 准教授 丹生 晃隆

 ◆『しまね産業振興財団の事業概要』
   公益財団法人しまね産業振興財団 技術支援課 主事 清水 陽介

 ◆発表シーズ5『花粉症の症状を軽くする機能性食品の研究開発の動向』
   島根大学 医学部 耳鼻咽喉科学 教授 川内 秀之

 ◆発表シーズ6『地域素材・未利用素材を利活用した商品開発の
               戦略について ―栃木県の支援事例から―』
   島根大学 産学連携センター 地域産業共同研究部門長
                   生物資源科学部 教授 佐藤 利夫

 ◆閉会挨拶

 ◆名刺交換会2

 ◆情報交換会(17:45〜19:15)

<詳細・申込み>
 http://www.joho-shimane.or.jp/docs/2013013000019/

2013-03-08 (金)  【3/8】第27回 振動技術懇談会 3/8(金)開催のお知らせ(岡山大学)

 振動技術懇談会は『振動に関連した種々技術』を対象に、企業の現場訪問・技術報告の実施、また大学からの話題提供を受ける技術交流を目的とした会合で、年間4〜5回 開催しています。
 今回は、岡山大学、三井造船? 様およびIMV? 様のご協力により、研究テーマの紹介、振動関連計測技術の紹介を中核に、振動技術懇談会からの話題提供も加えて、自由に語り合います。
振動技術に関わる多くの方々のご参加をお待ちしています。 

 掲載ページ:研究推進産学官連携機構 振動技術懇談会
 http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_03.html#kondankai

---------------   第27回 振動技術懇談会   ------------------

《日 時》2013年3月8日(金)  13:30〜16:30

《会 場》岡山大学インキュベータ 2F会議室(岡山市北区津島中1-1-1)
  ※駐車場スペースが限られているため、岡山大学へはできるだけ
   公共交通機関をご利用下さい。
  ※アクセスマップ 
http://www.smrj.go.jp/incubation/od-plus/access/index.html

《プログラム》
13:30〜13:40 
開会挨拶    産学官融合センター長 藤原 貴典 
開会にあたって 産学官融合センター客員教授 古池 治孝

13:40〜14:40 
特別講演「流力振動を利用した水流発電技術」
  岡山大学大学院 環境生命科学研究科 准教授 比江島 慎二氏
  三井造船株式会社 林 健一氏、井上 浩男氏

14:40〜16:10 
話題提供
「IMV株式会社の紹介」        
「中国における輸送環境計測と解析、その他」
「ワイヤレスセンサーを使用した最新の設備診断用携帯振動計:Air2」
IMV株式会社 安川 忍氏、嶋田 繁氏

16:10〜16:30
自由懇談、その他
司会:古池 治孝(岡山大学 客員教授)

《参加費》 無 料

《定 員》 約30名

《締 切》 2013年3月1日(金)必着

《申込方法》下のフォームまたは同内容をご記入の上,
      E-mailもしくはFAXでお申し込み下さい。
-------------------------------------------------------------------
  《 第27回  振動技術懇談会 お申し込みフォーム 》

 □氏名(ふりがな) :
 □勤務先      :
 □所属       :
 □(職名)     :
 □勤務先住所    :〒
 □TEL        :
 □FAX        :
 □E-mail      :
 □緊急連絡先    :なるべくご記入下さい
 □会場までの交通手段:自動車   公共機関   その他
 □産学官融合センターからのメールマガジンを
           :希望する  希望しない  すでに受信済み
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岡山大学研究推進産学官連携機構 産学官融合センター(松田)
 住 所:〒701-1221 岡山市北区芳賀5302番地 T E L :086-286-8002
 F A X :086-286-8007     E-mail:center@crc.okayama-u.ac.jp
 U R L :http://www.okayama-u.net/renkei/contents/10_01.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013-03-07 (木)  【3/7】「平成24年度中国地域公設試験研究機関功績者表彰」のご案内(ちゅうごく産業創造センター)

 ちゅうごく産業創造センターでは,中国地域の公設試験研究機関の研究者等を対象として,学術・産業の発展に顕著な功績を挙げた者を表彰することにより,研究者の士気高揚を図り,もって中国地域の技術水準の向上に資することを目的として,平成3年度より中国地域公設試験研究機関功績者表彰を行っております。
 第22回目となる今年度の功績者について,同選考委員会(委員長:中村 修産業技術総合研究所中国センター所長)において審査を行った結果,下記のとおり決定すると共に,表彰式を行いますのでお知らせします。

<日時> 平成25年3月7日(木) 14:00〜

<場所> メルパルク広島

<受賞者>
 |楼莎蚕儿弩ゾ沺稈羚餬从兒唆閥苗江沺
   西田 典秀 氏(岡山県工業技術センター)

 研究業績賞<独立行政法人 産業技術総合研究所中国センター所長賞>
   小川 哲郎 氏(島根県産業技術センター)
   日笠 茂樹 氏(岡山県工業技術センター)

 試験研究功労賞<公益財団法人 ちゅうごく産業創造センター会長賞>
   西尾 昭 氏(地方独立行政法人 鳥取県産業技術センター)
   尾添 伸明 氏(島根県産業技術センター)

 じΦ羮励賞<公益財団法人 ちゅうごく産業創造センター会長賞>
   金山 真宏 氏(島根県産業技術センター)
   寺山 朗 氏(広島県立総合技術研究所)

<表彰式>
 講演会が固まった段階で,参加申し込み方法など詳細を別途ご案内します。

<詳細(受賞内容など)>
 http://www.ciicz.jp/press/250131.pdf

2013-03-07 (木)  【3/7】岡山県中小企業支援制度説明会 参加者募集!(岡山県産業振興財団)

 中小企業者等が行う新技術・新製品の研究開発を対象とした補助金制度及び融資制度等の説明会を、岡山および津山の2会場で開催しますので、ご案内いたします。
 なお、国及び県予算確定前の説明会であり、今後、事業の改廃等の可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

1.日時・場所
  平成25年3月 7日(木) 13:00〜17:00
    津山国際ホテル 2階 鶴山の間(津山市山下98−2)

2.説明内容
(1)新技術・新製品の研究開発等に対する補助金及び融資等の支援制度
(2)関係支援機関の事業等の紹介
(3)関係支援機関との個別相談(説明会終了後)

3.申込方法 下記URLよりお申し込みください。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/191.html

【申込・問合せ先】
公益財団法人岡山県産業振興財団
技術支援部 研究開発支援課(担当:横田、三竿)
〒701-1221 岡山市北区芳賀5301
TEL:086-286-9651/ FAX:086-286-9676/ E-mail:kaihatsu@optic.or.jp

2013-03-07 (木)  【3/7】インターネットで新たな販路を見つけよう!〜ザ・ビジネスモールフェアを開催します(岡山商工会議所)

 スマートフォンやタブレット端末の急速な普及により、ブログやツイッター、フェイスブックをはじめとするSNSの利用が爆発的に拡大するなど、私たちの生活をとりまくIT 環境は大きく変化を遂げています。いつでもどこでもインターネット利用が可能になった現在、IT 活用はビジネスにおいても必要不可欠なものになっています。
 本セミナーでは、新たなビジネスチャンスの創出や売上アップを図るため、全国の商工会議所・商工会が共同運営する企業情報サイト「ザ・ビジネスモール」やインターネット広告サービスの一つである「検索連動型広告」等、効果的なインターネット活用術について、事例を交えて解説いたします。

<セミナー内容>
 【第一部】 「ザ・ビジネスモール」を活用した販路開拓について
       講師:ザ・ビジネスモール事務局 古川 佳和 氏

  全国の商工会議所・商工会が共同で運営する日本最大級の商取引
  支援サイトで、約26万社の企業情報が掲載され、月間200万
  ものアクセスがあります。岡山商工会議所等の会員企業であれば、
  商材の提案・見積りを効率よく受け取ることができる「ザ・商談
  モール」の利用のほか、簡易ホームページを簡単かつ無料で開設
  することができます。今回は販路拡大に向けたこれらの有効的な
  活用法やSEO対策等についてご説明します。

 【第二部】 インターネットを活用して集客アップ!
          検索連動型広告入門セミナー
       講師:ヤフー株式会社 内海 菜月 氏

  これから検索連動型広告の新規導入をご検討される方を対象に、
  インターネット市場最新動向のほか、検索連動型広告のサービス
  内容について、活用事例を交えてご紹介します。
  このような方におすすめします。
   ・ホームページのアクセス数を伸ばしたい
   ・インターネットを使って集客・販売促進をしたい
   ・費用対効果の高い広告を出したい
   ・検索連動型広告について知りたい

 【第三部】 個別相談会&ビジネスモール体験コーナー
           (16:00〜 希望者のみ)

◇日 時:平成25年3月7日(木) 13:30〜16:30

◇場 所:岡山商工会議所 4階401会議室

◇受講料:無料

◇定 員:60名 (定員になり次第、締め切らせて頂きます)

◇主 催:岡山商工会議所情報委員会

※詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=1138

■■申込・お問合せ先■■
岡山商工会議所 総務部
〒700-8556 岡山市北区厚生町3-1-15
TEL.086-232-2260 FAX.086-225-3561

2013-03-07 (木)  【3/7】CAE応用技術関連講習会(広島市産業振興センター)

 (公財)広島市産業振興センターでは、「CAE応用技術関連講習会」を開催します。
 本講習会では、岸正彦氏をお招きし、三井造船(株)での30年以上にわたる強度に関する設計・解析経験に基づき、有限要素法による応力解析を設計に適用するためのポイントを、ボルト締結や接触部を持つ部品等を例として紹介します。

・日時:平成25年3月7日(木) 13:00〜17:00

・場所:広島市工業技術センター(広島市中区)

・参加費:無料

・問合せ先:(公財)広島市産業振興センター 技術振興部
      (担当:田中)

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.itc.city.hiroshima.jp/level7/koushukai_naiyou.html#20130307

2013-03-06 (水)  【3/6】「平成25年度税制改正説明会」のお知らせ(中国経済産業局)

 平成25年度税制改正は、日本経済再生に向けた緊急経済対策の柱である民間投資や雇用を喚起し持続的成長を可能とする成長戦略の実行にあたって、経済活性化のための税制措置、地域経済を支える中小企業の活性化などの内容となっております。
本説明会では、平成25年経済産業省関係の税制改正について、改正作業に携わった経済産業省の担当者から分かりやすく解説いたします。
 ふるってご参加ください。

■日 時 : 平成25年3月6日(水) 16:00〜17:20
(受付開始:15:30)

■場 所 : 中国経済産業局 第1会議室
広島市中区上八丁堀6−30(広島合同庁舎2号館2F)

■対 象 : 企業、金融機関、支援機関、行政機関等

■定 員 : 50名

■申し込み方法
以下のサイトにあるチラシをダウンロードし、裏面の申込書に
ご記名のうえ、FAX(082-224-5765)へお送りください。

(中国経済産業局HP)
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/chiikikeizai/130213.html

【お問い合わせ先】
中国経済産業局 地域経済部 地域経済課
担当:宇山・市村
電話:082-224-5684

2013-03-06 (水)  【3/6】「研究開発推進セミナー」開催のご案内(岡山県産業振興財団・おかやまコーディネータ連絡協議会)

 公益財団法人 岡山県産業振興財団とおかやまコーディネータ連絡協議会(代表:岡山理科大学 学外連携推進室 教授 新倉正和)では、今後、積極的に研究開発を推進し、自社の経営力強化を図ろうとするお考えの方々や企業のニーズと大学等の研究機関の持つ研究成果のコーディネート活動を行っているコーディネータ等を対象に、そのきっかけづくりとして、次のとおりセミナーを開催いたします。
 皆様、是非ご参加ください。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://okayama-sangakukan.jp/uploads/photos/696.pdf

■ 日 時:平成25年3月6日(水)  14:00 〜 17:00

■ 場 所:岡山ロイヤルホテル(岡山市北区絵図町2-4 TEL:086-255-1111)

■ 定 員:70名 ※但し、会場の都合上、定員になり次第締め切らせて頂きます。

■ 参加費:無料(交流会に参加される方は3,500円/人)

■ プログラム:
・14:00〜15:30 セミナー
 「世界と戦う一騎当千の企業づくり 〜産学連携の力、いま再び〜」
   財団法人 上田繊維科学振興会(AREC) 理事
    信州大学 繊維学部 特任教授 工学博士 岡田基幸氏

 [講演要旨]
  信州の地方都市「上田」にて、産学連携による中小企業や起業
  家の支援を1997年から開始し17年目。ものづくり中小企業の好
  展開事例、第二創業や若者の起業の事例を数多く紹介します。
  現在は、地方・地域の中小企業が東京や大阪を介さずに世界と
  直接つながる時代であり、東アジアの各国に奪われた製造の仕
  事が国内に回帰しつつあります。今こそ、中小企業は何をして
  いくべきか。

・15:30〜17:00 セミナー
 「効果的なプレゼンテーションのコツ」
   人材開発マネジメント株式会社 取締役 古垣みゆき 氏

 [講演要旨]
  プレゼンテーションは、同じ情報であってもその伝え方によっ
  て、伝わり方、そして、情報の価値が大きく変化します。誰に
  何を伝えたいのかというプレゼンテーションの目的とそれを具
  現化するストーリー構成、加えて、パフォーマンス(表現力)で
  す。
  本講演では、伝えたい内容と聞き手を納得させる最も効果的な
  プレゼンテーションのコツをご紹介します。

・17:15〜19:00 交流会 ※参加費 3,500円/人

■ お申し込み・お問い合わせ

-----≪研究開発推進セミナー 参加申込書(3/6開催)≫------
・企業・団体名:
・住所:
・TEL:
・FAX:
・E-Mail:
・参加者氏名(ふりがな):
・所属:
・役職:
・参加希望: [省参加 ▲札潺福爾里濟臆叩´8鯲会のみ参加
---------------------------------------------------------
 ※ 上記項目をご記入の上、下記までお申込みください。

・(公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
    担当:福島
〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
Tel 086-286-9651 / Fax 086-286-9676 / E-mail hfukushima@optic.or.jp

・岡山産学官連携センター(おかやまコーディネータ連絡協議会 事務局)
    担当:宗長
〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
Tel 086-286-9696 / Fax 086-286-9676 / E-mail munenaga@optic.or.jp

2013-03-06 (水)  【3/6】平成24年度「QOL向上を目指す支援技術のイノベーション研究拠点形成」成果報告会(岡山理科大学)

 QOL(Quality of Life: 生活の質)を向上させる支援技術の研究拠点を形成することを目的としたプロジェクトを、2つのテーマに分かれて実施しています。
 平成24年度成果報告会を開催しますので、参加頂きますようご案内致します。

    http://okaridai.ous.ac.jp/qol/

************************************************************************

(文部科学省・私立大学戦略的研究基盤形成支援事業)
平成24年度「QOL向上を目指す支援技術のイノベーション研究拠点形成」
       成果報告会

日時:2013年3月6日(水) 13:00 - 16:30

場所:岡山理科大学(岡山市北区理大町1-1) 27号館2階セミナー室

参加申込:不要です

問合せ先:工学部知能機械工学科 山田 訓 Tel: 086-256-9529

************************************************************************

【プログラム】

1. 代表挨拶   山田 訓 13:00-13:05

2. 特別講演 13:05-14:00
  「神経回路網のカオスと脳機能の関連を探る」
   − 記憶・制御・脳内コミュニケーション −
       岡山大学 自然科学研究科 奈良 重俊 教授

3. 成果報告(テーマ1) 14:00-14:55
 3.1 概要報告   山田 訓
3.2 「ウェアラブル制御機器の開発と生活支援機器への応用」  赤木徹也
    〜ウェアラブル制御弁とリハビリ用球面アクチュエータの性能改善〜
 3.3 「高齢者・障がい者用歩行支援知能ロボットの開発」
    −屋内外ナビゲーション−          クルモフ バレリー

    (休憩)

4. 成果報告(テーマ2) 15:10-16:05
 4.1 概要報告   平野 博之
4.2 「化学工業装置の小型化と移動現象」      平野博之
 4.3 「ワーカーのストレスと行動計測にもとづくオフィス評価の研究」
                          宗本順三
5. 評価委員講評 16:05-16:30
      ちゅうごく産業創造センター 産業部長 奥本芳治 様
      岡山県産業振興財団   技術支援部長 深井康光 様
      岡山経済研究所      理事・所長 平井則夫 様
***********************************************************************

2013-03-05 (火)  【3/5】第8回おかやま未来交流会開催のご案内(岡山県中小企業団体中央会)

 岡山県青年中央会、岡山県、岡山県中小企業団体中央会の3団体主催で開催しております「おかやま未来交流会」につきまして、第8回目の開催のご案内をいたします。様々な方との交流の機会がある場ですのでご関心のある方はぜひご参加下さい。尚、会場の都合上参加定員に限りがありますので、お早目のお申込みをお願いいたします。
 この取り組みは、第2創業など新事業展開を目指したり、既存事業に限界を感じている若手経営者等を対象に、先輩経営者等からのアドバイスを提供するとともに、参加者同士が 意見交換できる交流の場を創出することを目指しています。毎回企業経営者等がプレゼンを行い、終了後はそのまま交流会を行います。少人数で開催することで、参加者がじっ くりとカジュアルに交流できる場を提供します。

※注意事項
 この交流会は参加者同士の交流を通じて、ネットワークの構築や将来的なビジネス連携への発展を目指しております。
 参加者へのチラシ等の配布など、一方的な営業ととれる行為はご遠慮下さい。また、自社の営業のみを目的とした参加もご遠慮下さい。

1.日時:平成25年3月5日(火)
   18:00〜19:00  講 演
   19:00〜20:00  交流会

2.場所:岡山県中小企業団体中央会 会議室
      (岡山市北区弓之町4−19−202)

3.講師及びテーマ
   講師:株式会社パソナ岡山 代表取締役社長 炭田 信明 氏
   テーマ:「企業発展と継続を支えるもの」

4.参加定員 30名
    ※会場の都合上定員に達し次第締め切らせていただきます

5.参加費 1,000円/1名

6. 申し込み
  氏名、会社名、連絡先、メールアドレスをご記入の 上、下記アドレスにお申込み下さい。

  申込先:kuroda@okachu.or.jp

********************************************
 岡山県中小企業団体中央会 
 組織支援課 主事 黒田 大陽
 700-0018 岡山市北区弓之町4−19−202
  E-mail:kuroda@okachu.or.jp
  U R L :http://www.okachu.or.jp/
  Facebook:http://www.facebook.com/chuokaiokayama
T E L :086-224-2245
  F A X :086-232-4145
  
◆岡山県青年中央会◆(会員募集中)
HP:http://www.optic.or.jp/chuokai/seichu
Facebook:https://www.facebook.com/seichuokayama

********************************************

2013-03-05 (火)  【3/5】「鳥取大学−米子高専−神戸高専−鳥取県産業技術センター 合同ビジネス交流会」開催のご案内(鳥取大学)

 新エネルギー・省エネルギーに関する分野において4 機関の合同ビジネス交流会を開催します。本交流会ではシーズ紹介,個別相談に加え,大阪府中小企業向け研究開発助成金制度,その他の産学連携の研究開発助成金の紹介もいたします。企業様におかれましては公的資金を活用する共同研究開発もご検討頂けます。是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。

<日 時> 平成25年3月5日(火) 14:30〜18:20

<場 所> クリエーションコア東大阪 南館3階 技術交流室
      (東大阪市荒本北1-4-1)

<参加費> 無料(情報交換会は500円)

<研究シーズ紹介>
 2つのニューフォルム垂直軸風車『低重心風車』と
                       『バタフライ風車』の提案
   鳥取大学 原 豊(大学院工学研究科 機械宇宙工学専攻 准教授)

 氷温領域検出のための試料凍結センサの開発
   米子工業高等専門学校 山本 英樹(電子制御工学科 教授)

 D礇ロリーバイオマスのプラズマ支援燃焼
   神戸市立工業高等専門学校 吉本 隆光(機械工学科 教授),赤松 浩
   (電気工学科 准教授),藤井 富朗(名誉教授)

 つ纂荼産業技術センターにおけるマイクロ水力発電装置の開発概要
   鳥取県産業技術センター 野嶋 賢吾(機械素材研究所 主任研究員)

<詳細・申込み>
 http://www.cjrd.tottori-u.ac.jp/pccgi/wnew4/file01/20130125165832_2.pdf

2013-03-05 (火)  【3/5】「国際ナノデバイステクノロジーワークショップ2013」開催のご案内(広島大学)

 ナノデバイス・バイオ融合科学研究所主催の国際ナノデバイステクノロジーワークショップ 2013を開催いたします。
 下記のとおり,国内外の著名な研究者の基調講演,ならびに招待講演を予定しております。参加費は無料ですので,皆様お誘い合わせの上ご参加くださいますよう,お願いいたします。

<日 時> 平成25年3月5日(火) 10:00〜18:30

<場 所> 広島大学 学士会館レセプションホール(東広島キャンパス)

<プログラム> ※講演は英語で行われます
 ◆オープニング

 ◆基調講演「ナノデバイスプロセスの研究と教育」
        Tso-Ping Ma (エール大学 教授)

 ◆基調講演「集積回路デバイスプロセスの研究と教育」
        Krishna Saraswat (スタンフォード大学 教授)

 ◆基調講演「CMOS モバイルプロセッサーのテクノロジースケーリング」
        Mark Bohr (インテル シニアフェロー)

 ◆招待講演「動力学インダクタンスとメタマテリアル」
        Donhee Ham (ハーバード大学 教授)

 ◆招待講演「表面プラズモン共鳴を用いた生きている細胞の解析」
        秀 道広 (広島大学 教授)

 ◆招待講演「シリコン結合タンパク質によるバイオエレクトロニクス」
        池田 丈 (広島大学 助教)

 ◆総合討論「シリコンデバイスプロセス研究は必要か?(予定)」
    (オーガナイザ)鳥海 明 (東京大学 教授)
    (パネリスト) Tso-Ping Ma (エール大学 教授)
             Krishna Saraswat (スタンフォード大学 教授)
             Mark Bohr (インテル シニアフェロー)

 ◆ポスターセッション

 ◆懇親会(18:30〜20:00,有料)

<参加費> 無料

<詳細・申込み>
 http://www.rnbs.hiroshima-u.ac.jp/iwnt2013.html

2013-03-05 (火)  【3/5】ナノバイオで実現する医療イノベーション 〜ニーズを研究へ、そして社会へ(東京大学)

 最先端研究開発支援プログラム(FIRST)「ナノバイオテクノロジーが先導する診断・治療イノベーション」(NanoBioFirst)では、研究から臨床現場へ、そして社会や臨床現場から研究への循環を、国際レベルで実現させることを目指し、国際シンポジウムを開催いたします。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.prime-pco.com/nanobiof-symposium2013

■日 時:2013年3月5日(火)  10:00〜17:30

■場 所:東京大学 伊藤国際学術研究センター地下2階 伊藤謝恩ホール(東京都)

■参加費:無料

■定 員:400名

■申込締切:定員になり次第締め切らせていただきます。

■参加申込:http://www.prime-pco.com/nanobiof-symposium2013/registration.html

<お問い合せ>
ナノバイオファースト国際シンポジウム2013運営事務局
(株)プライムインターナショナル
 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-13-10-601
TEL:03-6277-0117、FAX:03-6277-0118
E-mail : nanobiof-symposium2013@prime-pco.com

2013-03-04 (月)  【3/4】「おかやま電池関連技術研究会」第5回技術セミナー開催の御案内(岡山県産業労働部新エネルギー推進室)

 県では、今後、大きな成長が見込まれる太陽電池、燃料電池、二次電池とこれらに関連する分野における新事業の創出を図ることを目的に、平成22年7月に「おかやま電池関連技術研究会」を設置、情報提供等を行っておりますが、次により第5回技術セミナーを開催しますので、是非御参加ください。
 今回は、フレキシブル・プリンテッド・エレクトロニクス技術を活用した有機薄膜太陽電池の開発状況及び今後有望と見込まれるカーボン材料やインク材料の開発動向等の最新情報を御提供する講演会となっております。

■日  時  平成25年3月4日(月)  13:30〜17:00

■会  場  ピュアリティまきび 2階 ちどり
        http://www.makibi.jp/map.htm

■定  員  60名(参加無料)

■内  容
  講演1  「フレキシブル有機薄膜太陽電池の開発と今後の展開」
         三菱化学(株)理事・情報電子本部
            OPV事業推進室 統括部長 山岡弘明 氏

  講演2  「有機薄膜太陽電池の現状と材料開発動向」
         岡山大学大学院自然科学研究科産業創成工学専攻
            電気電子機能開発講座 教授 林 靖彦 氏

  講演3  「常温の塗布乾燥で電気回路を描画する、常温導電性
        金属ナノ粒子」
         (株)コロイダル・インク 代表取締役社長
         岡山大学異分野融合先端研究コア 助教 金原正幸 氏

   ※セミナー終了後、17:30〜19:30に意見交換会を開催
    しますので、御希望の方は御参加をお願いします。

■申込期限  2月22日(金)

■申込方法  企業・団体名、所在地、電話番号、FAX番号、参加者
       の所属部署、役職、氏名、意見交換会参加の有無を記載
       の上、E-mail又はFAXでお申し込みください。
         E-mail fumiaki_takahara@pref.okayama.lg.jp
         FAX 086−225−3449

■問い合わせ 岡山県 産業労働部 産業企画課 新エネルギー推進室
         担当:高原
         電話 086−226−7380

2013-03-04 (月)  【3/4】「第3回次世代ものづくり革新講演会 −産業用ロボット,自動化に関する最新研究動向や取組事例を参考にしませんか−」開催のご案内(広島県)

 広島県では,企業の競争力向上を図るため,産業用ロボットの導入や生産現場の自動化等について積極的に支援しています。本講演会では,産業技術総合研究所より,産業用ロボットの最新の研究動向(ピッキング,ビジョン研究など)について講演いただき,県内の各事業者より,生産性向上に対する取組について紹介していただきます。併せて,本年度に県内企業の生産現場改善のために取組んだ「ロボット技術等活用生産現場改善事業」の支援結果報告を行います。

<日 時> 平成25年3月4日(月) 13:30〜17:00

<場 所> 広島商工会議所 101会議室(広島市中区基町5-44)

<プログラム>
 ◆講演「最新の産業用ロボット動向の紹介」
      (独法)産業技術総合研究所知能システム研究部門
            タスクビジョン研究グループグループ長 河井 良治

 ◆事例紹介機峺内企業の生産現場自動化への取組計画の紹介」
   屮泪襯船好董璽轡腑麒式溶接ロボットによる生産合理化計画」
     石原工作(株)
  ◆崙端貮品への塗料(防炭剤)塗布作業のロボット導入による自動化」
    光陽産業(株)
  「回転機械振動変位モニターの生産合理化と調整・検査作業の自動化」
     新川センサテクノロジ(株)
  ぁ崋動車用フロントホイールハブ生産ラインの全自動化」
     カワダ(株)

 ◆事業結果報告「ロボット技術等活用生産現場改善支援事業の結果報告」
   ATACひろしま

 ◆事例紹介供崟源左従豌善支援事例の紹介」
   「ロストワックス鋳型の解体の自動化」
   キングパーツ(株)

 ◆報告「広島県,中国経済産業局からのご案内」

 ◆交流会

<参加費> 無料(交流会への参加:3,500円/人)

<詳細・申込み>
 http://atac2009.com/pdf/RT201303KOUENKAI.pdf

2013-03-04 (月)  【3/4】中小企業金融・経営相談会 開催のご案内(岡山県経営支援課)

 岡山県産業労働部経営支援課では、中小企業金融円滑化法が本年3月末に期限を迎えますが、中小企業を取り巻く経営環境は依然として厳しい状況にあることから、様々な経営課題を抱える中小企業を対象とした講演及び個別相談会を開催いたします。

■県  南  日時:平成25年3月4日(月) 13:00〜16:30
       会場:岡山商工会議所
       講演:小林裕彦弁護士、岡山県信用保証協会担当者

■県  北  日時:平成25年3月18日(月) 13:00〜16:30
       会場:津山商工会議所
       講演:飯綱浩二弁護士、岡山県信用保証協会担当者

 相 談 会  県南、県北共通
       個別相談:金融相談、経営改善・事業再生、事業承継、創業・
            経営革新・農商工連携、緊急雇用安定助成金、その
            他経営一般
       対 応 者:弁護士、中小企業診断士、岡山県信用保証協会担当
者、岡山労働局担当者、中小企業支援機関相談員

 参 加 料   無料

詳しくはこちら↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/209.html

2013-03-02 (土)  【3/2】第3回 創業相談会@岡山県立図書館のご案内(岡山県産業振興財団)

  「自分のやりたいことはビジネスになるのだろうか?」
  「起業したいが何から始めていいのかわからない!」
  「起業するときの支援はどんなものがあるのだろう」
  「ビジネスプランはどうやって作成すれば良いの?」
  「踏み出す一歩がなかなか出ない!」

  そんなあなたの「夢」を応援します!
  一人で悩まず、一緒に考えましょう。
  当日はインキュベーションマネージャー、中小企業診断士等が
  相談をお受けします。まずは、お気軽に御参加ください!

◆内 容
 起業に関する専門家であるインキュベーションマネージャー、中小企業
 診断士等に1人約30分、個別に相談することができます。

◆開催日時
 平成25年3月2日(土)  13:00〜17:00

◆場 所
 岡山県立図書館 サークル活動室1(2F)

◆参加料
 無料

◆主 催
 おかやまインキュベータ協議会
岡山県立図書館
 ※おかやまインキュベータ協議会(OIA)とは
  おかやまインキュベータ協議会(OIA)は、ビジネス・インキュベータ
  ー岡山、i-boxにいみ、岡山リサーチパークインキュベーションセン
  ター、岡山大インキュベータ、岡山クリエイティブセンター、倉敷市
くらしきベンチャーオフィス、インキュベーションセンター岡山ニテ
ラス、児島デザイナーズインキュベーション、岡山県、(公財)岡山県
産業振興財団の岡山県内のビジネス・インキュベーション施設を運営
する8つのインキュベータと、2機関によって構成されており、
  各入居者支援やビジネス・インキュベーション活動の普及促進によっ
  て、新事業を創出するために活動しています。

◆申込方法
 申込書をダウンロードし、ご記入の上、FAX、E-mailでお送りください。
 (当日参加も受付しておりますので、気軽にお越しください。)
 (事前申し込みをしていただけると、ご希望の時間に合わせやすいです。)
 ※こちらからダウンロードできます。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/34.html

◆創業相談会)お問い合わせ先
 公益財団法人岡山県産業振興財団 
 経営支援部 中小企業支援課 (担当:森、美甘)
 TEL:086-286-9626 FAX:086-286-9627  e-mail:sinfo@optic.or.jp

2013-03-02 (土)  【3/2】プレゼンテーション能力UPセミナー 『強みを活かそう!伝える力を磨こう!!』(岡山県産業振興財団)

 岡山県と公益財団法人岡山県産業振興財団では、県内ベンチャー企業等の営業力の強化及び経営力の向上を目指し、ベンチャー・中小企業等の事業計画発表・商談会等あらゆるビジネスシーンでのプレゼンテ―ション・コミュニケーション能力の向上を目的にしたセミナーを開催します。

 ◆日時
  平成25年3月2日(土) 10:30〜12:30

 ◆会場
  岡山県立図書館 サークル活動室1(岡山市北区丸の内2-6-30)

 ◆対象
  創業準備中の方、創業して間もない方、プレゼン能力向上を図りたいとお
考えの方等

 ◆参加費
  無料

 ◆定員
  20名(先着順で、定員に達し次第締め切らせていただきます。)

 ◆主催
  岡山県、公益財団法人岡山県産業振興財団

 ◆開催内容
  【講演】 『強みを活かそう!
          伝える力を磨こう!!』
       講師:株式会社 SmartPresen 代表取締役 新名 史典 氏

  ≪講師プロフィール≫
  モットーは「ビジネスは伝わってナンボ!」
  一般企業にて営業、マーケティング、商品開発の仕事に約15年間従事し
た後、2011年10月プレゼン専門のコンサルタント企業を大阪にて創業。学
生時代に徹底的に鍛えられた組織コミュニケーション力とプレゼン力が認め
られ、新入社員時から提案プレゼンスタッフとして全国を行脚。大手コンビ
ニエンスストアでの取り組みでは、外資系世界企業との厳しい競合の中、18
案件のプレゼンコンペで17勝1敗と圧勝。
  大阪府立大学非常勤講師、大阪産業創造館経営相談室あきない・えーど登
録専門家。幅広い方面でのセミナー、講演講師として活動し、プレゼンテー
ションのノウハウ化、指導にあたっている。

 ◆◆ 当日同時開催 ◆◆

 【創業相談会】13:00〜17:00
  起業に関する専門家であるインキュベーションマネージャー・中小企業診
断士が、個別相談に応じます。

  会 場:岡山県立図書館 サークル活動室1(セミナーと同会場)
  相談料:無料
  
 ◆申込締切
  平成25年3月1日(金)

 ◆申込方法
  参加申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAX、E-mail
  でお申込み下さい。
  ※こちらからダウンロードできます。
  http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/206.html

 ◆問合せ、申込み先
  (公財)岡山県産業振興財団 経営支援部 中小企業支援課
    担当:森、美甘
  〒701-1221 岡山市北区芳賀5301(テクノサポート岡山)
  TEL:086-286-9626 FAX:086-286-9627 e-mail:sinfo@optic.or.jp

2013-03-01 (金)  【3/1】「産業デザイン展広島2013」開催のご案内(産業デザイン展実行委員会)

 産業デザイン展実行委員会では、「産業デザイン展広島2013」を開催します。
 本イベントは、産業界及び市民のデザインに対する理解と関心を深めるとともに、デザイン関連企業の育成・振興と地域企業のデザイン開発力向上を図ることを目的としています。

・日時:平成25年3月1日(金) 13:30〜17:00

・場所:アステールプラザ(広島市中区)

・参加費:無料

・問合せ先:(公財)広島市産業振興センター技術振興部
      デザイン開発室(担当:林)

 ※申込等詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.itc.city.hiroshima.jp/design/

2013-03-01 (金)  【3/1】 蟶仙技術研究所・岐阜県情報技術研究所見学会のご案内(岡山県産業振興財団)

 利用者のニーズをふまえた福祉用具開発・導入には、業界に関する幅広い知識と最新情報が必要となります。
 このたび、日本で初めて電動車いすの製造販売を行った株式会社今仙技術研究所と、福祉用具の開発を積極的に行っている岐阜県情報技術研究所を見学させていただき、ものづくりの観点から情報収集を行います。 
また、今回は福祉用具の開発・製造の工程を見学させていただくとともに、見学の中で、福祉用具開発におけるキーポイントやこれからの課題などについてもご説明いただきます。
 ご興味のある方はぜひご参加ください。

1 日  時   平成25年3月1日(金) 14:00〜16:30

2 場  所   株式会社今仙技術研究所 
           (岐阜県各務原市テクノプラザ3−1−8) 
          岐阜県情報技術研究所  
           (岐阜県各務原市テクノプラザ1−21)
         ※現地集合:集合場所等についての詳細は申込された方へ
            改めてご連絡いたします。

3 内  容   
         ヽ式会社今仙技術研究所 
           昭和46年に日本で初めて電動車いすの製造販売を行った会社です。
          福祉用具の開発・製造等の工程を見学させていただくとともに、福祉
          用具開発におけるキーポイントやこれからの課題などについても解説
          をいただきます。
           また、最近新設された車いすの製造工場や機能試験用試走コース

          なども見学させていただきます。

         岐阜県情報技術研究所
           福祉用具の開発現場を見学させていただきます。また、現在研究所
          で取り組まれている課題やこれからの高齢化社会が直面する問題


          についてもご説明いただきます。

4 主  催    (公財)岡山県産業振興財団、(公財)ひろしま産業振興機構
           (公財)やまぐち産業振興財団、ハートフルビジネスおかやま

5 定  員   20名(定員になりましたら締切ります)

6 参 加 費   無料   

7 参加申込  こちら→ http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/205.html
          から申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入のうえ、2月22日
          (金)までに下記事務局までお申し込みください。

         
      (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課(担当:尾崎)

      〒701-1221岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
     Tel  086-286-9665 / Fax 086-286-9676/
      E-mail osaki@optic.or.jp

2013-03-01 (金)  【3/1】初心者のための「海外展示会出展戦略セミナー」〜成約に向けた出展のために〜(ジェトロ岡山)

 ジェトロ岡山では、海外展示会への出展にあたって準備すべき事項、展示会当日に行うべき事項、成功事例・失敗事例などについてご説明するセミナーを開催します。
 近年、海外への売込みを目的とした海外展示会へ出展される事業者が増えていますが、初めての海外展示会出展を控え、
「何を準備したらよいかわからない」
「当日、どのようにして来場者を迎えたらよいかわからない」
などの悩みを抱える方も多いかと存じます。数多くの海外見本市出展を経験したジェトロ担当者を講師とし、海外展示会への出展を控えた方、出展を検討されている方、海外展示会出展のノウハウを復習したい方を対象として開催する本セミナーに、是非、ご参加下さい。

■日時:2013年3月1日(金)  13時30分〜15時30分

■場所:トマト銀行岡山駅前ビル  5階 会議室
      (岡山市北区本町1-4 桃太郎大通り沿い)

■プログラム
・13時30分〜15時00分
 セミナー初心者のための海外展示会出展戦略セミナー〜成約に向けた出展のた
めに〜
 講師:ジェトロ海外見本市課 九鬼 優一

・15時00分〜15時30分
 支援制度紹介(主催者から各種支援制度をご案内します)

■主催・共催:トマト銀行、日本政策金融公庫岡山支店、ジェトロ岡山

■参加費:無料

■定員:30名 (先着順)※定員になり次第、締め切ります

■お申し込み方法:以下URLよりお申込ください
http://www.jetro.go.jp/jetro/japan/okayama/events/20130124437-event

■お申し込み締め切り:2013年2月25日(月曜)

■お問い合わせ先:ジェトロ岡山(担当:森内、小森)
TEL:086-224-0853 FAX:086-224-0854
E-mail:oka@jetro.go.jp

2013-02-28 (木)  【2/28】JST情報シンポジウム開催のご案内(JST)

 厳しい市場競争下にある産業界において、イノベーション創出のための経営戦略立案および意思決定をどのように行っているか、その際必要とする情報とは何かをお話いただくほか、今後の日本の科学技術情報戦略について、皆様と考えてまいります。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://pr.jst.go.jp/informationsympo/index.html

■日 時:2013年2月28日(木) 13:30 − 17:30 / 17:30 − 19:30 (懇親会)

■会 場:大手町サンケイプラザ 4F(東京都千代田区大手町1-7-2)

■参加費:無料 /(懇親会:2,000円)

■プログラム概要:
・13:40 − 14:30  化学で未来を創る:R&Dから工業化まで
  −旭化成ケミカルズの化学プロセス・プロダクト開発−
  旭化成ケミカルズ株式会社 
          取締役 兼 常務執行役員 研究開発管掌 永原 肇 氏

・14:30 − 15:20  イノベーションのための研究開発マネージメント
  −日産のフレームワークとリーフの開発−
  日産自動車株式会社 フェロー 久村 春芳 氏

・15:40 − 16:10  JSTの情報サービスのこれまでとこれから
  独立行政法人科学技術振興機構 執行役 門田 博文

・16:30 − 17:20   新たな実験空間を構築する情報社会への挑戦
  株式会社三菱総合研究所 リサーチフェロー 野口 和彦 氏

<お問い合せ>
独立行政法人 科学技術振興機構
情報提供部 広報普及担当 JST情報シンポジウム担当
TEL:03-5214-7980 FAX:03-5214-7514  E-mail:kikaku@jst.go.jp

2013-02-28 (木)  【2/28】「中小企業のための海外ビジネス展開セミナー」開催(大阪会場)のお知らせ()

 〜ビジネス視点でみた海外展開時における知的財産と経営〜

 (独)工業所有権情報・研修館では、(独)中小企業基盤整備機構と共催で、これから海外進出を検討されている中小企業の方を対象に知的財産面・経営面から見た準備セミナーとして「中小企業のための海外ビジネス展開セミナー」を東京と大阪の2会場で開催します。
 なお、開催当日は海外ビジネス展開に関する相談会も無料で開催しますので、こちらについてもご利用下さい。

《東京会場》
  【日時】2月20日(水)  13:30〜16:50
  【会場】TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(会議室)
        (東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル)

《大阪会場》
  【日時】2月28日(木)  13:30〜16:50
  【会場】新大阪丸ビル別館 (大阪市東淀川区東中島1-18-22 丸ビル別館)

 《共通事項》            
  【参加費】無料
  【定員】会場共通100名程度(定員になり次第締切)
  【主催】(独)工業所有権情報・研修館、(独)中小企業基盤整備機構

  △プログラム、お申し込み方法等の詳細は、こちらをどうぞ▽
    http://www.inpit.go.jp/katsuyo/gippd/kouza/kouza00030.html

2013-02-27 (水)  【2/27】岡山6次産業化サポートセンター交流会のご案内(中央会)

 今まで おいしいものを作ること、育てることに一生懸命だった 生産者の方が、そのおいしいものを加工して商品にして販売し、消費者の食卓へ届けることに一生懸命取り組んでいます。まだ知られていないおいしいものをご紹介したく、まずは食の関連業のみなさまへ交流会開催のお知らせを致します。

■日 時: 平成25年2月27日(水) 13:30〜17:30

■会 場: 岡山ロイヤルホテル
      (岡山県岡山市北区絵図町2-4) 岡山駅西口から徒歩約15 分

■定 員:100名

■参加費: 無 料

■申込締切日: 平成25 年2 月4日(月)

◎交流会プログラム

6次産業化セミナー 1 3:3 0 〜 1 4:2 0
中国四国農政局 経営・事業支援部 事業戦略課 課長補佐 平野 知子
・6次産業化と期待する成果
・平成25 年度の6次産業関連施策について

マッチングイベント 1 4:3 0 〜 1 7 :3 0
1. 認定事業者等によるプレゼンテーション
2. 交流コーナー(認定事業者等による商品紹介等)
3. 展示コーナー(食品加工機械メーカー、包材メーカー等)
※これから6次化をスタートさせる農林漁業者が必要とする機器やサービスを提供する企業に展示相談対応していただきます!展示機などによる体験もあります。
4. 相談コーナー(中国四国農政局、岡山県農林水産総合センター
岡 山6次産業化サポートセンター等)

◎このような方はぜひご参加ください
・農林漁業者のみなさまへ
採れたて、獲りたての本当のおいしさを、消費者の食卓へ届けることは、誰にでも出来ることではありません。しかし、おいしい ものに出会うと誰もが笑顔になります。おいしい 出会い。への第一歩を踏み出してみませんか。来年度の6次産業化事業の速報、最新情報のお知らせ、食品加工に必要な機器の展示相談コーナーもあります。

・飲食店のみなさまへ
本当においしい メニューを作るのは、地元の旬のおいしい 食材が必要不可欠でしょう。生産者がこだわり、手塩にかけて育てたおいしい 食材を使ってお客様に喜ばれるおいしい メニューにされてはいかがでしょうか。

・百貨店、スーパー、各専門小売店のみなさまへ
日々おいしい ものを探されていらっしゃると思いますが、岡山には市場に出回っていないかくれたおいしいものがまだまだたくさんあります。生産者が直接、そのおいしいものをご提案します。おいしい もの探しのプロのみなさまのお目にかかるものがみつかるかもしれません。

・旅館、ホテルのみなさまへ
県外のお客様のおもてなしのひとつに岡山のおいしい ものを加えてみられませんか。お土産にも喜ばれる岡山のおいしいものを生産者がご提案します。

・食の関連の製造業・小売店のみなさまへ
フルーツ王国岡山には、フルーツはもちろんのこと知られていないおいしい 食材がたくさんあります。地元岡山のおいしい 食材を使っておいしい岡山をお客様に届けませんか。

◎お申込み方法
岡山県商工会連合会までFAXでお申込みください。
 (FAX:086-222-1672)

※申込方法等、詳しくはこちらをご覧ください。
 → http://www.shokokai.or.jp/33/330021kei1/index.htm#sin163

2013-02-27 (水)  【2/27】「コンテンツフォーラム」のご案内(一般社団法人システムエンジニアリング岡山)

 「企業に求められる情報モラル・情報セキュリティ」と「ウェブサイトを成功に導く方法」について、下記要領で分かり易く語るコンテンツフォーラムを開催いたします。
 是非、多くの皆様の参加をお待ちしております。

                     記

■日 時  平成25年2月27日(水)  13:30〜16:40

■場 所  サムライスクエア
       岡山市北区駅前町1-8-1 岡山新光ビル5F
       http://www.samurai-square.com/access/index.html

■参加費 無料

■プログラム
13:00〜 受付

13:30〜 開会

13:35〜13:55 H24年度「おかやまコンテンツスクエア」動画配信の紹介
  ・僕たち私たちのも出来る!
      「中学・高校生Rubyプログラミング入門講座」
  ・クラウドコンピューティング勉強会1−講演
  ・クラウドコンピューティング勉強会2−事例紹介
  ・岡山芸術回廊 岡山県立大学 装
  ・「戦争と平和」の写真展

13:55〜14:00 会場準備

14:00〜15:30 【講演機
  演題:「SNSやスマートフォンの利用は大丈夫?
企業に求められる情報モラル・情報セキュリティ」
  講師:(財)ハイパーネットワーク研究所 研究企画部長 渡辺 律子 氏
  要旨 ・ネット社会の問題点
・個人情報の漏洩と人権侵害
・最近のトラブル事例
(ソーシャルメディアやスマートフォンの利用から)
・組織としての対策、情報モラルの考え方
について講演いただきます。

15:30〜15::40 休憩

15:40〜16:40 【講演供
  演題:「あなたの会社のウェブサイトを成功に導くために」
  講師:(株)オリーズデザイン 代表取締役 岡崎 理枝子 氏
  要旨 ウェブサイトを成功に導くためのウェブマーケティング戦略には、
ちょっとしたコツと工夫が必要であり、その為に知っておきたいことや
アクセス解析からウェブサイトの改善を導き出すことを中心にSEO・
  SEM対策などについて講演いただきます。
ウェブマーケティングに興味はあるが具体的にどうしたらいいのか
分からない、ウェブサイトをどうにかしたいが、何から手をつけていいのか
分からないといった方にお勧めです。

■人数    40名(定員になり次第締切)

■主催    岡山県、一般社団法人システムエンジニアリング岡山

■申込期限  2月20日(水)

■申込方法
  ○SEOイベント申し込みシステム、電子メールまたはFaxの場合、
       〃鑢勝Д灰鵐謄鵐張侫ーラム、会社名、氏名、づ渡暖峭罅
       ゥ瓠璽襯▲疋譽垢鬚艦⇒蹐ださい。
                 電子メール : seo@optic.or.jp
                 Fax      : 086-286-9674

○SEOイベント申し込みシステム :
   https://www.seo-okayama.or.jp/event/events/20IBIROa
 より申し込み下さい。

-------------------------------------------------------------------
(SEO)は平成24年4月1日より
「社団法人」から「一般社団法人」に変わりました。
2013-2-4
一般社団法人システムエンジニアリング岡山(SEO)
  渡 辺  守(わたなべ まもる)
〒701-1221岡山市北区芳賀5301(テクノサポート岡山内)
TEL(086)286-9653 FAX(086)286-9674
URL:http://www.optic.or.jp/seo/seo.html
E-mail:mwatanabe@optic.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013-02-27 (水)  【2/27】「おいしい出会い岡山。6次産業化交流会」開催のご案内(岡山6次産業化サポートセンター)

 岡山6次産業化サポートセンター(岡山県商工会連合会)からのお知らせです。
 岡山6次産業化サポートセンターでは、「おいしい出会い岡山。6次産業化交流会を開催します。
 この交流会は、6次産業化に関する疑問がワンストップで解決できるように企画しています。
 プログラムは、農政局の担当者により平成25年度6次産業化関連施策の最新情報提供の他、認定事業者等による取組紹介、食品加工機械メーカー等6次産業化をサポートする企業による展示相談、中国四国農政局等による個別相談で構成しています。

☆主な対象者
6次産業化の取り組みをお考えの農林業業者の方、観光、飲食店、小売店等食の関連業の方、支援機関の方等

【開催概要】
名 称:おいしい出会い岡山。6次産業化交流会

日 時: 平成25年2月27日(水) 13:30-17:30

会 場: 岡山ロイヤルホテル

定 員:100名

参加費: 無 料

※申込締切日 平成25 年2 月22日(金) 定員に達し次第募集を
締め切らせていただきます。

【交流会スケジュール】
・6次産業化セミナー 1 3:3 0 - 1 4:2 0
中国四国農政局 経営・事業支援部 事業戦略課 課長補佐 平野 知子
・6次産業化と期待する成果・平成25 年度の6次産業関連施策について

・マッチングイベント 1 4:3 0 - 1 7 :3 0
1. 認定事業者等によるプレゼンテーション
2. 交流コーナー(認定事業者等による商品紹介等)
3. 展示相談コーナー(食品加工機械メーカー、包材メーカー等)
4. 相談コーナー(中国四国農政局、岡山県農林水産総合センター、
日本政策金融公庫農林水産事業、岡山6次産業化サポートセンター等)

詳細は下記リンクページよりご確認ください。
http://www.okayama-keiei.jp/6ji/04meeting/

お問い合わせ・お申し込み
岡山6次産業化サポートセンター( 岡山市北区弓之町4?19?401)
(岡山県商工会連合会)担当:石井、宇野 TEL 086-238-5666 FAX 086-222-1672

2013-02-27 (水)  【2/27】CREST「ナノ界面技術の基盤構築」研究領域第2回公開ワークショップ−デバイスと界面−  〜ナノ構造による電子操作と新型デバイス〜(JST)

 本ワークショップは、戦略的創造研究推進事業・CRESTの研究領域「ナノ界面技術の基盤構築」の課題間に横断的に存在するテーマに焦点をあて、多面的な議論を通して、領域内外との交流促進・異分野融合による新展開のきっかけを探ろうとするものです。 前回の「水と界面」に続き、今回はハードマテリアル系5課題から10件の発表と領域アドバイザーによる3件の基調講演を行います。質の高い最先端研究の成果が発表されますので、必ずや皆様の知的好奇心を引くものと考えています。アカデミアのみならず、広く企業等からもご参加いただき、真摯な議論と交流を通じて、この分野での今後の発展のきっかけとして活用していただけると有難い次第です。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.nanoif.com/

・日 時:2013年2月27日(水) 9時20分から17時40分まで

・場 所:科学技術振興機構東京本部別館1Fホール(東京都千代田区五番町7 K's五番町)

・参加費:無料 

・定 員:180名

・申込締切:2月25日

・参加申込:右のホームページより参加登録をお願いします http:// www.nanoif.com

<お問い合せ>
 独立行政法人 科学技術振興機構 戦略研究推進部 
 グリーンイノベーショングループ CREST「ナノ界面」担当
 TEL:03-3512-3531 FAX:03-3222-2066
 E-Mail: nanoif_sympo@jst.go.jp

2013-02-27 (水)  【2/27】平成24年度 第4回MOT見学会[倉敷レーザー(株)] 開催のご案内(岡山大学産学官融合センター)

 MOT( Management of Technology:技術的事業の経営 )とは、技術を基盤とする事業を持続的に発展させるための経営に関する学問分野です。
 この見学会では、岡山県内・近隣地域の製品開発型企業を訪問して、製品開発戦略や知的財産戦略、経営の姿勢などについて、その企業の経営層からお話しをいただいています。
 今回は、岡山県倉敷市にあります倉敷レーザー株式会社様の、工場・製品を見学いただけます。皆様のご参加をお待ちしています。

-------------  平成24年度 第4回MOT見学会  ---------------

1.日  時:平成25年2月27日(水) 13:30〜16:00

2.会  場:倉敷レーザー株式会社 本社工場
          (岡山県倉敷市船穂町船穂2095番地8)

※会場地区は下記URLをご覧下さい。
     http://www.k-lasergroup.com/kurashiki-laser/company/map03.html
    (お車は,なるべく乗りあわせのご協力をお願い致します。)    
      
3.事業内容:炭酸ガスレーザー加工機によるステンレス,鉄板等の精密板金加工

4.募集定員:30名(MOTセミナー受講者を優先します)
        ※同業者の方はお申し込みをご遠慮下さい。
       ご不明な場合はお問い合わせ下さい。
        ※ご見学の可否につきましては見学先企業様の判断となります。
         予めご了承下さい。

5.日  程:13:30〜13:35 開会挨拶
       13:35〜14:05 企業側挨拶,会社概要,工程説明
       14:05〜15:00 製品サンプル,工場見学
              (10人3チームで行っていただきます)
       15:00〜15:10 休憩,名刺交換
       15:15〜15:45 質疑応答
       15:45〜16:00 閉会挨拶,見学謝辞,記念写真撮影

6.申込方法:以下のお申し込みフォームにご記入頂き、E-mailまたは
       FAXで融合センター宛に送付下さい。◆締め切り :2/15(金)

7. 注意事項: 写真撮影は禁止です。         

  プログラムはこちらのページに掲載:MOT見学会 
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_02.html#kengaku
-------------------------------------------------------------------
  《 平成24年度 第4回MOT見学会 お申し込みフォーム 》

 □氏名(ふりがな) :
 □勤務先      :
 □所属       :
 □(職名)     :
 □勤務先住所    :〒
 □TEL        :
 □FAX        :
 □E-mail      :
 □緊急連絡先    :
 □産学官融合センターからのメールマガジンを
           :希望する  希望しない  すでに受信済み
 □交通手段     :自動車              その他
 □他に乗りあわせる人:(既に決まっていればご記入下さい)

■岡山大学研究推進産学官連携機構 産学官融合センター
 住 所:〒701-1221 岡山市北区芳賀5302番地 T E L :086-286-8002
 F A X :086-286-8007     E-mail:center@crc.okayama-u.ac.jp
 U R L :http://www.okayama-u.net/renkei/contents/10_01.html

2013-02-26 (火)  【2/26】「人材戦略講演会in山口 〜人材と現場の生産性向上に向けて〜」開催のご案内(中国経済産業局)

 昨今の複雑化する事業環境や我が国の雇用形態の変化などにより,企業の経営戦略と人材マネジメントが必ずしも相互効率的に機能しているとは言えない状況もあり,現下において,人材をどう確保し,育み,活用していくか,それが企業にとってどのような価値を生み出すかについて,もう一度考える意義は大きいものと考えられます。
 このため当局では,平成22年度から地域の中小企業等を対象として,国内・国外の事業・経営環境の動向を睨んだ今後の事業展開に係るヒントを提供し,特に人材戦略,人材マネジメントが中小企業等における経営戦略において効果的に活かされることを促進するため,「人材戦略講演会」を開催しております。
 今回は山口県で開催いたします。人材の生産性向上のあり方,生産プロセスの効果的な革新方策などご関心の企業関係の皆様,自治体,研究機関,さらには学生の皆様など幅広くご参加いただけます。

<日 時> 平成25年2月26日(火) 14:00〜17:00

<場 所> 防長苑(山口県市町村職員共済組合)「孔雀」(山口市熊野町4-29)

<プログラム>
◆挨拶(中国経済産業局,やまぐち産業振興財団)
◆第1部 事例紹介
      〜人材育成・確保にかかる取り組みの現場からの事例紹介〜
          有限責任事業組合アクセル 統括組合員 住吉廣純 氏
          フジミツ株式会社 代表取締役社長 藤田雅史 氏
◆第2部 講演『ものづくり革新のポイントとは!』
      富士通株式会社 ものづくり推進本部
           エグゼクティブプロダクトエンジニア 松下 直久 氏
      株式会社富士通総研 第一コンサルティング本部 産業事業部
                マネジメントコンサルタント 小田 樹 氏

<対 象> 企業関係者,大学等教育機関関係者,学生,自治体・支援機関
      関係者 等

<定 員> 100名(参加無料/定員になり次第締め切ります)

<詳細・申込み>
 http://www.chugoku.meti.go.jp/event/sangyojinzai/130122.html

2013-02-23 (土)  【2/23】岡山まちの夢学生アイディアコンテスト公開プレゼンテーション開催のご案内(中央会)

 岡山まちの夢学生アイディアコンテストは「街の未来デザインを描こう」をコンセプトに、地域や商店街などに人が集まる仕掛けや地域にあるものを活用して新たな魅力をつくるためのアイディアを高校生、大学生から募集しました。その中から選ばれた10組による公開プレゼンテーションを行います。本コンテストは観客参加型です。一般来場者の皆様の投票により「オーディエンス賞」も決定します。
 未来の岡山に対する学生の方々の熱い思いを是非ご覧下さい。

■開催日時 平成25年2月23日(土) 12時30分〜17時30分

■開催場所 岡山国際交流センター 2F 国際会議場
 
■お問い合わせ先  岡山県中小企業団体中央会 組織支援課
              TEL 086−224−2245

 ≫詳細はこちらから・・・http://www.pref.okayama.jp/site/presssystem/305010.html

2013-02-22 (金)  【2/22・23】ポリテックビジョン2013 「夢へ向かう ものづくり・ひとづくり」開催のご案内(中国職業能力開発大学校)

 中国職業能力開発大学校では、2月22日(金)・23日(土)の10:00から、ポリテックビジョン2013「夢へ向かう ものづくり・ひとづくり」を開催いたします。
 皆様、是非ご来場ください。

 詳しくは、こちらをご覧ください。
  → http://www3.jeed.or.jp/okayama/college/tmp/documents/PV2013.pdf

【お問合せ】
中国職業能力開発大学校 ポリテックビジョン2013実行委員会事務局
学務課 TEL:(086)526-6946

2013-02-22 (金)  【2/22】「鳥取大学東京ビジネス交流会」開催のご案内(鳥取大学)

 今年度,第2回東京地区ビジネス交流会では,「安全・安心の鳥取県の地域資源を活用する研究シーズ発表」をテーマに科学的検証を行った特選研究シーズをご紹介させていただきます。今回のビジネス交流会では,研究者自身が企業の皆様に応用・実用化を展望した技術説明を行います。
 また,研究シーズ発表と並行して,企業様との個別面談会も実施いたしますので,さらに詳しい内容をお知りになりたい方には,この個別面談をご利用ください。
 シーズ発表会終了後に情報交換会も行いますので,新たなネットワークの構築に,ご利用いただければ幸いです。
 多くの企業の皆様にご参加して頂きますよう,宜しくお願い申し上げます。

<日 時> 平成25年2月22日(金) 15:00〜18:20

<場 所> キャンパス・イノベーション・センター東京 5階

<プログラム>
◆挨拶・概要説明
◆研究シーズ“表
 「“竹するめ”の機能性評価と新食品素材としての応用展開」
   渡邉文雄(農学部生物資源環境学科教授)
◆研究シーズ発表
 「カニ殻由来の新繊維(キチンナノファイバー)の製造とその応用展開」
   伊福伸介(大学院工学研究科化学・生物応用工学専攻准教授)
◆研究シーズH表
 「高級食材キノコ(ショウロ)の人工栽培」
   霜村典宏(農学部附属菌類きのこ遺伝資源研究センター准教授)
◆個別相談会(事前にお申込み下さい。発表者と個別面談ができます。)
◆情報交換会(軽食・飲み物をご用意いたします。)

<詳細・申込み>
 http://www.cjrd.tottori-u.ac.jp/pccgi/wnew4/file01/20130124132035_0.pdf

2013-02-22 (金)  【2/22】「平成24年度 第2回『環境・エネルギー』セミナー ― 二酸化炭素を資源と捉え,その循環を考える ―」開催のご案内(ちゅうごく産業創造センター)

 二酸化炭素削減に関する企業や個人の取り組みは,再生可能エネルギーの普及拡大とともに,喫緊の課題となっております。
 本セミナーでは,再生可能エネルギーの直接の技術ではなく,二酸化炭素を資源として捉え,二酸化炭素が循環する社会を目指す技術を紹介します。環境経済学的立場から中国地域の環境ビジネスへの提言を中心とした基調講演に続き,「藻類バイオマス」,「ナノスペースマテリアル」の講演で,具体的な二酸化炭素循環に関する技術を紹介します。
 環境・エネルギー分野へ参入・起業を目指す中国地域の企業の方々が,産学官の連携により,新規産業の創出への一助となれば幸いです。
 セミナーへの多数の方々のご参加をお待ちしております。

<日 時> 平成25年2月22日(金) 13:30〜17:00

<会 場> ワークピア広島(広島市南区金屋町1-17)

<対象者> 環境・エネルギー分野への参入・起業を目指す企業・個人ほか

<定 員> 100名

<参加費> 1,000円(情報交換会参加の場合には,別途3,000円)

<プログラム>
◆開会挨拶
  ちゅうごく産業創造センター 専務理事  中野 直文
◆基調講演「エネルギー・環境産業と経営戦略」
広島修道大学 人間環境学部 教授  羅 星仁 氏
◆講演1「藻類バイオマスの可能性」
茨城大学 農学部 資源生物科学科 教授  朝山 宗彦 氏
◆講演2「グリーンイノベーションを実現するナノスペース膜技術
          − ナノテク膜技術の環境・エネルギー分野への展開 −」
  山口大学大学院 理工学研究科 環境共生系専攻 (工学部循環環境工学科)
                          教授 喜多 英敏 氏
◆閉会挨拶
  ちゅうごく産業創造センター プロデュース部長 桑田 清明
◆情報交換会(17:10〜18:40)

<詳細・申込み>
 http://www.ciicz.jp/topics/250222-eex2.html

2013-02-22 (金)  【2/22】メディカルイノベーションフォーラム 2013(浜松商工会議所)

 浜松・東三河地域の健康・医療分野の産業化を考えるメディカルイノベーションフォーラム2013を下記の通り開催いたします。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.hamamatsu-cci.or.jp/events/show/165

・日 時:平成25年2月22日(金)  14:00〜18:15

・場 所:グランドホテル浜松 2F 孔雀の間(静岡県浜松市)

・参加費:無料

・定 員:200名

・申込締切:平成25年2月20日(水) 

・参加申込:http://www.hamamatsu-cci.or.jp/events/show/165

プログラム概要:
  第一部 基調講演 (14:30〜15:40)
  「医療現場と地域企業の連携〜世界市場へ向け、挑戦を!!〜」
   講師 株式会社メトラン 代表取締役 Tran Ngoc Phuc 氏 

  第二部 パネルディスカッション(15:50〜18:10)
  テーマ「健康医療の地域ブランドをいかにして作るか?」

<お問い合せ>
 公益財団法人浜松地域イノベーション推進機構
 TEL 053-489-8111   FAX 053-450-2100
 E-mail info@hai.or.jp

2013-02-22 (金)  【2/22】食品表示関連セミナー開催のご案内(岡山県食品産業協議会)

 この度、現行の食品表示に関する法律等の周知及び遵守、関連する昨今の話題等について、食品製造業者並びに加工業者に対して食品表示関連セミナーを開催することと致しました。また、平成25年度農林水産省補助事業についても、ご担当者を招きご説明願うこととなっております。
 参加を希望される方は、協議会事務局宛にご連絡いただきますようお願い申し上げます。
 多数の皆様のご参加を重ねてお願い申し上げます。

 開催概要については下記の通りです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.開催日時 平成25年2月22日(金)  13:30〜16:00

2.開催場所 メルパルク岡山(岡山市北区桑田町1−13)
3.テ ー マ
 ・「食品表示について〜直近の情報もおり交ぜて〜」
    講師 マトハヤ・フーズコンタクト株式会社 代表取締役  的早剛由 氏
 ・「平成25年度農林水産省補助事業(施策)の概要について」
    講師 中国四国農政局 ご担当者様

4.対 象  食品関連企業 50名程度(定員の場合は申込先着順といたします。)

5.参 加 料 無 料

6.連 絡 先 岡山市北区弓之町4番19−202号
   岡山県食品産業協議会/担当:林・村上
    TEL(086)224−2245   FAX(086)232−4145

*申し込み締め切り日:2月15日(金)

2013-02-21 (木)  【2/21】ポスドク・博士課程院生のための講演会・インターンシップ報告会(岡山大学)

【概要】
  ポストドクター(博士学位取得者)・博士後期課程等大学院生の為の、講演会・インターンシップ報告会が開催されます。企業への就職を検討しているポスドク及び博士後期課程の学生の皆様、博士課程における人材育成について興味のある教員の皆様、ポスドクや博士後期課程の採用を担当されている企業の皆様、ふるってご参加ください。

【日時】
  2013年2月21日(木) 14:00〜17:30

【場所】
  一般教育棟A-21室

【対象者】
  ポストドクター・博士後期課程等学生・教職員・ポスドクや博士後期課程の採用を担当されている企業の皆様

【申込方法】
  下記ホームページ又はe-mail・FAXで事前申し込みをお願いします。(2/14(木)締切)

※詳細はこちらをご覧ください。
http://dcsp.ccsv.okayama-u.ac.jp/events/lecture/

【申込・問合せ先】
岡山大学若手研究者キャリア支援センター
http://dcsp.ccsv.okayama-u.ac.jp/
TEL&FAX:086-251-8345
e-mail: career7198@*
*@の後にadm.okayama-u.ac.jpを付加してください。

2013-02-21 (木)  【2/21】『森と人が共生するSMART工場モデル実証セミナー』の開催について(岡山県新エネルギー推進室)

 岡山県では新たなバイオマス産業を創出し、地域産業の発展と地球温暖化防止を目的とする「おかやまグリーンバイオ・プロジェクト」の一環として、木質バイオマスから付加価値の高い素材の生産技術を開発する「森と人が共生するSMART工場モデル実証」に産学官連携で取組み、森林・林業の再生を目指しています。
 事業実施3年目となる今年度において、実証におけるこれまでの取組内容 を広く知っていただき、木質バイオマスの利活用推進、地球温暖化防止に向けた意識の醸成を図るため、次のとおりセミナーを開催します。

1 日時
 平成25年2月21日(木曜日) 14時〜16時20分

2 会場
 メルパルクOKAYAMA 1F 泰平1
 (岡山市北区桑田町1−13)

3 内容
 (1) 基調講演
  ・三菱自動車工業(株) 開発本部材料技術部 エキスパート 寺澤 勇 氏
   「自動車部品における植物由来材料の開発」
  ・東京大学大学院 農学生命科学研究科 特任教授 安藤 直人 氏
   「木質資源による新技術・新産業の構築」
 (2) SMART工場モデル実証成果報告
  ・超微粉砕システムセクション((独)産業技術総合研究所)
  ・新エネルギー複合利用システムセクション(コアテック(株))
  ・地域基盤形成セクション(真庭市バイオマス政策課)
 (3)SMART工場モデル実証の成果について、参画機関によるポスター展示発表を予定

4 参加費
 無料

5 定員
 120名(先着順に定員になり次第、締め切ります)

6 申込締切日
 平成25年2月14日(木曜日)

7 お申し込み方法
■メールによるお申し込み
 ⇒下記メールアドレスまで、ご住所、電話番号、お名前(企業・団体名、所属部署、役職名)をお送りいただき、ご参加の旨をお申し出下さい。
 E-mail:sinene@pref.okayama.lg.jp

■Faxによるお申込み
 ⇒セミナー開催案内チラシ(下記からダウンロード)裏面の申込書に必要事項を御記入の上、下記Fax番号あてに送信してください。
 Fax番号:086−225−3449

 ※チラシはこちら
   → http://okayama-sangakukan.jp/uploads/photos/689.pdf

2013-02-21 (木)  【2/21】情報セキュリティセミナー「中小企業の情報セキュリティ対策の運用と見直し」開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 当財団では、情報セキュリティセミナーを開催いたします。
 ソーシャルメディア、スマートフォン、無線LAN等と言った、新しいサービスや技術が増えていく中、情報セキュリティのリスクはますます高まり、企業や組織としての対策は、経営課題の一つとなっています。
 今回は、情報セキュリティ対策の運用と見直しにスポットを当て、その基本から最新動向についての講義と、実践的なケーススタディやグループディスカッションを通じて、ルールの必要性や、業務の見直しを学びます。

■日 時  平成25年2月21日(木) 13:00〜17:00

■会 場  テクノサポート岡山 中会議室

■定 員  20名

■対 象  ・経営者または情報セキュリティ管理責任者

■内 容  ・最新の情報セキュリティ事情
      ・日常業務における情報セキュリティチェック
      ・ケーススタディ(DVD)による業務の見直し、グループディ
        スカッション

詳しくはこちら↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/193.html

2013-02-21 (木)  【2/21】第8回つくばビジネスマッチング会 つくば発最先端センシング技術(画像・人体・非破壊センシング)開催のご案内(つくば研究支援センター)

 つくば研究支援センターでは、三井物産との共催により、つくばの先端技術を紹介するつくばビジネスマッチング会を開催します。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.tsukuba-tci.co.jp/matching2013/20130221matching.pdf

■日 時:2013年2月21日(木)  15:00〜17:40(開場14:45)

■場 所:三井物産(株)本社地下1Fホール(東京都千代田区大手町1-2-1)

■参加費:無料

■定 員:先着150名

■参加申込:http://www.tsukuba-tci.co.jp/matching2013/2013moushikomi.doc

■プログラム概要:
15:10〜筑波大学・産業技術総合研究所技術発表
    (1)装着型インタフェースを用いた拡張生体技術
     (2)動いている物体の3次元計測 (3)姿勢推定が可能ARマーカ
16:00〜つくば発ベンチャー企業技術発表
    (4)暗闇でもカラー画像 (5)顔認識技術を簡単・安価に工事なしで提供
    (6)非接触型レーザ超音波可視化検査装置・乾電池駆動超小型X線装置
    (7)ステレオカメラ方式3次元計測 (8)4眼カメラ方式タッチパネル
17:00〜デモ及び個別面談・名刺交換会(個別ブースにて行います)

<お問い合せ>
株式会社つくば研究支援センター(担当:石塚・市村・高橋)
TEL:029-858-6000 E-Mail:matching@tsukuba-tci.co.jp

2013-02-21 (木)  【2/21】DBJキャピタル グリーン・イノベーションフォーラム開催のご案内

 DBJキャピタルが文部科学省大学発新産業創出拠点プロジェクト(START)の事業プロモーターとして支援しているプロジェクトの紹介や、注目する市場の動向や今後の見通しなど、プロジェクトの成果報告だけではなく、市場ニーズを捉えた技術開発をどのようにすべきかを考えます。
 大学の研究成果を社会還元するための新たな取り組みの一環として、START事業の成功につながる議論ができればと存じます。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.vmi.co.jp/symposium/business/green-innovation.html

■日 時:2013年2月21日(木)  13:00〜17:30(12:30開場)

■場 所:大手町フィナンシャルシティ サウスタワー4F カンファレンスセンター 
     (東京都千代田区大手町1-9-6)

■参加費: 無料

■定 員:300人(定員になり次第締め切らせていただきます。)

■参加申込:http://www.vmi.co.jp/greeninnovation/form.html

■プログラム概要:
★基調講演
1)小川 孔輔 氏(法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授)
2)中野 明正 氏(農業食品産業技術総合研究機構上席研究員)

★STARTプログラム・シーズ発表
・城武 昇一 氏(横浜市立大学医学研究科・准教授)
・石井 孝昭 氏(京都府立大学大学院生命環境科学研究科・教授)
・西田 治男 氏(九州工業大学大学院生命体工学研究科・教授)

★パネルディスカッション
司会:    石田 正泰 氏(青山学院大学法学部特別招聘教授)
パネリスト: 今井 久 氏(日本サブウェイ株式会社経営企画本部商品部長)
       本田 大作 氏(株式会社リサイクルワン取締役)
       加藤 百合子 氏(株式会社エムスクエア・ラボ代表取締役社長)
       石井 孝昭 氏(京都府立大学大学院生命環境科学研究科・教授)
       山口 泰久(DBJキャピタル株式会社取締役/START代表事業プロモーター)

<お問い合せ>
DBJキャピタル グリーン・イノベーションフォーラム運営事務局
TEL /03-5205-7902 FAX /03-5205-7922
e-mail :green_innovation@vmi.co.jp

2013-02-21 (木)  【2/21】広島県発明協会 知的財産セミナー「知っておきたい!企業活動における技術関連契約」開催のお知らせ

 本セミナーでは、事業活動を行うにあたって、技術関連契約(秘密保持契約、共同開発契約、ライセンス契約等)でどのようなことに注意すべきか、といった実務的かつ基礎的な知識をわかりやすく解説いたします。

  【日時】2月21日(木)  13:30〜16:30

  【会場】広島発明会館 4階 研修室(広島市中区千田町3-13-11)

  【テーマ】知っておきたい!企業活動における技術関連契約

  【講師】田中 精一 氏 コベルコ建機(株) グローバルエンジニアリングセンター
             GEC企画部 知的財産グループ長

  【参加費】有料

  【主催】(一社) 広島県発明協会

  △お申し込み等詳細は以下のHPをご参照ください▽
http://www.hiroshima-hatsumei.jp/news/kiji2681.html

2013-02-21 (木)  【2/21】「産業界等との連携による中国・四国地域人材育成事業キックオフ・連携シンポジウム 〜仕事をデザイン創造できる技術者養成に向けて〜」(岡山県立大学)

 産業界等との連携による中国・四国地域人材育成事業において,岡山県立大学と岡山理科大学,山口東京理科大学は連携し,「産業界のニーズに対応した自律的な技術者養成プログラム」のテーマのもと,事業水準を上げるための覚書を締結し取り組んでいます。
 仕事を「こなす」人材から仕事を「創る」人材を育成することが求められている今日,デザイナーやエンジニアとして世に出ようとする若者たちに求められる要件とは何か。岡山県内の企業関係者と連携校関係者をパネラーに招き,事業開発の可能性や人材育成上の課題などについて討議し,産官学一体となって目標に向かうため,より具体的な指針を求めることができれば幸いです。

<日 時> 平成25年2月21日(木) 10:50〜

<場 所> 岡山国際交流センター2F 国際会議場

<プログラム>
 ◆開会挨拶
   岡山県立大学 学長  三宮 信夫

 ◆パネルディスカッション
 【進行】岡山県立大学 デザイン学部長 吉原 直彦
 【パネラー】万殿 貴志 氏(蟇囘張┘鵐献縫▲螢鵐亜‖緝充萃役社長)
       美籘 勇雄 氏(ペガサスキャンドル蝓 ̄超反篆壁部長)
       貴島 孝雄 氏(山口東京理科大学 工学部 教授・
                 プロジェクト型ものづくり教育リーダー)
       松浦 洋司 氏(岡山理科大学 工学部
                     准教授・テーマ3グループ幹事)
       村木 克爾 氏(岡山県立大学 デザイン学部
                         准教授・Moddリーダー)

 ◆岡山県立大学サテライト・ラボegg見学会(14:00〜15:30)
   本事業にて導入し,連携校との活用も予定している3Dプリンタを用いて,
  岡山県立大学デザイン学部生による,製品の企画提案・モデリングの実際・
  デザインや工学に共通する「仕事創造」のためのエンジニアリングやマネジ
  メント等について意見交換を行います。

<参加費> 無料

<詳細・申込み>
 http://c-collabo.jp/act/img/nplan/skh24/OPU.pdf

2013-02-20 (水)  【2/20】「関西産業の活性化と産学官広域連携」〜ノーベル賞を産み出す「産」と「学」、その産学官連携とは!〜(機械振興協会)

■日時:平成25年2月20日(水)  13:30〜17:00 (開場:13:00)

■場所:ANAクラウンプラザホテル大阪 3階「万葉の間」

■主催:一般財団法人 機械振興協会

■共催:経済産業省 近畿経済産業局、一般社団法人 日本機械工業連合会

 ※チラシはこちらをご覧ください。
   → http://www.jspmi.or.jp/system/file/1/88/sympo20130220%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%95.pdf
 
<プログラム>

1.ご挨拶 (13:30〜13:35)
一般財団法人 機械振興協会 副会長・産学官連携センター長 鳥居原 正敏

2.来賓ご挨拶 (13:35〜13:40)
経済産業省 近畿経済産業局 局長 小林 利典

3.特別講演 (13:40〜14:30)
『科学技術と未来』
京都大学 総長 松本 紘

4.基調講演 (14:30〜15:20)
『島津製作所における産学官連携と独創的研究開発』〜オンリー1、ナンバー1製品を目指して〜
島津製作所 顧問・技監 吉田 多見男

休憩 (15:20〜15:40)

5.パネルディスカッション (15:40〜17:00)
『ニーズ起点のイノベーション、新しい産学官連携に向けて』
・バイオ、食品、医療、環境−モノ作り産業からの展開方策
・産学官連携による事業化・分野開拓の成功事例
進行役
◎ 後藤 芳一 (東京大学 大学院 工学系研究科 教授)
パネラー (五十音順)
◎ 高畠 昌明 (経済産業省 近畿経済産業局 地域経済部長)
◎ 谷川 浩也 ((一財)機械振興協会 経済研究所 次長)
◎ 中澤 慶久 (日立造船(株) 技術研究所 事業・製品開発本部/大阪大学 大学院 工学研究科 特任教授 Hitz協働研究所)
◎ 野口 琢史 ((株)東洋高圧 代表取締役社長)
◎ 野島 新也 ((株)フジキン 代表執行役社長兼COO)
◎ 増田 直樹 (三重県 健康福祉部 薬務感染症対策課長)

■申込み方法:
E-mailまたはFAXに氏名・組織名・役職・TEL・FAX・E-mailを記載して送信下さい。
E-mail kikaku@jspmi.or.jp
FAX 03-3434-8003

■申込み締切り 平成25年2月15日(金)(定員になり次第締切ります)

■お問い合わせ:
一般財団法人 機械振興協会 企画室(國井・柴崎)
TEL:03-3434-8226
E-mail:kikaku@jspmi.or.jp

2013-02-19 (火)  【2/19】おかやま未来交流会開催のご案内(中央会)

 おかやま未来交流会は、若手経営者等を対象に、先輩経営者等から経験談をお話して頂き、その後参加者同士が 意見交換できる交流の場を創出することを目的としています。
 ご関心のある方は是非ご参加ください。

■第7回おかやま未来交流会
 ・日時 平成25年2月19日(火)
        18:00〜19:00  講 演
        19:00〜20:00  交流会
 ・場所  岡山県中小企業団体中央会 会議室 岡山市北区弓之町4−19−202
 ・講師及びテーマ
    講 師 株式会社ベクトルプラス 代表取締役 村川 智博 氏
    テーマ 「岡山からの元気発信〜自分が変われば未来が変わる〜」
 ・参加定員 30名 ※会場の都合上定員に達し次第締め切らせていただきます
 ・参加費 1,000円/1名

  ※お問い合わせ先  岡山県中小企業団体中央会 組織支援課
                TEL 086−224−2245

   ≫詳細はこちらから・・・http://www.okachu.or.jp/?p=1249

2013-02-19 (火)  【2/19】海外展開支援セミナー 「これからのロシア経済」のご案内(岡山商工会議所)

 経済発展の著しいロシア、なかでも極東地域は豊富な天然資源を有しており、プーチン大統領は戦略的に重要と位置づけ開発に力を入れています。
 島根県浜田港では2007年から行政・民間が一体となってロシア貿易促進の取り組みを行っています。今回、ロシア貿易に15年あまり携わり、「浜田港ロシア貿易サポートデスクの運営も受託している螢┘襦Ε▲ぁΕ咫爾旅盒饗緝充萃役を講師に迎え、ロシア市場の現状と有望と見込まれるロシア進出について解説いただきます。
 新たなチャレンジをご検討されている方は、ぜひご参加ください。

1 開催日時
 平成25年2月19日(火) 13時30分〜15時30分

2 開催場所
 岡山商工会議所 1階会議室(岡山市北区厚生町3-1-15)

3 主催
 岡山商工会議所 国際委員会

4 後援
 日本貿易振興機構(ジェトロ)岡山貿易情報センター、
 (社)岡山県国際経済交流協会

5 内容
 1.浜田港の紹介とロシア貿易の取り組み
    (浜田港振興会 事務局長 服部二郎 氏)
 2.これからの日露貿易
    (螢┘襦Ε▲ぁΕ咫次‖緝充萃役 高橋克弘 氏)
   主な内容
   ・日々変貌するロシア経済
   ・ロシアのWTO加盟による今後の変化
   ・APEC開催とその後の極東の動向
   ・プーチン大統領の経済政策
   ・ロジスティックの整備による日露貿易の拡大
   ・ロシアマーケットへの対応
   ・ロシア経済ミッションの企画

6 受講料
 無料

※詳しくは、下記URLをご覧ください。
  http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=1131

<お申し込み・お問い合わせ先>
 岡山商工会議所 地域振興課
  〒700-8556 岡山市北区厚生町3−1−15
  TEL: 086-232-2262 FAX:086-225-3561

2013-02-19 (火)  【2/19・3/5】経営革新計画の作成実践講座 参加者募集中!(岡山県産業振興財団)

 当財団では、中小企業等における新商品・新サービスの開発などの新規事業展開を促進するために必要な計画作成や経営を支援しております。
 つきましては「経営革新計画」作成の実践講座を開講いたします。
 ぜひご参加ください。

・日  時  ・1回目 
        平成25年2月19日(火) 13:00〜17:00
        講義 ・新商品等をどのように経営に活かすか
          ・経営革新計画の概要と経営革新を図る上でのポイント
       ・2回目 
         平成25年3月5日(火) 13:00〜17:00
         経営革新作成指導(個人ワーク、個別指導)

・会  場  テクノサポート岡山
 
・受 講 料  無料

・締  切  平成25年1月31日(木)必着
 
詳しくはこちら↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/179.html

2013-02-19 (火)  【2/19】CFRPに関する講演会のご案内(岡山県工業技術センター)

 この度、炭素繊維複合材料研究会講演会を岡山で開催することになりましたので、ご案内させていただきます。
 中国地域炭素繊維複合材料研究会では、将来、自動車等への構造用材料として注目される炭素繊維複合材料等の用途展開や特性評価等の研究開発を行っておられる方々を講師としてお招きし、以下の講演会を開催いたします。
 中国地域のものづくりに関わる皆様方をはじめ、多数のご参加をお待ちしております。

■日 時  H25年2月19日(火) 13時15分〜16時30分

■場 所  岡山県工業技術センター 技術交流室
          (岡山市北区芳賀5301)
       
  http://www.pref.okayama.jp/sangyo/kougi/access/top.html

■主 催  (独)産業技術総合研究所 中国センター,岡山県工業技術センター,
       産業技術連携推進会議 中国地域部会

■定 員  50名 (先着順)

■参加費  無料

■次 第
  13:15〜13:20
    開会挨拶  岡山県工業技術センター  西田典秀 所長

  13:20〜14:20
    繊維強化複合材料(FRP)を上手に使おう
      同志社大学 大学院工学研究科 機械工学専攻   藤井 透 教授

  14:20〜15:20
    不連続繊維強化プラスチックの開発に向けての炭素繊維の特性評価試験
      (独)産業技術総合研究所 計測フロンティア研究部門 岩下哲雄 氏

  15:30〜16:00
    CFRTPを用いた自動車部品製造のための実用化技術の開発
      広島県立総合技術研究所  西部工業技術センター  山下弘之 氏

  16:00〜16:30
    四軸織物による軽量・高強度複合材料の開発
      岡山県工業技術センター 研究開発部高分子グループ 甲加晃一 氏

■申込締切  H25年2月15日(金)

■申込方法
    下記宛て、所属、氏名、連絡先(TEL・E-mail)を記載のうえ、メールまたはFAX
    にてお申し込みください。
    なお、お送りいただいた情報は,本講演会関連以外には使用しません。

■お申し込み・お問い合わせ先
  岡山県工業技術センター
    〒701-1296 岡山市北区芳賀5301
    TEL:086-286-9600(代表),FAX:086-286-9630
    e-mail: mitsuo_yoshikawa@pref.okayama.lg.jp
       担 当:吉川、甲加

2013-02-19 (火)  【2/19】 「平成24年度キャリア教育推進連携シンポジウム」開催のご案内(中国経済産業局)

 経済産業省,文部科学省及び厚生労働省は,「平成24年度キャリア教育推進連携シンポジウム」を開催します。
 本シンポジウムでは「キャリア教育アワード」,「文部科学大臣表彰」,「キャリア教育推進連携表彰」の3つの表彰を行うとともに,「地域の特性に応じたキャリア教育の充実・推進」をテーマに,関係者の連携・協働を進める取組の工夫・方法について考えてきます。キャリア教育にご関心のある企業・NPO・学校関係者などの方々は奮ってご参加ください。

<日 時> 平成25年2月19日(火) 13:00〜17:30 

<場 所> 東京医科歯科大学 湯島キャンパス M&Dタワー2階
              鈴木章夫記念講堂(東京都文京区湯島1-5-45)

<定 員> 500名 ※応募多数の場合は、先着順とさせていただきます。

<参加費> 無料

<内 容>
◆キャリア教育アワード(経済産業大臣表彰)
  先進的な教育支援活動を行う企業・経済団体を表彰
◆文部科学大臣表彰
  キャリア教育の充実・発展に関し顕著な功績が認められる学校・教育委員
  会等を表彰
◆キャリア教育推進連携表彰(経済産業省・文部科学省両省から表彰)
  教育関係者と産業界等が連携しキャリア教育に取り組む団体を表彰

<詳細・申込み>
 http://www.chugoku.meti.go.jp/event/sangyojinzai/130111.html

2013-02-18 (月)  【2/18・19】「東大阪地域での産業交流事業」開催のご案内

 岡山県美作県民局では、東大阪地域での産業交流事業の参加企業を募集しておりますので、お知らせいたします。
 新たなビジネスチャンス創出のため、ものづくりの盛んな東大阪地域の製造業の方々との商談会・情報交換会を企画し、その参加企業を募集しております。
 自社製品・技術のPRや新たなビジネスネットワークの構築など、販路開拓や「出会いの場」として、是非ご参加をご検討ください。

(商談会は15社程度の募集、原則先着順です。情報交換会・懇親会・視察は特に定員の設定はありません。)
 参加希望の場合は、お申込み・お問い合わせ先にご一報ください。
 別途参加申込書等をお送りさせていただきます。

■日 時  平成25年2月18日(月)・19日(火)
       ・2/18(月)13:00〜15:50 商談会
               16:00〜17:25 情報交換会
               17:30〜18:30 懇親会
       ・2/19(火)  終日    視察

■場 所  シェラトン都ホテル大阪
        (大阪市天王寺区上本町6-1-55)

■費 用  商談会・情報交換会・視察の参加費は無料ですが、
        懇親会は4,000円/1名が必要となります。

【お申込み・お問合せ先】

↓↓↓

【商談会に関すること】
津山商工会議所 企業振興課 TEL(0868)22-3141

【商談会以外に関すること】
岡山県美作県民局 協働推進室 TEL(0868)23-1259

******************************************
岡山県 美作県民局 地域政策部
 協働推進室 主幹 岸本 真治
  TEL:0868-23-1259 FAX:0868-22-1974
  Email:shinji_kishimoto@pref.okayama.lg.jp
******************************************

2013-02-18 (月)  【2/18】「JST推薦シーズ新技術説明会」開催のご案内(JST)

 JSTでは,A-STEP(研究成果最適展開支援プログラム)フィージビリティスタディ探索タイプ等から生まれた技術シーズを対象とした新技術説明会を開催しています。グリーンイノベーション分野(生物生産,次世代エネルギー)の採択課題のうち,事後評価が高かった課題をピックアップして説明を行います。
 中国地域の大学・研究機関からの説明もありますので,是非ご参加下さい。

<日 時> 平成25年2月18日(月) 9:45〜17:20

<場 所> JST東京別館ホール(東京・市ヶ谷)

<主な技術シーズ(中国地域)>
 ・暖地の気候を活かしたジャパンブランドユリの球根生産技術(山口県農林
  総合技術センター,山口大学)
 ・放射性セシウムを吸収しない作物や野菜の研究・開発(島根大学)
 ・酵母の長寿変異株の探索(広島大学)
 ・新規CO2固定促進機構の活用による植物および藻類のバイオマス生産性の
  飛躍的向上(岡山県農林水産総合センター)

<詳細・申込み>
 http://jstshingi.jp/jstseeds1/2012/

2013-02-15 (金)  【2/15】「第35回 岡大サイエンスカフェ」開催のご案内(岡山大学)

【日時】
 2013年2月15日(金)18:00〜19:30

【場所】
  岡山大学 国際交流会館 1階交流ラウンジ

【テーマ】
  『陸域最大の炭素貯蔵庫「土壌」の恵み 〜環境資源「土壌」の劣化と修復〜』

【講師】
  岡山大学大学院環境生命科学研究科 森 也寸志 准教授

【対象者】
  社会人・および学生・生徒でサイエンスに興味のある方ならどなたでも歓迎いたします。

【参加費】
  無料(飲み物含む)

【申込み締め切り】
  2012年2月12日(火) 17:00

※詳細・お申込みは、以下をご覧下さい。
・岡大サイエンスカフェHP
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/04_04.html

(本件担当)
岡山大学研究推進産学官連携機構
社会連携本部 
 担当:青山・松田
  (TEL)086-251-7112
  (FAX)086-251-8467
  s-renkei◎adm.okayama-u.ac.jp
   ◎を@に置き換えてください。

2013-02-15 (金)  【2/15】「中国地域国立大学法人5大学イチ押しビジネス交流会 in Osaka」開催のご案内

 中国地域の国立大学法人5大学が,それぞれ特色のあるイチ押しの研究シーズをご紹介するビジネス交流会を開催します。
 皆様,奮ってご参加いただきますようお願いいたします。

<日 時> 平成25年2月15日(金) 14:30〜19:00

<場 所> 大阪駅前第3 ビル22 階 関西本部交流室
      (大阪市北区梅田1-1-3-2200)

<参加費> 無料(情報交換会:1,000円)

<主 催> 鳥取大学,島根大学,岡山大学,広島大学,山口大学

<共 催> 鳥取県関西本部,島根県大阪事務所,岡山県大阪事務所,
      広島県大阪情報センター,山口県大阪事務所

<後 援> 中国経済産業局

<プログラム>
◆主催者開会挨拶
  鳥取大学理事(研究担当,米子地区担当)副学長 井藤 久雄
◆各大学のイチ押し!シーズ発表
 ‥膾大学
  「新しい統計手法をつかった材料設計」
 岡山大学
  「常温導電性金属ナノインク」
 9島大学
  「デジタルヒューマン技術による製品ユーザービリティ評価」
 せ蓋大学
  「生物ゲノム情報解析用プログラムを応用した
                  新しい迷惑メールフィルターの開発」
 ツ纂菎膤
  「ヒット現象の数理モデルを用いたSNS マーケティング」
◆閉会挨拶
◆情報交換会

<詳細・申込み>
 http://www.cjrd.tottori-u.ac.jp/pccgi/wnew4/file01/20130108114624_1.pdf

2013-02-15 (金)  【2/15】「平成24年度 第3回『植物工場』セミナー 〜植物工場の環境制御技術〜」開催のご案内(ちゅうごく産業創造センター)

 当センターは,地域経済の活性化や園芸農業の更なる発展の一助として期待されている植物工場ビジネスへの参入や事業拡大を狙う中小企業や農業生産法人等を支援し,植物工場の普及を促進する目的で,セミナーを開催しています。
 この度,驚異的な多収穫・高品質な野菜を栽培しているオランダに代表される植物工場の環境制御技術の重要性に着目し,その現状や取組み事例等を紹介するセミナーを開催します。
 これから植物工場に取り組む方々の経営のヒントとしていただく当セミナーへの多数の方のご参加をお待ちしております。

<日 時> 平成25年2月15日(金) 13:30〜17:10
                 (情報交換会17:20〜18:50)

<場 所> 広島グランドインテリジェントホテル 2階「芙蓉の間」
     (広島市南区京橋町1-4)

<プログラム>
◆開会挨拶
  ちゅうごく産業創造センター 常務理事  浜里 剛
◆講演1「Speaking Plant Approachに基づいた太陽光利用型知的
              植物工場と愛媛大学植物工場研究プロジェクト」
  愛媛大学 植物工場研究センター長・農学部長・教授
                            仁科 弘重 氏
◆講演2「施設植物生産におけるユビキタスセンシング・
                    コントロールネットワークの展開」
  近畿大学 生物理工学部 教授  星 岳彦 氏
◆事例紹介「誠和の植物工場と統合環境制御技術について」
  (株)誠和 研究開発部 主幹研究員  斉藤 章 氏
◆閉会挨拶
  ちゅうごく産業創造センター プロデュース部長  桑田 清明
●情報交換会 (17:20-18:50)      

<参加費> 1,000円(定員80名)情報交換会:3,500円

<詳細・申込み>
 http://www.ciicz.jp/topics/250215-syokubutu3.doc

2013-02-15 (金)  【2/15】アジア地域出身留学生のための「企業説明会」参加企業募集(岡山県産業振興財団)

 当財団、(社)岡山経済同友会、岡山大学、岡山理科大学、岡山商科大学及び吉備国際大学では、「アジア留学生ビジネスネットワーク構築支援事業」において、アジア地域からの留学生を対象に「アジア地域出身留学生のための企業説明会」を実施します。
 留学生は、我が国と出身国双方の言語や知識を有する高度なビジネス人材として、産業のグローバル化の進展の中で活躍が期待されます。そのようなグローバルかつ専門能力を有する留学生の採用を予定している企業を募集します。

・日  時  平成25年2月15日(金) 13:00〜16:30

・会  場  ピュアリティまきび

・参加条件  ・2013年及び2014年に県内大学・大学院を卒業するアジア地域
        出身留学生を採用予定であること
       ・正社員として採用予定であること
         ※求人内容は雇用期間の定めのないもの
          (パート、派遣、契約、嘱託等以外)となります

・参 加 料  無料

・締  切  1月10日(木)

詳しくはこちら↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/180.html

2013-02-15 (金)  【2/15】広島県発明協会 知的財産セミナー「審査基準や判例から学ぶ特許明細書作成の留意点」開催のお知らせ

 本セミナーでは、審査基準を念頭において明細書を作成する際のポイント特許権の取得や活用を行う上での重要な視点や注意点などの理解を深めていただくために、前半は、審査基準の記載要件の部分を中心に、後半は記載要件や擁護の解釈が問題となった判例についてわかりやすく解説いたします。

  【日時】2月15日(金)  13:30〜16:30

  【会場】広島発明会館 4階 研修室(広島市中区千田町3-13-11)

  【テーマ】審査基準や判例から学ぶ特許明細書作成の留意点(電気・機械編)

  【講師】豊田 充生 氏 中国電力(株) エネルギア総合研究所
        知財企画法務担当 専任係長 弁理士

  【参加費】有料

  【主催】(一社)広島県発明協会

  △お申し込み等詳細は以下のHPをご参照ください▽
http://www.hiroshima-hatsumei.jp/news/kiji2705.html

2013-02-15 (金)  【2/15】留学生等海外人材活用セミナーのご案内(岡山県産業企画課)

 アジアを中心に県内企業の海外事業展開が活発に行われ、現地の言語や文化、商習慣などに精通する人材の確保が不可欠となっている中、留学生をはじめとした海外人材への期待が高まっています。
 そこで、このたび、県内企業・団体等のご担当者を対象に、入国管理制度等に詳しい国際法務の専門家や海外人材の採用実績がある県内企業関係者を講師に迎え、採用に際して必要となる基礎知識、活用のメリットや課題、その解決策などに関するセミナーを開催いたしますので、ふるってご参加ください。

1 開催日時
 平成25年2月15日(金)  10時00分〜12時00分

2 開催場所
 ピュアリティまきび 2階 千鳥の間(211号室)
(岡山市北区下石井2-6-41 電話:086-232-0511)

3 主催
 岡山県

4 後援
 日本貿易振興機構(ジェトロ)岡山貿易情報センター、
 (社)岡山県国際経済交流協会、(公財)岡山県産業振興財団

5 内容
(1)留学生等海外人材採用に必要な入管知識と最新情報
   行政書士まつだ国際法務オフィス 代表 松田葉子 氏
(2)海外人材活用計画と実績について
    ユアサ工機株式会社 総務経理課 主査 竹原 満 氏
(3)外国人雇用の推移と今後の課題について
    倉敷化工株式会社 常務取締役 黒川康治 氏

6 参加費
 無料

7 募集人数
 50名(受講票等は発行しません。定員に達し次第締め切ります。)

8 申込期限
 平成25年2月12日(火)

9 お申込・お問い合わせ先
 岡山県産業労働部 産業企画課 経済国際化推進班
  〒700-8570 岡山市北区内山下2−4−6
  TEL: 086-226-7365 FAX:086-225-3449
  E-mail: sanki@pref.okayama.lg.jp
 ※FAXまたはE-mailでお申し込みください。
  詳細な案内チラシ及び申込用紙は以下のURLから
  ダウンロードできます。
  http://www.pref.okayama.jp/page/304618.html

10 ご参考:同日開催行事
(1)「留学生就職セミナー」10:30〜12:00
    主催:岡山県県民生活部 国際課
    場所:ピュアリティまきび 2階 千鳥の間(210号室)
    お問い合わせ先(電話):086-226-7283
(2)「アジア地域出身留学生のための企業説明会」13:00〜17:00
    主催:(公財)岡山県産業振興財団
    場所:ピュアリティまきび
    お問い合わせ先(電話):086-286-9626

2013-02-15 (金)  【2/15】考課者研修 〜人事評価は人材育成〜の開催について(SEO)

 システムエンジニアリング岡山では、考課者研修を開催いたします。人事評価は、単なる査定のための「ものさし」ではなく、「人材育成」の基本です。
 評価に必要な知識の習得とワークにより、実践的な研修を実施いたします。
 人事制度を導入されていない企業様にも、部下育成のヒントとして参加頂けます。講義は、具体的な事例を交えながら、分かりやすく解説いたします。  

■日  時  平成25年2月15日(金) 9:30〜16:30

■会  場  テクノサポート岡山 研修室

■参 加 料  18,900円

■講  師  株式会社 キャリアプランニング 宮川 雅也 氏

 ※詳しくはこちら↓↓↓
   http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/185.html

2013-02-14 (木)  【2/14・3/7】岡山県中小企業支援制度説明会 参加者募集!(岡山県産業振興財団)

 中小企業者等が行う新技術・新製品の研究開発を対象とした補助金制度及び融資制度等の説明会を、岡山および津山の2会場で開催しますので、ご案内いたします。
 なお、国及び県予算確定前の説明会であり、今後、事業の改廃等の可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

1.日時・場所
☆平成25年2月14日(木)13:00〜17:00
テクノサポート岡山 1階 大会議室(岡山市北区芳賀5301)

☆平成25年3月 7日(木)13:00〜17:00
津山国際ホテル 2階 鶴山の間(津山市山下98−2)

2.説明内容
(1)新技術・新製品の研究開発等に対する補助金及び融資等の支援制度
(2)関係支援機関の事業等の紹介
(3)関係支援機関との個別相談(説明会終了後)

3.申込方法 下記URLよりお申し込みください。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/191.html

【申込・問合せ先】
公益財団法人岡山県産業振興財団
技術支援部 研究開発支援課(担当:横田、三竿)
〒701-1221 岡山市北区芳賀5301
TEL:086-286-9651/ FAX:086-286-9676/ E-mail:kaihatsu@optic.or.jp

2013-02-14 (木)  【2/14】ものづくり企業の医療機器分野参入セミナー&相談会開催のご案内(中国経済産業局)

 ものづくり企業等の参入の関心が高い医療機器産業については、医療機器市場や法規制などがわかりにくいとの声があります。そこで、中国地域で初の試みとして、「(独)医薬品医療機器総合機構(PMDA)」による出張個別相談会を開催し、医療機器開発に向けた実践的なアドバイスを受ける機会を提供します。
 併せて、広く医療機器市場や薬事法審査、医療機器参入の実例などを知ってもらうための医療機器分野参入セミナ―を開催します。
 ものづくり企業の皆様、大学等研究機関関係者、病院等医療関係者など多くの皆様のご来場をお待ちしております。

■日時  平成25年2月14日(木)   セミナー 13:00〜15:30
                      個別相談会 9:45〜

■場所  オルガビル オルガホール 
       (岡山市奉還町1-7-7 オルガビル地下1階)

 ※申込等詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.chugoku.meti.go.jp/event/sangakukan/130116.html

2013-02-14 (木)  【2/14】食品技術ミニシンポジウム【食の安全・安心】開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 公益財団法人岡山県産業振興財団・岡山県食品新技術応用研究会では、食品に関する新技術・新商品開発等の技術力向上及び販路開拓等のレベルアップを図るために、【食の安全・安心】をテーマにミニシンポジウムを開催します。
 情報があふれる現代社会。食に関して多種多様な「風評被害」が多いのなか、食に関わる関係者はじめ消費者の皆様、御参加をお待ちしております。

■開催日 : 平成25年2月14日(木)  13:30〜18:50

■場 所 : メルパルク(JR岡山駅から徒歩8分) 1階 泰平の間  
        〒700-0984  岡山県岡山市北区桑田町1−13
   筺086-223-8100(代)
        地図はこちらを御覧下さい
→ http://www.mielparque.jp/okayama/access/

■締 切 : 平成25年2月7日(木)

■定 員 : 80名(定員になり次第締切ます。)

■参加費 : ミニシンポジウム参加費:無料
 (交流会:有料 4,000円) 

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・
−・・
[開催概要]
○あいさつ 開会                  13:30〜13:40

○講演1  13:40〜15:10(質疑応答含む)
 講 師  倉敷芸術科学大学 学長 唐木英明 氏
 演 題  「食の安全と消費者の不安」
    *日本の食品の安全性は高いにもかかわらず、消費者
の不安は大きい。その原因を考えてみる。

○講演2  15:30〜17:00(質疑応答含む)
 講 師  中国学園大学大学院 現代生活学研究科 
研究科長 多田幹郎 氏  
 演 題  「放射線・放射能についての正しい理解を求めて」
−誤解を解き、不安の提言と風評被害の解消のため−
*放射線・放射能の基礎と関連単位を説明し、続いて、
人々は常に放射線を浴びながら生活していること及び
放射線の健康影響を概説し、最後に、放射線利用技
術の一つである「食品照射」の有用性を紹介する。

■交流会  17:20〜18:50 参加費 : 4,000円/人
  ホテル内 1階ティーラウンジ「あいれっくす」

■主 催
公益財団法人岡山県産業振興財団
岡山県食品新技術応用研究会(食技研)

◆申込み方法
 平成25年2月7日(木)までに、下記URLよりお申込ください。
 但し、定員80名になり次第締切ます。
 http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/
   ← 岡山県産業支援ネットワーク「イベント情報」

連絡先 : (公財)岡山県産業振興財団 研究開発支援課
           (担当:秋山・尾崎)
      〒701-1221 岡山市北区芳賀5301
         Tel 086-286-9711 Fax 086-286-9706 
     E-mail:sangaku@optic.or.jp 

2013-02-14 (木)  【2/14】「マツダ株式会社等からの技術ニーズ発信を受けた技術シーズ発信!」開催のご案内

 中国地域の主要産業である自動車産業を取り巻く環境が大きく変化するなか、自動車産業のポテンシャルを生かした新たな成長産業群の創出・育成を図るため、「医工連携・先進環境対応車創出事業」を展開しており、この事業の一環として、「先進環境対応車に係る技術シーズ発信会」を開催いたします。

 申込等詳しくはこちらをご覧ください。
  → http://www.hirogin-ri.jp/

2013-02-13 (水)  【2/13】「『iPadを活用したイノベーション』に関するセミナー」開催のご案内(中国NBC)

 iPadが発売されて3年,業務用ツールなどで活用する企業も増えており,ビジネスの現場でその存在感を日々増しつつあります。
 今回は製造業の現場(工場)でiPadを導入し,生産性と品質を向上させた東洋電器(株)様の事例とソフトバンクBB(株)の活用事例についてセミナー,および懇親会を開催いたします。

<日 時> 平成25年2月13日(水) 15:00〜19:00 

<場 所> ピュアリティまきび(岡山市北区下石井2-6-41)

<内 容>
◆セミナー iPadとExcelを活用したソリューション「XC-Gate」のご紹介』
       講師:矢部 勉 氏(東洋電器株式会社)
◆セミナー◆iPad活用事例』
       講師:ソフトバンクBB株式会社

<会 費> 会員:2,000円,一般:4,000円
      (共に懇親会費を含んでおります。)

<定 員> 30名

<詳細・申込み>
 http://www.cnbc.or.jp/detail.php?rec_topics_id=495&PHPSESSID=ebc099adc0997781d3c473da829fdd88

2013-02-13 (水)  【2/13・27】「平成24年度ジェトロ知的財産セミナー(商標権保護)」開催のお知らせ(ジェトロ広島)

 ジェトロ広島では、海外における「商標権問題とその対応」「商標権侵害の悪質化・巧妙化への対応」「考慮すべき最近の商標制度」などについて、知的財産権問題に関するジェトロの専門家が、基礎編と応用編の2回に分けてお話しするセミナーを開催します。
 本セミナーでは、これから海外展開をお考えの皆様には基礎編から、すでに海外展開を進めておられる皆様には応用編から受講いただくことで、商標権に関する適切な対処方法を習得していただきます。

《基礎編》海外における商標権問題とその対応
  【日時】2月13日(水)  14:00〜16:30

《応用編》海外における商標権侵害の悪質化・巧妙化への対応
  【日時】2月27日(水)  14:00〜16:30

《共通事項》
  【会場】広島発明会館 4階 研修室(広島市中区千田町3-13-11)
  【講師】横山 方一 氏 (独)日本貿易振興機構(JETRO)知的財産権専門家
  【参加費】無料
  【申込締切】2月6日(水)
  【主催】(独)ジェトロ広島、(一社)広島県発明協会
 
  △お申し込み等詳細は以下のHPをご参照ください▽
   http://www.jetro.go.jp/jetro/japan/hiroshima/events/20130117653-event

2013-02-13 (水)  【2/13】山田方谷の事例も紹介!経営課題を克服し、新しい経営戦略を構築する“攻め”と“守り”の知的資産経営セミナー開催のご案内(岡山商工会議所)

 このセミナーでは、企業・組織の特徴や強み、経営者・社員の方々の知恵、気づきにくい経営に有益な要素等の“知的資産”を活用し、経営課題の克服や新しい経営戦略の構築、円滑な事業承継等を進めるための考え方や実践方法について、事例を交えつつ分かりやすく解説いたします。
 皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

◎日時 平成25年2月13日(水) 13:30〜16:00

◎内容 ○著作権と知的資産(50分)
       著作権は経営課題の克服にどう役立つか。
    ○山田方谷に学ぶ知的資産経営(50分)
       備中松山藩で山田方谷はいかにして8年間で
       1200億円を生み出したか。
    ○事業承継と知的資産経営(50分)
       何から手を付け、どんな出口を探すのか。

◎講師 岡山県行政書士会 矢尾 千入氏
    岡山県行政書士会 下村 幸喜氏

◎場所 岡山商工会議所4階405会議室

◎定員 50名

◎受講料 無料

※申込方法等詳しくは
http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=1127
をご覧ください。

■■申込・お問合せ先■■
岡山商工会議所 経営安定特別相談室
〒700-8556 岡山市北区厚生町3-1-15
TEL086-232-2266 FAX086-232-5269

2013-02-13 (水)  【2/13】「中国ICTフォーラム −新世代ネットワークと最先端テクノロジーが目指す近未来ICT社会−」開催のご案内(中国総合通信局)

 中国総合通信局は,中国地域のICT社会の発展に寄与することを目的として,「中国ICTフォーラム」を開催いたします。
 本フォーラムでは,既存のネットワークが抱える諸問題(スマートフォンの普及やSNSの利用者拡大等に伴い増加する通信量・消費電力,セキュリティ上の脅威等)を改善・解決し,社会を支える重要なインフラとなる「新世代ネットワーク」の実現に向けた取り組み状況を紹介するとともに,新世代ネットワーク技術の研究開発テストベッドである「JGN-X」を利用した研究開発の動向等を中国地域の研究者,行政機関関係者,ICT関連企業に加え,広く一般の方にも紹介し,来るべきICT社会への理解を深めていただきます。
 なお,このフォーラムは,中国超高速ネットワーク連絡協議会,中国情報通信懇談会と共催で開催するものです。

<日 時> 平成25年2月13日(水) 13:30〜15:30
 
<場 所> 広島マツダビル 3階 第3・4会議室(広島市中区幟町13-4)

<内 容>
◆講演1「新世代ネットワーク実現を目指した取り組み状況の紹介」
  (独)情報通信研究機構 ネットワーク研究本部
                     プランニングマネージャー
  (新世代ネットワーク基盤研究開発プロジェクト
                 プロジェクトリーダー) 荘司洋三 氏
◆講演2「Software Defined Network の研究動向およびJGN-X
            OpenFlow テストベッドネットワークRISEのご紹介」
  (独)情報通信研究機構 テストベッド研究開発推進センター
                       専門研究員 石井秀治 氏
◆講演3「広帯域ネットワークで結ぶ広域分散クラウドの利活用に向けて」
  広島大学 情報メディア教育研究センター 准教授 近堂徹 氏

<定 員> 80名程度

<参加費> 無料

<詳細・申込み>
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2012/086re-1.html

2013-02-12 (火)  【2/12】ライフイノベーション推進事業「福祉・リハビリ機器開発情報セミナー」開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 岡山県と(公財)岡山県産業振興財団では、県内ものづくり企業の医療・福祉分野への進出を支援するために今年度から取り組んでいる「ライフイノベーション推進事業」の一環として、下記のとおり、福祉・リハビリ機器開発情報セミナーを開催いたします。 

1.開催日時  平成25年2月12日(火)  13:30〜18:30

2.場  所  岡山ロイヤルホテル 光楽の間(岡山市北区絵図町2−4)

3.主  催  岡山県 (公財)岡山県産業振興財団 ハートフルビジネスおかやま
 
4.後  援  おかやまコーディネータ連絡協議会

5.内  容
ヽ会     13:30
▲札潺福治院 。隠魁В械機腺隠機В娃機     
 講師:螢轡襯弌嫉唆反景梗辧‖緝充萃役・編集長 安田 勝紀 氏         
 演題:「健康福祉・介護分野市場の動向と 福祉用具開発への期待」

セミナー2  15:20〜16:50
 講師:横浜市総合リハビリテーションセンター 
     地域リハビリテーション部担当部長・研究開発課長 飯島 浩 氏
 演題:「リハビリテーションの現場における技術ニーズと機器開発システム」

じ鯲会    17:00〜18:30 ※会費  4,000円(事前申込)

6.申 込 先  下記事務局までお申し込みください。但し、定員60名になり次第、締め切ります。

  ※申込等、詳しくはこちらをご覧ください。
    → http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/194.html

7.事 務 局  (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
          担当:三島・尾崎        
            〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F  
              筺(086)286-9665 FAX:(086)286-9676  
               E−mail:y-mishima@optic.or.jp 

2013-02-10 (日)  【2/10〜11】「放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム国際シンポジウム」開催のご案内(広島大学)

 広島大学大学院放射線災害復興を推進するフェニックスリーダー育成プログラム(文部科学省「博士課程教育リーディングプログラム」平成23年度採択事業)では,国際シンポジウム「放射線災害復興への提言」を開催します。
 第2回となる今回は,シンポジウム,ポスターセッションおよびパネルディスカッションを行います。本シンポジウムは,広く国内外の教員,研究者,学生の学術交流を深める貴重な機会となり,また放射線災害復興を推進する関連分野の教育研究における今後のグローバル人材の育成の発展に寄与することが期待されますので,多数ご参加下さいますようご案内申し上げます。

<日 時> 平成25年2月10日(日)〜11日(月)

<場 所> 広島国際会議場(広島市中区中島町1-5 平和記念公園内)

<プログラム>

(2月10日(日)12:30〜18:30)
◆キーノートアドレス
 _勺蝓/輔 氏 カリフォルニア工科大学教授
 Dr. Rethy K. Chhem 国際原子力機関(IAEA)健康部長
◆講演
 Dr.Jacques Lochard  際放射線防護委員会(ICRP)第4委員会委員長
 ⊆禿帖‘岨廖〇瓠(株)千代田テクノル大洗研究所 研究主幹
 L邯供\紺譟〇瓠々駑環境研究所 生態機能評価研究室長
 Dr.Albert Lee Wiley オークリッジ放射線緊急時支援センター
                  /訓練施設(REAC/TS)医療・技術理事
 Dr.Tom K.Hei コロンビア大学 教授
◆レセプション(参加費:5,000円)

(2月11日(月) 9:00〜12:30)
◆ポスターセッション(研究発表)
◆パネルディスカッション
 「科学•技術は,安心•安全の社会構築にどのような貢献ができるか?」
 (パネリスト)下條教授,Dr. Rethy K. Chhem,
        神谷教授(プログラムコーディネーター),履修学生

<詳細・申込み>
 http://www.hiroshima-u.ac.jp/lp/program/ra/media/p_eyxv4g.html

2013-02-09 (土)  【2/9】「第6回 津山高専 環境・エネルギープロジェクト会議−津山のスマート化から環境・エネルギーを考える−」開催のご案内(津山高専)

 下記のとおり「第6回 津山高専 環境・エネルギープロジェクト会議」を開催いたします。皆様,ぜひご参加下さい。

<日 時> 平成25年2月9日(土) 13:00〜17:00

<場 所> 津山国際ホテル

<主 催> 津山工業高等専門学校

<後 援> 電気学会中国支部,津山高専技術交流プラザ,津山商工会議所

<参加費> 無料(情報交換会へ参加される場合は\3,000)

<プログラム>
◆開会の辞
  津山高専地域共同テクノセンター長  田辺 茂
◆開会挨拶
  津山高専 副校長  岡田 正
◆講演1「スマートシティを構築するための
                  電力系統構築への材料学的アプローチ」 
  長岡技術科学大学電気系 准教授 中山 忠親
◆講演2「身近になりつつあるスマートグリッドと
                    電力用蓄電池システムの最新動向」
  (株)東芝 電力流通システム事業部 参事  高木 喜久雄
◆講演3「各地のスマートコミュニティ開発の状況と
                      津山地域のスマート化の展望」
  備前グリーンエネルギー(株) 代表取締役社長  武本 洋一
◆講演4「やさしい再生可能エネルギー発電と
                最新のパワーコンディショナーの研究動向」
  宇部高専電気工学科教授  西田 克美
◆閉会の辞
  津山高専地域共同テクノセンター長  田辺 茂
◆情報交換会

<詳細・申込み>
 http://c-collabo.jp/act/img/nplan/skh24/Tsuyama-ct.pdf

2013-02-09 (土)  【2/9】『第6回 津山高専 環境・エネルギープロジェクト会議』開催のご案内(津山高専)

第6回 津山高専 環境・エネルギープロジェクト会議
−津山のスマート化から環境・エネルギーを考える−

■日 時 : 平成25年2月9日(土) 13:00〜17:00

■場 所 : 津山国際ホテル 桜花の間
        (津山市山下98-2)

■受講料 : 無料

■プログラム
・13:00〜13:10
開会の辞 津山高専地域共同テクノセンター長 田邊 茂
開会挨拶 津山高専 副校長 岡田 正

・13:10〜14:05
「スマートシティを構築するための電力系統構築への材料学的アプローチ」 
長岡技術科学大学電気系 准教授 中山 忠親

・14:05〜15:00
「身近になりつつあるスマートグリッドと電力用蓄電池システムの最新動向」
(株)東芝 電力流通システム事業部 参事 高木喜久雄

・15:00〜15:10 休憩

・15:10〜16:05
「各地のスマートコミュニティ開発の状況と津山地域のスマート化の展望」
備前グリーンエネルギー(株)代表取締役社長 武本 洋一

・16:05〜17:00
「やさしい再生可能エネルギー発電と最新のパワーコンディショナーの研究動向」
宇部高専電気工学科教授 西田 克美

・17:00〜17:05
閉会の辞 津山高専地域共同テクノセンター長 田邊 茂

・17:10〜18:30
情報交換会【 要参加料:3,000円― 】
※ 情報交換会のみ要参加料となっております。

********************************************************************
・お問合せ先・お申込み先
岡山県津山市沼624-1
津山工業高等専門学校 学術・社会連携推進事務室 
TEL:0868-24-8220 E-mail techno@tsuyama-ct.ac.jp

・お問合せ先
〒708-8516
  岡山県津山市山下30-9
   津山商工会議所 企業振興課
  TEL.0868-22-3141 Mail shinsuke@tvt.ne.jp
*********************************************************************

2013-02-08 (金)  【2/8】「第18回 OUS技術セミナー」開催のご案内(岡山理科大学)

 岡山理科大学技術科学研究所では、本大学で培われる科学技術と最新の知見を広く社会に還元し貢献することを目的に、地域社会と研究交流および科学技術の普及・啓発活動の一環として、「OUS技術セミナー」を開催し、一般市民、企業関係者、学生、官公庁の皆様などを対象にした一般講演会を実施しています。
 本年度は、下記により、「生活水準(QOL)向上のための健康と科学」をテーマにして、紫外線による皮膚への影響とその対策、健康食品、こころの健康などの内容となります。
 また、来年度は、引続き「生活水準(QOL)向上のための科学技術」のテーマを計画しています。

■名 称:第18回 OUS技術セミナー

■主 催:岡山理科大学技術科学研究所

■テーマ:生活水準(QOL)向上のための健康と科学

■場 所:岡山理科大学50周年記念館

■日 時:平成25年2月8日(金) 13:30〜17:00

■プログラム
1.「紫外線による皮膚の老化とその対策」バイオ・応用化学科、安藤秀哉教授
2.「食品と健康」、臨床生命科学科、益岡典芳教授
3.「心の科学で人間理解を深める方法」電気電子システム学科、教養教育センター
西村次郎 教授
4.「柑橘由来成分『糖転移へスペリジン』の生理機能とその応用」−トクホを中心とした健康分野での可能性−
衫啗 研究開発本部応用研究部 食品・ヘルスケア素材課 三鼓仁志別紙課長

■対 象:一般市民、企業関係者、学生、官公庁など 約150名

■参加申込方法
  下記のホームページにより
  http://www.ous.ac.jp/FACIL/gikaken/wn/detail121010.html

2013-02-07 (木)  【2/7〜3回コース】BCP(事業継続計画)の作成手法を学ぶ!(中小企業大学校 広島校)

 中小企業大学校広島校では、「BCP(事業継続計画)の作成手法を学ぶ!」を開催します。
 本研修では、リスクマネジメントとBCPの重要性について理解を深めるとともに、BCP作成演習を通じて自社のBCPを作成するためのポイントを紹介します。
 また、東日本大震災での様々な企業の取組事例等も取り上げ、BCPの有効性について具体的に学びます。

・日時:平成25年2月 7日(木)9:30〜18:30
           2月 8日(金)9:20〜16:20
           2月28日(木)9:20〜16:30(3日間コース)

・場所:中小企業大学校広島校(広島市西区)

・参加費:無料

・問合せ先:中小企業大学校広島校 研修担当

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/list/syousai2012/067219.html

2013-02-06 (水)  【2/6】「第95回岡山県医用工学研究会シンポジウム・交流会」開催のご案内(岡山大学)

 標記シンポジウム・交流会を開催いたします。

<日 時> 平成25年2月6日(水) 13:30〜17:30

<場 所> ピュアリティまきび 2階千鳥(岡山市北区下石井2-6-1)

<主 催> 岡山県医用工学研究会

<共 催> NPO法人メディカルテクノおかやま,
      岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター

<後 援> (独)科学技術振興機構産学官連携ネットワーク部,
      日本生体医工学会中国四国支部

<参加費> シンポジウム:無料
      交流会:岡山県医用工学研究会会員 1,000円/非会員 3,000円

<プログラム>
◆開会挨拶
  岡山県医用工学研究会会長,NPO法人メディカルテクノおかやま理事長
                               公文 裕巳  
◆話題提供シリーズ
 「地域産学官共同研究拠点(OMIC)の現状と支援体制」   
   岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携 副センター長
                            松浦 栄次 氏
◆特別報告
 ICONT(Innovation Center Okayama for Nanobio-targeted Therapy)
     における『がん治療遺伝子REICによるナノバイオ標的医療の創成』
   岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 教授 公文 裕巳 氏
 OMIC(Okayama Medical Innovation Center)事業における
     「抗体を用いた分子イメージング技術を基盤とする標的医療の創成」
   岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 教授 松浦 栄次 氏
 MBL、住重、島津、岡大による新規産学官共同研究
  「新規核種(89Zr)による抗体PETプローブの開発」     
   (株)医学生物学研究所 研究開発本部本部長・執行役員 越坂 卓也 氏
◆特別講演 
 「分子イメージング臨床試験の新しい展開」       
   国立がん研究センター 執行役員 企画戦略局長 藤原 康弘 氏
◆交流会

<詳細・申込み>
 http://www.optic.or.jp/medical/info_detail/show/235.html

2013-02-05 (火)  【2/5】「中国地域産総研技術セミナーin島根」開催のご案内(産総研中国センター)

 産総研中国センターは,産総研の研究開発の成果や産学官連携活動をご紹介して,中国地域の皆様との技術的・人的ネットワークを図ることを目的にセミナーを開催しています。
 今回は,「発電モジュール関連技術」及び「透明導電膜関連技術」について最新の研究成果についてご紹介します。
 多数の皆様のご参加をお待ちしております。

<日 時> 平成25年2月5日(火) 13:30〜16:20

<場 所> テクノアークしまね 4階大会議室(島根県松江市北陵町1番地)

<定 員> 50名(申し込み順:定員になり次第、締め切ります)

<参加費> 無料

<プログラム>
◆開会挨拶
  島根県産業技術センター 所長 吉野 勝美
◆産総研紹介「イノベーションハブとしての産総研中国センターの活動」
  産業技術総合研究所 中国センター 所長 中村 修
◆講演1「小型熱電変換モジュールの開発」
  産業技術総合研究所 サステナブルマテリアル研究部門
          相制御材料研究グループ 研究グループ長 尾崎 公洋
◆講演2「グラフェンの低温プラズマCVDと透明電極応用の可能性」
  産業技術総合研究所 ナノチューブ応用研究センター
        ナノ物質コーティングチーム 研究チーム長 長谷川 雅考

<詳細・申込み>
 http://unit.aist.go.jp/chugoku/even/2013/20130205.html

2013-02-05 (火)  【2/5】中小企業海外展開進出セミナー(中国経済産業局)

 経済産業省では、平成24年度よりグローバル人材育成インターンシップ派遣事業を通じて、グローバル人材の育成と、企業の海外進出・事業拡大支援に取り組んでいます。
 今般、本事業の更なる理解・浸透を図るため、本事業内容の説明と中小企業のグローバル事業展開に関する「中小企業海外展開進出セミナー」を開催します。

【広島会場】
※1日2回のセミナー(A、B)を開催します。A、Bのセミナー内
容は同一です。

・日時:平成25年2月5日(火) 13:00〜15:00(セミナーA)
               16:00〜18:00(セミナーB)

・場所:SGSリラルーム広島(広島市中区)

・参加費:無料

・問合せ先:セミナー運営事務局 
      (株)野村総合研究所 経営コンサルティング部
      (担当:笠井/黒崎)

  http://www.e-toroku.jp/intern1

2013-02-05 (火)  【2/5】「第1回バイオマスリファイナリーシンポジウム」開催のご案内()

 バイオマスリファイナリー研究センターは,木質系バイオマス資源を化学品(ケミカル),複合材料(マテリアル),燃料へと効率よく変換する基盤技術を確立するとともに,成分分解(上流工程)から製品(下流工程)までの研究を一体的に進め,研究成果の移転・標準化・実用化に貢献するために2012年4月に設立されました。
 今回,初めての研究成果報告会を開催いたします。

<日 時> 平成25年2月5日(火) 13:00〜16:40

<場 所> フクラシア東京ステーション 5階
      (東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル)

<参加費> 無料

<定 員> 200名

<プログラム>
◆開会の挨拶
  産総研 環境エネルギー分野 研究統括 理事  矢部 彰
◆講演「バイオリファイナリーの研究動向と今後の展望(仮題)」
  神戸大学大学院工学研究科 
     教授・統合バイオリファイナリーセンター長  近藤 昭彦 先生
◆発表「産総研バイオマスリファイナリー研究センターの設立と今後の取り組み」
  産総研 バイオマスリファイナリー研究センター 
                     研究センター長  平田 悟史
◆発表「耐熱性酵素に関する最新の話題」
  産総研 バイオマスリファイナリー研究センター
                    酵素利用チーム長  石川 一彦
◆休憩・ポスターセッション
◆発表「セルロースナノファイバーに関する最新技術」
  産総研 バイオマスリファイナリー研究センター 
                   セルロース利用チーム長 遠藤 貴士
◆総括・閉会の挨拶
  産総研 環境エネルギー分野 副研究統括  中岩 勝

<詳細・申込み>
 http://unit.aist.go.jp/brrc/symp.html

2013-02-05 (火)  【2/5】第2回 中国地域ベンチャーマーケット 事業プラン発表企業募集!(岡山県産業振興財団)

 中国5県の中小企業支援を目的とする公益財団法人が連携を図り、資金調達や販路開拓を希望するベンチャー企業・中小企業と、将来性がある投資先を探す金融機関やベンチャーキャピタル等の投資家等とのマッチングを行います。
 新規性を有する技術、製品、サービス等の事業計画をもって、現に事業を行っている、またはその事業を行おうとする中小企業または個人の方で、かつ資金調達や販路の拡大を強く望む方、お待ちしております。

・日  時  平成25年2月5日(火) 10:00〜17:00

・会  場  岡山ロイヤルホテル

・参 加 費  無料

・内  容  1.ビジネスプラン発表会  15社程度/5県
       2.展示商談会       15社程度/5県
       3.投資家等        50社程度

・締  切  平成24年12月21日(金)必着
 
詳しくはこちら↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/169.html

2013-02-04 (月)  【2/4】特別企画 岡大サイエンスカフェ『岡山大学におけるiPS細胞の研究』開催のご案内(岡山大学)

 新年おめでとうございます。岡山大学社会連携本部です。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 本日は,「特別企画 岡大サイエンスカフェ」のご案内をさせていただきます。
 今回は特別開催です。今,話題のiPS細胞について研究されている岡山大学の二人の先生方にお話いただきます。是非,ご参加くださいますよう,どうぞよろしくお願いいたします。

● 開催日時
   平成25年2月4日(月) 18:00〜20:00

● 開催場所
   岡山大学創立五十周年記念館 1階 多目的ホール 
 
● テーマ
   『岡山大学におけるiPS細胞の研究』
        〜iPS細胞の原理とその将来〜
    テーマ1  「iPS細胞から作るガン幹細胞」
           講師   岡山大学大学院自然科学研究科(工学系) 
                    妹尾 昌治 教授 
    テーマ2   「iPS細胞を用いた心疾患の新たな診断法と治療開発」
           講師   岡山大学病院 新医療研究開発センター
                    王 英正 教授
           
● 概要は下記URL参照下さい。
   http://www.okayama-u.net/renkei/document/pdf/sciencecafe/sciencecafeSp.pdf

● 参加申込み方法
   申込先:岡山大学社会連携本部  (青山、松田)
   TEL :  086−251−7112
   FAX :  086−251−8467
   E-mail : s-renkei@adm.okayama-u.ac.jp 
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/04_04.html
      (氏名、年齢、連絡先、車で来られる方は,明記ください)
   参加費:無料

2013-02-04 (月)  【2/4・19】おかやま未来交流会開催のご案内(中央会)

 おかやま未来交流会は、若手経営者等を対象に、先輩経営者等から経験談をお話して頂き、その後参加者同士が 意見交換できる交流の場を創出することを目的としています。
 ご関心のある方は是非ご参加ください。

■第6回おかやま未来交流会
 ・日時 平成25年2月4日(月)
        18:00〜19:00  講 演
        19:00〜20:00  交流会
 ・場所  岡山県中小企業団体中央会 会議室 岡山市北区弓之町4−19−202
 ・講師及びテーマ
    講 師 有限会社長谷川楽器店 代表取締役 長谷川 誠 氏
    テーマ 「全てはこのオルガンから始まった!!」
 ・参加定員 30名 ※会場の都合上定員に達し次第締め切らせていただきます
 ・参加費 1,000円/1名

■第7回おかやま未来交流会
 ・日時 平成25年2月19日(火)
        18:00〜19:00  講 演
        19:00〜20:00  交流会
 ・場所  岡山県中小企業団体中央会 会議室 岡山市北区弓之町4−19−202
 ・講師及びテーマ
    講 師 株式会社ベクトルプラス 代表取締役 村川 智博 氏
    テーマ 「岡山からの元気発信〜自分が変われば未来が変わる〜」
 ・参加定員 30名 ※会場の都合上定員に達し次第締め切らせていただきます
 ・参加費 1,000円/1名

  ※お問い合わせ先  岡山県中小企業団体中央会 組織支援課
                TEL 086−224−2245

   ≫詳細はこちらから・・・http://www.okachu.or.jp/?p=1249

2013-02-04 (月)  【2/4】販路開拓セミナーの開催について(中国四国農政局)

 地域の農林水産業関係者と商工業関係者などが経営や技術、販路等について連携することにより、地域資源から新たな価値を生み出し、販売・加工・輸出等の展開を図っていくことに寄与するため、近畿産業連携ネットワーク並びに中国・四国地域産業連携ネットワークの事業の一環として「販路開拓セミナー」を開催することとしましたので、ご案内いたします。

■開催日時
平成25年2月4日(月曜日)  13時30分〜16時15分

■開催場所
岡山第2合同庁舎2階共用第2会議室 (岡山市北区下石井1-4-1)

■主催
近畿産業連携ネットワーク
中国・四国地域産業連携ネットワーク

■内容
【基調講演】
「消費地への販路開拓の取組(仮題)」
  株式会社 船井総合研究所 チーフコンサルタント 楠元武久 氏
【事例紹介】
  (1)野菜の6次産業化と販路開拓
   兵庫野菜農家ネットワーク 太陽の会 会長 八木隆博 氏

 (2)トマトを活用した商品の加工・販売事業及びフルーツトマトのブランド戦略
   認定事業者 株式会社クニファーム 代表取締役 国友正明 氏
   岡山6次産業化サポートセンター 企画推進員 志田陽祐 氏

【販路開拓ツール紹介】
 「フードコミュニケーションプロジェクト(効果的な御商談を)」
   農林水産省食料産業局 食品企業行動室

■参集範囲
 近畿産業連携ネットワーク会員
 中国・四国地域産業連携ネットワーク会員
 6次産業化、地域資源、農商工連携の認定事業者
 中国・四国地域6次産業友の会、サポートセンター
 (一般参加も可能)

■定員
 100名(参加費無料:定員になり次第締切ります。)

■申込方法及び締切
 参加希望の方は別紙の参加申込書に必要事項をご記入のうえ、1月29日(火曜日)までにFAXでお申し込み下さい。
 なお、定員(100名)に達し次第、締切らせていただきます。

※申込等、詳しくはこちらをご覧ください。
 → http://www.maff.go.jp/chushi/press/ke_zigyo/130116.html

■その他
 当日は、6次産業化に向けた取組や販路開拓の相談コーナーを設置しますので、ご活用ください(16時15分から1時間程度)

 会場には参加者用の駐車場はありませんので、ご来場の際は公共交通機関をご利用いただくか、車でお越しの場合は、近隣の有料駐車場をご利用いただくようお願いします。

2013-02-04 (月)  【2/4】米国経済の最新動向セミナー(ジェトロ岡山)

 ジェトロ岡山では、ジェトロ・ニューヨークの調査担当ディレクターを講師に招き、駐在員ならではの肌感覚で2013年の米国経済について展望・解説するセミナーを開催します。
 皆様のご参加をお待ちしています。

■テーマ:「2013年の米国経済展望」

■講師:ジェトロ・ニューヨーク事務所 調査担当ディレクター 松下 美帆

■参加費:無料

■日時:2013年2月4日(月曜) 13時30分〜15時30分
        (受付:13時20分〜)※質疑応答を含みます

■場所:メルパルク岡山(岡山市北区桑田町1-13)

■主催:ジェトロ岡山

■後援:岡山県、(社)岡山県国際経済交流協会、(社)岡山経済同友会

■定員:50名(先着順) ※定員になり次第締め切ります。

■お申し込み方法:お申し込みフォームに必要事項を入力・送信してお申し込みください。

 ※お申し込み等、詳しくはこちらをご覧ください。
  → http://www.jetro.go.jp/jetro/japan/okayama/events/20121227189-event

■お申し込み締め切り:2013年1月30日(水曜)

■お問い合わせ先
ジェトロ岡山(担当:森内、木村)
TEL:086-224-0853 FAX:086-224-0854 E-mail:oka@jetro.go.jp

2013-02-02 (土)  【2/2】 「平成24年度第4回電子デバイス事業化フォーラム」開催のご案内(ちゅうごく産業創造センター)

 本フォーラムは,高い技術力を持つ備後地域の半導体・電子デバイス製造装置分野の企業を対象に,その分野の専門家や大手企業の技術者による市場動向や最先端技術等についての講演,講師との交流,情報交換などを通じて地域ネットワークの拡充や事業化促進を図ることを目的としております。これまでの『備後半導体技術推進連合会』を中心とした精力的な活動を継続するもので,昨年度に引き続き,中国経済産業局のご協力のもと,同連合会とちゅうごく産業創造センターが主体となって開催いたします。
 今年度最後となります第4回目のフォーラムでは,今後の成長分野として大きな注目が集まっております医療機器について取り上げます。
 多数の皆様のご来場をお待ちしております。

<日 時> 平成25年2月2日(土) 13:30〜17:10

<場 所> 福山商工会議所101会議室(福山市西町2-10-1)

<プログラム>
◆基調講演「医療産業の創出とそこに求められるもの」
  防衛医科大学校 名誉教授
  財団法人 医療機器センター 理事長  菊地 眞 氏
◆講演「異業種から医療機器分野参入の現状と課題」
  株式会社スズキプレシオン 代表取締役会長  鈴木 庸介 氏
◆大学シーズ紹介「電子デバイス技術の医療応用」
  広島大学ナノデバイス・バイオ融合科学研究所 教授  横山 新 氏

<参加費> 無料

<定 員> 100名

<詳細・申込み>
 http://www.ciicz.jp/topics/250202-fpd4.doc

2013-02-01 (金)  【2/1・2】「第11回ビジネスフェア中四国2013」開催のお知らせ

 ビジネスマッチングの機会を提供するこのフェアは、毎回中四国地域内外の多数の事業者の皆様に御来場いただいており、昨年度は2日間で約4,300件を超える商談が行われました。今回も158の企業・団体が出展する予定で、その内容は地域色豊かでバラエティに富んだ商品構成となっています。
 事業者の皆様には、出展各社が自信を持って御紹介する有望商品の数々を御覧いただき、このフェアを一層のビジネスチャンス拡大のための有用な場として御活用いただければ幸いです。

【日時】2月1日(金) 10:00〜17:00 《商談日(バイヤー等事業者対象)》 
     2月2日(土) 10:00〜16:00 《商談・展示販売日(一般公開)》

【会場】広島市中小企業会館総合展示館 (広島市西区商工センター1-14-1)

【参加対象者】卸売業、百貨店、量販店、小売業、通販業、飲食業、福祉・医
        療サービス業、建設業、その他「出展構成」のいずれかに該当
        する商品等を取り扱う業種の方々

【出展者数】158社・団体(165小間)[中四国8県]

【入場料】無料

【主催】ビジネスフェア中四国実行委員会
 △詳細は、こちらをどうぞ▽
  http://www.city.hiroshima.lg.jp/keizai/conv/fair/index.html

2013-02-01 (金)  【2/1】「アジア地域出身留学生との交流会」 参加企業募集!!(岡山県産業振興財団)

 当財団、(社)岡山経済同友会、岡山大学、岡山理科大学、岡山商科大学、吉備国際大学はアジア留学生ビジネスネットワーク構築支援事業において、岡山県と出身国の架け橋となるビジネス人材に育成につなげる取り組みをおこなっています。
 また、県内企業とのネットワークを構築することにより、県内企業のグローバル展開の一助とし、岡山県産業の維持発展につなげることを目的とし「アジア地域出身留学生との交流会」を開催します。
将来、アジア地域出身の留学生の採用を検討・予定している、もしくは、海外事業展開に興味・関心のある企業の方のご参加を心よりお待ちしています。

■日  時  平成25年2月1日(金) 18:00〜20:00

■会  場  Resort岡山店

■会  費  3,000円(税込)ビュッフェ形式フリードリンク付き

■メリット  ・採用・海外展開を検討中の企業様は、留学生の能力や人柄、
        考え方などを知ることができます
       ・留学生の声を直接聞くことで、企業の採用方針や戦略に役立
てることができます
       ・学年に関係なく、企業名が留学生に浸透します

■締  切  1月25日(金)

 ※詳しくはこちら↓↓↓
    http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/186.html

2013-01-31 (木)  【1/31】「広島大学 平成24年度国際産学官連携戦略シンポジウム」開催のご案内

 本シンポジウムは,今年度で4回目の開催となります。本年度は,イノベーションを支える大学のサステイナブルな国際産学官連携活動と自立化を目指し,広島大学の成果と課題,今後の方向性を示すとともに,文部科学省,国際産学官連携活動を推進している大阪大学,グローバル・メーカーである独シーメンス社及び米大手医薬品メーカーであるメルク社の日本法人の産学官連携のキーパーソンからご講演頂きます。
 是非多くの方のご参加をお待ち申し上げております。

<日 時> 平成25年1月31日(木) 13:00〜17:15
                  (情報交換会17:30〜19:00)

<場 所> メルパルク広島 6階「平成」(広島市中区基町6-36)

<対 象> 大学・高専の教職員,公的機関及び一般企業の方

<定 員> 100名

<参加費> 無料(情報交換会:4,500円)

<プログラム>
◆開会挨拶
  広島大学 学長 浅原 利正
◆基調講演『産学官連携の現状と今後の展開』(予定)
  文科省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課
         大学技術移転推進室 室長補佐 石田 雄三(予定)
◆講演『大阪大学における学連携について』
  国立大学法人大阪大学 理事補佐 産学連携本部
                     教授 正城 敏博
◆講演『広島大学の国際産学官連携活動と今後の方向』
  広島大学 学術・社会産学連携室
          社会連携グループ主査(産学官連携担当) 中野 博子
◆講演『Corporate Technology at Siemens and European
         View on Industry-University Collaboration』
                     (tentative title)
  Siemens Japan K.K. 技術本部 理学博士 Helmut Wenisch
◆講演『Merck's View on Industry-University Collaboration』
  MSD株式会社 経営戦略部門ビジネス・イノベーション・グループ
                       ディレクター  玉田 寛
◆パネルディスカッション
 ・パネリスト :講演者 他
 ・モデレーター:広島大学産学・地域連携センター長 澤 俊行
◆閉会挨拶
  広島大学 理事・副学長(社会産学連携・広報・情報担当) 岡本 哲治
◆情報交換会

<詳細・申込み>
 http://www.hiroshima-u.ac.jp/news/show/id/15799

2013-01-30 (水)  【1/30】「中国地域中小企業海外展開支援フォーラム」を開催します(中国経済産業局)

 中国経済産業局では、本年度実施した「中国地域中小企業の海外展開支援ニーズ調査」において、今後の投資先として期待が大きかったベトナム・インドネシアの投資環境等について、下記のとおりフォーラムを開催することと致しました。
 本フォーラムでは、現地の投資環境に詳しい元商社マンや、ベトナムに現地法人を設立した企業など、対象地域について「経験者の生の声」をお聞きいただけるとともに、各種支援機関が、海外進出をお考えの中小企業の方に活用いただける支援施策をご紹介します。
 この機会にぜひ、ご参加ください。

■日時:平成25年1月30日(水)  14:00〜17:00

■場所:ひろしまハイビル21 17階 会議室(広島市中区銀山町3-1)

■参加費:無料

■定員:100名

■主な内容:
・講演
『アセアン諸国の投資環境〜「チャイナ+1」としてのベトナム・インドネシアから〜』
講師:中小企業基盤整備機構 国際化支援センター シニアアドバイザー 伊藤貞男氏

・中小企業の海外展開事例紹介
『フジ矢のベトナム進出について』
講師:フジ矢株式会社 取締役 製造本部長 小谷幸宜氏

■参加申込方法:
 FAXまたはE-mailにてお申し込みください。
 ※個人情報は、本フォーラムの運営に必要な場合以外には使用いたしません。

■申込締切:平成25年1月25日(金)

※申込等、詳しくはこちらをご覧ください・
  → http://www.chugoku.meti.go.jp/event/kokusai/130117.html

2013-01-30 (水)  【1/30】「中国地域産総研技術セミナー in 山口」開催のご案内<独立行政法人 産業技術総合研究所 中国センター>

 http://unit.aist.go.jp/chugoku/even/2013/20130130.html

(独)産業技術総合研究所(産総研)中国センターでは、「中国地域産総研技術セミナー in 山口」を開催します。
 本セミナーでは、「防災」をテーマとし、大学等での地震予知や防災システムの研究、産総研の事故の解析研究、そして山口県産業技術センターでの研究成果事例等を紹介します。

・日時:平成25年1月30日(水) 13:20〜17:00(交流会は18:45まで)

・場所:山口グランドホテル(山口市)

・参加費:無料(交流会費:4,000円)

・問合せ先:(独)産総研中国センター(担当:土取/大谷/福山)

2013-01-30 (水)  【1/30】「おかやま新商品フェスタ2013WINTER」開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 2013年新春に、岡山県と公益財団法人岡山県産業振興財団が合同で、新商品・オリジナル商品・新サービスを持ちながら販路開拓の課題に直面している中小企業等を対象に、展示商談会と販路開拓商談会を開催します。
 商品の展示説明や個別商談の場、バイヤーやビジネスパートナー等との出会いの場を提供し、「販路開拓」「事業提携」等を支援します。
 この機会を是非活用し、新たな販路先の開拓等にお役立て下さい。

主 催:岡山県、(公財)岡山県産業振興財団

・日 時:平成25年1月30日(水) 10:00〜16:45

・場 所:岡山ロイヤルホテル
   (岡山市北区絵図町2-4(TEL086-255-1111)※駐車場は無料です。

・展示商談会(10:30〜16:45)
出展募集80社程度
参加バイヤーの希望商材をお持ちの県内ベンチャー・中小企業等
具体的な商品についての商談ができること
   参加費:15,000円
(販路開拓実践塾参加企業は、追加分として10,000円)

・販路開拓商談会(13:00〜16:45)
  セラー募集 100社程度
参加バイヤーの希望商材をお持ちの県内ベンチャー・中小企業等
具体的な商品についての商談ができること
  参加費: 無料

・特別講演会(10:30〜12:00)
「売れる商品」の開発から販路開拓まで、その着眼点と
                   プロセスを踏まえての講演
  講 師:株式会社 八天堂 代表取締役社長 森光 孝雅 氏
  演 題:「八天堂くり〜むパン 成功の秘訣」
 〜ヒット商品誕生に秘められた経営戦略とは〜
  参加料:無 料

・申込方法:
 http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/157.html
・申込締切
  平成24年12月17日(月)必着 特別講演は平成25年1月21日(月) 

【お問合せ】
 (公財)岡山県産業振興財団 経営支援部 中小企業支援課(担当:金廣)
 TEL:086-286-9626 FAX:086-286-9627 e-mail:sinfo@optic.or.jp

2013-01-30 (水)  【1/30】〜今こそ力を合わせよう!〜「備中備後販路・人脈拡大交流会」開催のご案内(倉敷商工会議所)

 この度初めて備中備後の商工会議所を中心に商工業者の皆様の情報交換・人的交流を目的とした交流会を開催いたします。
 広域でのネットワーク拡大の場として絶好の機会ですし、「気づき」、「刺激」が得られ、ビジネス拡大のきっかけや人脈作りができる場として、ぜひご活用下さい。
 当日は、希望者による事業PRを始め、PRパンフの展示、そしてゆっくり時間を確保しての交流会(名刺交換など)を予定しております。
 まずは、行動してみようと思われる商工業者の皆様のご参加をお待ちしております。

(日時) 平成25年 1月30日(水) 14:00〜17:00

(場所) 倉敷商工会議所 3階 第5会議室

(定員) 100名

(参加費) 無料

(対象者)事業を営んでいる事業者、その従業員の方々など
     (県外、市外問いません。お気軽にお問い合わせ下さい。)

(内容)拡大交流会

 14:00〜15:20 参加希望者による自社紹介・自社PRタイム
           ※自社紹介・PRタイムは、事前申込が必要です。

 15:30〜17:00 拡大交流会(名刺交換など)

※中小企業診断士の安藤 覚(あんどう さとる) 先生にも
 交流会の進行、参加者の皆様方の出会いの創出とご縁の
 拡大に少しでも寄与いただけるよう、ご参加いただきます。

※詳細につきましては、倉敷商工会議所ホームページをご参照ください。
 (申込期日は、1月25日(金)までとなっておりますが、下記まで
  受付させていただきます。)

(申込締切)平成25年 1月28日(月)17:00

(主催)岡山県商工会議所連合会
    (倉敷・玉島・児島・笠岡・井原・高梁・総社商工会議所)

(お申込み・お問い合わせ)

 チラシにて詳細をご確認いただき、倉敷商工会議所までお申し込みください。
 URL<http://www.kura-cci.or.jp/modules/news/index.php?content_id=166>

 倉敷商工会議所 中小企業相談所
 〒710-8585 倉敷市白楽町249-5
 TEL:086-424-2111譟
 FAX:086-426-6911

2013-01-30 (水)  【1/30】いま話題のクリームパン屋さん 八天堂くりーむパン 森光社長による特別講演開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 岡山県と当財団が合同で開催するおかやま新商品フェスタ2013WINTERの特別講演会の講師が決定しました。(株)八天堂 代表取締役社長の森光 孝雅 氏を講師に、「八天堂くりーむパン 成功の秘訣」〜ヒット商品誕生に秘められた経営戦略とは〜と題して、競争優位性を持たせた新商品を開発し、商品に合った最適の販路開拓を実践された企業家に、その着眼点とプロセスを踏まえたお話をいただきます。
 ぜひ、ご参加下さい。

・日  時  平成25年1月30日(水) 10:30〜12:00

・会  場  岡山ロイヤルホテル

・参 加 料  無料

詳しくはこちら↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/157.html

2013-01-29 (火)  【1/29】「第11回経営戦略のできる人材育成のための経営戦略講演会」開催のご案内(さんさんコンソ)

■日 時  平成25年1月29日(火) 14:00〜16:30

■場 所  岡山国際交流センター 7F 多目的ホール

■テーマ  「日本再生、地域再生へ向けた産学官連携活動」

 ※申込等詳しくはこちらをご覧ください。
  → http://www.sangaku-cons.net/pamphlet/20130129_keieisenryaku11.pdf

2013-01-29 (火)  【1/29】第3回ちゅうごく地域航空機関連産業クラスター 研究開発等支援セミナー(岡山県産業振興財団)

 この度、中国5県の航空機関連企業の皆様を対象に、航空機関連産業における難削材を中心とした研究開発等支援のセミナーを開催いたします。
 航空宇宙産業における難削材は、構造用材料として位置づけられ、航空機エンジン用ならびに機体用素材としての需要分野を確立しています。特に軽くて強いチタンは、用途別需要の約4割を民間航空機が占め、航空宇宙産業のみならず、医療産業、自動車産業等への波及効果も考えられます。
 この機会に、難削材の特性、用途、加工方法等の知識を習得し、今後に活かしていただければと思いますのでぜひご参加ください。

[日 時] 平成25年1月29日(火) 13:30〜16:30  

[場 所] 安田工業株式会社 (浅口郡里庄町浜中1160  TEL 0865-64-2511)

[内 容]●セミナー1:航空機エンジン部品加工に向けたマシニングセンタの紹介
            角田 庸人 氏(安田工業(株) 常務取締役技術部長)
    ●工場見学

【募集対象】  中国5県で航空機関連事業に取り組んでいる企業、又はこれから取り組む予定の企業  

【募集人数】  各回30名程度(先着順)

【参 加 費】  無料

【申込方法】  別紙申込書に必要事項をご記入の上、FAX又はメールにてお申し込み下さい。

【申込締切日】 平成25年1月22日(火)
【主  催】  (公財)岡山県産業振興財団、(公財)ひろしま産業振興機構、(公財)やまぐち産業振興財団

◆お申込先◆ FAX:086−286−9671   E-mail:torihiki@optic.or.jp
        (公財)岡山県産業振興財団 経営支援部 取引支援課 担当:梶田 TEL:086-286-9670

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/147.html

2013-01-28 (月)  【1/28】「平成24年度ビジネスマッチング交流会」開催のご案内(ちゅうごく産業創造センター)

 当センターでは,産学官連携により地域の新産業創出を目指して,新産業創出研究会の開催および戦略的基盤技術高度化支援事業等の国の研究開発プロジェクトを受託し,支援しております。
 これまでに終了したものの中から,成功事例として事業化に至ったテーマ,事業化に近いテーマを選定し,技術シーズや開発製品等を紹介して成果の普及を図るとともに,地域の企業,金融機関の方々とのマッチングを図り,事業化の促進,販路拡大,開発資金の獲得等のため,ビジネスマッチング交流会を開催いたします。
 産学官金の多くの方々にご参加下さいますよう,ご案内申し上げます。

<日 時> 平成25年1月28日(月) 13:30〜17:20

<場 所> 広島ガーデンパレス 2F「鳳凰の間」(広島市東区光町1-15)

<プログラム>
◆挨拶  ちゅうごく産業創造センター 専務理事 中野直文
◆発表
 iPS等の有用細胞を分離回収する高性能細胞回収装置の開発
   近畿大学工学部 生物化学工学科 教授  白石 浩平 氏
 ⊂綮莨祿下塒竸事支援ロボットの開発
   山口大学大学院 理工学研究科 教授  田中 幹也 氏
 5て山諒櫃醗頭冷却が同時にできる2重構造カフの製造技術開発
   岡山大学病院 集中治療部 准教授  武田 吉正 氏
 ぞ淵┘優襯ー型イチゴ栽培に適した局所加温用テープヒーターと
                            加温制御器の開発
   中國工業株式会社 新商品開発チーム 係長  近藤 賢治 氏
 ト鸚椰┝哀泪ぅロマテリアル用疲労試験機の開発
   株式会社山本金属製作所 生産技術部 研究員  石田 直之 氏
 省エネルギー型液膜式気体溶解装置の応用と今後の展開
   宇部工業高等専門学校 物質工学科 准教授  中野 陽一 氏 
◆展示会
◆個別相談会(発表終了後,展示会場にて随時実施)

<定 員> 先着80名

<参加費> 無料

<詳細・申込み>
 http://www.ciicz.jp/topics/250128-biz.doc

2013-01-25 (金)  【1/25】「2013年プラザのつどい&賀詞交歓会」開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 本年9月、岡山県異業種交流プラザ協議会は、30年の永きにわたる異業種交流活動を通じて県内中小企業の発展や県内産業の成長に重要な役割を果たした功績が認められ、第45回(平成24年度)岡山県三木記念助成金を授与されました。
 この栄えある受賞を記念し、本年度の「プラザのつどい&賀詞交歓会」は祝賀行事として開催いたします。
 当日は、YS−11以来の悲願の国産民間旅客機MRJの開発に中心的役割を果たされた、三菱航空機株式会社の川井昭陽氏(平成25年1月1日付、代表取締役社長就任内定)をお招きし、民間航空機産業の現状と展開について、同社の人材育成に関する話題も交えてご講演いただきます。
 また、祝賀会では、和気町の清麻呂太鼓のメンバーを招聘し、勇壮な祝い太鼓をご披露いただく予定です。
 会員以外の方の参加も歓迎ですので、ぜひこの機会に協議会会員との交流・懇親を深めていただきますようご案内いたします。
 多数のご参加をお待ちしています。

☆詳細情報、お申し込みはこちらから
      ↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/183.html


■日 時  平成25年1月25日(金) 15:00〜19:15
        ○2013年プラザのつどい  15:00〜17:20
        ○賀詞交歓会         17:30〜19:15

■会 場  岡山国際ホテル 別館瑞光の間 (岡山市中区門田本町)
        ※岡山駅西口より無料シャトルバスあり

■主 催  岡山県異業種交流プラザ協議会

■参加費  無 料

■定員等  150名 ※定員に達し次第締め切ります

■参加費
  ○プラザのつどい 無料
  ○賀詞交歓会   会費6,000円(事前申込要・当日参加不可)

■プログラム
  
 ≪2013年プラザのつどい≫

 15:00〜15:10
   主催者挨拶
   来賓挨拶
      
 15:10〜16:40
   特別講演
   『国産民間旅客機の開発
     〜復活“日の丸”ジェット! 国産民間機MRJが飛翔する〜』
      三菱航空機株式会社
      代表取締役社長・最高執行責任者(COO)
       ※平成25年1月1日付、就任内定
         川 井  昭 陽 (てるあき) 氏

 16:50〜17:10
   単プラザ活動報告
     89プラザ米粉麺開発プロジェクト事例発表

 17:10〜17:20
   謝 辞

 ≪賀詞交歓会≫

 17:30〜19:15
   ○岡山県三木記念助成金活用事業実施報告
   ○清麻呂太鼓演奏(岡山県和気町)

■申込方法
   下記URLよりお申し込みください (1月15日まで)
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/183.html

■お申込み・お問合せ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:石部・竹内
     TEL 086−286−9652
     FAX 086−286−9675

2013-01-25 (金)  【1/25】「第11回キャンパスベンチャーグランプリ中国」表彰式を開催します!(中国地域産学官コラボレーション会議)

 キャンパスベンチャーグランプリ(CVG)中国は,学生のビジネスに対する意識を高め,起業家精神を鼓舞し,創造性・チャレンジ精神に富んだ人材を育成することを目的に,ビジネスプランや事業アイデアを募集・表彰するものです。
 第11回となる今回は,108件(17校)の応募をいただき,書類審査・最終審査を経て,テクノロジー部門/ビジネス部門の各最優秀賞を含む,計16件の受賞プランを決定し,1/10(木)に正式発表いたしました。
 1/25(金)に開催する表彰式・祝賀会は,異業種交流組織である中国四国産業人クラブ(会長:広島ガス株式会社 田村社長)の春の交流会を祝賀会と併催し,産業人クラブ会員のほか,CVG中国を共同開催している中国経済連合会,中国経済産業局等の関係者,大学・高専等の関係者・学生の皆さんも多数出席する予定ですので,産学官の交流の場としてご活用いただければ幸いです。

<日 時> 平成25年1月25日(金) 14:00〜18:30

<場 所> リーガロイヤルホテル広島 3F「宮島」(表彰式・記念講演会)
                   3F「音戸」(祝賀会・交流会)

<プログラム>
 ◆CVG中国表彰式(14:00〜15:00)
 ◆記念講演会(15:05〜17:00)
  ・講師には,2人の旬な女性をお迎えいたします。
  ・元幼稚園主任教諭の肩書でエネルギー問題をわかり易く,リスク含めた
   正しい知識を発信されている秋津裕さんと,NHK国際放送局キャスター
   を経て,北京に在住,現在は北京新海有限公司の人材研修トレーナーと
   して活躍されている米村美樹子さんです。
 ◆祝賀会(17:05〜18:30)

<参加費> 無料

<詳細・参加申込み>
 中国地域産学官コラボレーション会議HP: http://c-collabo.jp
 (「コラボレーションセンターからのお知らせ」をご覧下さい。)
   ※受賞プラン・受賞者も掲載しておりますので,合わせてご参照下さい。

2013-01-25 (金)  【1/25】PFI/PPPセミナー開催のご案内(中国経済産業局)

http://www.chugoku.meti.go.jp/event/ryutsu/121219.html

 中国経済産業局では、内閣府と共同で「PFI/PPPセミナー」を開催します。
 本セミナーでは、政府や民間事業者のPFI/PPPに関する取組や、今後の課題、スマートコミュニティの推進、太陽光発電の設置事例など、新たな官民連携の動きについて講演します。

・日時:平成25年1月25日(金) 13:00〜16:00

・場所:メルパルク広島(広島市中区)

・参加費:無料

・問合せ先:中国経済産業局 流通・サービス産業課

2013-01-25 (金)  【1/25】第2回医療機器ものづくりセミナー開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 近年、我が国では、医療機器関連分野の開発促進や異分野企業の 新規参入に向けた活動が活発となっており、同分野においては、国内のみならず海外をも視野に入れたグローバルな展開が求められつつあります。
 今回のセミナーでは、基調講演として、医療機器業界全体像に基づいた日本企業の戦略の打ち手や国内他地域との差別化へのヒントなどについて、また、 講演として、米国系医療機器メーカー等の日本法人によって構成される業界団体から日米連携策やヘルスケア市場参入の教訓について、国内に生産拠点を置く 外資系大手医療機器メーカーから、今後の開発戦略と日本のものづくり企業に期待することなどについて、お話しいただきます。
 ご関心のある方は、是非ともご参加ください。

1 日   時 : 平成25年1月25日(金) 13:00〜16:00  

2 場   所 : ホテルグランヴィア広島 4階 悠久の間(D室)
        (広島市南区松原町1−5)

3 対 象 者 : 新規若しくは本格的に医療機器関連産業への参入を目指すものづくり企業等

4 定   員 : 150名

5 参 加 費 : 無料

6 申込方法 : 下記フレームまたはE−mail、FAXでお申込みください。

7 申込期間 : 平成25年1月23日(水)まで

8 内容 :
13:00 開会・主催者挨拶
13:05〜14:10 基調講演  「ヘルスケア市場参入に向けて 」
        慶應義塾大学大学院 経営管理研究科
         特任教授   岩本   隆  氏


(10分休憩)

14:20〜14:40 講 演 1  「米国医療機器メーカーの日本での活動及び日米連携に期待すること」
        米国医療機器・IVD工業会(AMDD)
         ディレクター ジョン・ハリス  氏(※日本語による講演です。)


14:40〜15:30 講 演 2  「我が社が進める医療機器開発戦略と日本のものづくり企業に期待すること」
        日本ベクトン・ディッキンソン株式会社
        社長室 ストラテジック プランニング&ビジネス ディベロプメント
         マネージャー 山岡  義明  氏


(10分休憩)

15:40〜16:00 講 演 3  「米国自動車部品メーカーにおけるヘルスケア市場参入の教訓」
        米国医療機器・IVD工業会(AMDD)
         ディレクター ジョン・ハリス  氏(※日本語による講演です。)

■主 催:(公財)ひろしま産業振興機構、(公財)岡山県産業振興財団、(公財)やまぐち産業振興財団

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.hiwave.or.jp/Shien/syuseki/i_20130125.html

2013-01-24 (木)  【1/24】】「チャレンジ THE 知財2012」海外展開知財ゼミ開催のお知らせ 《1月後半分》

 中国地域知的財産戦略本部・中国経済産業局では、アジアを中心とした海外に進出する際に必要となる諸外国の知的財産制度の情報を把握し、実際に海外ビジネス展開する際に必要な実務的、戦略的な知識や対処方法等についてのゼミを下記により開催します。

【日時】1月24日(木)  13:30〜16:30

【会場】ゆうあいセンター (岡山市北区南方2-13-1)

【テーマ】海外展開における知財トラブル事例とその対応
      第2回 中国を中心とした海外展開における知財訴訟への対応

【講師】(独)日本貿易振興機構 (ジェトロ) 知的財産権専門家 服部 正明 氏

【参加費】無料

【主催】中国地域知的財産戦略本部・中国経済産業局
 △詳細は、こちらをどうぞ▽
  http://www.chugoku.meti.go.jp/chizai/event/pdf/h24okayama_2.pdf

2013-01-23 (水)  【1/23】平成24年度 地域産学連携支援委託事業のご案内『 ハイテク農業を支える機械・施設の新技術開発! 』 〜研究現場で考える〜 (中四国アグリテック)

 これからの農業は省力、自動化、省エネ、ITなどを駆使したハイテク化により、効率良く安定多収を図っていく技術が求められています。
 そこで、開発現場を訪問しながら相互の研究討議を重ね、研究課題の共有、協力を進め、より生産者に普及しやすい、低コスト、省労力の方策を模索し、新たな技術革新の方向、研究等に資するものである。
 今回のセミナーは香川県で開催し、昨年秋に高松市仏生山町から綾歌郡綾川町に移転し、多種多様な最新の温室群が新たに整備された香川県農業試験場の見学をはじめ、善通寺市にある近畿中国四国農業研究センター四国研究センターにおいて、温暖地における高収益・安定生産施設園芸技術の開発ならびにカンキツのブランド化支援のための栽培技術の開発に関する最新の研究を紹介するとともに、議論を展開する。
        
■日 時: 平成25年1月23日(水)  12:30 〜 17:30

■会 場: 香川県農業試験場
     近畿中国四国農業研究センター四国研究センター・生野地区
     
■主 催: 特定非営利活動法人 中国四国農林水産・食品先進技術研究会
     農林水産省
■共 催:(独)農研機構 近畿中国四国農業研究センター 

■後 援: 社団法人 農林水産・食品産業技術振興協会

■内 容
 12:30 JR坂出駅集合、専用バス乗車(車は直接香川農試へ)
 13:00 香川県農業試験場(〜14:20)
      省エネ、低コスト農業機械・器具等の開発状況
      高断熱性資材の利用による輪ギク等の省エネ栽培
      香川農試開発機械(トンネル支柱打ち機、ペグ打ち機他)
      の実演・展示
 14:00 近畿中国四国農業研究センター四国研究センター・生野地区
      施設見学(日本型日光温室、カンキツマルドリ栽培圃場他)
 15:00 話題提供
         
 「日本型日光温室の熱収支特性」
   近中四農研 傾斜地園芸研究領域 主任研究員  松田 周 氏

 「高品質ミカン生産のための少量多頻度かん水による水分ストレス制御」
   近中四農研 傾斜地園芸研究領域 主任研究員  星 典宏 氏
   
 16:20 総合討論
 17:00 閉会
 17:00 坂出駅着、解散 
 
■参加申し込み
  NPO法人 中国四国農林水産・食品先進技術研究会
 (中四国アグリテック事務局:岡山大学農学部3号館102号室)
  FAX:086−201−0551 Email:agri@key.ocn.ne.jp    

2013-01-22 (火)  【1/22】「創業者等交流会・個別相談会」のご案内(岡山商工会議所)

 岡山商工会議所では、岡山市と共催で、「創業者等交流会・個別相談会」を下記のとおり開催します。「創業塾」を受講されたり、創業窓口相談を利用されて創業された方・創業予定の方々にご参加いただき、事業のPRや交流を通じて、経営力を向上させていただくための交流会です。
 当日は、創業塾の講師をお勤めいただいた山元正揮先生による、「自分の強みを再発見!!売上アップにつなげる自己PRのポイント」と題したをセミナーを開催するとともに中小企業診断士等の専門家による個別相談会も実施します。
 皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

◎日程   平成25年1月22日(火) 13:30〜17:30
        
◎会場   岡山商工会議所1階大会議室(岡山市北区厚生町3-1-15)

◎内容
   .札潺福次 。隠魁В械亜腺隠粥В械
     テーマ:「自分の強みを再発見!!売上アップにつなげる自己PRのポイント」
     講師:中小企業診断士 山元 正揮 氏

   交流会   14:30〜17:00
     全員が自己紹介(1人数分程度)を行った後、参加者の交流会を実施します。

   E玄┣顱  。隠粥В械亜腺隠掘В娃
     交流会の会場にブースを設け、商品の展示やパネル等(出展者が用意してください)で、事業内容の紹介をしていただきます。

   じ鎚盟蠱眠顱。隠粥В械亜腺隠掘В械
     専門家(中小企業診断士等)から創業後の課題、経営の問題点等について、個別にアドバイス(お一人1時間程度)が受けられます。      
     講師:中小企業診断士、経営コンサルタント(3名)

◎受講料  無料

◎申込方法等詳しくはこちらをご覧ください。
 → http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=1116

■■申込・お問合せ先■■
岡山商工会議所 専門指導センター
〒700-8556 岡山市北区厚生町3-1-15
TEL086-232-2266 FAX086-232-5269
担当者:川口、吉田

2013-01-18 (金)  【1/18〜3/8(全8回)】「起業塾」のご案内(倉敷市商工課)

 くらしき創業サポートセンターでは「起業塾」を開催します!
 「新しく自分のお店を始めたい!」「独立して会社をつくりたい!」など,起業したい!という思いをお持ちの方や,起業に興味のある方であれば,どなたでもご参加いただけます。
 受講料は無料!「ビジネスプランのつくり方」「競争を勝ち抜くための戦略のたて方」など,起業に必要な基礎知識を,専門家が分かりやすくお話します。
ふるってご参加ください!!

●日時
平成25年1月18日〜3月8日 19時〜21時(毎週金曜日 全8回)
※ご都合の良い日のみの参加も可能です。

●会場
くらしきまちづくりセンター 2階会議室(倉敷市阿知2−6−1)※第8回目を除く

●申込方法
倉敷市商工課ホームページ・電話・FAX・Eメールより

●申込・お問合せ連絡先
ホームページ:http://www.city.kurashiki.okayama.jp/shoukou/
電話:(086)426-3405 FAX:(086)421-0121
Eメール:cmind@city.kurashiki.okayama.jp

●内容
「ビジネスプランのつくり方」「競争を勝ち抜くための戦略のたて方」「起業体験談」「起業家交流会」等
※詳しくは,倉敷市商工課ホームページをご覧ください。

●受講料
無料 ※第8回目のみ会費制となります。

●主催
くらしき創業サポートセンター(倉敷市・倉敷商工会議所・児島商工会議所・玉島商工会議所・つくぼ商工会・真備船穂商工会)

2013-01-18 (金)  【1/18】ハートフルビジネスおかやま新年情報交換会・交流会の開催について(岡山県産業振興財団)

 ハートフルビジネスおかやまでは、第3回目となる賀詞交歓会(情報交換会)を開催いたします。
 今回は、下記のとおり4社の企業の方に福祉業界への思いや製品開発の経緯、開発製品などについてご講演頂くことで、相互の情報交換や交流を深め産・学・官・民の継続的な連携を図りたいと思います。
 お忙しい時期かと存じますが、ぜひご参加ください。

○日 時  平成25年1月18日(金)14:30〜18:30
        ・ 賀詞交歓会(情報交換会)14:30〜16:50
        ・ 賀詞交歓会(交流会)  17:00〜18:30

○場 所  岡山ロイヤルホテル 2階 光楽の間
      (岡山市北区絵図町2−4 TEL086−254−1150)

○定 員  60名

○参加費  無料
      ハートフルビジネスおかやま会員は無料
      会員以外は情報交換会無料・交流会のみ4000円

○締 切 平成25年1月15日(月)まで

○情報交換会
【情報提供1】「IVES 随意運動介助型電気刺激装置の商品化」14:35〜15:05
       オージー技研 経営企画室 主任 梶原 俊正 氏

【情報提供2】「障害のある方に向けた衣類の開発と展望」15:10〜15:40
       倉敷スクールタイガー縫製蝓‖緝充萃役 吉井 一成 氏

【情報提供3】「吉備の国クラスターの活動と福祉遊具について」15:45〜16:15
       スマイルファクトリー(有)社長 難波 栄城 氏

【情報提供4】「着るだけで身体の動きを支援するパワーアシストウェアの開発」
                                    16:20〜16:50
       ダイヤ工業蝓仝Φ翩門 池田 智浩 氏

○交流会   17:00〜18:30
      新年のスタートをお祝するとともに交流の輪をさらに深めて
      いただきたいと思います。

○申込方法 下記項目をご記入のうえ、事務局までE-mailにてお申し込み
         ください。

○事務局  公益財団法人岡山県産業振興財団
        技術支援部 研究開発支援課 担当:尾崎
        TEL 086-286-9665  FAX 086-286-9676
        E-mail osaki@optic.or.jp
        URL http://www.optic.or.jp/

 -------ハートフルビジネスおかやま新年情報交換会・交流会申込-------
・参加者氏名
・役職
・所属機関
・連絡先住所 
・TEL.    
・FAX.     
・E-MAIL.
・参加希望 :  情報交換会  ・  交流会
 -------------------------------------------------------------

2013-01-16 (水)  【1/16】「不況に打勝つ事業計画の作り方」開催のご案内(岡山商工会議所)

 企業を存続させるためには、企業経営の実態を正しく反映した信頼性のある決算書が不可欠です。そして、経営者自身が経営状況を的確に把握し資金面の円滑化を図っていくためには、自ら企業会計の知識や利益計画や資金計画の作成方法を学ぼうとする姿勢が求められます。
 本セミナーでは、『中小会計要領』に基づく「適切な会計処理による決算書」を作成することの意義・必要性や、事業計画策定に必要な資金の流れのつかみ方等について解説いたします。
 前回受講された方にも、会計知識のおさらいをした上で、キャッシュフローの考え方など、一歩踏み込んだ内容についても学んでいただけるセミナーとなっております。中小企業の経営者はもちろん幹部社員、財務担当の方々の積極的なご参加をお待ちしています。

◎日程   平成25年1月16日(水) 13:30〜16:00
        
◎会場   岡山商工会議所4階404会議室

◎講師    公認会計士 福原 一義 氏
        (福原一義公認会計士事務所 所長)

◎定員   60名(定員になり次第締め切らせていただきます)

◎受講料  無料

◎申込方法等詳しくはこちらをご覧ください。
 → http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=1115

■■申込・お問合せ先■■
岡山商工会議所 専門指導センター
〒700-8556 岡山市北区厚生町3-1-15
TEL086-232-2266 FAX086-232-5269
担当者:川口、吉田

2013-01-16 (水)  【1/16】知財教育セミナー「特許検索実務教育供廝贈灰魁璽后蔽罅上級)開催のご案内(さんさんコンソ)

・日 時  平成25年1月16日(水) 13:00〜16:30

・場 所  岡山大学情報統括センター 情報実習室(4)

・概 要  経営コンサルタントによる、実務者向けの特許検索教育実習セミナー。
       特許検索実務に特化し、かつ特許性の有無判断を行うコース。

・研修内容
  (1)特許分類検索
  (2)Fターム検索
  (3)パテントマップガイダンス

 ※申込等詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.sangaku-cons.net/pamphlet/20130116_seminar.pdf

2013-01-16 (水)  【1/16】平成25年1月度 ORIC交流会・セミナーのご案内

 毎月恒例のORIC交流会及びセミナーを下記の通り開催いたしますのでご案内申し上げます。
 多数の方々の参加をお待ちしております。

●日 時:平成25年1月16日(水)
     交流会:12:00〜13:00(受付11:30〜)
     セミナー:13:05〜14:30(受付13:00〜)

●場 所:岡山リサーチパーク インキュベーションセンター(ORIC)
     2階 交流サロン(岡山市北区芳賀5303)http://www.oric.ne.jp/

●スケジュール
------------------------------------------------------------
機欷鯲会の部/12:00〜13:00(受付11:30〜)
------------------------------------------------------------
お食事をとりながら、入居企業紹介をお聴きいただきます。

1.入居企業紹介(12:20〜12:45)
  「岡山発ステントの事業化〜現況と経緯〜」
   (株)日本ステントテクノロジー
    企画部長 久保 綱一郎 氏

2.名刺交換会(12:45〜13:00)

≪参加費(お弁当代)≫ 400円
≪申込み締切≫ 平成25年1月11日(金)

-------------------------------------------------------------
供櫂札潺福爾良堯13:05〜14:30(受付13:00〜)
-------------------------------------------------------------
≪テーマ≫ 「電動車いす(移動体)を測り、制御する」

≪講 師≫ 岡山理科大学 工学部 知能機械工学科
      准教授 藤本 真作 氏

≪プロフィール≫
1968年 兵庫県生まれ(45歳)
1995年 岡山理科大学大学院工学研究科博士前期課程修了 博士(工学)、
同年岡山理科大学工学部助手、2008年 岡山理科大学工学部准教授、
現在に至る。
計測自動制御学会、日本ロボット学会、日本リハビリテーション工学協会
などの会員90年代、ロボットマニピュレータを主たる研究対象とし、
その軌道計画やシステム同定および制御系設計法の研究に従事、
その後ロボット工学技術を福祉工学分野へ応用した研究に移行、
現在では簡易型電動車いす、腰部アクティブ補装具や3D準受動
歩行機の開発などを行なっている。

≪参加費≫ 無料

●お申込み 下記項目をご記入の上、ORICスタッフルームまでお願いします。
 お問合せ  TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117 E-MAIL:info@oric.ne.jp

----------≪ORIC交流会・セミナー申込書(1/16開催)≫-----------

・参加者氏名(ふりがな)・役職
・所属団体/会社名
・連絡先住所 〒
 TEL.   FAX.   E-MAIL.
・参加希望 : [省参加 交流会のみ参加 セミナーのみ参加

-------------------------------------------------------------

2013-01-15 (火)  【1/15】無料 何でも相談会開催のご案内(玉野商工会議所)

 玉野商工会議所からの無料相談会のお知らせです。
 事業や経営に関する『なんでも相談会』を開催致します。
 現在直面している問題や将来発生が予想される問題、また起きてしまった不測の事態に早めにご相談ください。
 専門家が丁寧に対応いたします。多くの方に“相談に来て良かった”と喜ばれています。

■日 時  1月15日(火)

■場 所  玉野商工会館(産業振興ビル)3F

※相談をご希望の方は、相談日の前週金曜日までに当所指導課までご相談ください。
  筺。娃牽僑魁檻械魁檻毅娃隠

2013-01-10 (木)  【1/10】第21回 岡山新材料技術融合フォーラム 開催ご案内

 第21回岡山新材料技術融合フォーラムを下記の通り開催致します。
 つきましては、ご出欠のほどをご回答賜れば幸いに存じます。宜しくお願い申し上げます。なお今回のフォーラムは,岡山理科大学http://www.ous.ac.jp/access.php で開催し、フォーラム後に懇親会を行う予定です。

○フォーラム
・日時:平成25年1月10日(木) 14:20〜17:00

・場所:岡山理科大学50 周年記念館 4 階ホール

・話題提供
(1)「6061-T6 アルミ合金突き合わせ摩擦攪拌接合継手の
                   引張り特性と構成式」
   岡山理科大学 工学部 機械システム工学科 教授 横山 隆 氏

(2)「食品製造機器等における表面清浄度の評価」
   岡山県工業技術センター 化学・新素材グループ
                専門研究員  浦野 博水 氏

○懇親会
・日時:平成25 年1 月10 日(木) 17:15〜19:00

・場所:岡山理科大学 11 号館8 階ラウンジ

  ※参加費4,000 円は当日お支払い下さい。

 準備の都合がありますので,出欠のご都合をE-mail あるいはFAXにて,お早目に連絡いただきたくお願いいたします.

連絡先:〒719-1197
岡山県総社市窪木111 岡山県立大学 情報工学部 尾崎公一
TEL:0866-94-2133 FAX:0866-94-2199
E-mail: ozaki@cse.oka-pu.ac.jp

2013-01-10 (木)  【1/10】「中国地域国立5大学連携事業『化学分野における大学研究シーズ説明会(第2〜5回)』」を開催します!

 中国地域国立5大学連携事業は,『新結合プラン』に基づいて,5大学連携にによる共同研究や情報発信・人材育成等を目指すものであり,その活動テーマの一つに「大学間連携による共同研究の実施」があります。
 昨年度の「バイオマス」に続いて,今年度は,「石油化学関連技術分野」をテーマに,共同研究の実施を目指して5大学が保有する技術シーズを紹介する説明会を実施することとし,その第1回目(11/16)の開催について先日ご案内したところです。
 このたび,第2〜5回について内容が確定しましたのでご案内いたします。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

<日 時> 第2回:平成24年11月30日(金)13:30〜17:00 ※終了
      第3回:平成24年12月6日(木)14:00〜17:30 ※終了
      第4回:平成24年12月20日(木)13:30〜17:00 ※終了
      第5回:平成25年1月10日(木)13:30〜18:30

<場 所> 岡山大学 工学部1号館1F大会議室

<内 容> 各回の内容はこちらをご覧ください。
       http://okayama-sangakukan.jp/uploads/photos/680.pdf

<詳細・申込み>
 http://c-collabo.jp
  ※「コラボレーションセンターからのお知らせ」をご覧下さい。

2012-12-21 (金)  【12/21】おかやま生体信号研究会第3回例会のご案内

 「おかやま生体信号研究会」の今年度第3回の例会が以下のとおり開催されます。生体信号に関わる研究開発の参考になる内容の講演会です。
 どなたでもご参加になれます。ふるってご参加ください。(参加無料)

■日時:12月21日(金)  13:30〜17:00

■場所:場所:岡山県立大学(岡山県総社市窪木111)
        学部共通棟(北)1F 8102講義室
 ◎アクセス→ http://www.oka-pu.ac.jp/?page_id=1150
    ※学部共通棟(北)の場所は、正門守衛所でお尋ねください。

■後援:ハートフルビジネスおかやま

■プログラム

☆開会挨拶(13:30〜13:40) おかやま生体信号研究会会長 則次俊郎
(講演会)
◆講演1(13:40 - 14:40)
 「注意生成や感覚記憶におけるヒト体性感覚皮質の階層性について」
  岡山県立大学 スポーツシステム工学科 教授・学科長 濱田泰一 氏
 体性感覚における情報処理は、1次及びその上位皮質である2次皮質
で行われる。刺激により誘発される皮質活動のプロパティーは両皮質で
異なる。
 本講演では、超伝導センサーであるSQUIDを用いて計測された脳活動
を解析し、私たちが対象に注意を向ける場合と記憶内容が意識に上がら
ないような短い時間の記憶である感覚記憶に関わる1次及び2次皮質の
活動を比較することにより、体性感覚野における情報処理の皮質階層性
について紹介する。
◆講演2(14:40−15:20)
 「上肢の運動制御における左右差について」
    岡山県立大学 スポーツシステム工学科 助教 大山剛史 氏
 ヒトには利き手があり、一般的には利き手の方が精緻な運動ができると
考えられている。ところが最近の研究において左右の腕による運動の違い
は単なる巧緻性の違いではなく、得意な運動タスクを特化させたもので
あると考えられ始めてきている。利き手と関連したヒトの運動制御における
左右差に関する先行研究の紹介と、視覚情報の遅れ時間の処理が左右の
腕で異なるという予想のもとで筆者らが最近行った実験について発表する。
    〔休憩・名刺交換 15:20 - 15:35〕
◆講演3(15:35 - 16:15)
 「視覚的顕著性に基づく注視の誘導と推定」
    岡山県立大学 情報通信工学科 助教 滝本裕則 氏
 近年、人間の視覚的注意に関する様々な計算モデルが提案されている。
本講演では、これまでの視覚的注意モデル化の動向と課題について紹介
する。また、我々が提案する視覚的顕著性に基づく注視誘導のための誘目
性モデルと、人の行動に基づくトップダウン型注視(興味)推定技術につい
て紹介する。
◆講演4(16:15−16:55)
  「“筋電計”を軸とした製品開発の経緯と課題」
     メディエリアサポート企業組合 代表理事 国里光博 氏
 メディエリアサポート企業組合は平成15年に設立。岡山リサーチパーク
インキュベーションセンターに入居し、医療機器の企画・開発・販売をして
いる『べンチャー企業』です。岡山県下の大学のシーズを活用し、オリジ
ナルの“筋電計”製品の開発に到達、全国へ販売展開をしています。
本講演では、「製品化」するという事、「医療機器として市場に売る」という事、
そして「事業として成り立たせる」事の難しさをお話いただきます。
☆閉会挨拶(16:55−17:00)

■参加申込み
下記申込先に、以下の内容をメールまたはFAXでご連絡ください。
 ※このメールへの返信(湯浅宛)でも結構です。
 ◇件名: 12/21(金)「おかやま生体信号研究会」◇
・所属
・お名前
・連絡先(メールアドレスまたは電話番号)

(申込先)
岡山県立大学 情報工学部 情報システム工学科
 准教授 山大河
E-mail: taiga@cse.oka-pu.ac.jp , TEL:0866-94-2094

2012-12-21 (金)  【12/21】「地域の水産資源活用セミナー」開催のご案内(鳥取大学)

 産学官連携により地域の水産資源を活用する方策を先行事例に学ぶセミナーを開催します。

<日 時> 平成24年12月21日(金) 13:30〜18:15

<場 所> 境港商工会議所 大ホール(境港市上道町3002)

<プログラム>
◆開会挨拶
  鳥取大学 理事(研究担当,米子地区担当)・副学長 井藤 久雄
  境港市 市長 中村 勝治
◆鳥取県の取り組み状況報告
 ・水産資源状況(鳥取県水産試験場)
 ・資源活用事例((地独)鳥取県産業技術センター食品開発研究所)
 ・研究事例(日本海水産資源研究会)
◆講演「地域の水産資源を活かした産学官連携事業の事例」
 (講師)愛媛大学 社会連携推進機構 教授・南予水産研究センター長
                            山内 晧平 氏
◆質疑応答
◆名刺交換会(会費制:1,000 円程度)

<詳細・申込み>
 http://www.cjrd.tottori-u.ac.jp/pccgi/wnew4/file01/20121127095645_0.pdf

2012-12-20 (木)  【12/20】「中国地域国立5大学連携事業『化学分野における大学研究シーズ説明会(第2〜5回)』」を開催します!

 中国地域国立5大学連携事業は,『新結合プラン』に基づいて,5大学連携にによる共同研究や情報発信・人材育成等を目指すものであり,その活動テーマの一つに「大学間連携による共同研究の実施」があります。
 昨年度の「バイオマス」に続いて,今年度は,「石油化学関連技術分野」をテーマに,共同研究の実施を目指して5大学が保有する技術シーズを紹介する説明会を実施することとし,その第1回目(11/16)の開催について先日ご案内したところです。
 このたび,第2〜5回について内容が確定しましたのでご案内いたします。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

<日 時> 第2回:平成24年11月30日(金)13:30〜17:00 ※終了
      第3回:平成24年12月6日(木)14:00〜17:30 ※終了
      第4回:平成24年12月20日(木)13:30〜17:00
      第5回:平成25年1月10日(木)13:30〜18:30

<場 所> 岡山大学 工学部1号館1F大会議室

<内 容> 各回の内容はこちらをご覧ください。
       http://okayama-sangakukan.jp/uploads/photos/680.pdf

<詳細・申込み>
 http://c-collabo.jp
  ※「コラボレーションセンターからのお知らせ」をご覧下さい。

2012-12-20 (木)  【12/20】「チャレンジ THE 知財2012」海外展開知財ゼミ開催のお知らせ

 中国地域知的財産戦略本部・中国経済産業局では、アジアを中心とした海外に進出する際に必要となる諸外国の知的財産制度の情報を把握し、実際に海外ビジネス展開する際に必要な実務的、戦略的な知識や対処方法等についてのゼミを下記により開催します。
 <いずれも参加費は無料です。この機会に是非御参加ください。>

【岡山会場】ゆうあいセンター(岡山市北区南方2-13-1)

【日時】12月20日(木)  13:30〜16:30

【テーマ】海外展開における実務上の留意点
       第2回 海外に「技術輸出」する際の問題点・注意点

【講師】(有)オフィス富岡 代表取締役社長 富岡 康充 氏

【主催】中国地域知的財産戦略本部・中国経済産業局

  △詳細は、以下のホームページをご覧ください▽
   http://www.hiroshima-hatsumei.jp/wordpress/wp-content/uploads/2012/09/6ef3f39ce1162cfc8bc8f624e14120f0.pdf

2012-12-19 (水)  【12/19】平成24年12月度 ORIC交流会・セミナーのご案内

 毎月恒例のORIC交流会及びセミナーを下記の通り開催いたしますのでご案内申し上げます。
 多数の方々の参加をお待ちしております。

●日 時:平成24年12月19日(水)
     交流会:12:00〜13:00(受付11:30〜)
     セミナー:13:05〜15:00(受付13:00〜)

●場 所:岡山リサーチパーク インキュベーションセンター(ORIC)
     2階 交流サロン(岡山市北区芳賀5303)
       http://www.oric.ne.jp/

●スケジュール
------------------------------------------------------------
機欷鯲会の部/12:00〜13:00(受付11:30〜)
------------------------------------------------------------
お食事をとりながら、入居企業紹介をお聴きいただきます。

1.入居企業紹介(12:20〜12:45)
  「木質系バイオマスを利用した新素材開発」
   おかやまバイオマスイノベーション創造センター
   イノベーションマネージャー 岡田 賢治 氏
   (倉敷芸術科学大学 生命科学部 教授)

2.名刺交換会(12:45〜13:00)

≪参加費(お弁当代)≫ 400円
≪申込み締切≫ 平成24年12月17日(月)

-------------------------------------------------------------
供櫂札潺福爾良堯13:05〜15:00(受付13:00〜)
-------------------------------------------------------------
≪テーマ≫ 「日本のジーンズ・世界のジーンズ」

≪講 師≫ 倉敷ファッションセンター(株)
      吉村 恒夫 氏

≪プロフィール≫
1949年 静岡生まれ
地元の工業高校デザイン科卒業後、倉敷紡績津工場 織物設計課入社
テキスタイルデザインを5年経験後、東京のメンズファッション研究所入学
その後、桑沢デザイン研究所 研究科を卒業しマルオ被服(株)BIGJOHN 企画本部入社
開発畑中心に35年勤務、その間、展示会、視察を兼ね欧米30数回海外渡航
一昨年より倉敷ファッションセンター(株)勤務地域ブランド創成にかかわる、
またボランティアにて中国デザイン専門学校、中国短期大学の非常勤も兼ねる。

≪参加費≫ 無料

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
12月はセミナー終了後、ケーキとコーヒーをご用意しております!!
(ハーブガーデンC`Café(アスコルバイオ研究所社)のヘルシーな
 ノンシュガーケーキです!)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●お申込み 下記項目をご記入の上、ORICスタッフルームまでお願いします。
 お問合せ  TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117
          E-MAIL:info@oric.ne.jp

----------≪ORIC交流会・セミナー申込書(12/19開催)≫-----------

・参加者氏名(ふりがな)・役職
・所属団体/会社名
・連絡先住所 〒
 TEL.   FAX.   E-MAIL.
・参加希望 : [省参加 交流会のみ参加 セミナーのみ参加

------------------------------------------------------------------

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
支援スタッフルーム
岡山リサーチパーク 
インキュベーションセンター(ORIC)
〒701-1221 岡山市北区芳賀5303
TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117
E-mail:info@oric.ne.jp
URL:http://www.oric.ne.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2012-12-18 (火)  【12/18】(株)フジ医療器 視察のご案内【絶妙な心地よさを生み出す技術の裏側をのぞきにいこう!】(岡山県産業振興財団)

 この度、岡山県内中小企業等の皆様を対象に、マッサージチェアのパイオニアであり、医療機器分野の製造メーカーとして、マッサージチェア・フィットネス機器・治療機器・生活環境機器・美容機器等、幅広く扱っている(株)フジ医療器の視察を実施いたします。
 工場見学と調達担当者による説明会を実施しますので、この機会に、是非ご参加いただき、今後の生産活動のヒントとしてください。

 http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/162.html

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

◆日 時  平成24年12月18日(火) 13:30〜15:30
     
◆場 所  (株)フジ医療器(大阪府南河内郡太子2372-95)

◆対象者  岡山県内中小企業等

◆申込み方法
 1.申込方法
  当財団ホームページのトップページより
 「今月のイベント情報はこちら」をクリックしていただき、
申込書(Word形式もしくはPDF形式)をダウンロードの上
  必要事項を記入していただき、E-mail、FAX等でお申し込み下さい。

(URLはこちら↓)
   http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/162.html
      
◆申込み締切
 平成24年11月28日(水)まで

◆参加費は無料です。

[実施内容] (株)フジ医療器概要説明・工場見学
       調達担当者による説明会及び質疑応答

[行 程] 8:30  テクノサポート岡山集合、バスにて移動
     13:30  螢侫鍵緡鉄錣愿着、視察開始
     15:30  視察終了、帰途へ
     19:30  テクノサポート岡山到着、解散


◆お問合せ・お申込み先 -----------------------------------------------
 (公財)岡山県産業振興財団 http://www.optic.or.jp/
  経営支援部 取引支援課 担当:小川・入江
  〒701-1221 岡山市北区芳賀5301(テクノサポート岡山1F)
TEL 086-286-9670 FAX 086-286-9671 E-mail torihiki@optic.or.jp
-----------------------------------------------------------------------

2012-12-18 (火)  【12/18】「産総研本格研究ワークショップin関西」開催のご案内

 経済発展を成し遂げた我が国は,世界に先んじて経済問題に直面し急速な少子高齢化社会を迎える。経済の持続的な発展可能性に加え,衣食の充足した社会において,真に豊かな生活を国民が享受できる成熟した社会の構築が求められている。このような未来社会の実現に向けて,ライフイノベーションへの期待は大きい。命の大切さに加えて,ひとりひとりが,社会の中で,絆を感じ,いろいろな価値創造で充実感の得られる生活の実現に資する産業構造について考えてみたい。
 まず,生き物や人間の本質を知るための基調講演とこのような社会を実現するための技術的,産業的取組みを紹介し,参加した皆さんと目指すべき社会像や産業技術発展の方向性について議論する。現代社会で生活するすべての人間にとって,心身ともに健康で楽しい人間生活実現の一助となれば幸いである。
               (産総研 関西センター 所長 田口 隆久)

<日 時> 平成24年12月18日(火) 13:00〜17:15
                   (交流会:17:30〜19:00)

<場 所> 大阪科学技術センター(大阪市西区靱本町1-8-4)

<主 催> (独)産業技術総合研究所 関西センター

<参加費> 無料(ただし、交流会参加は別途3,000円)

<定 員> 250名

<プログラム>
◆開会挨拶  産総研 理事長  野間口 有
◆来賓挨拶  経済産業省 近畿経済産業局 局長  小林 利典
◆産総研関西センターの紹介と趣旨説明
◆基調講演「生き物のええかげんさでおもろいものづくりを
             ―1ワットで動く脳、30メガワット使うスパコン」
  大阪大学大学院 生命機能研究科 特任教授
  情報通信研究機構/大阪大学 脳情報通信融合研究センター (CiNet)
                     センター長  柳田 敏雄 氏
◆企業講演「応用脳科学コンソーシアムが拓く脳科学の産業応用と
                        オープンイノベーション」
  株式会社NTTデータ経営研究所  萩原 一平 氏
◆技術交流会(30分)
◆企業講演「快適・健康な衣料に向けた機能素材・テキスタイルの開発」
  旭化成せんい株式会社 商品科学研究所  出口 潤子 氏
◆産総研講演「脳波による意思伝達装置の開発とその臨床/産業応用」
  ヒューマンライフテクノロジー研究部門  長谷川 良平
◆産総研講演「健康なくらしのための生理・行動・心理モニタリング技術」
  健康工学研究部門  吉野 公三
◆総合討論
◆閉会挨拶  産総研 理事  瀬戸 政宏
◆交流会

<詳細・申込み>
 http://unit.aist.go.jp/kansai/honkakuWS/2012/

2012-12-17 (月)  【12/17】岡山マイクロリアクターネット第15回例会

 平素より岡山マイクロリアクターネットの運営にあたりましては
ご協力ありがとうございます。
 今年度最後の例会を下記により開催することとなりましたので、
ご多用中とは存じますが、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

■日時:平成24年12月17日(月) 13:30〜16:55(12:30〜受付開始)

■場所:岡山国際交流会館 5階 第1会議室 (岡山市北区奉還町2-2-1)
 http://www.opief.or.jp/oicenter/access.html

展示品見学(12:30〜13:30)

【例会プログラム】
1.開 会/会長挨拶(13:30〜13:40)

2.講 演(13:40〜16:50)
(1) 「フロー系での気−液反応」(13:40-14:35)
     大阪府立大学大学院理学系研究科 准教授 福山 高英 氏
  休憩・展示品見学(14:35-15:10)

(2) 「ナノ材料作製に向けたマイクロリアクターの利用」(15:10-16:00)
     産業技術総合研究所 コンパクト化学システム研究センター
コンパクトシステムエンジニアリングチーム 石坂 孝之 氏
   
(3) 「ワイエムシィにおけるマイクロリアクターへの取り組み」(16:00-16:50)
株式会社ワイエムシィ 国内営業部 大西 宏昇 氏

3.閉 会(16:50〜16:55)

4.交流会(18:00〜)※会費4,000円にて、岡山駅付近にて調整中

・出欠について:
平成24年12月10日(月)までに、参加者所属・氏名・交流会への参加
の有無について事務局までお知らせください。

此セ臆暖顱
例 会:3,000円(当日、受付でお支払いください) 
交流会:4,000円(当日、受付でお支払いください)

【岡山マイクロリアクターネット事務局】
岡山大学大学院自然科学研究科アクチュエータ研究センター
(岡山大学大学院自然科学研究科 鈴森研究室気付け)
okayamaMR@act.sys.okayama-u.ac.jp 
TEL/FAX 086-251-8105

2012-12-14 (金)  【12/14】「産学金官連携による知財活用力強化研究会」開催のお知らせ

 本研究会は、中小企業の知財戦 本研究会は、中小企業の知財戦略の立案・推進におる「ヒト・モノカネ」に係る支援組織としての地域大学及び金融機関の知財ポテンシャルと、産学官連携による事業展開の可能性を検討すもで、地域企事業のマネジメントのあり方、企業と大学の知財の戦略的関係、金融機関の支援・補完機能等について、情報交換やディスカッションを行っていきます。

【日時】12月14日 (金)  14:00〜17:30

【会場】岡山大学インキュベータ会議室 (岡山市北区津島中1-1-1)

【テーマ】
(1)開発型中小企業の知財戦略
  《講師:土生特許事務所 所長 弁理士 土生 哲也 氏》

(2)知的資産経営・知財融資
  《講師:(株)日本政策投資銀行 岡山事務所 所長 吉田 淳一 氏》

【参加費】無料

【主催】中国地域知的財産戦略本部、中国経済産業局

  △詳細は、以下のホームページをご覧ください▽
   http://www.chugoku.meti.go.jp/chizai/event/pdf/h241214sgkk.pdf

2012-12-14 (金)  【12/14】岡山県中小企業BCP策定支援事業「BCP策定成果発表会」開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 事業継続力を高め競争力の強い会社をつくる!!

 モデル企業5社・人材育成研修者代表のBCPへの取り組みを学び、次はあなたの会社が策定に取り組む番です!!

【日 時】 平成24年12月14日(金) 13:30〜16:30

【場 所】 テクノサポート岡山 大会議室(岡山市北区芳賀5301)

【主 催】 岡山県、(公財)岡山県産業振興財団

【定 員】 100名(先着順、定員に成り次第締め切り)

【参加料】 無 料

【申 込】 下記申込書をFAXもしくはe−mailで送信して下さい。

 1 発表企業等
(1)発表企業 
    製造業    オーエム機器(株)(総社市)
           横山製網(株)(瀬戸内市)
   建設土木業  天野産業株式会社(笠岡市)
           (株)奥野組(岡山市)
    情報通信業  ビジネスセンター岡山(株)(岡山市)
 (2)人材育成研修者代表
   経営指導員   岡山県商工会連合会 津田 健治 氏

 2  タイムスケジュール
   13:30〜13:40  主催者挨拶、概要紹介
   13:40〜14:40  成果発表 
   14:40〜14:45  休 憩
   14:45〜15:45  成果発表 
   15:45〜15:55  休 憩
   15:55〜16:15  講 演:「BCP策定後に各企業が取り組むべき事項」
                  講 師:(株)フォーサイツコンサルティング
                       チーフコンサルタント 五十嵐 雅祥 氏
   16:15〜16:25  質疑応答
   16:25〜16:30  連絡事項

【お問合せ先】
    (公財)岡山県産業振興財団 中小企業支援課 担当:福原
    〒701-1221岡山市北区芳賀5301  TEL 086-286-9626

【申込用紙】 
   (公財)岡山県産業振興財団ホームページからダウンロードして下さい。
          URL< http://www.optic.or.jp/>

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
岡山県産業振興財団中小企業支援課
   BCP策定支援マネージャー 福原 俊樹
 電 話:086−286−9626
F A X:086−286−9627
 メール :tfukuhara@optic.or.jp
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2012-12-14 (金)  【12/14】「平成24年度メディカルバイオセミナー 〜医療・バイオベンチャーの課題と展望,成功への秘訣〜」開催のご案内(ちゅうごく産業創造センター)

 新成長戦略の一つの柱であるライフイノベーションは,バイオテクノロジーと切り離せない領域でもあり,医療機器の開発,抗体医薬の開発,再生医療の実用化と医療産業のビジネスチャンスは拡大しています。中国地域では,地域内にある大学でユニークな研究を行う研究者も多く,再生医療や遺伝子治療,抗体医薬などバイオテクノロジー分野の大学発バイオベンチャー企業が設立されてきました。しかしながら,昨今の厳しい経済情勢や景気環境の変化など投資家のバイオ離れが回復していないことと相まって,まだまだバイオベンチャーは苦戦を強いられています。
 そこで,当セミナーでは3人の講師をお招きし,ビジネス課題を克服するためのヒントや参考情報をご紹介します。医療・バイオ産業に携わっておられる企業・大学・研究機関・支援機関の皆様のご参加をお願いいたします。

<日 時> 平成24年12月14日(金) 13:30〜17:00
                   (情報交換会17:10〜18:40)

<場 所> 広島グランドインテリジェントホテル「光琳の間」
      (広島市南区京橋町1−4)

<プログラム>
 ◆基調講演
  「医療バイオ産業の現状と課題、バイオベンチャーの成功への秘訣」(仮)
    株式会社いちよし経済研究所 企業調査部
                      主席研究員 山崎 清一 氏
 ◆講演1
  「再生医療の産業化−現状と未来−」
    株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
                 研究開発部 上席研究員 菅原 桂 氏
 ◆講演2
  「がん治療遺伝子REICを中核シーズとする桃太郎源社の開発状況」
    桃太郎源株式会社 代表取締役社長 塩見 均 氏

<参加費> セミナー:1,000円,情報交換会:3,500円

<定 員> 60名程度(先着順)

<詳細・申込み>
 http://www.ciicz.jp/topics/241214-medbio.pdf

2012-12-14 (金)  【12/14】「BCP策定成果発表会」開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 事業継続力を高め競争力の強い会社をつくる!!

 モデル企業5社・人材育成研修者代表のBCPへの取り組みを学び、次はあなたの会社が策定に取り組む番です!!

 【日 時】 平成24年12月14日(金) 13:30〜16:30

 【場 所】 テクノサポート岡山 大会議室(岡山市北区芳賀5301)

 【主 催】 岡山県、(公財)岡山県産業振興財団

 【定 員】 100名(先着順、定員に成り次第締め切り)

 【参加料】 無 料

  申込等詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/164.html

 発表企業等
  製造業    オーエム機器(株)(総社市)
         横山製網(株)(瀬戸内市)
  建設土木業  天野産業(株)(笠岡市)
         (株)奥野組(岡山市)
  情報通信業  ビジネスセンター岡山(株)(岡山市)

 人材育成研修者代表
  経営指導員   岡山県商工会連合会 津田 健治 氏

  タイムスケジュール
  13:30〜13:40  主催者挨拶、概要紹介
  13:40〜14:40  成果発表 
  14:40〜14:45  休 憩
  14:45〜15:45  成果発表 
  15:45〜15:55  休 憩
  15:55〜16:15  
     講 演:「BCP策定後に各企業が取り組むべき事項」
     講 師:(株)フォーサイツコンサルティング
            チーフコンサルタント 五十嵐 雅祥 氏
  16:15〜16:25  質疑応答
  16:25〜16:30  連絡事項

  【お問合せ先】
    (公財)岡山県産業振興財団 中小企業支援課 担当:福原
    〒701-1221岡山市北区芳賀5301  TEL 086-286-9626

2012-12-14 (金)  【12/14】「自動車、電気・電子産業等の組込みシステムに係る知財戦略研究会」第2回の研究会開催のお知らせ

 本知財戦略研究会(全3回シリーズ)の第2回では、スマートハウスを実現するためのシミュレーション技術の解説、スマートシステムの検証に対する先進的な取組み事例の紹介、組込みソフトウェアの知的財産権についての解説など3名の講師をお招きして中小企業の生き残り戦略について考えます。
 講演のあとは講師と田丸氏との掛け合いから内容を深掘りし理解を深めたり、また、参加者のご意見もうかがうなど全員参加型の進め方を心がけますので、皆さまお誘い合わせの上、奮ってお申し込みください。

【日時】12月14日 (金)  13:00〜16:20

【会場】鯉城会館「サファイア・西」(広島市中区大手町1-5-3)

【テーマ】
  (1)スマートハウスコンソーシアムの現状とシミュレーション技術について
  《講師:dSPACE Japan (株) 代表取締役社長 有馬 仁志 氏 》

(2)スマートシステム検証技術協会の立ち上げについて
  《講師:(株)iTest 代表取締役 上島 健二 氏 》

(3)組込みソフトウェアと知的財産権について
  《講師:(独)情報処理振興機構ソフトウェア・エンジニアリング・センター
       組込み系プロジェクトサブリーダー 田丸 喜一郎 氏》

【参加費】無料

【定員】60名

【主催】中国地域知的財産戦略本部、中国経済産業局

  △詳細は、以下のホームページをご覧ください▽
   http://www.chugoku.meti.go.jp/chizai/event/pdf/h241214car.pdf

2012-12-12 (水)  【12/12・13】第四回機器分析紹介セミナー&ワークショップ DART直接質量分析のご案内(岡山大学)

 未知サンプルの同定に有効な質量分析装置 : 
 今回は特に簡便な測定で対象物の質量が測定可能な直接イオン化ユニットを接続したMSシステムです。 
 DART (Direct Analysis in Real Time)は前処理が難しいサンプルを簡便に測定することを可能にした新たなイオン化法です。
 実サンプルの測定実演会(ワークショップ)に併せて、DARTの簡単な原理と応用例のセミナーを行います。
 この機会に是非ご参加いただきますよう、下記の通りご案内申し上げます。

・日 時: 2012年12月12日(水)〜13日(木)
  セミナー   (12日 13:00〜14:00)
  ワークショップ(デモンストレーション測定)
        (12日 14:00〜17:00)
          (13日 10:00〜15:30)

・場 所: 岡山大学 理学部コラボレーション棟
 ●アクセスマップ・・・図中左下の「N22」
  http://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/access/tsushima_n.pdf
  
 セミナー 講習室 (2F 201号室)
 ワークショップ 電子材料評価室(2F 206号室)


・演 者: エーエムアール(株) プロダクト &マーケティング マネージャー 
                         塩田 晃久 氏

・申込方法: あらかじめ下記申込先までご連絡下さい。
 実サンプルの測定に関しましては、事前にスケジュール等をご相談させていただきますので、希望時間帯をお知らせ下さい。
 ご希望多数の場合は当方で調整させて頂く場合がありますので,あらかじめ御了承下さい。

・申込問合先: 自然生命科学研究支援センター 分析計測分野
      TEL: 086-251-8747
     E-mail: kikibun@cc.okayama-u.ac.jp

 岡山大学自然生命科学研究支援センター分析計測分野ホームページにもご案内が載っています ので、どうぞご覧ください。
 URL: http://kikibun1.kikibun.okayama-u.ac.jp/home.html

*カタログダウンロード(ファイル名Shimadzu_Dart_MS.pdf) URL:
https://simpostg.shimadzu.co.jp/cgi-bin/simpost_dw.cgi?lang=ja&proc=0&id=53et9aC0pjH907f712s31G2I9vXrLa&email=yo-haya@shimadzu.co.jp&limit=2012/12/16


多田 宏子

岡山大学自然生命科学研究支援センター
分析計測・極低温部門、分析計測分野
〒700-8530 岡山市北区津島中3−1−1
理学部コラボレーション棟内
E-mail: tadahrk@cc.okayama-u.ac.jp
TEL: 086-251-8746, 8217
FAX: 086-251-8748

2012-12-12 (水)  【12/12】「岡山大インキュベータRubyスクエア」キックオフセミナーのご案内(岡山大インキュベータ)

 岡山大学インキュベータでは、Rubyを活用した新たなビジネスの創出とRubyコミュニティの充実を図るため、「岡山大インキュベータRubyスクエア」を設立しました。
 下記のとおりキックオフセミナーを開催いたします。皆様のご来場をお待ちしております。

<日 時> 2012年12月12日(水) 14:00〜17:30

<場 所> 岡山大インキュベータ2階会議室(岡山大学津島キャンパス内)

<内 容> 1)主催者挨拶・主旨説明  
      2)基調講演「Rubyの最新動向」
                Ruby創始者 まつもと ゆきひろ氏        
      3)岡山におけるRubyサークルの現状
        ・Rubyコミュニティの活動状況
           (株)クレオフーガ 企画開発部部長 山口 真央氏
        ・企業におけるRuby活用の現状
           (株)システムズナカシマ システム本部部長 石原 洋之氏
        ・大学研究室におけるRuby取組みの現状
           岡山大学大学院 自然科学研究科 准教授 乃村 能成氏

<定 員> 40名  <参加費> 無料(但し、懇親会は有料)

<懇親会> 中華料理 孔明 18:00〜20:00  会費 4,000円
     岡山市北区津島本町4-28(岡山大インキュベータから徒歩7〜8分)

<主 催> 中小企業基盤整備機構中国本部・岡山大インキュベータ

<共 催> 一般社団法人システムエンジニアリング岡山(SEO)

<後 援> 岡山Ruby,Ruby on Rails勉強会、岡山大学ベンチャー研究会

【お申込み・お問い合わせ先】 岡山大インキュベータ 担当:鈴木・渡邊
               電話:086-214-5711 FAX:086-214-5712
               E-mail:info@od-plus.smrj.go.jp
                   http://www.smrj.go.jp/incubation/od-plus/

2012-12-12 (水)  【12/12】セミナー「地域産学連携で推進する新技術の開発・普及と6次産業化のすすめ」のご案内(中四国アグリテック)

1 趣 旨
実用技術の開発と6次産業化を推進するためには、産学官連携による技術開発段階から販売戦略までの多面的アプローチが必要である。このため、農産物の品種DNA判定法等の新技術の開発・普及や新たな商品開発の事例を学び、地域特産物を活かした6次産業化に資する。

2 日時・場所
平成24年12月12日(水) 13:30〜17:00(受付12:50〜)
岡山コンベンションセンター (岡山市北区駅元町14-1)

3 主催等
主催:NPO法人 中国四国農林水産・食品先進技術研究会/農林水産省
後援:社団法人 農林水産・食品産業技術振興協会

4 内 容
12:50〜受 付   
13:30〜開会あいさつ
13:35〜 講演1
「産学官連携で推進する実用技術の開発・普及について 
  − 農産物・食品のDNA品種識別技術の開発・普及を事例に −
     近畿中国四国農業研究センター 専門員  矢野 博 氏
14:15〜講演2
「現場での検査導入を実現する農作物品種DNA判定法の開発をめざして
    岡山大学大学院 環境生命科学研究科 教授  田原 誠 氏
15:10〜講演3
「産学官民連携による地域特産物の商品企画から販売戦略まで」
     つやま新産業創出機構 産業活性化チーフアドバイザー坂本 定禧 氏
15:50〜コーディネーター活動報告
 「生物工学分野における技術シーズ・開発ニーズの探索とマッチング支援」
    農林水産省産学官連携事業 コーディネーター   梶谷 浩一 氏
                                    古川 廣志 氏
16:20 閉会 
16:20〜17:00 ※個別相談(競争的研究資金、共同研究など)

 ※参加申し込み等詳しくは、こちらをご覧ください。
   → http://www2.ocn.ne.jp/~agritech/sub_3_h241212.html

………………………………………………………………………
NPO法人 中国四国農林水産・食品先進技術研究会
      (略称:中四国アグリテック 事務局:岡山大学農学部3号館102号室)
       FAX:086−201−0551 Email:agri@key.ocn.ne.jp 

2012-12-12 (水)  【12/12】ミクロものづくり大学「めっき技術講習会」開催のご案内(岡山県工業技術センター)

 平素より当センターの業務運営につきましては、格別のご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、当センターでは、関連企業の技術力の向上を目指して「平成24年度めっき技術講習会」を下記により開催いたしますので、多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。
 なお、お手数ですが別紙出席申込書を11月30日(金)までに郵送またはFAXにてご送付下さるようお願いいたします。
                
1.日 時 平成24年12月12日(水)  13:30〜17:00

2.場 所 岡山県工業技術センター 技術交流室
  岡山市北区芳賀5301

3.内 容
(1)「金属材料の熱処理と表面処理への影響」
   岡山県工業技術センター 技術支援部 日野 実

(2)「ASEAN地区の表面処理業界の現状について」
   (株)JCU 総合研究所 海外技術統括部 倉持保之氏 中村 元氏

(3) 「兵庫県立工業技術センター機械金属工業技術支援センター
におけるめっき技術の紹介」
   .縫奪吋襯▲譽襯−対策用スズ−鉄合金めっき
   △瓩辰皮膜が水素脆性に及ぼす影響
兵庫県立工業技術センター機械金属工業技術支援センター
副所長 園田 司氏         

4.定 員  40名

5.参加費  無料

6.申込み及び問い合わせ先
   岡山県工業技術センター  〒701-1296 岡山市北区芳賀5301
 TEL 086-286-9600、 FAX 086-286-9630
   (担当:技術支援部 日野 実)

2012-12-11 (火)  【12/11】「共同研究、共同開発と知財経営」開催のご案内(岡山県発明協会)

 ドラッカーは、異分野技術の融合や組合せが新たな技術や商品を効率的に産みだし、それによる新たなマーケットが形成され、企業活力の源泉になると言っています。この異分野技術の融合や組合せを円滑にできる仕組みが共同研究、共同開発です。共同研究等に際しては、第3者の技術、知識、ノウハウ等を相互に活用することになるため、その成果の取扱い等についての、気をつけておかねばならない一定のルールが特許法で規定されています。本講座では、特許の基本知識から、これらルールを活用する際の注意点等を、事例を交えて分かりやすく解説いたします。
 講義だけでなく、参加者からのご質問に応じたり、参加者同士の意見交換も行います。
 皆様のご参加をお待ちしております。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.optic.or.jp/hatsumei/index.html

◆内 容
 ❑ 特許の基本知識と特許取得のノウハウ
 ❑ 共同研究、共同開発において、知的財産の観点から注意すべき点について
 ❑ 共同研究、共同開発における成果の取扱いについて

◆日  時 : 2012年12月11日 (火)  13:30〜16:00

◆会  場 : テクノサポート岡山 中会議室
         〒701-1221 岡山市北区芳賀5301  TEL : 086-286-9664

◆講  師 : 国立大学法人山口大学
         学長特命補佐 知的財産センター長 佐田 洋一郎 氏

◆対  象 : 中小企業の経営者、知的財産担当者等

◆参加費  : 無料

◆定  員 : 40名 (先着順)

■お申込み・お問合せ
申込先:地域別中小企業知的財産研究会事務局((一社)岡山県発明協会内)
  〒701-1221 岡山市北区芳賀5301
  テクノサポート岡山3階
  TEL 086-286-9656
  FAX 086-286-9678
  E-mail  hkinfo@optic.or.jp

2012-12-11 (火)  【12/11】産学官ビジネスマッチング交流会開催のご案内(中国地域太陽電池フォーラム)

 産学官ビジネスマッチング交流会では、部素材や製造装置分野を始めとする約20の大学等研究機関と企業に出展していただき技術や製品のPRをしていただくほか、国内で研究開発が進む次世代太陽電池に関連した基調講演や地域企業の共同開発事業の成果報告も予定しています。奮ってご参加ください。

【日 時】 平成24年12月11日(火) 13:00〜17:30

【場 所】 広島国際会議場 「ヒマワリ」「コスモス」(広島市中区中島町1-5)        

【参加費】 無料(懇親会参加の場合3,000円)

【プログラム】
 ◇挨拶          13:00〜13:10「ヒマワリ」
 ◇基調講演           13:10〜14:10「ヒマワリ」
  「有機系(色素増感・有機薄膜)太陽電池の開発最前線」(仮題)
   東京大学 先端科学技術研究センター
 教授 瀬川 浩司 氏
 ◇基調講演           14:10〜15:10「ヒマワリ」
  「次世代太陽電池の市場と業界動向および展望」(仮題)
   株式会社資源総合システム 太陽光発電事業支援部
    社長補佐 大東 威司 氏
 ◇成果報告            15:20〜15:40「ヒマワリ」
  「連続過熱水蒸気を用いる銅ペーストの導電化」(因島鉄工(株)との共同開発成果)
   戸田工業株式会社 創造本部 顧問 工学博士 八塚 剛志 氏
 ◇ポスターセッション 
  .轡隋璽肇廛譽璽鵐董璽轡腑鵝15:40〜15:55「ヒマワリ」
  ▲櫂好拭偲玄─Ω鯲会    16:00〜17:30「コスモス」
   出展予定者は開催案内をご覧ください
 ◇懇親会 17:30〜19:00「コスモス」

【申込方法】下記ホームページをご覧ください。
       http://www.pvforum.jp/

【申込締切】平成24年12月3日(月)

【定 員】 200名

【主 催】 中国地域太陽電池フォーラム

【問合せ先】中国地域太陽電池フォーラム事務局
       株式会社三菱化学テクノリサーチ 情報センター広島(清水・崎前・妹尾)
       Tel:082-545-2870 FAX:082-545-2871
        E-MAIL:MCTR-HO-HIR@cc.mctr.co.jp
      
       中国経済産業局 地域経済部 電子・情報産業担当(岡本・岡田)
       Tel:082-224-5630

また、ポスター発表に出展していただける方も引き続き募集しています。詳細は事務局までお問合せ下さい。
◆ポスター・パネル展示について
  ・展示サイズ
    ポスター・パネル:1.8m幅×1.0m高さのパネル
    サンプル品   :0.6m幅×1.8m長さの机
  ・ポスター・展示品のご準備及び展示作業は参加者ご自身でお願いいたします。
  ・展示は産学官ビジネスマッチング交流会場のポスターセッションコーナーです。
   展示場所は事務局に一任とさせていただきます。
  ・その他詳細につきましては、お申し込みを受付後、参加者に直接ご連絡致します。

2012-12-10 (月)  【12/10】第14回 グローバルメディカルベンチャー・サロン開催のご案内(メディカルテクノおかやま)

【日 時】 平成24年12月10日(月)  16時30分〜18時30分

【場 所】 岡山大学鹿田キャンパス 総合教育研究棟1階

【参加費】 無料

【主 催】 非特定営利活動法人メディカルテクノおかやま

【共 催】 岡山大学 研究推進産学官連携機構 新医療創造支援本部

◆プログラム

・16:30〜16:40

開会挨拶 特定非営利活動法人メディカルテクノおかやま理事長 公文裕巳

・16:40〜17:20

「あるバイオ企業のこれまでの道のり」
ノマディックバイオサイエンス(株)  代表取締役社長  佐藤 聡 氏

弊社は、平成18年度岡山県ベンチャービジネスプランコンテストで奨励賞を受
賞したことを受けて設立された。今年になって独自技術である「温度応答型プロ
テインA Byzen Pro」を大手企業にライセンス供与するに至り、安定
的な供給体制のめどがついた。抗体医薬品の製造効率を向上させるこの製品が、
特許切れ抗体医薬品を含む各種抗体医薬品の製造プロセスに採用されることを目
指している。

・17:20〜18:00

「ベンチャーキャピタルからの期待−新たなベンチャーの起業と育成に向けて−」
SMBCベンチャーキャピタル(株) 執行役員関西投資部長 西畑 雅文 氏

SMBCベンチャーキャピタルの投資活動のご紹介とベンチャー投資のポイン
ト、 ベンチャー投資の動向等について講演します。
また、新規上場マーケットの不振、景気低迷等によりましてベンチャー企業の
取巻く環境は厳しい状況が続いておりますがベンチャー企業のIPOの動向とベ
ンチャーキャピタルから見て投資意欲が湧くような会社・経営者等についてもお
話したいと思います。

・18:00〜18:30  名刺交換・情報交換会

★参加お申込は下記URLからお願いいたします。
http://www.optic.or.jp/medical/info_detail/show/226.html

.......................................................
特定非営利活動法人  メディカルテクノおかやま
岡山県医用工学研究会 事務局
〒 700−8558
岡山市北区鹿田町2−5−1
総合教育研究棟 1階
TEL&FAX:086−234−0067
E-mail:medical@optic.or.jp
HP http://www.optic.or.jp/medical/
...................................................................

2012-12-10 (月)  【12/10】平成24年度第1回 医療機器ものづくりセミナーのご案内(岡山県産業振興財団)

 医療機器分野は、今後、有望な市場として見込まれる一方、新規に参入しようとしている企業にとって、製品化するまでに、薬事法上の治験や承認審査などに多くの時間と経費がかかるなど、参入リスクが高いと言われております。
 今回のセミナーでは、新規参入を検討、または興味のある企業等の皆様を対象に、参入の不安を少しでも解消することを目指して、医療機器関連産業参入の現状や薬事法への対応、部材供給等から医療機器ビジネス参入に向けた助言、異業種からの参入事例の紹介など、有用な情報を提供させていただくことで、新たなものづくりへとつながるヒントになればと考えております。

○日 時  平成24年12月10日(月) 14:00〜17:20

○場 所  ホテルグランヴィア広島 4階「悠久の間(A室)」
      (広島市南区松原町1-5)

○内 容
  <講演会(14:00〜17:20)>
  (1)「医療機器関連産業参入の現状と薬事法から見た戦略」
     特定非営利活動法人医工連携推進機構 客員研究員 吉川 典子
  (2)「福島県の取組と部材供給・OEM生産による
                      医療機器ビジネス参入に向けて」
    福島県産業創出課(福島県立医科大学ふくしま医療産業リエゾン推進室駐在)

                     専門薬剤技師 石橋 毅
  (3)「浜松地域での取組と異業種からの医療機器分野への参入事例について」
   浜松商工会議所 中小企業振興部 工業振興課 深津 正樹
  <交流会(17:30〜19:00)>

○参加料  無 料(交流会参加の場合 4,000円)

○申込期間 平成24年12月3日(月)

○主催  (公財)ひろしま産業振興機構
       (公財)岡山県産業振興財団
      (公財)やまぐち産業振興財団

○申込先
  (公財)ひろしま産業振興機構 研究開発推進担当(担当:三原様)
  TEL:082-240-7712 FAX:082-504-7317
      mailto:maxkenkyu@hiwave.or.jp

○詳細情報 http://www.hiwave.or.jp/Shien/syuseki/i_20121210.html

2012-12-10 (月)  【12/10】「自動車用二次電池及び太陽光発電装置のリユース・リサイクル講演会」開催のご案内(ちゅうごく産業創造センター)

 当センターでは,平成23年度に「中国地域における自動車用二次電池及び太陽光発電関連装置のリユース・リサイクル産業創出に向けた可能性調査」を実施しました。その調査報告書において,中国地域内での事業化に向けた次のステップとして“検討の場”を設けて進めて行くことを提言しておりますが,このたび“中国地域における車載リチウムイオン電池及び太陽光発電パネルのリユース・リサイクル研究会”を発足いたしました。
 この研究会の取り組みの第一歩として標記講演会を開催することといたしました。ビジネスチャンス拡大に向けた情報収集及び今後の地域内での具体的な展開の場としてご活用下さい。また,講演会終了後,情報交換会を開催しますので,合わせてのご参加をお願いいたします。

<日 時> 平成24年12月10日(月) 13:30〜16:40
                   (情報交換会17:00〜18:30)

<場 所> 広島グランドインテリジェントホテル「芙蓉の間」
      (広島市南区京橋町1−4)

<プログラム>
 ◆講演1
  「報告書『中国地域における自動車用二次電池及び太陽光発電関連装置の
   リユース・リサイクル産業創出に向けた可能性調査』の概要について」
    (一財)ひろぎん経済研究所 経済調査部 部長 谷口 康雄 氏
 ◆講演2
  「EV用リチウムイオン電池の二次利用事業への取り組みと今後の展望に
   ついて」
    フォーアールエナジー株式会社 副社長 塩見 達郎 氏
 ◆講演3
  「PVシステム汎用リサイクルに向けた取り組みについて」
    (公財)北九州産業学術推進機構 産学連携統括センター
                         参与 野田 松平 氏

<参加費> 無料(情報交換会:3,500円)

<定 員> 100名

<詳細・申込み>
 http://www.ciicz.jp/topics/241210-reuse.doc

2012-12-07 (金)  【12/7】「中国地域産総研技術セミナーin米子」開催のご案内(産総研中国センター)

 産業技術総合研究所では,研究活動や開発技術をご紹介するとともに,地域との技術的・人的ネットワークを図ることを目的としてセミナーを開催しています。
 今回は,「食品素材・加工に利用可能な要素技術」について,最新の研究成果についてご紹介します。さらに産総研における研究活動や地域連携活動に関する最新情報も併せてご紹介いたします。
 多数の皆様のご参加をお待ちしております。

<日 時> 平成24年12月7日(金) 13:30〜17:00(交流会17:15〜)

<場 所> 国際ファミリープラザ(米子市加茂町2-180)

<定 員> 60名(参加費無料,申し込み順:定員になり次第、締め切ります)

<交流会> 場所:エンヤキッチン(国際ファミリープラザ1F)
会費:3,500円

<主 催> (独)産業技術総合研究所,(地独)鳥取県産業技術センター

<後援(予定)>
 中国経済産業局,(公財)ちゅうごく産業創造センター,
 (社)中国地域ニュービジネス協議会,(独)中小企業基盤整備機構中国本部

<プログラム>
◆開会挨拶 (地独)鳥取県産業技術センター 理事長  村江 清志
◆産総研紹介「地域イノベーションハブとしての産総研の活動」
(独)産業技術総合研究所 中国センター 所長 中村 修
◆講演1「ナノテクを活用した新しい機能性食品の製造法:
    〜「ナノサイズ」ナノカプセル化技術の展開〜」
  (独)産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門   北本 大
◆講演2 「水産加工残滓や小型魚からステーキ!!−魚肉接着技術の開発−」
  (地独)鳥取県産業技術センター 食品開発研究所 副所長  小谷 幸敏
◆講演3「不凍タンパク質の機能解明に基づく産業応用展開」
  (独)産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 主任研究員 津田 栄

<詳細・申込み>
 http://unit.aist.go.jp/chugoku/even/2012/20121207.html

2012-12-07 (金)  【12/7】半導体ネットおかやま 2012年第4回例会のご案内

 「半導体ネットおかやま」次回例会の案内を差し上げます.
 今回は,新半導体材料・デバイスに関します新しい展開を中心に次世代の半導体業界が伺えるプログラムとなっています.
 年末のお忙しい時期かと存じますが,ふるってご参加下さい.

半導体ネットおかやま 2012年第4回例会
共催:「おかやま電池関連技術研究会」第4回技術セミナー

■日時:2012年12月7日(金)  13:30-17:00

■場所:岡山大学工学部1号館第2講義室
13:30-13:40  開会挨拶 岡山大学 紀和利彦 副代表

13:40-14:30  中国経産局 稲原宏昭氏
「パワー半導体に関する最近の経済産業省の動き」
 SiCを中心とするパワー半導体に関する経済産業省の取組みを紹介す
 るとともに、研究開発支援策のポイント等を解説します.

14:30-15:20  パウデック(株)河合弘治氏
「GaN パワー半導体素子技術の現状と高耐圧化新技術」
 GaN半導体の高耐圧パワー電子素子開発が大詰めを迎え、
 一部実用化されつつあると言われています.GaN半導体
 素子化技術の現状と産業化のトレンドを概観します.
 GaNの物性値から期待される性能はSiC(シリコンカーバイド)
 よりも高い筈ですが、GaNパワー半導体素子は数100V領域
 の民生や情報処理系電源用として採用されると見倣されています.
 GaNパワー素子の高性能・高耐圧化を阻んでいる現状の技術的
 困難さがどこにあるのか、考察を行います.次に、現状技術
 の代替として、弊社が提案していますAlGaN/GaN分極超接合
 (Polarization super-junction, PSJ)の原理と
 トランジスタ構造への実装、および予備的な結果について報告を行い、
 ご議論させて頂きます.

15:20-15:35  休憩

15:35-16:15  岡山大学 藤森和博氏
「未定」
 (プログラム編集者注:)マイクロ波に関する通信技術・電力伝送技
 術など先端的なご研究をされています.

16:15-16:55  中小基盤整備機構 岡大インキュベータ 鈴木幸次氏
「岡山大インキュベータにおける産学官連携の取組み」
 20年10月にオープンした岡山大インキュベータは「新しいビジネスの
 創出・成長・発展を支援する地域の拠点となる」を目標に掲げ、様々な取
 組みをおこなってきました.特に、
  1)地元企業と大学研究者とのマッチング、
  2)地域の優れた研究開発テーマの発掘、
  3)研究開発助成金の獲得支援、
 に力を入れています.

16:55-17:00  閉会と企業説明会の案内 岡山理科大学 財部建一代表

【参加申込み】下記申込先に、以下の内容をメールまたはFAXでご連絡ください.
・件名:半導体 ネットおかやま
・例会  参加、 不参加(どちらかを削除してください)
・懇親会 参加、 不参加(どちらかを削除してください)
・所属
・お名前
・連絡先(メール アドレスまたは電話番号)

(申込先)
岡山大学(担当 校)
担当:紀和(岡山大学大学院自然科学研究科) 
〒703-8201 岡山県岡山市北区津島中3−1−1
E-mail:kiwa@okayama-u.ac.jp <http://okayama-u.ac.jp> FAX:086-251-8130

*******************************************

紀和 利彦 (博士(工学))
kiwa@okayama-u.ac.jp <=メールアドレスを変更しました.
(kiwa@t.okayama-u.ac.jp (sub))

岡山大学大学院自然科学研究科

〒700−8530
岡山県岡山市北区津島中3−1−1
(工学部3号館2F)
Phone&Fax: 086-251-8130

*******************************************

2012-12-07 (金)  【12/7】おかやま医療機器開発プロフェッショナル(OBEP) セミナー2012の御案内(岡山理科大学)

 平成20年度(2008年度)文部科学省科学技術振興調整費の地域再生人材拠点の形成プログラムに採択された「おかやま医療機器開発プロフェッショナル」は本年で5年目(最終年度)を迎えました。これまでに、地域企業における中核人材(医療機器開発に関する総合的かつ実戦的な知識・スキル持った人)養成を行って参りました。
 今年も、セミナーを開催いたします。
 内容は「世界に広がる日本のME技術」と題して3名の著名な専門家にご講演して頂き、その後、本プログラム研修生が所属する企業の方に、研修の成果についてご報告して頂きます。また、講演会の後、懇親会も開催予定です。
 つきましては、ご多忙の折大変恐縮ですが、是非ご出席賜りますようご案内申し上げます。
              
*******************************************************************
    文部科学省「地域再生人材創出拠点の形成」プログラム
おかやま医療機器開発プロフェッショナル(OBEP) セミナー2012
      「世界に広がる日本のME技術」

■日時: セミナー:平成24年12月7日(金) 13:00−16:55
       懇親会 :同          17:10−19:00
 
■会場: アークホテル岡山(岡山県岡山市北区下石井2-6-1
                   TEL:086-233-2200)
      http://okayama.ark-hotel.co.jp/access.html

■協賛: 日本生体医工学会中国四国支部、日本生物工学会西日本支部

■後援: 日本機械学会バイオエンジニアリング部門

■プログラム:
13:00-13:05 開会挨拶:波田善夫(岡山理科大学学長 OBEP総括責任者)
13:05-14:05「医用CT最先端:カラーCTと4次元画像」
          田口克行 (ジョンズホプキンス大学 准教授)
14:05-15:05「パルスオキシメータの黎明期」
          山西昭夫 (元ミノルタ株式会社)
15:20-16:20「日本発体内埋込み型左心補助人工心臓のグローバル開発」
          野尻知里 (テルモ株式会社 理事)
16:20-16:30「OBEP研修の成果」
          橋本明典(協和ファインテック株式会社代表取締役社長)
16:30-16:50「OBEPについてこれまでの総括と今後の計画について」
          猶原順(OBEP事務局長)

17:10-19:00  懇親会

■参加費:無料、ただし懇親会参加費は4000円

■申し込み・問い合わせ先(当日受付可)
 件名を「OBEPセミナー申込み」とし、
 ご所属、お名前、所在地、電話番号、メールアドレスを明記の上、
 下記メールアドレスへお送りください。

おかやま医療機器開発プロフェッショナル(OBEP)事務局
〒700-0005 岡山県岡山市北区理大町1-1 岡山理科大学工学部
       生体医工学科内 
矢ヶ崎久美子
TEL&FAX:086-256-9768
E-mail:obepjimu@bme.ous.ac.jp
*******************************************************************

2012-12-06 (木)  【12/6】「中国地域国立5大学連携事業『化学分野における大学研究シーズ説明会(第3〜5回)』」を開催します!

 中国地域国立5大学連携事業は,『新結合プラン』に基づいて,5大学連携にによる共同研究や情報発信・人材育成等を目指すものであり,その活動テーマの一つに「大学間連携による共同研究の実施」があります。
 昨年度の「バイオマス」に続いて,今年度は,「石油化学関連技術分野」をテーマに,共同研究の実施を目指して5大学が保有する技術シーズを紹介する説明会を実施することとし,その第1回目(11/16)の開催について先日ご案内したところです。
 このたび,第2〜5回について内容が確定しましたのでご案内いたします。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

<日 時> 第2回:平成24年11月30日(金)13:30〜17:00 ※終了
      第3回:平成24年12月6日(木)14:00〜17:30
      第4回:平成24年12月20日(木)13:30〜17:00
      第5回:平成25年1月10日(木)13:30〜18:30

<場 所> 岡山大学 工学部1号館1F大会議室

<内 容> 各回の内容はこちらをご覧ください。
       http://okayama-sangakukan.jp/uploads/photos/680.pdf

<詳細・申込み>
 http://c-collabo.jp
  ※「コラボレーションセンターからのお知らせ」をご覧下さい。

2012-12-06 (木)  【12/6】「web集客セミナー/webサイトを活用して売上を増やす!」開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 スマートフォンの普及により、ビジネスにおけるインターネットの重要性が増してきています。このため当財団では、県内中小企業を対象に、web集客セミナーを開催いたします。
 今回のセミナーでは、日本最大級のポータルサイトを運営するYahoo! JAPANのオンラインマーケティング担当者が、インターネット市場の最新動向やweb集客手法の一つである「検索連動型広告」の仕組みや、中小企業の効果的な活用方法を成功事例を交えながら解説いたします。
 web集客や検索連動型広告に興味のある方は、ぜひ、ご参加下さい!!

■日 時   平成24年12月6日(木) 14:00〜16:00

■場 所   岡山ロイヤルホテル 2階 光楽の間

■定 員   50名

■内 容   ・インターネット市場最新動向−検索関連の最新データ紹介
       ・検索連動型広告とは
       ・中小企業の活用成功事例

詳しくはこちら↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/154.html

2012-12-05 (水)  【12/5】「医療・介護福祉分野ビジネス交流会&セミナー」開催のご案内(岡山県商工会議所連合会)

 近年、高齢化が進み、医療・介護福祉分野においては、新規創業や異業種からの参入が相次いでいます。
 このたび、これらに関係する事業者が交流を行い、取引拡大や新商品開発・サービス向上などを広く支援するビジネス交流会を開催します。
 介護関連用品、集客支援、人材サービス、食材、健康サポート、IT化、安らぎ・癒し等、さまざまな業種から43ブースが出展!
 医療・介護福祉分野セミナーも同時開催します! 是非ご参加ください。

◆日 時◆
 平成24年12月5日(水) 13:00〜17:00

◆場 所◆
 メルパルク岡山 「泰平」(岡山市北区桑田町1-13)

◆対象者◆
 介護施設・老人保健施設などの事業者、医療事業者
 医療・介護福祉分野に関心のある商工業者

◆参加費◆
 無 料

◆内 容◆
・ビジネス交流会(企業ブース出展)

・医療・介護福祉分野セミナー
 ●13:15〜13:45
 「介護ビジネスは儲かる?ウソとホント」
  螢蓮璽肇弌璽病緝充萃役・NPO法人介護ん理事長・
  中小企業診断士 井上 きよみ 氏

   【プロフィール】
   東京でIT系企業を経営する傍ら、IT、セキュリティ、
   マーケティングを専門とし、コンサルタントとして活躍。
   「日経パソコン」連載や著作も多数。
   2007年夏、認知症の母の介護で地元岡山に戻り、その経験から
   介護・シニア業界と消費者とをITにより近づける活動を開始。
   岡山県選定の外部評価機関でもあり、数々の介護サービス業の
   リサーチ、コンサルティングを手掛けている。

 ●14:25〜15:05
 「メッセージが考える介護サービスにおける経営戦略」
  螢瓮奪察璽玄更毀魄経営企画部長兼人事部長 岩本 隆博 氏

   【プロフィール】
   関西大学商学部卒業後、大手医療機器メーカー入社。営業、製造、
   人事、経営企画など経験した後、2009年に螢瓮奪察璽呼社。
   2012年から執行役員経営企画部長兼人事部長。
   螢瓮奪察璽犬蓮1997年設立、有料老人ホーム・サービス付高齢者
   向け住宅・グループホームの運営、居宅サービス事業を行い、全国に
   「ケア付住宅アミーユ」等、200か所以上の介護福祉施設を展開している。
   2012年3月期で、売上高約386億円、従業員数約6000人。

 ●15:35〜16:15
 「岡山一モテる介護会社を目指して!」
  MaCO 代表取締役 中川 浩彰 氏

   【プロフィール】
   川崎医療福祉大学卒後、某特別養護老人ホームで7年間現場を経験し
   29歳の時に独立。
   当時ではまだ珍しかった民家改修型デイサービスからスタートし、現在は
   小規模多機能ホーム、介護付有料老人ホームなど7事業所を経営する。
   「介護は人が人を喜ばせる仕事」という事業方針の立て、特に人財育成に
   力を入れた経営を行っている。
   また、長期経営計画の中でアジア圏への進出も考えており、自身が中国語の
   勉強に励んでいる。
   モットーは「生涯勉強、生涯仕事、生涯遊び、生涯恋愛」。

◆参加申込方法◆  ※11月28日締切
 HPから申込書をダウンロードし、FAXにてお送り下さい。
 下記の必要事項を記載いただければ、メールによるお申込みも可能です。

  受講希望セミナー:
  事業所名:
  所在地:
  参加者名:
  TEL:
  FAX:
  業種:
  関心のある商品・サービス:

 送信先E-mail omori@okayama-cci.or.jp
 ★HPはこちら↓
  http://www.optic.or.jp/cci-kenren/iryou2012/index.html

◆主 催◆
 岡山県
 岡山県商工会議所連合会 

◆共 催◆
 日本政策金融公庫岡山支店国民生活事業
 中国銀行
 トマト銀行
 おかやま信用金庫
 (一社)岡山県中小企業診断士会

◆後 援◆
 岡山市
 (公財)岡山県産業振興財団
 岡山県商工会連合会
 岡山県中小企業団体中央会

◆お問い合わせ◆
〒700-8556 岡山市北区厚生町3−1−15
岡山県商工会議所連合会(担当:山形・江本・大森)
TEL 086−232−2266 
E-mail omori@okayama-cci.or.jp

2012-12-04 (火)  【12/4】ミクロものづくり大学「音響技術セミナー −製品の快音化と低騒音化−」の御案内(岡山県工業技術センター)

 ミクロものづくりの高度化を支援するとともに、人材の育成・技能の伝承を推進するために行っている「ミクロものづくり大学」と銘打った講習会について、下記のとおり「音響技術セミナー」−製品の快音化と低 騒音化−を開催いたします。
 自動車や家電製品など様々な製品において、静かであることが当たり前に求められる性能になっている一方、軽量化、低コスト化、高性能化といった消費者が求める性能は、騒音を増大させるものであり、ものづくりの現場では問題化するケースが増えています。
この解決策としての低騒音化技術がものづくりの現場で取り入れられる一方、昨今、注目されているのが、発生する音を快音化する(音をデザインする)技術です。
 今回は、この低騒音化や快音化がご専門のお二人の先生をお招きし製品開発における騒音低減化に役立つ基礎的な知識 から、快音化などの最新情報、対策事例まで幅広くご紹介いただきます。
 お忙しい時期ではございますが、多数の皆さまのご参加をおまちしております。

1.日  時  平成24年12月4日(火) 13:00〜17:00

2.会  場  岡山県工業技術センター 1F 技 術交流室

3.共  催  岡山大学産学官融合センター(第26回岡 山振動技術懇談会)

4.開催次第

講演1「製品音の快音化とその解析」13:00〜15:30
 
近年、音は騒音として低減されるだけではなく、価値を与えるものとして快音化の研究が進んできた。本講演では自動車加速音と機械スイッチ音を事例にあげ、そのウェーブレット解析や心理実験、脳磁界解析との対応づけによる評価と快音化検討について解説する。

講師:広島市立大学 情報科学研究科 教授 石光俊介 先生

(休 憩10分)

講演2「騒音予測と低騒音化」 15:30-16:30

阪神 神戸大震災で破壊された繁華街を運行する鉄道高架橋を早急に復旧するため、高架橋の上 構造を鉄でつくることになり、営業運転での60dB(A)以下の低騒音が必須となった。いくつかの課題を解決し、絶対騒音レベルの評価と騒音低減を達成した道筋を紹介する。

講師:岡山大学 産学官融合センター 客員教授 古池治孝 先生

質疑応答および懇談16:30-17:00 

5. 参加費  無 料

6. 定 員  40名程度

7.申込期限 平成 24年11月30日(金曜 日)

8.申込方法
   件名を「ミクロものづくり大学(音響)申込み」とし、
 企 業等名、参加者の役職及びお名前、所在地、連絡先電話番号を御記入の上、
 期 限までに下記メールアドレスへお送りください。

9. 問い合わせ先
岡山 県工業技術センター 研究開発部 
計測 制御グループ  眞田 明
701-1296 岡 山市北区芳賀5301
tel.086-286-9600(代) fax.086-286-8630
e-mail: akira_sanada@pref.okayama.lg.jp

2012-12-04 (火)  【12/4】「第26回 振動技術懇談会」開催のお知らせ(岡山大学産学官融合センター)

 振動技術懇談会は『振動に関連した種々の技術』を対象に、企業の現場訪問を実施したり、大学からの話題提供を受ける技術交流を目的とした会合で、年間4〜5回開催しています。
 同会は、企業からの技術報告や、振動関連メーカーからの技術PRなどを取り上げ、異業種間で振動に関する情報を交換しあう場所を提供しています。
 今回は、岡山県工業技術センターのミクロものづくり大学と共催し,「音響技術セミナー」として、製品の快音化と低騒音化のテーマで開催いたします。通常の例会同様に自由に語り合いたいと思います。
 振動技術に関わる多くの方々のご参加をお待ちしています。 

 掲載ページ:研究推進産学官連携機構 振動技術懇談会
 http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_03.html#kondankai

---------------   第26回 振動技術懇談会   ------------------

《日 時》  2012年12月4日(火) 13:00〜17:00 

《会 場》  岡山県工業技術センター 1F 技術交流室
       会場地図は下記URLをご覧ください。
       http://www.pref.okayama.jp/sangyo/kougi/access/top.html
       ※駐車場は,近くの岡山大学産学官融合センターの駐車場も
       ご利用ください。
     
《プログラム》
13:00〜15:30 「製品音の快音化とその解析」
       講師:広島市立大学 情報科学研究科 石光俊介 教授
15:30〜16:30 「騒音予測と低騒音化」
       講師:岡山大学 産学官融合センター 古池治孝 客員教授
16:30〜17:00 質疑応答および懇談

《参加費》  無 料

《定 員》  40名(先着順)
               
《申込方法》 下のフォームまたは同内容をご記入の上,
       E-mailもしくはFAXでお申し込み下さい。
                  ◆締め切り:11/30(金)◆
-------------------------------------------------------------------
  《 第26回  振動技術懇談会 お申し込みフォーム 》

 □氏名(ふりがな) :
 □勤務先      :
 □所属       :
 □(職名)     :
 □勤務先住所    :〒
 □TEL        :
 □FAX        :
 □E-mail      :
 □緊急連絡先    :なるべくご記入下さい
 □会場までの交通手段:自動車   公共機関   その他
 □産学官融合センターからのメールマガジンを
           :希望する  希望しない  すでに受信済み
 
 ※産学官融合センターメールマガジンでは、振動技術懇談会の他にも
  センターで開催する各種セミナーや企業見学会、岡山大学での催し
  等の情報をお届けします。

--------------------------------------------------------------------
岡山大学研究推進産学官連携機構 産学官融合センター(松田)
 住 所:〒701-1221 岡山市北区芳賀5302番地 T E L :086-286-8002
 F A X :086-286-8007     E-mail:center@crc.okayama-u.ac.jp
 U R L :http://www.okayama-u.net/renkei/contents/10_01.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012-12-04 (火)  【12/4】「競争的研究資金の仕組みと申請のポイント」についての説明と研修会開催のご案内(中四国アグリテック)

 競争的研究資金の応募、獲得につきまして、株式会社島津製作所産学官プロジェクト推進室所属の2講師による講演と質疑応答による研修会を下記のとおり開催いたします。
 多数のご参加をお待ちしております。

◆日時:平成24年12月4日(火) 10:30〜12:00

◆会場:岡山コンベンションセンター 407会議室
     (岡山市北区駅元町14−1)

◆参加費:無料

◆内容
 講演1「競争的研究資金の仕組みと申請のポイント」
     橋本 志朗 氏(NEDO新技術調査委員)
 
 講演2「A-STEP申請のポイント」
     葛田 信幸 氏(JST出向 A-STEP担当経験者)

◆申込方法
 下記の申込フォームにてアグリテック事務局 agri@key.ocn.ne.jp
 までE-mailにてお申込ください。  締め切り 11月19日(月)

+……<競争的研究資金研修会(12/4開催) 申込フォーム>……+

[参加者氏名]

[所属名/役職]

[TEL/FAX]

※同日13時より25年度農林水産省等の競争的研究資金応募
 に向けた課題検討会を開催いたします。応募をご検討中の方
 の参加をお待ちしております。
 詳しくはアグリテックHPをご覧ください。
 → http://www2.ocn.ne.jp/~agritech/sub_3_h24_kadai.html

***********************************************************
特定非営利活動法人 中国四国農林水産・食品先進技術研究会
 (略称:中四国アグリテック)  事務局

岡山市北区津島中1-1-1  岡山大学農学部3号館102号室
Tel 086-237-3340 Fax 086-201-0551 E-mail agri@key.ocn.ne.jp
HP http://www2.ocn.ne.jp/~agritech
***********************************************************

2012-12-03 (月)  【12/3】「太陽光発電事業化セミナー」のご案内(岡山県中小企業団体中央会)

 岡山県中小企業団体中央会では、「42円/1kWh、いまならまだ間に合う太陽光事業化セミナー」を開催し、再生可能エネルギーの普及に努めます。
 今後の事業化に向けて参考にしていただきますようご案内いたします。

・日 時  平成24年12月3日(月) 14:30〜17:30

・場 所  ピュアリティまきび

・定 員  60名

・受講料  無料

詳しくはこちら↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/167.html 

2012-11-30 (金)  【11/30】◆「中国地域国立5大学連携事業『化学分野における大学研究シーズ説明会 (第2〜5回)』」を開催します!

 中国地域国立5大学連携事業は,『新結合プラン』に基づいて,5大学連携にによる共同研究や情報発信・人材育成等を目指すものであり,その活動テーマの一つに「大学間連携による共同研究の実施」があります。
 昨年度の「バイオマス」に続いて,今年度は,「石油化学関連技術分野」をテーマに,共同研究の実施を目指して5大学が保有する技術シーズを紹介する説明会を実施することとし,その第1回目(11/16)の開催について先日ご案内したところです。
 このたび,第2〜5回について内容が確定しましたのでご案内いたします。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

<日 時> 第2回:平成24年11月30日(金)13:30〜17:00
      第3回:平成24年12月6日(木)14:00〜17:30
      第4回:平成24年12月20日(木)13:30〜17:00
      第5回:平成25年1月10日(木)13:30〜18:30

<場 所> 岡山大学 工学部1号館1F大会議室

<内 容> 各回の内容はこちらをご覧ください。
       http://okayama-sangakukan.jp/uploads/photos/680.pdf

<詳細・申込み>
 http://c-collabo.jp
  ※「コラボレーションセンターからのお知らせ」をご覧下さい。

2012-11-30 (金)  【11/30】「知的資産経営WEEK2012シンポジウムin岡山」開催のご案内(岡山商工会議所)

 地域経済活性化の鍵を握る中小企業は今、どこに活路を見出すべきか?事業支援あるいは地域振興に携わる有識者・専門家・企業経営者が、中小企業にこそ把握して欲しい「競争力の真の源泉(知的資産)」について、パネルディスカッションを通し明らかにしていきます。

◎日 時 平成24年11月30日(金) 13:30〜16:30

◎場 所 ピュアリティまきび

◎パネルディスカッション
 「知的資産経営が導く、地域経済活性化への途」
  モデレータ 中森 孝文教授(龍谷大学)
  パネリスト 岡山県産業労働部・いわゐ荷札印刷蝓Ε肇泪閥箙圈Σ山県行政書
士会

◎対象者 中小企業事業者、中小企業支援機関、地方自治体、金融機関等

◎定 員 150名(定員になり次第締切)

◎受講料 無料

※申込方法等詳しくは
http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=1100
をご覧ください。

申込・お問合せは岡山県行政書士会へ

2012-11-29 (木)  【11/29・30】「全国イノベーションコーディネータフォーラム2012」開催のご案内

 科学技術振興機構(JST)では、全国にて産学官連携に従事するコーディネータのためのフォーラムを様々な形で開催し、コーディネータのノウハウや考え方を共有しスキルアップを図るとともに優秀なコーディネータの育成方法等を論議してきました。
 本年度は、四国地域イノベーション創出協議会を中心に活発な産学官連携活動に取り組んでいる四国・高松市を会場とし、これからのコーディネータのあり方を議論することを目的としてフォーラムを開催します。
 また本フォーラム会場にて、平成24年度イノベーションコーディネータ表彰の表彰式をあわせて行います。
 
 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.sanren-net.jp/icf2012/

■日 時  平成24年11月29日(木) 13:00〜16:50
                         17:00〜交流会
              11月30日(金) 9:00〜12:15

■会 場  サンポートホール高松
      (香川県高松市サンポート2-1高松シンボルタワー)

■主 催  独立行政法人科学技術振興機構

■後 援
(予定) 文部科学省、経済産業省、香川県、高松市、独立行政法人産業技術総合研究所、独立行政法人中小企業基盤整備機構、全国イノベーション推進機関ネットワーク、一般財団法人四国産業・技術振興センター、四国地域イノベーション創出協議会

■参加費  無料 (交流会参加費:3,000円)

<参加申込・お問い合わせ先>
全国イノベーションコーディネータフォーラム事務局
(財団法人全日本地域研究交流協会内)担当:今井、村関、斉藤
TEL:03-3831-5911   FAX:03-3831-7702
E-mail:forum2012@sanren-net.jp

2012-11-29 (木)  【11/29】第52回メディカルテクノおかやま・サロン開催のご案内(メディカルテクノおかやま)

 第52回メディカルサロンを、下記の要領で開催いたします。
 今回は、話題提供をメディエリアサポート企業組合の国里光博代表にお願いいたしました。下記の内容でお話をうかがいますが、筋電計をお持ちいただき「デモ」もお願いしてあります。国里代表は、筋電計をお使いの方や使用をお考えの方、何かアイデアをお持ちの方等、筋電(計)にご関心をお持ちの方々との意見交換を強く希望されています。多くの方のご参加をお待ちしています。

【日 時】11月29日(木) 18:00−19:00

【場 所】鹿田キャンパス総合教育研究棟1F データ解析検討室

【講 師】メディエリアサポート企業組合代表 国里光博氏

【演 題】「生体信号アンプ“筋電計”を軸とした製品開発課題」

【講演概要】
メディエリアサポート企業組合は、岡山リサーチパークインキュベーションセン
ターへ入居し医療機器の企画・開発・販売をしている『ベンチャー企業』です。
オリジナルの生体信号アンプによる“筋電計”を「製品化」して全国へ販売展開
をしていますが、この生体信号アンプを活用して、(1)「用途の確立した製品」
にするということや、(2)「事業として成り立たせる事」を前提とした新しい製品
のアイデアを常に模索し続けています。このような【作る】【売る】という企業側
の立場からの現実的な問題・課題などをお話しいたします。


★参加お申込は下記URLからお願いいたします。

http://www.optic.or.jp/medical/info_detail/show/221.html

--
.......................................................
特定非営利活動法人  メディカルテクノおかやま
岡山県医用工学研究会 事務局
〒 700−8558
岡山市北区鹿田町2−5−1
総合教育研究棟 1階
TEL&FAX:086−234−0067
E-mail:medical@optic.or.jp
HP http://www.optic.or.jp/medical/
...................................................................

2012-11-28 (水)  【11/28】「ソーシャルグッド!社会貢献2.0セミナーのご案内社会貢献で販売促進」開催のご案内(岡山商工会議所)

 岡山商工会議所では、ソーシャルグッド!社会貢献2.0セミナーを開催します。
 人口減少、少子高齢化が加速的に進む中で、消費者の構造が変化するとともに、その思考も変化してきています。特に3.11の震災以降、社会的な取り組みへの目線は増し、企業にも社会的な配慮の姿勢が求められてきています。
 今回の講座では、社会貢献や社会的責任(CSR)への対応をマイナスと捉えるのではなく、積極的に活用し、顧客とのコミュニケーションを高め、信頼される企業としてのブランド力向上や社会的な目線を持つ顧客への販売促進、使命感を持った人材育成など様々な場面で自社の取り組みに活かすための方策について、事例を交えながら紹介します。

■日 時  平成24年11月28日(水) 13:30〜15:30

■場 所  岡山商工会議所 4 階405 会議室

■定 員  60名

■受講料  無料

  詳しくはこちら↓↓↓
    http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/160.html

2012-11-27 (火)  【11/27】海外知財セミナー「欧州における特許権利化の際の落とし穴」開催のお知らせ

 本セミナーでは、世界的にみて紛争解決地として優先的に選択されることが多いドイツにおいて、その状況を近くでみてきた欧州・ドイツ弁理士が、こうした最近の傾向を踏まえながら、実際に起こった係争事例をケーススタディすることから得られる権利化の際の重要なポイントを解説いただく予定です。
 また、ご存知のとおり、去る2012年6月、EU加盟国による首脳会議により、単一特許制度が2014年に創設される見通しとなりました。長年議論されてきた欧州共通特許制度の実現に向けた動きが本格化しています。今回は、欧州共同体特許制度に向けた最新の状況と将来的な展望も合わせて披露して頂く予定です。

【日時】11月27日(火) 13:30〜16:30

【会場】広島発明会館 研修室(4F)広島市中区千田町3-13-11)

【内容】・特許とデザインの戦略的ケーススタディ
・欧州共同体特許制度創設に向けた最新動向

【講師】弁理士 Mr. Uwe R. Borchert
PUSCHMANN BORCHERT BARDEHLE特許事務所

【受講料】有料

【主催】一般社団法人 広島県発明協会、【共催】CP asia特許事務所

 △詳細は、こちらをどうぞ▽
   http://www.hiroshima-hatsumei.jp/news/kiji2495.html

2012-11-27 (火)  【11/27】「中小企業のための株式実務・事業承継対策セミナー」開催のご案内(岡山商工会議所)

 事業承継といっても企業ごとに百社百色。節税・納税対策や資産承継といった財産的側面の問題から後継者の育成・技術の承継、株式・株主トラブル等の事業的側面の問題など、抱える悩みも様々です。
 事業承継においてどんな問題があるのか知りたい!どんな手法があるのか知りたい!そんな皆様に役立つ対策を、中小企業に強い司法書士ならではの切り口でアドバイスさせて頂きます。今回は、一般に知られている「信託(商事信託)」ではなく、新しい手法である「民事信託」の活用方法もご紹介!!皆様の積極的な参加をお待ちしています。

◎日 時 平成24年11月27日(火)  セミナー 13:30〜15:00
                          個別相談 15:00〜16:00

◎場 所 岡山商工会議所 4階405会議室

◎内 容
 ・「事業承継」って何?〜事業承継と相続の違い〜
 ・不可能が可能になる!?不思議な法律「信託」とは?
 ・会社法・民法・信託法を活用した事例紹介

◎講 師 上赤 晃典 氏
  上赤司法書士事務所 代表

◎対象者
 ・これから事業承継の準備を始められる現経営者・後継者の方
 ・事業承継を始めてみたが、何をしたらいいのか方向性を見失ってしまった方
 ・経営権(株式)の承継や少数株主・外部株主について悩まれている方
 ・自社の株式が分散している経営者・後継者の方

◎定 員 セミナー50名・個別相談5名(ともに定員になり次第締切)

※申込方法等詳しくは
http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=1099
をご覧ください。

■■申込・お問合せ先■■
岡山商工会議所 経営安定特別相談室
〒700-8556 岡山市北区厚生町3-1-15
TEL086-232-2266 FAX086-232-5269

2012-11-26 (月)  【11/26】備中発!地域産業の魅力発信事業「ブラッシュアップセミナー」のご案内(岡山県備中県民局)

 備中県民局では、昨年度に引き続き、備中地域の産業振興により地域の活力を創出することを目的として、備中地域ならではの地域資源を活用して開発した加工品、製造品等の特産品等の販路開拓等を支援することとしております。
 このたび、当該事業の一環として特産品等の売れ筋商品化を図るため、販路開拓に精通した専門家を講師に迎え、講演会及び情報交換会等を開催いたしますので、ぜひご参加ください。

            記

◆開催日時 11月26日(月) 13:30〜16:00

◆開催場所 岡山県新見地域事務所3階第一会議室
        【住所】新見市高尾2400

◆内  容
 ◇第1部(講演会)
  販路開拓に精通した専門家の講演を実施します。   
  ・講師:池田幸正 氏
      ジーマックス代表
      (独立行政法人中小企業基盤整備機構近畿支部            
       販路開拓コーディネーター)
  ・演題:「売れ筋商品化に向けた商品のブラッシュアップ・
      販路開拓戦略(仮題)」
 ◇第2部(各種支援制度説明)
  公益財団法人岡山県産業振興財団等の各種支援事業の説明を実施します。
 ◇第3部(特産品等に対する専門家を交えた情報交換会)
  講演会の講師を交え、特産品等に対する情報交換会を実施します。
  情報交換会では 既存の商品について自由に意見交換を行うこととして
 おりますので、参加を希望する中小企業等の方は商品のサンプル等を持参
 いただきますようお願いします。

◆参加料 無料

◆申込方法
 下記メールアドレスへ以下の事項をご連絡ください。
 メールアドレス:bichu-chisei@pref.okayama.lg.jp
【送付内容】
 貴団体名:           
 参加者氏名:
 ご職名:
 参加人数:
 ご連絡先:

◆申込み・問い合わせ先
710-8530 倉敷市羽島1083 備中県民局協働推進室振興班 有田・中村
  TEL:086-434-7006(ダイヤルイン)

2012-11-26 (月)  【11/26】「産総研本格研究ワークショップ in 広島」開催のご案内(産総研中国センター)

 (独)産業技術総合研究所(産総研)中国センターでは、「産総研本格研究ワークショップ in 広島」を開催します。
 本ワークショップは、地域経済を支える製造業の持続的発展を実現する基盤技術である「ものづくり技術」に光をあて、中国地域の企業の皆様の課題解決に対して、オール産総研がいかに協力・貢献できるかを、企業、大学、公設研、自治体、金融機関等の皆様と共有するために開催します。
 詳しくは、こちらをご覧ください。
  → http://unit.aist.go.jp/chugoku/even/2012/20121126.html

・日時:平成24年11月26日(月) 13:00〜17:00
                (交流会17:30〜19:00)

・場所:メルパルク広島(広島市中区)

・参加費:無料(交流会費3,000円)

・問合せ先:(独)産総研中国センター 中国産学官連携センター
      「産総研本格研究ワークショップ in 広島」事務局

2012-11-22 (木)  【11/22】「第2回質感色感研究会講演会『ものづくり中小企業は“感性”に訴えろ!』」開催のご案内(ちゅうごく産業創造センター)

 思わず手に取って見たくなるような,所有することに喜びを感じるような,感性に富んだ魅力的な品物を生み出してみませんか?
 当センターではこのようなものづくりを具現化するため,企業9社と12名の研究者と共に質感色感研究会を推進しております。この活動を,ものづくりを行う中小企業にもっと広く展開するため、「ものづくり中小企業は“感性”に訴えろ!」をテーマに講演会を開催します。
 ものづくりを行う中小企業に限らず一般からのご参加を含めて,広く参加者を募集しますので,是非ご参加下さい。

<日 時> 平成24年11月22日(木) 14:00〜17:00

<場 所> メルパルク広島 6階「平成」(広島市中区基町6-36)

<プログラム>
◆講演1
 「心地を科学する」
   〜感性工学の勧めと長野県感性産業研究会の取り組み〜
     信州大学 繊維学部 感性工学課程 准教授 吉田 宏昭 氏
◆講演2
 「感性工学を活かした未来戦略」
   〜ものづくり中小企業の未来を懸けた戦略とは何か?〜
     株式会社心石工芸 代表取締役 心石 拓男 氏
◆講演3
 「感性研究に基づいた自動車内装の質感向上の取り組み」
   〜クラフトマンシップに懸けるマツダの思いとそのアプローチ手法〜  
     マツダ株式会社 車両実研部 主幹 福井 信行 氏

<参加費> 無料

<詳細・申込み>
 http://www.ciicz.jp/topics/241122-shitsu2.pdf

2012-11-22 (木)  【11/22】「トラブル事例から学ぶ知財経営」開催のご案内(岡山県発明協会)

 知的財産を有効活用して成功している企業も、過去に知財トラブルを経験していると言っても過言ではありません。本講座では、知的財産に関するトラブルとその対応事例を通じて、これから知的財産の活用に取り組む中小企業経営者等のために、知財経営の重要性について解説いたします。
 講義だけでなく、参加者からのご質問に応じたり、参加者同士の意見交換も行います。
 皆様のご参加をお待ちしております。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.optic.or.jp/hatsumei/index.html

◆内 容
 ❑ 侵害の発見から訴訟終結までのながれ
  (実例に基づく留意点:サタケの知財(特に特許)紛争の歴史)
 ❑ 不正競争行為(留意点) 
 ❑ 質の低い特許の弊害 
 ❑ トラブル回避の方策

◆日  時 : 2012年11月22日 (木)  13:30〜16:00

◆会  場 : テクノサポート岡山 中会議室
        〒701-1221 岡山市北区芳賀5301  TEL : 086-286-9664

◆講  師 : 株式会社サタケ 取締役 法務・知的財産室長 丸山 秀春 氏

◆対  象 : 中小企業の経営者、知的財産担当者等

◆参加費  : 無料

◆定  員 : 40名 (先着順)

■お申込み・お問合せ
申込先:地域別中小企業知的財産研究会事務局 ((一社)岡山県発明協会内)
  〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3階
  TEL 086-286-9656
  FAX 086-286-9678
  E-mail  hkinfo@optic.or.jp
  

2012-11-21 (水)  【11/21】「OUSフォーラム2012」開催のご案内(岡山理科大学)

 2001年から数え、今年で12回目のOUSフォーラムを、下記の要領で開催することとなりました。岡山理科大学および関連大学の研究者が、研究成果を広く皆様に紹介し直接対話をさせていただきます。
 今年は、今日の日本社会に重要な、次の3課題についてもステーションを設けました。
 ・グリーンマテリアル
 ・新エネルギーを考える
 ・美と健康
 また、全国的にも注目されている、「好適環境水利用による閉鎖循環式魚類養殖」についても、水槽展示を含め研究進展状況を紹介させていただきます。

◆開催概要◆

○開催日時
 平成24年11月21日(水)13時00分〜18時00分

○会  場
 岡山プラザホテル(岡山市中区浜、後楽園北隣) 4F&5F

○主催:岡山理科大学
 共催:倉敷芸術科学大学、千葉科学大学、吉備国際大学、九州保健福祉大

◆プログラム◆

(前半の部)講演会

13時00分〜13時10分:開会の挨拶(学長)「産学連携に関する本学の方針、概況」

13時10分〜14時00分:特別記念講演「創造の現場から -時代に先駆けた新しい価値を創る-」  
元本田技研工業(株)経営企画部長  水戸部啓一氏

14時00分〜14時30分:産学連携に関する学園事例「QOL向上を目指す支援
技術のイノベーション研究拠点形成」プロジェクト
岡山理科大学工学部知能機械工学科 山田訓教授

(後半の部)ポスター・セッション (各テーマについてHPアップ準備中)

14時40分〜15時40分:
情報・エレクトロニクス ステーション
    生命・医学・医療・動物 ステーション
    解析シミュレーション・建築 ステーション
    環境・ものづくり基盤技術 ステーション

15時50分〜16時50分:ポスター口頭説明(後半:4ステーション)
福祉・高齢化・スポーツ ステーション
    グリーン・マテリアル ステーション
    新エネルギーを考える ステーション
美と健康 ステーション

(中小企業向け技術相談会)
15時30分〜16時30分:個別相談(学外連携推進室コーディネータ)

(交流会)
17時00分〜18時00分:交流会

◆参加申込み方法(参加料:無料)◆
 ・岡山理科大学のホームページのトップページ http://www.ous.ac.jp のイベント欄「OUSフォーラム2012」から申し込みできます。
 ・または、FAX又はメールにて、所属・氏名・住所・連絡先・交流会参加の有無をお知らせください。

◆お問合せ・お申込先◆
------------------------------------------------
岡山理科大学 学外連携推進室
〒700-0005 岡山市北区理大町1-1
TEL 086-256-9731
FAX 086-256-9732
E-mail renkei@office.ous.ac.jp
http://www.ous.ac.jp/renkei/
------------------------------------------------

2012-11-20 (火)  【11/20】 「平成24年度第2回植物工場セミナー 〜薬用植物・機能性野菜を栽培する〜」開催のご案内(ちゅうごく産業創造センター)

 当センターは,地域経済の活性化や園芸農業の更なる発展の一助として期待されている植物工場ビジネスへの参入や事業拡大を狙う中小企業や農業生産法人等を支援し,植物工場の普及を促進する目的でセミナーを開催しています。
 これから植物工場に取り組む方々の経営のヒントとしていただく当セミナーへの多数の方のご参加をお待ちしております。

<日 時> 平成24年11月20日(火) 13:30〜17:10

<場 所> ホテルセンチュリー21広島 2階「フォルザ」
      (広島市南区的場町1-1-25)

<プログラム>
◆基調講演
 「植物工場の将来展望 〜高機能性作物の生産〜」(仮題)
   千葉大学大学院 園芸学研究科 教授 後藤 英司 氏
◆講演1
 「高付加価値作物生産のための植物工場への取組み」(仮題)
   鹿島建設株式会社 エンジニアリング本部生産・研究設備
     第3グループアグリ・バイオ担当 グループリーダー
                         次長 澤田 裕樹 氏
◆講演2
 「機能性野菜の人工栽培から健康食品事業への展開」(仮題)
   日本アドバンストアグリ株式会社 代表取締役 辻 昭久 氏

<参加費> 1,000円

<定 員> 80名(先着順)

<詳細・申込み>
 http://www.ciicz.jp/topics/241120-syokubutu2.doc

2012-11-20 (火)  【11/20】先進環境対応車に係る技術シーズ発信会〜三菱自動車工業等からの技術ニーズ発信を受けた技術シーズ発信〜

 中国地域の主要産業である自動車産業を取り巻く環境が大きく変化するなか、自動車産業のポテンシャルを生かした新たな成長産業群の創出・育成を図るため、「医工連携・先進環境対応車創出事業」を展開しており、この事業の一環として、「先進環境対応車に係る技術シーズ発信会」を開催いたします。
 本発信会は、三菱自動車工業株式会社などからこれまでの自動車関連分野での技術ニーズ発信を受けて、中国地域はもとより、中部・関西・九州地区の大学等研究機関から、自動車関連産業向けに保有している技術シーズ情報を提案頂きます。
 中国地域における関連技術のレベルアップに向けた情報、人的交流の機会として、先進環境対応車に対応するための研究開発を進めているサプライヤーの方や、関連する研究を行っている研究者の方など、幅広い関係者に参加いただきたく、ご案内いたします。
 是非、皆様ご参加ください。

◆◇◆案内◆◇◆

◆日時:平成24年11月20日(火)  13時00分〜17時00分

◆場所:テクノサポート岡山(岡山市北区芳賀5301)
     http://www.optic.or.jp/technosupport/access.html

◆費用:無料(ただし、事前に申し込みが必要)

◆内容:【プログラム】
    1:挨拶: 経済産業省 中国経済産業局
    2:研究者からの技術シーズ提案(19テーマ程度)
    3:挨拶: 三菱自動車工業株式会社

    【パネル展示】
    先進環境対応車に係る技術テーマについてのパネル展示、担当者の解説
      
◆締切:平成24年11月13日(火)まで

◆お問合せ・お申込み先
 一般財団法人 ひろぎん経済研究所 経済調査部(担当:弓場、冬城)
  Tel  082-247-4958 / Fax 082-242-8358 / E-mail chousa@hirogin-ri.jp
        
◆主催:中国経済産業局 一般財団法人ひろぎん経済研究所

2012-11-20 (火)  【11/20】「おかやま電池関連技術研究会」第3回技術セミナー開催の御案内(岡山県 新エネルギー推進室)

 岡山県では、今後、大きな成長が見込まれる太陽電池、燃料電池、二次電池とこれらに関連する分野における新事業の創出を図ることを目的に、平成22年7月に「おかやま電池関連技術研究会」を設置、情報提供等を行っておりますが、次により第3回技術セミナーを開催しますので、是非御参加ください。
 今回は、マグネシウムをテーマに、製造技術、高付加価値製品開発、化合物の有効利用技術等の最新情報を御提供する講演会となっております。

■日 時 平成24年11月20日(火)  13:15〜17:00

■会 場  ピュアリティまきび 2階 中会議室
        http://www.makibi.jp/map.htm

■定 員  50名(参加無料)

■内 容
 講演1「マグネシウム電池が世界を変える(究極の再生可能エネルギー)」
     東京工業大学院理工学研究科 教授 矢部 孝 氏

 講演2「マグネシウム金属二次電池のための電解質設計」
     山口大学大学院理工学研究科 准教授 吉本信子 氏

 講演3「海水を原料とした各種マグネシウム化合物の製造技術」
     ナイカイ塩業(株)研究開発部長 吉澤秀和 氏

 ※セミナー終了後、17:30〜19:30に意見交換会を開催
  しますので、御希望の方は御参加をお願いします。

■申込期限 11月12日(月)

■申込方法 企業・団体名、所在地、電話番号、FAX番号、参加者
     の所属部署、役職、氏名、意見交換会参加の有無を記載
     の上、E-mail又はFAXでお申し込みください。
     E-mail fumiaki_takahara@pref.okayama.lg.jp
     FAX 086−225−3449

■問い合わせ 岡山県 産業労働部 産業企画課 新エネルギー推進室
       担当:高原 電話 086−226−7380

2012-11-18 (日)  【11/18】起業講演会「じっとしていちゃ、何もはじまらない!」 開催のご案内(倉敷市商工課)

 くらしき創業サポートセンターでは、これから創業する方、創業やビジネスに興味のある方を対象として、起業講演会を開催します。
 講師には、NHKクローズアップ現代「密着!女性起業家1000万コンペ」でも紹介された注目の女性起業家 牛来千鶴(ごらい ちづる)氏をお招きします。
 参加費は無料!講演終了後には、専門家による個別相談会も開催します。
 創業やビジネスの成功のために、この機会をぜひお役立てください!

■日 時  平成24年11月18日(日) 14:00〜17:00

■場 所  倉敷商工会議所 3階 第5会議室

■受講料  無料

  詳しくはこちら↓↓↓
    http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/159.html

2012-11-16 (金)  【11/16】◆「中国地域国立5大学連携事業『化学分野における大学研究シーズ説明会 (第1回)』」開催のご案内

 中国地域国立5大学連携事業は,『新結合プラン』に基づいて,5大学連携にによる共同研究や情報発信・人材育成等を目指すものであり,その活動テーマの一つに「大学間連携による共同研究の実施」があります。
 昨年度は「バイオマス」をテーマに取り上げ,研究ニーズ/シーズについて議論する意見交換会を実施し,その成果として10件の共同研究テーマを抽出・研究グループ(複数の大学・企業を含む)の設置を行い,現在,それぞれ活動を進めております。
 今年度は,「石油化学関連技術分野」をテーマに,共同研究の実施を目指して,5大学が保有する技術シーズを紹介する説明会を,国立5大学,中国経済連合会,中国経済産業局の共催で開催することとなりました。
 その第1回目の開催につきまして,下記のとおりご案内いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

<日 時> 平成24年11月16日(金) 13:30〜18:30

<場 所> 岡山大学 工学部 1号館1F大会議室(シーズ説明会)
           南福利施設ピーチユニオン(交流会)

<内 容>
◆基調講演
  峙’柔化学品の技術開発動向と経済産業省の施策」(仮)
    経済産業省 製造産業局 化学課 機能性化学品室長 山崎 知巳 氏
 ◆峇覿箸砲ける産学官連携の取り組みの現状と今後への期待」(仮)
    宇部興産株式会社 研究開発本部 企画管理部 研究推進グループ
              グループリーダー 柏木 公一 氏
◆大学シーズ紹介
 々島大学 工学研究院 教授 滝嶌 繁樹
  「超臨界二酸化炭素を用いたポリマーの発泡と微粒化」
 岡山大学 自然科学研究科 講師 押木 俊之
  「低炭素社会を先導する革新的触媒技術開発(仮)」
 2山大学 自然科学研究科 教授 尾坂 明義
  「有機−無機複合材料の合成と医用への応用 (仮)」
 げ山大学 環境生命学研究科 准教授 山崎 慎一
  「生分解性高分子の高性能化 (仮)」
 ス島大学 工学研究院 准教授 飯澤 孝司
  「高分子反応を用いた高分子の機能化」
◆交流会(17:15〜18:30,会費:2,000円)

<詳細・申込み>
 http://c-collabo.jp
  ※「コラボレーションセンターからのお知らせ」をご覧下さい。

2012-11-16 (金)  【11/16】タイビジネスセミナーのご案内 〜洪水後のタイビジネスの現状と今後の展望〜(岡山県)

 このたび、岡山県タイビジネスサポートデスクの委託先である(株)アークビジネスサーチの取締役 福田 淳 氏を講師に迎え、昨年の大洪水以降のタイでのビジネスの動向、タイへの進出事例や注意点などに関するセミナーを開催いたします。併せて、タイビジネスに関する個別相談も実施いたします。
 タイの最新ビジネス事情に関心のある方、現地でのビジネスを展開又は検討されている方などの積極的なご参加をお待ちしております。

1 開催日時
 平成24年11月16日(金) 13時30分〜15時30分

2 開催場所
 ピュアリティまきび 2階 白鳥の間(岡山市北区下石井2-6-41)

3 主催
 岡山県

4 後援
 日本貿易振興機構(ジェトロ)岡山貿易情報センター、
 (社)岡山県国際経済交流協会、(公財)岡山県産業振興財団

5 講師
 岡山県タイビジネスサポートデスク ((株)アークビジネスサーチ)
  取締役 福田 淳(ふくだ じゅん)氏
 
6 参加料
 無料

7 募集人数
 40名(受講票等は発行しません。定員に達し次第締め切ります。)

8 申込締切
 平成24年11月8日(木)

9 個別相談
 同日、個別相談も実施します(要事前申込、相談料無料)。

10 申込・問い合わせ先
 岡山県産業労働部 産業企画課 経済国際化推進班
  〒700-8570 岡山市北区内山下2−4−6
  TEL: 086-226-7365 FAX:086-225-3449
  E-mail: sanki@pref.okayama.lg.jp
 ※FAXまたはE-mailでお申し込みください。
  詳細な案内チラシ及び申込用紙は以下のURLから
  ダウンロードできます。
  http://www.pref.okayama.jp/page/295874.html

2012-11-16 (金)  【11/16】中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2012 開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 岡山県と公益財団法人岡山県産業振興財団では、リサイクルビジネスの広域ネットワーク形成などにより環境産業の振興を図るため、中四国地域を中心に3R(リデュース・リユース・リサイクル)等の新技術・関連商品などを紹介する「中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2012」を開催いたします。
 今回は、中国・四国地方に加え、特別枠として九州、東北からも出展が決定しました。
 基調講演では、いま注目の“シェールガス”に関する国内外の動向、今後の展開等についてお話しいただきます。また、岡山大学の眦超擬が発見された、微生物が沼などの常温水中で作るユニークな酸化鉄についての最新情報も提供します。
 ポスターセッション終了後には、講師、出展者との交流会も予定していますので、県内外からの多数のご参加をお待ちしています!!

◇日時  平成24年11月16日(金) 13:00〜18:30

◇会場  岡山ロイヤルホテル  2階 光楽の間 (岡山市北区絵図町2−4)
        ※アクセス→ http://www.orh.co.jp/access/

◇主催  岡山県、 公益財団法人岡山県産業振興財団

◇後援  中国経済産業局、四国経済産業局、環境省中国四国地方環境事務所、独立行政法人産業技術総合研究所中国センター・四国センター、社団法人中国地域ニュービジネス協議会、公益財団法人岡山県環境保全事業団、中国経済連合会、一般社団法人廃棄物循環資源学会中国四国支部、中国地域産学官連携コンソーシアム(予定)

◇定 員  200名
      (講演会場のみ ※定員に達した場合はお断りすることがあります)

◇参加費  無 料
       ※交流会ご参加の場合 会費4,000円 (事前にお申し込みください)

◇プログラム
・13:00〜13:10
 開会挨拶 中四国環境ビジネスネット委員会 会長
       岡山大学研究推進産学官連携機構  副機構長・教授 渡邊 裕 氏

・13:10〜14:40
 基調講演 環境エネルギー産業は新たな段階に突入した
      〜再生可能エネルギーとシェールガス革命がクロスオーバー〜
        株式会社産業タイムズ社  代表取締役社長 泉谷 渉 氏

・14:40〜14:50  休  憩

・14:50〜15:30
 研究機関からのイノベーション関連トピックス提供
   微生物が常温水中で作るユニークな酸化鉄
    −嫌われモノ・不要物から多彩な高機能エコ材料への展開を目指して−
      岡山大学大学院自然科学研究科  教授 眦帖―瓠〇

・15:30〜17:00
 企業・研究機関によるポスターセッション&プレゼンテーション

◇申込期限   平成24年11月12日(月)

 ※申込等、詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/13.html

◇お申し込み・お問い合わせ先
 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課        
   担当:石部・竹内
     TEL 086−286−9652
     FAX 086−286−9675
     E-mai:stake@optic.or.jp

2012-11-15 (木)  【11/15】 「平成24年度第2回医療福祉機器研究交流会」開催のご案内(ちゅうごく産業創造センター)

 今後,高齢化社会の進行とともに,医療・福祉機器分野の市場は大きく拡大することが予想され,中国地域でも各大学や公的研究機関での医療福祉の技術・機器開発の取り組みも活発化しております。こうした背景を踏まえ幣センターでは大学における研究シーズや医療福祉現場でのニーズを基に中国地域の企業の医療福祉機器ビジネスへの新たな参入や新製品化・事業化の支援の一環として,医療福祉機器研究交流会を開催しております。
 今回の研究交流会は,「福祉機器」をテーマに開催いたします。
 本研究交流会を中国地域での医療福祉機器ビジネスの拡大に向けた技術シーズ・ニーズ情報の収集及びマッチング機会の場としてご活用下さい。   

<日 時> 平成24年11月15日(木) 13:30〜17:00  
                  (情報交換会17:10〜18:40)

<場 所> 広島グランドインテリジェントホテル 3階「光琳」の間
      (広島市南区京橋町1−4)

<プログラム>
◆基調講演
 「福祉・介護機器の現状と課題,今後の展望」
   (株)シルバー産業新聞 代表取締役・編集長  安田 勝紀 氏
◆講演1
 「空気圧アクチュエータを用いた介護作業支援システムの構築に向けた検討
   −作業者と親和するアシスト制御の実現に向けて−」
   山口大学大学院理工研究科 准教授  藤井 文武 氏
◆講演2
 「高齢者用歩行車のブレーキアシスト技術」
島根大学大学院総合理工学研究科 准教授 廣冨 哲也 氏
◆講演3
 「福祉用具開発の着想と評価のキーポイント」
岡山県立大学 保健福祉学部・研究科 教授  田内 雅規 氏

<参加費> 1,000円(情報交換会3,500円)

<定 員> 60名程度(先着順)

<詳細・申込み>
http://www.ciicz.jp/topics/241115-iryo2.pdf

2012-11-15 (木)  【11/15〜3回】平成24年度ちゅうごく地域航空機産業クラスター研究開発等支援セミナーのご案内(岡山県産業振興財団)

 この度、中国5県の航空機関連企業の皆様を対象に、航空機関連産業における難削材を中心とした研究開発等支援のセミナーを開催いたします。
 航空宇宙産業における難削材は、構造用材料として位置づけられ、航空機エンジン用ならびに機体用素材としての需要分野を確立しています。特に軽くて強いチタンは、用途別需要の約4割を民間航空機が占め、航空宇宙産業のみならず、医療産業、自動車産業等への波及効果も考えられます。
 この機会に、難削材の特性、用途、加工方法等の知識を習得し、今後に活かしていただければと思いますのでぜひご参加ください。

 お申し込み等、詳しくはこちらをご覧ください。
  → http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/147.html

■第1回
[日 時] 平成24年11月15日(木)13:30〜17:00  
[場 所] メルパルク岡山 3階「光琳の間」(岡山市北区桑田町1-13  TEL 086-223-8100)                           
[内 容] ●セミナー1:チタンの特性・用途について
            山口 久雄 氏(一般社団法人日本チタン協会 コンサルタント)
    ●セミナー2:航空機産業で用いられるチタン材料と関連規格
             小川 厚 氏(JFEスチール蝓仝板営業部 チタン・クラッド室 副部長)

■第2回
[日 時] 平成24年12月5日(水)13:30〜17:00  
[場 所] メルパルク岡山 3階「芙蓉の間」(岡山市北区桑田町1-13  TEL 086-223-8100)
[内 容]● セミナー1:チタンの加工について
            上瀧 洋明 氏(一般社団法人日本チタン協会 コンサルタント)
    ●セミナー2:難削材の加工について
              碓 井 雄一 氏((独)産業技術総合研究所先進製造プロセス研究部門
基盤的加工研究グループ 主任研究員)

■第3回
[日 時] 平成25年1月29日(火)13:30〜16:30  
[場 所] 安田工業株式会社 (浅口郡里庄町浜中1160  TEL 0865-64-2511)
[内 容]●セミナー1:航空機エンジン部品加工に向けたマシニングセンタの紹介
            角田 庸人 氏(安田工業(株) 常務取締役技術部長)
    ●工場見学

【募集対象】  中国5県で航空機関連事業に取り組んでいる企業、又はこれから取り組む予定の企業  

【募集人数】  各回30名程度(先着順)

【参 加 費】  無料

【申込方法】  別紙申込書に必要事項をご記入の上、FAX又はメールにてお申し込み下さい。

【申込締切日】 第1回:平成24年11月8日(木)
        第2回:平成24年11月28日(水)
        第3回:平成25年1月22日(火)

【主  催】  (公財)岡山県産業振興財団、(公財)ひろしま産業振興機構、(公財)やまぐち産業振興財団

◆お申込先◆ FAX:086−286−9671   E-mail:torihiki@optic.or.jp
        (公財)岡山県産業振興財団 経営支援部 取引支援課 担当:梶田 TEL:086-286-9670

2012-11-14 (水)  【11/14〜16】「グリーン・イノベーションEXPO2012」開催のご案内

 「プラントショー」、「イノベーション・プロダクツ」、「創エネ・省エネ・エコ」、「水イノベーション」の4つの展示会と1つの特別企画「ECO-MAnufacture」で構成されるINCHEM TOKYO。
 化学産業を中心にプロセス産業およびエンジニアリングの総合展示会として、2年に一回奇数年に開催される1966年から続く歴史ある展示会です。
 グリーン・イノベーションEXPOはINCHEM TOKYOのエッセンスをもとに成長産業にテーマを絞り今年より開催されます。
 日本が高い技術力をもつ、素材や材料の分野、また円高や電力問題などの問題を抱える製造業の環境・エネルギー対策の分野、そして途上国を中心に大きな需要が見込まれる水分野の3つのテーマ。これらの分野においてグリーン・イノベーションEXPOは、先端技術の紹介や情報交換を通してグローバル競争に、日本の企業が勝ち抜くための支援を行います。

■日 時  2012年11月14日(水) 10:00 〜 17:00
            11月15日(木) 10:00 〜 17:00
            11月16日(金) 10:00 〜 17:00

■場 所  東京ビッグサイト (東京国際展示場) 西展示棟
       (東京都江東区有明3-11-1)

 ※ 詳しくはこちらをご覧ください。
   →http://www.jma.or.jp/green/index.html

2012-11-14 (水)  【11/14】第6回 OMIC事業推進セミナーのご案内(メディカルテクノおかやま)

 おかやまメディカルイノベーションセンター(OMIC)」(岡山大学医療系キャンパス内に設置)は、分子イメージング技術を核とした、産学官連携による医療産業の創成を目指しております。このたび、その事業を推進するための第5回セミナーを下記により開催しますので、ご参加くださいますよう、ご案内いたします。

○日 時: 平成24年11月14日(水) 14:00〜15:05

○場 所: 岡山大学鹿田キャンパス(岡山市北区鹿田町2−5−1)
総合教育研究棟1階データ解析検討室
   (地図)http://www.okayama-u.ac.jp/jp/shikata_j.html

○参加費: 無 料

○主 催: 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター
       特定非営利活動法人メディカルテクノおかやま

◆プログラム
1 開会挨拶(14:00〜14:05)
   岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター長  公文 裕巳

2 講  演(14:05〜15:05)
「MALDIの基礎からMSイメージングへの応用」

質量分析の一手法であるMALDI-TOF MS(Matrix-assisted laser desorption
/ ionization time-of-flight mass spectrometry)はタンパク質の同定やその翻訳
後修飾の構造解析など、生体分子の精緻な分析に威力を発揮しています。これら
は主に対象試料の単離・分画を前提とした技術展開ですが、近年このMALDI-TOF
MSを用いて、組織切片をはじめとする生体試料を直接分析する試みが活発化し、
医学・生物学をとりまく先端計測技術として注目を集めています。なかでも質量分析
結果をマススペクトルだけでなく、二次元の質量分布で表すMALDI-MSイメージング
は世界中の多くの研究者がその技術開発・向上に取り組む大変ホットな分野です。
これは組織切片上に存在する様々な生体分子や投与薬物をMALDI-TOF MSで測定
し、そのデータを位置情報とともに質量分布として変換するものであり、今まで質量分
析には直接接点のなかった、病理学や薬物動態研究などの種々の領域でその応用性
が期待されています。
今回はMALDIを中心にして測定原理など質量分析の基礎を概説するとともに、MS
イメージングについて「どのように行うのか」「何が見えるのか」等、その現状と可能性を
議論したいと思います。

【講師】株式会社島津製作所 分析計測事業部
     グローバルアプリケーション開発センター
     ライフサイエンスG グループ長       古田 大 氏

◎このセミナーは、博士課程授業科目の「研究方法論(基礎・応用)の授業に出席
したとみなされる講演会」としてカウントすることが可能です。“授業とみなす講演会
出席記録簿”を持参して、開催担当教授の印を受けて下さい。

★参加お申込は下記URLからお願いいたします。
http://www.optic.or.jp/medical/info_detail/show/220.html

.......................................................
特定非営利活動法人  メディカルテクノおかやま
岡山県医用工学研究会 事務局
〒 700−8558
岡山市北区鹿田町2−5−1
総合教育研究棟 1階
TEL&FAX:086−234−0067
E-mail:medical@optic.or.jp
HP http://www.optic.or.jp/medical/
...................................................................

2012-11-14 (水)  【11/14】情報セキュリティーセミナー 〜セキュリティの根幹を成す暗号技術、不正解読手法とその対策〜 のご案内(岡山県工業技術センター)

 近年、インターネット等の普及により、より広範囲なデータにアクセスする機会が増え、また、個人情報も広範囲に存在するようになりました。このデータの安全性を保つためにせキュリティに対する関心も高まっています。
 特に、情報通信の分野においては、インターネット上で通信されるデータは誰でも盗み見ることが可能との前提に立った暗号化が主流となっています。一方、この暗号化されたデータを復元して解読する試みも広く検討されており、今回は、この中でも最近注目されてきている「サイドチャネル攻撃」という技術を中心に講演を行なって頂きます。
 貴社の製品に対してセキュリティについて関心の高い方および電磁ノイズに対しての関心が高い方にとって有益なセミナであると思いますので、是非ご参加頂きたくご案内致します。

 <開催概要>

■日 時:平成24年11月14日(水) 13:30〜17:00

■会 場:岡山県工業技術センター 1F 技術交流室

■定 員:40名程度

■参加費:無料

■内 容

 講演会
1.最近の暗号技術とその実装手法」
  岡山大学 大学院 自然科学研究科 准教授 野上 保之 氏

2.電磁波を用いたサイドチャネル攻撃と対策手法」
東北大学 電気通信研究所 研究員 林 優一 氏

3.サイドチャネル攻撃対策の現状および規格化動向」
  産業技術総合研究所 セキュアシステム研究部門 研究員 堀 洋平 氏

4.プリント基板/製品レベルでの暗号漏洩対策設計技術」
岡山大学 大学院 自然科学研究科 助教 五百旗頭 健吾 氏

■主 催: 岡山県工業技術センター、岡山大学

■連絡先: 岡山県工業技術センター 研究開発部
計測制御グループ 渡辺哲史
〒701-1296 岡山市北区芳賀5301
Tel: 086-286-9600, Fax: 086-286-9630
e-mail: watanabe@okakogi.jp
-----------------------------------------------------------------
情報セキュリティ技術セミナー(11/14) 参加申込み
* 企業・機関名 :
* 所属 :
* 参加者氏名 :
* 連絡先メールアドレス :
* 連絡先TEL :

申込締切: 11/9(金)

申込先 岡山県工業技術センター 渡辺哲史
e-mail: watanabe@okakogi.jp, Fax:086-286-9630
--------------------------------------------------------------------

2012-11-14 (水)  【11/14】第2回 創業相談会@岡山県立図書館のご案内(岡山県産業振興財団)

「自分のやりたいことはビジネスになるのだろうか?」
「起業したいが何から始めていいのかわからない!」
「起業するときの支援はどんなものがあるのだろう」
「ビジネスプランはどうやって作成すれば良いの?」
「踏み出す一歩がなかなか出ない!」

 そんなあなたの「夢」を応援します!
 当日はインキュベーションマネージャー、中小企業診断士等が相談をお受けします。まずは、お気軽に御参加ください!

◆開催日時  平成24年11月14日(水)  13:00〜17:00

◆場 所  岡山県立図書館 サークル活動室1(2F)

◆相談料  無料

◆主 催
 岡山県立図書館、おかやまインキュベータ協議会(ビジネス・インキュベーター岡山、i-boxにいみ、岡山リサーチパークインキュベーションセンター、岡山大インキュベータ、岡山クリエイティブセンター、倉敷市くらしきベンチャーオフィス、インキュベーションセンター岡山ニテラス、児島デザイナーズインキュベーション、岡山県、(公財)岡山県産業振興財団)
 ※おかやまインキュベータ協議会(OIA)とは
 おかやまインキュベータ協議会(OIA)は、岡山県内のビジネス・インキュベーション施設を運営する8つのインキュベータと、2機関によって構成されており、各入居者支援やビジネス・インキュベーション活動の普及促進によって、新事業を創出するために活動しています。

◆申込方法
 申込書をダウンロードし、ご記入の上、FAX、E-mailでお送りください。
 (当日参加も受付しておりますので、気軽にお越しください。)

 ※こちらからダウンロードできます。↓

   http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/34.html

◆創業相談会お問い合わせ先
公益財団法人岡山県産業振興財団 
経営支援部 中小企業支援課 (担当:森、美甘)
 TEL:086-286-9626 FAX:086-286-9627  e-mail:sinfo@optic.or.jp

2012-11-13 (火)  【11/13】セミナー『産学官連携による地域特産食品の開発』開催のご案内(中四国アグリテック)

 食の安全、地産地消、6次産業化、農商工連携などの推進により、地域色ある農林水産業物を活用した食品開発、地域のブランド化が課題となっています。こうした中で、島根県や岡山県では地域の公的支援機関が中心となって産官学のネットワークを構成し地域の食品産業発展のために特徴ある取り組みがなされています。今回共催や後援いただく団体をもとにセミナーを開催することで情報交流を行い、連携強化と更なる技術開発に資するとともに、今後、中四国地域に同様の連携を広めるよう図っていきます。

◆日時:平成24年11月13日(火) 13:30〜17:30
   
◆場所:岡山コンベンションセンター 4階407会議室
    (岡山市北区駅元町14−1)

◆主催等
主催:NPO法人 中国四国農林水産・食品先進技術研究会、農林水産省
共催:岡山県食品新技術応用研究会(食技研)
後援:おかやま食料産業クラスター協議会、
   おかやまバイオアクティブ研究会、
   社団法人 農林水産・食品産業技術振興協会

◆内容
受付 
開会あいさつ
講演1
「機能性食品の開発事例紹介⇒中国地域、特に島根県事例を中心に」
(公財)しまね産業振興財団 コーディネータ 山崎 幸一氏
講演2
「おかやま食料産業クラスター協議会での商品開発」
おかやま食料産業クラスター協議会コーディネータ 佐藤 芳範氏
講演3
「地域特産品開発における販路開拓支援」
おかやま食料産業クラスター協議会コーディネータ 谷口 哲夫氏
講演4
「食品開発における衛生管理と実践ポイント」
岡山県工業技術センター 研究開発部長 福崎 智司氏
質疑・意見交換
閉会
※閉会後、個別相談を行います(競争的研究資金、共同研究など)

◆参加申し込み方法
下記申込フォームに必要事項をご記入の上、メールにてアグリテック
事務局迄ご連絡下さい。 参加申込締切 平成24年11月6日(火)
NPO法人中四国アグリテック事務局 E-mail:agri@key.ocn.ne.jp


+‥‥‥‥‥セミナー申込フォーム(11/13開催)‥‥‥‥‥+

[参加者氏名]
[所属名/役職]
[TEL/FAX]


***********************************************************
特定非営利活動法人 中国四国農林水産・食品先進技術研究会
 (略称:中四国アグリテック)  事務局

岡山市北区津島中1-1-1  岡山大学農学部3号館102号室
Tel 086-237-3340 Fax 086-201-0551 E-mail agri@key.ocn.ne.jp
HP http://www2.ocn.ne.jp/~agritech
***********************************************************

2012-11-13 (火)  【11/13】平成24年11月度 ORIC交流会・セミナーのご案内(ORIC)

 毎月恒例のORIC交流会及びセミナーを下記の通り開催いたしますのでご案内申し上げます。
 多数の方々の参加をお待ちしております。

●日 時:平成24年11月13日(火)
     交流会:12:00〜13:00(受付11:30〜)
     セミナー:13:05〜15:00(受付13:00〜)

●場 所:岡山リサーチパーク インキュベーションセンター(ORIC)
     2階 交流サロン(岡山市北区芳賀5303)http://www.oric.ne.jp/

●スケジュール
------------------------------------------------------------
機欷鯲会の部/12:00〜13:00(受付11:30〜)
------------------------------------------------------------
お食事をとりながら、入居企業紹介をお聴きいただきます。

1.入居企業紹介(12:20〜12:45)
  「従来の耳栓の問題点を解決する“機能性耳栓”の開発について」
   高祖 英樹 氏

2.名刺交換会(12:45〜13:00)

≪参加費(お弁当代)≫ 400円
≪申込み締切≫ 平成24年11月9日(金)

-------------------------------------------------------------
供櫂札潺福爾良堯13:05〜15:00(受付13:00〜)
-------------------------------------------------------------
≪テーマ≫ 「社会の課題解決を図るソーシャルビジネスと
       新しい寄付の仕組み<みんなでつくる財団おかやま>について」

≪講 師≫ 特定非営利活動法人 岡山NPOセンター 
       専務理事 小川孝雄 氏

      一般財団法人 みんなでつくる財団おかやま
       代表理事 石田篤史 氏
≪プロフィール≫
 小川孝雄 氏 ・岡山大学 卒業、・岡山労働金庫、・中国ろうきん
        (NPO融資業務、寄付システム等に取り組む)を経て現職
        ・岡山ボランティア・NPO支援センター(ゆうあいセンター)所長
 石田篤史 氏 ・立命館大学卒業、・岡山県庁、・岡山NPOセンター を経て現職

≪参加費≫ 無料

●お申込み 下記項目をご記入の上、ORICスタッフルームまでお願いします。
 お問合せ  TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117 E-MAIL:info@oric.ne.jp

----------≪ORIC交流会・セミナー申込書(11/13開催)≫-----------

・参加者氏名(ふりがな)・役職
・所属団体/会社名
・連絡先住所 〒
 TEL.   FAX.   E-MAIL.
・参加希望 : [省参加 交流会のみ参加 セミナーのみ参加

-------------------------------------------------------------
※ 関連部署の皆様へ転送いただけると幸いです


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
支援スタッフルーム
岡山リサーチパーク 
インキュベーションセンター(ORIC)
〒701-1221 岡山市北区芳賀5303
TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117
E-mail:info@oric.ne.jp
URL:http://www.oric.ne.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2012-11-12 (月)  【11/12】つながる岡山!産学官交流セミナーを開催します!(岡山市産業課)

〜岡山を 元気に!便利に!おもしろく!〜

 岡山の企業と大学の連携・交流を目的とした産学官交流セミナーを開催いたします。
 本セミナーは、 岡山の企業や学生がそれぞれの活動報告や事例紹介、グループワークを通じ、お互いのことを「知る」ことを目的としています。
 多数のご来場をお待ちしております。

【概要】

■日 時  平成24年11月12日(月曜日) 14:00から(13:30受付開始)

■場 所  岡山ロイヤルホテル (岡山県岡山市北区絵図町2-4) 地図

■プログラム
(プログラムは予定です。変更になる場合があります。)
第1部

・主催者挨拶
・岡山大インキュベータ入居企業による事業説明
・岡山大学ベンチャー研究会活動紹介
・基調講演 「地域の活性化とイノベーションの役割」
          岡山大学 キャリア開発センター 教授 杉山 慎策 氏
第2部
   社会人、学生でグループを作り、ワークショップを通じて交流を図ります。

題目説明
 「おかやまを元気に、便利に、おもしろくするアプリ」を考えよう!
・グループディスカッション
・発表会
・審査委員総括

■主 催  岡山市

■定 員  80名

■参加費  社会人1,000円 大学生500円 ※第2部での軽食代を含みます。

■申込締め切り  平成24年11月2日(金曜日)

※申し込み方法等、詳しくはこちらをご覧ください。
  → http://www.city.okayama.jp/kikaku/jouhou/jouhou_t00021.html

2012-11-12 (月)  【11/12】第5回 OMIC事業推進セミナーのご案内(メディカルテクノおかやま)

 おかやまメディカルイノベーションセンター(OMIC)」(岡山大学医療系キャンパス内に設置)は、分子イメージング技術を核とした、産学官連携による医療産業の創成を目指しております。このたび、その事業を推進するための第5回セミナーを下記により開催しますので、ご参加くださいますよう、ご案内いたします。

○日 時: 平成24年11月12日(月) 14:00〜15:05

○場 所: 岡山大学鹿田キャンパス(岡山市北区鹿田町2−5−1)
総合教育研究棟1階データ解析検討室
   (地図)http://www.okayama-u.ac.jp/jp/shikata_j.html

○参加費: 無 料

○主 催: 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター
       特定非営利活動法人メディカルテクノおかやま

◆プログラム

1 開会挨拶(14:00〜14:05)
 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター長  公文 裕巳

2 講  演(14:05〜15:05)

「サイクロトロンの原理と応用」

PETにかかわる研究や臨床の場において、サイクロトロンの必要性はますます
高まりを見せている。ここでは、核反応を利用し放射性同位元素を製造する装置
であるサイクロトロンの、構造と原理を紹介したい。またPET以外にも広範囲に利
用されているサイクロトロンの応用例についても紹介したい。

講師:住友重機械工業株式会社 量子機器事業部 設計部 石塚 徹 氏
    住重加速器サービス株式会社 技術部 平野 裕之 氏

★参加お申込は下記URLからお願いいたします。
 http://www.optic.or.jp/medical/info_detail/show/219.html

--
.......................................................
特定非営利活動法人  メディカルテクノおかやま
岡山県医用工学研究会 事務局
〒 700−8558
岡山市北区鹿田町2−5−1
総合教育研究棟 1階
TEL&FAX:086−234−0067
E-mail:medical@optic.or.jp
HP http://www.optic.or.jp/medical/
...................................................................

2012-11-07 (水)  【11/7】「おかやま電池関連技術研究会」第2回技術セミナー開催の御案内(岡山県)

 県では、今後、大きな成長が見込まれる太陽電池、燃料電池、二次電池とこれらに関連する分野における新事業の創出を図ることを目的に、平成22年7月に「おかやま電池関連技術研究会」を設置、情報提供等を行っておりますが、次により第2回技術セミナーを開催しますので、是非御参加ください。
 今回は、熱電発電技術の特徴、材料、モジュールの開発から太陽光・産業排熱・温水等を対象とした利用用途を含めた今後の様々な展開についての最新情報を御提供する講演会となっております。

■日  時  平成24年11月7日(水) 13:30〜17:00

■会  場  ピュアリティまきび 2階 くじゃく
        http://www.makibi.jp/map.htm

■定  員  50名(参加無料)

■内  容
  講演1  「熱電変換材料・デバイス研究開発の最新動向」
         名古屋大学大学院工学研究科
            教授 河本邦仁 氏

  講演2  「産業排熱利用に向けた熱電発電技術の開発」
         (株)KELK
            取締役熱電発電事業推進室長 八馬弘邦 氏

  講演3  「未利用熱流体を熱源とする熱発電チューブの開発」
         パナソニック(株)先端技術研究所
            主任研究員 菅野 勉 氏

   ※セミナー終了後、17:30〜19:30に意見交換会を開催
    しますので、御希望の方は御参加をお願いします。

■申込期限  10月26日(金)

■申込方法  企業・団体名、所在地、電話番号、FAX番号、参加者
       の所属部署、役職、氏名、意見交換会参加の有無を記載
       の上、E-mail又はFAXでお申し込みください。
         E-mail fumiaki_takahara@pref.okayama.lg.jp
         FAX 086−225−3449

■問い合わせ 岡山県 産業労働部 産業企画課 新エネルギー推進室
         担当:高原
         電話 086−226−7380

──────────────────────
Name :Fumiaki Takahara(高原典章)
E-mail:fumiaki_takahara@pref.okayama.lg.jp
岡山県産業労働部産業企画課新エネルギー推進室
〒700-8570 岡山市北区内山下2-4-6
TEL  +81-86-226-7380(Ext.3061)
FAX  +81-86-225-3449
──────────────────────

2012-11-07 (水)  【11/7】「次世代自動車開発講座」のお知らせ(岡山県産業振興財団)

 「次世代自動車開発講座」を開催致します。従来の自動車からハイブリッド・電気自動車へ推移していく流れの中、次世代自動車の開発についての社会的価値や動向及び、中小企業の次世代自動車に対する研究開発や取り組みについて講演していただきます。次世代自動車の開発に興味のある方必見の講座です。ぜひご参加ください。
 この講座は「EV/HEV開発要素研修」の一貫として開催致します。今後、研修として「CFRP技術」「モーター技術」「バッテリ技術」「開発手法」「車両制御」についての研修を予定しております。研修を受講をご希望の方は合わせてお申込みください。
 【公開講座】にお申込みの方は下の専用フォームよりお申込みください。

「EV/HEV開発要素研修」のお申込みはこちら
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/142.html

1. 日   時
  平成24年11月7日(水) 13:30 〜 16:30

2. 場   所 
  テクノサポート岡山(中会議室)

3. 講座内容 

  ● 「電気自動車の開発と社会的価値について」
    講師:日産自動車株式会社 渉外部 担当部長 堀江 浩史 氏

      ◆講師プロフィール
  ・1989年に日産自動車に入社し、FF車プラットフォーム開発を担当
  ・1997年〜2002年に米国開発拠点(デトロイト)に赴任し、米国専用車の車輛計画を担当
  ・2004年カスタマーエンジニアリング部でムラーノ、ティアナ、エルグランドの車輛実験を担当
  ・2009年にEV車輛開発部で先行車輛開発を担当
  ・2009年7月より現職

  ● 「中小企業の研究開発について」 
    講師: おかやま次世代自動車技術研究開発センター
        センター長 吉田 寛 氏

     ◆講師プロフィール
      ・1963年  新三菱重工業蠧社(自動車のシャシー設計業務に従事)
      ・1980年  三菱自動車工業蝓 .哀襦璽弉歡垢鯲鯒
      ・1986年  研究部次長、研究部長、トラック・バス開発本部 副本部長兼
              喜連川研究所長を歴任、自動車の車両研究・開発業務に従事
      ・1997年  オーエム工業蝓‘段婿架拭⊂鑢骸萃役を歴任
      ・2002年  コス蝓‐鑢骸萃役を兼任
      ・2003年  螢▲好謄◆ゝ蚕儻槎笋暴任(自動車部品の開発・生産技術業務に従事)
      ・2009年  財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発プロモータ
      ・2011年  おかやま次世代自動車技術研究開発センター センター長
              株式会社SIM-Drive 顧問、慶応義塾大学 特任教授
              長崎総合科学大学 客員教授に就任

4. 受 講 料
   無 料

5. 対 象 者
   中国地域の企業に属する方

6. 定 員
   30名

7. 申込締切日
   平成24年11月6日(火)まで

8. 申込方法
   ホームページ(下記の専用フォームから入力してお申込下さい。)
   http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/144.html
   
≪お問い合わせ≫
  公益財団法人岡山県産業振興財団 総務部 総務企画課 神子戸(ミコト)、西崎
  〒701-1221 岡山市北区芳賀5301(テクノサポート岡山)
  TEL:086−286−9661 FAX:086−286−9662
  E−mail:seminar@optic.or.jp    URL:http://www.optic.or.jp/

2012-11-06 (火)  【11/6】ロシアビジネス交流会のご案内(津山商工会議所)

 津山商工会議所では新市場拡大を目的に、境港貿易振興会よりゲストをお招きし、ロシアビジネスについての講演会、交流会を開催いたします。是非、皆様ふるってご参加ください。

■日 時 : 平成24年11月6日(火) 15:00〜17:15 講演会
                         17:30〜 交流会

■会 場 : 津山国際ホテル(津山市山下98-2)

■講演会の内容
・「環日本海圏国際フェリー航路の運航状況」
境港貿易振興会 事務局長 宮永二郎氏

・「ロシアにおけるJapanブランドの評価とロシアビジネスの課題」
センコン物流株式会社 社長室次長 西條信彦氏

・「日本のネイバーロシア」(日本の隣の国ロシア)
ズィコヴァ エレーナ(ロシアビジネスサポートセンター相談員)

■定 員 : 100名  ※まだ席に余裕がございます。

■料 金 : 講演会無料(交流会への参加費は3000円です。当日ご持参
ください。)

■申込方法 ホームページより申込書をダウンロードして、必要事項を
ご記入の上、FAXにてお申し込み下さい。
http://tsuyama-cci.seesaa.net/article/299065950.html

☆申込み・問合せ先
津山商工会議所 企業振興課
電 話 0868−22−3141
FAX 0868−23−5356

2012-11-02 (金)  【11/2】「岡山大学 知恵の見本市2012」開催のご案内

 岡山大学の多様な研究活動の一端を、産業界、地域ならびに学生・生徒へ紹介するとともに、産学連携研究のきっかけを作るなど、産学連携の一層の推進を目的として開催します。

・チラシはこちら
  →http://okayama-sangakukan.jp/uploads/photos/664.pdf

■日時  2012年11月2日(金) 12:00〜17:00

■場所  岡山大学創立五十周年記念館

■研究展示  12:00〜17:00
・パネルセッション(15:00〜17:00)ブース毎に5分間の研究紹介を行います
・プレゼンテーション(15:00〜16:40)発表スペースで20分間の研究紹介を行います

■開会挨拶 13:00〜13:10

■特別講演
講演1 13:10〜14:00
「小惑星からの帰還:はやぶさ再突入カプセルの飛行とサンプルの回収」
(独)宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 教授 稲谷芳文 氏

講演2 14:00〜14:50
「微粒子から見える小惑星イトカワの生い立ちと宇宙環境」
岡山大学地球物質科学研究センター 教授 中村栄三 氏

 ※詳しくはこちらをご覧ください。 
   → http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_05.html

2012-11-02 (金)  【11/2】岡山大インキュベータ見学会のご案内

 岡山大インキュベータでは岡山大学「知恵の見本市2012」
http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_05.html)
の開催に併せて、見学会を下記のとおり開催いたします。
 多数の皆様のご来場をお待ちしています。

            記

・開催日時 平成24年11月2日(金)11:00〜17:00

・開催場所 岡山大インキュベータ 2階会議室

・タイムスケジュール
  第1回見学会(定員30名) 11:00〜12:00
  第2回見学会(定員30名) 15:00〜16:00
  第3回見学会(定員30名) 16:00〜17:00

・実施内容
  1.岡山大インキュベータの概要説明
  2.入居企業の事業紹介(事業化に成功した事例)
  3.施設見学
  4.質疑応答

・申込み・問合わせ  岡山大インキュベータ 担当/鈴木・渡邉
               電話 086-214-5711 E-mail info@od-plus.smrj.go.jp
              ホームページ(http://www.smrj.go.jp/incubation/od-plus/)

-----------------------------------------------
  鈴木 幸次 koji@optic.or.jp
  岡山大インキュベータ
   phone: 086-214-5711
-----------------------------------------------

2012-10-31 (水)  【10/31】第13回 グローバルメディカルベンチャー・サロン開催のご案内(メディカルテクノおかやま)

第13回 グローバルメディカルベンチャー・サロン

【日 時】 平成24年10月31日(水)17:00〜19:00
       (講演1時間程度、交流会1時間程度)

【場 所】 岡山大学鹿田キャンパス 基礎研究棟1階 大学院セミナールーム

【参加費】 講演会:無料、交流会:500円

【内 容】
 〜米国のベンチャー経営者が語る〜
「頑張れ日本!頑張れ岡山!〜シリコンバレーかれみた日本〜」

  講師:B-Bridge International, Inc. CEO & President  桝本博之 氏

(概 要)
    ベンチャー企業数、投資額などどれを取っても世界一といわれるベンチャー
   のメッカ、シリコンバレー。では、なぜベンチャーはシリコンバレーに集まってく
   るのでしょうか。
     自身の起業の動機や背景、また起業後の苦労話などを交えながら、日本と
  シリコンバレーの文化やビジネスの違い、また日本企業が海外へ進出する際
  の心構えや注意点等について講演します。

 ※申込等、詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.optic.or.jp/medical/info_detail/show/210.html

2012-10-31 (水)  【10/31】さんさんコンソ「知財育セミナー」(10月度)のご案内

 さんさんコンソ(中国地域産学官連携コンソーシアム)では、中国地域全体の知財スキルアップを目指したセミナーを企画しています。
 このセミナーでは、知的財産について基本から段階的に学べます。
 知財に係わりのある方、興味のある方は、是非ご参加ください。
 セミナー講習は無料です。テキスト、知財関連書籍も無償配布いたします。
 
 ◆「知財基礎教育?」A1コース(初級)
 ・開催日:10月2日(火)13:00〜16:30
 ・会 場:岡山大学 創立50周年記念館 2階大会議室
 ・講義内容:
   特許、実用新案、意匠、商標等の知財全般にわたる解説。
   初めて知財に関連する研修を受講したい方にも、わかりやすい内容の
   初心者向けセミナーです。
  「知的財産管理技能検定(3級)」試験の勉強にも役立ちます。

 ◆「知財実務教育?」A2コース(中・上級)
 ・開催日:10月17日(水)13:00〜16:30
 ・会 場:岡山大学 研究推進産学官連携機構2階 ミーティングルーム
 ・講義内容:
  特許実務に焦点を絞った中・上級セミナー。 
  「特許出願に必要な書類作成(特許明細書・記載要件とその留意点)」
  「発明が特許として成立するには(特許制度と特許要件)」

 ◆「知財実務教育?」A3コース(中・上級)
 ・開催日:10月31日(水)13:00〜16:30
 ・会 場:岡山大学 情報統括センター 情報実習室(4)
 ・講義内容:
   特許実務に焦点を絞った中・上級セミナー。
   「日本および外国での出願から特許件取得(審査手続と審査経緯・
    PCT出願)」

 ※いずれも参加費は無料です(事前に参加申込をお願いします。)

 ※「知財実務教育?」A2コース(10/17)、「知財実務教育?」A3コース
  (10/31)、「知財実務教育?」A4コース(11/12)は、セットでの受講を
  おすすめします。

 ※詳細・申込はこちらのページをご覧ください。
     http://sangaku-cons.net/contents/ikusei03.html

 ◆お申し込み・お問い合せ
  さんさんコンソのホームページから申込書をダウンロードし、
  必要事項をご記入の上、下記事務局へメールまたはFaxで開催日の
  4日前までにお申し込み下さい。
              
   「中国地域産学官連携コンソーシアム 事務局」
    担当:松下・本松
    TEL:086-251-7151 Fax:086-251-8442
    E-mail: info@sangaku-cons.net

2012-10-29 (月)  【10/29】「近畿大学工学部研究公開フォーラム2012」開催のご案内

 東広島市にある近畿大学工学部では,地域産業のイノベーション創出に必要な産学官の顔の見える人的ネットワークをつくるため,平成13年度から広く地域の産業界,行政,産業支援機関の方々に工学部研究者の研究シーズを公開しています。
 今年の研究公開フォーラムは数えて12回目,2年振りに広島市での開催となります。「グローバル」をテーマとした特別講演および研究成果について報告を行うとともに,多くの工学部教員の研究シーズや今後の研究活動についてパネル展示等によりご紹介いたします。

<日 時> 平成24年10月29日(月) 13:00〜17:20(交流会17:30〜19:00)

<場 所> メルパルク広島6F(広島市中区基町6-36)

<プログラム>
◆主催者挨拶(工学部長・産学官連携推進協力会会長)
◆来賓挨拶(中国経済産業局長)
◆特別講演「ものづくり現場発のグローバル競争戦略」
       東京大学大学院 経済学研究科 教授
       東京大学ものづくり経営研究センター長  藤本 隆宏 氏
◆ポスターセッション(パネル展示14:50〜17:20まで)
◆技術発表会
  1)「3Dレーザースキャンの可能性」
     (有)柏原工業 代表取締役 柏原 信彦 氏
  2)「耐震軽量角形鋼天井下地材について」
     (株)佐藤型鋼製作所 代表取締役 佐藤 公章 氏
  3) 「平面外観上の欠陥検査を可能とする小型検査ロボット開発」
     シグマ(株) 開発グループ室長 矢式 良行 氏
  4) 「世界最高速の可視光通信システム」
     近畿大学工学部電子情報工学科 教授 藤本 暢宏
◆交流会(会費制)

<参加費> 入場料:無料(交流会は会費制)

<主 催> 近畿大学工学部,近畿大学次世代基盤技術研究所,近畿大学大学
      院システム工学研究科,近畿大学工学部産学官連携推進協力会

<後 援> 中国経済産業局,広島県,広島市,東広島市,呉市,福山市,
      中国経済連合会,広島商工会議所,東広島商工会議所,
      呉商工会議所,福山商工会議所,
      産業技術総合研究所中国センター,ちゅうごく産業創造センター,
      中国地域ニュービジネス協議会,ひろしま産業振興機構,
      広島市産業振興センター,くれ産業振興センター

<詳細・申込み>
  http://kuring.hiro.kindai.ac.jp/news/134803808621674.html

2012-10-26 (金)  【10/26】「半導体ネットおかやま」第3回例会開催の御案内

 「半導体ネットおかやま」の今年度第3回の例会が以下のとおり開催されます。今後の研究開発の参考になる講演会で、どなたでもご参加になれます。ふるってご参加ください。(参加無料)

■日時:2012年10月26日(金) 13:30〜16:30

■会場:工業技術センター(岡山市北区芳賀5301)1階 技術交流室

■内  容
13:30〜13:35 
開会挨拶ならびに司会 
半導体ネットおかやま副代表 津山工業高等専門学校・准教授 中村重之氏

13:35〜14:25
講演1 「誘導型無電極蛍光ランプシステム」
   津山工業高等専門学校 電気電子工学科 教授 掛橋英典氏
 誘導型無電極蛍光ランプシステムはランプ内部に電極をもたないため本質的に
長寿命で省メンテナンス、省資源に合致した次世代環境配慮光源としての特長を
有している。システムの効率を高めるため、従来の外巻コイル方式からフェライ
トコアを用いた内巻コイル方式に変更し、駆動周波数を従来の13。56 MHzから約
100分の1まで下げた新しい点灯システムを提案した。低周波135kHzによるス
イッチング点灯技術を適用し点灯システムの損失を大幅に減らすことによって、
80 lm/Wを越える高い総合効率を有する誘導型無電極蛍光ランプシステムを開発
することができた。

14:25〜15:00
講演2 「有限要素法に基づく高性能な電磁界解析法の開発」
   津山工業高等専門学校 電気電子工学科 助教 嶋田賢男氏
 本研究では、計算機上での数値計算による電磁界解析法の高性能化を目的と
し、新たに有限要素法に基づいた電磁界解析法の開発を行っております。今回
は、研究開発状況の一端をご紹介させていただきます。電磁界解析分野(光、電
磁波)でお手伝いできることがあれば、ご相談ください。

15:00〜15:15  ◆休憩(25分)、名刺交換◆

15:15〜16:05
講演3 「導体? 半導体? 絶縁体? 導電性高分子の基礎」
   津山工業高等専門学校 一般科目(化学) 講師 廣木一亮氏
2000年度ノーベル化学賞に輝いた導電性高分子。電気など通らないと思われて
いた高分子に、いかにして電気は流れるのか。そのしくみと物性を左右するド―
ピングの効果など、基礎知識を解説する。導電性高分子の応用例としては、有機
EL素子(ホール注入・輸送層、発光層、電極)、有機薄膜太陽電池(ホール輸送
層・光電変換層)、有機トランジスタ(電極・中間層・活性層)、高分子リチウ
ム電池、色素増感太陽電池、帯電防止フィルム、コピー機の除電装置、高分子固
体電解コンデンサ、ITO代替透明電極材料など多岐にわたる。

16:05〜16:25
講演4 「ソーラの動向と精密加工、及びSICの現状」
(株)新興製作所 社長 浅野幸宏氏
再生エネルギー買い取り制度導入によってPV業界も非常に忙しくなった。しか
し、グローバルベースでの動きとしては中国企業の大増産、ヨーロッパ市場の悪
化、その結果、PVの価格破壊が進んでいる。インゴット・ウエハー業界において
も、厳しい価格対応として薄板化、カーフロスの低減、特性向上に向けてのダ
メージ層低減・金属汚染低減に取り組んでおり、その技術紹介をすると共に、SI
基板の限界を補う可能性を持つSIC基板の当社(インゴット育成〜ウエハー加工)
の取り組みを紹介。

☆閉会挨拶等 16:25〜16:30
 半導体ネットおかやま副代表 岡山大学 准教授 紀和利彦氏

■【参加申込み】
下記申込先に、以下の内容をメールまたはFAXでご連絡ください。

 ◇件名:10/26(金)「半導体ネットおかやま」第3回例会申込◇
・例会  参加
・所属
・お名前
・連絡先(メールアドレスまたは電話番号)

(申込先)
津山工業高等専門学校(担当校)
電気電子工学科(担当:中村)
〒708-8509 岡山県津山市沼624-1
E-mail : nakamura@tsuyama-ct.ac.jp
FAX 0868-24-8219
※問合せTEL 0868-24-8269

2012-10-26 (金)  【10/26】「平成24年度第1回『環境・エネルギー』セミナー 〜海洋から安定的再生可能エネルギーの可能性を考える〜」開催のご案内(ちゅうごく産業創造センター)

 ちゅうごく産業創造センターは,再生可能エネルギーの供給比率の向上が求められる時代の要請に応え,その普及や技術開発を促進するためのセミナーを実施します。
 本年7月より施行された再生可能エネルギー特別措置法(FIT法)により,太陽光発電や風力発電の急速な普及が予想されています。一方で,太陽光発電や風力発電は,不安定な電力を系統に送ることになり,蓄電池やIT技術による系統安定化技術が注目されております。同様に,ベースロードを担うことができる安定的再生可能エネルギーへのニーズが非常に高まっており,新たなビジネスチャンスとなる可能性を秘めています。
 このような状況の中,「エネルギー貯蔵用蓄電池」を活用した系統安定化技術,「波力発電」,「潮流発電」に代表される海洋から安定的再生エネルギーを得る技術について,講演を行います。
 近い将来,再生可能エネルギーで安定かつ安価に電力を生産するシステムのニーズは確実に高まってまいります。再生可能エネルギーに取り組む方々の経営のヒントとしていただきたく,セミナーへの多数の方のご参加をお待ちしております。

<日 時> 平成24年10月26日(金) 13:00〜16:45
                  (情報交換会17:10〜18:40)

<場 所> 広島YMCA国際文化センター 2号館
                  地下1階「コンベンションホール」
      (広島市中区八丁堀7-11)

<プログラム>
◆基調講演「再生可能エネルギーの現状について」
  中国経済産業局 資源エネルギー環境部 参事官 植野 雅博 氏
◆講演1「エネルギー貯蔵用途の蓄電池の可能性」
  株式会社テクノアソシエーツ プリンシパル 朝倉 博史 氏
◆講演2「世界および日本の波力発電の開発現状と実用化構想」
  株式会社ジャイロダイナミクス 副社長 神吉 博 氏
  (神戸大学名誉教授)
◆講演3「潮流発電から見た海洋エネルギーの可能性と実用化への課題」
  九州工業大学大学院 工学研究院 機械知能工学研究系
                 宇宙工学部門 准教授 平木 講儒 氏

<参加費> 1,000円(情報交換会:3,000円)

<定 員> 100名(先着順)

<詳細・申込み>
 http://www.ciicz.jp/topics/241026-eex1.pdf

2012-10-25 (木)  【10/25】「広域型産学官連携事業者合同シンポジウム 〜新しい広域産学官連携を目指して〜」開催のご案内(さんさんコンソ)

 文部科学省イノベーションシステム整備事業【大学等産学官連携自立化促進プログラム】では 事業の一環として,広域での産学官連携を推進しています。(事業年度:平成20年度〜平成24年度)
 この度,JSTの主催にて「新しい広域産学官連携を目指して」をテーマに,全国から7つの「広域型産学官連携」事業体が一堂に会し,合同シンポジウムを開催する運びとなりました。
 産学官連携事業に携わる皆様や,広域連携にご興味のある方のご参加をお待ちしております。

<日 時> 平成24年10月25日(木) 13:15〜17:45

<場 所> JST東京本部 大会議室(旧:ホール)(東京・市ヶ谷)

<プログラム>
◆開会挨拶 JST 理事 小原 満穂 氏
◆広域型産学官連携事業者 代表挨拶
  鳥取大学 理事(研究担当,米子地区担当)・副学長 井藤 久雄 氏
◆基調講演 (孤科学省 産学連携・地域支援課 課長 里見 朋香 氏
◆基調講演◆〃从兒唆半福‖膤慙携推進課 課長 佐藤 文一 氏
◆広域連携7チームによる活動紹介
  1)北東・地域大学コンソーシアム(NERUC)
  2)首都圏北部4大学連合(4u)
  3)医学系大学産学連携ネットワーク協議会( medU-net)
  4)国際・大学知財本部コンソーシアム(UCIP)
  5)東海イノベーションネットワーク(東海iNET)
  6)高専- 技科大連合・スーパー地域産学官連携本部
  7)中国地域産学官連携コンソーシアム(さんさんコンソ)
◆パネルディスカッション
  モデレーター:JST産学連携展開部 産学連携グループ
                         調査役 菊地 博道 氏
  テーマ:新しい広域型産学官連携の活動について
◆総括(方針採択)

<詳細・申込み>
 http://www.sangaku-cons.net/kouikisymposium/index.html

2012-10-25 (木)  【10/25】平成24年10月度 ORIC交流会のご案内

 毎月恒例のORIC交流会を下記の通り開催いたしますのでご案内申し上げます。
 多数の方々の参加をお待ちしております。

●日 時:平成24年10月25日(木)
     交流会:12:00〜13:00(受付11:30〜)

●場 所:岡山リサーチパーク インキュベーションセンター(ORIC)
     2階 交流サロン(岡山市北区芳賀5303)http://www.oric.ne.jp/

●スケジュール
------------------------------------------------------------
機欷鯲会の部/12:00〜13:00(受付11:30〜)
------------------------------------------------------------
お食事をとりながら、入居企業の紹介をお聴きいただきます。

1.入居企業紹介(12:20〜12:45)
  「印刷エレクトロニクスのための液体導電材料を革新する」
  (株)コロイダル・インク 代表取締役 金原正幸氏

2.名刺交換会(12:45〜13:00)

≪参加費(お弁当代)≫ 400円
≪申込み締切≫ 平成24年10月23日(火)

-------------------------------------------------------------
 ※今月はセミナーは実施いたしません
-------------------------------------------------------------

●お申込み 下記項目をご記入の上、ORICスタッフルームまでお願いします。
 お問合せ  TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117 E-MAIL:info@oric.ne.jp

----------≪ORIC交流会 申込書(10/25開催)≫-----------

・参加者氏名(ふりがな)・役職
・所属団体/会社名
・連絡先住所 〒
 TEL.   FAX.   E-MAIL.

-------------------------------------------------------------
※ 関連部署の皆様へ転送いただけると幸いです


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
支援スタッフルーム
岡山リサーチパーク 
インキュベーションセンター(ORIC)
〒701-1221 岡山市北区芳賀5303
TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117
E-mail:info@oric.ne.jp
URL:http://www.oric.ne.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2012-10-24 (水)  【10/24〜26】「モノづくりフェア 2012」開催のご案内

 2011年3月11日に発生した東日本大震災から、国内産業は力強い回復を続けています。被災地では数多くの事業所が被害に見舞われましたが、従業者の復興に向けた強固な意志に加え、国内同業者からの支援もあり、徐々に明るい兆しも見え始めています。とはいえ、復興に向けた課題は山積しており、円高による輸出産業の苦戦も予想されることから、わが国の産業界の先行きは予断を許すことができない状況です。こうした環境において、日本のモノづくり産業の今後の動向は、これからのわが国の浮沈を左右するといっても過言ではありません。
 日刊工業新聞社はモノづくりに関連した展示会「モノづくりフェア2012」を2012年10月に福岡市博多区のマリンメッセ福岡で開催します。このフェアは前身の展示会から数えて今回で28回目の開催となります。近年は成長著しいアジアの国々からの出展も受け入れており、アジアと一番近い九州においてビジネスマッチングの場を提供しています。
 また、九州地域は年間150万台の生産能力を誇る国内最大級の自動車生産集積拠点です。「モノづくりフェア」では「九州自動車生産推進コーナー」を設け、自動車メーカーの動向や地場企業とのマッチング、産学連携などの最新情報を提供してきました。本展示会では自動車のほか次世代技術などさらに広くモノづくりに関するさまざまな展示や情報発信を行い、日本の製造業が進むべき道を模索していきます。
 日刊工業新聞は創刊以来、モノづくりや中小企業を報道の対象として、常にこれらのテーマに沿った活動に取り組んできました。今後もこの姿勢に変わりはありません。つきましては貴社の優れた技術や製品の紹介、業務改善のご提案、さらにはビジネスマッチングの場として、この展示会へのご出展をご検討いただければ幸いです。

■日 時  2012年10月24日(水) 10:00 〜 17:00
            10月25日(木) 10:00 〜 17:00
            10月26日(金) 10:00 〜 16:00

■場所   マリンメッセ福岡
       (福岡市博多区沖浜町7-1)

 ※ 詳しくはこちらをご覧ください。
   →http://www.nikkanseibu-eve.com/mono/

2012-10-24 (水)  【10/24】第8回「アクチュエータ」シンポジウム 開催のご案内(岡山大学)

 「アクチュエータ」(actuator)とは、モータ、油圧シリンダ、圧電素子、人工筋肉等といった「動き」を作り出すデバイスの総称で、ロボット、メカトロ二クス、IT機器、バイオ操作、医用・福祉機器、航空機、自動車、科学分析機器等、ものを動かし操る縁の下の力持ち基盤デバイスとして、さまざまな分野で現代社会を支えています。
 このたび、岡山大学アクチュエータ研究センターでは、次のとおり第8回「アクチュエータ」シンポジウムを開催いたしますので、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

■日 時  平成24年10月24日(水) 14:00〜17:20

■会 場  岡山大学工学部1号館 1階 第1講義室
      http://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/access/tsushima_n.pdf

■主 催  岡山大学アクチュエータ研究センター

■参加費  無 料  ※懇親会費3,000円(予定)

■プログラム

 ○センター長挨拶
      岡山大学大学院自然科学研究科 教授 鈴森 康一 氏
 
 ○講演 14:10〜17:20

  1)ポリマーアクチュエータの研究開発状況(仮)
     (独)産業技術総合研究所 セルエンジニアリング研究部門
      人工細胞研究グループ グループ長 安積 欣志 氏

  2)アクチュエータ技術が拓く美容支援技術(仮)
      パナソニック(株)アプライアンス社 技術本部
      ホームアプライアンス開発センター 開発第三グループ
      第二チーム  石上 陽平 氏

  3)アクチュエータと“人の幸せ”(仮)
      慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科
      教授  前野 隆司 氏

 ○懇親会  17:50〜  於 生協食堂(予定)


■申込方法
   所属機関名、参加者氏名、連絡先(TEL/E-mail)をメールにて
  事務局までお申し込みください ※10月15日(月)まで

■事務局
    岡山大学アクチュエータ研究センター 担当:澤山さん
     TEL/FAX 086−251−8105
     E-mail:ksawayama@act.sys.okayama-u.ac.jp
 

2012-10-23 (火)  【10/23】ミクロものづくり大学 「シミュレーション技術セミナー」の御案内(岡山県工業技術センター)

 ミクロものづくりの高度化を支援するとともに、人材の育成・技能の伝承を推進するために行っている「ミクロものづくり大学」と銘打った講習会について、下記のとおり「シミュレーション技術セミナー」を開催いたします。
 現在,日本の製造業は新興国の技術的な追い上げを受けており,その中で,さらに高品質の製品開発が求められています。しかも競争の激化の中で,その開発期間はどんどんと短縮されています。このような状況で注目を集めているのが,「シミュレーションを駆使した新しいものづくり」です。
 今回のセミナーでは,シミュレーション技術の活用についてお二人の専門家をお招きしてお話していただきます。1つは,汎用PCと オープンソースソフトウェアを活用したコストパフォーマンスの高いシミュレーションについて解説して頂きます。もう1つは,一昨年,マツダから発表されたハイブリッド車並みの低燃 費を実現したガソリン車についてのお話で,この低燃費車の設計開発に用いられたモデルベース開発という手法について解説して頂きます。
 お忙しい中とは存じますが、ぜひ御参加くださいますよう案内いたし ます。

            記

1 日 時  平成24年10月23日(火)  13:30−16:45

2 場 所  岡山県工業技術センター 1階技術交流室

3 開催次第

13:30 - 13:40開会 あいさつ

13:40 - 14:50講演 1
*「汎用計算機とオープンソースソフトウェアによる数値シミュレーション」***
現在,高性能なPCが一 般に流通するようになり,数値解析の導入が非常に容易になっています。また,同時にWebから 広がったオープンソース化の波も数値解析ソフトに及び、現在世界的に大変加熱した状況にあります。本講演では高性能な汎用PC, オープンソースソフトウェアの組み合わせによる数値解析の背景から,燃焼や流体の解析の実例を交えてその活用方法を紹介します。

講 師 岡山県立大学情報 工学部情 報システム工学科助教芝  世弐氏

14:50 - 15:00休憩

15:00 - 16:30講演 2
*「スカイアクティブの開発とそれを支えたモデルベース開発」***
車両システムは、複雑、巨大化しつつ、高度な機能を実現してきており、その進化は今後ますます加速しています。このような高度なモノづくりを短期間で成し遂げるには、モデルベース開発が必要不可欠となってきています。今回、マツダSKYACTIVEの開 発事例を引用しながら、モデルベース開発で目指したこと、実現できたことを紹介し、モノづくりのあるべき姿を展望します。

講 師 マツダ株式会社パ ワートレイン開発本部 主査原田靖裕氏

4 参加費  無料

5 申込期限 平成24年10月19日(金曜 日)
 ただし、それ以前でも定員(40名)に達した場合には締め切らせていただきま
すので、満員の際には御 容赦ください。
 (お申し込みの時点で既に定員に達していた場合には、御連絡いたします。)

6 申込方法 
 件名を「ミクロものづくり大学(モデルベース)申込み」とし、
 企業等名、参加者の役職及びお名前、所在地、連絡先電話番号を御記 入の上、
 期限までに下記メールアドレスへお送りください。

7 問い合わせ先
岡 山県工業技術センター 技術支援部 連携推進グループ 担当 三輪 昭生
〒701-1296 岡 山市北区芳賀5301  Tel. 086-286-9600 Fax. 086-286-9632
E-mail  miwa[at]okakogi.go.jp [at]は半 角の'@'に書 き換えてください)

2012-10-22 (月)  【10/22】「ちゅうごく地域組込みシステムフォーラム『自動車,電気・電子産業等の組込みシステムに係る知財戦略研究会事業』第1回研究会」開催のご案内(中経局)

 製品機器に内蔵される組込みシステムは,製造業を基幹産業とする我が国の国際競争力の源泉ですが,近年,国内の組込みシステム産業を取り巻く環境が変化し,事業者は(1)機能安全,第三者検証・妥当性確認など品質説明力の向上,(2)実装中心から設計中心のソフトウェア開発への移行,(3)組込みシステムの他システムとの統合化(統合システム化),(4)開発拠点のグローバル化等,新たな課題への対応を迫られています。
 今年度中国地域知的財産戦略本部及び中国経済産業局では,地域の組込ソフトウェア事業者並びに自動車産業をはじめとする製造業の皆さま等と,これらの課題について改めて整理し,対応を考えるセミナー方式の研究会を来年2月初旬にかけて3回シリーズで開催することとし,来る10月22日,その第1回を開催する運びとなりました。

<日 時> 平成24年10月22日(月) 14:00〜17:20
                   (交流会17:30〜19:30)

<場 所> メルパルク広島 5階「椿」(広島市中区基町6-36)

<定 員> 60名程度

<参加費> 無料(交流会:3,000円)

<プログラム>
◆講演「近畿地域における組込みシステム開発の高度化への取組みについて」
  独立行政法人 産業技術総合研究所
   システムライフサイクル研究グループ長
       (兼)組込みシステム技術連携研究体 副体長 大崎 人士 氏
◆講演「中小ベンダがISO26262認証取得に至るまで」
  株式会社ヴィッツ 常務取締役 服部 博行 氏
◆講演「通信技術を活かし受託開発から独自製品開発(ZigBee)へ」
  株式会社OTSL 代表取締役兼CEO 波多野 詳二 氏
※コーディネータ:独立行政法人情報処理推進機構
         ソフトウェア・エンジニアリング・センター(IPA/SEC)
                            田丸 喜一郎 氏

<詳細・申込み>
 http://www.chugoku.meti.go.jp/event/denshijyoho/121003.html

2012-10-19 (金)  【10/19】平成24年度海外知的財産活用講座(岡山会場)の開催について(岡山県発明協会)

 (独)工業所有権情報・研修館では、海外でのビジネス経験が豊富な海外知的財産プロデューサーの有している経験・知識を、これから海外進出をお考えの企業の皆様・既に海外進出されている企業の皆様へご提供させていただき、皆様の海外ビジネスのリスクを少しでも低減させていただくことを目的とした、ピン!と感じる「知的財産の活用とリスク」講座(海外知財活用講座2012)を開催します。

【開催日】     【会場】
・10月16日(火)  鳥取商工会議所 (鳥取市本町3-201)
・10月17日(水)  くにびきメッセ (松江市学園南1-2-1)
・10月18日(木)  福山商工会議所 (福山市西町2-10-1)
・10月19日(金)  岡山商工会議所 (岡山市北区厚生町3-1-15)

【講義内容】
・海外ビジネスにおける知的財産の活用とリスク対応 (14:00〜15:10)
・海外進出に伴う契約の留意事項 (14:00〜15:10)
・質疑応答 (16:30〜17:00)

【主催】(独)工業所有権情報・研修館
【受講料】無料

△詳細は、こちらをどうぞ▽
http://www.chugoku.meti.go.jp/chizai/event/pdf/h24kaigai_kouza.pdf

===================================
一般社団法人岡山県発明協会
〒701-1221岡山市北区芳賀5301
TEL 086-286-9656
===================================

2012-10-19 (金)  【10/19】平成24年度 第2回セミナー・交流会開催のご案内(メディカルテクノおかやま)

 岡山県医用工学研究会では、10月19日(金)に岡山大学鹿田キャンパス内にて平成24年度第2回セミナー(第94回岡山県医用工学研究会)・交流会を開催いたします。
 万障お繰り合わせのうえご出席いただきますようご案内申し上げます。
 皆様方のご出席を心よりお待ちしております。

<<<第94回 岡山県医用工学研究会セミナー・交流会>>>

【日 時】平成24年10月19日(金) 13:30〜19:00

【場 所】岡山大学鹿田キャンパス内
セミナー:地域医療人材育成センターおかやま3階講義室
(MUSCAT CUBE)
     交流会 :カフェテリア・バンビ

【参加費】セミナー:無料  交流会:千円(非会員3千円)

【後 援】(独)科学技術振興機構産学官連携ネットワーク部、
   日本生体医工学会中国四国支部

◆プログラム

総合タイトル:「高齢化日本のヘルスケア」

1.開会挨拶                 13:30〜13:40
岡山県医用工学研究会会長・NPO法人メディカルテクノおかやま理事長
                          公文 裕巳
2.【講 演】
 峽从兒唆半覆砲ける医療・福祉機器産業政策について」
                         13:40〜14:40
経済産業省商務情報政策局
ヘルスケア産業課医療・福祉機器産業室 室長補佐
                                 佐藤 努 氏

◆屮曄璽爛瓮妊カルケアによる新しい生活習慣病管理の仕組み作り」
                           14:40〜15:40
オムロンヘルスケア株式会社 学術技術部専門職   白崎 修 氏


*********休憩 15:40〜15:55***********

3.【特別講演】
「特定健診と在宅健康管理システム 新しいビジネスモデル構築のために」
                      15:55〜17:10
大阪電気通信大学 医療福祉工学部 特命教授
                            田村 俊世 氏

□交流会                     17:30〜19:00

★参加お申込はホームページからお願いいたします。
http://www.optic.or.jp/medical/info_detail/show/205.html)


.......................................................
特定非営利活動法人  メディカルテクノおかやま
岡山県医用工学研究会 事務局
〒 700−8558
岡山市北区鹿田町2−5−1
総合教育研究棟 1階
TEL&FAX:086−234−0067
E-mail:medical@optic.or.jp
HP http://www.optic.or.jp/medical/
...................................................................

2012-10-19 (金)  【10/19】「精密ものづくり技術フォーラム」開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 産学官約60機関の会員で構成する岡山県精密生産技術研究会は、企業の精密生産技術の高度化と優れた生産技術者の育成を図るため、産学官が連携して精密生産技術及び精密計測技術をはじめ、組立・省力化・自動化などの生産周辺技術に関連したセミナー等を行っています。
 このたび当会と岡山県産業振興財団では、研究開発のきっかけ作りや生産技術のレベルアップなどを図ることを目的に、切削、研削・研磨等、各分野の第一線で活躍する会員が専門知識を活かして情報提供やアドバイス等を行う技術フォーラムを開催いたします。
 大学や企業に所属する会員が、生産技術の課題解決に向けて直接アドバイスさせていただきますので、多数ご参加下さいますようご案内いたします。

■日 時  平成24年10月19日(木) 13:00〜18:30

■会 場  岡山ロイヤルホテル 2階 光楽の間 (岡山駅西口徒歩15分)
          ※アクセス→ http://www.orh.co.jp/access/

■主 催  岡山県精密生産技術研究会
        公益財団法人岡山県産業振興財団

■後 援  公益財団法人精密工学会中国四国支部、公益社団法人砥粒加工学会
        公益財団法人岡山工学振興会

■参加費  無 料
       ※交流会参加の場合 精密研会員:無料、非会員:4,000円

■定員等  80名

■内 容

 第1部 各分野の専門家による講演会  13:00〜15:15
   講演機[切削]
     難削材切削における一工夫
       島根大学大学院総合理工学研究科 教授 臼杵 年 氏
   講演供[研削・研磨]
     研削・研磨加工のレベルアップに何が必要か?
       岡山大学大学院自然科学研究科 准教授 大橋 一仁 氏
   講演掘[特殊加工]
     特殊加工技術の原理と更なる可能性
       岡山大学大学院自然科学研究科 教授 岡田 晃 氏
   講演検[工作機械]
     最近のマシニングセンタについて(仮題)
       安田工業株式会社 常務取締役技術部部長 角田 庸人 氏

 第2部 技術相談会  15:30〜17:00  ※事前申込制
   アドバイザー
   \攤錙     ̄欝蓮’氏(島根大学)
   研削・研磨  塚本真也氏、大橋一仁氏、大西 孝氏(岡山大学)
   J電加工・電子ビーム加工  岡田 晃氏(岡山大学) 
   ぅ譟璽恐湛  岡本康寛氏(岡山大学)
   ス作機械
     ○マシニング  角田庸人氏(安田工業)
     ○旋盤     松原潤治氏(滝澤鉄工所)
     ○研削盤    山本 優氏(シギヤ精機製作所)

 第3部 交流会    17:15〜18:30  ※事前申込制


■申込方法
   下記URLよりお申し込みください (10月12日まで)
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/122.html

■お申込み・お問合せ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:竹内・田原
     TEL 086−286−9700
     FAX 086−286−9676

2012-10-17 (水)  【10/17】ものづくり経営セミナー(第2回) 〜トヨタグループの「ものづくり経営」の真髄を講義〜 のご案内(岡山大学)

【日時】2012年10月17日(水) 13:00〜14:30

【場所】津島キャンパス文法経26番教室

【演題】トヨタ生産システム 〜経営と生産性〜

【講師】好川 純一氏(トヨタ紡績特別顧問)

【概要】トヨタグループの「ものづくり経営」の真髄を講義。

【対象者】学生、一般の方(どなたでも参加いただけます)

【定員】400名

【申込方法】
事前申込不要。
ただし,一般の方は9月21日までにご連絡頂ければ席を確保しておきます。

【参加費用】無料

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.okayama-u.ac.jp/tp/event/event_id735.html

【主催】岡山大学経済学部・工学部

【協賛】岡山経済同友会・岡山県経営者協会・岡山県中小企業家同友会

【お問い合わせ先】
経済学部教育研究支援室
(電話)086-251-7552

2012-10-17 (水)  【10/17】さんさんコンソ「知財育セミナー」(10月度)のご案内

 さんさんコンソ(中国地域産学官連携コンソーシアム)では、中国地域全体の知財スキルアップを目指したセミナーを企画しています。
 このセミナーでは、知的財産について基本から段階的に学べます。
 知財に係わりのある方、興味のある方は、是非ご参加ください。
 セミナー講習は無料です。テキスト、知財関連書籍も無償配布いたします。
 
 ◆「知財基礎教育?」A1コース(初級)
 ・開催日:10月2日(火)13:00〜16:30
 ・会 場:岡山大学 創立50周年記念館 2階大会議室
 ・講義内容:
   特許、実用新案、意匠、商標等の知財全般にわたる解説。
   初めて知財に関連する研修を受講したい方にも、わかりやすい内容の
   初心者向けセミナーです。
  「知的財産管理技能検定(3級)」試験の勉強にも役立ちます。

 ◆「知財実務教育?」A2コース(中・上級)
 ・開催日:10月17日(水)13:00〜16:30
 ・会 場:岡山大学 研究推進産学官連携機構2階 ミーティングルーム
 ・講義内容:
  特許実務に焦点を絞った中・上級セミナー。 
  「特許出願に必要な書類作成(特許明細書・記載要件とその留意点)」
  「発明が特許として成立するには(特許制度と特許要件)」

 ◆「知財実務教育?」A3コース(中・上級)
 ・開催日:10月31日(水)13:00〜16:30
 ・会 場:岡山大学 情報統括センター 情報実習室(4)
 ・講義内容:
   特許実務に焦点を絞った中・上級セミナー。
   「日本および外国での出願から特許件取得(審査手続と審査経緯・
    PCT出願)」

 ※いずれも参加費は無料です(事前に参加申込をお願いします。)

 ※「知財実務教育?」A2コース(10/17)、「知財実務教育?」A3コース
  (10/31)、「知財実務教育?」A4コース(11/12)は、セットでの受講を
  おすすめします。

 ※詳細・申込はこちらのページをご覧ください。
     http://sangaku-cons.net/contents/ikusei03.html

 ◆お申し込み・お問い合せ
  さんさんコンソのホームページから申込書をダウンロードし、
  必要事項をご記入の上、下記事務局へメールまたはFaxで開催日の
  4日前までにお申し込み下さい。
              
   「中国地域産学官連携コンソーシアム 事務局」
    担当:松下・本松
    TEL:086-251-7151 Fax:086-251-8442
    E-mail: info@sangaku-cons.net

2012-10-16 (火)  【10/16】第25回 振動技術懇談会開催のお知らせ(岡山大学産学官融合センター)   

 振動技術懇談会は『振動に関連した種々の技術』を対象に、企業の現場訪問を実施したり、大学からの話題提供を受ける技術交流を目的とした会合で、年間4〜5回開催しています。
 同会は、企業からの技術報告や、振動関連メーカからの技術PRなどを取り上げ、異業種間で振動に関する情報を交換しあう場所を提供しています。
 今回は、広島大学のご協力により、広島大学振動関連の研究室を訪問し、研究テーマの紹介、主要な研究の報告、振動関連研究室の見学を中核に、振動技術懇談会からの話題提供も加えて、自由に語り合います。
 振動技術に関わる多くの方々のご参加をお待ちしています。 

 掲載ページ:研究推進産学官連携機構 振動技術懇談会
 http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_03.html#kondankai

---------------   第25回 振動技術懇談会   ------------------

《日 時》  2012年10月16日(火) 9:00〜18:30 ※集合時間:8:45

《集合場所》 岡山大学(津島西キャンパス)研究推進産学官連携機構前
       (9:00貸切バス出発)
       ※駐車場スペースが限られているため、できるだけ
        公共交通機関をご利用下さい。
       ※途中で、昼食をとります。(実費)

《プログラム》
13:00〜13:10 開会挨拶    産学官融合センター長 藤原貴典 
       開会にあたって 産学官融合センター客員教授 古池治孝
13:10〜13:40 広島大学からのメッセージ
       機械工学関連の研究室紹介
13:40〜14:50 振動・音響関連の研究紹介
       広島大学大学院工学研究科 機械システム・応用力学部門
                      准教授 関口泰久氏
        ・転がり軸受の振動診断
        ・ダクト内の共鳴騒音の低減
        ・接着部材の振動減衰率の研究 など
14:50〜15:00 (休憩)
15:00〜15:30 振動関連研究室見学
15:30〜16:00 懇談、振動技術懇談会より振動事例紹介等
       進行役:ナカシマプロペラ株式会社 開発本部
                      次長 板谷芳樹氏
18:30頃    岡山大学(津島西キャンパス)解散
       ※到着時刻は前後します

《参加費》  無 料(昼食代は実費)

《定 員》  20名(先着順)※往復のバス車内で懇談します。
               トピックスなどがあれば自由にご用意下さい。

《申込方法》下のフォームまたは同内容をご記入の上,
      E-mailもしくはFAXでお申し込み下さい。
                   ◆締め切り:10/10(水)◆
-------------------------------------------------------------------
  《 第25回  振動技術懇談会 お申し込みフォーム 》

 □氏名(ふりがな) :
 □勤務先      :
 □所属       :
 □(職名)     :
 □勤務先住所    :〒
 □TEL        :
 □FAX        :
 □E-mail      :
 □緊急連絡先    :なるべくご記入下さい
 □岡大までの交通手段:自動車   公共機関   その他
 
 □産学官融合センターからのメールマガジンを
           :希望する  希望しない  すでに受信済み

■申込先:岡山大学研究推進産学官連携機構 産学官融合センター(川上)
 住 所:〒701-1221 岡山市北区芳賀5302番地 T E L :086-286-8002
 F A X :086-286-8007     E-mail:center@crc.okayama-u.ac.jp
 U R L :http://www.okayama-u.net/renkei/contents/10_01.html

 

2012-10-15 (月)  【10/15】「おかやま生体信号研究会 第12回例会」のご案内

 おかやま生体信号研究会の第12回例会が、以下のとおり開催されます。
 今回は、医療機器や、入浴装置や介護予防機器などの福祉・健康分野の代表的メーカー「オージー技研(岡山市)」の取組み紹介とともに、倉敷芸術科学大学の中島道夫教授による、快・不快の定量的評価法についての講演など、興味深い内容となっています。
 お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。(参加無料)

◇日時 : 平成24年10月15日(月)  13:50〜16:40

◇場所 : オージー技研(株) 旧館2F 多目的ホール
      (岡山市中区海吉1835-7、TEL:086-277-7181)
 ※ お車でお越しの方は、東側駐車場をご利用ください。
 ※ バスを利用の方は、西大寺線「オージー技研前」でお降りください。

【内容】
13:50〜14:00 開会挨拶
14:00〜14:40 講演
 「わが社の生体信号活用への取り組み〜IVES〜」
   オージー技研(株) 研究開発部 部長 岸本俊夫氏
             営業企画部 係長 理学療法士 伍賀敬祐氏
14:40〜14:50 休憩
14:50〜16:00 講演
 「快・不快の脳内現象とセンサで捉えられる環境パラメータ」
   倉敷芸術科学大学 産業科学技術学部 教授 中島道夫氏※
      ※三菱電機(株)中央研究所/先端技術総合研究所出身
16:00〜16:10 休憩
16:10〜16:40 ショールーム見学
       (物理療法・リハビリ機器、介護入浴機器など)

(参考HP)
http://www.og-giken.co.jp/
http://mcrlab.sys.okayama-u.ac.jp/obiss/
http://mcrlab.sys.okayama-u.ac.jp/obiss/event/20121015.pdf

■参加申込み
下記の内容をメールにてお送り下さい。
************出欠のご連絡********************
回答先:岡山大学大学院自然科学研究科 高岩昌弘宛
     E-mail: takaiwa@sys.okayama-u.ac.jp
     TEL&Fax: 086-251-8062

おかやま生体信号研究会
 ・第12回例会に  出席・欠席 する(不要な方を削除願います)
 ・参加者 
   ご氏名:
   所属:
   連絡先:
********************************************

2012-10-13 (土)  【10/13】創業・起業応援セミナー(企業組合サミット2012in okayama)開催のご案内(岡山県中央会)

 岡山県中小企業団体中央会では、創業に有利な制度である企業組合を知っていただくためにセミナーを開催いたします。
 本セミナーでは、企業組合の理事長や専門家から企業組合の取り組み事例や企業組合制度について講演していただき、創業についての個別相談会も行いますので、創業・起業をお考えの方は是非ご参加ください。
 詳細については、こちらをご覧ください   
   http://www.okachu.or.jp/?p=772

■日 時  平成24年10月13日(土) 10:00−14:00

■場 所  岡山県立図書館 岡山市北区丸の内2丁目6−30

■参加費  無料(要申込) 駐車場代別途

●お問い合わせ先
発行者:岡山県中小企業団体中央会
〒700-0817 岡山市北区弓之町4-19-202号
・電 話 (086)224-2245
・H P http://www.okachu.or.jp
・e-mail itadani@okachu.or.jp

2012-10-12 (金)  【10/12】「オープンイノベーションセミナー」開催のご案内(岡山産学官連携センター)

 2003年に米国の研究者・実務家であるヘンリー・チェスブローによって、オープンイノベーションの概念が提唱されて以来、多くの研究がなされ、欧米及び韓国企業では現在、日本における「オープンイノベーション」ブームとは異なる理論的実践的な実証研究の積み重ねがかなり進んでいます。
 そこで、おかやまコーディネータ連絡協議会では、東北大学大学院の長平彰夫教授をお招きし、「オープンイノベーション−理論と実践−」と題して、具体的には次のような事項についてお話を伺います。
 (1)オープンイノベーションの概念とその問題点
 (2)オープンイノベーションと吸収活用能力
 (3)日本企業におけるオープンイノベーションの活用の実態調査結果とその成功要因〜産学連携も含むオープンイノベーションの成功との因果関係分析
 併せて、補助金等の支援制度説明も行いますので、皆様、ぜひご参加ください。

 チラシはこちら
  → http://okayama-sangakukan.jp/uploads/photos/671.pdf


■主 催:おかやまコーディネータ連絡協議会

■共 催:岡山市

■日 時:平成24年10月12日(金) 14:00 〜 16:30

■ 場 所:岡山ロイヤルホテル(岡山市北区絵図町2-4 TEL:086-255-1111)

■ 定 員:70名 ※申込締め切り  10月5日(金)
(但し、会場の都合上、定員になり次第締め切らせていただくことがあります。)

■ 参加費:無料

■ 内 容:
・14:00〜14:05 開会
・14:05〜16:05 講演
「オープンイノベーション−理論と実践−」
東北大学大学院工学研究科 技術社会システム専攻 技術経営分野講座 
教授・経営学博士 長平 彰夫 氏

・16:05〜16:30 補助金等支援制度説明
          (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部研究開発支援課

■お申し込み・お問い合わせ
 岡山産学官連携センター(おかやまコーディネータ連絡協議会 事務局)
    担当:宗長
〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
Tel 086-286-9696 / Fax 086-286-9676 / E-mail munenaga@optic.or.jp

                  

2012-10-11 (木)  【10/11】「中国地域太陽電池フォーラム 第1回課題検討会」開催のご案内(中国経済産業局)

 中国地域太陽電池フォーラムでは今年度第1回目の課題検討会を開催します。
 今回は,フレキシブル太陽電池等電子デバイスの次世代製造技術として注目を浴びている「プリンテッドフレキシブルエレクトロニクス」をテーマに,最新の情報や技術課題についての講演やディスカッションを行います。

<日 時> 平成24年10月11日(木) 13:30〜17:00

<場 所> TKPガーデンシティ広島 2Fアクアマリン
      (広島市中区中町8-18 広島クリスタルプラザ2F)

<内 容>
◆基調講演「プリンテッドエレクロトニクスの開発動向と課題」
  産業技術総合研究所 フレキシブルエレクトロニクス研究センター
                       研究センター長 鎌田 俊英
◆講演
 (1)Post Si太陽電池:「環境、資源に優しいCZTS塗布型太陽電池」
   大阪大学 太陽エネルギー化学研究センター  招聘教授 釘宮 公一
 (2)「スプレー熱分解法によるCIS太陽電池の作製」
   パナソニック(株)デバイス・システム開発センター 
                         主幹技師 根上 卓之
◆ディスカッション
◆懇親会(17:30〜19:00)

<参加費> 無料(懇親会:3,000円/人)

<詳細・申込み>
 http://www.pvforum.jp/

2012-10-10 (水)  【10/10】ものづくり経営セミナー(第1回) 〜トヨタグループの「ものづくり経営」の真髄を講義〜 のご案内(岡山大学)

【日時】2012年10月10日(水) 14:30〜16:00

【場所】津島キャンパス文法経26番教室

【演題】「トヨタウェイのグローバル展開」

【講師】三吉 暹(みよし すすむ)氏(トヨタ自動車顧問)

【概要】トヨタグループの「ものづくり経営」の真髄を講義。

【対象者】 学生、一般の方(どなたでも参加いただけます)

【定員】400名

【申込方法】
事前申込不要。
ただし,一般の方は9月21日までにご連絡頂ければ席を確保しておきます。

【参加費用】無料

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.okayama-u.ac.jp/tp/event/event_id734.html
   

【主催】岡山大学経済学部・工学部

【協賛】岡山経済同友会・岡山県経営者協会・岡山県中小企業家同友会

【お問い合わせ先】
経済学部教育研究支援室
(電話)086-251-7552

2012-10-09 (火)  【10/9】「第10回 型技術ミーティングin 岡山 〜型技術協会が発信する先端的ものづくり〜」開催のご案内(岡山県工業技術センター)

 「型技術ミーティング」は型技術協会の協会活動のPRと会員増強を目的としており、参加者同士はもちろん、型技術協会会員の大手メーカーの技術者あるいは大学等の研究者との交流の場となっております。今回は、型技術協会と岡山県工業技術センターとの共催の下,岡山県産業振興財団、中国職業能力開発大学校のご後援をいただき、岡山にて開催することとなりました。
 講演会では、ホンダエンジニアリング(株)執行役員 車体領域執行責任者田岡秀樹氏(型技術協会副会長)、(株)牧野フライス製作所 加工技術本部 加工技術部 ゼネラルマネージャ 金谷 潤氏(型技術協会理事)より、最新の自動車関連と工作機械関連の情報を提供いたします。
 ご存じのように金型はあらゆる製造業の重要な基盤となっております。製造業に関わる技術者・経営者の皆様には有益な情報が多数含まれるものと思います。また、講演会開催後には、講師を交え業界関係者との情報交換、交流の場となる技術懇談会を設けます。
この機会をお見逃しの無いよう、皆様のご参加をお待ちしております。

■開催日時:2012年10月9日(火)14:00〜16:45

■開催場所: ピュアリティまきび

〒700-0907 岡山県岡山市北区下石井2-6-41(JR岡山駅徒歩7分)
【講演会場】 3階 橘「たちばな」
【懇親会場】 3階 飛翔「ひしょう」

■主 催:(社)型技術協会,岡山県工業技術センター

■後 援:(公財)岡山県産業振興財団,中国職業能力開発大学校,
      おかやまコーディネータ連絡協議会

■プログラム:
 進行:笹原弘之 氏(東京農工大学、型技術協会 理事)

 開会挨拶  笹原弘之 氏 14:00〜14:15
主催者挨拶 西田典秀 氏 (岡山県工業技術センター 所長)

  基調講演 14:15〜15:25
「Hondaが目指す“カッコよくて凄く軽い”車造りへの挑戦!!」
(ホンダエンジニアリング(株) 執行役員 車体領域執行責任者、
  型技術協会 副会長 田岡 秀樹 氏)
休憩 15:35〜16:45

  基調講演◆
「牧野フライスが目指す先端的金型づくりと工作機械」 
((株)牧野フライス製作所 加工技術本部 加工技術部 
  ゼネラルマネージャ、型技術協会 理事 金谷潤 氏 )
閉会挨拶 16:45
17:00〜18:30  技術懇談会(懇親会)

■参 加 費:講演会参加費 無料 懇親会参加費 一律3,000円 
※懇親会費は当日の受付にてお支払いください。領収書を発行致します。

■募集人数:85名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

■申込締切:10月2日(火)

■申込方法:型技術協会ホームページより申込
        http://www.jsdmt.jp/

■問 合 先:一般社団法人 型技術協会
〒231-0011 横浜市中区太田町6-79 アブソルート横濱馬車道ビル201号室
TEL:045-224-6081 FAX:045-224-6082 E-mail:info@jsdmt.jp

2012-10-09 (火)  【10/9】中国進出日系企業の人事&労務戦略開催のご案内(岡山県国際経済交流協会)

 この度、OIBAでは、中国進出日系企業が直面する現地人事、労務問題への処法について次のとおりセミナーを開催いたします。参加無料、多くの皆様のご参加をお待ちしています。

1 期日 平成24年10月 9日(火) 午後 3時 〜 5時

2 会場 岡山市北区下石井2−6−41 ピュアリティまきび 電話 086−232−0511

3 講演概要
(1) 現地化の“理想解”の呪縛を解き“現実解”で前進する !
(2) 中国で人材マーケティングする際の“落とし穴”
(3) 中国では日本仕様の人事制度はNG
(4) 中国人を育成する日本人の“ストレス”を解決する !
 (5) 日本人のグローバル化教育は言語教育に依存しすぎず、「ルートY」で !

4 講師
篠 崎 正 芳 (しのざき まさよし)氏
   株式会社J&G HRアドバイザリー代表取締役社長
   グローバル人事組織マネジメントコンサルタント
   1963年生、(株)富士銀行、外務省在外公館派遣(在豪州日本大使館)、全日本空輸(株)、
   日本能率協会コンサルティング(株)、マーサーヒューマン・リソースコンサルティング 
   (株))取締役グローバル化人事戦略コンサルティング代表などを経て、2007年から現職

5お問い合わせ
 〒700−0026岡山市北区奉還町2−2−1
 岡山県国際経済交流協会(OIBA) 柏野
 TEL:086−214−5001 FAX:086−256−1005
 URL : http://www.optic.or.jp/oiba/

2012-10-09 (火)  【10/9】平成24年度 第3回MOT見学会 開催のご案内(岡山大学産学官融合センター)

 MOT( Management of Technology:技術的事業の経営 )とは、技術を基盤とする事業を持続的に発展させるための経営に関する学問分野です。
 この見学会では、岡山県内・近隣地域の製品開発型企業を訪問して、製品開発戦略や知的財産戦略、経営の姿勢などについて、その企業の経営層からお話しをいただいています。
 今回は、岡山県玉野市にあります新中野工業株式会社様の、工場・製品を見学いただけます。皆様のご参加をお待ちしています。

  プログラムはこちらのページに掲載:MOT見学会
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_02.html#kengaku 
   
-------------  平成24年度 第3回MOT見学会  ---------------

1.日  時:平成24年10月9日(火)13:30〜15:25

2.会  場:新中野工業株式会社 玉野工場 
       〒706-0001岡山県玉野市田井6丁目7番1号
       http://www.iidagroup.co.jp/sinnakano/company.html

       ※新中野工業株式会社様より駐車場の誘導があります。
        お車ご希望の方は、開始予定より早めにお越し下さい。
        また、なるべく乗りあわせのご協力をお願い致します。

3.事業内容:醸造用精米機、精選機、計量機、原料米処理設備など
       穀類精製加工の製造・販売、およびこれらに関連する
       施設の設計・施工工場自動化システム、機械制御システムの
       設計・施工、精米事業、発芽玄米製造販売業

4.募集定員:15名(MOTセミナー受講者を優先します)
       ※同業者の方はお申し込みをご遠慮下さい。

5.日  程:13:30〜13:40 開会挨拶
       13:40〜14:10 会社概要、経営戦略、差別化、人材育成等説明
       14:10〜14:30 工場見学
       14:30〜14:45 休憩、名刺交換
       14:45〜15:15 質疑応答 
       15:15〜15:25 閉会挨拶、見学謝辞、記念写真撮影

6.申込方法:以下のお申し込みフォームにご記入頂き、E-mailまたは
       FAXで融合センター宛に送付下さい。◆締め切り :9/28(金)

7. 注意事項: 写真撮影は禁止です。         

  プログラムはこちらのページに掲載:MOT見学会 
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_02.html#kengaku
-------------------------------------------------------------------
  《 平成24年度 第3回MOT見学会 お申し込みフォーム 》

 □氏名(ふりがな) :
 □勤務先      :
 □所属       :
 □(職名)     :
 □勤務先住所    :〒
 □TEL        :
 □FAX        :
 □E-mail      :
 □緊急連絡先    :
 □交通手段     :自動車              その他
 □他に乗りあわせる人:※既に決まっていればご記入下さい。

 □産学官融合センターからのメールマガジンを
           :希望する  希望しない  すでに受信済み

2012-10-05 (金)  【10/5】「補助金等支援制度説明会(津山会場)」開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 県内産業の活性化を図るため、新製品・新技術の開発を行う県内の中小企業者等を対象とした補助金制度説明会を開催いたします。
 今回、県北で初めて説明会をいたしますので、ぜひ、ご参加ください。

 
■日 時  平成24年10月5日(金) 14:00〜16:00

■会 場  津山国際ホテル 桜華の間(津山市山下98−2)

■内 容  (1)きらめき岡山創成ファンド
       (2)戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)
       (3)岡山県産業振興財団 技術支援部事業説明
       (4)個別相談

■定 員 60名程度

■申込方法 下記URLよりお申し込みください
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/126.html

○問合先
 公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課    
   (担当:三竿、福島)
  〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
    TEL:086-286-9651 / FAX:086-286-9676 / Email: kaihatsu@optic.or.jp

2012-10-02 (火)  【10/2から計4回開催】「初めての海外進出」勉強会のご案内(ジェトロ岡山)

 中小企業にとって「初めての海外進出」は不安材料が多いものです。
 そこでジェトロ岡山では、初めて海外での現地法人設立をめざす中小企業(主に製造業)を対象に、中国・ASEAN地域への進出を前提として、海外進出に向けた基礎的な知識・情報を提供する勉強会を、全4回シリーズで開催します。
 皆さま、是非ご参加下さい。

■日時
第1回:2012年10月2日(火曜)  13時30分〜15時30分
第2回:2012年10月16日(火曜) 13時30分〜16時45分
第3回:2012年10月23日(火曜) 13時30分〜16時45分
第4回:2012年10月30日(火曜) 13時30分〜16時45分

■場所 :メルパルク岡山 光琳(岡山市北区桑田町1-13)

■内容
<第1回>
「アジア主要国比較」、「中小部品サプライヤーの経営実態とアジア展開の現状・
課題」
中国・ASEANを中心とした各国のビジネス環境比較
講師:ジェトロ・アジア大洋州課 課長代理 伊藤 博敏

<第2回>
「事前準備」、「工場設立」
目的の明確化、事前調査、進出形態の選択、F/S策定、外貨規制など
工場立地の選定、法人設立、工場建設、役員の派遣、人員採用計画など
講師:「事前準備」ジェトロ大阪本部 アドバイザー 伊東 孝之
    「工場設立」ジェトロ大阪本部 アドバイザー 竹村 仲生

<第3回>
「工場運営」、「販売体制」
生産管理・品質管理の現地導入、人事制度、離職防止、人材育成など
販売体制整備、販路開拓方法、販売代金回収、価格決定など
講師:「工場運営」ジェトロ大阪本部 アドバイザー 石本 和夫
    「販売体制」ジェトロ大阪本部 アドバイザー 堤 章

<第4回>
「現地法人の経営管理の留意点」
インド、インドネシア、中国、ベトナムを例に
講師:インド、インドネシア ジェトロ大阪本部 アドバイザー 石本 和夫
    中国、ベトナム ジェトロ大阪本部 アドバイザー 竹村 仲生

■主催 :ジェトロ岡山

■対象 :海外進出に関心のある企業(特に製造業)
(コンサルティング業などの海外進出支援企業は除く)

■参加費(全4回一括受講)
一般:20,000円
会員:10,000円 会員とはジェトロ有料会員制度を指します。

※申込受付後、請求書をご送付しますので、9月24日(月曜)までに
指定の銀行口座までお振込みください。
(振込手数料は振込人のご負担でお願いします。)
入金確認後、9月28日(金曜)までに受講票をFAXでご送付しますので、
当日ご持参ください。

■定員 :40名(先着順)

■お申し込み方法:下記URLよりお申込みください
http://www.jetro.go.jp/jetro/japan/okayama/events/20120712321-event

■お申し込み締め切り :2012年9月21日(金曜)

■お問い合わせ先 :ジェトロ岡山(担当:森内)
TEL:086-224-0853 FAX:086-224-0854
E-mail:oka@jetro.go.jp

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
日本貿易振興機構(ジェトロ) 岡山貿易情報センター

〒700-0985
岡山県岡山市北区厚生町3-1-15
岡山商工会議所ビル6F 
TEL:086-224-0853 FAX:086-224-0854
E-MAIL:oka@jetro.go.jp
http://www.jetro.go.jp/jetro/japan/okayama/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2012-10-02 (火)  【10/2】さんさんコンソ「知財育セミナー」(10月度)のご案内

 さんさんコンソ(中国地域産学官連携コンソーシアム)では、中国地域全体の知財スキルアップを目指したセミナーを企画しています。
 このセミナーでは、知的財産について基本から段階的に学べます。
 知財に係わりのある方、興味のある方は、是非ご参加ください。
 セミナー講習は無料です。テキスト、知財関連書籍も無償配布いたします。
 
 ◆「知財基礎教育?」A1コース(初級)
 ・開催日:10月2日(火)13:00〜16:30
 ・会 場:岡山大学 創立50周年記念館 2階大会議室
 ・講義内容:
   特許、実用新案、意匠、商標等の知財全般にわたる解説。
   初めて知財に関連する研修を受講したい方にも、わかりやすい内容の
   初心者向けセミナーです。
  「知的財産管理技能検定(3級)」試験の勉強にも役立ちます。

 ◆「知財実務教育?」A2コース(中・上級)
 ・開催日:10月17日(水)13:00〜16:30
 ・会 場:岡山大学 研究推進産学官連携機構2階 ミーティングルーム
 ・講義内容:
  特許実務に焦点を絞った中・上級セミナー。 
  「特許出願に必要な書類作成(特許明細書・記載要件とその留意点)」
  「発明が特許として成立するには(特許制度と特許要件)」

 ◆「知財実務教育?」A3コース(中・上級)
 ・開催日:10月31日(水)13:00〜16:30
 ・会 場:岡山大学 情報統括センター 情報実習室(4)
 ・講義内容:
   特許実務に焦点を絞った中・上級セミナー。
   「日本および外国での出願から特許件取得(審査手続と審査経緯・
    PCT出願)」

 ※いずれも参加費は無料です(事前に参加申込をお願いします。)

 ※「知財実務教育?」A2コース(10/17)、「知財実務教育?」A3コース
  (10/31)、「知財実務教育?」A4コース(11/12)は、セットでの受講を
  おすすめします。

 ※詳細・申込はこちらのページをご覧ください。
     http://sangaku-cons.net/contents/ikusei03.html

 ◆お申し込み・お問い合せ
  さんさんコンソのホームページから申込書をダウンロードし、
  必要事項をご記入の上、下記事務局へメールまたはFaxで開催日の
  4日前までにお申し込み下さい。
              
   「中国地域産学官連携コンソーシアム 事務局」
    担当:松下・本松
    TEL:086-251-7151 Fax:086-251-8442
    E-mail: info@sangaku-cons.net

2012-10-01 (月)  【10/1】「中国地域産総研技術セミナー in 岡山」のご案内(岡山県工業技術センター)

 独立行政法人 産業技術総合研究所(産総研)では、産総研の研究活動や開発技術をご紹介するとともに、地域と産総研の技術的・人的ネットワークを図ることを目的としてセミナーを開催しています。今回は、「植物工に利用可能な要素技術」について最新の研究成果についてご紹介します。
 さらに産総研における研究活動や地域連携活動に関する最新情報も併せてご紹介いたします。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

■日時:平成24年10月1日(月) 13時30分より
 場所:岡山ロイヤルホテル
(岡山市北区絵図町2−4 電話:086-255-1111)

■主催:(独)産業技術総合研究所、岡山県工業技術センター
    中国経済産業局(財)岡山県産業振興財団

■後援:(公財)ちゅうごく産業創造センター、
    (社)中国地域ニュービジネス協議会、
    中国地域産学官コラボレーションセンター

■定員:60名(参加費無料、申し込み順:定員になり次第、締め切ります)

■内容:
・開会挨拶(13:30〜13:35)
岡山県工業技術センター 所長 西田 典秀

・講演1(13:35〜13:50)
 「産総研の概要紹介、地域イノベーション創出共同体形成事業の紹介(仮)」
  (独)産業技術総合研究所 中国センター 所長 中村 修

・講演2(13:50〜14:35)
 「LED技術(未定)」
  (独) 産業技術総合研究所 健康工学研究部門 主任研究員 田村繁治

・講演3(14:35〜15:20)
 「省エネルギー型シイタケ菌床栽培のための高度環境制御装置の開発と運用」
  浅野産業株式会社 専務取締役 明貝文夫

 休憩(15:20〜15:30)

・講演4(15:30〜16:15)
 「燃焼排ガスからの二酸化炭素回収と農業分野への応用(仮)」
  (独)産業技術総合研究所 地圏資源環境研究部門 
     地圏化学研究グループ 主任研究員 鈴木正哉

・講演5(16:15〜17:00)
 「継続的次世代型地下水利用―地中熱による省エネルギー社会―(仮)」
    (独)産業技術総合研究所 地圏資源環境研究部門
     地下水研究グループ 主任研究員 内田 洋平

・交流会 17:15〜 (会費制で実施予定)

[申し込み、問い合わせ]
参加者の氏名、所属(企業等)名、電話番号、交流会への参加・不参加
を記して、電子メール又はFAXにて9月24日(月)までに下記にお申し
込みください。
(いただいた個人情報は当セミナー関連以外に用いることはありません)
担当:産業技術総合研究所 中国センター 三島康史
(広島県東広島市鏡山3-11-32)
電話:082-420-8297、 FAX:082-420-8281
電子メール:c-ic-ml@aist.go.jp

2012-09-28 (金)  【9/28】第4回 OMIC事業推進セミナーのご案内(メディカルテクノおかやま)

 おかやまメディカルイノベーションセンター(OMIC)」(岡山大学医療系キャンパス内に設置)は、分子イメージング技術を核とした、産学官連携による医療産業の創成を目指しております。
 このたび、その事業を推進するための第4回セミナーを下記により開催しますので、ご参加くださいますよう、ご案内いたします。

【日 時】 平成24年9月28日(金) 16:00〜17:05

【場 所】 岡山大学鹿田キャンパス(岡山市北区鹿田町2−5−1)

総合教育研究棟1階データ解析検討室
(地図)http://www.okayama-u.ac.jp/jp/shikata_j.html

【参加費】 無 料

【主 催】
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター
特定非営利活動法人メディカルテクノおかやま

◆プログラム
1 開会挨拶(16:00〜16:05)

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター長 公文 裕巳

2 講 演(16:05〜17:05)

「大阪大学における分子イメージングの取り組み」
講師:大阪大学大学院医学系研究科 准教授 渡部 浩司 氏

【概要】

大阪大学では創薬の開発促進、臨床応用の迅速化を目的に、2010年6月、医学系研究科に、附属PET分子イメージングセンターが開設された。このセンターの特徴は、PETを用いた創薬研究において、民間企業との橋渡しを行い、臨床治験に直結する研究を行うなど、日本国内においてたいへんユニークな活動を行っている。今回の発表では、このようなセンターを実際に運用する上でのさまざまな取り組み、そして、今後の大阪大学PET分子イメージングセンターの展望に関して述べる。

★参加お申込はホームページからお願いいたします。
http://www.optic.or.jp/medical/info_detail/show/200.html

※このセミナーは、博士課程授業科目の「研究方法論(基礎・応用)の授業に出席したとみなされる講演会」としてカウントすることが可能です。“授業とみなす講演会出席記録簿”を持参して、開催担当教授の印を受けて下さい。

.......................................................
特定非営利活動法人 メディカルテクノおかやま
岡山県医用工学研究会 事務局
〒 700−8558
岡山市北区鹿田町2−5−1
総合教育研究棟 1階
TEL&FAX:086−234−0067
E-mail:medical@optic.or.jp
HP http://www.optic.or.jp/medical/
...................................................................

2012-09-27 (木)  【9/27・28】「産学官連携推進会議(11回)/イノベーション・ジャパン2012」開催のご案内

『国内最大規模の産学連携マッチングイベント』

政府や、科学技術振興機構、新エネルギー・産業技術総合開発機構の取り組みが一堂に会し、日本の産学連携を推進するイベント「産学官連携推進会議(11回)/イノベーション・ジャパン2012」が開催されます。今回はさまざまな講演・発表や、約300件もの大学等の研究成果展示などを通じて、開発技術を産業へとつなげる場をご提供します。貴重なこの機会を是非ご活用ください。

■日 時  平成24年9月27日(木) 9:30 〜 17:30
              9月28日(金) 10:00 〜 17:00

■場 所  東京国際フォーラム
       (東京都千代田区丸の内3丁目5−1)

 ※ 詳しくはこちらをご覧ください。
   →http://www.innovation-japan.jp/

2012-09-26 (水)  【9/26】平成24年9月度 ORIC交流会・セミナーのご案内

 毎月恒例のORIC交流会及びセミナーを下記の通り開催いたしますのでご案内申し上げます。
 多数の方々の参加をお待ちしております。

●日 時:平成24年9月26日(水)
     交流会:12:00〜13:00(受付11:30〜)
     セミナー:13:05〜14:30(受付13:00〜)

●場 所:岡山リサーチパーク インキュベーションセンター(ORIC)
     2階 交流サロン(岡山市北区芳賀5303)http://www.oric.ne.jp/

●スケジュール
------------------------------------------------------------
機欷鯲会の部/12:00〜13:00(受付11:30〜)
------------------------------------------------------------
お食事をとりながら、入居企業紹介をお聴きいただきます。

1.入居企業紹介(12:20〜12:45)
  「植物性ケフィアで健康食品業界に新たな風を
    〜乳酸菌と酵母の共生発酵に魅せられて〜」
   ReLife Lab(株) 代表取締役 桑木信輔 氏

2.名刺交換会(12:45〜13:00)

≪参加費(お弁当代)≫ 400円
≪申込み締切≫ 平成24年9月24日(月)

-------------------------------------------------------------
供櫂札潺福爾良堯13:05〜14:30(受付13:00〜)
-------------------------------------------------------------
≪テーマ≫ 「企業成長を実現する経営
          〜新規開業者への応援メッセージ〜」

≪講 師≫ フューチャーベンチャーキャピタル(株)
      常務執行役員 木村美都 氏

≪プロフィール≫
1952年 京都市生まれ。 
1976年 慶應義塾大学経済学部卒業後 中小企業金融公庫入庫。
1984年 アクタスパワードライブ(株)設立に参画、代表取締役就任。
1991年 アクタスパワードライブの親会社と米国ユニコ社の
合弁会社ユニコ・ニッキ(株)の設立に参画、代表取締役就任。
2000年 フューチャーベンチャーキャピタル(株)取締役に就任、その後常務取締
役。
2009年 同社常務執行役員チーフインベストメントオフィサー、 現在に至る。
・京都大学など7大学で非常勤・臨時講師
・近畿経済産業局、京都府、京都商工会議所などに係わる多数の公的役職も兼務

≪参加費≫ 無料

●お申込み 下記項目をご記入の上、ORICスタッフルームまでお願いします。
 お問合せ  TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117 E-MAIL:info@oric.ne.jp

----------≪ORIC交流会・セミナー申込書(9/26開催)≫-----------

・参加者氏名(ふりがな)・役職
・所属団体/会社名
・連絡先住所 〒
 TEL.   FAX.   E-MAIL.
・参加希望 : [省参加 交流会のみ参加 セミナーのみ参加

-------------------------------------------------------------
※ 関連部署の皆様へ転送いただけると幸いです

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
支援スタッフルーム
岡山リサーチパーク 
インキュベーションセンター(ORIC)
〒701-1221 岡山市北区芳賀5303
TEL:086-286-9116 FAX:086-286-9117
E-mail:info@oric.ne.jp
URL:http://www.oric.ne.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2012-09-24 (月)  【9/24】平成24年度きらめき岡山創成ファンド支援事業助成金の後期募集に係る説明会開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 平成24年度きらめき岡山創成ファンド支援事業助成金の後期募集を本日9月18日(火)から開始します。
 新たな研究開発や販路開拓を考えておられる方は是非ご応募下さい。
 また、募集にあたり、本事業の概要や申請手続きについての説明会を下記のとおり開催いたしますので、ご参加下さい。
 なお、説明会終了後には個別の相談会を予定しております。

             記

◆募集説明会(申込不要で、どなたでも参加できます。)
 日時:平成24年9月24日(月) 14:00〜16:00
 場所:テクノサポート岡山 研修室(岡山市北区芳賀5301)
 内容:,らめき岡山創成ファンドについて
    個別相談会


◆きらめき岡山創成ファンドの詳細については
 下記アドレスからHPをご確認下さい。
  http://www.optic.or.jp/nc/?page_id=50


問合せ先
 公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課(担当:田辺、喜井、赤木)
  TEL. 086-286-9651  FAX. 086-286-9676
  E-mail:kaihatsu@optic.or.jp

2012-09-21 (金)  【9/21】第2回おかやま次世代自動車セミナー〜次世代自動車の技術開発動向と今後の展望〜開催のご案内(岡山県産業振興財団)

 この度、岡山県と(公財)岡山県産業振興財団の共催により、第2回おかやま次世代自動車セミナーを開催させて頂きます。
 6月に開催しました第1回おかやま次世代自動車セミナーでは、三菱自動車工業株式会社 代表取締役社長 益子修氏をお招きして、特別講演会を行いました。
 第2回セミナーでは、次世代自動車の技術開発動向と今後の展望と題し、自動車メーカー、関連部品メーカーより3名の講師の方をお招きします。
 是非、皆様ご参加ください。

◆◇◆セミナー案内◆◇◆

◆日時:平成24年9月21日(金) 13時00分〜16時00分 (受付は12時30分より)

◆場所:テクノサポート岡山 大会議室 (岡山市北区芳賀5301)
     http://www.optic.or.jp/?page_id=30

◆費用:無料

◆内容:1 中国地域の自動車産業振興に係る取り組み紹介
           中国経済産業局 地域経済部 産学官連携・産業クラスター担当
                         参事官 近村 淳 氏

    2 次世代自動車の技術開発動向に係る講演会
      講演 崋動車開発の動向と求められる技術」(約60分)
         三菱自動車工業株式会社 開発本部 副本部長 西原 辰朗 氏
     
      講演◆崔坐覗^殃9膾爐竜蚕儚発状況と今後の展開の可能性」(約45分)
         三菱レイヨン株式会社 豊橋技術研究所 主席研究員 佐々木 章亘 氏

      講演「電動車両用モーター、インバーターの技術動向」(約45分)
         日立オートモティブシステムズ株式会社 パワートレイン&電子事業部 
           パワートレイン設計本部 制御システム設計部長 嶋田 耕作 氏
      
◆締切:平成24年9月14日(金)17時まで
         ※財団HP内の下記のページの申し込み用紙よりお申し込みください。
         http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/115.html
         ※また参加人数には限りがありますのでお早めにお申し込みください

◆お問合せ・お申込み先
 公益財団法人 岡山県産業振興財団 技術支援部
 次世代自動車技術研究開発センター(担当:猪口、畠中)

〒701-1221岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山 
  Tel  086-286-9692 / Fax 086-286-9693 /nhatanaka@optic.or.jp
        
◆主催:岡山県 (公財)岡山県産業振興財団

2012-09-21 (金)  【9/21】「URAキックオフシンポジウム『新たな研究の展開を目指して』」開催のご案内(岡山大学)

 岡山大学では,本年9月1日より、新たにリサーチ・アドミニストレーター(URA)制度を設け,研究活動のさらなる強化を図ることとしました。
 つきましては,URAに期待する具体的な役割や機能と,URAの効果的な活用やURAの周知を図るために,キックオフシンポジウムを開催いたします。
 ご多忙の折ではございますが,是非ご出席いただきますよう,ご案内申し上げます。

<日 時> 平成24年9月21日(金)12:40〜15:30

<場 所> 岡山大学創立五十周年記念館 多目的ホール

<プログラム>
◆開会挨拶  岡山大学長 森田 潔
◆基調講演
「日本におけるリサーチアドミニストレーター(URA)導入の動向(仮題)」
  早稲田大学 研究戦略センター 准教授 松永 康 氏
「岡山大学の研究戦略とURA −URAへの期待−」
  岡山大学 理事(研究担当)・副学長 山本 進一
◆パネルディスカッション「岡山大学URA活動のこれから」
 <パネリスト> 
  岡山大学 自然科学研究科長 則次 俊郎
  岡山大学 医歯薬学総合研究科研究開発委員会 委員長 成瀬 恵治
  岡山大学 シニアURA 沼口 徹
  岡山大学 シニアURA 古矢 修一
 <コメンテーター>
  早稲田大学 研究戦略センター 准教授 松永 康 氏
 <モデレーター>
  岡山大学 研究推進産学官連携機構 副機構長 渡邊 裕
◆質疑応答
◆閉会

<詳細・申込み>
 http://www.okayama-u.ac.jp/tp/event/event_id750.html

2012-09-20 (木)  【9/20】岡山県異業種交流プラザ協議会 平成24年度「特別セミナー」 のご案内

 岡山県異業種交流プラザ協議会は、県下の異業種交流活動の推進により県内産業の発展に寄与することを目的として昭和60年に設立されました。現在、県内の様々な業種の中小企業経営者を主体とした約180名の会員で構成され、10の交流グループ(プラザ)に分かれて活動しています。各プラザによる年間活動や協議会主催の交流行事などを行い、相互連携による経営諸問題の解決や経営者としての資質向上、並びに視野識見の拡大に取り組んでいます。
 このたび岡山県異業種交流プラザ協議会と公益財団法人岡山県産業振興財団では、ジャーナリストの視点で今後の設備投資を鋭く予見する産業タイムズ社の泉谷社長と、従来の1/10の消費電力で“そよ風”に近い静音性能をもつ扇風機を大ヒットさせた注目の若手経営者、バルミューダの寺尾社長を講師に迎え、平成24年度特別セミナーを開催します。
 会員以外の方の参加も歓迎ですので、ぜひこの機会に協議会活動をご体感下さい。多数のご参加をお待ちしています。

■日 時  平成24年9月20日(木) 15:00〜17:50

■会 場  アークホテル岡山 3階 牡丹の間 (岡山駅徒歩7分)
          ※アクセス→ http://okayama.ark-hotel.co.jp/access.html

■主 催  岡山県異業種交流プラザ協議会
        公益財団法人岡山県産業振興財団

■後 援  岡山県、岡山県中小企業団体中央会、岡山県商工会議所連合会、
        岡山県商工会連合会

■参加費  無 料

■定員等  100名

■プログラム

 15:00〜15:05
   主催者挨拶
      岡山県異業種交流プラザ協議会 会長 小川 健

 15:05〜16:30
   講演機 悖稗圈殀焼蛎痢欖超−医療の新潮流に注目せよ!
            〜設備投資の方向性が劇的に変換〜  』
      株式会社産業タイムズ社 代表取締役社長 泉谷 渉 氏

   <講師紹介>
     1977年に産業タイムズ社入社以来、半導体記者として活躍。
     半導体新聞発刊とともに編集長に就任。現在、代表取締役社長兼
     編集局長。
     主著『電子材料王国ニッポンの逆襲』『ニッポンの素材力』他

 16:45〜17:45
   講演供 悒レージ企業から“ヒット商品”を出すまで
         〜圧倒的な静音性と省エネ!
            人と環境に優しい扇風機ができるまで〜』
      バルミューダ株式会社  代表取締役社長 寺尾 玄 氏

   <講師紹介>
    高校中退後、スペイン、イタリア、モロッコなど地中海沿いを放浪。
    帰国後、音楽活動に専念。バンド解散後、ものづくりの道を志す。
    独学と工場への飛び込みにより、設計、製造を習得。

 17:45〜17:50
   謝 辞
      岡山県異業種交流プラザ協議会 副会長 佐藤 能之
 

■申込方法
   下記URLよりお申し込みください (9月10日まで)
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/103.html

■お申込み・お問合せ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:石部・竹内
     TEL 086−286−9652
     FAX 086−286−9675

2012-09-19 (水)  【9/19】「平成24年度 産業創出講演会」開催のご案内(ちゅうごく産業創造センター)

 理化学研究所と富士通株式会社が共同開発中の世界最速レベルのスーパーコンピューター「京」は、本年秋には本格稼働し,供用開始されます。
 一般的なパソコンの数十万台に相当する計算能力を生かしたシミュレーションは,医療・創薬、新エネルギー,防災など幅広い分野に活用が可能で,科学技術立国日本の将来に大きく貢献するものと期待されています。
 この度,本プロジェクトの立ち上げ当初から関与されている富士通株式会社の技術者をお招きし,「京」の最先端技術を中心に,開発過程での秘話や本プロジェクトに対する経営者や開発者の想い等,産業界の経営者・技術者のものづくりに参考となるお話を伺う講演会を開催することとしました。
 多数の皆様のご来場をお待ちしております。

<日 時> 平成24年9月19日(水) 14:00〜16:00

<場 所> ホテルグランヴィア広島 4階 悠久の間
      (広島市南区松原町1-5)

<演 題> 世界を変えるスーパーコンピューター“京”の開発とその可能性

<講 師> 富士通株式会社 
       テクニカルコンピューティングソリューション事業本部
                      マネージャー 松本 孝之 氏

<定 員> 200名

<参加費> 無料

<詳細・申込み>
 http://www.ciicz.jp/topics/240919-kouen.doc

2012-09-19 (水)  【9/19】平成24年度知的財産権制度説明会(初心者向け)開催のご案内<一般社団法人岡山県発明協会>

 特許や商標などの知的財産権の基礎的な内容について学びたい方、興味がある方など、初心者レベルの方を対象に本説明会を開催いたします。
 参加費は無料で、どなたでも参加いただけますので、この機会に奮ってご参加ください。

<日時>
  平成24年 9月19日(水) 13:30〜17:00

<会場>
  テクノサポート岡山 大会議室 (岡山市北区芳賀5301)

<定員>
   100名

<参加費>
   無料

<説明内容>
  ○特許法・実用新案法・意匠法・商標法の概要
  ○産業財産権に関連する支援策の紹介
  ※説明会のテキストは、開催当日に受付にて配布致します。

<講師>
  特許庁 産業財産権専門官

<主催>
   特許庁/各経済産業局特許室/内閣府沖縄総合事務局特許室

<お申込>
  以下のアドレスからお申し込みください。
  http://www.jiii.or.jp/h24_beginner/index.html

(定員になり次第、締切りとさせていただきます。)

<お問合せ>
  お申し込み・会場に関するお問合せ
    一般社団法人岡山県発明協会 電話:086-286-9656
  その他説明会全般に関するお問合せ
    一般社団法人発明推進協会 知的財産総合支援グループ 電話:03-3502-5436

**************************
一般社団法人岡山県発明協会
          中尾 尚美
 
 岡山市北区芳賀5301
 TEL 086−286−9656
 FAX 086−286−9678
 E-mail nnakao@optic.or.jp
**************************

2012-09-19 (水)  【9/19】「第3回グローバル30産学連携フォーラム」開催のご案内(日本経済団体連合会)

 経団連では,一昨年・昨年に引き続き,政府の「大学の国際化のためのネットワーク形成事業」(グローバル30)の下で国際化の拠点として採択された13大学との共催により,標記フォーラムを開催します。
 当日は,大学・産業界・政府の代表により,大学の国際化とグローバル人材の育成に向けて求められる取り組みや,期待される産学連携などについて,分科会でのパネル討議も含め,興味深い意見交換がなされるものと存じます。

 ※グローバル30採択大学
   東北大学/筑波大学/東京大学/名古屋大学/京都大学/大阪大学/九州大学/
   慶應義塾大学/上智大学/明治大学/早稲田大学/同志社大学/立命館大学

<日 時> 平成24年9月19日(水) 14:00〜17:50

<場 所> 経団連会館 2階 国際会議場(大会場)
               経団連ホール北・南(分科会会場)

<内 容>
 全体テーマ :「社会のグローバル化と国際人材の育成に向けて」
 分科会テーマ:「大学の国際化とグローバル人材育成のための取組について」

<詳細・申込み>
 http://www.uni.international.mext.go.jp/info/2012/06/global-30-sangaku-renkei-2012/?lang=ja

2012-09-14 (金)  【9/14】「平成24年度第1回 医療福祉機器研究交流会」開催のご案内(ちゅうごく産業創造センター)

 今後,高齢化社会の進行とともに,医療・福祉機器分野の市場は大きく拡大することが予想され,中国地域でも各大学や公的研究機関での医療技術・機器開発の取り組みも活発化しております。こうした背景を踏まえ,当センターでは,大学における研究シーズや医療現場でのニーズを元に中国地域の企業の医療福祉機器ビジネスへの新たな参入や新製品化・事業化の支援の一環として,「医療福祉機器研究交流会」を開催しております。
 今回の研究交流会では,医療機器について豊かな知見をお持ちの国立循環器病センター(大阪府)の妙中研究開発基盤センター長に「医療機器の現状の課題や今後の展望」について基調講演していただきます。また,大学の研究シーズ紹介として,広島大学の末田教授から「人工心肺装置の体外循環操作訓練用シミュレータの開発」,同大学の三宅教授から「オンサイト・オンデマンド向けマイクロ分析デバイス〜紙ベースの分析チップ作製技術を中心に〜」,岡山大学の岡教授から「胃部X線撮影支援〜圧迫装置」と題してお話しいただきます。さらに,医療機器のニーズ紹介として岡山大学の松野講師より医療従事者の放射線被ばく低減を実現する「低侵襲がん治療を実現するロボティックIVRの開発」についてお話しいただきます。
 本研究交流会を中国地域での医療福祉機器ビジネスの拡大に向けた技術シーズ・ニーズ情報の収集及びマッチング機会の場としてご活用ください。

<日 時> 平成24年9月14日(金)13:30〜17:00
                  (情報交換会17:10〜18:40)

<場 所> 広島グランドインテリジェントホテル 2階「芙蓉の間」
      (広島市南区京橋町1−4)

<プログラム>
◆基調講演
 「医療機器の現状と課題、今後の展望」(仮)
   国立循環器病研究センター 研究開発基盤センター長 妙中 義之 氏
◆講演1
 「体外循環操作訓練シミュレータ開発と血栓可視化装置の開発」
   広島大学大学院 医科薬保健学研究院 教授 末田 泰二郎 氏
◆講演2
 「オンサイト・オンデマンド向けマイクロ分析デバイス
            〜紙ベースの分析チップ作製技術を中心に〜」
   広島大学 ナノデバイス・バイオ融合科学研究所
            分子生命情報科学研究部門 教授 三宅 亮 氏
◆講演3
 「胃X線撮影支援〜圧迫装置(技師支援)について」
   岡山大学大学院 保健学研究科
                検査技術科学分野 教授 岡 久雄 氏
◆講演4
 「低侵襲がん治療を実現するロボティックIVRの開発」
   岡山大学大学院 自然科学研究科
               産業創成工学専攻 講師 松野 隆幸 氏

<参加費> 1,000円(情報交換会:3,500円)

<定 員> 100名程度(先着順)

<詳細・申込み>
 http://www.ciicz.jp/topics/240914-iryo1.doc

2012-09-13 (木)  【9/13】「地域イノベーション創出2012 in しまね」を開催します!(中国地域産学官コラボレーション会議)

 中国地域産学官コラボレーション会議では,中国地域におけるイノベーション創出の機運を一層高めるため,産学官連携活動の取組事例や地域の視点で考える産学金官連携の方向性等を紹介するシンポジウムおよび交流会を開催いたします。
 多数の皆様のご来場をお待ちしておりますので,ぜひご参加下さい。

<日 時> 平成24年9月13日(木)13:45〜17:50
                  (交流会18:00〜19:15)

<場 所> くにびきメッセ 3F 国際会議場(松江市)

<定 員> 250名

<参加費> 無料(ただし,交流会は2,000円/人)

<プログラム>
◆挨拶
 開催県挨拶  島根県 知事      溝口 善兵衛 氏
 主催者挨拶  中国経済連合会 会長  山下 ?
        中国経済産業局 局長  井辺 國夫
◆記念講演『出雲神話と医薬・看護』
  国立大学法人島根大学 学長  小林 祥泰 氏
◆基調講演『産学官における地域イノベーション』
  (独)科学技術振興機構 理事長  中村 道治 氏
   (元 (株)日立製作所 執行役副社長)
◆経済産業省の産業技術戦略
  『共同研究成果の実用化に向けて ―技術研究組合制度の活用など―』
    経済産業省 産業技術環境局 技術振興課 課長  藤原 豊 氏
◆産学官連携・イノベーション創出の取組紹介
 (株)コーポレーションパールスター 専務取締役  新宅 光男 氏
 ⊂捷哨┘襯瓮奪(株) 代表取締役         曽田 康男 氏
◆パネルディスカッション『地域の視点で考えるイノベーション』
(モデレータ)島根県産業技術センター 所長       吉野 勝美 氏
(パネリスト)ナカシマメディカル(株) 常務取締役    蔵本 孝一 氏
       国立大学法人山口大学 大学研究推進機構
                産学公連携センター長  堤  宏守 氏
       (株)山陰合同銀行 常務執行役員      小田 光則 氏
       (公財)鳥取県産業振興機構 代表理事理事長 金田 昭 氏
◆交流会(1F 多目的ホール)

<詳細・申込み>
 http://c-collabo.jp (中国地域産学官コラボレーション会議HP)
  ※「コラボレーションセンターからのお知らせ」をご覧いただき『参加申込
   フォーム」に必要事項を記入のうえお申込み下さい。
   (FAX用参加申込書を含む開催案内チラシもダウンロードできます。)

2012-09-13 (木)  【9/13】平成24年度 第2回MOT見学会 開催のご案内(岡山大学)

MOT( Management of Technology:技術的事業の経営 )とは、技術を
基盤とする事業を持続的に発展させるための経営に関する学問分野です。

 この見学会では、岡山県内・近隣地域の製品開発型企業を訪問して、製品
開発戦略や知的財産戦略、経営の姿勢などについて、その企業の経営層から
お話しをいただいています。

 今回は、岡山県総社市にあります株式会社アステア様の、工場・製品を
見学いただけます。皆様のご参加をお待ちしています。


  プログラムはこちらのページに掲載:MOT見学会
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_02.html#kengaku 
   
-------------  平成24年度 第2回MOT見学会  ---------------

1.日  時:平成24年9月13日(木)13:30〜16:00

2.会  場:株式会社アステア 第5工場(〒710-1201 岡山県総社市久代1724)
       アステア様の指示に従い開始10分前にはお集まり下さい。  
      
3.事業内容:自動車関連商品の製造及び板金加工・組立・表面処理に関する
       開発・設計・技術開発、工法研究によるシステム技術の販売

4.募集定員:15名(先着順)※同業者の方はお申し込みをご遠慮下さい。
       ご不明な場合はお問い合わせ下さい。
※ご見学の可否につきましては見学先企業様の判断となりますので予めご了承下さい。

5.日  程:13:30〜13:50 開会挨拶、会社概要説明
       13:50〜14:20 溶接組立見学
       14:20〜14:40 プレス工程見学
       14:40〜15:00 射出成形機見学
       15:00〜15:10 休憩、名刺交換
       15:10〜15:50 質疑応答
       15:50〜16:00 見学謝辞、記念写真撮影

6.申込方法:以下のお申し込みフォームにご記入頂き、E-mailまたは
       FAXで融合センター宛に送付下さい。◆締め切り :9/3(月)
7. 注意事項: 写真撮影は禁止です。         

  プログラムはこちらのページに掲載:MOT見学会 
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_02.html#kengaku
-------------------------------------------------------------------
  《 平成24年度 第2回MOT見学会 お申し込みフォーム 》

 □氏名(ふりがな) :
 □勤務先      :
 □所属       :
 □(職名)     :
 □勤務先住所    :〒
 □TEL        :
 □FAX        :
 □E-mail      :
 □緊急連絡先    :
 □産学官融合センターからのメールマガジンを
           :希望する  希望しない  すでに受信済み
 □交通手段     :自動車              その他
 □他に乗りあわせる人:(既に決まっていればご記入下さい)

--------------------------------------------------------------------

2012-09-13 (木)  【9/13・14】国際シンポジウム「Bioactive Okayama2012(BAO2012)」開催のご案内(おかやまバイオアクティブ研究会)

 おかやまバイオクティブ研究会は,岡山県下の大学および公的研究機関に所属する研究者並びに企業が会員として参加し,生理活性及びそれに関連する物質に関する研鑽や情報交換及び人的交流などを行い,食品・医薬品関連 技術及び産業の発展に寄与することを目的として活動を行っています
 このたび、おかやまバイオアクティブ研究会と岡山大学の共催で国際会議 Bioactive Okayama 2012 を9月13(木),14日(金)に岡山大学津島キャンパスで開催いたします。
 本国際会議は,アジア圏との交流実績を持つ「おかやまバイオアクティブ研究会」の研究者・大学院生に加えて,岡山大学が実施している「日中韓キャンパス・アジアパイロット事業」と「アジア研究教育拠点事業『東アジアにおける有用植物遺伝資源研究拠点の構築』」の2プロジェクトに関係する研究者・大学院生,さらにはその他のアジア圏の研究者・大学院生が一堂に会して,「食と健康」のテーマの下に最新研究情報を意見交換することを目的としています。
 また,本研究会会員企業はもちろん,岡山県内を中心とする「食と健康」に関わる
企業や各種団体の関係者の皆様にも本シンポジウムに参加いただき,積極的にアジア圏との交流を深めていただくことを企画しております。
 本シンポジウム開催により新たな異分野融合研究交流を創出して,将来のアジア圏における食と健康の産業発展にも大いに寄与できると期待されます。
 この趣旨にご賛同のうえ、多くの研究者,学生,企業関係者の皆さんがBioactive Okayama 2012へ奮ってご参加下さいますようお願い申し上げます。

              記

■開催日時  2012年(平成24)9月13日(木)- 14日(金)

■開催場所  岡山大学創立50周年記念館
          (岡山市北区津島中1-1-1)

 詳細
  → https://www.optic.or.jp/bioactive-okayama/bao2012/page/top.html

 申込フォーム
  → https://www.optic.or.jp/bioactive-okayama/bao2012/mail_inquiry.html

【主催】  おかやまバイオアクティブ研究会・岡山大学(文部科学省・大学の世界
展開力強化事業(キャンパス・アジア)「東アジアの共通善を実現する深い教養に
裏打ちされた中核的人材育成プログラム」、JSPSアジア研究教育拠点事業
「東アジアにおける有用植物遺伝資源研究拠点の構築」)(共催)

【後援】 岡山県食品新技術応用研究会、  岡山県工業技術センター
     NPO法人 中四国アグリテック

2012-09-11 (火)  【9/11】第3回 振動リカレント教育のご案内(岡山大学産学官融合センター)

 振動は,機械システム製品に必ず付随する永遠の課題です。
 最近のあらゆる機器の高性能化に対応するにあたって、機器の設計者や 保全管理者は、常に「振動の問題」に直面し、高度な対応を要求されて います。そして、機器の振動トラブル解決は、関係者の悩みの種とも言えます。
 本講座は5回の講習を通して、振動の評価とトラブルシューティング 対応技術の基礎を修得できるように考えられています。
 第3回は、振動理論、振動計測、振動試験などを学習した方々に、機械の振動トラブルの原因とその対策を詳述し、振動の精密診断の方法を解説します。
 なお、講義に当たっては、実現象を取り上げ、関連問題を設定し演習することで、受講者の理解を深めてもらいます。
 設計やメンテナンスに係わる機械技術者の多くの方々のご参加をお待ちしています。

 ●振動リカレント教育 ※第3回の詳細プログラムを掲載しました※
  http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_03.html#recurrent

------------------- 第3回 振動リカレント教育  -------------------
  
          『振動診断』(問題演習付) 

 主 催:岡山大学産学官融合センター

 協 賛:岡山県工業技術センター、岡山大学産学官融合センター研究協力会

 日 時:平成24年9月11日(火)9:50〜17:00

 会 場:岡山大学産学官融合センター(北区芳賀)2階 会議・研修室
     http://www.okayama-u.net/renkei/contents/03_06.html
 
 講 師:古池 治孝氏 (岡山大学産学官融合センター 客員教授)
     小村 英智氏 (岡山大学産学官融合センター 客員教授)

 受講料:無 料

 定 員:20名程度(先着順)

 申込み:以下のフォーマットにご記入の上、E-mailまたはFAXで
     お申し込み下さい。
 締 切:9月4日(火)必着 ※先着順

 内 容:
  9:50〜10:00 岡山大学振動リカレント教育【その3】を開くにあたって
 10:00〜12:00 機械の振動が大きくなる原因
 13:00〜15:00 機械の振動対策
 15:15〜16:45 ころがり軸受と歯車の振動診断
 16:45〜17:00 全体の質疑・応答、受講者の修了証書授与など

 ●必ず、電卓(関数付きが望ましい)をご持参下さい。
--------------------------------------------------------------------
  《 平成24年度 第3回 振動リカレント教育 お申し込みフォーム 》

 □氏名(ふりがな) :
 □勤務先      :
 □所属       :
 □(職名)     :
 □勤務先住所    :〒
 □TEL        :
 □FAX        :
 □E-mail      :
 □交通手段     :自動車   公共機関   その他
 □産学官融合センターからのメールマガジンを
           :希望する  希望しない  すでに受信済み
 
 ※産学官融合センターメールマガジンでは、振動リカレント教育の他にも
  センターで開催する各種セミナーや企業見学会(懇談会)、岡山大学
  での催し等の情報をお届けします。
--------------------------------------------------------------------
  お問い合わせ □■-------------------------------------------
  お申し込み先  岡山大学産学官融合センター 事務担当 川上
           TEL:086-286-8002 FAX:086-286-8007
           E-mail:center@crc.okayama-u.ac.jp
  -------------------------------------------■□

2012-09-10 (月)  【9/10】第17回 岡山リサーチパーク研究・展示発表会のご案内(岡山県産業振興財団)

 岡山県内企業の研究開発を推進するため、来たる9月10日(月)に県内の大学及び岡山リサーチパークに関係する企業・機関の研究成果の発表及び交流の場となる「第17回岡山リサーチパーク研究・展示発表会」を開催いたします。
 展示発表では、各企業・研究機関の研究成果について、62テーマの発表を行います。
 また、産学官の連携により新たな事業が生まれた事例発表および最先端の研究成果を発表する特別講演会も行います。
 これからの新しい事業の「種」を見つける機会としてぜひご参加ください。
 
              記

◎日 程    平成24年9月10日(月) 10:00〜18:30

◎会 場    テクノサポート岡山(岡山市北区芳賀5301)

◎主 催    岡山リサーチパーク研究・展示発表会実行委員会 

◎参 加 費   無料(ただし交流会は3,000円)

■■展示発表テーマ■■

‐霾鹹命・エレクトロニクス

∪彩加工・機械・材料

7鮃・医用・福祉

ぅ丱ぅ・食品

ゴ超・化学

Ε妊競ぅ鵝Γ唯錬圈γ療財産等

/////////////////////////////////////////////////////////////////

研究・展示発表会の詳細及び展示発表・特別講演会・交流会等への参加のお申し込みは

http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/104.html

より申込書をダウンロードし、メール又はFAXでお願いいたします。

皆様からの多数のお申し込みをお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆申込み・お問合せ先◆◆◆◆◆◆

 公益財団法人岡山県産業振興財団
 技術支援部 研究開発支援課
 担当 田原・尾崎 
 E-mail:kaihatsu@optic.or.jp

 〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
 TEL 086-286-9700  FAX 086-286-9676
 URL http://www.optic.or.jp/

2012-09-06 (木)  【9/6・7】「国際フロンティア産業メッセ2012」開催のご案内

 企業や大学・研究機関による先端技術の紹介や新事業創出の基盤となる製品展示を中心に、基調講演、特別講演、各種セミナーや交流会など多彩なプログラムを展開し、技術・ビジネス交流を進める機会を提供します。
 今回は、エコものづくりといった観点を加え、ものづくり企業や研究機関が集積する兵庫・神戸の強みを活かした新技術・新製品の展示や産学官連携による研究成果や開発技術等を発信します。

■日時  2012年9月6日  10:00 〜 17:00
            9月7日  10:00 〜 17:00

■場所  神戸国際展示場2号館(神戸ポートアイランド)
      (神戸市中央区港島中町6丁目11−1)

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.kobemesse.com/index.html

2012-09-05 (水)  【9/5】「特許検索実務教育供廛札潺福 B3コース(中・上級)開催のご案内(中国地域産学官連携コンソーシアム)

 さんさんコンソ(中国地域産学官連携コンソーシアム)では、中国地域全体の知財スキルアップを目指し、様々なセミナー実施を企画しております。
 今回は、パソコンを使用して特許検索の実習を行います。
 特許検索実務に特化し、かつ特許性の有無判断を行うコースです。
 知財に係わりのある方、興味のある方は、是非ご参加ください。

【日時】2012年9月5日(水) 13:00〜16:30

【場所】岡山大学 情報総括センター 2階 情報実習室4

【講義内容】
  特許電子図書館(IPDL)による特許・実用新案・意匠・商標の財産権全般にわたる検索実習。
     (1)特許分類検索 
     (2)Fターム検索 
     (3)パテントマップガイダンス

【参加費用】無料(事前のお申し込みをお願いします。)

【申込方法】
申込書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、
下記事務局へ、メールまたはFaxで開催日の4日前までにお申込み下さい。

 http://www.sangaku-cons.net/

本件担当
 岡山大学産学官連携推進機構
 「中国地域産学官連携コンソーシアム 事務局」
    担当:松下・本松
    TEL:086-251-7151 内線(津島)7151
    FAX:086-251-8442
    E-mail: info◎sangaku-cons.net
   ◎を@に置きかえてください

2012-09-01 (土)  【9/1】平成24年度第2回電子デバイス事業化フォーラムのご案内(中国産業創造センター)

 中国経済産業局や公益財団法人ちゅうごく産業創造センター等では、「平成24年度第2回電子デバイス事業化フォーラム」を開催します。
 今回のフォーラムでは、新しい半導体の実装技術であるプリンテッドエレクロトニクスについて取り上げます。この分野の第一線で活躍されている大阪大学の菅沼教授から、プリンテッドエレクトロニクスの技術開発の現状について御講演いただきます。御参加ください。

・日時:平成24年9月1日(土)13:30〜17:00
・場所:福山商工会議所101会議室
・参加費:無料
・問合せ:公益財団法人 ちゅうごく産業創造センター 産業部
     (担当:三宅)

 詳しくはこちらをご覧ください。
  → http://www.ciicz.jp/

2012-08-31 (金)  【9/29〜全10回開催】プレ・インキュベーションセミナー 第11期生募集[8/31〆切]のご案内(岡山県産業振興財団)

 起業して間もない方を対象に高度な「ビジネスについてのノウハウ」を長期間に渡って研修することで、将来有望なベンチャー企業へと、飛躍・成長できる創業者を養成する「プレ・インキュベーションセミナ―」を開催します。
 起業ノウハウ、経理、税務、資金計画、マーケティングなど事業活動に欠かせない知識を学んでいただき、研修修了時には具体的な事業計画と行動計画が作成できるような実践的内容の研修を行います。

・日  程  平成24年9月29日〜平成25年1月19日 
       いずれも土曜日の全10回 9:30〜16:30
       
       個別ブラッシュアップ(希望者) 
       平成24年12月26日(水)、平成25年1月9日(水)

 定  員  15名程度

 申込締切  8月31日(金)

申し込み等、詳しくはこちら↓↓↓
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/69.html

2012-08-31 (金)  【8/31】ダイハツ工業(株) 視察のご案内[8/22 〆切]※※ 調達担当者から直接話が聴けるチャンスです! ※※(岡山県産業振興財団)

 この度、岡山県内中小企業等の皆様を対象に、自動車メーカーのダイハツ工業(株)の視察を実施いたします。
 今回は、工場見学の実施だけでなく、創立100周年を記念した史料館(ヒューモビリティワールド)の見学や調達担当者による調達説明会も実施します。
 この機会に、是非ご参加いただき、調達担当者の生の声を聴くとともに、生産現場を見ていただき、今後の生産活動のヒントとしてください。
 また、後日ダイハツ工業(株)への提案書を募集し、マッチングの機会を設ける予定です。 

 申込書はこちらから
  http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/96.html

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

[日  時] 平成24年8月31日(金)13:00〜15:30

[場  所] ダイハツ工業株式会社 (大阪府池田市ダイハツ町1-1)

[対  象] 岡山県内中小企業等

[募集人数] 20名程度(先着順)※工場見学を希望する企業から各2名まで

[費  用] 無料(テクノサポート岡山よりバスを運行します。)

[申込締切] 平成24年8月22日(水)

[実施内容] 本社工場ライン見学および史料館見学後、
      調達担当者による調達説明会を実施します。
 
[行  程]
      9:30  テクノサポート岡山集合、バスにて移動
     13:00  ダイハツ工業蠅愿着、視察開始
     15:30  視察終了、帰途へ
     18:00  テクノサポート岡山到着、解散

◆申込み方法 下記ホームページよりお申込みください。
   http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/96.html


◆お問合せ・お申込み先 -----------------------------------------------

 (公財)岡山県産業振興財団 http://www.optic.or.jp/
  経営支援部 取引支援課 担当:小川・入江
  〒701-1221 岡山市北区芳賀5301(テクノサポート岡山1F)
TEL 086-286-9670 FAX 086-286-9671 E-mail torihiki@optic.or.jp

2012-08-29 (水)  【8/29】「がんばれ中小企業!!」開催のご案内(中国地域ニュービジネス協議会)

■日時  平成24年8月29日(水) 15:00〜19:00

■会場  ピュアリティまきび
(住所:岡山市北区下石井2-6-41、JR岡山駅から徒歩約10分)

■プログラム
〇拮長挨拶と活動報告
ナカシマプロペラ 株式会社 常務取締役
社団法人 中国地域ニュービジネス協議会
副会長・岡山支部長 中島 義雄

講演会『がんばれ中小企業!!』
公益財団法人 岡山県産業振興財団 顧問
独立行政法人 中小企業基盤整備機構 中国本部
チーフアドバイザー 青井 賢平 氏

パネルディスカッション『ニュービジネス大賞受賞者に聞く』
(コーディネーター)
◇中島 義雄
 (ナカシマプロペラ 株式会社 常務取締役
 社団法人 中国地域ニュービジネス協議会
 副会長・岡山支部長)
(パネリスト)
◇青井 賢平 氏
 (公益財団法人 岡山県産業振興財団 顧問
 独立行政法人 中小企業基盤整備機構 中国本部
 チーフアドバイザー)
◇大西 直規 氏
 (岡山県青果物販売 株式会社 代表取締役)
◇小村 政人 氏
 (有限会社 オーパーツ 代表取締役)

ず親会

■参加費  (会員)3,000円  (一般)4,000円

 ※申込等詳しくはこちらをご覧ください。
   → http://www.cnbc.or.jp/event/120829.html

2012-08-29 (水)  【8/29】「第2回未利用資源活用ワークショップ 〜マイクロ水力発電の活用方法と地域活性化〜」開催のご案内(さんさんコンソ)

 鳥取県内の中山間地では,急こう配な地形であることから,古くから水力発電が行われてきました。最近,再生可能エネルギー導入の必要性が高まり,一般の方でも導入できる出力数キロワット程度のマイクロ水力発電が見直されています。
 一方,このようなマイクロ水力発電設備を,農業用水路などへ設置する際には,流水や土地に関する権利(水利権など)が関わってきます。しかし,そのような権利をどのように捉えて,マイクロ水力発電の導入を進めれば良いかは,一般的には十分に理解されていません。
 このワークショップでは,一般の方でも導入可能な規模の「マイクロ水力発電」を対象に,その専門家を招いて技術的な説明を行うと共に,水利権や流水に関する法制度について,専門家が説明を行います。また,マイクロ水力発電装置の開発事例,研究事例の発表や,参加者によるディスカッションを行います。

<日 時> 平成24年8月29日(水)13:30〜16:30

<場 所> 鳥取大学 広報センター 2階 スペースC
      (鳥取市湖山町南4丁目101番地)

<対 象> マイクロ水力発電の活用に関心のある方
      (企業,学生,一般どなたでも)

<参加費> 無料

<プログラム>
◆講演1「マイクロ水力発電の技術的説明」
      津山工業高等専門学校 機械工学科 教授 佐藤 紳二 氏
◆講演2「水利権や流水に関する法制度について」
      島根大学 法文学部 教授 江渕 武彦 氏
◆研究事例発表   
 「鳥取県産業技術センターにおけるマイクロ水力発電装装置の開発概要」
   鳥取県産業技術センター 機械素材研究所 主任研究員 野嶋 賢吾 氏
 「エネルギーシフトと地域協働力について」
   鳥取環境大学 環境情報学部 特任教授 三野 徹 氏
 「ため池を利用した水力発電の可能性とその利活用」
   鳥取大学大学院農学研究科 日下 靖之 氏 
◆補助事業等の紹介
◆ディスカッション

<詳細・申込み>
 http://www.cjrd.tottori-u.ac.jp/pccgi/wnew4/disp.cgi?num=20120724134152

2012-08-29 (水)  【8/29】「平成24年度「植物工場」研究交流会 〜植物工場の経営を考える〜」開催のご案内(ちゅうごく産業創造センター)

 当センターは,、地域経済の活性化や園芸農業の更なる発展の一助として期待されている植物工場の普及を促進する目的で,研究交流会を開催しています。
 この度,広島市に本社を置きスプラウトのリーディングカンパニーでカイワレ大根・豆苗・ブロッコリースーパースプラウトなどを栽培されている株式会社村上農園の代表取締役社長 村上清貴氏と,長野県小諸市で平成20年度日本農業賞大賞などを受賞し,農業の安定経営のためにいちごの観光農園・苗育成や日帰り温泉施設など多角経営をされている農業生産法人こもろ布引いちご園株式会社の代表取締役 倉本強氏による講演を行います。
 また,国の農商工連携研究会植物工場WG事務局を務めるなど植物工場ビジネスに広い知見をお持ちの株式会社三菱総合研究所主任研究員 伊藤保氏をモデレータに,鳥取県東伯郡湯梨浜町で旧小学校跡地を利用し,地域密着型の植物工場を運営している株式会社センコースクールファーム鳥取を立ち上げられたセンコー株式会社事業開発部部長 井上毅氏を加えたパネルディスカッションを行います。
 これから植物工場に取り組む方々の経営のヒントとしていただきたく,研究交流会への多数の方のご参加をお待ちしております。

<日 時> 平成24年8月29日(水) 13:00〜17:00
                  (情報交換会 17:10〜18:40)

<場 所> 広島グランドインテリジェントホテル 2階「芙蓉の間」

<プログラム>
◆講演1「村上農園のマーケティング戦略」
      株式会社村上農園 代表取締役社長 村上 清貴 氏
◆講演2「データ・ITを活用した農業経営の近代化について」
      こもろ布引いちご園株式会社 代表取締役 倉本 強 氏
◆パネルディスカッション「植物工場の経営を考える」
  株式会社村上農園 代表取締役社長 村上 清貴 氏
  こもろ布引いちご園株式会社 代表取締役 倉本 強 氏
  センコー株式会社 事業開発部 部長 井上 毅 氏
  (モデレータ)株式会社三菱総合研究所
             地域経営研究本部 主任研究員 伊藤 保 氏

<参加費> 1,000円(情報交換会:3,500円)

<定 員> 100名(先着順)

<詳細・申込み>
 http://www.ciicz.jp/topics/240829-syokubutu.doc

2012-08-29 (水)  【8/29】「ちゅうごく航空宇宙ビジネス研究会航空宇宙講演会」開催のご案内 (岡山県産業振興財団)

 ちゅうごく地域航空機産業クラスターとして2012国際航空宇宙展へ出展するに伴い,「ちゅうごく航空宇宙ビジネス研究会」と連携し,宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「活動と今後の展開について」や,「最近の航空機産業の動向」に関する講演を開催いたします。
 航空宇宙産業に関心のある皆様のご参加をお待ちしています。

<日 時> 平成24年8月29日(水)14:10〜16:00

<場 所> メルパルク広島 5F桃の間(広島市中区基町6-36)

<内 容>
◆「JAXAの活動と今後の展開について(仮)」
   (独法)宇宙航空研究開発機構(JAXA)
     産業連携センター 成果活用促進グループ グループ長 三保 和之
◆「最近の航空機産業動向について」(仮)
   元 日本航空宇宙工業会 展示会事務局部長 菊田 鉄夫
 ※本講演会の開催前に、国際航空宇宙展への出展者説明会(13:00〜14:00)
  を開催。

<参加費> 無料

<主 催> (公財)岡山県産業振興財団,(公財)ひろしま産業振興機構,
      (公財)やまぐち産業振興財団

<詳細・申込み>
 http://www.hiwave.or.jp/Shien/syuseki/air_240829.doc

2012-08-28 (火)  【8/28】小水力発電推進セミナー 〜小水力発電の新たな展開に向けて〜(中国経済産業局)

 再生可能エネルギー固定価格買取制度が平成24年7月1日からスタートし、小水力発電の新規開発、設備更新に注目が集まっています。
 今回のセミナーでは、固定価格買取制度に加え、小水力発電の利活用に役立つ補助制度や法令等の最新情報を各担当省庁から御説明をします。是非、この機会を御利用ください。

■開催日時  平成24年8月28日(火) 14:00〜16:30

■開催場所  広島国際会議場(広島市中区中島町1−5)

■定員  180名(先着順)

■参加費  無料

■対象 小水力発電関係事業者、自治体等

■主な内容
(1) 再生可能エネルギー固定価格買取制度の概要について
 中国経済産業局 資源エネルギー環境部  エネルギー企画参事官室
(2) 再生可能エネルギー固定価格買取制度に係る既設の取扱いについて
 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギー対策課
(3) 小水力発電導入に係る農林水産省補助事業について
 中国四国農政局 整備部 水利整備課
(4) 小水力発電の水利使用許可手続の簡素化・円滑化について
 中国地方整備局 河川部 水政課
(5) 水力発電における保安規制について
 中国四国産業保安監督部 電力安全課

■参加申込み方法
 ◆ メールの場合 : 会社名/団体名・所属・氏名・電話番号・FAX番号・メールアドレスをご記入の上、下記アドレスまで送信してください。

 ◆ FAXの場合 : 参加申込書(Word形式:35KB) にご記入の上、FAXで下記へ申し込み下さい。

※ 原則先着順とします。定員を超え、参加をお断りする場合は電話等でご連絡します。
※ 参加票の発行等受付の連絡は行いません。
※ 個人情報については、本セミナーの運営及び当局のイベント等の案内以外には利用しません。

【申込先】 中国経済産業局 資源エネルギー環境部 エネルギー企画担当 
E-mail:cgk-newene@meti.go.jp       
FAX:082-224-5647

■申込締切 平成24年8月22日(水)

2012-08-27 (月)  【8/27】「中小企業経営力強化支援法」説明会開催のご案内(中国経済産業局)

 中国経済産業局では、「中小企業経営力強化支援法」に基づく経営革新等支援機関の認定を受けようとされる機関等を対象とした説明会を開催します。御参加ください。

・日時:平成24年8月27日(月)15:30〜17:30
・場所:中国経済産業局 第1会議室
・問合せ:中国経済産業局 中小企業課
     (担当:閑田(かんだ)/高橋)

 詳しくはこちらをご覧ください。
  → http://www.chugoku.meti.go.jp/event/chusyo/120809.html

2012-08-27 (月)  【8/27】精密工学会中国四国支部(岡山地区)講習会「これから拡がる先進材料の加工技術」のご案内(精密工学会中国四国支部)

 製造業の皆様におかれましては,昨今の円高状態が業務に影響していることと存じます.
 この度,当支部におきまして下記のような講習会を開催することとなりました.
 今回は,これからのエネルギー消費の低減に関連して,今後,利用拡大が期待される新素材の加工技術ついてご講演を頂くことと致しました.その内容はさまざまなものづくりの領域におきまして,必ずや皆様のお役に立てるものと確信しております.
 つきましては下記詳細をご覧頂き,ぜひともご参加を賜りますよう,よろしくお願い申し上げます.

趣旨:東日本大震災による大打撃からの回復が見込まれつつある最中のタイの水害や欧州を発端とした経済危機,さらには円高等,わが国の産業を取り巻く状況は予断を許しません.しかし,これらの影響を受けてエネルギー消費低減につながる新たな技術などへの要求が高まっており,様々な分野で先進材料の利用が進められようとしています.
 これを実現するためには,先進材料の高度な加工技術を開発し確立することが不可欠であり,わが国のグローバル展開の一翼と考えます.
 そこで,これからの利用拡大が期待される先進材料の加工技術について最新の動向と事例を紹介する講習会を開催することになりました.皆様の奮っての参加をお待ちしております.

■開催期日:平成24年8月27日(月)

■主  催:精密工学会中国四国支部

■賛  助:(財)岡山工学振興会,電気加工懇話会,岡山県精密生産技術研究会

■申込締切:平成24年8月20日(月)

■会  場:岡山理科大学 50周年記念館3階会議室
(岡山市北区理大町1-1,電話 086-256-8609もしくは9594)

■次  第

13:00〜14:00 次世代航空機を支える材料とその加工技術の最新動向
         岐阜大学  深川 仁 氏

14:00〜15:00 先進材料切削の最新工具と加工技術
         住友電工ハードメタル(株) 目黒 貴一 氏

15:00〜16:00 チタン・超硬材の高能率高精度加工技術の現状
        (株)牧野フライス製作所  佐々木 有朋 氏

16:00〜17:00 高機能を発揮する最先端コーティング技術
         東海大学  神崎 昌郎 氏

■定  員:60名(先着順)

■会  費:6,000円(賛助会員を含む),非会員8,000円,いずれも資料1冊分の代金を含む.学生会員は無料(テキスト代は3,000円)

■資  料:資料のみ,または聴講者で2冊以上ご希望の場合,1冊につき3,000円.

■申込締切:平成24年8月20日(月)

■申込方法:「講習会(これから拡がる先進材料の加工技術)申込み」と題記し,
     (1)氏名(ふりがな)・会員資格, (2)連絡先(勤務先か自宅かを明記) (3)勤務先(会社または機関名,所属部課名,所在地,電話,FAX)をご記入の上,下記の申込先にFAXまたはe-mailにてお申し込み下さい.

■送金方法:銀行振込(振込先:精密工学会岡山講習会 中国銀行法界院支店 普
通口座 1828256)

■申込み・問合せ先:
岡山理科大学工学部機械システム工学科内
精密工学会中国四国支部講習会
700-0005 岡山市北区理大町 1-1
電話(086)256-9594 FAX(086)256-9594,E-mail: tanaka@mech.ous.ac.jp

2012-08-26 (日)  【8/26】創業&フォローアップセミナー開催のご案内(岡山県産業振興財団)

◆ 日時
 平成24年8月26日(日) 10:00〜17:00(9:30開場)

◆ 場所
 岡山県立図書館(2F) 多目的ホール、サークル活動室
 (岡山市北区丸の内2-6-30 TEL086-224-1286)
   
 ※できるだけ公共交通機関をご利用ください。駐車場は有料です。
  (1時間まで無料。1時間超過ごと100円)

◆ 内容
● 基調講演(10:00〜12:00) 

  「あきらめない心が大切 〜私が体験した奇跡と軌跡〜 」
    株式会社アンジェ・21 代表取締役 野村 広子 氏

   式を挙げるふたりのために何かできないかと考え抜いて、式場を持つと
   いう夢を実現するまでの実話。できると思ったら必ずできる。それをお
   伝えしたい。

   【講師プロフィール】
    島根県出身。設計事務所を起業した後、公共事業減少により、人材
    派遣業に転身。様々な挫折を味わい撤退。原点に返り、学生時代か
    ら描いていた夢の仕事、ブライダルコーディネート業を創業。その後、
    念願かなって、ブライダル式場「アンジェ・グレース・ガーデン」
    をオープン。

 ● ワークショップ(13:00〜15:00)

  「お客様づくりの原理原則
     〜創業者が知っておくべきお客様づくりの基本 〜 」
    株式会社流通プランニング研究所 代表取締役 川上 正人 氏

   創業の成功は、同時にお客様づくりの成功ともいえます。どうすれば、
   お客様が増えるのか、これまでの成功事例、失敗事例の中から導き出し
   た原理原則をご紹介致します。

   【講師プロフィール】
    ビジネスプラン策定支援に取り組むことで、お客様づくりの難しさ
    を痛感し、秘訣を探求し始める。この10年間で支援した1,000社の
    事例に基づいて、成功の秘訣、失敗の原因を原理原則にまとめ、成果
    のあがる販路開拓支援を実践している。

 ● 個別相談会(12:30〜17:00)

  《事前予約制》
    専門家、金融機関、支援機関の担当者が、個別に相談に応じます。

   専 門 家 秋山 尚久、川上 正人、塩田 典照、西原 哲也、藤田悠久雄
   金融機関 (株)日本政策金融公庫岡山支店国民生活事業
        岡山県信用保証協会
   支援機関 (独)中小企業基盤整備機構中国本部
        岡山県商工会議所連合会
        岡山県商工会連合会
        岡山県中小企業団体中央会
        岡山リサーチパークインキュベーションセンター
        (公財)岡山県産業振興財団

  ・1社40分程度で専門家が相談に応じます。
   (応募多数の場合は申込み先着順とします)
  ・相談は内容によって事務局が事前にスケジュールを組みます。
  ・ワークショップと個別相談会に参加希望の方は、13:00〜15:00以外
   の時間で調整します。

 ※詳しい内容はこちらのHPをご覧ください。
  http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/68.html
 
◆ 受講料
 無料

◆ 募集人数
 (基調講演・ワークショップ)各70名(先着順)

◆ 主催
 中国経済産業局、岡山県、岡山市、倉敷市、(株)日本政策金融公庫岡山支店国民生
活事業、
 岡山県信用保証協会、(独)中小企業基盤整備機構中国本部、
 (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構岡山職業訓練支援センター、
 岡山県商工会議所連合会、岡山県商工会連合会、岡山県中小企業団体中央会、
 (社)中国地域ニュービジネス協議会、 岡山リサーチパークインキュベーションセ
ンター、
 (公財)岡山県産業振興財団(以上、創業者応援団)、岡山県立図書館

◆ 対象者
 新規創業を考えている方、創業して間もない方、
 新規創業関係研修(創業塾、創業セミナー等)の受講者等

◆ 申込方法
 参加申込書を下記よりダウンロードし、ご記入の上、FAX、郵送、E-mailでお送

 ください。
 ※こちらからダウンロードできます。
  http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/68.html

◆ 申込締切
 平成24年8月17日(金)必着

◆ お問合せ
 【創業者応援団 事務局】
  (公財)岡山県産業振興財団 経営支援部 中小企業支援課(担当:角南、美甘)
  TEL:086-286-9626 FAX:086-286-9627  e-mail:sinfo@optic.or.jp

2012-08-24 (金)  【8/24】半導体ネットおかやま 2012年第2回例会及びおかやま電池関連技術研究会技術セミナー 第1回例会のご案内

 我が国の脱原発の動きで焦眉の急を告げているエネルギー問題を
絶好のビジネスチャンスと捉えて、エネルギーエレクトロニクス技術とそのビジネス最前線を紹介する講演会を以下のとおり行います。
 今回は、行政施策紹介、大学の研究紹介とともに、3人の企業経営者の方によるビジネス視点に立った取組紹介、市民団体の地域活動の紹介など、今後の研究開発と事業展開で大変参考となる内容です。
 どなたでもご参加になれます。ふるってご参加ください。(参加無料)

■日時:2011年8月24日(金)13:30〜17:15

■場所:ピュアリティまきび 2階くじゃくの間
   (岡山市北区下石井2-6-41 TEL(086)232-0511)
※アクセス→http://www.makibi.jp/map.htm ※岡山駅から徒歩7分

【プログラム】
開会挨拶 13:30〜13:45
 半導体ネット副代表/岡山県立大学 教授 末岡 浩治(講演1も司会)

■講演1(施策紹介) 「岡山県における新エネルギー施策」
  岡山県 産業労働部 産業企画課 新エネルギー推進室
                          室長 小林 健二 氏
(参考:新エネルギー推進室HP) http://www.pref.okayama.jp/soshiki/317/

◎以下の司会:半導体ネット代表/岡山理科大学 教授 財部健一

■講演2 「パワーエレクトロニクスの現在、近未来」 13:45〜14:45
   岡山理科大学・工学部・電気電子システム学科 准教授 笠 展幸 氏
パワーエレクトロニクスは、半導体スイッチング素子を用いて電気エネル
ギーを用途に応じて様々な形に効率よく変換する方法を研究する分野・
技術である。半導体・回路・制御技術の向上は、新エネルギーを中心と
する従来捨てられていたエネルギーの回収やエネルギーの損失を最小
限にする省エネルギー技術を支えている。
今後は、IT(情報通信)技術やワイヤレス技術と融合してさらにスマート
(賢い)な機器(携帯電話から自動車・飛行機・宇宙分野まで)を生み出
していくと思われる。
(参考:笠先生の研究室HP) http://kwww.ee.ous.ac.jp/index.html

14:45〜15:00  ◆休憩、名刺交換(25分)◆

■講演3 「球状シリコン太陽電池"スフェラー"の紹介」 15:00〜15:30
   スフェラーパワー(株)社長、京セミ(株)会長 中田 仗祐 氏
スフェラー(登録商標)は、変動する外来の直射光、反射光、拡散光を
球面全体で3次元的に取り込み累積発電量を高めるようにしたユニークな
太陽電池(特許取得済み)である。直径が1mm程度のシリコン球を様々
な用途に応じて配置しながら直並列接続し、透明なガラスや樹脂などの
外装材に収めてモジュール化する。
シースルーやフレキシブルのみならず、他の部材や製品の中に取り込ん
だデザイン性のある設計も可能である。スフェラーの構造とその応用を
中心に紹介する。
(参考:京セミHP) http://www.kyosemi.co.jp/

■講演4 「超硬合金からリチウムイオン電池へ」 15:30〜16:00
   アロイ工業(株) 会長 下井谷 良信 氏
超硬合金とリチウムイオン電池製作には共通する重要な二つの要素
がある。一つは、原材料に共通するものが多い。二つは、この原材料を
使ってデバイス化するときに、粉末冶金技術を駆使する必要がある。
超硬も電池も社会インフラを構築する重要な要素であるとの判断のもと、
新市場への進出を決断した。
(参考:アロイ工業HP) http://alloy-kogyo.com/

■講演5 「LED照明とデザイン」 16:00〜16:30
(株)アクレッド 社長 幸田 俊二 氏
 ※8月より(株)ACライティングへ社名変更予定。
LEDチップや、その電源の性能向上とコストダウンによって、LED照明
の明るさや寿命などの品質は成熟期に入っており、品質での差別化を
はかることは困難になりつつある。今後のLED照明における差別化要素と
してのデザインの重要性について語ってみたい。
(参考:アクレッドHP) http://acled.jp/

■講演6 「岡山市と協働しての市民共同発電所づくり」 16:30〜17:00
  NPO法人 おかやまエネルギーの未来を考える会 会長 廣本 悦子 氏
2000年に会を立ち上げ、地球温暖化防止のために市民にできることとして
自然エネルギーの導入拡大を目指してきました。
一番の柱は「岡山市と連携しての市民共同発電事業」で、これまで太陽光
発電所4基を設置しています。 地域の資源である自然エネルギーは地域
で活用することが重要であり、市民、NPO、企業等が連携して拡げていけ
たらと願っています。
(参考:おかやまエネルギーの未来を考える会HP) http://enemira.milkcafe.jp/

☆閉会挨拶等 17:00〜17:15
 半導体ネット副代表/津山高専 准教授 中村重之 (次回例会担当)

■例会終了後、懇親会を行います。皆様のご参加をお待ちしております。
  参加費:3,500円(当日お支払いください。)

【参加申込み】
下記申込先に、以下の内容をメールまたはFAXでご連絡ください。
 ◇件名: 8/24(金)「半導体ネットおかやま」◇
・例会  参加、不参加
・懇親会 参加、不参加
・所属
・お名前
・連絡先(メールアドレスまたは電話番号)
(申込先)
岡山理科大学(担当校) 理学部 基礎理学科(担当:財部)
〒703-8266 岡山市理大町1-1
E-mail:takarabe@das.ous.ac.jp,FAX:086-256-8487
※問合せTEL:086-256-9440

2012-08-24 (金)  【8/24】ミクロものづくり大学「 ゴム技術講習会 」のご案内(岡山県工業技術センター)

 岡山県では、本県の産学官が一体となって産業ク